ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ダイエット>ダイエット中におすすめな飲み物は?NGな飲み物についても紹介

ダイエット中におすすめな飲み物は?NGな飲み物についても紹介

ダイエットを成功させるには、いつも以上に水分摂取を意識する必要があります。
しかしダイエットに適さない飲み物を飲むと、かえって痩せにくくなることもあります。

ダイエット中におすすめの飲み物には、一体何があるのでしょうか。
本記事では、ダイエット中の飲み物について以下の点を中心にご紹介します。

  • ダイエット中に水分補給が必要な理由
  • ダイエット中におすすめの飲み物
  • ダイエット中にNGな飲み物

ダイエット中の飲み物について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ダイエット中に水分補給が必要な理由

ダイエット中は体重増加を防ぐために、水分を極力摂らないという方もおられます。
しかし実際は、ダイエット中は特にこまめな水分補給が必要です。

なぜダイエット中に水分補給が必要なのか、主な理由を2つご紹介します。

水分不足を防ぐため

1つめの理由は、単純に水分不足を防ぐためです。
水分不足から脱水状態に至ると、健康を損なうおそれがあります。

水分不足は、基礎代謝の低下を引き起こす原因でもあります。
水分は体内において、老廃物を運搬する作用を担っているためです。

水分不足になると老廃物の運搬・排出がスムーズに行われにくくなります。
すると基礎代謝が下がりやすくなるため、脂肪が燃焼しにくい身体になります。
つまり、痩せにくい体質になるおそれがあるのです。

水分は飲み物以外にも食べ物からも摂取できます。
しかしダイエット中は食事制限を行うことが多いため、食事からの水分摂取も少なくなりがちです。

結果として、必要な水分が不足することがあります。
水分不足や脱水を防ぐためにも、ダイエット中は意識して水分を摂取しましょう。

むくみを防ぐため

2つめの理由はむくみを予防するためです。
むくみとは、皮膚の下に余分な水分や老廃物が溜まった状態です。

むくみの原因は水分であることから、むくみ予防のために水分を摂らない方もおられます。
しかし実は反対で、適度な水分補給にはむくみを解消する効果が期待できます。

理由は、体内の水分が増えることで循環が良くなり、余分な水分や老廃物を排出しやすくなるためです。

もちろん水を飲み過ぎるとかえってむくみが悪化することもあります。
むくみ解消のためには、ほどほどの水分摂取が大切です。

スポンサーリンク

ダイエット中におすすめな飲み物

ダイエット中はこまめな水分補給が大切です。
ただし、飲み物の選び方を間違うとかえってダイエットの妨げになることもあります。

ここからは、ダイエットにおすすめの飲み物についてご紹介します。
ぜひ飲み物選びの参考にしてください。

白湯

白湯はダイエット中に適している飲み物の1つです。
ちなみに白湯とは、水を沸騰させて飲み頃まで冷ました飲み物のことです。

白湯がダイエットにおすすめの理由は次の通りです。

  • 身体を温めることで血行を促進させる
  • 内臓の温度をあげて代謝をアップさせる
  • カロリーがない

冷え症の方は冷水・常温水を飲むと身体が冷える可能性があります。
冷えは基礎代謝を下げることで脂肪燃焼効率を低下させるため、ダイエットの妨げになります。

身体が冷えやすい方は白湯を飲みましょう

無糖炭酸水

無糖炭酸水もダイエットにおすすめな飲み物の1つです。
ただの水を飲むのがつらいという方は、炭酸水を取り入れるのもおすすめです。

炭酸水がダイエットにおすすめなのは、適度なガスを体内に摂取できるためです。
炭酸水のガスには次のような効果が期待できます。

  • 胃腸を刺激して満腹感を高め、食べ過ぎを予防する
  • 腸を刺激して排便を促す
  • 血行を促進させる

炭酸水にはカロリーがない点も、ダイエットに向いている理由です。
ちなみに、ダイエットにおすすめなのは、炭酸水の中でも天然水を利用したものです。

天然水にはミネラルが豊富なためです。
ミネラルは日頃から不足しがちな栄養素のため、天然の炭酸水から摂取するのもよいでしょう。

緑茶

緑茶はダイエットの後押しをしてくれる飲み物です。
緑茶がダイエットに向いている理由の1つとして、カテキンが挙げられます。

カテキンはポリフェノールの1種で、さまざまな健康・美容効果が期待できます。
ダイエットの面でカテキンに期待できる効果は次の通りです。

  • 脂肪の吸収・合成を抑制する
  • 脂肪の分解を促進する
  • 腸内環境を改善する
  • 血糖値の上昇を穏やかにする

ダイエット目的で緑茶を飲む場合は、食後の摂取がおすすめです。

ウーロン茶

ダイエット中におすすめな飲み物の1つがウーロン茶です。
ウーロン茶には、ダイエットに役立つカフェイン・ポリフェノールが豊富なためです。

カフェイン・ポリフェノールに期待できるダイエット効果は次の通りです。

  • 脂質の吸収を抑制する
  • 脂肪を燃焼させる
  • 利尿作用でむくみを改善する

ダイエット目的の場合、飲むタイミングは食事中がおすすめです。
食事と一緒に摂ることで、脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

プーアール茶

プーアール茶は昔からダイエットに役立つ飲み物として知られています。
プーアール茶に含まれる成分のうち、ダイエットに役立つのは、重合カテキン・タンニンなどです。

プーアール茶には次のような効果が期待できます。

  • 脂肪の吸収を抑える
  • 血糖値の上昇を抑える
  • 脂肪の分解・燃焼を促進する
  • 血行を促進してむくみを改善する

プーアール茶は食事中・食後に飲むのがおすすめです。
冷えが気になる方はホットにしましょう。

黒豆茶

黒豆茶はダイエット効果が期待されるとして人気の飲み物です。
ダイエットに役立つ成分としては、アントシアニン・サポニンなどのポリフェノールが代表的です。

さらに、ビタミンB群・食物繊維・カリウムなどにもダイエットの後押しを期待できます。
黒豆茶に期待できるダイエット効果は次の通りです。

  • コレステロールを減らす
  • 肝機能を高めて代謝を向上させる
  • 便秘の改善
  • 利尿作用でむくみを改善する

ルイボスティー

ルイボスティーは、南アフリカ原産のマメ科の植物の葉を発酵させて作るお茶です。
現地ではダイエット効果や美容効果が期待されるとして親しまれています。

ルイボスティーの成分のうち、ダイエットに役立つのはSOD酵素・ミネラル・ポリフェノールなどです。

具体的にはルイボスティーには次のような効果が期待できます。

  • 抗酸化作用で代謝を上げる
  • 血糖値の上昇を抑える
  • むくみの改善
  • 便秘の改善

妊娠中の方は、ルイボスティーの摂りすぎに注意しましょう
ポリフェノールなどが原因で、副作用が出るおそれがあるためです。

ハーブティー

ハーブティーとは、ハーブを煮出して作るお茶のことです。
期待できる効果はハーブの種類によって違いがあります。

カモミールお腹の調子を整える・便秘や下痢の改善
レモングラス消化の促進
フェンネル食欲の抑制・便秘の改善
ネトル代謝の向上・むくみの改善
ローズヒップ脂肪の分解・燃焼の促進

ハーブティーはノンカフェインのため、妊娠中の方や就寝前の水分補給にもおすすめです。

コーヒー

実はコーヒーにもダイエット効果が期待できます。
ダイエットに役立つ成分は、カフェインやクロロゲン酸などのポリフェノールなどです。

具体的な効果は次の通りです。

  • 脂肪の吸収を抑える
  • 血糖値の上昇を抑える
  • 脂肪の分解・燃焼を促進する
  • 利尿作用でむくみを改善する

ダイエット効果を狙うなら、コーヒーは食後30分以内に飲むのがおすすめです。
砂糖・ミルクを入れるとかえって太ることもあるため、控えましょう。

また、カフェインの摂りすぎは健康を損なうおそれもあります。
コーヒーの飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

ココア

ココアにもダイエット効果が期待できます。
ダイエットに効く成分としては、テオブロミンなどのカカオポリフェノール・食物繊維・ミネラルなどが代表的です。

ココアのダイエット効果は次のようなものです。

  • 脂肪を燃焼させる
  • 便秘の解消
  • 血行を促進させる

ダイエットに適しているのはピュアココアです。
ピュアココアとは、砂糖・ミルクなどを含まない無調整のココアを指します。

ピュアココアはミルクココアなどよりも脂質・糖質が少ないため、太りにくいのが特徴です。

ただし、ピュアココアであっても牛乳や砂糖を加えるとカロリー・脂質が高くなります。
ダイエット目的の場合は、牛乳・砂糖を加えないようにしましょう。

スムージー・青汁

ダイエット中はスムージーや青汁で水分補給するのもおすすめです。
スムージーとは、果物・緑色野菜を攪拌して作る飲み物です。
青汁は、緑色野菜から作られる飲み物です。

スムージーや青汁にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。
ビタミン・ミネラルは代謝を高める作用があるため、ダイエットに役立ちます。
一方、食物繊維は腸内環境を整えて便秘を解消する効果などが期待できます。

ダイエット中は食事制限によって栄養不足に陥りやすいため、スムージーなどで不足した栄養を補うのも良いでしょう。

市販のスムージーや青汁の中には飲みやすくするために甘みをつけたものもあります。
甘みがあるものはカロリーも高いことが多いため、飲みすぎには注意してください。

プロテイン

プロテインの直訳はたんぱく質です。
一般的には、プロテインといえばたんぱく質を補う栄養補助食品を指します。

プロテインをダイエットに取り入れると、次のような効果が期待できます。

  • 筋肉を増やして代謝が向上する
  • 食事量を減らせる
  • エネルギー不足を防ぐ

プロテインは満腹感を得やすい飲み物です。
そのため、ダイエットに取り入れると他の食事の食べすぎなどを防ぎやすくなります。
さらに、プロテインを飲むことでダイエット中の栄養不足を補いやすくなります。

プロテインには代謝の向上も期待できます。
理由は、プロテイン(たんぱく質)は筋肉の原料になるためです。

筋肉には基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させる作用があります。
脂肪を効率よく燃やすためにも、プロテインを摂って筋肉の維持・増強に努めましょう。

プロテインには、大きく分けてミルクプロテインとソイ(大豆)プロテインの2種類があります。

ダイエット目的の場合は、ソイプロテインがおすすめです。
ソイプロテインは腹持ちがよく、イソフラボンなどのポリフェノールも摂取できるためです。

カテキンダイエットやスムージーダイエットに関す記事について、興味のある方は、是非こちらの記事もご覧ください。

関連記事

カテキンは、ポリフェノールの一種であり、緑茶に含まれる苦味や渋み成分になります。カテキンには、どのような効果があるのでしょうか?カテキンには、ダイエット効果もあるのでしょうか?本記事では、カテキンに含まれるダイエット効果[…]

関連記事

スムージーダイエットは、健康的なダイエット方法として注目を集めています。その魅力は、美味しく飲みながら栄養を補給できる点にあります。本記事では、スムージーダイエットについて以下の点を中心にご紹介します。 スムージーダイエットのメリ[…]

コーヒーにプロテイン?

プロテインは筋トレに併用されることが多いですが、ダイエットにも有効です。
実はコーヒーとプロテインは相性の良い組み合わせとされています。
以下のような理由からコーヒーとプロテインの相性がよいとされています。

  • 飲みやすさと味の相性
  • エネルギーとパフォーマンスの向上
  • 朝食や間食としての利用

飲みやすさと味の相性

コーヒーは多くの人にとって日常的な飲み物であり、プロテインと混ぜることで飲みやすくなると言われています。
特にフレーバーが付いているプロテインパウダーとの相性は良く、コーヒーとの組み合わせで美味しい味わいを楽しむことができるでしょう。

エネルギーとパフォーマンスの向上

コーヒーにはカフェインが含まれており、一時的にエネルギーレベルを上げる効果があります。
プロテインは筋肉の成長や修復に必要な栄養素であり、運動パフォーマンスの向上に役立ちます。
コーヒーとプロテインを組み合わせることで、エネルギーとパフォーマンスの両方をサポートできます。

朝食や間食としての利用

コーヒーとプロテインを組み合わせることで、朝食や間食として利用できます。
朝食にはエネルギーと栄養を補給する必要があり、プロテインを含んだ食事であることで満腹感を得られるでしょう。
また、間食として摂取することで、おやつ代わりに健康的な選択をすることができます。

AGA

おすすめのプロテイン

プロテインには、いろいろな種類があります。
中には間食中に飲むことのできるものもあります。
プロテインダイエットは、継続することが大切です。

飲みやすさや価格などを考慮し、続けやすいプロテインを選びましょう。
おすすめのプロテインを紹介しましょう。

LÝFT(リフト)プロテイン

公式】LÝFTプロテイン|WPI アロエヨーグルト味

LÝFT(リフト)プロテインが選ばれる理由

  • フィットネスアパレルブランド発のプロテイン
  • 管理栄養士監修の栄養成分22種を凝縮
  • 定期配送に対応

LÝFT(リフト)プロテインはフィットネスアパレルブランド株式会社LYFTが販売しています。
LÝFT(リフト)プロテインには1食に必要な22種類以上の栄養成分からスポーツ乳酸菌などが含まれています。
スポーツ乳酸菌は疲労回復や筋肉量の増加などが期待できます。
厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」に基づき、管理栄養士監修の上、製造されています。

LÝFT(リフト)プロテインは定期配送に対応しています。
毎回注文することなく、手軽に継続する環境を整えられます。

LÝFT(リフト)プロテインの料金

商品名ソイプロテインホエイプロテイン
料金500g:4,980円1kg:7,980円WPC 900g:4,980円WPI 900g:6,480円
定期配送
配送料880円880円
味の種類抹茶/黒糖きな粉チロルチョコ/チョコミント/メロン/バナナ/キャラメルラテ/トロピカル/マンゴー/イチゴオレ/アロエヨーグルト/チョコレート
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら

La Protein(ラ プロテイン)

発売から1年で販売数15万個突破のLa protein(ラ プロテイン )が、この夏限定の新フレーバーを発売開始|株式会社BEAUTYDOORSのプレスリリース

La Protein(ラ プロテイン)が選ばれる理由

  • ホエイプロテインとソイプロテインを配合
  • 定期購入で10%OFF・送料無料
  • 初回定期購入でオリジナルシェイカープレゼント

La Protein(ラ プロテイン)は化粧品やスキンケア用品を開発する株式会社Beautydoorsが販売しています。
La Protein(ラ プロテイン)はホエイプロテインとソイプロテインからスマート乳酸菌を配合しています。
プロテインの効果を高めながら吸収力も高めた配合を実現しています。

La Protein(ラ プロテイン)は定期配送に対応しています。
定期配送で購入すると料金が10%OFF、送料800円が無料になります。
また、初回定期購入でオリジナルシェイカーがプレゼントされます。

La Protein(ラ プロテイン)の料金

商品名La Protein(ラ プロテイン)
料金600g:7,180円
定期購入:6,480円
定期配送
配送料800円
※定期コース:0円
味の種類黒ゴマきな粉/抹茶/ミルクティー/ピーチ/ほうじ茶ラテ
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら

KOREDAKE

KOREDAKE | ウェルネスプロテイン

KOREDAKEが選ばれる理由

  • 女性が1食に必要な栄養素31種類を配合
  • 初回定期購入で15%OFF
  • 初回定期購入でオリジナルシェーカープレゼント

KOREDAKEは株式会社メップルが販売するウェルネスプロテインです。
KOREDAKEは管理栄養士監修のもと、女性が1食に必要な栄養素31種類を配合した完全栄養プロテインです。
そのため、1食をKOREDAKEに置き換えて健康的にダイエットできます。

KOREDAKEは定期購入に対応しています。
初回定期購入で15%OFF、以降は10%OFFで購入できます。
また、初回定期購入では送料無料、オリジナルシェイカーがプレゼントされます。

KOREDAKEの料金

商品名パウダーシェイクパック
料金700〜750g:5,870円定期購入:初回15%OFF・以降10%OFF1袋50g:548円定期購入:初回15%OFF・以降10%OFF
定期配送
配送料初回:0円以降:400円初回0円以降:400円
味の種類ピーチ/ミルクティー/アーモンド/カカオ/抹茶アソート/ピーチ/ミルクティー/アーモンド/カカオ/抹茶
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら

マイプロテイン

Impact ホエイ プロテイン アイソレートパウダーの通販|マイプロテイン

マイプロテインが選ばれる理由

  • ヨーロッパ売上No.1スポーツ栄養ブランド
  • 圧倒的なフレーバー数
  • セールキャンペーンを頻繁に開催

マイプロテインは2004年にイギリスで創設されたスポーツ栄養ブランドです。
ヨーロッパ売上No.1を誇ります。
マイプロテインには圧倒的なフレーバー数が用意されています。
プロテインを継続するには好みの味を選ぶ必要があります。
自分の好みにあったプロテインを選べるでしょう。

マイプロテインは定期的にセールキャンペーンを開催しています。

セール期間中はほぼ全商品が55%OFFになったりと始めやすさに定評があります。

マイプロテインの料金

商品名ソイプロテインホエイプロテイン
料金500g:2,290円Impact 1kg:6,390〜8,190円
定期配送
配送料6,500円以上購入:450円
6,500円未満購入:1,800円
6,500円以上購入:450円
6,500円未満購入:1,800円
味の種類ノンフレーバー/Iced Latte V2/Toffee Popcorn/Unflavoured V2/アイスラテ/ココナッツ/スペキュロス/ミルクティー/黒糖ミルクティー/抹茶ラテノンフレーバー/あずき/クッキーとクリーム/コーヒーキャラメル/ココナッツ/ゴールデンシロップ/シナモンデニッシュ/スティッキートフィープディング/ステビア – バニラ/ストロベリークリーム/スペキュロス/ソルティッドキャラメル/チョコミント/チョコレートキャラメル/チョコレートココナッツ/チョコレートスムーズ/チョコレートナッツ/チョコレートバナナ/チョコレートピーナッツバター/チョコレートブラウニー/ナチュラルチョコレート/ナチュラルバナナ/ナチュラルバニラ/バナナ/バニラ/ピーチティー/ブルーベリー/ブルーベリーチーズケーキ/ホワイトチョコレート/ミックスジュース/ミルクティー/メープルシロップ/モカ/ヨーグルト/ラズベリー/黒糖ミルクティー/北海道ミルク
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら

私の完全美容食

公式】私の完全美容食 | 女性のためのプロテイン

私の完全美容食が選ばれる理由

  • グルテンや合成甘味料などを不使用
  • 定期購入でずっと50%OFF・送料無料
  • 初回限定で3つの特典

私の完全美容食はジュエリー、アクセサリーを手掛けるAs-meエステール株式会社が販売しています。
私の完全美容食はグルテンや合成甘味料、香料、着色料などが使用されていません。
また、非遺伝子組み替え・非ゲノム編集の北海道産大豆を使用しています。

私の完全美容食は定期購入に対応しています。
定期購入で2袋購入すると料金が50%OFFとなり実質1袋無料となります。
また、初回限定で計量スプーンシェイカー深煎り黒豆フレーバーが付いてきます。

私の完全美容食の料金

商品名私の完全美容食フレーバー
料金280g:4,980円定期購入 560g:4,980円(初回限定で計量スプーン+シェイカー+深煎り黒豆フレーバー付き)80g:1,080円
定期配送
配送料単品購入:350円定期購入:0円
味の種類黒糖プレーン深煎り黒豆/アサイー&ビーツ/宇治抹茶&スピルリナ/和紅茶チャイ
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら

MAM 青汁プロテイン

楽天市場】プロテイン 2個セット 送料無料 MAM 青汁プロテインダイエット タンパク質 ソイ ホエイ ダイエット 青汁 ダイエット 乳酸菌 酵母  置き換え 減量 代謝 コラーゲン ダイエットドリンク 大麦若葉 サプリ サプリメント 食物繊維 排出 脂肪くびれ 綺麗 腸活 腸内環境 ...

MAM 青汁プロテインが選ばれる理由

  • 青汁とプロテインで豊富な栄養
  • 驚きの1杯約17kcal
  • 初回限定94%OFFの540円

MAM 青汁プロテインは株式会社クオーレが販売するダイエットに重きを置いたプロテインです。
MAM 青汁プロテインはその名の通り青汁とプロテインを組み合わせたプロテインです。
タンパク質はホエイとソイをバランスよく配合しています。
さらに青汁に含まれる食物繊維や乳酸菌で栄養の吸収をサポートします。
また、1杯約17kcalで効果的に置き換えダイエットを可能にします。

MAM 青汁プロテインは定期配送に対応しています。
定期購入初回限定で94%OFFの540円、送料無料となります。
2回目以降は45%OFFの5,378円で継続して割引を受けられます。

MAM 青汁プロテインの料金

商品名私の完全美容食
料金30包:9,698円定期購入初回:540円

以降:5,378円

定期配送
配送料初回:0円以降:440円
味の種類リッチティラミス
ご予約はこちらから
公式サイトはこちら
健達ねっとECサイト

ダイエット中はNGな飲み物

ダイエット中の飲み物の選択を誤ると、かえって太ることもあります。
ダイエット中は控えるべき飲み物をご紹介します。

ジュース類

ジュース類は糖分が多いため、かえって肥満の原因になります。
果物ジュースを飲みたいときは、果汁100%の砂糖無添加のものを選びましょう。

清涼飲料水

清涼飲料水には糖分が豊富です。
糖分の摂りすぎは肥満の原因になります。

野菜ジュース

野菜ジュースは一見、太りにくそうなイメージがあります。
しかし実は、野菜ジュースの中には飲みやすくするために、大量の果物・砂糖を加えているものも多いのです。

糖質の摂りすぎはもちろん肥満につながります。
市販の野菜ジュースを飲むときは、糖質量をチェックしましょう。

カロリーゼロ飲料

ダイエット中は、「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」などの飲料水も避けるのがベターです。
カロリーゼロの飲料水には、砂糖のかわりに人工甘味料が加えられているものが多いためです。

人工甘味料は通常の砂糖よりも甘いため、甘いという感覚が麻痺しやすくなります。
簡単に言えば、もっと甘いものを食べないと我慢できなくなるおそれがあるのです。

場合によっては、甘いものの大量摂取に走ってしまうこともあります。
ダイエット中の方は、人工甘味料の摂取に注意が必要です。

アルコール類

ダイエット中はアルコール類の摂りすぎに注意しましょう。
アルコールは肝機能を低下させやすいためです。
肝機能が低下すると基礎代謝も下がりやすくなるため、脂肪が燃焼しにくい体になります。

ダイエット中の方は、アルコールの中でも糖質酒の摂取は控えましょう。
糖質酒には糖質が豊富なため、太るおそれがあります。

糖質酒とは、たとえばビール・酎ハイ・梅酒などが代表的です。
また、飲酒中のおつまみの食べすぎにも注意してください。

冷たい飲み物

種類に限らず、ダイエット中は冷たい飲み物は避けるのがベターです。
冷たい飲み物は身体を冷やして基礎代謝を下げるおそれがあるためです。
すると脂肪が燃焼されにくい身体になるため、ダイエットの妨げになります。

プロテインダイエットについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧下さい。

関連記事

アスリートには必要不可欠なのがプロテインです。また、筋肉を育てるプロテインでダイエットを目指そうというのがプロテインダイエットです。なぜ、プロテインはダイエットに良いとされているのでしょうか。本記事ではプロテインダイエットに[…]

薬の使い方

一日の目安摂取量

水分摂取量は1日約2.5Lが目安です。
ただし、1日に必要な水分摂取量は体格や運動量で変化します。
たとえば身体が大きい方や運動をよくする方は、1日3Lを目安にしましょう。

2.5Lのうち、約1Lは食べ物から摂取できています。
よって1日の目標の2.5Lのうち、不足分の1.5Lは飲み物から補う必要があります。

なお、ダイエットで食事制限をすると、食べ物から摂取できる水分の量も少なくなります。
そのためダイエットで食事制限をしている方は、いつもより多めに飲み物を摂らなければなりません。

具体的には1日1.5L~2L程度の水分を飲み物から摂りましょう
出典:厚生労働省【「健康のため水を飲もう」 推進委員会、後援: 厚生労働省

水分補給をするタイミング

水分補給は1日を通してこまめに行うことが大切です。
一度にがぶ飲みしても、すべては吸収されないためです。

効率よく吸収するためにも、水は少量ずつこまめに飲むことが大切です。
ちなみに次のようなタイミングにあわせると、より水分補給が効率的になります。

  • 就寝前・起床直後
  • 入浴の前後
  • 運動の前後
  • のどが渇いたとき

睡眠中は汗によって思いのほか大量の水分が失われます。
脱水を防ぐために、就寝前・起床後は水分補給をしましょう。

特に起床後の水分補給にはさまざまなメリットがあります。
たとえば水を飲むことで胃腸が刺激されるため、目が覚めやすくなります。
さらに腸の働きが活発化しやすくなるため、便秘の解消も期待できます。

スポンサーリンク

トクホってなに?

ダイエット中の飲み物は、トクホを選ぶのもおすすめです。
トクホとは特定保健用食品のことです。

特定保健用食品は、摂取することで特定の効果を期待できる食品を指します。
たとえばダイエット関連ならば、次のような効果のある飲み物がトクホに認定されています。

  • 脂肪を減らすのを助ける
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 糖の吸収をおだやかにする
  • コレステロールを減らす

出典:消費庁【特定保健用食品について | 消費者庁

スポンサーリンク

人気のダイエット飲み物は?

ARINA株式会社が行った調査結果を参照します。
ダイエット中の方に人気が高い飲み物は次の通りでした。

1位:白湯
2位:豆乳
3位:常温の水
4位:ルイボスティー

最も人気が高いのは白湯です。
理由として、便秘解消効果や冷え性改善効果が挙げられています。

なお、3位には常温の水がランクインしています。
白湯・水はノンカロリーであるほか、他の飲み物よりも手軽に用意できるのがメリットです。

美肌効果が期待できる豆乳や、ダイエット茶として知られるルイボスティーも、ダイエット中の方から人気を集めています。

スポンサーリンク

手軽にできる置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、1日3食のうち1~2食を低カロリーの飲み物などに置き換える方法です。

低カロリーの飲み物には、たとえばプロテインやスムージーがあります。
1食を低カロリーな飲み物に置き換えることで、1日の総摂取カロリーの大幅なカットが期待できます。

置き換えダイエットにおすすめなタイミングは夜です。
活動量が少ない夜は、さほどエネルギーが消費されません。

消費エネルギーが少ないにもかかわらずカロリーが高い食事を摂ると、余ったカロリーが脂肪に変換されやすくなります。

夕食を低カロリーの飲み物に置き換えることで、カロリーオーバーを防げるというわけです。

ただし、置き換えダイエットのタイミングに決まりはありません。
ライフスタイルにあわせて置き換えてみましょう。

ダイエット中の飲み物まとめ

ここまでダイエット中の飲み物についてお伝えしてきました。
ダイエット中の飲み物の要点を以下にまとめます。

  • ダイエット中に水分補給が必要な理由は、脱水の予防やむくみの改善のため
  • ダイエット中におすすめの飲み物は、白湯・炭酸水・お茶類・珈琲など
  • ダイエット中にNGな飲み物は、ジュース・カロリーゼロ飲料・冷たい飲み物など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク