ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>テアニンの効果と安全性|おすすめの摂取方法や副作用など徹底ガイド

テアニンの効果と安全性|おすすめの摂取方法や副作用など徹底ガイド

近年、健康とウェルネスに対する関心が高まる中、日常のストレスや睡眠の質に悩む人々が増えています。
特に、自然由来の成分に注目が集まっており、その中でも「テアニン」が話題となっています。

テアニンは、お茶を飲んだときのリラックス感や集中力の向上をもたらすといわれています。
このような効果に共感し、テアニンを意識して摂取しようと考える人は少なくありません。

しかし、テアニンにはどのような科学的根拠があるのでしょうか?
効果だけでなく、副作用や適切な摂取量についても気になるところです。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • テアニンの基本情報
  • テアニン摂取時の安全性と副作用
  • 日常生活でテアニンを効果的に摂取する方法

テアニンの全貌を理解し、あなたの健康とウェルネスにどのように役立てられるのか、最後までぜひご一読ください。

この記事の監修・取材協力

さわだクリニック 院長

澤田 樹佳 先生

2002年に 金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を手掛ける。

コラムや監修で健康・美容の正しい知見を広めるために積極的に活動している。

クリニック公式HPはこちら

スポンサーリンク

テアニンとは?

テアニンは、私たちの日常に密接に関わる成分であり、特に緑茶に多く含まれることで知られています。
このアミノ酸は、緑茶特有の旨味成分として、リラックス効果や集中力の向上に寄与するとされています。

高級なお茶に多く含まれるテアニンは、味の質を高めるだけでなく、心身の健康にも良い影響を与えることが期待されています。
以下では、テアニンの基本情報とその魅力について、科学的な視点と日常生活での活用方法を踏まえて解説します。

テアニンとは

テアニンは、化学的にはγ-グルタミルエチルアミドという構造を持つアミノ酸で、特に緑茶に豊富に含まれています。
この成分は、緑茶が持つ独特の旨味の源であり、リラックス効果を促進することで知られています。

テアニンの分子構造は、その機能性に大きく寄与しており、脳内でのα波の活動を促進することにより、リラックス状態を引き起こすとされています。
この作用は、ストレスが多い現代社会において、精神的な安定や集中力の向上に役立つと考えられています。
また、テアニンはその構造から、味覚にも影響を与え、食品や飲料において味の質を向上させる効果も持っています。

テアニンが含まれる食品とその含有量

テアニンは、緑茶をはじめとする茶葉に豊富に含まれていますが、その含有量は茶葉の種類や品質によって大きく異なります。
例えば、高級な緑茶である玉露には、一般的な緑茶よりも多くのテアニンが含まれており、これが玉露特有の深い味わいと旨味の源となっています。

また、紅茶やウーロン茶などの発酵度合いが異なる茶葉にもテアニンは含まれていますが、発酵プロセスを経ることでテアニンの含有量や形態が変化するため、それぞれの茶葉特有の味わいに影響を与えています。

キノコ類にもテアニンは含まれており、これらの食品を通じてテアニンを摂取することで、リラックス効果や味覚の向上などの利点を享受できます。

平均的な含有量としては、緑茶1杯あたりに20mgから60mgのテアニンが含まれているとされていますが、これは茶葉の種類や抽出方法によって変動します。

緑茶の効果について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

緑茶は水分補給や食事の際の飲み物として、様々な場面で飲む機会があります。風邪予防や殺菌目的に緑茶を推奨している介護施設もあります。しかし、緑茶を飲みすぎると頻尿になるなど体に様々な影響を及ぼす可能性があります。緑茶にはど[…]

スポンサーリンク

テアニンの効果と摂取方法

テアニンの健康効果

テアニンは、夜間の良質な睡眠(起床時の疲労感や眠気の軽減)をサポートすることが報告されています。

テアニンの摂取方法と注意点

テアニンを効果的に摂取するには、緑茶を適量飲むことが一般的です。
緑茶にはテアニン以外にも、健康に良いとされるカテキンなどの成分が含まれていますが、テアニンを多く含むお茶を選ぶことで、その効果を最大限に享受できます。

ただし、カフェインに敏感な人は、就寝前の緑茶の摂取に注意が必要です。
また、テアニンを含むサプリメントも市販されていますが、使用する際は製品の品質や安全性を確認し、推奨される摂取量を守ることが重要です。

テアニンの効果に関する科学的研究はまだ進行中であり、その全ての健康効果や作用機序が完全には明らかになっていません。

しかし、現在利用可能な研究結果からは、テアニンが心身の健康に有益な影響を与える可能性が高いことが示唆されています。
今後の研究によって、テアニンのさらなる健康効果や利用方法が明らかになることが期待されます。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

テアニンの睡眠の質への効果

テアニンは、睡眠の質を向上させることで知られるアミノ酸です。
良質な睡眠は、日々の活動における疲労回復に不可欠であり、テアニンの摂取はそのサポートをしてくれます。

以下では、テアニンがどのようにして睡眠の質を高めるのか、そしてその摂取方法について掘り下げていきます。

テアニン摂取の適切なタイミングと量

テアニンを摂取する適切なタイミングは、就寝前の約1時間です。
このタイミングで摂取することで、テアニンが睡眠の質を向上させる効果を最大限に引き出せます。

一般的に推奨されるテアニンの摂取量は、1日に200mgです。
この量は、睡眠の質を向上させる上で効果的であるとされていますが、個人差があるため、自分に合った量を見つけることが重要です。

テアニン摂取による睡眠の質の改善事例

テアニンの摂取により、多くの人が睡眠の質の改善を実感しています。
例えば、中途覚醒が減少し、より深い睡眠を得られるようになったという報告があります。

テアニンは、覚醒系の神経伝達物質の過剰分泌を調節し、交感神経の活動を抑えることで、睡眠を安定させる効果が期待できます。

これにより、睡眠中の疲労回復がスムーズに進み、起床時の爽快感が得られるようになります。
また、テアニンを摂取することで、リラックス効果が得られ、心身ともにリラックスした状態で睡眠につけるため、質の高い睡眠を促進します。

スポンサーリンク

テアニンとセロトニン|心の健康への影響

テアニンは、お茶に含まれるアミノ酸の一種で、私たちの心の健康に重要な役割を果たしています。
この成分は、リラックス効果を促進し、ストレスを軽減することで知られています。
また、セロトニンという神経伝達物質にも影響を与え、私たちの気分や感情に直接作用します。

以下では、テアニンがセロトニンに与える影響と、それが心の健康にどのように作用するかを探ります。

テアニン摂取によるセロトニン減少の影響

テアニンは、セロトニンの減少に影響を与えることが研究で示されています。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、私たちの気分を高め、安心感を提供します。

しかし、テアニンがセロトニンの減少を引き起こすと、一見すると心の健康に悪影響を与えるかのように思えます。
実際には、テアニンはセロトニンのバランスを調整し、過剰な神経興奮を抑えることで、リラックスした状態を促進します。

このプロセスは、ストレスや不安が高まった時に特に重要で、心の平穏を保つのに役立ちます。
テアニンの摂取は、セロトニンの減少を通じて、実際には私たちの心を落ち着かせ、ストレス耐性を高める効果が期待できるのです。

メンタルヘルスへのポジティブな効果

テアニンがメンタルヘルスに及ぼすポジティブな効果は、多くの研究で確認されています。

特に、テアニンは睡眠の質を改善し、集中力を高めることが示されています。

良質な睡眠は、心の健康を維持する上で不可欠であり、テアニンは睡眠を促進することで、疲労回復を助け、日中のパフォーマンスを向上させます。
また、テアニンは集中力を高めることで、日常生活や仕事、学習における効率を良くします

これらの効果は、メンタルヘルスの向上に直接貢献し、ストレスや不安を軽減することにより、より充実した生活を送ることを可能にします。

テアニンの摂取は、心の健康をサポートし、ポジティブなメンタルヘルスを促進する有効な手段と言えるでしょう。

健達ねっとECサイト

テアニンを含む食品とお茶

日本のお茶文化は、単なる飲料を超えた深い意味を持っています。
特にテアニンを含むお茶は、そのリラックス効果で知られ、日本人の生活に欠かせない要素です。

以下では、テアニンが豊富なお茶と食品に焦点を当て、その健康効果と文化的背景を探ります。

日本のお茶文化とテアニン

日本のお茶文化は、長い歴史とともに発展してきました。
特にテアニンを多く含むお茶は、日本人のリラックスタイムに欠かせないアイテムです。

テアニンは、お茶の旨み成分として知られ、リラックス効果やストレス軽減に役立つことが科学的にも証明されています。
例えば、緑茶に多く含まれるテアニンは、脳のアルファ波を増加させ、リラックス状態を促進します。

また、お茶を飲むことは、単に体を癒すだけでなく、心を落ち着かせる儀式としても機能します。
日本では、お茶を通じて家族や友人とのコミュニケーションを深める文化が根付いており、お茶会や茶道など、お茶を中心とした様々な文化活動があります。
これらの活動は、日本の伝統として受け継がれ、現代においてもその価値が再認識されています。

テアニンを多く含む日本の食品

テアニンはお茶だけでなく、日本特有の食品にも含まれています。
例えば、抹茶はテアニンを豊富に含むことで知られ、そのリラックス効果やストレス軽減作用が注目されています。

抹茶は茶葉を丸ごと挽いたもので、テアニンをはじめとする栄養成分を余すことなく摂取できるため、健康志向の高い人々に支持されています。
また、抹茶を使用したスイーツやドリンクも人気で、日本のカフェ文化に新たな風を吹き込んでいます。

さらに、テアニンは認知機能の向上にも寄与するとされ、抹茶を含むお茶の健康効果に関する研究が進んでいます。

日本では、抹茶だけでなく、玉露ほうじ茶など、様々な種類のお茶が楽しまれており、それぞれにテアニンを含むことで知られています。
これらのお茶は、日本人の健康維持に貢献するとともに、日本の食文化を豊かにしています。

薬の使い方

テアニンの副作用と禁忌

テアニンは、その安全性が高く副作用の心配がほとんどない成分として知られています。
過剰摂取しても健康に悪影響を及ぼす自覚症状は報告されていません。

しかし、一部の薬との併用や特定の健康状態においては注意が必要です。
以下では、テアニン摂取時に考慮すべき副作用と禁忌について、具体的な内容を解説します。

テアニンの副作用は?

テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸で、リラックス効果や睡眠の質の向上など、多くの健康効果が報告されています。

これまでの研究では、テアニンの摂取による健康被害は特に報告されておらず、過剰摂取における安全性も確認されています
例えば、健康な男女を対象にした研究では、1日の摂取目安量の3倍以上のテアニンを4週間摂取しても、自覚症状を含めて安全性に問題がないことが報告されました。

しかし、テアニンを含むサプリメントを使用する際には、その品質に注意が必要です。
粗悪なサプリメントを使用した場合、副作用が出る可能性があります。
また、一部の薬との併用では、テアニンの血圧を下げる作用により血圧が下がりすぎるリスクがあるため、注意が必要です。

妊娠中や授乳期の女性、幼児への使用については、安全性の確たるデータがないため、主治医や薬剤師と相談することが推奨されます。

特定の状況下での禁忌

テアニンの摂取が推奨されない特定の健康状態や条件には、血圧を下げる薬を服用している場合が含まれます。
テアニンには自然に血圧を下げる効果があるとされるため、これらの薬と併用すると血圧が過度に低下する可能性があります。

また、妊娠中や授乳期の女性は、テアニンの安全性に関するデータが限られているため、摂取前に医師と相談することが重要です。
さらに、幼児への使用についても、安全性のデータが不足しているため、慎重な判断が求められます。

テアニンのデメリット

テアニンは、リラックス効果や睡眠の質の向上など、多くのメリットを提供する一方で、過剰摂取や特定の条件下ではリスクを伴うことがあります。
適切な摂取量の理解と、個人の健康状態や他の薬剤との相互作用に注意することが重要です。

テアニンの過剰摂取のリスク

テアニンの過剰摂取は、一般的には稀ですが、特定の副作用や健康リスクを引き起こす可能性があります。
テアニンは、主に緑茶に含まれるアミノ酸で、リラックス効果や集中力の向上などのメリットが報告されています。

しかし、適切な摂取量を超えると、頭痛、吐き気、または不安感を引き起こすことがあります。
特に、サプリメントとしてテアニンを摂取する場合、含有量が製品によって異なるため、過剰摂取に注意が必要です。

テアニンの摂取量に関する研究は限られていますが、一般的には1日200mgから400mgが安全とされています。
しかし、個人の体質や健康状態によっては、これより少ない量で副作用を感じることもあります。

テアニン摂取と他薬剤との相互作用

テアニンは、そのリラックス効果から、不安や睡眠障害の治療に役立つ可能性がありますが、他の薬剤との相互作用によって、その効果が増強されたり、予期せぬ副作用が発生するリスクがあります。

特に、鎮静剤や抗うつ剤、血圧の薬、抗けいれん薬、ぜんそく薬など、中枢神経系に作用する薬剤を服用している場合は注意が必要です。
テアニンとこれらの薬剤を併用すると、過度の鎮静効果や、血圧の異常な低下、呼吸の抑制など、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、テアニンをサプリメントとして摂取する際は、必ず医師や薬剤師に相談し、既に服用している薬剤との相互作用について確認することが重要です。

スポンサーリンク

テアニンのまとめ

ここまでテアニンについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • テアニンは緑茶に豊富に含まれ、リラックス効果や集中力の向上、睡眠の質の改善など、心身に多面的な好影響を与えるとされている
  • 一般的に、テアニンには副作用と呼べるような作用はなく、通常の摂取量を大幅に超えた量でも発生していないと報告されているが、サプリメントから摂取する場合、サプリメントそのものや含有されているテアニンの品質によって副作用がある可能性がある
  • 日常的にテアニンを摂取する場合、緑茶を飲めば良いが、就寝前はカフェインにより眠り辛くなる可能性があるため

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

健達ねっと公式商品のご紹介【健達GABA+テアニン】

健達ねっとから発売されている「健達GABA+テアニン」は、現代人のストレスフルな生活をサポートするためのサプリメントです。

健達GABA+テアニンは、血圧が高めの方の健康をサポートするだけでなく、ストレスや疲労感の軽減にも効果的とされます。

このサプリメントに含まれるγ-アミノ酪酸(GABA)は、神経系の活動を穏やかにし、ストレスによる影響を抑える働きがあります。
これにより、日々の生活における緊張感が和らぎ、リラックスした状態を促進します。

一方、L-テアニンはお茶にも含まれるアミノ酸で、心理的なストレスを軽減し、集中力やリラクゼーションを高める効果が知られています。

GABAとテアニンの組み合わせは、特に夜間の良質な睡眠をサポートするため、不眠に悩む方にも推奨されます。
良い睡眠は、疲労回復や次の日のパフォーマンス向上に直結します。

また、健達GABA+テアニンは、飲みやすい分包形式で提供されており、日々の摂取が非常に便利です。

総合的に見て、健達GABA+テアニンは、

  • 高血圧の管理
  • ストレス緩和
  • 良質な睡眠

の3つの側面で現代人の健康をサポートする、効果的なサプリメントと言えます。
これにより、日常生活の質が向上し、より充実した毎日を送ることができるでしょう。

商品名健達GABA+テアニン
料金1,980円
内容量30g (1,000mg×30袋)
原材料名デンプン分解物(国内製造)、GABA/グリシン、L-テアニン
1日摂取目安量1日1袋
摂取方法水またはぬるま湯などでお召し上がりください。

 

公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

さわだクリニック院長

澤田 樹佳さわだ きよし

日本泌尿器科学会
日本EE学会
日本癌治療学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本EE学会
  • 日本癌治療学会

スポンサーリンク