ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>栄養>アーモンドのカロリーと栄養価について|一粒から摂取できる健康成分

アーモンドのカロリーと栄養価について|一粒から摂取できる健康成分

アーモンドは、ヘルシーなスナックとして広く知られています。
また、ダイエット中やヘルシーな食生活を心がけている人々にとって、アーモンドは欠かせない存在となっています。

では、アーモンドのカロリー量は具体的にどれくらいなのでしょうか?
また、どの程度の量を摂取すべきなのかについても疑問が生じます。

本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • アーモンドのカロリー
  • アーモンドの栄養価
  • アーモンドの摂取量

生活にアーモンドを取り入れるヒントもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

アーモンド

アーモンドは、その風味豊かな味わいと高い栄養価から、世界中で愛されるナッツの一種です。
特に、ビタミンやミネラル、食物繊維、健康に良い脂肪酸を豊富に含んでいるため、健康食品としても注目されています。
また、その用途は多岐にわたり、スナックとしてそのまま食べるだけでなく、料理やお菓子の材料としても広く利用されています。

スポンサーリンク

アーモンドのカロリーについて

アーモンドはその栄養価の高さから健康志向のスナックとして注目されています。
しかし、そのカロリーについてはどうでしょうか?

アーモンド一粒のカロリー

アーモンド一粒のカロリーは約6kcalとされています。
アーモンドの重さが約1〜1.2gであることを考慮に入れると、そのカロリーは一粒あたり6〜7kcalとなります。

しかし、アーモンドはカロリーだけでなく、ビタミンB2や食物繊維などの栄養価も高く、これらは体の健康維持に重要な役割を果たします。

アーモンドのカロリーが他のナッツと比べて低い理由

アーモンドは他の食品と比較するとカロリーが高いと言えますが、同じナッツ類の食品の中だと低カロリーだと言えます。
アーモンドが少しの量でも満腹感を得られる食品であるため、間食に適していることがわかります。
また、アーモンドは噛む回数が多いため、満腹中枢も刺激され、食べ過ぎを防止できます。

アーモンドの摂取量とカロリー摂取量の目安

アーモンド20粒で約120kcal、5粒で約30kcalとなります。
アーモンドは手軽に食べられるスナックでありながら、そのカロリーは意外に高いため、食べ過ぎには注意が必要です。

しかし、アーモンドは満腹感を得やすく、また栄養価も高いため、適量を摂取することで健康的なスナックとして活用できます。

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

アーモンドの栄養価と健康効果

アーモンドは、そのコンパクトなサイズを超えた多様な栄養価を誇る優秀な健康食品です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維、健康的な脂質など、体にとって必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

これらの栄養素は、健康の維持と病気の予防に役立ちます。
それらが私たちの健康にどのように影響を与えるかについて詳しく解説します。

アーモンドの主な栄養素とその量

アーモンドは、ビタミンE、ビタミンB2、食物繊維、不飽和脂肪酸など、多くの重要な栄養素を含んでいます。
特にビタミンEは、30gのアーモンドに8.6mgも含まれており、これは日本人の1日の摂取目安量を上回る量です。

また、食物繊維も豊富で、アーモンドの総重量の1/10以上が食物繊維であり、これはごぼうの倍近い含有量です。
さらに、アーモンドの脂質の多くは健康に良いとされる不飽和脂肪酸で、特にオレイン酸とリノール酸が多く含まれています。
これらの栄養素は、健康維持や病気予防に大いに役立ちます。

ビタミンE

アーモンドはビタミンEを豊富に含んでいます。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、これにより体内の活性酸素を減らし、シミやシワ、老化の予防に役立ちます。
また、ビタミンEは活性酸素による細胞の損傷を防ぐことで、様々な病気の予防にも寄与します。
アーモンドを食べることで、この重要なビタミンを手軽に摂取できます。

脂質

アーモンドに含まれる脂質は、主に健康に良いとされる不飽和脂肪酸です。
これには、心臓病のリスクを低減する効果があります。
特にオレイン酸は、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあります。
これにより、動脈硬化のリスクを低減できます。
また、リノール酸は、体内でオメガ-6脂肪酸に変わり、健康な皮膚や髪の成長を促進します。
アーモンドを食べることで、これらの健康的な脂質を摂取できます。

食物繊維

アーモンドには食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は、消化器系の健康を維持するために重要です。

特に、食物繊維は便通を良くし、便秘の予防に役立ちます。
また、食物繊維は満腹感を引き起こすため、過食を防ぎ、体重管理にも役立ちます。
さらに、食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにする効果があり、糖尿病の予防にも寄与します。
アーモンド30gには約3.5gの食物繊維が含まれており、これは1日の食物繊維の推奨摂取量の約14%に相当します。
アーモンドを食べることで、これらの効果を期待できます。

AGA

アーモンドのカロリーとダイエット

アーモンドは、その栄養価の高さと満腹感を提供する能力から、ダイエットに適した食材として注目を集めています。
しかし、その摂取方法や量には注意が必要です。

アーモンドがダイエットに適している理由

アーモンドは、そのカロリーと栄養価からダイエットに適している食材とされています。
100gあたり約575kcalと、カロリーは決して低くはありません。

しかしその大部分は健康に良いとされる不飽和脂肪酸から来ています。
また、アーモンドはビタミンEや食物繊維、タンパク質などの栄養素も豊富に含んでいます。
少量でも満腹感を得られるため、ダイエット中の間食に最適です。

さらに、アーモンドはGI値(血糖値の上昇速度を示す指標)が低いため、血糖値の急激な上昇を防ぎ、長時間の満腹感を維持できます。
これにより、食事の間隔を長くすることが可能となります。
結果的にカロリー摂取量を抑えられるでしょう。

アーモンドのカロリー制限の方法とポイント

アーモンドのカロリー制限の方法としては、まず1日に摂取するアーモンドの量を管理することが重要です。
アーモンドは栄養価が高い一方で、カロリーも高めなので、過剰に摂取するとカロリーオーバーになる可能性があります。
一般的には、1日20g(約122kcal)が目安とされています。

また、アーモンドを食べるタイミングも重要です。
アーモンドは食物繊維が豊富なため、食事の前に少量食べると満腹感を得やすく、食事の量を抑えられます。
そのため、ダイエット中は特に食事前の摂取をおすすめします。

さらに、アーモンドはそのまま食べるだけでなく、ヨーグルトやサラダにトッピングとして加えるなど、様々な食事に取り入れることが可能です。
ただし、加工品や調理法によってはカロリーが増える可能性があるため、注意が必要です。

アーモンドを摂取する際の注意点

アーモンドを摂取する際の注意点としては、まずアーモンドアレルギーの可能性があることを認識することが重要です。
アーモンドはナッツの一種であり、ナッツアレルギーの人にとっては反応を引き起こす可能性があります。
初めてアーモンドを食べる場合や、アレルギーの疑いがある場合は、医師に相談することをおすすめします。

また、アーモンドは保存方法にも注意が必要です。
開封後は湿度や温度に影響を受けやすく、品質が落ちる可能性があります。
冷暗所で密閉保存することで、新鮮な状態を保てます。

さらに、アーモンドはカロリーが高いため、摂取量を適切に管理することが重要です。
特にダイエット中は、1日の摂取量を適切に計算し、過剰摂取を避けるようにしましょう。

健達ねっとECサイト

アーモンドの摂取量と栄養バランスの考え方

アーモンドは、その栄養価の高さから健康食品として注目されています。
しかし、その摂取量や栄養バランスについて正しく理解できているでしょうか?

アーモンドの適切な摂取量

アーモンドはビタミンEやマグネシウムなどの栄養素が豊富で、健康に良い食品として知られています。

しかし、その摂取量には注意が必要です。
適切な摂取量を超えると、カロリーや脂質の摂取量が増え、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
一日の適切な摂取量は、一般的には約23粒とされています。
これは約30gに相当し、約180カロリー、15gの脂質、6gのタンパク質、3gの食物繊維を含んでいます。
適量を守ることで、アーモンドの栄養バランスを最大限に活用できます。

アーモンドを含めたバランスの良い食事

アーモンドを食事に取り入れることで、栄養バランスを整えられます。

例えば、

  • 朝食にはアーモンドをヨーグルトやシリアルに加える
  • 昼食にはサラダにアーモンドをトッピングする
  • 夕食にはアーモンドを使った料理を作る

など、様々な方法でアーモンドを食事に取り入れられます。
アーモンドは食物繊維が豊富なため、満腹感を得やすく、食事の量を調整するのにも役立ちます。

アーモンドを食事やスナックに取り入れる

アーモンドはそのまま食べるだけでなく、様々な料理やスナックに取り入れられます。

例えば、

  • アーモンドミルクを作ってスムージーやオートミールに加える
  • アーモンドバターをパンに塗る
  • アーモンドフラワーを使ってグルテンフリーのパンケーキやマフィンを作る
  • アーモンドをローストしてスパイスと一緒にスナックに加える
  • ドライフルーツと一緒にトレイルミックスを作る

など、様々な食べ方があります。
アーモンドは栄養価が高く、様々な料理やスナックに取り入れやすいため、日々の食事やスナック作りに活用してみてください。

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

薬の使い方

アーモンドのカロリーまとめ

ここまでアーモンドのカロリーについてご紹介してきました。
要点を以下にまとめます。

  • アーモンドのカロリーは1粒約6kcal
  • アーモンドの栄養価はビタミンE、不飽和脂肪酸、食物繊維が豊富
  • アーモンドの摂取量は1日23粒程度が適正

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク