ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>日焼けで皮が剥けてしまったらどうする?|綺麗な肌を保つ方法とは

日焼けで皮が剥けてしまったらどうする?|綺麗な肌を保つ方法とは

夏になると、日焼けして皮が剥けてきてしまった…という人は少なくないと思います。

日焼けして皮が剥けてしまった時、正しくケアできていますか?

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 日焼け後の皮剥けはなぜ起こるのか
  • 皮が剥けた時の対処法
  • 皮剥けを防止するためのケア

日焼けによる皮剥けについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

日焼け後の皮剥けとは

日焼けと皮剥けは、特に夏の季節に気になる肌の問題です。
しかし、これらの現象が何を意味し、どのように私たちの肌に影響を与えるのかを理解することは、適切なスキンケアと健康的な肌を維持するために重要です。

日焼けとは何か?

日焼けとは、紫外線によって引き起こされる皮膚の炎症や色素沈着のことを指します
紫外線はビタミンDを生成するために必要なものである一方で、浴びすぎると肌や髪にダメージを与えます。

紫外線を浴びると、メラニンを生成する細胞であるメラノサイトの活動が活性化し、肌の色を濃くすることで紫外線ダメージから皮膚を守ります。
これが日焼けの仕組みです。

皮剥けとはどのような現象か?

皮剥けは、日焼けによる肌のダメージが一定のレベルに達した時に起こります
紫外線によるダメージが皮膚細胞に蓄積され、皮膚の表面層が死んで剥がれ落ちる現象です。

皮剥けは、肌が自己修復の過程で古い細胞を排除し、新しい細胞で置き換えようとする自然な反応の一部です。

紫外線が肌に与えるダメージとその影響

紫外線は、皮膚の表面だけでなく、深層部まで浸透し、肌の張りを保つエラスチン(弾性繊維)を徐々に破壊します。
これは肌のたるみの原因となります。

また、UVBは皮膚の細胞のDNAを破壊することがわかっています。
DNAの破壊と修復が繰り返されることで突然変異が起きやすくなり、強い紫外線を繰り返し浴びると皮膚がんを引き起こすリスクが高まるとされています。

スポンサーリンク

日焼け後に皮剥けしたらどうする?

日焼け後の皮剥けは、皮膚が紫外線ダメージから自己修復を試みる結果として起こります。
皮膚のターンオーバーが早まり、表皮の細胞が早期に排除されるため、皮が剥がれてしまうのです。
しかし、日焼け後の皮剥けに対するケアを適切に行うことで、皮剥けの不快感を緩和し、皮膚の健康を保つことが可能です。

皮剥けは剥かずに自然に剥けるのを待つ

皮が剥がれ始めたら、ついつい指で取りたくなるかもしれません。

しかし、日焼け後の皮剥けに対するケアの一つとして、無理に剥がすのは避けましょう。
新しい皮膚細胞が敏感な状態で、無理に剥がすと、色素沈着や色ムラが生じる可能性があります。
皮が自然に剥がれ落ちるのを待つことが、皮膚の健康を保つための最善の方法です。

日焼け後の保湿ケア

日焼けによるダメージを受けた皮膚は、表面が荒れて水分が抜けやすくなります。
皮膚が乾燥しやすくなるため、保湿ケアが重要です。

具体的には、低刺激の化粧水を使って肌に水分を与え、乳液や保湿クリームで肌に油分を加えることがおすすめです。

また、体の内側から水分を補給することも大切で、水やスポーツドリンクが適しています。
皮膚をみずみずしく保つことで、新しい皮膚の形成を助ける環境を整えることができます。

日焼けで皮剥けする人としない人がいる?早く治すための方法

日焼け後の皮剥けは、皮膚が紫外線によるダメージを受けた結果、自己修復の過程で起こります。
しかし、適切なケアを行わないと、皮膚の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

以下では、皮剥けが残る原因と、それを早く治すための効果的な対策について詳しく説明します。

日焼けで皮が剥ける人と剥けない人の違いと原因

皮膚が日焼け後に剥けるかどうかは、個々の皮膚のタイプとその反応に大きく依存します。

日本人は一般的に、紫外線に対する反応が3つのタイプに分けられます。

スキンタイプⅠ日焼けしやすく、黒くなりにくい
スキンタイプⅡ適度に日焼けし、適度に黒くなる
スキンタイプⅢ日焼けせず、黒くなりやすい

スキンタイプⅠの人々は、紫外線によるDNAの損傷がスキンタイプⅢの人々よりも3〜5倍多く、皮剥けの可能性が高くなります。

皮剥けを早く治すための栄養とサプリメントの活用

皮剥けを早く治すためには、栄養とサプリメントの活用が有効です。
特にビタミンCとビタミンEは、皮膚の修復を助け、抗酸化作用により紫外線からの損傷を防ぐことが知られています。

また、オメガ-3脂肪酸は皮膚の健康を維持するのに役立ちます。
これらの栄養素は食事から摂取することも、サプリメントとして摂取することも可能です。

スポンサーリンク

日焼けの皮剥けによる肌トラブルの原因と対策

日焼けによる肌トラブルの原因と対策をご紹介します。

皮剥けによる肌トラブル|まだら模様になる

皮剥けがまだらになる主な理由は、紫外線によるダメージの量の差です。
この差により、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)のスピードに差が生じ、皮剥けが起こるタイミングが異なります。

また、無理に皮を剥がしたりこすったりすると、皮剥け部分がまだら模様になる可能性があります。
対策としては、日焼け直後に肌に刺激を与えないことが重要です。

日焼け直後の炎症を起こした皮膚は、きちんと冷やした後しっかりと保湿することで、炎症をいったん落ち着かせ、まだらになるのを回避しましょう。

皮剥けによる肌トラブル|部分的に白くなる

日焼け後、皮膚が剥けて部分的に白くなる現象は、皮膚病の一種である「白斑」によるものです。

特に、日焼けが原因で発生する白斑は「海水浴白斑」と呼ばれ、その原因はメラニン色素を生成する「メラノサイト」が紫外線のダメージを受け、その機能が停止することにあります。

海水浴白斑は自然治癒することが一般的で、時間の経過とともに改善します。
しかし、白斑が長期間治らない場合は、皮膚科への受診をおすすめします。

皮剥けによる肌トラブル|かゆみが出る

皮剥けは、紫外線を浴びた皮膚の細胞が刺激を受け、新陳代謝が促進されることで起こります。
この過程で肌は弱り、バリア機能が低下し、かゆみが出やすくなります。
強いかゆみがある場合、皮膚科を受診し、かゆみ止めを処方してもらうことが推奨されます。

日焼け後のかゆみや炎症を防ぐスキンケア

日焼けによる皮膚の炎症は、日光を浴びた直後から2〜3日かけて進行します。
日焼け後の皮剥けに対するケアの一部として、すぐにアフターケアを開始することが重要です。

  • 冷却
  • 保湿
  • 遮光

の3つのポイントを押さえておきましょう。

ただし、氷水などで冷やし過ぎると、皮膚をさらに傷つける可能性があります。

また、日焼けから3日以上経っても症状が改善しない場合や悪化している場合は、皮膚科を受診し、医師の治療を受けることをおすすめします。

健達ねっとECサイト

日焼け後の皮剥けを防ぐためのケア方法

日焼けは夏の楽しみの一つですが、その後の皮剥けは避けたいものです。
皮剥けは日焼けによる肌のダメージが原因で、適切なケアをしないと肌トラブルを引き起こす可能性があります。

ここでは、日焼け後の皮剥けを防ぐためのケア方法をご紹介します。

皮剥け防止ケア①日焼けした肌を冷やす

日焼けした肌は、軽度のやけどが起きているのと似ている状態です。
肌がヒリヒリとしている場合は、肌のほてりが鎮まるまで肌を冷やします。

  • 冷水で肌を冷やす
  • 濡れタオルをまく
  • 氷や保冷パックで冷やす

などの方法があります。

ただし、冷たいもので同じ場所を長時間冷やし続けると、凍傷になる場合があるので注意が必要です。

皮剥け防止ケア②日焼けした肌を保湿する

肌を十分に冷やしたら、次に行うべきは保湿です。
日焼けによって失われた水分を保湿によって補うことが重要です。
化粧水や乳液を、優しく丁寧につけてあげましょう。

皮剥け防止ケア③美白効果のあるスキンケア用品

保湿を行った後には、美白効果のあるスキンケア製品を使って、シミの原因となるメラニンの過剰な生成を防ぐケアを行いましょう。
これにより、日焼けによる紫外線ダメージを少しでも和らげることができます。

皮剥け防止ケア④食事や睡眠

日焼け後は、体内のミネラルが失われるため、天然水やミネラルウォーターで水分補給することがおすすめです。

また、ビタミンA・C・Eには抗酸化作用があるとされていて、シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成をおさえる効果が期待できます。

さらに、睡眠を充分にとることも大切です。
十分な睡眠を取らないと、肌の代謝が低下し、肌荒れが起こりやすくなることがあります。

皮剥け防止ケア⑤日焼け止め

日焼け止めは紫外線対策の基本です。
しかし、日焼け止めだけでは紫外線を全てカットすることはできません。
日焼け止めの選び方や使い方について知ることで、より効果的な紫外線対策が可能になります。

日焼け後の皮剥けを防ぐためには、これらのケア方法を実践することが大切です。
肌を大切にし、健康的な夏を過ごしましょう。

おすすめの日焼け止めについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

日焼け止めを探しているけど、たくさんあってどれを選んで良いかわからない!そもそも日焼け止めの種類ってどのくらいあるの?本記事では、おすすめの日焼け止めについて以下の点を中心にご紹介します。敏感肌向け日焼け止めとはメンズ向[…]

関連記事

肌への刺激は、さまざまな原因で起こります。なかでも、紫外線は大きな原因のひとつです。どのような日焼け止めが肌に優しいかを知って、紫外線対策をしませんか?本記事では、肌に優しい日焼け止めについて以下の点を中心にご紹介します。 肌[…]

薬の使い方

日焼けによる皮剥けについてまとめ

ここまで日焼けによる皮剥けについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 日焼け後の皮剥けは、紫外線によるダメージが皮膚細胞に蓄積され、皮膚の表面層が死んで剥がれ落ちる現象
  • 皮が剥けた時には、無理に剥がさず、肌を冷やしてからしっかり保湿することが重要
  • 皮剥けを防止するためには、日頃から日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行い、さらに肌を保湿することが大切

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク