ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>体の不調>日焼けでできる肌のぶつぶつとは?症状・原因から対処法まで解説

日焼けでできる肌のぶつぶつとは?症状・原因から対処法まで解説

日焼けすると、肌にぶつぶつができたり、赤くなったり、痒くなったり…
そんな症状で悩まされていませんか?

その症状は、日光アレルギーかもしれません。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 日焼けでできるぶつぶつの原因と症状
  • 日焼けでできるぶつぶつの対処法
  • 日焼けでできるぶつぶつの対策法

日焼けでできるぶつぶつについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

日焼けでできるぶつぶつとは

日焼け後に皮膚に現れるぶつぶつ。
これは一体何なのでしょうか?

それは日光アレルギーの一種で、日光を浴びることで皮膚に症状が出る状態を指します。

以下では、日焼けとは何か、日焼けでできるぶつぶつの特徴と見分け方、そしてそれが他の皮膚トラブルとどのように異なるのかについて詳しく解説します。

日焼けとはどのような現象?

日焼けとは、紫外線を浴びることで皮膚が赤くなったり、痛みを伴ったりする現象です。

しかし、日焼けが進行すると、皮膚にぶつぶつができることがあります。
これは日光アレルギーの一種で、日光によって引き起こされたり、症状が悪化する皮膚疾患の総称で、光線過敏症や日光過敏症などともいわれています。

日光アレルギーには内因性のものと外因性のものがあり、それぞれ異なる原因と症状を持ちます。

症状と原因予防と治療
内因性遺伝や他の病気が関与し、紫外線や可視光線を浴びることで皮膚に症状が現れる。日光蕁麻疹や多形日光疹、色素性乾皮症、慢性光線性皮膚炎などが代表的な病気で、これらは日光が当たった部位に蕁麻疹ができたり、赤く、小さなぶつぶつができたり、赤みのあるゴツゴツとした湿疹ができたり、シミができたり、皮膚が乾燥したりするなどの症状が現れる。内因性のアレルギーは発症そのものを予防するのは難しいが、衣服や帽子、日傘などで遮光対策をすることで悪化を予防することは可能。治療では、抗ヒスタミン薬や免疫抑制剤などが用いられる。
外因性薬や化粧品などを塗ったり、服用したりすることが原因。一部の薬剤や化粧品、香水、果物や野菜などには、光に過敏に反応する物質が含まれており、それらが体内に取り込まれた後、日光にさらされることで化学反応が引き起こされ、皮膚に何らかの症状が現れると考えられている。外因性の日光アレルギーの場合は、薬や化粧品などを使用する前に注意事項を確認し、正しく対処することが予防につながる。治療では、原因となる薬や化粧品などの使用を中止し、症状に応じて外用薬や抗ヒスタミン薬のような内服薬が処方される。

日焼けでできるぶつぶつの特徴と見分け方

日焼けでできるぶつぶつは、日光の当たる部位(主に腕)に赤く、小さなブツブツができる症状を指します。
これは「多形日光疹」と呼ばれ、痒みを伴い、水ぶくれが見られることもあります。
このような症状が現れた場合、日光アレルギーの可能性があります。

日焼けでできるぶつぶつと他の皮膚トラブルの違い

日焼けでできるぶつぶつと他の皮膚トラブルとの違いを理解することは、適切な対処と治療を行うために重要です。

例えば、日光アレルギーの一種である光接触皮膚炎」は、一部の外用薬や香料、日焼け止めなどに含まれる物質が原因になります。
これに対して、「光線過敏型薬疹」は、抗菌剤や抗がん剤、抗ヒスタミン薬、また、一部の利尿剤、向精神病薬などの内服薬が原因になります。

これらの症状が出た場合、すぐに皮膚科医に相談することが推奨されます。

関連記事

アレルギー症状は日常生活を送っていると、突発的に起こります。特にアレルギーによる皮膚症状では炎症を起こし、仕事の集中や睡眠の質を下げてしまうことがあります。そもそもなぜ、皮膚にアレルギー症状が起こるのでしょうか?アレルギー症[…]

スポンサーリンク

日焼けでできるぶつぶつと痒みの詳細

日焼けは、皮膚に直接的なダメージを与えるだけでなく、さまざまな皮膚症状を引き起こす可能性があります。
その一つが、日焼けによるぶつぶつや痒みです。

以下では、日焼けによる肌への影響、ぶつぶつが痒くなる理由、そして日焼けアレルギーと光線過敏症の症状の違いについて詳しく解説します。

日焼けによる肌への影響と症状

日焼けは、皮膚に紫外線が直接当たることで起こります。
これにより、皮膚は自己防衛の一環としてメラニン色素を生成し、これが肌を黒く見せます。
しかし、紫外線の過剰な曝露は皮膚にダメージを与え、ぶつぶつや赤み腫れ痛み痒みなどの症状を引き起こす可能性があります。

これらの症状は、皮膚の表面層が紫外線によって傷つき、炎症反応が起こるために生じます。

日焼けでできるぶつぶつが痒い理由

日焼けによるぶつぶつが痒くなる主な理由は、皮膚の炎症反応によるものです。
紫外線によるダメージを受けた皮膚は、修復の過程で炎症物質を放出します。
これらの物質は、皮膚の神経を刺激し、痒みを引き起こします。

また、皮膚の乾燥も痒みの一因となります。
日焼けによって皮膚の水分が失われると、皮膚は乾燥し、これが痒みを引き起こします。

日焼けでできるぶつぶつの治療と予防策

日焼けによる肌トラブルは、夏の季節だけでなく一年を通して起こり得ます。
特に、日焼けによるぶつぶつや痒みは、肌の健康に影響を及ぼすだけでなく、日常生活にも支障をきたすことがあります。

以下では、日焼け後の適切なケア方法や日焼け止めの効果的な使い方、日焼けによる痒みを和らげる方法、そして日焼けを防ぐための対策について詳しく解説します。

日焼けでできるぶつぶつのケア方法

日焼けした肌は、軽いやけどと同じようなダメージを受けています
そのため、日焼け直後の肌は非常にデリケートな状態になります。

日焼けした肌に痒みを感じたら、まずは患部をすぐに冷やすことが大切です。

  • 冷水で濡らしたタオルを当てる
  • シャワーで冷たい水をかける
  • タオルにくるんだ保冷剤を当てる

などの方法があります。
ただし、冷やすときは優しく、慎重に行うことが重要です。

また、日焼け後の肌は乾燥しやすいため、しっかりと保湿することも忘れてはいけません。
化粧水や乳液を使って、肌を十分に保湿しましょう。

日焼けでできるぶつぶつの痒みを和らげる方法

日焼けによる痒みを和らげるためには、まず肌を清潔に保つことが重要です。
そして、痒み止めの薬を塗ることで、痒みを和らげることができます。

ただし、日焼けした肌の痒みが強いからといって爪でかきむしってしまうと、皮膚のバリア機能がより低下する恐れがあります。
そのため、痒みが強い場合は、皮膚科等の医療機関に相談することをおすすめします。

日焼けを防ぐための対策と日光の注意点

日焼けを防ぐためには、日頃からの予防が大切です。
日差しの強い夏だけでなく、紫外線は一年を通して降り注いでいるため、毎日の習慣として日焼け対策をしましょう。

紫外線が強くなる午前10時〜午後2時を避けて外出するようにしましょう。
また、日陰のあるところを歩く、つばが広い帽子をかぶる、日傘を使用する、長袖やストールを活用して肌の露出を控えるなどの対策が有効です。

日焼け止めの効果的な使い方と選び方

日焼け対策として、日焼け止めを活用することは非常に有効です。
日焼け止めを選ぶときは、「SPF」と「PA」という二つの指標が参考になります。
SPFは紫外線B波の防御効果を示し、PAは紫外線A波の防御効果を示します。

日常的な使い方をするなら、SPF10〜20、PA+~++程度、屋外でのレジャーやスポーツをする場合は、SPF20〜40、PA++~+++を選ぶと良いでしょう。

また、日焼け止めを使うときは、たっぷりの量をムラなく全体に伸ばすことがポイントです。

関連記事

肌への刺激は、さまざまな原因で起こります。なかでも、紫外線は大きな原因のひとつです。どのような日焼け止めが肌に優しいかを知って、紫外線対策をしませんか?本記事では、肌に優しい日焼け止めについて以下の点を中心にご紹介します。 肌[…]

AGA

日焼けでできるぶつぶつに関連するQ&A

日焼けでできるぶつぶつに関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

日焼けぶつぶつが赤い斑点になったらいつ消えるの?

日焼けによる赤い斑点は、肌が紫外線によるダメージを受けた結果です。
肌の赤みは日焼け後8〜24時間でピークを迎え、2〜3日後には落ち着きます。

しかし、水ぶくれを起こした部分は、皮が剥ける場合もあります。
これは、紫外線によるダメージを受けて修復が難しくなった表皮の細胞を除去するための現象と考えられています。

日焼けでできるぶつぶつが痒くない場合の対処法は?

日焼けによるぶつぶつが痒くない場合でも、肌は紫外線によるダメージを受けています。
そのため、まずは肌のほてりを鎮めることが重要です。
保冷剤や冷水で濡らしたタオルなどを当てて患部をしっかり冷やしましょう。
その後、消炎効果のある塗り薬を塗ることで、炎症を抑えることができます。

腕にできた日焼けぶつぶつの対処法と予防策は?

腕に日焼けによるぶつぶつができた場合、まずは上記の対処法を試してみてください。
その上で、今後の予防策としては、紫外線の強い時間帯(午前10時〜午後2時)を避け、帽子や日傘を活用したり、肌の露出が少ない衣服を着たりして紫外線から肌を守ることが有効です。

日焼け後に肌が腫れて動けない場合の対処法は?

日焼け後に肌が腫れて動きづらい場合は、皮膚科の医師に相談することをおすすめします。
また、痛みや痒み、炎症を抑えるために消炎効果のある塗り薬を塗ることも効果的とされています。

日焼けが痛いときに効果的なケアと塗るべきものは?

日焼けによる痛みを和らげるためには、まず肌のほてりを鎮めることが大切です。
その後、消炎効果のある塗り薬を塗ることで、痛みや炎症を抑えることができます。

また、日焼け後の肌は水分をキープできなくなっているため、ヒリつきや痛みが治まったら刺激の少ない化粧水や乳液で肌を保湿することも重要です。

関連記事

花粉症や食物、動物など様々なアレルギーで困っている方は少なくありません。中には、自分に何のアレルギーがあるか知りたい方もおられるでしょう。また、アレルギーはどのような手順で調べるのか、気になることもあります。アレルギーの検査[…]

IMG
健達ねっとECサイト

日焼けでできるぶつぶつについてまとめ

ここまで日焼けでできるぶつぶつについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 日焼けでできるぶつぶつは、日光によって発生したり、症状が悪化したりする皮膚疾患で、ぶつぶつだけでなく赤み、腫れ、痛み、痒みなどの症状も引き起こす
  • 日焼けでできるぶつぶつができたら、患部をすぐに冷やし、保湿したり薬を使用することで炎症を抑える
  • 日焼けでできるぶつぶつを予防するためには、日頃から紫外線を避けるように心がけることが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

薬の使い方

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク