ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>脂肪溶解注射は1回でも効果ある?|リスクと副作用についても解説!

脂肪溶解注射は1回でも効果ある?|リスクと副作用についても解説!

美容と健康に対する関心が高まる中、脂肪溶解注射が注目を集めています。
脂肪溶解注射は、特定の部位から脂肪を分解・吸収する治療法であり、その効果と手軽さから多くの人々に選ばれています。

ですが、費用などの問題で何度も施術を受けることが難しい場合があります。

脂肪溶解注射は1回でも効果があるのでしょうか?
また、その副作用についてはどのようなものがあるのでしょうか?

本記事では、脂肪溶解注射について以下の点を中心にご紹介します。

  • 脂肪溶解注射の成功例と失敗例
  • 脂肪溶解注射の1回の効果と持続性
  • 脂肪溶解注射のリスクと副作用

脂肪溶解注射をご検討中の方はぜひご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射は、特定の体部の脂肪細胞に直接作用することで、部分的な痩身を促す治療法です。
この方法では、痩せたい箇所に特別な薬剤を注入し、脂肪細胞を分解してしまいます。

脂肪溶解注射の作用

脂肪溶解注射は、注入された薬剤が脂肪細胞に働きかけ、細胞膜を破壊して中性脂肪を分解し、それを体外に排出する仕組みです。

この過程で脂肪細胞の数が減り、局所的な痩身効果が得られます。
脂肪細胞が減ると、リバウンドの可能性も低くなります。

また、セルライトの減少にも効果があるとされ、肌の表面をなめらかにする効果も期待できます。

脂肪溶解注射の効果的な部位

脂肪溶解注射は、特に局所的な痩身を目指す際に有効とされます。
主な対象部位は、

  • 二の腕
  • 太もも
  • 腹部
  • お尻

などです。
これらの部位は、通常のダイエットや運動では痩せにくいため、脂肪溶解注射が適しています。

さらに、顔やふくらはぎのような細かい部位への施術も可能です。

部分的に痩せたいと思っている人の中では、脂肪溶解の他に、脂肪吸引も注目されています。
脂肪吸引の手術に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

脂肪吸引に興味あるけど、結局どこのクリニックがいいの?自分に合った脂肪吸引のメニューやクリニックはどうやって選べばいいの?美容や健康に関心が高まる現代社会において、脂肪吸引は近年人気の高まって[…]

脂肪吸引おすすめクリニック10選

顔への脂肪溶解注射の効果と注意点

顔の脂肪溶解注射は、小顔効果やフェイスラインを整形する美容施術です。

その効果と施術時の注意点について詳しく解説します。

顔の脂肪溶解注射とは

顔の脂肪溶解注射は、特定の薬剤を使用して顔の余分な脂肪を減らす施術です。
この方法は、メスを使用せずに約10分で施術可能で、ダウンタイムもほとんどありません。

施術後は、脂肪細胞が減少し、半永久的な小顔効果が期待できます。
また、リバウンドがしにくいというメリットもあります。

顔の脂肪溶解注射の効果

顔の脂肪溶解注射には、以下のような効果が期待できます。

  • 脂肪の減少:頬や下アゴなどの脂肪細胞が減少し、小顔効果が現れます。
  • セルライトの減少:セルライトも除去され、肌の質感が改善されます。
  • フェイスラインの整形:余分な脂肪が取り除かれることで、フェイスラインがスッキリします。
  • むくみの改善:代謝が良くなり、顔のむくみが改善されます。
  • シワ・たるみの改善:脂肪が下がることによる皮膚のたるみやシワが改善されます。

施術を受けられない人と失敗しないためのコツ

  • 妊娠中
  • 授乳中の方
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心疾患
  • 甲状腺疾患の方

上記の方々は施術を受けられません。

また、施術の成功は医師の技術や経験に大きく依存します。
理想の結果を得るためには、クリニックの選択や医師の技術を事前に確認することが重要です。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。ISAPS最新調査レポートによると、2021年の美容外科医が執刀した手術件数は、1,280万件を超えました。また、非手術治療は1,750万件に上り、全世[…]

お腹や二の腕への脂肪溶解注射の効果と注意点

お腹や二の腕への脂肪溶解注射は、部分痩せを目指す方に人気の美容施術です。

その効果と施術時の注意点について詳しく解説します。

お腹や二の腕への脂肪溶解注射とは

お腹や二の腕への脂肪溶解注射は、特定の薬剤を使用して部分的な脂肪を減らす施術です。
この方法は、メスを使用せずに行われ、ダウンタイムも少ないのが特徴です。

施術後は、脂肪細胞が減少し、スリムなボディラインが期待できます。

お腹や二の腕への脂肪溶解注射の効果

脂肪溶解注射には、以下のような効果が期待できます。

  • 部分痩せ:お腹や二の腕など特定の部位の脂肪細胞が減少し、スリムなボディラインが形成されます。
  • セルライトの減少:セルライトも除去され、肌の質感が改善されます。
  • 肌の引き締め:脂肪が減少することで、肌が引き締まります。
  • むくみの改善:代謝が良くなり、むくみが改善されます。

施術を受けられない人と失敗しないためのコツ

  • 妊娠中
  • 授乳中の方
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心疾患
  • 甲状腺疾患の方

上記の方々は施術を受けられません。

また、施術の成功は医師の技術や経験に大きく依存します。
理想の結果を得るためには、クリニックの選択や医師の技術を事前に確認することが重要です。

脂肪溶解注射の成功例と失敗例

脂肪溶解注射は、局所的な脂肪を減らすための非侵襲的な方法です。
しかし、この治療法は成功例と失敗例の両方を持っています。

ここでは、実際の事例をもとに、そのリスクと結果について詳しく見ていきましょう。

脂肪溶解注射の成功事例

成功した脂肪溶解注射の事例では、患者は局所的な脂肪減少を経験し、望んだボディラインを実現しました。
成功の鍵は、

  • 適切な患者の選択
  • 正確な注射技術
  • 適切なアフターケア

上記にあります。

成功事例では、患者は通常、数回の治療後に結果を実感し、副作用は最小限に抑えられます。
また、治療後の生活習慣の改善も成功に寄与しています。

脂肪溶解注射の失敗事例

一方で、失敗例も存在します。
失敗の原因としては、

  • 不適切な患者の選択
  • 技術の不足
  • 不適切なアフターケア

上記が挙げられます。

失敗例では、不均一な脂肪減皮膚の凹凸痛みや腫れなどの副作用が見られることがあります。
これらの問題は、治療の計画や実施方法に問題があったことを示しています。

脂肪溶解注射の1回の効果と持続性

脂肪溶解注射は、一度の施術でどの程度の効果が期待できるのでしょうか?

1回の注射での効果とその持続性について詳しく解説し、効果を維持する方法についても触れます。

1回の脂肪溶解注射で期待できる効果

脂肪溶解注射は、特定の脂肪細胞を溶解し、体外へ排出することで脂肪量を減少させます。
1回の施術での脂肪減少率は一般的に5〜10%とされ、数週間後には肌の引き締まりや対象部位のスリム化が見られます。

施術直後は軽度の腫れや赤みが一般的ですが、これらは数日で落ち着き、真の効果が現れます。
施術箇所や使用する成分によって効果にはバリエーションがありますが、一般的には明確なサイズの減少が期待できます。

脂肪溶解注射の持続性とその維持方法

脂肪溶解注射の効果は、破壊された脂肪細胞が再生しないため、比較的持続的です。
しかし、効果を最大限に持続させるためには、適切なアフターケアと健康的な生活習慣が重要です。

施術後は冷却パッドの使用や軽い運動が推奨され、水分補給も効果的とされます。
また、バランスの取れた食事と適度な運動を継続することで、脂肪が再び蓄積するのを防ぎます。

これらのアフターケアと生活習慣の維持が、脂肪溶解注射の長期的な成功につながります。

脂肪溶解注射の費用

脂肪溶解注射は、特定の部位の脂肪を効率的に減少させる施術です。
この治療法の費用には幅があり、使用される薬剤の種類によって異なります

以下は、日本で一般的に使用される主な薬剤とそれぞれの平均料金相場です。

薬剤名適用部位平均料金(1ccあたり)最安値最高値
BNLS ULTIMATE小さな部位(顔専用)約5,971円1,500円13,000円
輪郭注射頬、アゴ下、鼻約8,766円6,600円11,000円
メソラインスリム頬、アゴ下、エラ約3,648円
FatX二重アゴ、頬、フェイスライン約9,995円

この表は、日本で一般的に使用される脂肪溶解注射の薬剤とその料金相場を示しています。

料金はクリニックによって異なる可能性があるため、実際の施術費用はクリニックでのカウンセリングを通じて確認することが重要です。

以下の記事では、脂肪吸引の費用相場について解説しています。
ぜひ、比較する際の参考にしてください。

関連記事

脂肪吸引は自由診療なので、クリニックにより値段もさまざまです。値段が安い方がうれしいですが、安すぎても施術が心配になるかもしれません。脂肪吸引の値段は一般的にどれくらいなのでしょうか?脂肪吸引の値段を安くする方法はあるのでし[…]

脂肪溶解注射の施術の流れ

脂肪溶解注射は、特定の部位の脂肪細胞を溶解し、理想のボディラインを目指す施術です。
この施術は、メスを使用せずに行われ、ダウンタイムがほとんどないため、日常生活にすぐに戻ることができます。

以下に、脂肪溶解注射の一般的な施術の流れを紹介します。

脂肪溶解注射の流れ①医師によるカウンセリング

患者のお悩みを聞き、身体の脂肪の付き方を医師が確認します。
施術方法と注射の本数を提案し、治療の効果や注意事項について説明します。

脂肪溶解注射の流れ②薬剤の注入

カウンセリングで得られた情報に基づき、医師が必要な箇所に薬剤を注入します。
施術後は安静にする必要はありません。

脂肪溶解注射の流れ③施術後の観察と帰宅

施術後、体調不良やしびれなどの問題がなければ、そのまま帰宅できます。
ダウンタイムがほとんどないため、施術後すぐにメイクをすることも可能です。

この施術は、脂肪細胞を直接的に破壊し、代謝によって体外へ排出することで効果を発揮します。
特にダイエットで落ちにくい部位やセルライトに効果的で、部分痩せやボディデザインが可能です。

また、施術には医学的・科学的な根拠があり、医療機関でのみ行われるため、安全性が高いとされています。

脂肪溶解注射のリスクと副作用

脂肪溶解注射は、顔の気になる部分の脂肪を減らし、フェイスラインを整える効果があるとされますが、副作用やリスクも伴います。

ここでは、これらのリスクと副作用について詳しく解説し、注意点を明確にします。

劇的な変化は期待できない

脂肪溶解注射は、脂肪吸引ほどの大きな変化は望めません
ゆっくりと変化するのが特徴で、複数回の施術を通じて徐々に脂肪が減っていきます。

このため、劇的な変化を期待すると失望する可能性があります。

一時的な腫れやむくみ、内出血

顔に薬剤を注射するため、一時的に腫れやむくみ、内出血が生じることがあります。
これらの症状は通常、数日から1週間程度で収まりますが、個人差があります。

体調や体質による制限

薬剤の種類によっては、特定のアレルギーを持つ人や妊娠中・授乳中の人は施術を受けられない場合があります
事前にクリニックで薬剤の成分を確認し、自分に適しているかどうかを検討する必要があります。

失敗による輪郭の崩れ

経験の浅い医師による施術では、脂肪の減り方が不均一になることがあり、顔の輪郭が崩れるリスクがあります。
信頼できるクリニックと医師を選ぶことが重要です。

リバウンドの可能性

脂肪溶解注射は脂肪細胞を減らすため、リバウンドが少ないとされていますが、食生活や運動習慣によっては脂肪細胞が大きくなり、再び脂肪が増える可能性があります。

脂肪溶解注射に関するよくある質問|Q&A

フォトフェイシャルを受けるメリット

脂肪溶解注射に関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

脂肪溶解注射の料金は?

脂肪溶解注射の料金はクリニックによって異なりますが、一般的には1回の施術あたり数万円程度が相場です。
部位や使用する薬剤の種類、必要な回数によっても料金は変動します。
事前のカウンセリングで詳細な料金を確認することが重要です。

脂肪溶解注射のデメリットは?

脂肪溶解注射のデメリットには、一時的な腫れや内出血、痛みがあります。
また、効果には個人差があるため、期待した結果が得られないことも。
施術後のケアが不十分だと効果が減少する可能性もあります。
クリニック選びや施術後のケアが重要です。

脂肪溶解注射の効果はどのくらいもつ?

脂肪溶解注射の効果の持続期間は、施術した部位や個人の体質によって異なりますが、一般的には数ヶ月から1年程度とされています。
定期的なメンテナンスや健康的な生活習慣を続けることで、より長く効果を保つことが可能です。

脂肪溶解注射は何回くらいすると効果が出る?

脂肪溶解注射の効果を実感するためには、通常3回から5回程度の施術が必要です。
しかし、施術する部位や脂肪の量、個人の体質によって必要な回数は異なります。
最適な施術計画は、医師の診断に基づいて決定されます。

脂肪溶解注射まとめ

今回は脂肪溶解注射についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 脂肪溶解注射の成功事例では、正確な注射技術、適切なアフターケアなどがあり、失敗事例では、技術の不足、不適切なアフターケアなどが挙げられる
  • 1回の施術での脂肪減少率は一般的に5〜10%とされ、数週間後には肌の引き締まりや対象部位のスリム化が見られる
  • 脂肪溶解注射のリスクと副作用として、劇的な変化は期待できない点、一時的な腫れやむくみ、内出血、体調や体質による制限、失敗による輪郭の崩れ、リバウンドの可能性がある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク