ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>aga>男性におすすめの育毛シャンプーとは?選び方や使い方を徹底解説!

男性におすすめの育毛シャンプーとは?選び方や使い方を徹底解説!

薄毛を心配して、育毛シャンプーの利用を検討している方もいるのではないでしょうか。
育毛シャンプーには、保湿成分の生成、紫外線の透過を抑えるなどの効果が期待できます。

男性におすすめの育毛シャンプーは、どのようなものがあるのでしょうか?
育毛シャンプーの効果的な使い方とは、どんな使い方でしょうか?

本記事では、男性におすすめの育毛シャンプーについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 育毛シャンプーについて
  • 育毛シャンプーの選び方とは
  • 育毛シャンプーの効果的な使い方とは

男性におすすめの育毛シャンプーについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーは、以下の効能を持つ商品です。

  • 頭皮の汚れを取り除く
  • フケやかゆみなどの頭皮トラブルを予防する
  • 頭皮を清潔にする

従来のシャンプーよりも優しい使い心地で、頭皮への負担も少なくなっています。
さらに、頭皮の血行促進、保湿成分が含まれているのが特徴です。

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーには以下の効果が期待できます。

  • 頭皮の環境を整える
  • 髪の成長を促す
  • 適切な状態に維持する

肌には、肌のバリア機能を正常化する常在菌と呼ばれる菌がいます。

常在菌は主に以下の3つの働きがあります。

  • 保湿成分の生成
  • 紫外線の透過を抑える
  • 病原菌の侵入を防ぐ

皮脂の過剰分泌やフケなどにより頭皮環境が悪くなると、善玉菌が減少します。
善玉菌が減少するため、髪の成長を妨げる悪玉菌が増殖しやすくなります。

育毛シャンプーを使用することで悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌が繁殖しやすい頭皮環境を作れます。
したがって髪と頭皮を健康に保ちたい場合は、育毛シャンプーを使用しましょう。

男性用育毛シャンプーと女性用育毛シャンプーの違い

男性用育毛シャンプーと女性用育毛シャンプーには、どのような違いがあるのでしょうか。
以下から詳しくご紹介いたします。

男性用の育毛シャンプーの特徴

男性の薄毛は、以下の3つのパターンで進行します。

  • O型は頭頂部から円を描くように進行する
  • M型は額から徐々に脱毛する
  • O型とM型の混合型

徐々に毛が産毛のようになり抜け落ち、頭皮がくっきり見えるようになります。

O型薄毛の主な原因に血行不良があります。
髪を構成する毛母細胞に酸素や栄養分が届きにくくなり、毛周期の乱れが抜け毛の原因です。
M型薄毛は、主に遺伝が原因とされています。

自分の薄毛のパターンを知り、適した育毛シャンプーを使いましょう。

女性用の育毛シャンプーの特徴

女性の場合、髪が徐々に細くなり、頭皮の分け目や地肌が目立つようになります。
最も一般的な原因は、老化や不健康な生活習慣です。

女性は女性用の育毛シャンプーを適切に使用し、薄毛を解消するために努力する必要があります。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーは頭皮環境を改善し、育毛をサポートする商品です。
頭皮の乾燥や脂っぽさなど頭皮の状態には個人差があるので、状態に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

育毛シャンプーを選ぶときは、どのようなことを考慮する必要があるのでしょうか。
以下からは育毛シャンプーの選び方についてみていきましょう。

脂性肌や乾燥肌など頭皮のタイプで選ぶ

脂性肌や乾燥肌など頭皮のタイプで選ぶ際の特徴について、紹介いたします。

脂性肌タイプの特徴

脂性肌の方は、「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」などの高級アルコール系成分がおすすめです。
強力な洗浄力を発揮し、頭皮の汚れや皮脂をしっかり洗い流します。

ただし、アルコール度数の高いシャンプーは洗浄力が強く、必要な皮脂まで落としてしまいます。
そのため、頭皮が乾燥するなどのトラブルの原因となるので注意が必要です。

石鹸系のシャンプーは、石鹸ベースのシャンプーです。
強力な洗浄力があり、アルコール系のシャンプーより刺激が少ないという特徴があります。頭皮が脂っぽくて肌が弱いと感じる方は、石鹸系のシャンプーを使用しましょう。

脂性肌タイプにおすすめの成分

脂性肌タイプのおすすめの成分について、以下の表にあらわしています。

成分の種類成分の例
石鹸系カリ石けん素地
脂肪酸+水酸化Na
高級アルコール系ラウレス硫酸ナトリウム(Na)
ラウリル硫酸ナトリウム(Na)
スルホン酸ナトリウム(Na)
スルホコハク酸ラウレス2Na

頭皮が脂性肌の方は、洗浄力が高い石鹸系、高級アルコール系のシャンプーがおすすめです。

乾燥肌タイプの特徴

乾燥体質の方が洗浄力の強いシャンプーを使用すると頭皮に必要な皮脂が奪われ、肌荒れの原因となります。

ベタイン系とアミノ酸系が髪と頭皮によくなじみます。
余分な皮脂や汚れを洗い流し、頭皮への負担が少ないのが特徴です。

肌の乾燥が気になる方には、低刺激性のベタイン系のシャンプーをおすすめします。
ベタイン系の成分は、ベビーシャンプーにも使用されています。

乾燥肌タイプにおすすめの成分

乾燥肌タイプにおすすめの成分について、以下の表にあらわしています。

成分の種類成分の例
ベタイン系コカミドプロピルベタイン
ラウラミドプロピルベタイン
アミノ酸系ココイルグリシンK
ココイルグルタミン酸Na

乾燥肌タイプの方は、洗浄力が強すぎないベタイン系、アミノ酸系のシャンプーを選びましょう。

敏感肌タイプの特徴

乾燥肌タイプの方は、低刺激性は育毛シャンプーがおすすめです。
低刺激性のシャンプーは、界面活性剤の刺激に注意することが重要です。
さらに、添加物の有無にも注目しましょう。

オーガニックシャンプーなどは、天然由来成分を使用しています。
そのため、刺激を抑えて髪をしっとりさせる効果が期待できます。

また、シリコンを含まないノンシリコンシャンプーを選ぶのもいいでしょう。
髪を柔らかくし、ほかの育毛成分の浸透を高めます。

刺激の少ないシャンプーは頭皮に刺激を与えず、炎症や肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

敏感肌タイプにおすすめの成分

敏感肌の方は、カルボン酸系やタウリン系の洗浄成分を使用しましょう。
「ラウリル硫酸」または「ラウレス硫酸」と表示があるものと石油系の成分は刺激性が高くなります。
そのため、皮膚を乾燥させ、角質が肥厚し、水分の浸透を妨げる可能性があります。

育毛剤を使用している人は同ブランドで揃える

育毛剤と育毛シャンプーを併用しても問題ありません。
しかし、効果を最大限に引き出すためにはシャンプー選びに注意が必要です。

メーカーは多くの場合、同じブランドで使用したときに効果を最大化できるようになっています。
育毛剤を併用するときは、できるだけ同じブランドのものを使用するのが理想的です。

メーカーやブランドを同じにするだけではなく、自分の肌のタイプに適したものを選択することが重要です。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

育毛シャンプーの効果的な使い方

頭皮の環境を健やかに保つには、正しいシャンプー方法で清潔に保つことが大切です。
ここからは、育毛シャンプーの効果的な使い方についてみていきましょう。

シャンプー前にブラッシングで整える

シャンプー前に髪をブラッシングすることで、ホコリを取り除き、絡まりを予防できます。
あらかじめブラッシングしておくと、シャンプー時に頭皮や髪が洗いやすくなりますので、ぜひ取り入れましょう。

最初に34~37度のお湯で汚れを落とす

シャンプーはすぐにつけるのはやめましょう。
あらかじめぬるま湯でしっかりと頭皮を洗い、頭皮の汚れを落とします。

髪を予洗いせずに表面だけをシャンプーすると、頭皮にシャンプーがうまく行き渡りません。
表面だけのシャンプーは、洗い残しの原因となります。
頭皮トラブルを防ぐためにも、必ずぬるま湯で頭皮全体をていねいに洗い流しましょう。

シャンプーを手のひらで泡立ててから洗う

シャンプーするときは、液体のまま直接頭皮につけるのではなく、手で泡立てます。
液体のままシャンプーすると髪同士が摩擦しやすく、絡まりやダメージの原因になります。
シャンプーは泡立てると頭皮になじみやすいので、手でよく泡立ててからつけましょう。

指の腹でもみほぐすように優しく洗う

シャンプー後、頭皮をマッサージしながら汚れを落とします。
爪を立てないように、指先でやさしくマッサージしましょう。

後頭部から下から上に向かってマッサージします。
マッサージの順番は以下の通りです。

  • 側頭部→頭頂部→前頭部→生え際の順

シャンプー時に頭皮をマッサージすることで頭皮の血流が良くなり、栄養分が頭皮に届きやすくなります。
さらに、リラックス効果が得られ、いい睡眠にもつながります。

トリートメントは頭皮につけないよう注意!

トリートメントを使用する際は、頭皮につかないように注意することが大切です。
トリートメントが頭皮につくと毛穴が詰まり、ボリュームダウンやべたつきの原因となります。

トリートメントを塗布する際は、髪の下半分だけに塗布しましょう。

泡が残らないようにしっかりすすぐ

シャンプーでよく洗った後、ぬるま湯ですすぎ残しがないように洗い流しましょう。
すすぎ残しがあると、頭皮や肌トラブルの原因となります。
シャンプー後は、十分に洗い流すことが大切です。

タオルドライ後はドライヤーで乾燥させる

ぬるま湯で十分に洗い流した後、タオルで軽く水分を拭き取りましょう。
ドライヤーの熱によるダメージを避けるために、タオルドライはしっかり行うことが重要です。

タオルドライ後、ドライヤーで髪を根元から乾かします。
根元から乾かすことでドライヤーの使用時間を短縮し、熱によるダメージを最小限に抑えられます。

ドライヤーの温風と冷風を使い分けて、髪のダメージを抑えるようにしましょう。

頭皮トラブルの実態

ホーユー株式会社は、頭皮トラブルの中でも多い「頭皮の赤み」に着目し、「頭皮の赤み」と「抜け毛」の関係を調べました。
調査の結果、男女の約8割の方で何らかの悩みがみられました。

男性の約8割、女性の約7割が、フケや吹き出物を上回る頭皮の赤みのトラブルがありました。

頭皮の赤みは、本人が直接見ることはできません。
また、髪に隠れて他人にはすぐにはわからないため、一般的な認知度は低いと考えられます。

多くの方が無意識に抱えている頭皮の赤みを抑えることが、異常な脱毛の減少につながると考えられます。
そのため、育毛シャンプーによる頭皮ケアが大切です。

育毛におすすめな生活習慣を心がけよう

育毛におすすめな生活習慣には、どのようなことがあるのでしょうか。
以下でそれぞれみていきましょう。

食事からバランスよく栄養を摂取する

髪の毛は、毎日の食事から吸収した栄養素でできています。

育毛効果が期待できる栄養素には、以下のようなものがあります。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • 亜鉛
  • アミノ酸

育毛効果が期待できるので、これらの栄養素を積極的に摂るようにしましょう。
毎日の食事に取り入れるのが理想です。
しかし、仕事などで難しい場合は、サプリメントで摂取することをおすすめします。

糖分、塩分、脂質の摂りすぎは頭皮環境を悪化させるので注意しましょう。

質のよい睡眠をとる

十分な睡眠は髪が日中に受けたダメージを回復し、太く長く成長できるようにするために重要です。
髪の成長に必要なホルモンは、ほとんどの場合、入眠後の2時間でもっとも分泌されます。
ホルモンは時間をかけて全身をまわるので、少なくとも5~6時間の睡眠が必要です。

一定量の睡眠を確保するには、起床時刻から逆算して就寝時刻を決める必要があります。
就寝前にのんびりと入浴したり、照明や寝具に気を配ったりするのもおすすめです。

適度な運動で代謝を上げる

ウオーキングなどの有酸素運動、無酸素運動は薄毛対策として有効です。
有酸素運動は代謝を上げるのに時間がかかるので、毎日継続することをおすすめします。
運動を始めて20~30分後には体脂肪が燃焼し始め、基礎代謝量が向上します。

基礎代謝の向上により頭皮環境を整え、髪が生えやすい状態につながります。
また、有酸素運動は身体への負担が少ないため、毎日続けやすいのも特徴です。

一方、無酸素運動は筋肉をつけるにはいい運動です。
しかし、筋トレ後は筋肉が断裂するため、回復するまでに1週間ほどかかるといわれています。

したがって、毎日行うよりも週に1回ほど行う方がよいでしょう。
筋肉がつくことで代謝が向上し、薄毛の予防が期待できます。

アルコールの摂取はほどほどにする

アルコールが弱い方は、ビールを一杯飲むと顔が赤くなり、動悸が激しくなります。
一方で、ボトル1本飲んでも顔色が変わらない方もいます。

しかし、顔色が変わらなくても、体内にはアルコールが入っています。
そのため、自分の適量を自己判断で決めるのは危険です。

アルコールの適量は、以下が目安です。

  • ビール:中瓶1本(500ml)
  • 日本酒(15%):1合(180ml)
  • ワイン(12%):グラス2杯( 200ml)

禁煙する

タバコを吸う方は吸わない方よりも、薄毛になりやすいといわれています。
理由は、タバコに含まれるニコチンとタールが血管を収縮させるためです。
血管が収縮する結果、髪に必要な栄養素が吸収されにくくなります。

薄毛を改善するには禁煙が一番です。
しかし、タバコは依存性があり、すぐに禁煙できないことです。
生活習慣を見直して薄毛予防に取り組みたいなら、徐々にタバコの本数を減らし、禁煙に努めましょう。

男性におすすめの育毛シャンプーまとめ

ここまで、男性におすすめの育毛シャンプーの情報を中心にお伝えしました。
男性におすすめの育毛シャンプーの要点を以下にまとめます。

  • 育毛シャンプーは、頭皮の汚れを取り除き、頭皮トラブルを予防、清潔にする製品
  • 育毛シャンプーの選び方は、脂性肌、乾燥肌など状態に合ったシャンプーを選ぶ
  • 育毛シャンプーの効果的な使い方は、シャンプー前にブラッシングするなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用