ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ダイエット>薬を飲むだけでダイエット成功?!知っておくべきダイエット薬の効果と注意点

薬を飲むだけでダイエット成功?!知っておくべきダイエット薬の効果と注意点

色々なダイエットを試してきたけれどどれも辛くて続かない。飲むだけで痩せられる薬があればな…と思ったことはありませんか?実はあります。ただ、本当に安全なの?ちゃんと効果はあるの?気になるダイエット薬についての情報や注意点を解説いたします。

  • ダイエット薬とは一体何?
  • ダイエット薬の種類と効果
  • ダイエット薬の副作用と注意点

その他にも気になる料金や入手方法についても解説していきます。ご自身に合ったダイエット薬選びの参考として、最後までお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

ダイエット薬とは

ダイエット薬とは、医療機関での施術や医師から処方を受ける薬などを用いて、医師のサポートを受けながら行うダイエットのことです。ダイエット薬には、脂質を排出できる薬、糖質を排出できる薬、食欲を抑える薬、むくみを改善する薬、漢方薬、甲状腺ホルモン、覚醒剤などがあります。ただし、ダイエット薬には副作用がある場合があり、医師の指導のもとで適切に使用する必要があります。

スポンサーリンク

ダイエット薬の種類

ダイエット薬にはどんな種類と効果があるのでしょうか?代表的なダイエット薬の有効成分と効果を紹介いたします。

塩酸フェンフルアミン

(商品名:アディポネクス、レダクシル): 食欲を減少させ、脂肪の分解を促す作用があります。

オルリスタット

(商品名:キシミア、ティソン): 脂肪の吸収を妨げることで、体重減少を促す作用があります。

フェンテルミン

(商品名:デュレミン、アディピックス): 食欲を抑制し、脂肪の分解を促す作用があります。

ダイエチルプロピオン

(商品名:ウェルブトリン): 精神安定剤としても用いられる薬剤で、食欲を減少させる作用があります。

リラグルチド

(商品名:セミグルチド): 腸内でグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の作用を模倣し、食欲を抑制する作用があります。

ナルトレキソン・ビプリデニスロン

(商品名:コントラベア、センセン): 食欲を減少させ、代謝を促進する作用があります。

ダイエット薬の副作用注意点

飲むだけで痩せられる魅力的な薬。でも服用前に必ず知っておきたい副作用や注意点をまとめました。

ダイエット薬の副作用

一般的な副作用:

頭痛、めまい、吐き気、下痢、便秘、口渇、不眠症、不安感、興奮など

重大な副作用:

心臓病、高血圧、狭心症、不整脈、心筋梗塞、脳卒中などの循環器系の病気を悪化させる可能性があります。肺高血圧症、肝機能障害、腎機能障害、アレルギー反応、重篤な消化器症状、うつ病、自殺念慮など

禁忌症:

妊娠中や授乳中の女性、心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中などの循環器系の病気、肝臓や腎臓の障害、精神疾患、過敏症などがある人は使用禁止とされています。

また、ダイエット薬は一時的な効果を期待するものであり、適切な食生活や運動などの生活習慣の改善が必要です。薬を使用する前には、医師や薬剤師に相談し、適切なダイエット方法を選択することが重要です。

ダイエット薬の注意点

薬の使用期間に注意すること

ダイエット薬は、一時的な効果を期待するものであるため、長期的な使用は避けるべきです。薬の使用期間については、医師と相談しましょう。

食生活や運動の改善も必要であること

ダイエット薬はあくまで補助的な役割であり、適切な食生活や運動などの生活習慣の改善も必要です。

他の薬剤との併用に注意すること

ダイエット薬は、他の薬剤との併用によって副作用が増強される場合があります。そのため、薬剤師や医師に相談してから使用するようにしましょう。

AGA

ダイエット薬の入手方法

ダイエット薬は、一部を除いて医師の処方箋が必要な場合が多いため、まずは医師に相談して処方してもらうことが重要です。医師は、患者の身体状況や健康状態に応じて、適切なダイエット薬を処方してくれます。また、一部のダイエット薬は、医薬品として販売されており、調剤薬局やドラッグストア、インターネットのオンラインショップなどで購入することができます。ただし、医師の処方箋が必要なものもありますので、購入前に確認することが大切です。なお、海外からの個人輸入については、日本の薬事法に基づき、一定の条件を満たす場合に限り認められています。しかし、個人輸入された薬剤の安全性や有効性が確保されていない場合がありますので、自己責任での使用は避けるべきです。また、海外からの個人輸入には、関税や税金などの費用がかかることがあるため、注意が必要です。

健達ねっとECサイト

ダイエット薬の料金

ダイエット薬の料金は、種類や処方箋の有無によって異なります。例えば、リベルサスは、処方箋が必要で、1箱あたりの価格は約1万円から2万円程度です。また、ゼニカルは、処方箋が必要で、1箱あたりの価格は約1万円程度です。フォシーガは、処方箋が必要で、1箱あたりの価格は約1万円から2万円程度です。ルプラックは、処方箋が必要で、1箱あたりの価格は約1万円程度です。ただし、ダイエット薬は副作用があるため、医師の指導のもとで適切に使用する必要があります。

薬の使い方

ダイエット薬についての質問

ダイエット薬についてご紹介してきましたが、まだまだ気になる点があると思います。そこでダイエット薬についてよくある質問をピックアップしてみました。

どれくらいで効果が出ますか?

ダイエット薬の効果が出るまでの時間は、薬の種類や個人差によって異なります。一般的に、ダイエット薬を飲み始めて1〜2週間程度で効果が現れることがありますが、その効果や期間は人によって異なります。

服用中の注意点はありますか?

ダイエット薬と一緒にアルコールを飲むと、薬の効果が低下したり、副作用が増強される可能性があります。また、喫煙もダイエット効果を低下させることが知られています。

どんな人が保険適用になりますか?

一般的に、ダイエット薬は保険適用されませんが、例外的に保険適用になる場合があります。保険適用になる条件は、以下のようなものが挙げられます。

肥満が原因で生じた病気がある場合:肥満が原因で生じた糖尿病、高血圧、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群などの病気がある場合には、保険適用の対象となることがあります。ただし、これらの病気には複数の治療法があるため、ダイエット薬が必ずしも適用されるとは限りません。

BMIが30以上の場合:一般的に、BMIが30以上の場合には、保険適用の対象となることがあります。ただし、ダイエット薬が必ずしも適用されるとは限りません。

その他の条件:保険適用には、医師が適切な処方を行い、保険適用の要件に該当することが必要です。また、保険適用になった場合でも、自己負担金が必要な場合があります。

まとめ

ここまでダイエット薬について書いてきました。記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • ダイエット薬の基本的な知識
  • ダイエット薬の種類
  • ダイエット薬の注意点

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク