ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>体の不調>口内炎におすすめの食べ物とは?必要な栄養素や摂取量も徹底解説!

口内炎におすすめの食べ物とは?必要な栄養素や摂取量も徹底解説!

「口内炎」は、口腔内の粘膜に起こる炎症のことをいいます。

口内炎には、どのような食べ物がおすすめなのでしょうか?
口内炎になりやすい食べ物は、あるのでしょうか?

本記事では、「口内炎におすすめの食べ物」について以下の点を中心に紹介します。

  • 口内炎とは
  • 口内炎におすすめの食べ物とは
  • 口内炎におすすめしない食べ物と飲み物とは
  • 口内炎の治療法とは

口内炎について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

口内炎とは

「口内炎」とは、口腔内の粘膜に起こる炎症のことをいいます。
口内炎は、頬の内側など口腔内のさまざまな場所にできます。

口腔内の粘膜が炎症を引き起こすため、痛みを伴います。
口内炎ができると、食事や睡眠などにも影響を及ぼす場合があります。

口内炎ができる原因と種類について詳しく見てみましょう。

口内炎の原因

口内炎ができる原因には、以下のようなものがあります。

  • ストレス
  • 栄養不足による免疫力の低下
  • 口腔内を噛んでしまうなど物理的原因
  • ウイルスなどによる感染や病気によるもの

口内炎ができる原因は、上記のようにさまざまです。
別の病気の症状として口内炎が見られることもあるため、注意が必要です。

口内炎の種類

口内炎にはどのような種類があるのでしょうか?
口内炎の種類について詳しく見てみましょう。

アフタ性口内炎

「アフタ性口内炎」は身体の疲れやストレスにより、体内バランスが崩れたり、ビタミンB2不足になることであらわれます。

アフタ性口内炎の特徴は、楕円形や円形で白っぽい潰瘍になります。
アフタ性口内炎は、一般的に多く見られる口内炎です。

アフタ性口内炎には、ケナログ軟膏を使用することで痛みを軽減できます。
また、ビタミンB群、鉄分、亜鉛などを飲み薬で補充することで早く治せます。

カタル性口内炎(外傷性口内炎)

「カタル性口内炎」は、粘膜が擦れることで部分的に赤く腫れて口内炎となります。

カタル性口内炎の特徴は、赤い炎症や斑点、水ぶくれです。
また、刺激の強い食べ物でしみたり、ヒリヒリした痛みを感じやすい特徴もあります。

カタル性口内炎が悪化すると、赤く腫れて熱をもち、口腔内が荒れた状態になります。

カタル性口内炎を治すためには、原因を除去する必要があります。
歯の被せ物を調整したり、噛み合わせを確認しましょう。
カタル性口内炎には、ケナログ軟膏を使用することで効果が得られます。

ヘルペス性口内炎

「ヘルペス性口内炎」は、ヘルペスウイルスによる感染で赤く腫れて口内炎になります。
舌や唇、歯茎以外にも、唇の外側やのどに近い粘膜などにも見られることがあります。

ヘルペスウイルスに感染した場合、潜伏期間を経て、口内炎以外に以下のような症状が見られることがあります。

  • 発熱
  • リンパの腫れ
  • 口腔内に小さな多数の水疱(水ぶくれ)

ヘルペスウイルスへの感染は、生後6か月から3歳くらいの乳幼児がかかりやすいといわれています。
ヘルペスウイルスは、体内に潜伏するため、疲れや体調不良の場合に口内炎が再発しやすいといわれています。

カンジダ性口内炎

「カンジダ性口内炎」は、口腔内でカンジダというカビ(真菌)が増えて見られる口内炎になります。

カンジダ性口内炎には、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 偽膜性カンジダ症:粘膜上に白い膜ができる
  • 委縮性カンジダ症:粘膜の表面が赤くなる
  • 肥厚性カンジダ症:慢性化により、粘膜の表面が厚くなる

カンジダ性口内炎の中で最も多く見られるものは、偽膜性カンジダ症です。
白い苔のようなものが口腔内に点状や線状、斑紋状に付着し、はがすと赤く腫れたり、出血してしまいます。

放置すると、口全体に広がり、口の中の違和感や舌のしびれ、味覚異常を感じる場合もあります。
偽膜性カンジダ症は、大人のみではなく、乳幼児にも発症します。

カンジダ性口内炎は、長期間ステロイド剤や抗生剤の服用によって、発症する場合もあります。
真菌であるカンジダ菌が原因のため、抗真菌剤を服用することで治せます。

スポンサーリンク

口内炎におすすめの食べ物

口内炎におすすめの食べ物はあるのでしょうか?
口内炎におすすめの食べ物について詳しく見てみましょう。

ビタミンB2を含む食べ物

ビタミンB2は、肉類、魚類、豆類、乳製品、卵類、海藻類、野菜類、種実類などに多く含まれています。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物には、以下のようなものがあります。

牛レバー豚レバー青魚納豆
アーモンドチーズ干ししいたけ海苔はちみつ

ビタミンB2は、熱には強いですが、光によって分解しやすい性質があります。

なぜビタミンB2が良いのか

ビタミンB2は、粘膜の再生を促します
そのため、口内炎になってしまった粘膜の回復を促します。

ビタミンB6を含む食べ物

ビタミンB6が多く含まれる食べ物には、以下のようなものがあります。

レバー赤身魚アボカドにんにく乾燥バナナ
ごまキャベツじゃがいも海苔玄米

なぜビタミンB6が良いのか

ビタミンB2に次いで摂取したいビタミンは、ビタミンB6です。
ビタミンB6には、以下のような働きがあります。

  • タンパク質の分解や合成を助ける
  • 皮膚や粘膜の維持を助ける

口内炎になってしまった粘膜の維持を助けます。

ビタミンAを含む食べ物

ビタミンAが多く含まれる食べ物には、鳥レバー、うなぎ、ほたるいか、卵、にんじん、ほうれん草などがあります。

ビタミンAは、油に良く溶けるため、油と一緒に調理し、摂取すると良いでしょう。
ビタミンAは、高温で調理すると、栄養素が破壊されてしまうため、短時間で調理しましょう。

なぜビタミンAが良いのか

ビタミンAには、皮膚や粘膜の新陳代謝を促進し、健康を維持する働きがあります。

口内炎になってしまった粘膜の健康を維持します。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCが多く含まれる食べ物には、以下のようなものがあります。

パプリカパセリ芽キャベツにがうりほうれん草
ゆずレモンキウイイチゴ

ビタミンCは、水に溶けやすいため、茹でてもスープと一緒に飲める料理が良いでしょう。
また、ビタミンCは、一度に吸収できる量が決まっています。
そのため、何回かに分けて摂取すると良いでしょう。

なぜビタミンCが良いのか

ビタミンCは、身体の抵抗力を高める作用があります
そのため、口内炎をはじめとする口腔内の傷や炎症を治す働きがあります。

柔らかく口を傷つけない食べ物

口内炎ができてしまったときには、どのような食べ物が良いのでしょうか?
口内炎ができてしまったときには、柔らかくて傷つけない食べ物が良いでしょう。

クリームシチュー

口内炎ができてしまったときに食べやすいものとして、クリームシチューがあります。

クリームシチューには、以下のようなメリットがあります。

  • 野菜が豊富なので口内炎の回復に必要な栄養素が十分に摂れる
  • 野菜も柔らかく煮込んでいるため、口内炎を刺激しない

しかし、熱いと口内炎を逆に刺激することになるため、注意が必要です。

ヨーグルト

ヨーグルトも口内炎ができてしまったときには、おすすめの食べ物になります。

ヨーグルトは乳製品であるため、ビタミンB2も豊富でなめらかで飲み込みやすいため摂取しやすいといえます。

口内炎におすすめしない食べ物と飲み物

口内炎におすすめしない食べ物や飲み物はあるのでしょうか?
口内炎におすすめしない食べ物や飲み物について詳しく見てみましょう。

口内炎におすすめしない食べ物

口内炎におすすめしない食べ物について見てみましょう。

辛い食べ物

カレーなどのインド料理やタイ料理、韓国料理は香辛料や唐辛子が多く使われています。
辛い食べ物は、口内炎を刺激し、悪化させてしまう場合があるので避けましょう。

酸っぱい食べ物

レモンや柑橘系の果物など酸っぱい食べ物は、口内炎にしみて痛みが増してしまいます。
酸っぱい食べ物も口内炎を刺激してしまうため、できるだけ避けましょう。

塩分が多い食べ物

味が濃い食品には、醤油やソースをはじめ塩分が多く含まれています。
塩分が多く含まれている食べ物は、口内炎を刺激し、悪化させてしまう場合があるので避けましょう。

脂肪分が多い食べ物

脂肪分が多い食べ物は、直接口内炎を刺激するわけではありません。
しかし、脂肪分が多いと胃に負担がかかり、消化が悪くなります。
間接的にですが、口内炎の治癒を遅らせることになるので避けた方がいいでしょう。

炭水化物が多い食べ物

炭水化物が多い食べ物には、ごはん、パン、ラーメン、パスタなどがあります。
これらの食べ物は、糖質が多く、糖質を分解するためには多くのビタミンが必要になります。

炭水化物を多く摂取すると、多くのビタミンが消費されてしまい、口内炎の治りが悪くなってしまう場合があります。
ケーキやお菓子類など甘い物も糖分を多く含むため、口内炎のときは控えるようにしましょう。

固い食べ物

固い食べ物や弾力のある食べ物は、噛む回数が増えることで口内炎を噛んでしまう可能性があります。
また、食べ物が口内炎に触れて痛みが増す場合もあります。
口内炎のときには、固い食べ物や弾力のある食べ物は控えるようにしましょう。

熱い食べ物

スープや麺料理などの熱い食べ物は、口内炎を刺激してしまいます。
熱い食べ物は、少し冷ましてから食べるようにしましょう。

口内炎におすすめしない飲み物

口内炎におすすめしない飲み物について見てみましょう。

アルコール飲料

アルコールを体内で分解するためには、多くのビタミンが必要です。
ビタミンが不足し、口内炎の治りが悪くなってしまう場合があるため、アルコール飲料は控えましょう。

炭酸飲料

炭酸飲料は、炭酸が口内炎を刺激し、悪化させてしまう場合があります。
また、炭酸飲料には糖分も含まれています。
そのため、口内炎の治りを悪くしてしまう場合があります。

口内炎があるときは、炭酸飲料の摂取は控えましょう。

AGA

口内炎に効くビタミン摂取量の目安は?

ビタミンBの種類

口内炎に効果があるビタミンですが、1日の摂取量目安はどのくらいなのでしょうか?
「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンA」「ビタミンC」の1日の摂取基準量について詳しく見てみましょう。

ビタミンB2

年齢男性の摂取基準量(単位mg)女性の摂取基準量(単位mg)
18~49歳1.61.2
50~74歳1.51.2
75歳以上1.31.0

ビタミンB2の摂取基準量は、男性で1.3〜1.6mg、女性で1.0〜1.2mgとなっています。
ビタミンB2は、レバーやハツ、うなぎ、焼き海苔、干ししいたけ、とうがらしなどに多く含まれています。
ビタミンB2が多く含まれている豚レバーであれば、30〜40g、鶏レバーであれば焼き鳥2本分で十分な量を摂取できることになります。

ビタミンB2は熱や酸には比較的強く、調理による損失は少ないのですが、光やアルカリには分解されやすい性質をもっています。
冷暗所など光が直接当たらない場所に保管するようにしましょう。

ビタミンB6

性別摂取基準量(単位mg)
男性1.4
女性1.1

ビタミンB6の摂取基準量は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgとなっています。
ビタミンB6は、牛レバー、まぐろの赤身、にんにく、ピスタチオ、乾燥バナナなどに多く含まれています。

野菜などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品の方が効率的にビタミンB6を摂取できるでしょう。

ビタミンA

年齢男性の摂取基準量
(単位㎍)
女性の摂取基準量
(単位㎍)
18歳~29歳850650
30歳~49歳900700
50歳~64歳850700
65歳~74歳850700
75歳以上900650

ビタミンAの摂取基準量は、男性で850〜900mg、女性で650〜700mgとなっています。
ビタミンAは、レバー、うなぎ、干し海苔、乾燥わかめ、にんじんなどに多く含まれています。

年齢や性別で一日に必要な摂取量は異なりますが、生卵の卵黄1つ20gと考えると、一日卵黄7〜8個分摂取する必要があります。
焼き海苔だと1日2枚で必要摂取量がとれます。

ビタミンAは脂溶性ビタミンであるため、油に溶けやすいという特徴があります。
ビタミンAを含む食材を使って炒め物や揚げ物、ドレッシングなど油を使って調理した
食べ物を摂取することにより、効果的に取り入れられます。

ビタミンC

年齢摂取基準量
(単位mg)
年齢摂取基準量
(単位mg)
生後6ヶ月40成人(男性)90
乳幼児7~12ヶ月50成人(女性)75
小児1~3歳1510代の妊婦80
小児4~8歳25妊婦85
小児9~13歳4510代の授乳婦115
14~18歳男子75授乳婦120
14~18歳女子65喫煙者の場合+35

ビタミンCの摂取基準量は、成人男性で90mg、成人女性で75mgとなっています。
ビタミンCは、パプリカ、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、キウイ、イチゴなどに多く含まれています。

ビタミンCは水溶性であるため、茹でたり、加熱したりすることによって損失してしまいす。
ビタミンCを効率良く摂取するには、茹で時間や加熱時間を短くしたり、煮汁ごとスープにすると良いでしょう。

健達ねっとECサイト

口内炎の治療方法

口内炎には、どのような治療方法があるのでしょうか?
口内炎の治療方法について詳しく見てみましょう。

塗り薬

口腔内の患部に直接塗るタイプの薬は、広範囲にできた口内炎に適しています。

塗り薬には、炎症を抑える成分や殺菌、消毒成分が含まれたものなどがあります。
市販の塗り薬には、「ケナログA」、「トラフル軟膏PROクイック」、「口内炎軟膏大正クイックケア」などがあります。

口腔内の水分を軽くふき取ってから、清潔にした指や綿棒などで塗布しましょう。
軟膏を塗布することで患部を刺激から守ります。

塗り薬を塗布したあとは、飲食は控えるようにしましょう。
そのため、食後や就寝前に使用することをおすすめします。

貼り薬

口内炎の患部に直接貼るタイプの薬は、凹凸の少ない部分にできた小さめの口内炎に適しています。

パッチタイプ等の貼るタイプの薬は、小さくて丸いシールのようになっています。
市販の貼り薬には、「アフタッチA」、「トラフルダイレクト」、「口内炎パッチ大正クイックケア」などがあります。
シートからシールを剥がし、患部に貼って数秒そのまま押して貼りつけます。

直接患部に貼ることで、飲食物による刺激から守ってくれます。
口の奥など貼りにくい場所には不向きですが、比較的手軽に使用できる薬です。

うがい薬

口内炎の治療方法の1つにうがい薬があります。

口内炎用のうがい薬には、炎症を抑える成分が含まれています。
市販のうがい薬には、「イソジン」、「浅田飴AZうがい薬」などがあります。

また、カンジダ菌が原因の場合は、抗真菌薬が含まれているうがい薬が効果的です。

内服薬

口内炎が繰り返しできてしまう方や治りが悪い場合には、飲み薬やドリンクタイプが適しています。

飲み薬には、以下のようなものがあります。

  • 体内バランスを整えてくれるビタミンB群や亜鉛の飲み薬
  • 抗ウイルス薬
  • 抗真菌薬

口内炎の種類に合わせて、飲み薬が身体の内側から口内炎を改善してくれます。
飲み薬やドリンクタイプのものは、貼り薬や塗り薬、スプレータイプとの併用も可能です。

薬の使い方

口内炎の予防方法

口内炎は、予防できるのでしょうか?
口内炎を予防する方法について詳しく見てみましょう。

口の中を清潔にする

口腔内を不潔にしていると、細菌に感染することで口内炎を発症してしまう場合があります。
食後は、歯磨きやうがいをして、常に口腔内は清潔に保ちましょう。

市販薬を使用する

口内炎ができてしまった場合は、早めに市販薬を使用するのも良いでしょう。
口内炎の治りを助けるとともに痛みを改善させます。
市販薬には、塗り薬貼り薬うがい薬内服薬などがあります。

市販薬は、口内炎の症状軽減や治癒を早める効果が期待できます。

医療機関を受診する

口内炎ができてしまった場合、一般的には耳鼻咽喉科を受診します。
その他の科を受診する場合は、歯科(口腔外科)や内科、皮膚科が適しているでしょう。

口内炎は、2週間程度で自然治癒します。
しかし2週間経過しても症状が悪化している場合は、医療機関を受診しましょう。

刺激の強い食べ物は避ける

口内炎ができてしまったときは、できるだけ刺激の強い食べ物は避けましょう。
刺激の強い食べ物には、辛いもの酸っぱいものしょっぱいもの熱いものなどがあります。
刺激が強い食べ物を摂取することにより、口内炎が悪化してしまう場合があります。

ビタミンB群や葉酸をとる

口内炎を予防するためには、ビタミンB群葉酸を積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群は、粘膜の健康を維持するために不可欠な栄養素です。
毎日の食生活に、意識して摂取するようにしましょう。

鉄分や亜鉛などのミネラルを摂る

鉄分や亜鉛などのミネラルは、体にとって重要な役割を果たす栄養素になります。
鉄分は、血液中の酸素の運搬に携わっています。

鉄分は、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類に分類されます。
煮干しや貝類などの吸収されやすい「ヘム鉄」を積極的に摂るようにしましょう。

亜鉛は、新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜を正常に保つ役割を担います。
亜鉛は、日本人には不足しがちな栄養素といわれています。
牛もも赤肉、ごま、きな粉、焼き海苔などを積極的に摂るようにしましょう。

生活習慣を整え、ストレスを減らす

生活習慣の乱れやストレスの増加は免疫力を低下させ、口内炎を発症させてしまいます。
規則正しく食事を摂り、適度な睡眠時間も確保するなど生活習慣を整えましょう。
また、ストレスを溜めないように適度に発散しましょう。

口内炎ができやすい人の特徴

口内炎は、どのような人にできやすいのでしょうか?
口内炎ができやすい人の特徴について詳しく見てみましょう。

栄養バランスが悪い

口内炎は、栄養バランスが乱れることによるビタミン不足で発症します。
1日3食、規則正しい時間にバランスのとれた食事を摂取するように心がけましょう。

睡眠不足、ストレス

睡眠不足やストレスによる生活習慣の乱れは、免疫力の低下につながります。
免疫力の低下は、口内炎ができる原因になります。
できるだけ、規則正しい生活を心がけるとともにストレスは溜めないようにしましょう。

口のなかをよく噛む

食事中などに誤って口腔内を噛んでしまうことが多い人も注意が必要です。
食事は固いものや弾力のあるものは控えめにし、柔らかいものや飲み込みやすいものを摂取しましょう。

口腔内が汚い

口内が汚いと、口内炎ができた際に細菌が付着し、治りが悪くなったり、悪化してしまう場合があります。
食後は、歯磨きやうがいを心がけ、常に口腔内を清潔に保つようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎におすすめの食べ物まとめ

ここまで「口内炎におすすめの食べ物」についてお伝えしてきました。
口内炎におすすめの食べ物についての要点を以下にまとめます。

  • 口内炎とは、口腔内の粘膜に起こる炎症のこと
  • 口内炎におすすめの食べ物は、レバー、青魚、卵、納豆など
  • 口内炎におすすめしない食べ物と飲み物は、辛いものやアルコール飲料など
  • 口内炎の治療法には、塗り薬、貼り薬、うがい薬、内服薬などがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク