ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>チョコレートを食べ過ぎるとどうなる?食べ過ぎのデメリットを紹介

チョコレートを食べ過ぎるとどうなる?食べ過ぎのデメリットを紹介

チョコレートはおいしいだけでなく、健康にもいいといわれています。
しかし、チョコレートには糖分や脂肪分も多く含まれています。

そのため、食べ過ぎると太ったり、虫歯になったりする危険性もあります。
では、チョコレートの食べ過ぎとはどのくらいなのでしょうか。

本記事では、チョコレートの食べ過ぎについて以下の点を中心にご紹介します。

  • チョコレートの食べ過ぎによるデメリットとは
  • チョコレートの主な効果について
  • チョコレートの効果的な食べ方とは

チョコレートの食べ過ぎについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

チョコレートの主な成分

チョコレートには

  • カカオの種子から抽出されたカカオマス
  • カカオバター
  • 砂糖
  • 乳製品

などが含まれています。
カカオマスには、ポリフェノールやフラボノイドなどの抗酸化物質が含まれています。
そのため、健康に良いとされています。

以上のように、チョコレートにはさまざまな成分が含まれています。
それぞれの成分には独自の効果が期待できます。

スポンサーリンク

チョコレートの食べ過ぎによるデメリット

チョコレートは、多くの方に愛されるおいしいお菓子です。
しかし、適度な量を超えて食べると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
ここでは、チョコレートの食べ過ぎによるデメリットについて詳しくご紹介します。

肥満

チョコレートは、カロリーや脂質が多い食べ物です。
体に吸収されにくい脂肪でも食べ過ぎれば太る原因になります。
ただし、1日の間食目安である200kcalを超えなければ毎日でも食べて良いでしょう。

また、チョコレートを食べ過ぎると胃もたれになったり、疲労感やイライラが増大したりすることもあります。

生活習慣病のリスク

チョコレートは健康効果が期待できる栄養を含んでいます。
しかし、食べ過ぎると肥満につながる可能性があります。

また、チョコレートに含まれる砂糖や脂肪分を過剰摂取すると、生活習慣病のリスクを高めることがあります。
そのため、チョコレートは適量を守って食べることが大切です。

自律神経の不調

チョコレートにはカフェインが含まれています。
自律神経失調症とは、自律神経系のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経の働きが不調になる状態です。
過剰摂取すると、自律神経失調症の症状を引き起こすことがあるとされています。

頭痛・めまい

チョコレートには、チラミンが含まれます。
チラミンは、自律神経の中でも交感神経に働きかけ、脳や心臓に血流を集中させます。
そのため、頭部の血管が拡張し、痛みにつながることがあるでしょう。

また、チョコレートに含まれるテオブロミンは、中枢神経系を刺激します。
そのため、過剰摂取すると頭痛やめまいを引き起こすことがあります。

ニキビの発症

チョコレートには、脂肪分が含まれています。
脂肪分が多い食べ物を摂取すると、皮脂の分泌が活発になります。
結果、毛穴詰まりを起こす原因になることがあります。

また、チョコレートに含まれる糖分が多い場合、血糖値が上昇し、ニキビの原因となることもあります。
そのため、適量を心がけることが大切です。

腹痛

チョコレートを食べ過ぎると、カフェインにより、必要以上に胃酸が分泌されることがあります。
その結果、胃の粘膜を荒らし消化がうまく行われず、胃痛・胃もたれを起こす場合があります。

また、チョコレート中毒と呼ばれる状態になることもあるでしょう。
チョコレート中毒は、チョコレートを大量に摂取することで起こる恐れがあります。

チョコレートの過剰摂取により、カフェインやテオブロミンなどの成分が体内に蓄積され

  • 吐き気
  • 下痢
  • 頭痛
  • 動悸
  • 手足の震え

などの症状があらわれることがあります。

倦怠感

チョコレートを過剰に食べ過ぎると、血糖値が乱高下し、糖尿病のリスクが高まることがあります。

また、甘いものや食べ過ぎが原因で起こる慢性疲労についても報告されています。
このような疲労感は、自律神経の不調によって引き起こされることがあります。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

チョコレートを食べ過ぎると鼻血になる?

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るというのは、単なる迷信であるという意見もあります。
確かに大人が板チョコを1枚くらい食べても、鼻血が出るということはほとんどないでしょう。
しかし、子供は板チョコ1枚でも鼻血が出ることがあるそうです。

チョコレートやピーナッツは栄養価が高いです。
そのため、食べ過ぎるとエネルギーのはけ口がなくなります。
結果として、鼻血が出ると考えられているという説があります。

また、昔は高価なものだったので少しずつ食べるように促すためという説もあります。
しかし、いずれも医学的な根拠はないようです。

スポンサーリンク

チョコレ-トの目安摂取量

厚生労働省や農林水産省が定めている「菓子・嗜好飲料の一日摂取量」は、200kcalが上限です。
これは、板チョコにすると35g程度になります。

また、生活習慣病の改善などの健康効果に関する報告から

  • 1日に少なくとも5~10 g程度のビターチョコレート(1~2片程度)
  • ココア一杯(純ココアで5~10 g程度)

を毎日続けることが良いと考えられています。

健達ねっとECサイト

チョコレートの食べ過ぎによる死亡リスク

一般的に、体重1kgあたり50〜100mgのテオブロミンが致死量とされています。
たとえば、体重50kgの方であれば、2.5〜5gのテオブロミンが入ったチョコレートを摂取すると致死量に達する可能性があるでしょう。

ただし、チョコレートの種類や含まれるテオブロミンの量によっても致死量は異なります。
ダークチョコレートは一般的にテオブロミンが多く含まれています。
そのため、少量でも中毒症状があらわれることがあるでしょう。

薬の使い方

チョコレートの主な効果

チョコレートは、甘くておいしいだけでなく、さまざまな効果が期待できる食品です。
ここでは、チョコレートの主な効果について詳しくみていきましょう。

動脈硬化の予防

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、動脈硬化を防ぐ働きが期待できます。
動脈硬化予防とカカオポリフェノールの関係は、研究が続けられ成果があげられています。

ただし、チョコレートには糖分や脂肪分も含まれています。
そのため、適量を守って摂取することが大切です。

アレルギーの抑制

チョコレートには、アレルギー症状を抑えることが示唆されています。
カカオポリフェノールは、活性酸素の働きを抑えます。
そのため、アレルギーの予防やアレルギー軽減が期待できます。

また、チョコレートを摂取した人の血液から取り出した細胞を調べた結果があります。
その結果、T細胞の過剰な増殖が抑制されました。

チョコレートが炎症を抑えて、アレルギー症状があらわれた段階でも症状の抑制ができる可能性があるでしょう。

リラックス効果

チョコレートにはリラックス効果が期待できます。
その理由は、カカオポリフェノールがリラックス効果をもたらすことが知られているからです。

また、チョコレートに含まれるテオブロミンは、セロトニンの働きを助けます。
そのため、心を落ち着かせ、リラックスをもたらす効果が期待できます。

抗酸化作用

チョコレートには、抗酸化作用があることが知られています。
また、高カカオチョコレートに含まれる高濃度のカカオポリフェノールが脳の血流量を増やします。

脳の働きを支えているBDNFを含む血流の増加によって、認知機能を高める可能性があることがわかりました。

さらに、ハイカカオチョコレートは認知機能を高め、血液をサラサラにします。

ただし、チョコレートは糖分をたくさん含んでいる場合もあります。
そのため、摂り過ぎれば血糖が上がって糖尿病になってしまうこともあります。

腸内環境の改善

チョコレートには、腸内環境を整える食物繊維が豊富です。
また、チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らします。

さらに、高カカオチョコレートには、腸内環境を整えるタンパク質の一種カカオプロテインが含まれています。
そのため、便秘解消につながる可能性があることもわかっています。

ダイエット効果

チョコレートには、ダイエット効果があるとされています。
チョコレートにはカカオポリフェノールが豊富に含まれています。

カカオポリフェノールは、脂肪の吸収を抑えます。
そのため、ダイエットに効果的とされています。

また、チョコレートには食物繊維も含まれており、便秘解消につながります。

さらに、チョコレートに含まれたテオブロミンは、血行を促進させることが報告されています。
また、テオブロミンは脂肪の蓄積を防ぎます。

チョコレートの効果について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

チョコレート効果についてチョコレートは、その甘美な味わいと豊かな歴史で、世界中の人々を魅了してきました。しかし、その魅力は味だけではありません。そもそもチョコレートってどんな効果があるの?そう考えている方は多いと思い[…]

チョコレートの効果的な食べ方

チョコレートを食べるときには、その種類や量などに注意する必要があります。
ここでは、チョコレートの効果的な食べ方についてご紹介します。
チョコレートの効果的な食べ方を知って、より楽しく美味しくチョコレートを味わいましょう。

チョコレートの種類

チョコレートには、ポリフェノールを中心とした成分が含まれています。
そのため、血圧・動脈硬化・脂質異常症などに対して、多くの健康効果が認められています。
ただし、食べる量や種類に気を付ける必要があります。

なるべく

  • ハイカカオなもの
  • 砂糖が少ないもの
  • 1日20g程度を目安に食べる

などがおすすめです。

また、ホワイトチョコレートには、カカオポリフェノールが含まれていません
そのため、健康効果は期待できません。

食べる頻度

チョコレートは、毎日少しずつ食べることが推奨されています。
また、一度に食べ過ぎないようにすることも大切です。

高カカオチョコレートを選ぶことで、より多くのカカオポリフェノールを摂取できます。
高カカオチョコレートは、1日あたり25g程度を目安に摂取することが推奨されています。

食べるタイミング

チョコレートを食べるタイミングは、こまめに食べればいつでも良いとされています。
ただし、ダイエットしている場合には、食事の前と午後3時前後がベストタイミングです。
また、睡眠前は脂質が消化しきれず太る原因になるため、避けた方が良いとされています。

スポンサーリンク

チョコレートはがん予防になる?

チョコレートに含まれるフラボノイドは抗酸化作用を持ち、がん予防に効果があるとされています。
しかし、現時点でその効果に関する具体的な実例はまだ少ないと報告されています。

一方で、チョコレートを過剰に摂取することは健康に悪影響を与える可能性があります。
そのため、適量を守って摂取することが重要です。

スポンサーリンク

普段どの程度チョコレートを食べている?

チョコレートは週に1回以上摂取する人が多く、特に女性の40代と50代では6割以上が該当します。

また、ミルク・クリームチョコレートとビター・ブラックチョコレートが人気で、それぞれの割合は5割以上です。
さらに、ナッツ入りチョコレートや生チョコレートも3~4割程度の支持を集めています。

チョコレートは幅広い世代に愛されているお菓子であり、その魅力は多様な種類や味わいによって広がっています。

スポンサーリンク

チョコレート食べ過ぎに関するよくある質問

チョコレート食べ過ぎに関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれみていきましょう。

チョコレートは1日何個まで?

高カカオチョコレートの摂取目安は1日に3〜5個です。
間食の目安は1日に約200kcalとされています。

高カカオチョコレートもカロリーが高いため、食べ過ぎには注意が必要です。
高カカオチョコレートを摂取する場合は、1日に15〜25g程度を目安にしましょう。

また、カカオポリフェノールは体内に蓄えられません。
そのため、一度にたくさん摂るよりも毎日少しずつ意識することが重要です。

チョコレートはどのくらい食べても大丈夫?

日本チョコレート・ココア協会によれば、1日に摂取する高カカオチョコレートの量は少なくとも5〜10g程度とされています。

高カカオチョコレートには、健康効果があるとされています。
しかし、過剰摂取は注意が必要です。
適量を守りつつ、楽しみながらチョコレートを摂取しましょう。

チョコレートは毎日食べてもいいですか?

厚生労働省と農林水産省による「食事バランスガイド」では、菓子の摂取を1日に200kcalに抑えることが推奨されています。
具体的にいえば、板チョコレートの場合、約35gが200kcalに相当します。

1日に5〜10g(約1〜2片の板チョコレート)程度の摂取が健康に良いとされています。
これらの情報を考慮しながら、適切なチョコレートの摂取量を意識しましょう。

チョコを食べ過ぎてしまうのはなぜですか?

チョコレートの食べ過ぎは、脂質や糖質の過剰摂取による不調を引き起こす可能性があります。
具体的には、体重増加や動脈硬化、糖尿病のリスクがあげられます。

チョコレートにはカカオのほかに脂肪分が含まれています。
また、カカオの苦味を和らげるために、ミルクや砂糖も含まれており、食べやすくなっています。

しかしミルクや砂糖には、脂質や糖分も豊富です。
これらの成分が摂りすぎると、体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

チョコレートの食べ過ぎまとめ

ここまで、チョコレートの食べ過ぎの情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • チョコレートの食べ過ぎによるデメリットは、肥満、生活習慣病のリスク、自律神経の不調など
  • チョコレートの主な効果は、動脈硬化の予防、アレルギーの抑制、リラックス効果など
  • チョコレートの効果的な食べ方は、健康・美容目的ならハイカカオがおすすめ

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク