ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>【2024年版】性格が悪いといわれるMBTIランキング|その理由と解決策は?

【2024年版】性格が悪いといわれるMBTIランキング|その理由と解決策は?

私たちはよく、自分の性格を理解するために様々な性格診断テストを利用します。
その中でも、MBTIは非常に人気があります。

MBTIは、16種類の性格タイプを提供し、それぞれのタイプが独自の強みと弱みを持っています。
これにより、自分自身や他人を理解するのに役立ちます。
しかし、MBTIタイプの中には、性格が悪いといわれるタイプがあります。

特に、どのタイプが性格が悪いといわれるのでしょうか?
また、なぜ性格が悪いといわれるのでしょうか?

今回は、性格が悪いといわれるMBTIタイプについて、ランキング形式で紹介します。

  • 性格が悪いといわれるMBTIランキング
  • 性格が悪いといわれるMBTIの特徴
  • 周りの人と上手く関わるコツ

性格が悪いといわれるMBTIについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

そもそもMBTIとは?

MBTIとは、人々の性格を16種類に分類する性格診断テストです。

この診断は、自己理解を深めるためのツールとして、また他人とのコミュニケーションを円滑にするための手段として広く利用されています。

MBTIとは

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、アメリカで開発された性格診断テストで、世界中で50年以上にわたって使われています。
この診断は、いくつかの質問に答えることで、興味の方向性や外界への接し方などから16種類の性格に分類します。

分類方法としては、

  • 興味の方向性(内向的・外向的)
  • 情報の処理方法(感覚型・直観型)
  • 判断の基準(思考型・感情型)
  • 生活のスタイル(判断型・認知型)

に分け、最終的に16種類の性格に分類します。
非常に細かく分類されるのが特徴で、自身で気付かなかった特性を知ることができるのもポイントです。

さらに、MBTI診断は個々人の違いを尊重し、それぞれが持つ独自性を理解することを目指しています。
そのため、結果は「良い」や「悪い」ではなく、「異なる」ことを示すものです。

MBTI性格診断の重要性

性格診断は自己理解を深めるだけでなく、他人とのコミュニケーションを円滑にするための重要な手段です。

特に就職活動やキャリア形成においては、自己分析が重要な役割を果たします。
自己分析を通じて自身の強みや弱みを理解し、それを活かすことでより適切なキャリアパスを選択することが可能になります。

また、自己理解が深まることで自己紹介や面接時の対応もスムーズになります。
MBTI診断はそのような自己分析を支援するツールとして有効です。

さらに、MBTI診断はチームビルディングやリーダーシップ育成など組織内での人材開発にも活用されています。
異なる性格タイプがどのように協力し合うかを理解することで、チーム内のコミュニケーションが改善され、組織全体の生産性が向上します。

以下の記事では、MBTIの各タイプごとの特徴について詳しく解説しています。

関連記事

【MBTI】全16タイプの特徴 他のタイプとの相性や恋愛タイプも紹介MBTIは、最近世界中の若い人たちの中で大流行しています。MBTIとは、4つのアルファベットあらわされる人々の性格の16タイプの分類です。で[…]

スポンサーリンク

性格が悪いといわれるMBTIランキング

MBTI性格診断は、人々の性格を16種類に分類します。
それぞれの性格タイプには、魅力的な特徴とともに注意が必要なダークサイドが存在します。

以下は、一般的に「性格が悪い」とされるMBTIをランキング形式で紹介します。
ただし、このランキングはあくまで参考程度に捉えてください。

性格は固定されたものではなく、経験や環境によって変化することがあります。

順位MBTIタイプ
1位ESTJ
2位ENTJ
3位ESTP
4位ENTP
5位ESFJ
6位ENFJ
7位ESFP
8位ENFP
9位ISTJ
10位INTJ
11位ISTP
12位INTP
13位ISFJ
14位INFJ
15位ISFP
16位INFP

日本人に一番多いMBTIタイプはどのタイプなのでしょうか?
以下の記事で、MBTIのタイプ割合について解説しています。

関連記事

今、MBTI診断が世界中の若い人たちを中心に大流行しています。そんなMBTIには16種類の性格タイプがありますが、日本人にはどのタイプが一番多いのでしょうか?また、日本社会がMBTIタイプにどのような影響を与えているのでしょうか?[…]

おすすめ記事

AGA治療におすすめのクリニック22選近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはで[…]

性格が悪いランキング上位8タイプについて詳しく解説!

1位|ESTJ

ESTJは、外向的で感覚的で思考的で判断的な性格タイプです。
秩序や規律や論理を重視し、責任感や決断力やリーダーシップに優れています。
ESTJは、自分の考えや意見をはっきりと伝えることができ、物事を計画的に進めることができます。

また、現実的で実用的で効率的な方法を好み、伝統や慣習に従うことを尊重します。
さらに、自分や他人に厳しい基準を設け、目標や期限を達成することに情熱を持っています。

ESTJが性格が悪いといわれる理由

頑固で自己中心的で威圧的な態度
ESTJは、自分の考えや価値観が正しいと信じており、他人の意見や感情に対して無関心や無理解なことが多いです。
自分の思い通りに物事を進めようとし、反対や批判に対して敵対的や攻撃的になることがあります。

また、自分の権威や地位を強調し、他人に対して命令的や支配的な態度をとることがあります。

冷淡で無神経で無駄話が嫌いな様子
ESTJは、感情よりも論理を重視し、事実やデータに基づいて判断することを好みます。
自分や他人の感情に対して鈍感や無関心なことが多く、相手の気持ちを考えずに言葉を発することがあります。
彼らは、目的や効果のない話題や行動に対して興味がなく、無駄話や冗談が嫌いです。
保守的で変化に弱く柔軟性がない姿勢
ESTJは、伝統や慣習に従うことを尊重し、既存のルールや制度に従うことを好みます。
新しいアイデアや変化に対して抵抗感や不安感を持つことが多く、柔軟性や創造性に欠けることがあります。

そのため、自分の方法以外の方法に対して否定的や批判的になることがあります。

ESTJが周りの人と上手く関わるためのコツ

他人の意見や感情を尊重し、コミュニケーションを改善する
自分だけではなく他人の視点や価値観も理解しようと努める必要があります。
自分の考えや意見を伝えるときには、相手の反応や感情に配慮し、威圧的や攻撃的にならないように注意する必要があります。
他人に対しても敬意や信頼を示し、協力的や柔諾的な態度をとることが大切です。
感情を表現し、人間関係を深める
感情を抑え込んだり隠したりせずに、自分の気持ちや思いを素直に表現することが重要です。
自分や他人の感情に対しても敏感で共感的になることができるように心がける必要があります。
目的や効果だけではなく、楽しみや喜びも大切だと認識し、無駄話や冗談も楽しむことができるようになることが望ましいです。
変化に対応し、柔軟性や創造性を発揮する
伝統や慣習に固執せずに、新しいアイデアや変化に対してもオープンマインドで臨むことが必要です。
自分の方法だけではなく、他人の方法も試してみることができるようになることが大切です。
自分の知識や経験を活かしながらも、柔軟性や創造性を発揮することができるように挑戦することが望ましいです。

2位|ENTJ

ENTJ型の人は、外向的で直感的で思考的で判断的な性格を持っています。
決断力があり、勢いと達成感を好みます。
彼らは情報を収集して創造的なビジョンを構築しますが、行動に移す前に長くためらうことはほとんどありません。

生まれながらのリーダーで、カリスマと自信を兼ね備え、共通の目標に向かって人々をまとめる権威を発揮します。
しかし、ENTJ型の人は非情なほどに理性的でもあり、自分が設定した目的に向かって、自分のやる気、決意、鋭い知性を駆使して突き進む人たちです。

ENTJが性格が悪いといわれる理由

自分の考えが正しいと思い込んでいる
ENTJは、自分の考えや目標に対して非常に自信を持っています
それ自体は良いことですが、自分の考えが正しいと思い込んでしまうと、他人の意見や視点を聞くことができなくなります。

ENTJは、自分の考えに反対する人や、自分のペースについてこられない人を、無能だと判断し、見下したりすることがあります。
これは、周囲から性格が悪いと感じられる原因の一つです。

他人の感情を無視してしまう
ENTJは、物事を論理的に分析することが得意です。
しかし、その反面、他人の感情や価値観に対しては鈍感です。

ENTJは、自分の目標や計画を達成するためには、感情的な要素は邪魔だと考えます。
そのため、他人の気持ちを考慮せずに発言したり行動することがあります。
これは、周囲から冷たくて無神経だと感じられる原因の一つです。

自分のルールや基準を押し付ける

ENTJは、組織力やリーダーシップに優れています。
しかし、その反面、自分のルールや基準を押し付ける傾向があります。

ENTJは、自分が作った計画や方針に従ってもらうことを求めます。
そのため、他人の意見や提案を聞くことができなかったり、柔軟に対応することができなかったりすることがあります。

これは、周囲から頑固で威圧的だと感じられる原因の一つです。

ENTJが周りの人と上手く関わるためのコツ

他人の意見や視点を尊重する

ENTJは、自分の考えが正しいと思い込んでしまうことがあります。
しかし、自分の考えが正しいという保証はありません。
他人の意見や視点も有用な情報源です。
ENTJは、他人の意見や視点を尊重することで、自分の考えを広げたり深めたりすることができます。

また、他人の意見や視点を尊重することで、周囲との信頼関係や協力関係を築くことができます。

他人の感情や価値観を理解する

ENTJは、他人の感情や価値観に対して鈍感です。
しかし、感情や価値観は、人間の行動や判断に大きな影響を与えます。
ENTJは、他人の感情や価値観を理解することで、他人の動機やニーズを把握し、コミュニケーションの方法を変えたりすることができます。

また、他人の感情や価値観を理解することで、周囲との関係性や共感性を高めることができます。

自分のルールや基準を柔軟にする

ENTJは、自分のルールや基準を押し付けることがあります。
しかし、自分のルールや基準が常に最適なものではありません。
状況や条件によっては、自分のルールや基準が適切でない場合もあります。
ENTJは、自分のルールや基準を柔軟にすることで、他人の意見や提案を受け入れ、変化に対応したりすることができます。

また、自分のルールや基準を柔軟にすることで、周囲との協調性や創造性を向上させることができます。

3位|ESTP

ESTPは、現実的で行動力があり、冒険好きなタイプです。
自分の感覚に頼って物事を判断し、状況に応じて柔軟に対応します。

彼らは人との交流が得意で、場を盛り上げるムードメーカーです。
自分の能力に自信があり、チャレンジや競争を楽しみます。

また、直感的で機転が利き、問題解決能力が高いです。

ESTPが性格が悪いといわれる理由

計画性や規律性に欠ける
ESTPは、自分の興味や衝動に従って行動する傾向があります。
長期的な目標や計画を立てるのが苦手で、細かいルールや手順に縛られるのを嫌います。
自分のペースで物事を進めたいと思うため、期限や約束を守れないこともあります。
無責任・自己中心的に見える
ESTPは、自分の感情や欲求を優先することが多く、他人の気持ちや立場に配慮しないことがあります。

また、自分の行動や発言に対する責任をとらないこともあります。
さらに、他人に迷惑をかけても気づかないか、気にしないか、言い訳をします。

衝動的・無鉄砲に見える
ESTPは、危険やリスクを恐れず、新しいことに挑戦することが好きです。
自分の直感や勘に従って行動するため、後先考えずに失敗したり、トラブルに巻き込まれたりすることもあります。

また、自分の安全や健康を軽視し、法律や倫理を無視したりすることもあります。

ENTJが周りの人と上手く関わるためのコツ

計画性や規律性を身につける

ESTPは、自分の興味や衝動だけでなく、将来の目標や計画も考えるようにしましょう
期限や約束を守るためには、スケジュールやリストを作って管理することが大切です。
細かいルールや手順も必要な場合があることを認めて、従うようにしましょう。

責任感や配慮力を持つ

ESTPは、自分の感情や欲求だけでなく、他人の気持ちや立場も尊重するようにしましょう。
自分の行動や発言に対する責任をしっかりととるようにしましょう。
他人に迷惑をかけた場合は、謝罪や補償をすることが必要です。

衝動やリスクをコントロールする

ESTPは、危険やリスクを楽しむことは悪いことではありませんが、自分の安全や健康、法律や倫理を守ることも大切です。
自分の直感や勘だけでなく、論理や事実も考慮するようにしましょう。
後先考えずに行動する前に、メリットやデメリット、影響や結果を予測して、判断するようにしましょう。

4位|ENTP

ENTPは、創造的で知的、好奇心旺盛なタイプです。
自分の直感に頼って物事を分析し、新しいアイデアや可能性を見つけます。

また、人との議論が好きで、自分の考えを鋭く表現するディベーターです。
さらに、自分の知識やスキルに自信があり、挑戦や変化を楽しみます。

ユーモアがあり、楽しくて面白い人間関係を築くコミュニケーターです。

ENTPが性格が悪いといわれる理由

無神経・攻撃的に見える

ENTPは、自分の考えや意見を正しいと思い込み、他人との議論を楽しむことがあります。
自分の論理や知識を誇示したり、相手の間違いや弱点を指摘することがあります。

また、他人の感情や価値観に配慮しないこともあります。

浮気や不誠実に見える

ENTPは、新しいことに興味を持ちやすく、飽きやすい傾向があります。
自分の欲求や衝動に従って行動することもあります。
恋愛や友情においても、安定や深さよりも多様性や刺激を求めることがあります。

無責任・無計画に見える

ENTPは、自分の創造力や直感に頼って物事を進めることが多く、細部やルールにこだわらないことがあります。
長期的な目標や計画を立てるのが苦手で、期限や約束を守れないこともあります。

また、自分の行動や発言に対する責任をとらないこともあります。

ENTPが周りの人と上手く関わるためのコツ

配慮力や協調性を持つ

ENTPは、自分の考えや意見だけでなく、他人の感情や価値観も尊重するようにしましょう。
他人との議論では、自分の論理や知識を押し付けず、相手の視点や意見も聞くようにしましょう。

他人を傷つけたり怒らせないように気を付けましょう。

忠実・誠実になる

ENTPは、新しいことに興味を持つことは悪いことではありませんが、自分の欲求や衝動に従って行動することは問題がある場合があります。
恋愛や友情においても、安定や深さも大切だということを忘れないようにしましょう。
自分のパートナーや友人に対して、忠実・誠実であることを示すようにしましょう。

責任感や計画性を持つ

ENTPは、自分の創造力や直感に頼って物事を進めることは良いことですが、細部やルールも無視できないことがあります。
長期的な目標や計画を立てることも重要だということを認めて、スケジュールやリストを作って管理するようにしましょう。
自分の行動や発言に対する責任をしっかりととるようにしましょう。

5位|ESFJ

ESFJは、社交的で思いやりがあり、協力的なタイプです。
自分の感覚に頼って物事を判断し、伝統や慣習に従います。

また、人との関わりが得意で、自分が属するグループやコミュニティを大切にするコンサルタントです。
自分の役割や責任に忠実で、他人のニーズや期待に応えようとします。
さらに、温かくて親切で、他人を助けたり喜ばせるホスピタリストです。

ESFJが性格が悪いといわれる理由

干渉や束縛に見える

ESFJは、自分の価値観や基準を他人に押し付けることがあります。
さらに、他人の生活や選択に対して、細かく指示し、批判し、口出ししたりすることがあります。

自分のグループやコミュニティに対して、過度な期待や要求をすることもあります。

偏見や偏屈に見える

ESFJは、自分の感覚や経験に頼りすぎることがあります。
新しいことや変化に対して、否定的で保守的な態度をとることがあります。

自分と異なる考えや価値観を持つ人に対して、理解できないか、軽蔑するかします。

依存的・自己犠牲に見える

ESFJは、自分の感情や欲求を他人に左右されやすい傾向があります。
他人のニーズや期待に応えるために、自分の意見や希望を抑えたり、無理をすることがあります。

自分の価値を他人からの評価や承認で測ることもあります。

ESFJが周りの人と上手く関わるためのコツ

尊重や自由を持つ

ESFJは、自分の価値観や基準だけでなく、他人の考えや選択も尊重するようにしましょう。
他人の生活や選択に対して、細かく指示し、批判し、口出ししたりしないようにしましょう。

自分のグループやコミュニティに対しても、過度な期待や要求をしないようにしましょう。

柔軟性や開放性を持つ

ESFJは、自分の感覚や経験だけでなく、新しいことや変化も受け入れるようにしましょう。
新しいことや変化に対しても、肯定的で積極的な態度をとるようにしましょう。

自分と異なる考えや価値観を持つ人に対しても、理解しようとしたり、尊重するようにしましょう。

自立性や自己肯定感を持つ

ESFJは、自分の感情や欲求を他人に左右されないようにしましょう。
他人のニーズや期待に応えるためにも、自分の意見や希望を伝えたり、優先することが大切です。

自分の価値を他人からの評価や承認で測らないようにしましょう。

6位|ENFJ

ENFJは、理想的で情熱的、影響力があるタイプです。
自分の直感に頼って物事を分析し、自分のビジョンや価値観に従います。

また、人とのコミュニケーションが得意で、自分の思いや感情を魅力的に伝えるリーダーです。
自分の能力や魅力に自信があり、他人を動かし感化したりします。
さらに、優しくて思いやりがあり、他人の成長や幸せを支援するメンターです。

ENFJが性格が悪いといわれる理由

支配的や押し付けに見える

ENFJは、自分のビジョンや価値観を他人に共有したり実現することに熱心です。
他人に対して、自分の考えや意見を強く主張し、自分の目標や方針に従わせたりすることがあります。
他人の自主性や多様性を尊重しないこともあります。

矛盾や偽善に見える

ENFJは、自分の感情や感受性に左右されやすい傾向があります。
自分の気分や状況に応じて、自分の態度や言動を変えたり、自分の原則や信念を曲げたりすることがあります。

自分と異なる考えや行動を持つ人に対して、批判的で偏見的な態度をとることもあります。

依存的で過敏に見える

ENFJは、自分の関係や評判に敏感で神経質な傾向があります。
他人からの評価や承認を求め、他人の期待に応えようとしたりすることが多く、自分の意見や希望を抑えたり、無理をすることがあります。

他人からの批判や拒絶に対して、傷つきやすく反応しすぎることもあります。

ENFJが周りの人と上手く関わるためのコツ

協力性や寛容性を持つ

ENFJは、自分のビジョンや価値観だけでなく、他人の考えや選択も尊重するようにしましょう。
他人に対しても、自分の考えや意見を強く主張し、自分の目標や方針に従わせたりしないようにしましょう。

他人の自主性や多様性を認めて、協力的で寛容な態度をとるようにしましょう。

一貫性や誠実性を持つ

ENFJは、自分の感情や感受性だけでなく、自分の原則や信念も大切にするようにしましょう。
自分の気分や状況に応じても、自分の態度や言動を変えたり、自分の原則や信念を曲げないようにしましょう。

自分と異なる考えや行動を持つ人に対しても、批判的で偏見的な態度をとらず、一貫性と誠実性を持つようにしましょう。

自立性や自己肯定感を持つ

ENFJは、自分の関係や評判だけでなく、自分の意見や希望も大切にするようにしましょう。
他人からの評価や承認を求めたり、他人の期待に応えようとすることは必要ありません。
自分の意見や希望を伝えたり、優先することができます。

自分の価値を他人からの批判や拒絶で測らないようにしましょう。

7位|ESFP

ESFPは、陽気で楽観的、人生を楽しむタイプです。
自分の感覚に頼って物事を判断し、現在の状況に応じて対応します。

また、人との交流が得意で、自分の感情や経験を率直に表現するパフォーマーです。
自分の魅力や才能に自信があり、注目や称賛を受けることを楽しみます。

さらに、冒険好きで刺激を求め、新しいことに挑戦する冒険者です。

ESFPが性格が悪いといわれる理由

浅はかや軽薄に見える

ESFPは、自分の感情や衝動に従って行動することが多く、深く考えたり計画することが苦手です。
長期的な目標や意義よりも、短期的な楽しみや満足を優先することがあります。
自分の知識やスキルを向上させることに興味がないこともあります。

無責任で自己中心的に見える

ESFPは、自分の関心や欲求を優先することが多く、他人の気持ちや立場に配慮しないことがあります。
自分の行動や発言に対する責任をとらないこともあります。
他人に迷惑をかけても気づかないか、気にしないか、言い訳をします。

不安定で移り気に見える

ESFPは、自分の環境や状況に敏感で変化しやすい傾向があります。
自分の気分や感情に左右されやすく、一喜一憂したり、すぐに飽きることがあります。
恋愛や友情においても、安定や深さよりも多様性や刺激を求めることがあります。

ESFPが周りの人と上手く関わるためのコツ

思慮深さや真面目さを持つ

ESFPは、自分の感情や衝動だけでなく、深く考えたり計画することも大切だということを認めて、論理的思考や分析能力を身に付けるようにしましょう。
長期的な目標や意義も大切だということを忘れずに、自分の知識やスキルを向上させるために努力するようにしましょう。

責任感や配慮力を持つ

ESFPは、自分の関心や欲求だけでなく、他人の気持ちや立場も尊重するようにしましょう。
自分の行動や発言に対する責任をしっかりととるようにしましょう。
他人に迷惑をかけた場合は、謝罪や補償をすることが必要です。

安定性や忠実さを持つ

ESFPは、自分の環境や状況だけでなく、自分の気分や感情もコントロールするようにしましょう。
自分の気分や感情に左右されずに、一貫した態度や言動をとるようにしましょう。
恋愛や友情においても、安定や深さも大切だということを忘れないようにしましょう。

自分のパートナーや友人に対して、安定性や忠実さを示すようにしましょう。

8位|ENFP

ENFP型の人は、外向的で直感的で感情的で柔軟な性格を持っています。
自由奔放で想像力豊かな人たちで、新しいアイデアや可能性に興味を持ちます。

また、人とのつながりを大切にし、自分の感情や価値観を率直に表現します。
熱心で親切で共感力が高く、周りの人を励ましたり楽しませることが得意です。
さらに、ルーティンや細かいことには興味がなく、自分のやりたいことに没頭します。

常に新しい刺激や経験を求めて冒険心旺盛です。
自分の理想や夢を実現するために情熱的に行動します。

ENFPが性格が悪いといわれる理由

軽率で無責任な行動をすることがある

ENFP型の人は、自分の直感や感情に従って行動することが多く、計画性や論理性に欠けることがあります。
自分の興味や気分に流されて、軽率な決断や無責任な行動をすることがあります。

例えば、仕事や勉強を放棄して旅行に出かけたり、約束や期限を守らなかったり、責任を他人に押し付けることがあります。
これらの行動は、周りの人から信頼や尊敬を失う原因になります。

理想主義で現実的でないことがある

ENFP型の人は、理想主義で夢見がちな人たちです。
自分の考えや価値観に固執し、現実や他人の意見に目を向けないことがあります。
自分の理想や夢を実現するために情熱的に行動しますが、現実的な問題や困難に直面するとすぐに落胆したりあきらめることがあります。

また、自分の理想や夢を押し付けたり、他人の考えや価値観を否定したりすることもあります。
これらの態度は、周りの人から非現実的で頑固でわがままだと思われる原因になります。

気まぐれで不安定なことがある

ENFP型の人は、気まぐれで不安定な人たちです。
新しい刺激や経験を求めて冒険心旺盛ですが、一方で飽きっぽく移り気です。
興味や気分によって関心事や目標が変わることが多く、一貫性や継続性に欠けることがあります。

例えば、仕事や趣味を始めてもすぐに飽きて辞めたり、恋愛や友情においても相手に飽きて別れることがあります。
これらの行動は、周りの人から浅はかで不誠実だと思われる原因になります。

ENFPが周りの人と上手く関わるためのコツ

計画性や論理性を身につける

ENFP型の人は、自分の直感や感情に従って行動することが多いですが、それだけでは問題を解決したり目標を達成することは難しいです。
計画性や論理性を身につけることで、自分の行動や判断に根拠や目的を持つことができます。

例えば、仕事や勉強においては、目標や期限を明確にし、優先順位やスケジュールを立てて実行することが大切です。

また、自分の意見や決断においては、事実や根拠を確認し、他人の視点や反論も考慮することが重要です。

現実と他人を受け入れる

ENFP型の人は、理想主義で夢見がちな人たちですが、それだけでは現実や他人と上手く付き合うことはできません。
彼らは現実と他人を受け入れることで、自分の考えや価値観に柔軟性や寛容性を持つことができます。

例えば、自分の理想や夢に向かって行動する際には、現実的な問題や困難にも対処する能力や方法を身につけることが必要です。

また、自分の理想や夢を他人に伝える際には、他人の考えや価値観も尊重し、共感や協力を得るコミュニケーションスキルを磨くことが大切です。

一貫性や継続性を保つ

ENFP型の人は、気まぐれで不安定な人たちですが、それだけでは自分や他人に信頼されることはできません。
彼らは一貫性や継続性を保つことで、自分の関心事や目標に深みや成果を持たせることができます。

例えば、仕事や趣味においては、興味や気分だけでなく、自分の能力や適性も考慮して選ぶことが重要です。

また、恋愛や友情においては、相手に飽きたり別れる前に、相手の良い点や魅力を再発見し、関係を修復する努力をすることが必要です。

性格が合う合わないなど、相性についてもMBTIで見ることができます。
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

今、MBTIが韓国を中心に世界中の若い世代の中で流行っています。MBTIは、自己分析だけでなく、自分のMBTIと相手のMBTIをみて、相性が良いのか悪いのかを判断する材料としても活用できます。どんなタイプの人と仲良くなりやす[…]

スポンサーリンク

性格が良いMBTIランキング

以下では、性格が悪いといわれるのとは逆に、性格が良いといわれるランキングを紹介します。
あくまで一つの見解であり、性格が良いという基準は人によって異なるため、参考程度に捉えてください。

順位MBTIタイプ
1位INFJ
2位INFP
3位ENFJ
4位ENFP
5位ISFJ
6位ESFJ
7位ISFP
8位ESFP
9位ISTJ
10位ESTJ
11位ISTP
12位ESTP
13位INTJ
14位INTP
15位ENTJ
16位ENTP
健達ねっとECサイト

性格が悪い・良いMBTIランキングの目的

MBTIランキングは、一見すると人々の性格を「良い」または「悪い」で評価するもののように思えるかもしれません。
しかし、その真の目的はもっと深く、自己理解と人間関係の向上に重点を置いています。

自分や他人をランキングで評価しないこと

MBTIランキングは、あくまで参考の一つであり、それを使って自分や他人を評価したり、比較するものではありません
それぞれの性格タイプは、他のタイプと比較して優れているわけでも劣っているわけでもありません。

各タイプは独自の強みと弱みを持ち、それぞれが個々の状況で最適な役割を果たすことができます。

あくまで自己分析や人間関係に役立てるものであること

MBTIランキングの真の価値は、自己理解と人間関係の向上にあります。
それぞれの性格タイプが持つ特性を理解することで、自分自身や他人に対する理解を深めることが可能になります。

また、他人が異なる視点やアプローチを持つ理由を理解することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

MBTI割合ランキングについて、以下の記事でさらに紹介しています。

関連記事

MBTIの割合についてMBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、個人の性格を理解し、コミュニケーションスタイルや職業選択に関する洞察を提供するための有用なツールです。この心理学的な分類は、16の異なるタイ[…]

薬の使い方

性格が悪いといわれるMBTIランキングまとめ

ここまで性格が悪いといわれるMBTIランキングについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 性格が悪いといわれるMBTIランキングは、1位ESTJ、2位ENTJ、3位ESTP
  • 性格が悪いといわれる理由やランキングは、それぞれのタイプの弱みや他のタイプとの相性などによって個人差が生まれる
  • 周りの人と上手く関わるために、自分が持っている強みや弱みを理解し、それを意識しながら他人とコミュニケーションを取ることが大事

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク