ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>aga>育毛剤のおすすめの選び方とは?男性・女性別にポイントを紹介!

育毛剤のおすすめの選び方とは?男性・女性別にポイントを紹介!

育毛剤は、薄毛や抜け毛の予防に最適な外用薬です。
また、含まれている成分などにより、効果に違いが出てきます。

育毛剤のおすすめの選び方は、あるのでしょうか?
また、選択基準は男女で違いがあるのでしょうか?

本記事では、育毛剤のおすすめについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 育毛剤のおすすめの選び方は
  • 男性用育毛剤のおすすめは
  • 女性用育毛剤のおすすめは

育毛剤のおすすめについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

育毛剤と発毛剤の違い

そもそも、育毛剤と発毛剤には違いがあります。
育毛剤と発毛剤の違いについて解説していきます。

使用用途の違い

育毛剤と発毛剤は、使用する用途が異なります。
育毛剤の用途は、薄毛・抜け毛予防です。
対して、発毛剤は薄毛を治すものという違いがあります。

そのため、育毛剤は以下の方に向いているのです。

  • 髪の毛が薄いと感じはじめた方
  • 今後のために薄毛予防をしたい方

医薬品かどうか

育毛剤は、医薬品に該当しておらず、医薬部外品として取り扱っています。
一方の発毛剤は、れっきとした第一種医薬品に該当しています。
そのため、発毛剤は薬剤師がいるクリニックか薬局でしか購入できません。

効果

育毛剤と発毛剤の効果は、異なっています。
それぞれ解説していきます。

育毛剤

育毛剤を使用して得られる効果は、以下の通りです。

  • 将来の抜け毛を防ぐ
  • 成長促進によりボリュームを増やす
  • 髪質にハリ・コシを取り戻す

育毛剤は、髪の毛が育ちやすい環境作りに適しています。
そのため、将来的な抜け毛や髪質の低下を防ぎたい方に向いています。

発毛剤

発毛剤を使用して得られる効果は、以下の通りです。

  • 新しい髪の生成を促し、発毛を促進する
  • 髪のボリュームをアップしたい

発毛剤は、頭皮環境の血行を改善し、髪の毛を合成する手助けをします。
血液から毛乳頭細胞へ栄養が送り込まれると、十分な栄養が行き渡ります。
そのため、毛母細胞は活性化され太く長い髪の毛が発毛しやすくなるのです。

育毛剤の市販薬と皮膚科処方の違い

育毛剤には、市販薬と皮膚科で処方されるものがあります。
市販の育毛剤と皮膚科で処方されるものの違いについて解説していきます。

皮膚科処方

皮膚科で処方される育毛剤には、以下の特徴があります。

  • 育毛成分が高い濃度で配合されている
  • 個人に合わせて診察から処方される

それぞれ解説します。

育毛成分が高い濃度で配合されている

皮膚科の育毛剤は、育毛成分が高い濃度で配合されています。

医師監修のうえ、医療機関でしか認められていない成分を含むものを処方しているためです。
また、場合によっては内服薬タイプの育毛剤も処方してくれます。

個人に合わせて診察から処方される

皮膚科で処方される育毛剤は、個人の状態に合わせた処方です。
患者の頭皮の状態や、薄毛の悩みに合わせたものを医師が処方しています。
また、アレルギーや副作用について相談できるのもメリットです。

市販薬

市販薬には、以下のような特徴があります。

  • 誰でも手に入りやすい
  • 様々な種類から自分で選べる

それぞれ解説します。

誰でも手に入りやすい

市販薬は、多くの方が購入できるように作られた商品です。
そのため、医師の診断を介さず誰でも手に入りやすいことがメリットです。

様々な種類から自分で選べる

市販薬は、様々な種類から任意の商品を選べることもポイントです。
自分にとって作用を実感しやすいものを見つけましょう。

共通の効果

市販薬と処方薬には、共通することもあります。

  • 抜け毛防止の効果がある
  • すぐには効果が出にくい

それぞれ解説します。

抜け毛防止の効果がある

どちらの育毛剤でも、抜け毛防止が期待できます。
手に入りやすさ、含有成分の違いはありますが期待できる効果は同じです。

すぐには効果が出にくい

育毛剤を塗布しても、即効性はありません
あくまで髪の成長促進や、生えやすい頭皮環境を整えていくことが目的です。
そのため、すぐには効果が出にくいので継続することが大切です。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

おすすめの育毛剤の選び方

育毛剤のおすすめの選び方は、以下の通りです。

  • 通販の場合は返金制度があるものを選ぶ
  • 長く使えるタイプを選ぶ
  • 成分を見る
  • 副作用に注意する

それぞれ説明します。

通販の場合は返金制度があるものを選ぶ

通販の場合は、返金制度があるものを選びましょう。
購入後に効果が実感できないと、トラブルになりやすくなります。

トラブルを避けるためにも、返金制度がある商品を選びましょう。

長く使えるタイプを選ぶ

育毛剤は、長く使えるタイプを選びましょう。
理由は、効果を実感できるまでに時間を要するからです。
使い続けられる値段で、効果を実感できる育毛剤が理想的です。

長期的に使用しても、大きな費用負担にならない育毛剤を選択しましょう。

成分を見る

育毛剤の中には、有効成分がいくつか含まれています。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 髪の成長を助ける成分
  • フケやかゆみを抑える成分
  • 頭皮を保湿する成分

詳しく見ていきましょう。

髪の成長を助ける成分

髪の成長を助ける成分は、以下の通りです。

  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • パントテニルエチルエーテル
  • グリチルリチン酸ジカリウム

髪の成長促進が目的の方は、上記を含むものを選ぶとよいでしょう。

フケやかゆみを抑える成分

フケやかゆみを抑える成分は、以下の通りです。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

頭皮環境を整えるなら、上記が適しています。

頭皮を保湿する成分

頭皮が乾燥しやすいという方は、保湿に優れた成分を選びましょう。
エタノールが含まれていないものがおすすめです。

副作用に注意する

育毛剤の中には、副作用が生じるものがあります。
頭皮への塗布時に起こり得る副作用は、塗った箇所の赤み・かゆみ・湿疹などです。

内服薬では、成分が血液内を巡るため皮膚以外の副作用も考えられます。

重篤な副作用の心配はほとんどありません。
しかし、以下のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けましょう。

  • 息切れ
  • 動悸
  • めまい
  • 発汗

男性:市販の育毛剤おすすめの選び方

男性が市販の育毛剤を買うときのおすすめの選び方について解説します。
ぜひ、参考にしてください。

抜け毛を防ぐ成分が入っているものを選ぶ

育毛剤を選ぶ際は、抜け毛を防ぐ成分が含まれるものを選びましょう。
中でも、以下の成分が含まれているものがおすすめです。

  • エチニルエストラジオール
  • ビワ葉エキス

皮脂を抑える成分が入っているものを選ぶ

頭皮の皮脂を抑える成分を含んでいる育毛剤も効果的です。
男性の場合は、皮脂の過剰分泌が原因で薄毛につながることがあります。

皮脂が多いと毛穴が詰まり、髪が生えにくくなります。
また、皮脂分泌の多い部位が炎症を起こす脂漏性皮膚炎になるおそれもあります。

血行を促進するものを選ぶ

育毛剤を選ぶときは、血行を促すものを選びましょう。
センブリエキスやトウガラシエキスなどは、血行を促進してくれる成分です。

血行が促進されると、血液から頭皮に栄養が行き届きやすくなります。
結果、髪の成長やコシ・ハリなどが改善され薄毛の対策につながります。

女性:市販の育毛剤おすすめの選び方

女性が市販の育毛剤を買うときのおすすめの選び方について解説します。
ぜひ、参考にしてください。

自分の髪質に合わせて選ぶ

髪質と合わないものを選ぶと、効果が実感できなくなります
髪質ごとに必要な成分に違いがあるため、注意が必要です。

例えば、「芯の強い髪を伸ばしたい」場合は、エチニルエストラジオール配合が有効です。また、「髪の弾力やツヤが弱い」場合は、ソイセラムなどを選びましょう。

男性用の育毛剤は効果が強すぎるため注意

男性用の育毛剤は、女性には効果が強すぎて肌によくありません。
理由は皮脂分泌量に差があり、男性と女性では頭皮環境に違いがあるからです。

基本的に女性用は、高保湿で低刺激のものが多くなっています。
一方で男性用は、女性には刺激が強すぎて肌に合いにくいといわれています。
そのため、男性用育毛剤の使用は控えておきましょう。

低刺激で保湿力の高いものを選ぶ

女性は敏感肌の方が多いため、低刺激で保湿力が高いものを選びましょう。
刺激が強いものを選ぶと、皮膚に炎症が起こる可能性があります。
そのため、無油分・無香料・無着色・界面活性剤のない肌に優しいものがおすすめです。

保湿成分もチェックしておき、潤いやすいものを選びましょう。

育毛剤で効果がない場合はAGA治療を

育毛剤を使っても効果がないときは、AGA治療がおすすめです。
ここからは、AGA治療がおすすめな理由について解説していきます。

医師が状態を見るので効果を実感しやすい

AGA治療では、医師が実際に髪の状態を診断してくれます。
診断結果に合わせた治療薬の処方があるので、治療効果を実感しやすいのです。

薄毛が市販の育毛剤で解決しない場合は、早めに医師に相談しましょう。
万が一、AGAである場合は薄毛が進んでいるかもしれません。

治療効果が高く、自分に合った治療薬の処方がある

AGA治療では、治療効果が高く、自分に合った治療を受けられます。

薄毛の原因がAGAの場合、育毛剤では効果を実感することは難しいでしょう。
育毛剤は、あくまで薄毛を予防するためのものです。
抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンを抑制しない限り、薄毛は解消できません。

AGA治療薬なら、医学的なエビデンスを元にした正しい治療を受けられます。

副作用のリスクと合わせて治療を受けられる

AGAクリニックでは、副作用のリスクを見ながら治療が受けられます。
治療中になんらかの症状が出た場合でも、医師への相談が可能です。
そのため、副作用の不安を解消しながら治療できます。

市販の育毛剤よりも安く手に入る可能性がある

クリニックに通えば、市販の育毛剤よりも安く手に入る可能性があります。
市販の育毛剤を使い続けても効果が実感できない場合は、クリニックに相談してみましょう。

育毛剤を使う際に注意が必要な方

育毛剤を使う際に注意が必要な方は、以下の通りです。

  • 抗がん剤治療中の方
  • 乾燥肌・敏感肌の方
  • AGA治療中もしくは、受けたい方

それぞれ、説明します。

抗がん剤治療中の方

抗がん剤での治療中に、育毛剤を使用するときの注意点があります。
ぜひ参考にしてください。

治療中に育毛剤は使わない

抗がん剤での治療中に、育毛剤は使わないようにしましょう。
抗がん剤の副作用で毛母細胞の分裂が抑えられるため、抜け毛は増え続けるからです。

育毛剤に含まれている様々な成分との相性の問題もあります。
抗がん剤の治療中は、育毛剤の使用は控えるようにしましょう。

育毛剤を使う前に医師に相談する

抜け毛が気になって育毛剤を使いたいという方は、まずは主治医に相談しましょう。
抗がん剤を使用している方は、副作用との関連性がわかるまでは使わない方が賢明です。

乾燥肌・敏感肌の方

乾燥肌や敏感肌の方が育毛剤を使うときにも注意点があります。
ぜひ参考にしてください。

パッチテストをしてから使う

育毛剤を使用する前に、パッチテストをしましょう。
理由は、パッチテストにより副作用があらわれるかが事前にわかるからです。

具体的な手順は、以下の通りです。

  • 二の腕の裏側など赤みが出ても目立たない箇所に育毛剤を塗布する
  • 48時間ほど変化を観察する

テスト中に赤み・湿疹などが出てくる場合、頭皮に使用しても症状が出ると判断できます。

アルコールなどの刺激の強い成分は控える

育毛剤を選ぶときは、含まれている成分を必ず確認するようにしましょう。
敏感肌の方は、刺激に弱いこともあり注意が必要です。
特にアルコール系の添加物のような、高刺激な成分は控えるようにしましょう。

AGA治療中もしくは、受けたい方

AGA治療中もしくは、受けたい方は、育毛剤の併用に注意しましょう。

育毛剤とAGA治療薬を併用できない場合があります。
また、併用できる場合も、使用する順番が決まっている場合があるためです。
まずは、治療を受けるクリニックに相談しましょう。

育毛剤のおすすめの使い方

育毛剤のおすすめの使い方について紹介します。

基本的な使用手順については、以下の通りです。

  • シャンプーのあとに育毛剤を使う
  • 分け目を作る
  • 分け目に育毛剤をつける
  • 頭皮マッサージをする
  • 自然乾燥させる

順番に解説していきます。

シャンプーのあとに育毛剤を使う

育毛剤は、シャンプーのあとに使いましょう。
理由は、頭皮の汚れや皮脂が邪魔をして成分が浸透しにくくなるからです。
そのため、頭皮の汚れや毛穴の汚れを落とす必要があります。

また、シャンプーで汚れを落としたあとは、ドライヤーで8割ほど乾かします。
頭皮や髪の毛に負担をかけないように、10〜20cmの距離から風を当てていきましょう。

分け目を作る

頭頂部や額のM字部分など、薄毛が気になる部分に分け目を作ります。
分け目を作る理由は、育毛剤の塗布をスムーズにするためです。

分け目を作る際に髪を引っ張ると頭皮環境によくないため、優しく分け目を作りましょう。

分け目に育毛剤をつける

分け目を作ったら育毛剤をつけていきます。
育毛剤によってノズルタイプやシャワータイプなどがあり、塗り方が異なります
説明書をよく読んで、正しい方法で塗布していきましょう。

頭皮マッサージをする

育毛剤を頭皮に塗布したあとは、頭皮マッサージをして浸透させましょう。
塗るだけでも問題はありません。
しかし、頭皮マッサージをすると毛穴への浸透率が高くなります

マッサージの際は、爪を立てずに指の腹を使い優しくもみ込むように行いましょう。
血行促進やリラックス効果、リフトアップ効果なども期待できます。

自然乾燥させる

マッサージをしたら、2~3分を目安に自然乾燥します。
育毛剤を乾かすポイントは、ドライヤーではなく自然乾燥をすることです。

ドライヤーで乾かす行為は、育毛剤の成分を蒸発させてしまいます。
しかし、育毛剤を乾かしたあとに髪が濡れたままでは、雑菌が繁殖しやすくなります。
そのため、育毛剤が浸透したあとはドライヤーで乾かしましょう。

おすすめの育毛剤は認可されているもの

通販の育毛剤を探す場合は、認可されているものか確認するようにしましょう。
個人輸入した国内未承認の薬品の服用により、健康被害が生じた例が報告されています。

国内未承認のものは、安全性・有効性・品質が保障されていません
そのため、厚生労働省などの認可を受けているか確認することが大切です。

また、育毛剤を自分の判断で購入するよりも、AGA治療による処方の方が安心です。
専門の医師監修のもと、治療薬が処方されるので効果も期待できるでしょう。
出典:厚生労働省【国内未承認のいわゆる発毛薬の服用が原因と考えられる健康被害の発生について

育毛剤のおすすめのまとめ

ここまで育毛剤のおすすめについてお伝えしてきました。
育毛剤のおすすめについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 育毛剤のおすすめの選び方は、返金制度の有無・成分や副作用に注意する
  • 男性用育毛剤は、皮脂分泌の抑制・血行促進効果があるものを選ぶのがおすすめ
  • 女性用育毛剤は、髪質に合うもの・刺激が少なく保湿力のあるものがおすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用