ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>肌荒れの飲み薬は何がある?市販薬の選び方についても徹底解説!

肌荒れの飲み薬は何がある?市販薬の選び方についても徹底解説!

肌荒れに悩んでいる方にとっては、外見の変化や不快な症状は心身の健康に影響を及ぼすこともあります。
スキンケアを十分に行っていても、改善されないという方もいるのではないでしょう。
では、肌荒れの飲み薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、肌荒れの飲み薬について以下の点を中心にご紹介します。

  • 肌荒れの症状とは
  • 肌荒れの飲み薬に処方される薬とは
  • 肌荒れの飲み薬の副作用について

肌荒れの飲み薬について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

肌荒れの症状

肌荒れの症状には

  • 乾燥
  • 湿疹・皮膚炎
  • シミ・そばかす
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 赤み

などがあります。
以下でそれぞれ具体的にご紹介します。

乾燥

乾燥は、肌の水分や油分が不足して、肌のバリア機能が低下することで起こります。
乾燥によって肌は、かゆみやヒリヒリ感、ぶつぶつや小じわなどのトラブルを引き起こします。

乾燥肌荒れを改善するには、スキンケアや生活習慣の見直しが必要です。

湿疹・皮膚炎

湿疹とは、皮膚が炎症を起こして赤くかゆくなる状態のことで、皮膚炎とも呼ばれます。
湿疹には、原因や症状によってさまざまな種類があります。

代表的な湿疹の種類には、以下のようなものがあります。

【アトピー性皮膚炎】

遺伝やアレルギーなどによって起こる湿疹で、乾燥やかゆみがみられます。

【接触性皮膚炎】

金属や化粧品などに触れることで起こる湿疹です。

【汗疹】

汗が皮膚に刺激を与えて起こる湿疹で、小さな赤いブツブツが特徴です。

【乾癬】

免疫系の異常によって起こる湿疹で、銀白色のカサブタがあらわれます。

【蕁麻疹】

食物や薬物などによって起こる湿疹で、発赤や腫れがみられます。
湿疹の治療法は、原因や種類によって異なります。

シミ・そばかす

シミとそばかすは、肌にできる色素沈着の一種ですが、原因や特徴に違いがあります。
シミは、紫外線や加齢などによってメラニン色素が過剰に生成されて肌に残ることでできます。
シミは、大人に多くみられる肌トラブルで、大きさや形はさまざまです。

そばかすは、遺伝的な要素が強く、メラニン色素が肌の表面に集まってできます。
そばかすは、子供や若い人に多く見られる肌トラブルで、小さくて丸い形をしています。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビとは、毛穴に皮脂や角質が詰まって炎症を起こしたものです。
ニキビは、思春期や生理前などに多くみられる肌トラブルで、顔だけでなく背中や胸などにもできます。

ニキビ跡とは、ニキビが治った後に残る色素沈着や凹凸のことです。
ニキビ跡は、炎症が強かったり、ニキビを潰したりするとできやすくなるでしょう。

赤み

肌の赤みは、肌が傷ついたりウイルス感染が起こった際に、免疫反応として炎症や毛細血管の拡張が起こる現象です。
肌の赤みを引き起こす原因は、乾燥、紫外線、アレルギー、刺激物、ストレスなどがあります。

赤みの原因は、肌のバリア機能の低下や刺激物による刺激、紫外線の影響などが考えられます。

スポンサーリンク

肌荒れの飲み薬の効果

肌荒れの飲み薬は、肌のトラブルを改善するために使用されます。
肌荒れの原因にはさまざまな原因があり、乾燥、炎症、アレルギーなどが考えられます。
ここからは、肌荒れの飲み薬の効果についてご紹介します。

炎症を鎮める効果がある

肌荒れの飲み薬には、主にビタミンB2やビタミンB6を含むものがあります。
ビタミンは、肌の代謝を促進し、皮脂の分泌を調整することで、肌荒れの原因となる炎症を鎮める効果が期待できます。

肌荒れの飲み薬には、ほかにもヨクイニンという生薬が配合されたものがあります。
ヨクイニンは、ハトムギの種子から抽出された成分です。

血行を改善し、肌の新陳代謝を高めることで、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを改善する効果が期待できます。
また、抗炎症作用や抗アレルギー作用もあり、敏感肌やアトピー性皮膚炎にも効果的です。

かゆみを抑える効果がある

肌荒れのかゆみは、肌が乾燥したり、炎症を起こしたりすることで、ヒスタミンという物質が過剰に分泌されることが原因です。
ヒスタミンは、かゆみの感覚を伝える神経を刺激することで、かゆみを引き起こすのです。

肌荒れのかゆみを抑える飲み薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬があります。
ヒスタミンの作用を阻害することで、かゆみの神経伝達を抑える効果が期待できます。
また、炎症を抑える効果もあるでしょう。

赤みをやわらげる

肌荒れの赤みは、肌が乾燥したり、アレルギーなどで皮膚が炎症を起こしたりすることが原因です。
赤みは、血管が拡張して血流が増えることで起こるのです。

肌荒れの赤みをやわらげる飲み薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬があります。
炎症の原因となるヒスタミンやアレルギー物質の作用を阻害することで、血管の拡張を抑える効果があるとされています。

肌荒れの飲み薬の処方される薬

肌荒れの飲み薬は、皮膚科や内科などの医師によって処方されることがあります。
肌荒れの飲み薬は、肌のトラブルを緩和することが期待されています。
以下では、肌荒れの飲み薬として処方される薬についてみていきましょう。

抗生物質

抗生物質の効果・飲む期間は以下のようになっています。

効果

皮膚科で処方される飲み薬の中には、抗生物質があります。
抗生物質は、アクネ菌の増殖を阻止し、殺菌することで、ニキビの炎症を抑えます
また、赤みや腫れもやわらげるでしょう。

抗生物質には、レボフロキサシンやロキシスロマイシンなどの種類があります。
副作用として、胃腸障害や発疹などが起こる可能性があります。
その場合は、すぐに医師に相談してください。

飲む期間

飲む期間は症状にもよりますが、最低で4〜5日、多いと1ヶ月以上服用する場合があります。
医師の指示に従って正しく服用することが大切です。

ステロイド剤

ステロイド剤の効果・飲む期間は以下のようになっています。

効果

肌荒れの治療には、外用薬と内服薬があります。
外用薬は、患部に直接塗るタイプの薬で、保湿剤や抗炎症剤などです。
内服薬は、飲み薬の形で服用するタイプの薬で、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などがあります。

ステロイド剤は、強力な抗炎症作用を持つ薬で、肌荒れの重症な場合に処方されます。
ステロイド剤は、免疫系の働きを抑えることで、炎症を早く治める効果が期待できるでしょう。

ステロイド剤は、高い効果が期待できる反面、副作用も強いです。
そのため、医師の指示に従って正しく使用することが大切です。

飲む期間

肌荒れの重症な場合に、短期間で症状を改善するために使用されます。
一般に、ステロイド剤は数日から1週間程度で効果があらわれるでしょう。
その後は、徐々に減量して服用をやめることが推奨されています。

肌荒れの飲み薬は、肌の新陳代謝にかかる周期が少なくても28日あるため、2~3ヶ月程度飲み続ける必要があります。
ただし、ステロイド剤はその期間中ずっと飲むのではなく、必要に応じて医師と相談しながら使用することが大切です。

非ステロイド剤

非ステロイド剤の効果・飲む期間は以下のようになっています。

効果

肌荒れの飲み薬として処方される非ステロイド剤は、ステロイド剤とは異なる作用で炎症を抑える薬です。
ステロイド剤よりも副作用が少ないとされており、長期間の使用にも適しています。

非ステロイド剤の効果は

  • 炎症を抑える成分
  • かゆみを抑える成分
  • 保湿成分

などによって異なります。

炎症を抑える成分は、プロスタグランジンの生成を阻害し、赤みなどの症状をやわらげます。
かゆみを抑える成分は、ヒスタミンの働きを阻害することで、かゆみなどの症状を軽減できるでしょう。
保湿成分は、肌の水分保持能力を高めることで、乾燥やひび割れなどの症状を改善します。

非ステロイド剤は、肌荒れの原因や程度によって選択されます。

飲む期間

非ステロイド剤はずっと飲むのではなく、医師と相談しながら使用することが大切です。
非ステロイド剤は、肌荒れの原因や程度によって選択されます。
医師の指示に従って正しく使用しましょう。

ビタミン剤

ビタミン剤の効果・飲む期間は以下のようになっています。

効果

ビタミン剤は、肌の代謝を促進したり、活性酸素を消去したり、過剰反応を抑えたりする作用があります。
ビタミン剤は、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、ハイチオールなどです。
ビタミン剤の効果は、肌荒れの原因や症状によって異なります。

たとえば、ビタミンCは美白効果やシミ・そばかすの予防に役立ちます。
ビタミンB群はニキビや皮脂分泌の改善に効果的です。
ビタミンEは肌の水分保持能力を高めて、ハイチオールは皮膚の再生を促します。

ビタミン剤は、美容目的での処方は保険適用外となる場合があります。
また、過剰摂取による副作用もありますので、医師の指示に従って服用することが大切です。

飲む期間

肌荒れの飲み薬は、2週間ほど試してみると効果が期待できるといわれています。
ただし、飲み合わせの問題や副作用の可能性もあります。
そのため、自己判断で飲むのではなく、医師や薬剤師に相談しましょう。

漢方薬

漢方薬の効果・飲む期間は以下のようになっています。

効果

肌荒れの飲み薬として漢方薬が処方されることがあります。
漢方薬は、体のバランスを整えて肌の状態を改善する効果が期待できます。

肌荒れの原因や症状によって、適した漢方薬は異なります。

たとえば

  • 乾燥による湿疹や皮膚炎には「当帰飲子(とうきいんし)」
  • かゆみや赤みなどの炎症には「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」

などがおすすめです。

漢方薬は、医師の診断と処方が必要です。
肌荒れに悩む場合は、皮膚科や漢方外来を受診してみましょう。

飲む期間

漢方薬の飲む期間は、個人差や症状によって異なります。
漢方薬は、長期間飲み続けると効果が出るというものではありません。
肌の新陳代謝にかかる周期は約28日なので、最低でも1ヵ月は飲む必要があります。

漢方薬を服用しても肌荒れが改善しない場合は、医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

肌荒れの飲み薬の市販の選び方

肌荒れの飲み薬は、市販のものも多くありますが、選ぶ際には注意が必要です。
市販の肌荒れの飲み薬には、医師の処方せんがないため、適切な使用方法や用量を理解しなければなりません。
ここでは、市販の肌荒れの飲み薬を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

まずはビタミン剤を試す

市販の飲み薬は、豊富な種類がありますが、まずはビタミン剤を試すのがおすすめです。
ビタミン剤には、肌のターンオーバーを促進したり、皮脂の分泌をコントロールしたりする作用があります。

市販のビタミン剤を使用する際は、肌質や症状に合わせて、適切な量とタイミングで飲むようにしましょう。

薬のタイプから選ぶ

薬のタイプには

  • 錠剤
  • ドリンク

などがあります。

錠剤

肌荒れに対して市販の飲み薬を選ぶ場合、薬のタイプを考慮することが大切です。
錠剤、カプセル、液剤などの形状もさまざまで、用途に合わせて選びましょう。
錠剤は、手軽に購入できる市販薬の一つで、飲みやすく、持ち運びにも便利です。

ドリンク

ドリンクタイプは飲みやすく、即効性が期待できます。
しかし、錠剤や粉末タイプよりも価格が高い場合があります。
飲み薬を選ぶときは、薬のタイプや成分を確認しましょう。

肌荒れの飲み薬は、塗り薬と併用するとより効果的です。

症状から選ぶ

以下では、症状から選ぶ際のポイントについてみていきましょう。

乾燥

肌荒れの原因の一つに乾燥があります。
乾燥肌におすすめの飲み薬は、ビタミン剤や、漢方などの体質改善に効果的なものがあります。

乾燥肌に合わせて飲み薬を選ぶときは、水分補給や保湿ケアも忘れずに行いましょう。

ニキビ

肌荒れの飲み薬は、ビタミンB2やB6などのビタミンを配合したものが多くあります。
ビタミンは、皮脂の分泌をコントロールしたり、肌のターンオーバーを助けたりする効果があります。

ニキビには、炎症を抑える抗生物質や抗菌剤などの処方薬もありますが、市販薬では入手できません。
ニキビの症状がひどい場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

赤み

赤みがある場合は、抗炎症作用や血行促進作用があるビタミンB2やビタミンCなどを含む飲み薬がおすすめです。
これらの飲み薬は、肌荒れの原因となる乾燥やストレスにも効果が期待できます。

ただし、飲み薬には副作用や注意事項もありますので、使用前に必ず説明書をよく読みましょう。

シミ・そばかす

シミやそばかすには、美白作用や抗酸化作用があるビタミンCなどを含む飲み薬がおすすめです。
これらの飲み薬は、肌荒れの原因となる紫外線や活性酸素にも効果が期待できます。

予防で使うか治療で使うかで選ぶ

肌荒れの飲み薬は、予防と治療の目的によって選ぶことが大切です。
予防には、ビタミンCやB群などの栄養補給、漢方などの生薬がおすすめです。

治療には、抗ヒスタミン剤や非ステロイド剤などの炎症を抑える薬が効果的でしょう。
肌荒れの原因や症状に合わせて、適切な飲み薬を選びましょう。

健達ねっとECサイト

肌荒れの飲み薬としての漢方のポイント

肌荒れの治療に漢方薬を使うことがあります。
漢方薬は、複数の植物由来の成分が配合され、体質改善や免疫力の向上、症状の緩和を目的として使われます。
以下では、肌荒れの飲み薬としての漢方のポイントをみていきましょう。

体の内側から肌荒れを改善する

肌荒れの漢方は、内臓のバランスを整えて、肌荒れを改善する作用があります。
漢方は、肌荒れのタイプや体質に合わせて選ぶことが重要です。

毛穴が詰まってできる黒ニキビには、桂枝茯苓丸がおすすめです。
また、ポツポツとしたニキビを繰り返す場合は、十味敗毒湯が効果的です。

肌荒れの漢方は、長期間服用することで効果を発揮します。
自分に合った漢方を見つけて、美肌になりましょう。

症状を治すものと根本的な体質を改善していくタイプがある

肌荒れの漢方には、症状を治すものと根本的な体質を改善していくタイプがあります。

症状を治すものは、肌荒れの原因となる熱や湿気を取り除く漢方薬です。
清上防風湯は、かゆみや赤みを伴う湿疹に効果があるとされています。

根本的な体質を改善していくタイプは、血や気の不足を補って、肌の潤いや弾力を高める漢方薬です。
加味逍遙散は、乾燥肌やシミに効果が期待できます。

体質と合わせて漢方を選ぶことが大事

肌荒れの漢方は、自分の体質と合わせて選ぶことが大事です。
体質によって、肌荒れの原因や症状が異なるからです。

自分の体質や症状を知るには、薬剤師や医師に相談しましょう。

すぐには効果が出にくい

肌荒れの漢方は、すぐには効果が出にくいことがあります。
漢方は、体質や症状に合わせて、生薬の種類や量を調整する必要があるからです。
また、漢方は体の内側から根本的な改善を目指すため、時間がかかることもあります。

一般的には、3ヶ月ほど服用してみて効果を判断することがおすすめです。
効果が出ない場合は、医師に相談してみましょう。

薬の使い方

肌荒れの飲み薬の副作用

肌荒れの治療には、医師から処方される薬や市販薬、漢方薬などがあります。

しかし、薬には副作用もあります。
肌荒れの治療中であっても副作用が発生することもあるのです。

以下からは、肌荒れの飲み薬の副作用について詳しくご紹介します。

発疹等の肌荒れ

肌荒れの飲み薬として、抗生物質が処方されることがあります。
抗生物質は、細菌による感染症を治すための薬です。
しかし、副作用として、発疹やかゆみなどの肌荒れを引き起こすことがあります。

抗生物質が体内の善玉菌も殺してしまうため、皮膚のバリア機能が低下するのです。
肌荒れがひどくなった場合は、医師に相談して薬を変えるか、やめるかを判断してもらいましょう。

吐き気・めまい

肌荒れの飲み薬として、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などが処方されることがあります。
炎症やかゆみを抑える効果が期待できます。
しかし、副作用として、吐き気やめまいなどの消化器や神経系の症状を引き起こすことがあるのです。

薬は血液中に入って全身に作用するため、吐き気やめまいなどがあらわれるとされています。
吐き気やめまいがひどくなった場合は、医師に相談することが大切です。

肝臓への負担がかかる

肌荒れの飲み薬として、ビタミンB群のサプリメントが販売されていることがあります。
ビタミンB群は、エネルギーの生成や神経系の働きに必要な栄養素です。
しかし、摂りすぎると副作用が起こる可能性があります。

特にビタミンB6は、摂りすぎると神経障害や皮膚炎などを引き起こすことがあるのです。
また、ビタミンB群は水溶性のため、体内に蓄積されずに尿と一緒に排出されます。
その際に、肝臓で代謝されるため、肝臓への負担がかかることがあります。

肌荒れの飲み薬を飲む際の注意点

肌荒れの治療には、飲み薬が用いられることがありますが、その際には注意が必要です。
ここでは、肌荒れに用いられる飲み薬を効果的に利用するための注意点を解説します。

1ヵ月飲み続けても効果がない時は医師に相談する

肌荒れには、市販の飲み薬やサプリメントが効果的な場合もあります。
しかし、個人差がありますし、原因によっては効果が出ないこともあります。
そのため、肌荒れの飲み薬は1ヵ月飲み続けましょう。

1ヵ月飲み続けても効果がない時は、自己判断せずに医師に相談することが大切です。

医師は、肌荒れの原因を診断し、適切な治療法を指示してくれます。

肌荒れが起こりやすい体質である際はそこも改善をする

肌荒れは、外的な刺激だけでなく、内的な要因によっても起こりやすくなることがあります。

たとえば、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー体質の人は、肌のバリア機能が低下し、炎症を引き起こしやすいです。
また、睡眠不足やストレスなどは、自律神経の乱れを招き、肌荒れにつながります。

肌荒れの飲み薬は、一時的に症状をやわらげることができます。
しかし、根本的な原因を解決することはできません。

肌荒れが起こりやすい体質である場合は、生活習慣の見直しやアレルギー治療などを行うことが大切です。

複数の薬を併用する際は同じ成分が被っていないかみる

飲み薬を複数の薬と併用する際は、成分が被っていないかみることが大切です。
成分が被ると、副作用のリスクが高まったり、効果が減少したりする可能性があります。

ビタミンBやビタミンEなどは、肌荒れに効果的な栄養剤として市販されています。
しかし、ほかの薬にも含まれている場合があるでしょう。
そのため、併用する前には必ず成分表示を確認することが大切です。

スポンサーリンク

肌荒れの飲み薬と併せて行うこと

肌荒れの飲み薬だけでなく、併せて行うことで効果が期待できるケア方法があります。
以下で詳しくみていきましょう。

スキンケア等の保湿をしっかり行う

肌の乾燥を防ぐためには、保湿ケアも必要です。
保湿ケアとは、肌に水分と油分を与えて、肌のバリア機能を高めることです。
保湿ケアを行うには、化粧水・美容液・乳液やクリームなどのスキンケア用品を使います。

朝と夜の2回、洗顔後にこれらのアイテムを使って、肌に優しくなじませます。
保湿ケアをするときは、肌に刺激を与えないように注意しましょう。

また、保湿しすぎると、毛穴の詰まりやニキビなどのトラブルを引き起こすこともあります。
肌の状態に合わせて、適度な量の保湿を心がけましょう。

シャンプーやコンディショナーはしっかりすすぐ

シャンプーやコンディショナーは、界面活性剤やシリコンなどの成分が含まれています。
これらの成分は、肌に残ってしまうと、毛穴の詰まりや肌荒れの原因になることがあります。

そのため、シャンプーやコンディショナーを使った後は、しっかりとすすぎましょう。
特に背中や首筋などは、髪の毛と接触する部分なので、念入りに洗い流します。

また、低刺激なシャンプーやトリートメントを選ぶこともおすすめです。

睡眠と運動はしっかりと取る

睡眠と運動は、肌荒れの改善に効果的な方法です。
睡眠は、肌の新陳代謝やバリア機能を高めるために必要な時間です。
睡眠不足は、肌の乾燥や老化を促進するだけでなく、ニキビや吹き出物などのトラブルを引き起こすこともあります。

適度な運動は、血行を良くして肌に栄養や酸素を届けることができます。
また、汗をかくことで毛穴の汚れや余分な皮脂を排出することもできます。
運動後はすぐにシャワーを浴びて汗や皮脂を洗い流すことが大切です。

規則正しい食生活を送る

規則正しい食生活は、肌荒れの改善に効果的な方法です。
肌荒れに効く食べものには、ビタミンCやビタミンAなどの抗酸化作用のある栄養素を多く含む果物や野菜があります。
これらの栄養素は、肌の老化や炎症を防ぐことができます。

また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、腸内細菌のバランスを整えられるでしょう。
腸内細菌は、肌の健康にも関係しているので、良い菌を増やすことが大切です。

一方、脂肪分や糖分の多い食べものは、肌荒れを引き起こす原因になります。
皮脂の分泌を増やしたり、血糖値の上昇を招いたりすることで、ニキビや吹き出物などのトラブルを誘発します。
規則正しい食生活は、より効果的な肌ケアにつながるのです。

スポンサーリンク

肌荒れの飲み薬の個人輸入での入手は危険

肌荒れの飲み薬には、海外から個人輸入で手に入るものがあります。
しかし、個人輸入で購入することは危険です。
なぜなら、海外の医薬品は、偽造品や不良品、違法な成分が含まれていることがあるからです。

また、海外の医薬品は日本では承認されていないものが多いです。
そのため、個人使用で使うことを禁止されているものもあります。

肌荒れの飲み薬を使用する場合は、必ず医師や薬剤師に相談し、日本で承認されているものを選びましょう。

スポンサーリンク

肌荒れの飲み薬のまとめ

ここまで、肌荒れの飲み薬の情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • 肌荒れの症状は、乾燥、湿疹・皮膚炎、シミ・そばかすなど
  • 肌荒れの飲み薬に処方される薬は、抗生物質、ステロイド剤、非ステロイド剤など
  • 肌荒れの飲み薬の副作用は、発疹などの肌荒れ、吐き気・めまい、肝臓への負担がかかるなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク