ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>ボトックスリフトとは?効果やデメリット、失敗例などを徹底解説

ボトックスリフトとは?効果やデメリット、失敗例などを徹底解説

年齢とともに気になるのが、顔や首のたるみやシワです。
たるみやシワを改善する方法は、メスを入れる手術やレーザーなどの機器を使う方法がありますが、どちらも費用やダウンタイムがかかります。

そこで注目されているのが、「ボトックスリフト」という注射治療です。

しかし、ボトックスリフトは、どのようなものなのでしょうか?
ボトックスリフトの効果や持続期間、注入箇所や量、注意点などはどうなっているのでしょうか?

本記事では以下の点を中心に解説します。

  • ボトックスリフトとは
  • ボトックスリフトの効果
  • ボトックスリフトのメリット・デメリット

ボトックスリフトで、自然で若々しい印象を手に入れる方法を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

ボトックスリフトについて

ボトックスリフトとは、ボトックス注射を顔の筋肉に施すことで、たるみやしわを改善し、若々しい印象を与える美容施術です。

ボトックスリフトは、ボトックスという神経毒素を使って、筋肉の働きを弱めることで、皮膚にかかる負担を減らし、リフトアップ効果を得る方法です。

ボトックスリフトとは?

ボトックスリフトは、ボトックス注射を顔の筋肉に施すことで、たるみやしわを改善し、若々しい印象を与える美容施術です。
目の周り、眉間、額、口角、あごなど、顔のさまざまな部位に適用できます。

ボトックスリフトは、ボトックスという神経毒素を使って、筋肉の働きを弱めることで、皮膚にかかる負担を減らし、リフトアップ効果を得る方法です。
さらに、手術や切開が不要で、ダウンタイムが少なく、短時間で施術ができるという利点があります。

ボトックスリフトは、自然な仕上がりを目指せ、表情の硬さや不自然さを防げます。

ボトックスリフトとボトックスの違いは?

ボトックスリフトとボトックスは、同じ成分を使っているので、同じものだと思われがちですが、実は違いがあります。

ボトックスは、筋肉の動きを完全に止めることで、しわを消す効果を狙う施術です。
ボトックスは、主に深いしわや表情じわに対して効果的ですが、筋肉の動きがなくなると、表情が硬くなったり、不自然になったりするデメリットがあります。

一方、ボトックスリフトは、筋肉の動きを完全に止めるのではなく、適度に抑制することで、皮膚にかかる負担を減らし、リフトアップ効果を狙う施術です。
ボトックスリフトは、主にたるみや軽度のしわに対して効果的ですが、表情の自然さや柔らかさを保てるメリットがあります。

ボトックスリフトとボトックスは、目的や効果が異なるので、自分の悩みや希望に合わせて選ぶことが大切です。

ボトックスについては、以下の記事で詳しく解説しています。
[sitecardsubtitle=関連記事url=https://www.mcsg.co.jp/kentatsu/life/60707target=]

ボトックスリフトの効果とは?

ボトックスリフトとは、ボトックス注射を顔の筋肉に施すことで、たるみやしわを改善し、若々しい表情を作り出す美容法です。
ボトックスは神経伝達物質を遮断し、筋肉の働きを弱めることで、皮膚にかかる負担を減らします。

ボトックスリフトには以下のような効果が期待できます。

ボトックスリフトの効果|目元や口元のたるみやしわの改善

目元や口元は表情の変化によってしわができやすい部分です。
ボトックスリフトは、目尻や眉間、ひたい、口角などに注射することで、筋肉の緊張を緩和し、しわを目立たなくします

また、ボトックスは皮膚のコラーゲンやエラスチンの生成を促進することで、皮膚の弾力やハリを高めます。
目元や口元のたるみやしわを改善することで、明るく若々しい印象を与えられます。

ボトックスリフトの効果|ほうれい線やマリオネットラインの軽減

ほうれい線やマリオネットラインは、加齢や日常生活のストレスによって、頬や口周りの筋肉が下がり、皮膚がたるんでできる溝です。

ボトックスリフトは、ほうれい線やマリオネットラインの原因となる筋肉に注射することで、筋肉の動きを制御し、皮膚を引き上げます
また、ボトックスは皮膚の血行を改善し、皮膚の代謝を高めることで、皮膚の老化を防ぎます。

ほうれい線やマリオネットラインを軽減することで、落ち着いた美しさを演出できます。

ボトックスリフトの効果|フェイスラインや首のリフトアップ

フェイスラインや首は、重力や脂肪の蓄積によって、たるみや二重あごができやすい部分です。

ボトックスリフトは、フェイスラインや首の筋肉に注射することで、筋肉の余分な動きを抑え、皮膚を引き締めます
また、ボトックスは皮膚の脂肪分解を促進することで、脂肪の蓄積を減らします。

フェイスラインや首のリフトアップをすることで、スッキリとした小顔効果を得られます。

ボトックスリフトの効果|毛穴の引き締めや肌トラブルの改善

毛穴は、皮脂の分泌や汚れの詰まりによって、開きやすくなります。
ボトックスリフトは、毛穴の周りの筋肉に注射することで、筋肉の収縮を促し、毛穴を引き締めます

また、ボトックスは皮膚の水分保持能力を高めることで、乾燥や肌荒れを防ぎます。
毛穴の引き締めや肌トラブルの改善をすることで、なめらかで透明感のある肌になれます。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

ボトックスリフトを打てる場所は?

ボトックスリフトとは、ボトックス注射を顔の特定の部位に施すことで、たるみやしわを改善し、若々しい印象を与える美容法です。

ボトックスリフトは、目元、口元、フェイスライン、首、額・頬など、さまざまな場所に使えます。
それぞれの場所に打つとどのような効果があるのでしょうか?

ボトックスリフトの適応部位|目元

目元にボトックスリフトを打つと、目の周りのしわやたるみを解消し、目を大きく見せられます。
目尻の笑いジワや目の下のクマ、まぶたの重さなど、目元の老化に悩む方におすすめです。

目元にボトックスリフトを打つと、目の開きが良くなり、目力がアップします。
また、目の形や位置を整えることもできます。

目元にボトックスリフトを打つ場合は、注射の量や位置に注意が必要です。
医師に相談して、自分に合った施術を受けましょう。

ボトックスリフトの適応部位|口元

口元にボトックスリフトを打つと、口角の下がりや唇のしわを改善し、明るく魅力的な表情を作れます。

口元の老化によって、不満や不機嫌な印象を与えてしまうことがありますが、ボトックスリフトで口元の筋肉をリラックスさせることで、自然な笑顔を取り戻せます。
また、唇のボリュームや形を調整することもできます。

口元にボトックスリフトを打つ場合は、注射の量や位置によって表情の変化が大きくなることがあります。
過度な施術は避けて、自然な口元を目指しましょう。

ボトックスリフトの適応部位|フェイスライン

フェイスラインにボトックスリフトを打つと、顔の輪郭をシャープに見せられます。

フェイスラインのたるみやふくらみによって、顔が大きく見えたり、老けて見えたりすることがありますが、ボトックスリフトでフェイスラインの筋肉を緩めることで、顔の余分な肉を落とせます
また、エラの張りや顎の形を整えることもできます。

フェイスラインにボトックスリフトを打つ場合は、注射の量や位置によって顔のバランスが変わることがあります。
自分の顔の骨格や肉付きに合わせて、適切な施術を受けましょう。

ボトックスリフトの適応部位|首

首にボトックスリフトを打つと、首のしわやたるみを解消し、若々しい首元を作れます。

首の老化によって、首の皮膚がたるんだり、しわができたりすることがありますが、ボトックスリフトで首の筋肉をリラックスさせることで、首の皮膚を引き締められます
また、首の角度や長さを調整することもできます。

首にボトックスリフトを打つ場合は、注射の量や位置によって首の動きや感覚が変わることがあります。
首の機能に影響を与えないように、安全な施術を受けましょう。

ボトックスリフトの適応部位|額・頬

額・頬にボトックスリフトを打つと、額や頬のしわやたるみを改善し、若々しい表情を作れます。

額や頬の老化によって、額に横じわや縦じわができたり、頬が垂れたりすることがありますが、ボトックスリフトで額や頬の筋肉をリラックスさせることで、額や頬の皮膚を引き上げられます
また、額や頬の高さや幅を調整することもできます。

額・頬にボトックスリフトを打つ場合は、注射の量や位置によって表情の変化が大きくなることがあります。
自然な額・頬を目指して、適度な施術を受けましょう。

ボトックスリフトを打つ場所の選び方!

ボトックスリフトを打つ場所は、自分の顔の特徴や悩みによって異なります。
また、ボトックスリフトには効果だけでなく、リスクもあります。

そこで、ボトックスリフトを打つ場所の選び方について、以下の3つのポイントをご紹介します。

自分の顔の特徴や悩みを把握する

ボトックスリフトを打つ場所は、自分の顔の特徴や悩みに合わせて決める必要があります。
例えば、目元のしわやたるみが気になる場合は、眉間や目尻、まぶたなどにボトックスリフトを打つと効果的です。

一方、頬やあごのたるみが気になる場合は、頬骨やあご先、口角などにボトックスリフトを打つと効果的です。
また、顔全体のリフトアップを目指す場合は、額やこめかみ、耳の前などにボトックスリフトを打つと効果的です。

自分の顔の特徴や悩みを把握することで、ボトックスリフトの効果を最大限に引き出せます。

ボトックスリフトの効果やリスクを理解する

ボトックスリフトの効果は、打った場所や量によって異なりますが、一般的には、2週間から1ヶ月で現れ、3ヶ月から6ヶ月持続します。
ボトックスリフトのメリットは、手軽に受けられることや、ダウンタイムが少ないこと、自然な仕上がりになることなどです。

しかし、ボトックスリフトにはリスクもあります。
例えば、打った場所に赤みや腫れ、痛みなどの副作用が起こる可能性があります。
また、打った場所や量が不適切だと、表情が不自然になったり、顔のバランスが崩れたりする可能性があります。

ボトックスリフトの効果やリスクを理解することで、自分に合ったボトックスリフトを選べます。

医師のアドバイスを聞く

ボトックスリフトを打つ場所を決める際には、医師のアドバイスを聞くことが重要です。
医師は、自分の顔の特徴や悩みを診断し、ボトックスリフトの効果やリスクを説明し、打つ場所や量を提案してくれます。
医師のアドバイスに従うことで、ボトックスリフトの安全性や効果を高められます。

また、医師は、ボトックスリフトの施術前後に注意すべきことや、アフターケアの方法なども教えてくれます。
医師のアドバイスを聞くことで、ボトックスリフトの結果を長く維持できます。

ボトックスリフトのメリットは?

ボトックスリフトは、メスを入れる必要がなく、短時間で施術が終わります。
また、ダウンタイムが少なく、表情が自然に仕上がります。
それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

ボトックスリフトのメリット|メスを入れずに短時間で終わる

ボトックスリフトは、ボトックス注射を顔の筋肉に打つだけで、効果を得られます。
メスを使わない非侵襲的な施術で切開や縫合などが不要のため、出血や感染のリスクが低く、安全性が高いと言えます。

施術時間は約15分程度と短く、傷跡や痛みもほとんどありません。
ボトックスリフトは、手軽に受けられる美容施術と言えます。

ボトックスリフトのメリット|ダウンタイムが少ない

ボトックスリフトは、ダウンタイムが少ないのも魅力の一つです。
ダウンタイムとは、施術後に回復するまでの期間のことです。

ボトックスリフトは、注射の跡が目立たないようにメイクできます。
また、注射の後は、軽いマッサージや冷却などのケアをすることで、腫れや内出血を抑えられます。

通常は、施術後すぐに日常生活に戻れます。
ただし、施術後は、激しい運動やお風呂、サウナなどは避けるようにしましょう。

ボトックスリフトのメリット|表情が自然に仕上がる

ボトックスリフトは、顔の筋肉の動きを抑えることで、たるみやしわを改善します。
しかし、筋肉の動きを完全に止めるわけではありません。
ボトックスリフトは、筋肉のバランスを整えることで、表情に自然なハリと弾力を与えます

また、ボトックスリフトは、顔全体に均等に注射するのではなく、必要な部分に適量を注射することで、表情のバランスを崩さないようにします。
ボトックスリフトは、表情が固くならないように工夫された施術です。

ボトックスリフトのデメリットは?

ボトックスリフトは、ボツリヌス菌の毒素を筋肉に注射することで、しわやたるみを改善する美容医療です。

しかし、この方法にはデメリットもあります。
以下では、ボトックスリフトのデメリットについて3つの観点から解説します。

ボトックスリフトのデメリット|効果が一時的であること

ボトックスリフトの効果は、注射した部位や個人の体質によって異なりますが、一般的には3〜6ヶ月程度で消失します。
そのため、効果を持続させるには定期的に注射を繰り返す必要があります。
これは、時間や費用の面で負担になる可能性があります。

また、注射の回数が増えると、ボツリヌス菌に対する抗体ができることがあり、効果が薄れたり出なくなったりするリスクもあります。

ボトックスリフトのデメリット|副作用や合併症のリスクがあること

ボトックスリフトは、医療行為であるため、副作用や合併症のリスクがゼロではありません。
注射部位には、赤みや腫れ、内出血、痛みなどが生じることがあります。
これらは通常数日で治まりますが、場合によっては長引くこともあります。

また、注射量や位置によっては、表情筋に影響を与えて、以下のような副作用や合併症が起こる可能性があります。

顔の非対称ボトックス注射の量や位置が左右で異なると、顔の表情が不自然になったり、顔のバランスが崩れたりすることがあります。
顔の感覚の鈍化ボトックス注射によって、顔の筋肉の動きが制限されると、顔の感覚が鈍くなったり、しびれたりすることがあります。
眼瞼下垂ボトックス注射を眉間や目の周りに打つと、まぶたの筋肉が弱くなり、まぶたが下がったり、目が開きにくくなったりすることがあります。
呼吸困難ボトックス注射を喉の周りに打つと、喉の筋肉が弛緩し、呼吸が困難になったり、声がかすれたりすることがあります。
アレルギー反応ボトックスに対してアレルギーがある場合、ボトックス注射を受けると、発疹やかゆみ、発熱などのアレルギー反応が起こることがあります。

ボトックスリフトの副作用や合併症は、施術後すぐに現れる場合もあれば、数日から数週間後に現れる場合もあります。
副作用や合併症が起こった場合は、速やかに医師に相談することが必要です。

ボトックスリフトのデメリット|個人差があること

ボトックスリフトの効果や持続期間は、注射した部位や個人の体質によって大きく異なります

例えば、筋肉量が多い人や表情が豊かな人は、効果が出にくかったり、持続期間が短かったりすることがあります。
また、ボトックスリフトは、しわやたるみの原因が筋肉の収縮にある場合に有効ですが、皮膚の弾力やハリの低下による場合には効果が期待できません。

そのため、ボトックスリフトを受ける前には、自分の肌の状態や目的に合った方法であるかどうかを確認することが必要です。
また、効果に満足できなかった場合には、他の方法との併用や切り替えを検討することもできます。

【編集部厳選!】ボトックスリフトのおすすめ人気クリニック2院!

ボトックスリフトのおすすめクリニックを2院ご紹介します。
気になったクリニックがあれば、まずは無料カウンセリングをお勧めします。

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニックのおすすめポイント3つ

  • 一人ひとりの想いに向き合った医療
  • チーム医療による質の高い診療
  • 大学病院の連携医療協力機関の信頼度

銀座よしえクリニックの施術メニュー情報

施術名料金詳細
ボトックスリフト
(マイクロボトックス)
¥69,300
公式サイトはこちら
CPC首再生ボトプラス¥220,000
公式サイトはこちら

銀座よしえクリニックの基本情報

施設名銀座よしえクリニック
店舗情報全国7院
詳細はこちら
営業時間【平日】10:00~19:00
【土日・祝日】10:00~18:00
※各クリニックによって異なります
定休日年末年始
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニック

糸リフトおすすめのもとび美容外科

もとび美容外科の3つのおすすめポイント

  • 院長の豊富な症例実績【5万件以上】
  • 徹底したカウンセリング
  • 痛みや腫れを最小限に

もとび美容外科の施術メニュー情報

施術名料金詳細
アラガン社ボトックス¥10,780〜
公式サイトはこちら
ゼオミンボトックス¥12,980〜
公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニックの基本情報

施設名もとび美容外科クリニック
店舗情報新宿院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
※公式HPのカレンダーに記載
予約方法WEB・電話

ボトックスリフトの失敗例とは?

ボトックスリフトには失敗する可能性もあります。
失敗すると、どのような問題が起こるのでしょうか?

ボトックスリフトの失敗例|表情が硬くなる

ボトックスリフトの失敗例のひとつが、表情が硬くなることです。
ボトックスは筋肉の動きを抑えるので、笑ったり驚いたりするときに、顔に表情が出にくくなります。
特に、目や眉の周りにボトックスを注入すると、目が開きすぎたり、眉が上がりすぎたりすることがあります。

これは、ボトックスの量や注入する場所、注入する深さなどが適切でないと起こりやすいです。
表情が硬くなると、自然な印象が損なわれたり、感情が伝わりにくくなったりします。

表情が硬くならないようにするには、ボトックスの量や注入する場所を調整したり、注入する深さを浅くしたりすることが必要です。
また、ボトックスの効果は3~6ヶ月で徐々に薄れるので、時間が経てば元に戻ることもあります。

ボトックスリフトの失敗例|顔のバランスが崩れる

ボトックスリフトの失敗例のもうひとつが、顔のバランスが崩れることです。
ボトックスは筋肉の動きを抑えるので、顔の一部が引き上げられたり、下がったりすることがあります。

例えば、口角や頬のボトックスが多すぎると、口角が上がりすぎたり、頬が膨らみすぎたりします。
逆に、額や眉のボトックスが少なすぎると、額がしわだらけになったり、眉が下がったりします。

これは、ボトックスの量や注入する場所が均等でないと起こりやすいです。
顔のバランスが崩れると、不自然な印象になったり、老けて見えたりします。

顔のバランスを保つには、ボトックスの量や注入する場所を全体的に調整したり、左右対称にしたりすることが必要です。
また、ボトックスの効果が強すぎる場合は、ヒアルロン酸注射などで解消することもできます。

ボトックスリフトの失敗例|皮膚がたるむ

ボトックスリフトの失敗例のさらにひとつが、皮膚がたるむことです。
ボトックスは筋肉の動きを抑えるので、皮膚に張りを与えます。

しかし、ボトックスの効果が切れると、筋肉が弱くなってしまうことがあります。
筋肉が弱くなると、皮膚の支えがなくなって、たるみやしわが増えることがあります。

これは、ボトックスを長期間やりすぎると起こりやすいです。
皮膚がたるむと、老化が進んだように見えたり、元の状態よりも悪くなったりします。

皮膚がたるまないようにするには、ボトックスの期間や回数を適切に設定したり、ボトックスと併用してスキンケアやマッサージをしたりすることが必要です。
また、皮膚がたるんでしまった場合は、レーザーやマッサージなどで引き締めることもできます。

ボトックスリフトの失敗を防ぐためにはどうすればいい?

ボトックスリフトには上記のように失敗する可能性もあります。
では、ボトックスリフトの失敗を防ぐためには、どのようなことに注意すればよいでしょうか?

信頼できる医師・クリニックを選ぶ

ボトックスリフトは医療行為です。
そのため、医師の技術や経験、クリニックの設備や衛生管理などが重要です。

信頼できる医師・クリニックを選ぶためには、以下の点を確認しましょう。

  • 医師の資格や経歴、施術実績などを確認する
  • クリニックの口コミや評判、施術前後の写真などを参考にする
  • クリニックの雰囲気やスタッフの対応、清潔感などを感じる
  • クリニックの料金や保証制度、アフターケアなどを比較する

信頼できる医師・クリニックを選ぶことで、ボトックスリフトの効果や安全性を高められます。

カウンセリングをしっかり受ける

ボトックスリフトは個人差があります。
そのため、施術前にカウンセリングをしっかり受けることが大切です。

カウンセリングでは、以下のことを医師に相談しましょう。

  • ボトックスリフトの目的や期待する効果、不安や疑問などを伝える
  • ボトックスリフトの方法や手順、リスクや副作用などを説明してもらう
  • ボトックスリフトの適応や禁忌、施術前後の注意事項などを確認する
  • ボトックスリフトの施術箇所や量、回数などを決める

カウンセリングをしっかり受けることで、ボトックスリフトの効果や満足度を高められます。

安全性の高いボトックス製剤を選ぶ

ボトックスリフトには様々なボトックス製剤があります。
ボトックス製剤には、純度や濃度、安定性や持続性などの違いがあります。

安全性の高いボトックス製剤を選ぶためには、以下の点に注意しましょう。

  • 厚生労働省の承認を受けたボトックス製剤を選ぶ
  • 偽造品や模倣品、輸入品などの不正なボトックス製剤を避ける
  • 医師の判断や経験に基づいたボトックス製剤を信頼する
  • ボトックス製剤の特徴や効果、副作用などを理解する

安全性の高いボトックス製剤を選ぶことで、ボトックスリフトの安心感や信頼感を高められます。

施術後に注意事項を守る

ボトックスリフトは施術後にも注意が必要です。
施術後に注意事項を守ることで、ボトックスリフトの効果や持続性を保てます。

施術後に注意することは、以下のとおりです。

  • 施術後すぐに激しい運動や入浴などを避ける
  • 施術後数時間は施術箇所を触らないようにする
  • 施術後数日は施術箇所に冷やすなどのケアをする
  • 施術後数週間は日焼けやアルコールなどを控える
  • 施術後数ヶ月は医師の指示に従って定期的に通院する

施術後に注意事項を守ることで、ボトックスリフトの失敗を防げます。

ボトックスリフトの効果の持続期間は?長持ちさせる方法

ボトックスリフトは、手軽に受けられる反面、効果が永久的ではないというデメリットがあります。

では、ボトックスリフトの効果の持続期間はどのくらいなのでしょうか?
また、効果を長持ちさせる方法はあるのでしょうか?

ボトックスリフトの効果の持続期間

ボトックスリフトの効果の持続期間は、個人差がありますが、一般的には3ヶ月から6ヶ月程度といわれています。

ボトックスは、筋肉の働きを弱めることで、たるみやしわを改善しますが、時間が経つと筋肉が回復し、元の状態に戻ってしまいます。
そのため、ボトックスリフトの効果は永久的ではなく、定期的に施術を繰り返す必要があります。

ボトックスリフトの効果の持続期間は、以下のような要因によって変わります。

注入量

ボトックスの注入量が多いほど、効果は強く長持ちします

しかし、注入量が多すぎると、表情が硬くなったり、副作用が起こったりする可能性があります。
適切な注入量は、施術する部位や目的によって異なりますので、医師と相談して決めましょう。

注入箇所

ボトックスの注入箇所によっても、効果の持続期間は変わります。

額や目尻など、表情筋が多く動く部位は、効果が早く消えやすいです。
逆に、あごや首など、表情筋が少なく動かない部位は、効果が長く持ちやすいです。

個人の体質

ボトックスは、体内で分解されて排出されます。
そのため、個人の体質によっても、効果の持続期間は変わります。

分解能が高い人は、効果が早く消えやすいです。
逆に、分解能が低い人は、効果が長く持ちやすいです。
また、筋肉量や筋力、代謝、年齢なども、効果の持続期間に影響します。

ボトックスリフトの効果を高めるための方法

ボトックスリフトの効果を高めるためには、以下のような方法があります。

施術前後の注意事項

ボトックスリフトの効果を高めるためには、施術前後の注意事項を守ることが大切です。
施術前には、以下のことに注意しましょう。

アルコールや血液をサラサラにする薬の摂取を控える

アルコールや血液をサラサラにする薬は、ボトックスの効果を弱めたり、出血や内出血のリスクを高めたりします。
施術の1週間前からは、これらの摂取を控えましょう。

化粧品やスキンケア用品の使用を控える

化粧品やスキンケア用品は、ボトックスの注入部位に炎症や感染を引き起こす可能性があります。
施術の前日からは、これらの使用を控えましょう。

施術後には、以下のことに注意しましょう。

注入部位を触らない

注入部位を触ると、ボトックスが移動したり、炎症や感染を引き起こしたりする可能性があります。
施術後は、注入部位を触らないようにしましょう。

激しい運動や入浴を避ける

激しい運動や入浴は、血圧や体温を上げたり、発汗を促したりします。
これにより、ボトックスの効果が弱まったり、出血や内出血のリスクが高まったりします。
施術後は、24時間は激しい運動や入浴を避けましょう

定期的なメンテナンスを行う

ボトックスリフトの効果を高めるためには、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。
ボトックスリフトの効果は、時間が経つと徐々に消えていきますが、定期的に施術を繰り返すことで、筋肉の動きが抑制され続け、効果が長持ちするようになります。

ボトックスリフトのメンテナンスの間隔は、個人差がありますが、一般的には3ヶ月から6ヶ月に1回程度といわれています。

メンテナンスのタイミングは、効果が完全に消える前に行うのがおすすめです。
効果が完全に消えると、筋肉が元の状態に戻ってしまい、施術の効果が薄れてしまいます。
効果が消える前に、少しでも筋肉の動きが戻ってきたら、メンテナンスを行いましょう。

ボトックスリフトまとめ

ここまでボトックスリフトについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ボトックスリフトとは、ボトックス注射を顔の筋肉に施すことで、たるみやしわを改善し、若々しい印象を与える美容施術のこと
  • ボトックスリフトの効果は、主に、目元や口元のたるみやしわの改善、ほうれい線やマリオネットラインの軽減、フェイスラインや首のリフトアップ、毛穴の引き締めや肌トラブルの改善などがある
  • ボトックスリフトのメリットは、メスを入れずに短時間で終わり、ダウンタイムが少ないこと、自然な仕上がりが期待できることなどがあり、デメリットには、効果には個人差があり一時的であること、副作用や合併症のリスクがあることなどがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク