ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>栄養>キャベツの栄養を最大限に!加熱・生食など最適な摂取方法は?

キャベツの栄養を最大限に!加熱・生食など最適な摂取方法は?

日常の食卓に欠かせない野菜といえば、キャベツ。
そのシンプルな外見からは想像できないほど、キャベツには私たちの健康に寄与するさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

では、キャベツの栄養を最大限に摂取できる方法はなんでしょうか?
また、キャベツの効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

本記事では、キャベツの栄養について以下の点を中心にご紹介します。

  • キャベツの栄養素とは
  • 紫キャベツと緑色のキャベツの栄養素の違い
  • キャベツの栄養で得られる効果

キャベツの栄養にご興味のある方はご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

栄養素について詳しく知りたい方は、下記の記事も合わせてお読みください。

関連記事

栄養素は、健康を保つために欠かせない成分です。栄養素には具体的にどのような働きがあるのか御存じですか。本記事では栄養素について、以下の点を中心にご紹介します。 五大栄養素とは 五大栄養素の働き 一日あたりの[…]

スポンサーリンク

キャベツの栄養素とは

キャベツは、低カロリーでありながら栄養豊富な野菜です。
キャベツに含まれる主要な栄養素について詳しく掘り下げます。

キャベツに含まれる主要な栄養素

キャベツは、美容と健康に欠かせない

  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • ビタミンK
  • カリウム
  • カルシウム

などの栄養素が豊富に含まれています。

下記は、キャベツ100gあたりに含まれる主要な栄養素とその効果を表でまとめました。

栄養素含有量(100gあたり)効果・特徴
ビタミンC41mgコラーゲンの生成を助け、美肌効果が期待できる。
抗酸化作用により活性酸素の生成を抑える。
食物繊維1.8g腸内環境を整え、便秘の改善に役立つ。
脂質や糖分の吸着・排出にも効果的とされる。
ビタミンK78μg血液の凝固作用に関わり、骨の健康維持にも寄与する。
カリウム200mg余分なナトリウムを排出し、血圧の調整に役立つ。
カルシウム量は少ないが含まれる骨や歯の健康維持に必要。
筋肉や神経の機能を正常に保つ。
マグネシウム量は少ないが含まれる骨の健康維持に寄与し、エネルギー産生やタンパク質合成に関わる。
葉酸78μg赤血球の生産を助け、細胞の新生に関与。
特に妊婦や妊娠を計画している女性に重要。
ビタミンB60.11mgエネルギー代謝に関わり、免疫機能の維持や赤血球の合成にも寄与。
キャベジン(ビタミンU)含まれるが量は特定されていない胃の粘膜の修復を促し、胃酸の分泌を抑える。
特に胃腸が弱っている際に効果的とされる。

この表は、キャベツに含まれる栄養素とその効果を簡潔にまとめたものです。
キャベツは低カロリーでありながら、これらの栄養素を豊富に含んでおり、健康維持に非常に役立つ野菜です。

また、これらの栄養素は、キャベツを生で食べることで最大限に活用できます。

以下の記事でも、キャベツの栄養について解説しています。

関連記事

キャベツにはビタミンCや食物繊維などの栄養が含まれています。また、キャベツを食べるとストレスの緩和や免疫力の向上などの効果があります。そもそもキャベツにはどんな栄養が含まれているのでしょうか?キャベツに含まれている栄養にはどんな効果[…]

スポンサーリンク

紫キャベツと緑色のキャベツの栄養素の違い

キャベツは色によって栄養素に大きな違いがあります。
紫キャベツと緑色のキャベツの栄養成分を比較し、それぞれの特徴や利点を探ります。

紫キャベツとは

紫キャベツは、その鮮やかな色合いからも分かるように、特有の栄養素を豊富に含んでいます。
紫キャベツはアントシアニンを豊富に含み、これが目の健康に良い影響を与えることが知られています。

また、ビタミンC、カリウム、リン、亜鉛などの栄養素も緑色のキャベツより多く含まれており、これらの栄養素は生活習慣病の予防や肌の調子を整える効果が期待できます。

紫キャベツと緑色のキャベツの違い

紫キャベツと緑色のキャベツの違いは以下の通りです。

紫キャベツと緑色のキャベツの違い|色素

紫キャベツ:鮮やかな紫色をしており、この色はアントシアニンというポリフェノールの一種によるもの。
緑色のキャベツ:一般的な緑色をしており、アントシアニンは含まれていない。

紫キャベツと緑色のキャベツの違い|栄養成分

紫キャベツ:ビタミンCが緑色のキャベツよりも多く含まれており、カリウム、リン、亜鉛も1.5倍、銅は2倍含まれている。
緑色のキャベツ:ビタミンKやカリウムなどの栄養素を含むが、紫キャベツほどの高濃度ではない。

紫キャベツと緑色のキャベツの違い|健康効果

紫キャベツ:アントシアニンによる抗酸化作用があり、目の健康や肌の調子を整える効果が期待できる。
緑色のキャベツ:健康維持に役立つ栄養素を含むが、紫キャベツ特有のアントシアニンによる効果はない。

紫キャベツと緑色のキャベツの違い|利用方法

紫キャベツ:生食が推奨され、サラダやマリネなどに利用されることが多い。
緑色のキャベツ:生食の他、炒め物やスープなど様々な調理法に適している。

これらの違いは、紫キャベツと緑色のキャベツが持つ独自の特性と栄養プロファイルに基づいています。

以下の記事では、ビタミンCについてさらに詳しく解説しています。
ビタミンCにはどのような効果があり、不足すると健康にどのような影響があるでしょうか?

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

キャベツは加熱と生どちらがいい?

キャベツを最も栄養価高く食べる方法はなんでしょうか?

キャベツの加熱と生食のそれぞれのメリットとデメリットを探り、どのようにしてキャベツの栄養を最大限に活用できるかを解説します。

キャベツの加熱調理

加熱調理によるキャベツの栄養価の変化について詳しく見ていきます。

キャベツに含まれる水溶性ビタミンは加熱によって減少する可能性がありますが、加熱によるメリットも存在します。

加熱することでキャベツのカサが減り、より多くの量を摂取できるようになります。
また、加熱によってアクやくさみが取れ、食感が柔らかくなるため、食べやすくなります。

キャベツの生食

キャベツを生で食べる場合の栄養価と注意点について解説します。
生で食べることによって、水溶性ビタミンなどの栄養素を失わずに摂取できます

しかし、生食する際には水にさらしすぎないことが重要です。
水に長くさらすと、水溶性の栄養素が流出してしまう可能性があります。

AGA

キャベツと白菜の栄養素の違い

キャベツと白菜は見た目が似ていますが、栄養面での違いはどのようなものでしょうか?

キャベツと白菜の栄養価を比較し、それぞれの特徴や健康への効果について詳しく解説します。

キャベツと白菜の栄養成分比較

下記では、キャベツと白菜の違いを表にまとめました。

特徴キャベツ白菜
栄養素ビタミンCが豊富
キャベジン(ビタミンU)を含む
カロテン(ビタミンA)が豊富
イソチオシアネートを含む
カロリー約23kcal/100g約14kcal/100g(水分が多く低カロリー)
健康効果肌の健康、免疫力向上、胃腸の健康に良い影響を与えるがん予防、動脈硬化の予防に効果的とされる
アミノ酸多種類のアミノ酸を含む
水溶性ビタミンビタミンCが特に豊富
脂溶性ビタミンカロテン(ビタミンA)が特に豊富
特有成分キャベジン(ビタミンU)イソチオシアネート

この表は、キャベツと白菜の主要な栄養素と健康効果の違いを簡潔にまとめたものです。
白菜は水分が多く、低カロリーであることも特徴です。

そもそもカロリーとはどのように計算されるのでしょうか?
カロリーについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

基礎代謝・摂取カロリーについて基礎代謝は人間が生活していく上で最低限必要なエネルギーのことです。ダイエットを成功させるためには、基礎代謝と摂取カロリーを考えて進めていくことが重要です。では基礎代謝と摂取カロリーはどのような関係性[…]

キャベツと白菜の健康効果

キャベツと白菜は、それぞれが持つ栄養成分により、異なる健康効果を説明します。

キャベツはビタミンCが豊富で、肌の健康や免疫力向上に役立ちます。
また、キャベジンの含有により胃腸の健康にも良い影響を与えます。

一方、白菜に含まれるイソチオシアネートは、がん予防や動脈硬化の予防に効果的とされます。

キャベツの原種に近いとされるケールですが、その栄養価の高さから「野菜の王様」と称されるほどの食材です。
ケールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ケールはその豊富な栄養価で知られ、健康や美容に関心のある多くの人々から注目を集めています。しかし、その具体的な栄養成分やその効果については、まだ十分に理解されていないかもしれません。しかし、ケールの栄養を最大限に引き出すためには[…]

健達ねっとECサイト

キャベツの栄養で得られる効果

キャベツは、その栄養価の高さから「食べる薬」とも呼ばれています。
キャベツに含まれる栄養素と、それによって得られる健康効果について詳しく解説します。

キャベツに含まれる栄養素

キャベツには、ビタミンA、B群、C、K、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛など、多くの栄養素が含まれています。
特に、ビタミンCの含有量は非常に高く、風邪の予防や疲労回復、美肌効果などが期待できます。

また、ビタミンU(キャベジン)は胃の粘膜を修復し、胃痛や胃のむかつきなどに効果があるとされます。

キャベツの栄養による健康効果

キャベツの栄養素は、

  • 便秘解消
  • 糖尿病の予防
  • がんの予防
  • 胃痛の改善

など、さまざまな体の不調を改善、予防する効果が期待できます。

特に、ビタミンCは免疫機能の維持に欠かせない栄養素であり、ビタミンUは胃腸の粘膜を守る効果があります。
また、ビタミンKは骨の健康に必要な栄養素で、食物繊維は腸内環境を整える効果があるとされます。

ビタミンKにはどのような効果があるのでしょうか?
以下の記事で、ビタミンKについて詳しく解説しています。

薬の使い方

栄養が豊富なキャベツの選び方

キャベツは日本の食卓に欠かせない野菜であり、その栄養価の高さは多くの人に知られています。
栄養豊富なキャベツを選ぶためのポイントについて詳しく解説します。

キャベツの種類と特徴

キャベツにはさまざまな種類があり、季節ごとに栽培される品種が異なります。
下記では、キャベツの種類と特徴、適した料理を表でまとめました。

キャベツの種類特徴適した調理法
寒玉キャベツ(冬キャベツ)寒さに強く、甘みが強い
葉が密集していて硬め
煮込み料理、ロールキャベツなど
春玉キャベツ(春キャベツ)葉が柔らかく、甘みと苦みのバランスが良く、水分が多めサラダ、軽い炒め物
高原キャベツ(夏キャベツ)熱に強く、夏場に栽培される
シャキシャキした食感
生食、サラダ
紫キャベツアントシアニンを豊富に含む
色鮮やかで、抗酸化作用が期待される
サラダ、ピクルス
グリーンボール小ぶりで丸い形状
葉が柔らかく、甘みがある
サラダ、蒸し料理
芽キャベツ小さな球状で、葉が密集している
独特の風味があり、栄養価が高い
蒸し物、グリル、炒め物

それぞれのキャベツには独自の特性があり、季節や料理に応じて選ぶことで、その特徴を最大限に活かすことができます。

栄養豊富なキャベツの選び方

栄養豊富なキャベツを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

重さと密度

重くて密度の高いキャベツを選びます。
重さは新鮮さと栄養価の高さを示しており、葉がしっかりと詰まっているほど良質です。

色と外見

新鮮なキャベツは、鮮やかな緑色をしています。
色が濃く、葉にハリがあるものを選びましょう。
外葉に傷や黒ずみがなく、健康的な外見をしているものが望ましいです。

外葉の状態

外葉が多少枯れていても、内部がしっかりしていれば問題ありません。
外葉は保護の役割を果たしているため、多少の枯れは自然なことです。

軸の部分

軸の切り口をチェックします。
新鮮なキャベツは軸の部分が湿っており、色が明るい緑色をしています。
軸が乾燥していたり、茶色く変色している場合は、古い可能性があります。

カットされたキャベツの場合

カットされたキャベツを選ぶ場合も、色と軸の状態をチェックします。
切り口が乾燥していないこと、色が鮮やかであることを確認します。

季節と産地

季節に応じたキャベツを選ぶことも大切です。
例えば、春には春キャベツ、冬には冬キャベツを選ぶと良いでしょう。
産地によっても味や質が異なるため、産地情報も参考にすると良いです。

これらのポイントに注意してキャベツを選ぶことで、栄養価の高い、新鮮で美味しいキャベツを手に入れることができます。

キャベツの栄養を摂れる簡単レシピ

キャベツは栄養豊富で、さまざまな料理に活用できる便利な野菜です。
キャベツの栄養を最大限に活用できる簡単レシピを紹介し、健康的な食生活をサポートします。

キャベツの栄養成分とその活用法

キャベツにはビタミンC、ビタミンK、食物繊維などが豊富に含まれています。
これらの栄養素は、免疫力の向上や消化器系の健康維持に役立ちます。

生で食べることでビタミンCを逃さず摂取でき、加熱することで食物繊維をより多く摂れます

栄養を逃さない簡単キャベツレシピ

キャベツの栄養を逃さないための簡単レシピを紹介します。

シンプルキャベツサラダ

  1. キャベツを薄くスライスします。
  2. スライスしたキャベツをボウルに入れ、塩少々を加えて手で軽くもみます。
  3. オリーブオイル、レモン汁、塩、コショウで味付けをし、よく混ぜ合わせます。
  4. 蔵庫で少し冷やしてから、お好みでトッピングを加えて完成です。

キャベツのスープ

  1. キャベツをざく切りにします。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、切ったキャベツを炒めます。
  3. キャベツがしんなりしてきたら、水または野菜スープを加えます。
  4. 塩、コショウで味を調え、キャベツが柔らかくなるまで煮込みます。
  5. 最後に、お好みでハーブを加えて完成です。

キャベツの炒め物

  1. キャベツをざく切りにします。
  2. フライパンに油を熱し、キャベツを炒めます。
  3. キャベツがしんなりしてきたら、醤油、みりん、砂糖で味付けをします。
  4. さらに炒めて、キャベツが柔らかくなったら完成です。

キャベツにも豊富に含まれている食物繊維ですが、1日の摂取量はどのくらいでしょうか?

食物繊維の摂取量について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

「食物繊維は体に良いから摂るように」ってよく言われますよね。整腸作用を持つことでよく知られる食物繊維。その他にどんな効果があるのか、どの食品から摂ればよいのか、必要な摂取量はどのくらいなのか、不足するとどうなるのか、いろいろ知り[…]

スポンサーリンク

キャベツの栄養に関するよくある質問|Q&A

キャベツの栄養に関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

キャベツを生で食べるとどんな効果があるの?

生でキャベツを食べると、ビタミンCやビタミンUを最大限に摂取できます。
これらの栄養素は免疫力の向上や胃腸の健康維持に役立ち、加熱による栄養素の損失を防ぎます。

キャベツは一日どれくらい食べると良いですか?

一日に摂取するキャベツの量は、約100gが目安です。
これはビタミンや食物繊維を適量摂取するのに適した量で、過剰摂取を避けつつ栄養バランスを保つのに役立ちます。

キャベツを茹でると栄養がなくなりますか?

キャベツを茹でると、水溶性のビタミンCは減少する可能性がありますが、食物繊維はそのまま残ります。
短時間の加熱や蒸し調理が栄養素の損失を最小限に抑える方法です。

キャベツは肌にどんな効果があるの?

キャベツに含まれるビタミンCは、肌のコラーゲン生成を助け、美肌効果をもたらします。
また、抗酸化作用により肌の老化防止にも役立ちます。

スポンサーリンク

キャベツの栄養まとめ

今回はキャベツの栄養についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • キャベツには、ビタミンC、食物繊維、ビタミンK、カリウム、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれている
  • 紫キャベツと緑色のキャベツの違いは、色素の違い、栄養成分の違い、健康効果の違い、利用方法の違いがある
  • キャベツの栄養で得られる効果は、便秘解消、糖尿病の予防、がんの予防、胃痛の改善

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク