ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ストレス>ストレスで痩せる原因や仕組みを解説!ストレス痩せは良いことなの?

ストレスで痩せる原因や仕組みを解説!ストレス痩せは良いことなの?

ある日突然食欲がなくなり、痩せるという話を聞いたことはありませんか?
がんや内臓に問題がない場合、ストレスが原因の場合があります。

ストレスで痩せるメカニズムは、どのようなものなのでしょうか?
また、どのような状況になると、ストレスで痩せてしまうのでしょうか?

本記事ではストレス痩せについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ストレス痩せの特徴とは
  • ストレス痩せの状況や背景とは
  • ストレス痩せの原因とは
  • ストレス痩せの解消方法とは

ストレス瘦せついて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ストレス痩せの特徴


ストレスで痩せる方には、以下のように一定の特徴が見られます。

  • 食欲が急激に減る
  • 健康的な痩せ方でない場合が多い

それぞれについて解説していきます。

食欲が急激に減る

ストレスで痩せる方の特徴として、急激な食欲低下が見られています。
原因として、ストレスの影響により、交感神経が過敏に反応していることがあげられます。

交感神経が過敏になると、内臓機能の働きが悪くなり、空腹感を感じにくくなります。
その結果、食欲低下を引き起こし、食事摂取量が低下してしまいます。

健康的な痩せ方でない場合が多い

ストレスにより痩せる方の外見を見ると、健康的に痩せていない方が多いという特徴があります。

原因として、ストレスによる胃腸障害が考えられます。
胃腸障害になると、食物から十分な栄養吸収ができなくなり不健康な痩せ方になります。

スポンサーリンク

ストレスで痩せる状況・背景

私たちは、日常的に様々なストレスを受けて生活しています。
大抵の場合、休息や運動などを伴うことで発散することができています。

しかし、ストレス痩せを引き起こす原因として以下のように特定の状況や背景があります。

  • 受験
  • 学校
  • 一人暮らし
  • 引越し
  • 繁忙期
  • 失恋
  • 職場
  • 産後
  • 子育て

受験

受験期を迎える子供は、とてもストレスを抱えやすい状況にあるといえます。
その理由として、以下のことが考えられます。

  • 生活リズムの乱れ

寝不足や不規則な食生活など、生活リズムが乱れると疲労が蓄積し、ストレスを抱える原因となります。

  • 勉強そのものがストレスになる

勉強自体、好きと答える方は多くありません。
そのため、長期間の勉強そのものがストレスになってしまいます。

  • 運動不足になりやすい

ストレス発散の1つに、運動して汗をかく方法があります。
しかし、受験期間中は運動する時間が少なくなります。
その結果、精神的なリフレッシュが図れずストレスを抱えやすくなります。

学校

学校は、勉学だけでなくコミュニケーションを図ることができるとても重要な場所です。
一方で、人付き合いなど様々なストレスを受けやすい場所でもあります。

学校でストレスを溜めてしまう原因として、以下のことが考えられます。

  • 人付き合い

学校では、クラスメートだけでなく教師や事務員など、様々な方と交流があります。
価値観の合わない人と接したり、自己主張が行いにくい環境で、人付き合いを続けるとストレスが溜まりやすくなります。

  • 学校の授業

苦手な教科や先生など、授業内容によってはストレスを抱える場面があります。
しかし、学生は毎日決まった時間に授業を受けなければなりません。

  • 早起きの習慣

朝の授業に合わせて、規則正しく朝早く起きる習慣は、とても重要です。
朝すっきり目覚めることができず、ストレスになる場合があります。

一人暮らし

一人暮らしは、自分の時間を自由に作ることができるため快適に過ごすことができます。
しかし、行動に自己責任が伴うため様々な場面でストレスを抱える場合があります。

一人暮らしでストレスを溜めてしまう原因として以下のことが考えられます。

  • 会話場面が少ない

仕事場や学校では話し相手がいますが、家に帰ると1人になります。
無音になりやすく楽しい話題を共有することや愚痴をいうことができません。

  • 生活習慣の乱れ

一人暮らしでは、食事内容や睡眠時間は自由に決められます。
生活習慣が乱れることにより、体調を崩しやすくなり、ストレスの原因になります。

  • 騒音

アパートなどで一人暮らしをすると、隣人の生活音が聞こえる場合があります。
生活音の影響により、寝不足やイライラなどストレスを抱えてしまう場合があります。

引越し

引越しは、新生活に期待をよせる気持ちが高まる方が多いです。
一方で、引越しの手続きや引越しの準備など様々な場面でストレスを抱える場面があります。
具体的には、以下の場面でストレスが発生しやすいです。

  • 身体的負担(荷物の梱包や手続きなど)

引越しをするうえで、荷物の梱包や荷解きは多大な労力を必要とします。
また、引越し手続きのために市役所や不動産業者など、何度も出向く必要があります。
こういった身体的負担がストレスになる可能性があります。

  • 心理的負担

引越しをすると、慣れ親しんだ場所や人と別れてしまいます。
また、新しい場所で始めから人間関係や地理感を養わなければなりません。
このような状況は、心理的負担につながり、ストレスを抱えてしまいます。

繁忙期

仕事によっては、ある一定の時期になると激務になる繁忙期が存在します。
繁忙期になると、ストレスは溜まりやすくなります。
その理由は、以下の通りです。

  • 自分の限界を超えた仕事量をこなす

繁忙期は、自分のキャパシティーを超えた仕事量が与えられる場合があります。
自分に余裕がなくなるとストレスを溜めてしまいます。

  • 仕事に行きたくない

仕事に慣れてくると、ある程度スケジュールが予想できるようになります。
そのため、いつ頃に繁忙期になるか予想してしまいます。
そういった思考がストレスになり、結果として仕事に行きたくなくなります。

失恋

恋愛の過程において、様々な感情の変化があらわれます。
楽しいこと、嬉しいこと以外に、つらいことなどネガティブな感情も伴います。

失恋すると、強いショックの感情を抱いてしまいます。
ストレスの度合いは大きいため、何か月、何年も悲観的な感情を抱える場合があります。
その場合、失恋後うつに移行する場合もあります。

職場

ほとんどの社会人は、収入を得るために仕事をします。
しかし、仕事環境によっては、ストレスを抱える場面があります。

具体的には以下の場面です。

  • 上司などからの期待・仕事の要求

職場では、上司や同僚などから様々な仕事の期待が寄せられます。
過剰な期待は仕事量の過剰な増加につながります。

  • 人間関係

職場内では、上司や同僚、依頼者など様々な方と接する場面があります。
人間関係がうまく築けていないと、ギスギスした関係となり、仕事に影響がでる可能性があります。

産後

妊娠から出産まで、女性にとってとても大変で大事な時期を迎えます。
しかし、出産後も様々な影響でストレスを溜めてしまいます。
原因として以下の通りです。

  • 育児

出産後すぐ赤ちゃんの世話が始まります。
慣れない行為がストレスの原因になります。

  • ホルモンバランスの変化

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されます。
しかし出産後は急激に減少します。
エストロゲンの急激な変化は浮き沈みなど心理的影響を及ぼします。

  • 睡眠不足

産後しばらくは、夜中にも約3時間おきの授乳やおむつ交換をする場面があります。

子育て

子育ては、子供の成長を見て楽しむことができます。
しかし、子育ての様々な場面でストレスを溜めてしまうことがあります。
原因として以下の通りです。

  • 自分の時間が無くなる

独身のとき、夫婦のみの場合は、比較的自分に時間をかけることができます。
しかし、子供ができると家事や育児に追われ、自由な時間は減少します。

  • 配偶者や家族の協力が難しい

子育てを行ううえで、配偶者や家族の協力はとても重要です。
しかし、仕事などの理由から必要な場面で、育児を手伝ってもらえない場合があります。

  • 仕事との両立

女性によっては、育児休暇後に仕事復帰する方もいます。
仕事中に保育園から子の体調不良の連絡が来る場合があります。
そういったことも、ストレスの原因になります。

関連記事

厚生労働省の調査によると、20~50代に至るまでの過半数以上の方が強いストレスを感じているようです。ストレスが原因で体にあらわれる症状には、さまざまなものがあります。そのうちの1つに吐き気があげられます。吐き気は、どのような[…]

おすすめ記事

社会で生活していく上で、ストレスを完全に避けることは困難です。従って、正しくストレスと向き合っていくことが、人が健康的に暮らしていくためには大切です。今回はストレスについて、以下の点を中心に解説していきます。 ストレス症状[…]

なぜストレスで痩せるのか?原因や理由

ストレスで痩せる原因や理由は、いくつかあります。
具体的には、以下の通りです。

  • 精神的ストレス
  • うつ病

精神的ストレスが痩せる理由

精神的ストレスが原因で、痩せてしまう場合があります。
精神的ストレスで痩せる理由として、以下の2つが考えられます。

  • 交感神経が過剰に反応する

精神的ストレスを抱えると交感神経が過剰に反応します。
精神面において常に緊張状態になり、内臓の筋肉を司る副交感神経の働きが弱まります。

その結果、食欲の低下につながり痩せる原因となります。

  • 胃腸障害

本来、胃の分泌物が正常であれば、飲食した食物を適切に吸収することができます。
そのため、健康的なダイエットでは、消化吸収が適切に働き健康的に痩せられます。

しかし、胃はストレスの影響で胃酸の分泌が過剰になり、胃の粘膜に傷ができます。
その結果、胃腸障害を起こし、食物から十分な栄養吸収ができなくなります。
体内の栄養が偏ることで、不健康な痩せ方になります。

うつ病でどんどん痩せる場合も

急激な体重減少は、様々な要因で発症します。
医学的には、半年〜1年で体重の5%以上減少すると急激な痩せの目安となります。

出典:日本臨床検査医学会「体重減少」

体重減少を引き起こす原因として以下の病気が考えられます。

  • がん
  • 甲状腺機能亢進症
  • バセドウ病
  • 糖尿病
  • うつ病

精神的な要因で引き起こされる病気は、うつ病です。

うつ病は、脳の神経伝達物質の働きが低下することで発症します。
憂鬱で気分が滅入るような状態になり、様々な意欲低下を引き起こします。
そのため、食に対する興味がなくなり、痩せる原因につながります。

関連記事

男性より女性の方が、ストレスの影響を受けやすいといわれています。女性は、人生の長い期間ホルモンバランスの変化にさらされます。また、年代ごとにライフイベントが多いことも影響します。ストレスからくる症状は、女性特有のものがありま[…]

AGA

ストレスで痩せるのは大体何キロ?

前述の通り、半年〜1年で体重の5%以上減少が急激な痩せの目安となります。
例えば、60㎏の方の場合、半年で約3㎏以上痩せると急激な痩せとなります。

ストレスで痩せる場合、うつ病などが関連すると同様の数値が考えられます。
しかし、ストレスの痩せ方には個人差があります。
必ずしも、上記に当てはまるとは限りません。

健達ねっとECサイト

ストレスを感じやすい人の特徴・性格

ストレスを感じやすい方は、特定の特徴や性格の傾向があります。
具体的には、以下の通りです。

  • 完璧主義
  • 承認欲求が高い
  • 自己肯定感が低い
  • 他人の言動が気になる

それぞれについて解説します。

完璧主義

完璧主義の方は、責任感が強く、仕事や作業を慎重かつ丁寧に行う傾向があります。
そのため、妥協することが難しく、自分で自分を追い詰めてしまうことがあります。

そういった心理的状態が続くと、心が疲れてしまいストレスを感じやすくなります。

承認欲求が高い

承認欲求とは、「他者から自分を価値のある存在として認められたい」欲求をいいます。
誰でも持つ欲求ですが、挨拶など日常的な行為で承認欲求が満たされることが多いです。

しかし、承認欲求が高い方は、日常的な行為では満足せず当たり前に感じてしまいます。
そのため、もっと認めてほしい、認められないと不安になるといった感情があらわれます。
こういった感情が続くとストレスの原因になります。

自己肯定感が低い

自己肯定感とは、自分自身を肯定的に受け入れる感性をいいます。

自己肯定感は、幼少期に親や周囲の大人からの影響で育まれます。
自己肯定感が低くなると、メンタルが弱くなり、ネガティブな感情が前面に出やすくなります。

その結果、ストレスを抱えやすく、ストレスに対する抵抗力が弱くなります。

他人の言動が気になる

まじめで相手を思いやることができる方は、他人の言動が気になりやすい方が多いです。
また、思い込みが強い方も多く、相手の言動を真に受けやすくなってしまいます。

そのため、相手の言動や体動が頻繁に気になるため、落ち着かなくなります。
そういった心の動揺は、ストレスを抱えやすい原因になります。

薬の使い方

ストレスにより太るケースもある

ストレスにより、太るケースがあります。
原因として、過食が考えられます。

強いストレスが加わると、副腎からコルチゾールというホルモン分泌が過剰になります、
コルチゾールは、食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌を抑制します。
その結果、食事の際満腹感が得られず過食になってしまいます。

また、強いストレスの影響により、脳内からドーパミンの分泌が過剰になります。
ドーパミンは、食欲を増進させる作用があり、過食の原因になります。
体重増加の明確な指標はありませんが、過食になると急激な体重増加が予想されます。

過食になる原因として、以下の疾病の可能性があります。

  • 神経性過食症
  • 月経前症候群(PMS)

食欲があるのに痩せる場合も

食欲があり、十分に食事摂取しているにもかかわらず痩せる場合があります。
これは、交感神経が過敏になり、胃腸の吸収が抑制されている可能性があります。

胃腸は、副交感神経が働くことで、消化液の分泌が増え食物の消化吸収に作用します。
交感神経が優位になると、副交感神経の働きが抑制されます。
胃腸の蠕動運動や消化液の分泌が低下し、食物が体内に吸収されにくくなります。

その結果、栄養が十分に摂取できず痩せてしまう原因になります。

スポンサーリンク

溜まったストレスを解消しよう

ストレスで痩せてしまわないようにするには、溜まったストレスを発散する必要があります。
以下のようなストレス解消の方法があります。

  • 考え方を変えてみる
  • 誰かに相談する
  • 気分転換やリラックスする
  • ストレス解消グッズを使う
  • 趣味を持つ
  • 環境を変える

考え方を変えてみる

ストレスを抱えやすい方の特徴として、以下の心癖が出やすいです。

  • 0か100かの極端な思考
  • ネガティブ思考
  • 完璧思考

こういった考え方を変えるためには、以下の方法がおすすめです。

  • 0か100の両面を評価する

好き・嫌いやしたい・したくないなど明確に分けないようにしましょう。

  • ネガティブな面だけでなくポジティブな面も探す

物事をすべてネガティブに評価せず、ポジティブな面にも目を向けましょう。

  • あいまいな面も評価する

物事を完璧に遂行する考え方から、あいまいさを含め妥協することも大事です

誰かに相談する

ストレスを解消するうえで、最も重要なことは悩みを相談できることです。
ストレスを抱えているとき、自分で解消しようと試み、悪化する場合が多く見られます。

悩みを相談することは、とても勇気が必要です。
相談する過程が、ストレスになる場合があります。
しかし、身内や同僚などに悩みを相談できるとそれだけでストレスを軽減できます。
1人で悩まず、周りの方と一緒に解消していくことができるよう、ぜひ相談しましょう。

妊娠中の女性の場合、マタニティブルーズに対する対処も相談が重要になります。

マタニティブルーズとは、出産後数日から2週間程度で生じる精神症状のことです。

  • 不意に涙が出る
  • 感情的になる

など精神が不安定になります。
そのまま放置すると、産後うつにつながり様々な身体・精神症状を引き起こしてしまいます。

妊娠前・妊娠中より夫や親族にマタニティブルーズの知識を持ってもらうことが大切です。
マタニティブルーズになった場合の対処法を事前に相談しておきましょう。

気分転換やリラックスする

ストレスの解消法には、気分転換リラックスすることも重要です。
リラックスすることで副交感神経の働きを促進させ、ストレス軽減につながります。
気分転換できる好きな活動やマッサージなどの時間を確保し、ストレス発散をしましょう。

ストレス解消グッズを使う

ストレス発散の1つに、ストレス解消グッズというものがあります。
手で握るものやパンチングマシーン、ふわふわのクッションなどさまざまです。
人それぞれ好みがありますので、実際に使用して確かめましょう。

趣味を持つ

ストレス発散の1つに、趣味の機会を設けることが重要です。
没頭できる趣味を持つことにより、気分転換することが可能になります。
大人になってからも始めやすいオススメの趣味は、以下の通りです。

  • ドライブ
  • 料理
  • 読書
  • 音楽(楽器、歌唱など)
  • スポーツ(バッティングセンター、テニスなど)

環境を変える

生活環境や職場環境がストレスの原因になる場合、環境を変える方法があります。
周りの騒音が気になる場合は、静かな環境に引っ越すことも1つの手です。

また、職場環境を変えるためには部署の異動届、転職を考えてもいいかもしれません。

しかし、急激な環境変化は、かえって戸惑いにつながる可能性もあります。
環境の変化に対応できるよう下準備を入念に行ってください。

スポンサーリンク

適切なダイエット方法を考える

ストレスを抱える原因の1つに、間違ったダイエット方法があげられます。
ダイエットを行うことで、かえってストレスを抱えてしまうこともあります。
適切なダイエットを行う上での注意点や方法について以下のように説明します。

  • 体重を減らそうとしている人の割合
  • 体型の自己評価が低い傾向

体重を減らそうとしている人の割合

2003年、厚生労働省では、体重減少の人の割合について性別、体型別に公表しています。

調査によると体重を減らそうとしている方は、

  • 男性37.4%
  • 女性53.7%

と、どの年代においても女性が多い結果となっています。
また、体型別でみても、男性は肥満の方が約6割で、その他は低い値となっています。

一方で、女性は肥満の方が8割ですが、普通の体重の方も5割以上と高い値となっています。
そして、15〜19歳の女性は、低体重にもかかわらず約4割の方が体重を減らそうとしています。

体型の自己評価が低い傾向に

体型の自己評価は、年齢や性別だけでなく、現在の体型によっても異なる結果となっています。

調査によると、過去の自分と比べて太っていると評価している方は、

  • 男性43.4%~63.0%
  • 女性40.0%~72.2%

という結果でした。

また、年代別にみても男性に比べ、女性は過去の自分と比較したとき、現在の体型は太っていると感じている方の割合が多いことが分かります。

体型別の自己評価において、男性では自分の体形を適切に評価している結果となりました。
しかし、女性では普通の体重の方でも太っていると自己評価している人が多い傾向があります。
特に、30台未満では約6割の方が普通の体重の方でも太っていると自己評価していました。

また、15〜19歳の女性で低体重の方は、特徴的な結果が出ています。
それは、自分の体型が普通であると、自己評価している方が5割以上と最も多い傾向となっています。

典:厚生労働省【結果の概要

ダイエットによってストレスが溜まるケースも

生活の中で、過度なストレスが与えられる原因は様々です。
原因の1つとして、ダイエットによりストレスが溜まるケースも多く見られます。

ダイエットによるストレスが溜まる具体的な理由は、以下の通りです。

  • 糖質を含む栄養不足

ダイエットの基本に、食事制限を行う方は多いです。
一方で、過度な食事量の減少や偏った食生活をしてしまう場合があります。

その結果、糖質不足を含む栄養不足を引き起こしてしまいます。
頭がうまく働かなくなったり体調不良になりやすく、ストレスの原因になります。

  • ダイエットの結果が見えない

ダイエット中、一時的に体重が減らなくなる停滞期に入ることがあります。
約1か月ほど続きますが、本来停滞期は身体の反応として誰でも生じます。
むしろ停滞期は、ダイエットが順調に進んでいるとも考えられます。

しかし、体重が減らないことに対し過敏に反応する方も多いです。
モチベーションの低下やイライラにつながり、ストレスの原因になります。

  • 疲労や睡眠不足

過度な食事制限や運動を続けると、疲労が蓄積しやすくなります。
また、空腹感や疲労が原因で寝付けなくなるなど、睡眠不足の原因になります。
この悪循環が続くことにより、体調を崩すリスクは高まり、ストレスの原因になります。

適切なダイエットとは?

適切なダイエットを行うことで、ストレスを減少することができます。
具体的には、以下の通りです。

  • バランスの良い食事

毎日決まった時間に、3食摂取するだけでダイエット効果は得られます。
また、糖質はエネルギーになるため、極端な制限は避けましょう。

腸の動きを高めることも、ダイエットにつながります。
食物繊維やビタミンを含む食品を多めに摂取しましょう。

  • 普段の生活で運動を取り入れる

運動は、中々続けにくいものです。
そのため、日常生活の動作に少し工夫することで運動効果が得られます。
具体的には、以下の方法です。

  • 普段より少し大股で歩く
  • ものを拾うときは必ず膝を曲げて取る
  • 15分だけつま先立ちで家事をする
  • 休息日・ご褒美の日を設ける

食事制限や運動を続けていると、どうしてもイライラする場合があります。
そのため、適度な休息日やご褒美の日は必要です。
休息日やご褒美の日として、以下の方法があります。

  • 1週間に1度外食の時間を設ける
  • 1週間に1度運動せずゴロゴロする
  • 低カロリーのおやつを摂る
  • 適度な睡眠時間をとる

睡眠時間を7〜8時間とると、肥満になりにくいといわれています。
夜更かししたり、夜中にカフェインを飲むと、睡眠の質が下がるため避けましょう。

また、睡眠の質を高めるために、適切な入浴も重要です。
入浴により高まった体温が冷めてくると、入眠しやすくなるといわれています。
就寝2時間前に入浴すると、心地よく睡眠することができます。

出典:日本肥満症予防協会「睡眠時間と肥満はどう関連するか?」

スポンサーリンク

ストレスで痩せることのまとめ

ここまでストレス痩せについてお伝えしてきました。
ストレス痩せの要点をまとめると以下の通りです。

  • ストレス痩せの特徴は、食欲が落ち不健康に痩せてしまう方が多い
  • ストレス痩せは、受験や妊娠など様々な環境要因で引き起こされる
  • ストレス痩せは、精神的ストレスやうつ病などが原因になる
  • ストレス痩せを解消するためには、誰かに相談したり気分転換を図ることが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク