ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>aga>育毛剤って本当に効果があるの?正しい使用法や使用期間も解説!

育毛剤って本当に効果があるの?正しい使用法や使用期間も解説!

男性だけでなく、女性も女性ホルモンの減少で薄毛に悩む方が増えています。
薄毛の悩みを少しでも改善しようと育毛剤を使う方も多いでしょう。

本当に育毛剤の効果は期待できるのでしょうか?
育毛剤の正しい使い方とはどんなものでしょうか?

本記事では育毛剤の効果について以下の点を中心にご紹介します。

  • 育毛剤と発毛剤の違いとは
  • いつ頃から効果を実感できるのか
  • 育毛剤の正しい使い方とは

育毛剤の効果について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

今すぐ知りたい!おすすめの育毛剤4選

今すぐ育毛剤が欲しい方向けに、おすすめの育毛剤について表でまとめました。

要点を簡潔にまとめていますのでぜひ参考にしてください。

商品名チャップアップニューモNUOSSAnswered EX7
定期価格

12,800円/2ヶ月

9,900円/2ヶ月

初回限定2,990円


2回目以降:9,570円/2ヶ月

15,960円/40日毎

単品価格8,690円5,500円5,980円12,980円
おすすめポイント

初回980円

肌に優しい栄養成分

初回限定価格2,990円

頭皮での泡の弾ける感覚と爽快な使用感

購入回数の縛りなしなしなしなし
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、トコフェロール酢酸エステル、D-パントテニルアルコールセンブリエキス(C)、グリチルリチン酸ジカリウム、D-パントテニルアルコールタマサキツヅラフジアルカロイド、センブリ抽出リキッド、パントテニルエチルエーテル、フィトスフィンゴシンセンブリ抽出リキッド、酢酸DL-α-トコフェロール、ピロクトンオラミン、ニコチン酸アミド
内容量120ml75ml80mL100g
こんな人におすすめ

安価に試してみたい方におすすめ

副作用が心配な方におすすめ

力強く、美しい髪を増やしたい方におすすめ

使用実感が欲しい方におすすめ

詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

育毛剤と発毛剤の効果の違い

髪の毛をケアするためには「育毛剤」と「発毛剤」があります。
育毛剤と発毛剤には、どのような違いがあるのでしょう。

育毛剤は「医薬部外品」です。
ドラッグストアやネット通販などで購入できます。
頭皮環境を改善して、今の髪の毛を育てる効果が期待できます。

発毛剤は「第一類医薬品」です。
医師の処方箋のもとで処方される医薬品です。
発毛剤は、今生えていない髪の毛の発毛を促す薬です。
AGA(壮年性脱毛症)などに使われる薬です。

育毛剤がおすすめの人

育毛剤がおすすめの人は、以下のような人です。

  • 抜け毛を予防したい
  • 髪の毛のハリやコシを取り戻したい
  • 髪のボリュームを増やしたい

育毛剤の目的は、今ある髪の毛が抜けないようにするためです。
そのためには、頭皮環境を整えることが大切になります。

あくまでも頭皮環境を整え、髪の毛が健やかに育つようにするものです。
育毛剤を使ったからといって、髪の毛が新たに生えてくるわけではありません。

発毛剤がおすすめの人

発毛剤がおすすめの人は、以下のような人です。

  • 生え際が徐々に後退している人
  • つむじ周りの髪の毛が薄くなっている人
  • AGAによる抜け毛を防止したい人

発毛剤は、髪の毛が生える効果が期待できる成分が配合されています。
育毛剤と大きく違うのは、薬として認められている点です。
とくにミノキシジルは医薬品にしか入っていない成分です。

薬なので、人によっては副作用があります。
医師の観察のもとで使用することが大前提となっています。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

育毛剤に含まれる成分

薄毛の核心的な問題は「ヘアサイクルの混乱」です。血行が悪くなったり、男性ホルモンの影響を受けると、ヘアサイクルが乱れ、髪が抜けやすくなり、ボリュームが減少します。

それゆえ、育毛剤の主な目的は以下の通り

①毛髪成長の刺激
②抜け毛の防止
③頭皮の健康維持

これらの目的を達成するために、育毛剤には薄毛対策に効果的な成分が含まれています。

頭皮の血液流れによる栄養供給と毛母細胞の活性化は、髪の成長に不可欠です。

このため、育毛剤には「血行を改善」し、「細胞を活性化」する成分が使用されます。

・ミノキシジル
・アデノシン
・センブリエキス
・ビタミンE(トコフェロール類) など

また、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストテロン(DHT)」が毛母細胞の働きを弱め、薄毛を引き起こすと考えられています。

そのため、育毛剤には、DHTの生成を抑制し、抜け毛を防ぐ効果がある成分が含まれています。

・ヒオウギエキス
・ノコギリヤシ
・冬虫夏草エキス
・t-フラバノン など

頭皮の皮脂や乾燥、炎症なども、薄毛の要因の一つとなります。

そのため、育毛剤には、「皮脂・炎症の制御」や「乾燥防止」の効果をもつ成分が含まれています。

・ジンクピリチオン
・アラントイン
・グリチルリチン酸2K
・ビタミンC(アスコルビン酸) など

これらの成分は製品のパッケージや公式ウェブサイトで確認できます。

もし全方位的なケアを希望する場合は、これらの育毛成分が複数含まれた製品を選択してみてください。

おすすめの育毛剤ランキング4選

薄毛対策の1つに、育毛剤があります。

ここでは、おすすめの育毛剤を4つご紹介いたします。

商品名チャップアップニューモNUOSSAnswered EX7
定期価格

12,800円/2ヶ月

9,900円/2ヶ月

初回限定2,990円


2回目以降:9,570円/2ヶ月

15,960円/40日毎

単品価格8,690円5,500円5,980円12,980円
おすすめポイント

初回980円

肌に優しい栄養成分

初回限定価格2,990円

頭皮での泡の弾ける感覚と爽快な使用感

購入回数の縛りなしなしなしなし
有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、トコフェロール酢酸エステル、D-パントテニルアルコールセンブリエキス(C)、グリチルリチン酸ジカリウム、D-パントテニルアルコールタマサキツヅラフジアルカロイド、センブリ抽出リキッド、パントテニルエチルエーテル、フィトスフィンゴシンセンブリ抽出リキッド、酢酸DL-α-トコフェロール、ピロクトンオラミン、ニコチン酸アミド
内容量120ml75ml80mL100g
こんな人におすすめ

安価に試してみたい方におすすめ

副作用が心配な方におすすめ

力強く、美しい髪を増やしたい方におすすめ

使用実感が欲しい方におすすめ

詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

チャップアップ|育毛ローション

チャップアップは、現代男性の薄毛の原因に着目して開発された育毛ローションです。

食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足によって引き起こされる頭皮の血行不良を改善することで、薄毛にアプローチします。

主な成分は赤ショウガ・センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウムです。

副作用リスクのあるAGA治療成分や添加物・香料は使用せず、優しい使用感の育毛ローションを目指しました。

公式サイトから定期便をお申し込みの場合、初回は980円でご購入いただけます。

定期コースの回数縛りはないため、1回からでも気軽にお試しいただけます。

詳細を知る

ニューモ

ニューモ

 

ニューモは、ヒヨコを育てるタマゴの殻の栄養成分に着目して開発された育毛剤です。

頭皮を保護する独自成分「※HGP」の他、3種の発毛有効成分と28種の自然由来成分を配合しました。

従来の医薬部外品の育毛剤とは異なるアプローチで、健やかな髪の毛の成長を促します。

さらにニューロでは合成香料・鉱物油などの6つの添加物をカットしています。

肌と頭皮に優しい育毛剤に仕上がっているため、副作用が心配な方にも手に取っていただきやすい商品です。
※独自の方法で製造した特別な卵黄リゾホスファチジルコリン。(頭皮保護成分)

公式サイトはこちら

NUOSS

NUOSSは、化学の力と髪の毛のプロの共同研究により、保湿成分「フィトスフィンゴシン」を発見した、先端科学と美容理論の探求から生まれた製品です。
この成分は、国立研究所が開発した毛周期計測モデルにより特定されました。

また、NUOSS製品には、

  • タマサキツツラフジアルカロイド
  • センブリ抽出リキッド
  • パントテニルエチルエーテル

などの成分も含まれています。
これらの成分は、髪の毛の健康と美しさを保つために重要な役割を果たします。

さらに、NUOSSは初回限定価格として2,990円(クーポン適用)で購入することができます。
これにより、多くの人々がこの先端科学の製品を手頃な価格で試すことが可能になります。

公式サイトはこちら

Answered EX7

アンサードEX7はニュータイプとして注目を集める炭酸薬用育毛剤です。

細かな発泡によって頭皮に発毛・育毛促進成分が深く浸透、さらに頭皮の血行も促します。

頭皮でパチパチと泡が弾ける感覚や、メントール由来の爽快な使用感もご好評いただいています。

育毛成分はニコチン酸アミド・センブリ抽出液を始めとする4種を配合しました。

さらに発毛・頭皮環境改善をサポートする自然由来成分を多数配合しています。

低刺激処方で、敏感肌の方にもお使いいだきやすい育毛剤です。

詳細を知る

市販の育毛剤は効かないって本当?

育毛剤は、あくまでも医薬部外品に分類されるものです。
医薬品と化粧品の中間として扱われています。
抜け毛の進行を防止することや抜け毛を防ぐ目的で使用されており、発毛剤のような効果はありません。

一方で、発毛剤のような医薬品よりも、副作用が少ないという特徴があります。
使用制限もなく、医師の処方箋がなくても購入することが可能です。

育毛剤の効果は成分によって異なる

育毛剤には、3つの目的があります。
それぞれの目的に合った成分を選ばないと、期待する効果は得られないかもしれません。
育毛剤の効果を十分に実感するためには、配合されている成分に注目しましょう。

頭皮を健康に保つ成分

頭皮は皮脂汚れが詰まったり、乾燥、炎症が起こると頭皮環境が悪化して薄毛の原因になります。
髪の毛が植物だとすると、頭皮は大地です。
肥沃な大地には元気な植物が育ちます。

頭皮を健康に保つ育毛剤には、乾燥を予防する成分、皮脂や炎症を抑制する成分が含まれています。

代表的な成分としては以下のようなものがあります。

  • ドクダミエキス
  • イソフラボン
  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • 酸化亜鉛
  • ナイアシンアミド
  • アルギニン
  • オウゴンエキス
  • イノシトール
  • アロエベラカルス培養エキス

抜け毛を予防する成分

薄毛や抜け毛の原因のひとつとして、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストテロン)」の過剰分泌があります。
抜け毛を予防するためには、DHTを抑制する成分が含まれた育毛剤に効果が期待できます。

代表的な成分としては以下のようなものがあります。

  • オレアノール酸
  • ビオチン
  • L-リシン塩酸塩
  • イノシトール
  • ヒオウギエキス
  • キャピシル
  • 冬虫夏草エキス
  • t-フラバノン
  • ノコギリヤシ

発毛を促す成分

髪の毛は、頭皮の毛細血管から、毛母細胞が栄養をとることで成長していきます。
髪の成長を促すためには、髪に栄養を運ぶ血液の循環を良くしなければなりません。
育毛剤の血行を促進するための成分には「毛母細胞の活性化」と「血行促進」があります。

代表的な成分としては以下のようなものがあります。

  • D-パントテニルアルコール(パンテノール)
  • アデノシン
  • アラントイン
  • 酢酸DL-α-トコフェロール(ビタミンE誘導体)
  • ナイアシンアミド
  • アルギニン

女性にも育毛剤は効果ある?

女性の薄毛や抜け毛の悩みは増加しており、その解決策として女性用の育毛剤が注目されています。
男性とは異なる特徴を持つ女性の薄毛。

しかし、女性用の育毛剤は本当に効果があるのでしょうか?

女性用の育毛剤とは?
女性用の育毛剤は、女性特有の薄毛の原因に対応するためのものです。
主に、頭皮環境を整える成分や、髪の成長を促進する女性ホルモンを活性化する成分が含まれています。
また、女性の頭皮は敏感なため、刺激を抑えた成分が使用されていることが多いです。
関連記事

育毛剤といえば、男性のものだと思っていないでしょうか。実は女性用の育毛剤もあり、多くの人が愛用しています。女性用の育毛剤は効果が期待できるのでしょうか?女性用の育毛剤を選ぶときには、何を基準にしたらいいのでしょうか?[…]

女性用の育毛剤は効果がある?
女性用の育毛剤には、抜け毛を抑制し、髪が育ちやすい頭皮環境を整える役割があります。しかし、効果を実感するためには、薄毛の原因を正確に把握し、それに合わせた育毛剤を選ぶことが重要です。
継続的な使用が必要であり、一時的な使用では効果を実感しにくいこともあります。
女性用の育毛剤の選び方
原因に適した育毛剤を選ぶ:薄毛の原因に合わせて、適切な成分が含まれている育毛剤を選びましょう。
有効成分の確認:頭皮の状態や薄毛の原因に合わせて、必要な有効成分が含まれているかを確認します。
頭皮への負担を考慮:頭皮が敏感な方は、無香料・無着色・ノンアルコールのものを選ぶと良いでしょう。
価格を考慮:長期的に使用することを考え、家計に優しい価格のものを選びましょう。

育毛剤の効果はいつ頃から出るの?

育毛剤を使うにあたって最も気になるのが、「いつ頃から効果が実感できるのか」ではないでしょうか。
個人差はありますが、一般的には3~6ヶ月くらいから効果が実感できるようになります。

育毛剤はヘアサイクルを正常に戻し、抜けにくい健やかな髪を育てる目的で使います。
休止期に入った髪の毛が成長期にまで育つためには、最低でも3ヶ月は必要です。
1ヶ月使っても、効果が実感できないと諦めてしまう方もいます。
しかし、少なくとも成長期に入る3ヶ月は継続しましょう。

育毛剤の効果について知る前に!薄毛の原因とは?

薄毛は多くの人々の悩みとなっており、その原因はさまざまです。
日本の成人男性の約3人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。

薄毛の原因には、以下のような要因があるとされています。

男性ホルモン
男性ホルモン、特にテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)は、薄毛と深く関わっています。
テストステロンは男性の身体を形成する重要なホルモンですが、5αリダクターゼという酵素と結合することでDHTに変換され、薄毛の原因となることが知られています。
遺伝
薄毛の原因の一つとして、遺伝も大きな役割を果たしています。
特に母方の家系に薄毛の人がいる場合、その遺伝的要因が強く影響することが知られています。
頭皮の血行不良
頭皮の血行が悪化すると、髪の毛に必要な栄養が供給されにくくなり、薄毛の原因となります。
運動不足や長時間の同じ姿勢、ストレスなどが血行不良の原因となることが多いです。
生活習慣の乱れ
不規則な生活や栄養バランスの悪い食事は、薄毛を引き起こす原因となります。
特に高脂質・高カロリーの食事は、頭皮の皮脂分泌を過剰にし、薄毛の原因となることが知られています。
ストレス
ストレスは薄毛の大きな原因となることが知られています。
強いストレスを受けると、自律神経が乱れ、血行不良や皮脂分泌の過剰など、薄毛を引き起こす要因が増加します。
外的要因
紫外線や肌に合わないシャンプー、頻繁なパーマやカラーリングなどの外的要因も、薄毛の原因となることがあります。
特に紫外線は頭皮にダメージを与えるため、適切なケアが必要です。

育毛剤にデメリットはある?

育毛剤を使用することで、何かデメリットはあるのでしょうか。
順番に解説していきます。

①副作用が起きる可能性がある

育毛剤のデメリットとして考えられるのが副作用です。
育毛剤は発毛剤よりも副作用が少ないのが特徴です。
しかし、人によっては体質と合わず、副作用を起こすことがあります。

育毛剤の成分に対する副作用だけではありません。
防腐剤や乳化剤、香料、着色料などの添加物によって、アレルギー症状を起こすケースもあります。
育毛剤を使用して、頭皮のかゆみや湿疹などの症状があらわれたら、すぐに使用を中止しましょう。

②必ず効果が期待できるとは限らない

育毛剤の目的はあくまでも今ある髪の毛に対して抜け毛を予防し、髪にツヤやコシを与えるものです。
しかし、残念ながらすべての人に効果が期待できるとはいえません。
やはり、体質によって思ったような効果が得られない場合もあります。

また、すぐに効果が感じられないからといって、すぐに育毛剤の種類を変える人もいます。
次々に育毛剤の種類を変えていると、自分に合うかどうかもわかりません。
育毛剤の効果が感じられるようになるまで、少なくとも3ヶ月は同じ育毛剤を継続しましょう。

効果を得るために!育毛剤は正しく使用しよう

育毛剤の効果を得るためには、正しい使い方が不可欠となります。
育毛剤の効果が感じられないという方は、使い方をもう一度確認してみましょう。

用法・用量をきちんと守る

育毛剤をたくさん使えば、それだけ効果が早まるのではないかと考えがちです。
しかし、育毛剤は使用回数や量を超えてしまうと、頭皮トラブルを招くことがあります。
早く効果を出したいと焦ってしまうと、かえって逆効果になってしまうので注意が必要です。

育毛剤は、商品によって使用回数や使用量が違います。
必ず使用方法を確認してから使うようにしましょう。

頭皮が清潔な状態で使用する

育毛剤は、頭皮から毛穴に浸透させることが大切なポイントです。
頭皮が清潔な状態で使用することで、効果を最大限に引き出せます。

洗髪後、頭皮が清潔で、さらに毛穴が開いた状態で育毛剤は使いましょう。
タオルで髪の毛の水気を拭き取ったあと、ドライヤーで乾かす前がベストタイミングといえます。
薄毛が気になる部分に分け目を作って、育毛剤を塗りこむようにすると効果が期待できます。

女性が男性用育毛剤を使用しない

育毛剤は男性用、女性用で含まれている成分が違います。
なぜなら、男性と女性で薄毛になる理由が違うからです。

薄毛になる理由は主に次の通りです。

  • 男性:遺伝による要因が多い
  • 女性:老化や生活習慣の乱れが原因の場合が多い

男性用育毛剤に含まれている成分が、妊娠や出産に影響を及ぼす可能性もあります。
女性は女性用の育毛剤を使いましょう。

一緒に頭皮マッサージを行う

育毛剤を使うときには、ただ塗るのではなく、一緒にマッサージしましょう。
マッサージすることで、有効成分が頭皮に浸透します。
同時に、頭皮の血行をよくします。

ただし、間違った方法で頭皮マッサージすると頭皮の環境が乱れてしまうので注意が必要です。
頭皮の環境が乱れると、外部刺激に弱くなってしまいます。
外部刺激により毛穴に炎症が起きると、抜け毛にもつながります。

頭皮マッサージする場合は、正しい方法を確認してからにしましょう。

継続して使用する

育毛剤は、継続することが必要です。
育毛剤だけでなく、発毛剤でもいえることですが、即効性はありません。
地道な努力を重ねることで、結果が出ます。

育毛剤は、最低でも半年は続けたいものです。
用法・用量を守って継続すれば、効果は期待できます。
継続するためには、価格や使用感など続けやすい育毛剤を選ぶことが大切です。

育毛剤を使用するサイン!薄毛の初期症状とは?

育毛剤は、早いうちに使うほうがいいとされています。
育毛剤の使用を開始するのには、薄毛の初期症状を見逃さないことが大切です。

薄毛の初期症状①髪の毛が細くなる

日本人の場合、髪の毛の太さの平均は0.07~0.15㎜といわれています。
髪の毛の太さには個人差がありますが、髪が前よりも細くなっている場合は薄毛の初期症状です。 

ヘアサイクルの成長期の期間が短くなって、髪が十分に成長する前に抜けてしまっている状態です。
具体的には、髪が細くなると全体のボリュームがなくなってセットしにくくなります。

薄毛の初期症状②抜け毛の量が増えた

通常の健康なヘアサイクルでは、1日50~100本程度の抜け毛があります。
これは自然現象ですから、不安に思うことはありません。

しかし、それ以上になると危険です。
たとえば、シャンプー後のお風呂場の排水口、枕などをチェックしてみましょう。
あきらかに、100本以上抜けているようなら、薄毛の初期症状といえるでしょう。

薄毛の初期症状③頭皮が硬くなった

頭皮が硬くなると、血行が悪くなり、髪の毛のもととなる毛母細胞への栄養が行き届かなくなります。
髪に栄養が行き届かなくなれば、細くなって薄毛になります。

頭皮の硬さは、個人差があるものです。
遺伝的な原因もありますが、生活習慣が原因の場合も多くあります。
食事や睡眠、適度な運動など、血行のよくなる生活習慣を心がけましょう。

薄毛の初期症状④フケが出る

フケが気になるという方は、頭皮に何らかのトラブルを抱えているのかもしれません。
頭皮トラブルがあると頭皮環境が乱れるため、髪の毛が細くなって薄毛になります。

フケだけでなくかゆみが強い場合などは、皮膚科で診察してもらったほうがいいでしょう。
シャンプーやリンス、スタイリング剤などが合わなくてフケが出ることもあります。

薄毛の初期症状④おでこが後退してきた

とくに男性で、おでこが後退してきたという方は薄毛が進行しているかもしれません。
おでこの両方の生え際がM字に後退してきたという場合、AGAの可能性があります。
前髪を下ろしている髪型をしている人も、ときどき生え際をチェックしてみましょう。

育毛剤と発毛剤の副作用

育毛剤や発毛剤の使用に関連する副作用について理解することは大切です。

育毛剤による可能な副作用には以下のようなものがあります

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮の赤み
  • 湿疹やかぶれ

一方で、発毛剤の使用には次のような副作用が生じる可能性があります

  • ED(勃起不全)等の男性機能への影響
  • 心臓や胸部の痛み、心悸亢進
  • 心拍数の増加

治療薬には必ずしも副作用が伴うわけではないですが、不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

育毛剤や発毛剤は確かに有用性が期待されますが、全体のおおよそ10%以下の使用者には副作用が現れる可能性があります。
どの副作用がそれぞれに関連しているかを理解することで、薄毛や抜け毛の悪化を未然に防ぐことが可能となります。

育毛剤と発毛剤のどちらを選択するかについて判断する際も、副作用についての理解は重要な要素となります。

育毛剤効果についてのよくある質問|Q&A

市販の育毛剤は効果がないって本当ですか?

本篇で説明してきた通り、一般的な市販育毛剤は直接的な発毛を刺激する効果は期待できません。
しかしながら、育毛剤は健全な頭皮環境を促進することにより、抜け毛の防止に寄与します。

各製品の市販育毛剤は、製造元により含まれる成分が異なり、その価格や効果も各々異なります。
薄毛や抜け毛の起因としては、頭皮の乾燥によるフケやかゆみの出現、血行不良によるヘアサイクルの乱れなどが考えられます。

さらに、育毛剤の使用開始から効果を感じ取るまでには、一般的には約6ヶ月程度の期間が必要とされています。

続けて使用することで効果を感じることが可能になるため、自分に最適な育毛剤を選ぶためにも、成分や価格を比較検討することが推奨されます。

育毛剤と発毛剤は併用しても良いですか?

育毛剤と発毛剤の同時使用は、以下のような理由で避けるべきです。

  • 各製品の成分の吸収が妨げられ、効果が十分に現れないかもしれません
  • 頭皮への悪影響や他の副作用を招く可能性があります

育毛剤と発毛剤は、自分の目的に合わせて、どちらか一方だけを選んで使用するのが最善です。

育毛剤と発毛剤の効果的な使い方は何ですか?

以下に示すのは、育毛剤と発毛剤の最適な使用方法です。

  • 清潔な頭皮で使用する
  • 使用部位をマッサージする
  • 指定の量を厳守し、半年以上定期的に使用する

育毛剤と発毛剤の成分が頭皮にきちんと浸透するためには、頭皮や毛穴が清潔であることが必須となります。これは、皮脂が毛穴を塞いでしまうと成分の浸透が妨げられてしまうからです。

製品を使う時には、マッサージを行いながら塗布すると、頭皮の血流が活性化し、成分がより深く浸透しやすくなります。

効果を最大に引き出すためには、6ヶ月以上の定期的な使用が推奨されます。
抜け毛・薄毛を早期に改善したいという願望から、指定された量を超えて使うのは、副作用を招く可能性があるため避けましょう。

また、育毛剤や発毛剤の効果が現れるまでには、3ヶ月から6ヶ月の期間が必要とされているため、継続的な使用が重要です。
育毛剤や発毛剤を効果的に利用するためには、正しい使用方法を理解し、それに従って薄毛・抜け毛の予防に取り組みましょう。

育毛剤の使用をやめると薄毛が進行しますか?

育毛剤の使用を中断すると、抜け毛が進行するわけではありません。

しかし、使用を止めると頭髪の状態は徐々に使用開始前のものに戻るため、髪が薄くなったと感じる人も存在します。
だからと言って、育毛剤の利用を終了したとしても、ヘアサイクルのバランスを維持し、健康的な頭髪を持続させることが大切です。

一方で、育毛剤の使用を停止すると、その効果も逐次失われます。
この記事の初めで触れたように、抜け毛や薄毛の根源的な問題はヘアサイクルの乱れです。もしヘアサイクルの問題が解決していない状態で育毛剤を中断すると、抜け毛防止や育毛への影響力は失われます。

もし絶対に使用をやめたいという場合でも、突然の中断は状態を悪化させる可能性があるので、使用頻度を徐々に減らしていくと良いでしょう。

育毛剤と内服薬(AGA治療薬)を併用すると効果は上がりますか?

育毛剤は医薬部外品であり、通常副作用のリスクは低いため、一般的には内服する脱毛症治療薬(AGA治療薬)と並行して使用可能です。
ただし、既にAGA治療薬を服用している場合は、育毛剤の使用については必ず主治医に確認を取ってください。

育毛剤の効果についてのまとめ

ここでは、育毛剤の効果について紹介してきました。
育毛剤の効果についての要点を以下にまとめます。

  • 育毛剤と発毛剤の違いは「医薬部外品」と「第一類医薬品」であること
  • いつ頃から効果を実感できるのは、ヘアサイクルが成長期を迎える3ヶ月以上
  • 育毛剤の正しい使い方は、頭皮が清潔な状態で、用法・用量を守るなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用