ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>GABAの効果とは?安全性、おすすめの摂取法など徹底解説!

GABAの効果とは?安全性、おすすめの摂取法など徹底解説!

近年、ストレス社会と呼ばれる現代において、心身の健康を保つ方法として「GABA(ギャバ)」が注目されています。

多くの人が日々の疲れや不安を感じながらも、その解消法を模索しています。
GABAは、私たちの脳内で自然に生成される神経伝達物質であり、リラックス効果やストレス軽減など、心身の健康に対して多くの利点があるといわれています。

しかし、「GABAの効果は本当に科学的に証明されているのか?」「どのようにしてGABAを効果的に摂取すればいいのか?」といった疑問が生じます。
そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • GABAとは何か
  • GABAを含む食品やサプリメントの選び方
  • GABAの安全性と副作用について

この記事を最後まで読むことで、GABAに関するあなたの疑問が解消され、日々の健康管理に役立つ情報を得られます。

この記事の監修・取材協力

さわだクリニック 院長

澤田 樹佳 先生

2002年に 金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を手掛ける。

コラムや監修で健康・美容の正しい知見を広めるために積極的に活動している。

クリニック公式HPはこちら

スポンサーリンク

GABA(ギャバ)とは?基本的な知識を解説

GABA(ギャバ)、またはγ-アミノ酪酸は、私たちの体内に広く存在する天然アミノ酸の一つです。
主に脳や脊髄で抑制性の神経伝達物質として機能し、興奮を鎮めたりリラックスをもたらす役割を果たしています。

この成分は、ストレス対策や健康維持に役立つことから、近年多くの研究や注目を集めています。

GABAの科学的定義

GABAは、その化学名であるγ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略称です。
1950年に哺乳類の脳から発見されたこの物質は、たんぱく質を構成しないアミノ酸の一種であり、動植物界に広く分布しています。

高等動物の脳内では、抑制性の神経伝達物質として機能し、脳機能の改善や血圧の調整などに関与していることが知られています。
GABAは、交感神経の活動を抑え、血管の収縮を促すノルアドレナリンの分泌を抑制することにより、血圧を低下させる効果があると考えられています。

GABAの役割と重要性

GABAは、脳内で抑制系の神経伝達物質として重要な役割を果たしています。
ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせることで、リラックス状態をもたらす作用があります。

現代社会ではストレスが常に存在し、体内のGABAは常に不足しやすい状態にあります。
GABAが不足すると、リラックスできずに精神的な緊張感が続くことになります。

そのため、食品やサプリメントからGABAを摂取することで、ストレス軽減や健康維持に役立てられます。

GABAの発見とその歴史

GABAは1950年に哺乳動物の脳から初めて抽出され、その後の研究で神経中枢で働く抑制系の代表的な神経伝達物質であることが明らかになりました。
1961年には、GABAを主成分とした医療用医薬品が承認され、1984年頃にはGABAを多量に含むお茶が開発され、その健康効果が広く知られるようになりました。

現在も、GABAはその優れた効果から大きな注目を集め、食品や医薬品への応用が進んでいます。

スポンサーリンク

GABAの効果とは?

GABAには、仕事や勉強などによる一時的・精神的な負荷によるストレスや疲労感を緩和する、機能があることが報告されています。

また、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。

GABAの効果について、以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事

GABAにはさまざまな健康効果が期待されています。最近は、GABAを配合した食品・加工品なども多数登場しています。GABAに期待できる効果とは具体的にどのようなものなのでしょうか。本記事では、GABAについて以下の点を中心に[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

GABAによる睡眠の質の向上方法

睡眠は私たちの健康と日常生活に不可欠な要素です。
近年、GABA(ギャバ)という成分が睡眠の質を向上させることに注目が集まっています。

以下では、GABAがどのようにして睡眠を改善するのか、そしてその効果を最大限に引き出すためのテクニックについて掘り下げていきます。

GABAと睡眠の科学

GABA(γ-アミノ酪酸)は、脳内の主要な抑制性神経伝達物質の一つで、私たちの睡眠サイクルに大きな影響を与えます。
研究によると、GABAは脳内での神経活動を鎮静化させ、リラックスした状態を促進することで、睡眠の質を向上させることが示されています。

特に、GABAは睡眠の初期段階である入眠をスムーズにし、深い睡眠を促進することで、全体的な睡眠の質を高めると考えられています。
また、GABAはストレスや不安を軽減する効果もあり、これが睡眠の質の向上に寄与するとされています。

GABAを利用した睡眠改善テクニック

GABAの摂取は、サプリメントや特定の食品を通じて可能です。

例えば、GABAを豊富に含む食品には、発酵食品や全粒穀物、緑茶などがあります。
また、就寝前にGABAサプリメントを摂取することで、睡眠の質を向上させることが期待できます。

重要なのは、GABAの摂取を日常のリラックスルーチンに組み込むことで、自然に睡眠の質が向上するような環境を整えることです。
リラックスを促進する活動としては、軽い読書やアロマセラピー、深呼吸などがおすすめです。

睡眠改善のための生活習慣の調整

GABAの効果を最大限に引き出すためには、日々の生活習慣の見直しも重要です。
良質な睡眠を得るためには、

  • 定時に就寝すること
  • カフェインやアルコールの摂取を控えること
  • 適度な運動を日常に取り入れること

が推奨されます。
また、就寝前のスクリーンタイムを減らし、寝室を快適な環境に整えることも、睡眠の質を向上させるためには不可欠です。

これらの生活習慣の調整により、GABAの自然な効果をサポートし、より深い睡眠を促進できます。

GABAの睡眠への効果について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

GABAは近年注目されている健康食品の1つです。GABAには、ストレス緩和や高血圧の予防などさまざまな作用があるとされています。特に睡眠の質向上の効果が期待されます。より効果的にGABAを摂取する方法はあるのでしょうか?[…]

スポンサーリンク

GABAの血圧への効果

Man check blood pressure monitor and heart rate monitor with digital pressure gauge. Health care and Medical concept

GABA(ギャバ)は、近年、高血圧管理におけるその有効性で注目を集めています。
この天然アミノ酸が、どのようにして血圧に影響を及ぼし、高血圧のリスクを軽減するのかを探ります。

GABAの血圧調整機能

GABA(ギャバ)、またはγ-アミノ酪酸は、主に中枢神経系で見られる重要な神経伝達物質です。
その主な役割は、神経系の過剰な興奮を抑制し、精神を安定させることにあります。
しかし、GABAの影響はこれにとどまらず、血圧調整においても重要な役割を果たします。

GABAは血管収縮を促すノルアドレナリンの分泌を抑制することで、血管の拡張を促し、血流を改善します。
この作用により、高めの血圧を自然に下げる助けとなるのです。

さらに、GABAはストレス反応を減少させることで、間接的に血圧に良い影響を与えることが示されています。
ストレスが高血圧の一因となることはよく知られており、GABAがこのストレスを軽減することで、血圧の上昇リスクを減少させるのです。

GABAを利用した血圧管理法

GABAを血圧管理に取り入れる方法は多岐にわたります。

自然界に広く存在するこの成分は、特に発芽玄米や発酵食品、一部の野菜や果物に豊富に含まれています。
これらの食品を日常的に摂取することで、体内のGABAレベルを自然に高め、血圧の健康をサポートできます。

また、GABAはストレス軽減にも効果的であり、ストレスが高血圧に与える影響を考えると、この点でもGABAの摂取は有益です。
さらに、GABAを含むサプリメントの利用も一つの方法ですが、ここで重要なのは、自然な形でGABAを摂取することの価値を理解し、バランスの取れた食生活を心がけることです。

健達ねっとECサイト

GABAを多く含む食品とは?

GABA(ギャバ)は、ストレス軽減や睡眠の質の向上など、私たちの健康に多くのメリットをもたらす成分です。
この成分は、特定の食品に自然に含まれており、日常的に摂取することで、その恩恵を受けることが可能です。

ここでは、GABAを豊富に含む食品とその取り入れ方、選び方のポイントを紹介します。

GABAを豊富に含む食品

GABAは、特定の食品に自然に含まれています。
例えば、

  • 発芽玄米
  • お茶
  • キムチ
  • トマト
  • 大豆
  • じゃがいも
  • かぼちゃ

などがその一例です。
これらの食品は、日常的に手に入りやすいものがほとんどです。

発酵食品発芽した穀物には、GABAがより多く含まれている傾向があります。
発酵や発芽の過程で、GABAの量が自然に増加するため、これらの食品を積極的に食事に取り入れることが推奨されます。

GABA食品の日常での取り入れ方

GABAを含む食品を日常に取り入れるには、食事の計画にこれらの食品を組み込むことが重要です。

例えば、朝食に発芽玄米を基にしたお粥や、昼食にトマトとキムチを使ったサラダ、夕食に大豆を含む料理を取り入れるなど、一日を通してバランスよくGABAを含む食品を摂取することが理想的です。

また、お茶を飲む習慣をつけることも、手軽にGABAを摂取する良い方法の一つです。

GABA食品選びのポイント

GABAを多く含む食品を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくと良いでしょう。

まず、可能であればオーガニックや無農薬の食品を選ぶことで、より健康的にGABAを摂取できます。
また、発酵食品や発芽穀物を選ぶ際には、発酵や発芽の程度がGABAの含有量に影響を与えるため、製品情報を確認することも大切です。

日々の食事にこれらの食品をバランスよく取り入れることで、GABAの摂取量を自然に増やせます。

薬の使い方

GABAサプリメントの選び方と摂取のポイント

GABA(ギャバ)は、睡眠の質を高めたり、ストレスを軽減する効果が期待できるアミノ酸です。
市場には様々なGABAサプリメントがあり、どれを選べば良いか迷うことも少なくありません。

以下では、GABAサプリメントの種類、選び方、そして安全な摂取方法について解説します。
適切なサプリメントを選び、効果的に摂取することで、健康維持に役立てましょう。

GABAサプリメントの種類

市場には様々なGABAサプリメントがあり、それぞれに特徴があります。
主に、カプセルタイプ錠剤タイプ粉末タイプ、そして飲料タイプが存在します。

カプセルタイプや錠剤タイプは持ち運びに便利で、粉末タイプや飲料タイプは水やお茶に溶かして摂取できます。

また、GABA以外にもリラックス効果を持つ成分を含む製品もあり、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことが重要です。
例えば、睡眠の質を高めたい場合は、テアニンやトリプトファンを併せて含む製品がおすすめです。

サプリメントの選び方

効果的なGABAサプリメントを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

まず、GABAの含有量を確認しましょう。
一般的に、1日あたりの推奨摂取量は明確に定められていませんが、20mg以上のGABAが含まれている製品が適切とされています。

また、GABA以外の成分にも注目し、リラックス効果や睡眠の質の向上に役立つ成分が含まれているかをチェックすることも大切です。

さらに、製品の品質を保証するGMP認証を受けているかどうかも確認しましょう。

サプリメントの安全な摂取方法

GABAサプリメントを安全に摂取するためには、まず製品に記載されている摂取量の指示に従うことが最も重要です。
過剰摂取は避け、推奨されている量を守りましょう。

また、サプリメントの摂取は、バランスの取れた食事の補助として考え、食事からもGABAを含む食品(トマトや発酵食品など)を積極的に摂取することが推奨されます。

さらに、サプリメントを摂取する時間帯も重要で、睡眠の質を高めたい場合は就寝前の摂取が効果的です。

GABAチョコレート|甘い誘惑に隠された健康効果

GABAチョコレートは、ただの甘いおやつではありません。

このチョコレートには、ストレス軽減やメンタルバランスの改善に役立つγ-アミノ酪酸(GABA)が含まれています。
日常の小さなストレスから解放されたい方にとって、GABAチョコレートは理想的な選択肢となり得ます。

GABAチョコレートとは

GABAチョコレートは、γ-アミノ酪酸(GABA)を豊富に含むチョコレートで、心理的なストレスの低減やメンタルバランスの改善に効果があるとされています。
GABAは自然に存在するアミノ酸の一種で、人間の脳内でも生成されています。

この成分は、神経系の活動を抑制することでリラックス効果をもたらし、ストレスや不安を軽減します。
特に、事務的な作業による一時的・心理的なストレスを低減する機能があると報告されており、チョコレート100gあたり280mgのGABAを含有しています。
これにより、日常生活の中で感じるストレスをやわらげる手助けとなるのです。

GABAチョコレートの効果的な摂取方法

GABAチョコレートの効果を最大限に引き出すためには、適切な摂取方法が重要です。
このチョコレートは、一口サイズで手にべたつかず、デスクワークの合間や移動中にも手軽に摂取できるように設計されています。

効果的な摂取方法としては、ストレスを感じやすい作業を行う前や、一日の終わりにリラックスしたい時など、心理的なストレスを感じる瞬間に摂取することが推奨されます。

また、持ち運びに便利なパウチタイプであるため、必要な時にいつでも摂取できるようにしておくと良いでしょう。
過剰摂取を避け、バランスの取れた食生活の一環として楽しむことが大切です。

他のGABA食品との比較

GABAチョコレートは、他のGABAを含む食品と比較しても、その利便性と美味しさで際立っています。
多くのGABA食品は、健康効果を重視するあまり、味や食感が犠牲になることがあります。

しかし、GABAチョコレートは、GABAパウダーの風味を損なわずに、カカオの豊かな風味とミルクの濃厚な味わいを活かした2種類のチョコレートを提供しています。
これにより、健康を意識しながらも、チョコレート本来の美味しさを楽しめます

また、小さめサイズで丸みを帯びた形状は、オフィスや移動中でも食べやすく、急な電話がかかってきても対応しやすいという配慮がされています。

これらの特徴は、GABAチョコレートを他のGABA食品と比較しても、日常生活に取り入れやすく、ストレス軽減の手段として選ばれる理由となっています。

スポンサーリンク

GABAの副作用と安全性

GABA(ガンマアミノ酪酸)は、ストレス軽減や睡眠の質向上など、多くの健康効果が期待されています。

しかし、その摂取には副作用や安全性に関する懸念もあります。

GABA摂取時の潜在的な副作用

GABAの摂取は一般的に安全とされていますが、過剰摂取すると胃腸トラブルや疲労感の増大などの副作用が報告されています。
特に、持病を持つ方や妊娠・授乳中の方は、GABAの摂取に際して注意が必要です。

摂取量の目安は1日30〜100mgとされており、普段の食事から摂取する量は限られています。
サプリメントを利用する際は、適切な摂取量を守ることが重要です。

GABAは、リラクゼーション効果や睡眠の質の向上、心理的・身体的なストレスと不安の軽減など、多くのメリットを提供します。
しかし、潜在的な副作用には

  • 胃腸の問題
  • のどの焼けるような感覚
  • 疲労
  • 筋力の低下
  • 高用量摂取時の息切れ

などが含まれます。

安全性評価テストでは、1日120mgのGABAサプリメントを12週間摂取しても深刻な副作用は見られませんでしたが、サプリメントの摂取前には医師と相談することが推奨されます。

GABAの安全性に関する研究

GABAの安全性に関する研究は、その利用が広がるにつれて増加しています。
GABAは基本的に副作用の心配が少ないとされていますが、過剰摂取による潜在的なリスクも指摘されています。

特に、経口摂取の効果に関しては、GABAが血中に取り込まれても脳には届かないという説があります。
腸にはGABAの受容体が存在し、経口摂取によっても自律神経の働きが整うことを示す研究結果もあります。

スポンサーリンク

GABAの経口摂取|効果は本当にあるのか?

GABA(ギャバ)は、睡眠不足やストレスの軽減に効果があるとされ、サプリメントや食品に配合されています。

しかし、その効果には様々な意見があり、科学的な根拠や体内での吸収率についても議論があります。

GABAの経口摂取と体内吸収

GABAは、脳内で自然に生成される神経伝達物質で、リラックス効果やストレス緩和、睡眠の質の向上などに関与しています。

しかし、経口摂取されたGABAが脳に直接影響を与えるかについては、科学的な議論があります。
脳血液関門(BBB)を通過できないため、経口摂取したGABAが直接脳に作用することは難しいとされています。

それでも、GABAを含む食品やサプリメントの摂取が体内のGABA濃度を間接的に影響する可能性があります。
例えば、腸内環境の改善や自律神経のバランス調整を通じて、結果的にリラックス効果や睡眠の質の向上に寄与すると考えられています。

重要なのは、GABAの摂取が直接的ではなく、体内の複雑なメカニズムを通じて間接的に効果を発揮する可能性があるという点です。

効果を感じるための条件

GABAの経口摂取が効果を発揮するためには、いくつかの条件が関係しています。

まず、GABAの摂取量が重要です。
一部の研究においては、一定量以上のGABA摂取が必要であることが示されていますが、その量は個人差や体内での吸収率によって異なります。

また、GABAの効果を実感するためには、継続的な摂取が推奨されています。
短期間の摂取では顕著な効果が見られない場合もあり、2週間以上の継続摂取が効果を感じるための一つの目安とされています。

さらに、GABAの効果は、摂取するタイミングや他の栄養素との組み合わせ、個人の生活習慣やストレスレベルによっても変わる可能性があります。
例えば、ビタミンB6と一緒に摂取することで、GABAの体内での利用効率が向上するとされています。

また、規則正しい睡眠習慣やストレス管理も、GABAの効果を最大限に引き出すために重要な要素です。

スポンサーリンク

GABAのまとめ

ここまでGABAについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • GABAとはγ-アミノ酪酸の略称で、抑制性の神経伝達物質として機能し、脳機能の改善や血圧の調整、血圧を低下させる効果があるとされている
  • GABAを含む食品やサプリメントの選び方として、穀物がGABAを多く含んでいるため、普段は日常的な食材から、不足を感じた際は含有量が多く、GMP認証を受けているサプリメントで不足分を補うなどすると良い
  • GABAは現状、過剰摂取による深刻な副作用は報告されていないが、副作用が無いとはが限らないので、1日30〜100mgを摂取量目安としてこれを超えないように気をつけると良い

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

健達ねっと公式商品のご紹介【健達GABA+テアニン】

健達ねっとから発売されている「健達GABA+テアニン」は、現代人のストレスフルな生活をサポートするためのサプリメントです。

健達GABA+テアニンは、血圧が高めの方の健康をサポートするだけでなく、ストレスや疲労感の軽減にも効果的とされます。

このサプリメントに含まれるγ-アミノ酪酸(GABA)は、神経系の活動を穏やかにし、ストレスによる影響を抑える働きがあります。
これにより、日々の生活における緊張感が和らぎ、リラックスした状態を促進します。

一方、L-テアニンはお茶にも含まれるアミノ酸で、心理的なストレスを軽減し、集中力やリラクゼーションを高める効果が知られています。

GABAとテアニンの組み合わせは、特に夜間の良質な睡眠をサポートするため、不眠に悩む方にも推奨されます。
良い睡眠は、疲労回復や次の日のパフォーマンス向上に直結します。

また、健達GABA+テアニンは、飲みやすい分包形式で提供されており、日々の摂取が非常に便利です。

総合的に見て、健達GABA+テアニンは、

  • 高血圧の管理
  • ストレス緩和
  • 良質な睡眠

の3つの側面で現代人の健康をサポートする、効果的なサプリメントと言えます。
これにより、日常生活の質が向上し、より充実した毎日を送ることができるでしょう。

商品名健達GABA+テアニン
料金1,980円
内容量30g (1,000mg×30袋)
原材料名デンプン分解物(国内製造)、GABA/グリシン、L-テアニン
1日摂取目安量1日1袋
摂取方法水またはぬるま湯などでお召し上がりください。

 

公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

さわだクリニック院長

澤田 樹佳さわだ きよし

日本泌尿器科学会
日本EE学会
日本癌治療学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本EE学会
  • 日本癌治療学会

スポンサーリンク