ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>紫外線吸収剤について知ろう!効果・成分・デメリットを解説

紫外線吸収剤について知ろう!効果・成分・デメリットを解説

紫外線は私たちの肌に様々な影響を及ぼします。
その際に、私たちから紫外線を守ってくれるアイテムとして日焼け止めがよく使われます。

日焼け止めに使われる紫外線吸収剤は、紫外線から肌を守る重要な役割を果たしています。
しかし、これらの成分に対する誤解や不明確な情報も多く存在します。

この記事では、紫外線吸収剤と肌への影響について以下の点を中心にご紹介します。

  • 紫外線吸収剤の仕組み
  • 紫外線吸収剤の主な成分
  • 紫外線吸収剤と肌トラブルの関連性

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は、日焼け止めに使用される主要な成分です。
それぞれの特性と効果について理解することで、自分に合った日焼け止めを選ぶ手助けとなります。

紫外線吸収剤の基礎知識

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出します。
特異的な吸収波長があり、透明で白くなりにくいのが特徴です。

一方で、まれにかぶれる方がいることもあるため、肌の状態に合わせて選ぶ必要があります。
代表的な化合物にはメトキシケイヒ酸オクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどがあります。

紫外線と肌への影響

紫外線は肌の奥深くの真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンなどの肌に弾力を与える組織にダメージを与えることがあります。

紫外線散乱剤は紫外線を反射・散乱させ、皮膚に紫外線が届くのを抑制する役割があります。
酸化チタンや酸化亜鉛などが使用されることが一般的です。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の選び方や使用方法によって、紫外線からの肌への影響を最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤の効果と働き

紫外線吸収剤は、私たちの肌を紫外線から保護する重要な役割を果たします。
日常生活で使用する日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方が含まれていることが多いです。

この章では、紫外線吸収剤の具体的な働きと、それがどのように肌を保護するのかを詳しく解説します。

紫外線吸収剤の仕組み

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出します。
これは、水分を吸収するスポンジのように紫外線を吸収するイメージです。

紫外線散乱剤と比較すると、吸収剤の方がUV効果が高く、紫外線を透過させない力があるため、肌を強力に保護します。
一方で、吸収剤は透明で、肌に塗布した時の感触が良くなる傾向があります。

SPF(Sun Protection Factor)とは?

SPFは、日焼けを起こす主にUVBから肌をどの程度防止できるかという目安の数値です。
日焼け止め製品に記載されているSPFの数値は、紫外線からの防御力を示しており、高い数値ほど強い保護効果があるとされています。

日焼け止めを選ぶ際には、SPFだけでなく、UVAの防止指数であるPAの数値も確認し、バランスのよい保護を提供する製品を選ぶことが重要です。

UVAとUVBの違い

紫外線は主にUVAとUVBの2種類に分類されます。
UVAは肌の奥深くまで到達し、肌の老化を促進する可能性があります。

一方、UVBは肌の表面に作用し、日焼けや赤みを引き起こすことが一般的です。
日焼け止めを選ぶ際には、これらの紫外線の違いを理解し、UVAとUVBの両方から肌を守る製品を選ぶことが、健康な肌を維持するために不可欠です。

紫外線吸収剤の主な成分と配合方法

紫外線吸収剤は、日焼け止めや化粧品に使用される重要な成分です。
紫外線を防ぐためには、これらの成分の理解と適切な配合が必要です。

この章では、主要な紫外線吸収剤とその配合方法について詳しく解説します。

紫外線吸収剤|オキシベンゾン

オキシベンゾンは、UV-AとUV-Bの両方を吸収することができる紫外線吸収剤で、高いSPF値の日焼け止めに使われることが多い成分です。

この化合物は、紫外線を効果的にブロックする能力を持ちますが、肌に対する刺激やアレルギー反応を引き起こす可能性もあるため、使用には注意が必要です。

紫外線吸収剤|t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンは、紫外線のUV-Aを吸収する紫外線吸収剤です。
この成分は、肌の奥まで届くUV-A波のダメージを防ぐ役割を果たし、シミやシワなどの肌老化を引き起こす可能性を減らします。

紫外線吸収剤|メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、UV-Bを吸収する紫外線吸収剤で、多くの日焼け止めに使用されています。

油分との親和性が高いため、つけ心地をよくする目的で使われることが一般的です。
UV-B波はエネルギーが強く、日焼けや水ぶくれなどの肌トラブルの原因となるため、この成分の使用は重要です。

紫外線吸収剤の|紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べて刺激が少なく、天然成分であることからノンケミカルとも呼ばれます。

主な成分としては、酸化チタンや酸化亜鉛などがあります。
紫外線を反射させる能力がありますが、汗に弱い、肌なじみが悪いなどの短所も存在します。

日焼け止めや化粧品への配合方法

紫外線吸収剤としてよく使用される成分には、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルやパラアミノ安息香酸などがあります。
これらの成分は、紫外線を別のエネルギーに変換し、紫外線の影響を防ぎます。

また、紫外線散乱剤として酸化チタンや酸化亜鉛も使用されます。
敏感肌・乾燥肌などの肌の弱い方には、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めがおすすめです。

塗り方や重ね塗り、塗り直しにも注意が必要で、正しい使用方法で効果を最大限に引き出すことができます。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤のデメリットと注意点

紫外線吸収剤は、日焼け止めなどに含まれる成分で、紫外線を吸収して皮膚に届かないようにする役割があります。
しかし、これらの吸収剤には肌や環境への影響があることが知られています。

この章では、そのデメリットと注意点について詳しく解説します。

紫外線吸収剤の肌への影響とアレルギー反応

紫外線吸収剤は化学合成された成分で、紫外線を吸収して熱や赤外線のエネルギーに変えて放出します。
この化学反応が皮膚の表面で起きることで、肌に大きな負担を与え、アレルギー反応や肌荒れの可能性があります。

人々の肌への影響を考慮すると、紫外線反射剤の使用や、肌にやさしい成分の選定が重要となります。

紫外線吸収剤の環境と生態系への影響

紫外線吸収剤として使われるオキシベンゾンやベンゾフェノンなどの成分は、サンゴ礁の白化(死滅)の原因となることが研究で明らかにされています。

微量で低濃度でもサンゴのDNAにダメージを与える影響があるとされ、ハワイ州ではこれらの物質を含む日焼け止めの販売が禁止される法案が成立しています。
サンゴ礁は「海の森」とも称され、地球環境にとって重要な役割を果たしているため、この問題は深刻です。

小児への紫外線吸収剤の使用の問題点

子供の肌は大人の肌に比べて薄く、紫外線による影響を強く受けます。
一部の日焼け止めに含まれる「フェノキシエタノール」や「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」などの成分は、子供の肌に刺激を与える可能性があります。

特に、米国では「オクチノキサート」として知られるメトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、人体への悪影響が指摘されており、ハワイでは配合が禁止されています。

健達ねっとECサイト

紫外線吸収剤を含まない日焼け止め・ファンデーション・下地について

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めは、肌への刺激が少ないとされる製品で、多岐にわたる種類と特性があります。

この章では、これらの製品の特徴と選び方について詳しく解説します。

フィジカル(物理)日焼け止めの特徴と効果

フィジカル日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみを使用しています。
化学反応を起こさないため、肌への負担が少ないことが特徴です。

紫外線散乱剤は肌をコーティングし、紫外線を反射して日焼けを防止します。
肌で化学反応を起こさないことから、敏感肌の方や子どもにもおすすめです。

しかし、塗り心地がよくなかったり白浮きしたりといったデメリットもあります。
汗や水、擦れなどに弱い製品も多いため、こまめに塗り直すことが必要になります。

無紫外線吸収剤のメーキャップ製品の選び方

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、クリーム、ミルク・ローション、ジェル、スティック、パウダーなど様々な種類があります。

  • 保湿力の高いクリームタイプ: 乾燥防止にもなる。肌が乾燥しがちな方におすすめ。
  • 伸びがいいミルク・ローションタイプ: 化粧の下地に使えてカラーコントロール機能がついた商品も多い。
  • さっぱり感のあるジェルタイプ: 伸び広げやすく軽い塗り心地が特徴。こまめな塗り直しが必要になる。
  • 配合成分で選ぶ: 無添加なもの、ノンナノまたはナノ粒子不使用、保湿成分など、肌の状態やニーズに合わせて選ぶことが重要。

このように、紫外線吸収剤を含まない日焼け止めとメイクアップ製品には、多岐にわたる選択肢があります。
自分の肌のタイプとニーズに合わせて、適切な製品を選ぶことが肌の健康を保つ鍵となります。

薬の使い方

紫外線吸収剤と肌トラブルの関連性

紫外線吸収剤は日焼け止めに含まれ、肌を紫外線から守る役割を果たしますが、その一方で肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

この章では、紫外線吸収剤が肌に与える影響と、それに対するケア方法について詳しく解説します。

紫外線吸収剤がシミやメラニンに与える影響

紫外線は肌の奥まで届き、シミやシワなどの肌老化を引き起こします。
特に紫外線のA波(UV-A)は、じわじわとダメージを引き起こし、シミやシワなどの肌老化を引き起こすといわれています。

紫外線吸収剤はこれらの紫外線を吸収し、肌内部への侵入を防ぐ役割を果たします。

紫外線吸収剤とアトピー性皮膚炎の関係

紫外線吸収剤は肌表面で紫外線を吸収して化学反応を引き起こし、肌内部へ紫外線が入るのを防ぐ役割を持ちます。

しかし、紫外線を吸収するときに、肌に刺激を感じたり、赤み、湿疹があらわれたりする場合があります。
症状が悪化すると体内のタンパク質と結びついてアレルギー反応を引き起こすこともあります。

特にアトピー性皮膚炎の人にとっては、紫外線吸収剤が肌トラブルを引き起こす可能性があります。

紫外線吸収剤による肌トラブルを避けるためのケア方法

紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使用する際は、以下の点に注意することで肌トラブルを避けることができます。

  • SPF値が15~30程度の製品を選ぶ
  • 石けんで落とせる製品を選ぶ
  • 酸化しにくい製品を選ぶ
  • 界面活性剤やシリコン、ポリマーといった刺激の強い成分が極力含まれていない製品を選ぶ

また、日焼け止めをこまめに塗り直し、日傘や帽子で紫外線をブロックすることも大切です。
万が一、日焼け止めによって肌荒れが起きてしまった場合、アレルギー性の皮膚炎になる前に専門医を訪ねることが重要です。

おすすめの紫外線対策と日焼け防止の方法

紫外線は肌の老化やシミ、さらには皮膚がんのリスクを高める可能性があるため、適切な対策が必要です。

この章では、紫外線から肌を守るための効果的な対策を紹介します。

紫外線遮断効果のある衣料品の選び方

紫外線は直射光だけでなく、散乱光や反射光も肌に影響を与えます。
UVカットの洋服やスカーフ、手袋などは、これらの紫外線から肌を守る効果が期待できます。

特に、夏場やアウトドア活動時には、UVカット機能のある衣料品を選ぶことで、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

帽子やサングラスの活用

日傘や帽子だけでは、散乱光や反射光を完全に防ぐことはできません。

しかし、帽子は頭部や顔への直射光を防ぎ、サングラスは目の周りの肌を保護します。
特に広いつばの帽子やUVカット機能のあるサングラスは、紫外線からの保護効果が高いとされています。

紫外線吸収剤を含まない代替対策

紫外線吸収剤は紫外線防御能が高い一方、体質によってはアレルギーを起こす場合があるため、肌の弱い方には注意が必要です。

紫外線吸収剤無配合(ノンケミカル)の日焼け止めや、UVカットのカーテンを使用するなどの対策も効果的とされています。
また、曇りや雨の日でもA波は地表に届くため、季節や天気に関係なく紫外線対策が必要です。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤と肌への影響まとめ

今回は、紫外線吸収剤と肌への影響についてご紹介しました。
紫外線吸収剤と肌への影響について以下に要点をまとめます。

  • 紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出する仕組み
  • 紫外線にはオキシベンゾンなどの成分が含まれており、紫外線をブロックする機能や肌へのダメージを防ぐ効果がある
  • 紫外線を吸収するときに、刺激を感じたり、赤み、湿疹があらわれたりする場合がある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク