ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>更年期>更年期におすすめのダイエット方法は?更年期に太りやすい理由を紹介

更年期におすすめのダイエット方法は?更年期に太りやすい理由を紹介

一定の年齢以上になると更年期障害に悩まされる人は少なくありません。
また、更年期にはさまざまな身体の不調を訴える方が多くいます。

そもそも更年期になるとなぜ太りやすくなるのでしょうか?
更年期におすすめのダイエット方法はあるのでしょうか?

本記事では更年期のダイエット方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 更年期になると太りやすい理由とは
  • 更年期においての適切なダイエット方法
  • 更年期ダイエットの注意点について

更年期においての健康的なダイエット方法を理解するためにも参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

更年期とは

まずはそもそも更年期の意味合いについて紹介していきます。
更年期とは閉経前後の5年間を合わせた10年間のことを指します。
個人差はありますが、主に40〜50歳代の期間に身体の不調を訴える人が多いです。

更年期の症状としては、イライラして精神的に不安定になったり、倦怠感が出たりします。
他にも急に身体がほてり、汗が出ることもあります。
上記のように更年期にはさまざまな症状が出現します。

スポンサーリンク

更年期になると太りやすい理由

更年期になると、太りやすくなったという人が多いようです。
太りやすくなったのには更年期特有の理由があるので、以下で紹介していきます。

筋肉量の低下

人の身体は筋肉があることで熱が発生し、代謝が上がるようになっています。
しかし、筋肉量が低下すると代謝が落ちるので太りやすくなります。

ダイエット中に筋トレが大切であることは、耳にしたことのある方も多いかと思います。
年齢と共に筋肉もつきにくくなるので、更年期の時期は特に注意が必要です。

運動不足

更年期になると運動する機会も減り、運動不足になりやすいです。
運動不足なため、摂取したカロリーが消費されずに脂肪が蓄積していきます。
年齢的に身体の不調を感じやすくなるので、無理に運動することはおすすめできません。

ウォーキングや水泳など適度に運動することで、体力や筋力を維持することにつながります。

更年期障害

更年期障害の症状の1つにホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスが乱れると自律神経の調整が難しくなります。

自律神経の調整が難しくなると、新陳代謝が下がったり、精神的に不安定になります。
普段と同じように運動していても、新陳代謝が悪いのでカロリーが消費されず、肥満につながってしまうのです。

また精神面においてはイライラしやすくなり、過食傾向になります。
ホルモンバランスの乱れにより、身体面と精神面の両方において太りやすい要素が多くなるのです。

更年期のダイエット方法

更年期は太りやすい傾向にあることがわかったところで次は、ダイエット方法について紹介していきます。
更年期におすすめのダイエット方法について紹介するので、参考にしてください。

運動

運動することで筋肉量が増え、代謝エネルギーも増加します。
代謝エネルギーが増えるので、痩せやすい身体につながります。

できれば激しい運動は避けてヨガやストレッチなどの有酸素運動がおすすめです。
運動は心身に良い影響を与え、適度に運動することでリフレッシュにもなりストレス解消につながります。

食事

食事での注意点としては、たんぱく質が多く含まれるものを多く摂取しましょう
たんぱく質は筋肉の生成を助けるので、基礎代謝が上がって太りにくい身体になります。
また食事の際には食べる順番を気にすることも大切です。

食物繊維が多く含まれるサラダなどの野菜から食べ始め、ご飯などの糖質は最後に食べましょう。
順番を工夫するだけで急激な血糖値の上昇を抑え、効果的にダイエットできます。

私生活

私生活で気を付けることは、自律神経のバランスを整えることです。
過度なストレスや睡眠不足は、自律神経の乱れに直結します。
自律神経が乱れることで代謝が悪くなるので、適度に休息をとりストレスを発散しましょう。

映画鑑賞や旅行、菜園など自分が楽しめる趣味を見つけることが大切です。
心の健康は身体の健康にもつながるので、楽しんで生活することをおすすめします。

スポンサーリンク

更年期ダイエットの注意点

更年期のダイエットの注意点としては、食事制限の方法についてです。
食事制限で間違ったダイエットを行うと、必要なたんぱく質や食物繊維、ビタミンなどの栄養素が不足しがちになります。

栄養素のバランスを考えずにただ食事制限するとやつれてしまい、健康的な痩せ方をしません。
また、筋肉量が落ちて代謝が悪くなりリバウンドしやすい身体になります。

食事量を減らすなどの制限をすると、空腹が続いてストレスにもなってしまいます。
食事量は同じでも内容を変えるだけで満腹感を得ながらダイエットすることも可能です。

正しい知識を身に着けることで健康的なダイエットにつながります。

健達ねっとECサイト

サプリメントや漢方薬を使ったダイエット

更年期では女性ホルモンが不足しがちです。
この不足した女性ホルモンを補充することで、効果的なダイエットにつながります。
手軽に女性ホルモンを摂取する方法を紹介するのでぜひご覧ください。

サプリメント

最近では女性ホルモンが多く含まれるサプリメントが多く販売されています。
サプリメントであれば持ち運びに便利で、水さえあればいつでも気軽に摂取できます。

食べ物から摂取しようとすると、多くの量を食べざるを得ず、摂取カロリーも多くなります。

しかし、サプリメントであればカロリー面を気にせずに必要な栄養素を補えるのです。
ですので、ダイエット中はサプリメントを活用することをおすすめします。

漢方薬

漢方薬は病気の予防や早期治療に適したお薬です。
自分の身体に合わせて調合することが可能なので、ぴったりのものが見つかればより効果を得られやすいです。

漢方薬は副作用が現れにくいといわれており、副作用に悩まされることなく身体の不調を改善できます。

注意点として体質や持病によっては、使用できない薬もあるので薬剤師や医師に相談して処方してもらうことをおすすめします。

薬の使い方

更年期太りになりやすい部位は?

更年期において太りやすい身体の部位の1位は「腹部」です。
お腹周りの脂肪を気にする人の割合が最も多く、特に下腹部のポッコリお腹に悩まされる方は少なくありません。

近年は新型コロナウイルスの流行により、運動する機会も少なくなり、家に閉じこもりがちの人も多いです。
家の中でも行える運動や筋トレを取り入れることで、部分的にダイエットすることが可能です。

女性の場合はホルモンバランスが変わることで、身体に大きな影響が出るので注意が必要になります。

掃除や洗濯などの生活の中に身体を動かす機会を作ってみると、続けやすいのでおすすめです。
自分一人で運動することが難しい人は、ジムなどに通うといいでしょう。

更年期のダイエットまとめ

ここまで更年期におけるダイエット方法についてお伝えしてきました。
更年期のダイエット方法の要点を以下にまとめます。

  • 更年期になると太りやすい理由は自律神経が乱れやすいため、太りやすい身体になる
  • 更年期においての適切なダイエット方法は、適度な運動をしたり、ストレスを発散すること
  • 更年期ダイエットの注意点は、食事制限などをして必要な栄養素が不足しがちになってしまうこと。サプリメントや漢方薬を活用するのがおすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク