ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>萎縮性鼻炎って?臭いがするって本当?:症状、原因、治療法、予防法

萎縮性鼻炎って?臭いがするって本当?:症状、原因、治療法、予防法

日常的に鼻が詰まる、異臭がするといった症状に悩まされている方は少なくありません。
これらの症状は、一般的な風邪やアレルギーだけでなく、萎縮性鼻炎の可能性があります。

萎縮性鼻炎はどのような病気なのでしょうか?
また、萎縮性鼻炎の原因は何で、どのように治療すれば良いのでしょうか?

この記事では、萎縮性鼻炎の原因から治療法まで、以下の項目を中心に解説します。

  • 萎縮性鼻炎の症状と原因
  • 萎縮性鼻炎の市販薬について
  • 萎縮性鼻炎の治療法と予防法

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

萎縮性鼻炎とは

萎縮性鼻炎は、鼻の粘膜が薄く硬くなり、鼻腔が広がり乾燥する病気といわれています。
以下では、その定義、主な症状と特徴、そして原因となる要素について詳しく解説します。

萎縮性鼻炎の定義

萎縮性鼻炎は慢性鼻炎の一つです。
鼻の粘膜が薄く硬くなり、鼻腔が広がり乾燥してしまうことでかさぶたができ、悪臭を発します
鼻血が出ることも多く、嗅覚も鈍くなるとされています。

萎縮性鼻炎の症状と特徴

萎縮性鼻炎の主な症状は、鼻からの大量出血や悪臭などが挙げられます。
また、鼻詰まりや頭痛も併発し、臭いがわかりにくくなるとされています。

これは鼻に入ったゴミや埃などの異物を取る突起の細胞が失われ、身体の外へチリやホコリなどゴミや異物を排出するための器官も機能しなくなってしまい、不潔なかさぶたが鼻の中に多量に蓄積することが原因と考えられています。

萎縮性鼻炎の原因となる要素

萎縮性鼻炎が生じる原因としては、ビタミンAやDの慢性的な不足状態であることが挙げられています。
このため、抵抗力の低下が発症する要因となる可能性があります。

また、特に女性の場合にはホルモン異常による発症も考えられます。
分泌されるホルモンのバランスが崩れることで病気が引き起こされる理由になる可能性があります。

スポンサーリンク

萎縮性鼻炎の症状

萎縮性鼻炎は慢性鼻炎の一種であり、特徴的な臭いとその他の症状が現れます。

萎縮性鼻炎が引き起こす特有の臭いは、鼻の中の粘膜がかさぶた状になって溜まり、これが腐敗したものが臭いの発生源となります。
そのため、肉の腐ったような臭いを発します。

この臭いは周囲にもわかるほどの強い臭気を発することもあります。

これまで挙げた症状以外にも、喉の渇き、痛み、違和感などが出る可能性があります。
さらに悪化すると、臭いを感じられない「無臭症」になるケースもあります。

萎縮性鼻炎の原因

萎縮性鼻炎は、特定の原因やリスク要素により引き起こされ、他の疾患との関連も疑われるといわれています。

萎縮性鼻炎の考えられるリスク要素

萎縮性鼻炎の原因と考えられる、ビタミンAやDの慢性的な不足とホルモン異常以外に存在する主なリスク要素としては、細菌感染、鉄欠乏症貧血、自律神経機能不全などが挙げられます。

萎縮性鼻炎が関連するとされる疾患

萎縮性鼻炎は、高齢、多発血管炎性肉芽腫症(GPA、旧:ウェゲナー肉芽腫症)、および医原性に引き起こされた過度の鼻組織摘出と関連があるといわれています。

その結果、本来であれば粘液を分泌するべき細胞が皮膚に存在するような細胞におきかわり、激しい鼻出血・悪臭・嗅覚が失われる恐れがあります。
これに、慢性副鼻腔炎の症状も加わってきます 。

スポンサーリンク

萎縮性鼻炎の診断方法

この病気の診断は、患者の症状と医師の観察に基づいて行われます。
以下では、その診断プロセスと必要な検査について詳しく説明します。

萎縮性鼻炎の診断プロセス

萎縮性鼻炎の診断プロセスは、まず患者の症状の詳細な調査から始まります。

患者は通常、鼻の乾燥、鼻出血、異臭などの症状を訴えます。
これらの症状がある場合、医師は次に鼻の内部を視覚的に調査します。

これは通常、鼻鏡または内視鏡を使用して行われます。
この視覚的調査により、医師は鼻の粘膜の状態を評価し、萎縮性鼻炎の典型的な徴候である粘膜の薄化や硬化を確認します。

萎縮性鼻炎の診断に必要な検査

萎縮性鼻炎の診断には、さまざまな検査が必要です。
まず、細菌検査が行われます。これは、鼻の穴の中から分泌物を取り出し、その中に含まれる細菌を調べるものです。

次に、鼻鏡検査や内視鏡検査が行われます。
これらの検査により、粘膜の腫れの程度、鼻水の量や性状、鼻ポリープの有無などを調べられます。

さらに、レントゲン検査やCT検査などの画像検査が行われることもあります。
これらの検査により、炎症箇所や範囲、程度などを詳しく調べられます
これらの検査結果をもとに、医師は萎縮性鼻炎の診断を下します。

健達ねっとECサイト

萎縮性鼻炎の簡易的なセルフ治療法

萎縮性鼻炎のセルフ治療は、症状の緩和と生活の質の向上を目指します。
以下では、市販薬の使用、ワセリンの使用方法と効果、その他の治療法について詳しく説明します。

萎縮性鼻炎の市販薬とその効果

市販薬は、萎縮性鼻炎の症状を緩和するための一つの選択肢です。
また、鼻の異臭を改善する効果も期待できます。

しかし、市販薬は症状の緩和には有効とされますが、病気の根本的な治療にはなりません
そのため、症状が重い場合や、市販薬で症状が改善しない場合は、医療機関での治療を受けることをお勧めします。

萎縮性鼻炎に対するワセリンの使用方法と効果

ワセリンは、鼻の乾燥を防ぐために使用される一般的な家庭療法です。
ワセリンを鼻の内側に塗ることで、鼻の粘膜を保湿し、乾燥を防ぎます

また、ワセリンは鼻出血を防ぐ効果も期待できます。
ワセリンの使用は、症状の緩和に役立つ一方で、病気の進行を遅らせる効果はありません。そのため、ワセリンの使用だけでなく、医療機関での適切な治療が必要です。

萎縮性鼻炎の治療は医療機関で行うことを推奨

医療機関での治療は、萎縮性鼻炎の根本的な治療を目指します。
これには、薬物療法や手術が含まれます。

薬物療法は、抗生物質やステロイドなどの薬を使用して症状を緩和し、病気の進行を遅らせます
手術は、鼻の構造を改善し、鼻腔の広がりを縮小することを目指します。

これらの治療法は、医師の診断と指導のもとで行われます。
医療機関での治療は、病気の進行を遅らせ、生活の質を向上させるための重要な選択肢です。

薬の使い方

萎縮性鼻炎の市販薬についての補足

市販薬だけでの完治はほとんど期待できませんが、医療機関の受診までの”つなぎ”として活用するのも良いかもしれません。

以下では、市販薬による萎縮性鼻炎の対策について詳しく解説します。

萎縮性鼻炎の市販薬で抑えられる症状

萎縮性鼻炎の症状は、鼻の中が乾燥し、かさぶたができ、鼻の奥が痛くなることがあります。

市販薬は、これらの症状を軽減するのに役立ちます。
特に、鼻の乾燥を防ぐためのスプレーや、保湿できる医療用洗浄器(鼻洗浄ができる機械)などが有効とされます。

また、痛みが軽い場合や症状が出始めたばかりの場合は、市販薬で症状の軽減がより期待できます。

有効とされる萎縮性鼻炎の市販薬の成分

萎縮性鼻炎の市販薬で有効とされる成分について説明します。

一部の市販薬には、鼻の乾燥を防ぐ成分が含まれています。
これらの薬は、鼻の粘膜を保湿し、乾燥による痛みや不快感を和らげるのに役立つと考えられています。

また、一部の薬には、鼻の粘膜の炎症を抑える成分が含まれています。
これらの薬は、鼻の痛みを和らげ、鼻の中のかさぶたを減らすのに有効とされます。

ただし、市販薬の使用には個々の症状や体質による違いがあるため、使用前には必ず製品の説明書をよく読んでください。

萎縮性鼻炎の予防法

萎縮性鼻炎は様々な原因やリスク要因から発病する可能性があります。
以下では萎縮性鼻炎の予防法について詳しく説明します。

萎縮性鼻炎の予防について

萎縮性鼻炎の予防には、鼻腔の粘膜が萎縮することを防ぐことが重要です。

鼻腔の粘膜が萎縮すると、異物などを取り除く働きをしている表面にある毛がなくなり、粘液の分泌が減ってしまいます
粘液の分泌が減ると、鼻腔の機能が正しく働かなくなり、乾燥や鼻詰まりなどの色々な症状が現れます。
したがって、鼻腔の湿度を適切に保つことが重要です。

また、鼻の手術を行った人や長期間副鼻腔炎などの病気にかかっている人は、特に注意が必要と考えられています。

萎縮性鼻炎を予防したいときの日常生活での工夫

日常生活での工夫としては、まず、乾燥を防ぐために、室内の湿度を適切に保つことが重要です。

また、鼻を清潔に保つことも大切です。
風邪やアレルギーなど、鼻に負担をかける病気を予防するために、手洗いやうがいをこまめに行うことも推奨されます。

さらに、タバコは鼻の粘膜に悪影響を及ぼすため、禁煙することも有効とされます。

スポンサーリンク

萎縮性鼻炎についてのよくある質問

以下では萎縮性鼻炎に関するよくある質問をピックアップします。

萎縮性鼻炎とは何ですか?

萎縮性鼻炎は、鼻粘膜が薄くなり、鼻腔が広がる病状を指します。これにより、患者さんは乾燥感、鼻閉、異臭などの症状を経験することがあります。

萎縮性鼻炎の原因は何ですか?

萎縮性鼻炎の原因は完全には解明されていませんが、長期的な鼻炎、遺伝的要素、環境要素などが関与していると考えられています。

萎縮性鼻炎の治療法は何ですか?

萎縮性鼻炎の治療は主に症状の管理に焦点を当てています。湿度を高める、鼻洗浄、抗生物質などが用いられることがあります。重度の場合には手術が必要なこともあります。

萎縮性鼻炎は感染症ですか?

いいえ、萎縮性鼻炎自体は感染症ではありません。しかし、鼻腔の乾燥と広がりは感染を引き起こす可能性があります。

萎縮性鼻炎は完治しますか?

萎縮性鼻炎は慢性的な状態であり、完治できるとはいい切れませんが、適切な治療と管理により、症状は大幅に改善され、生活の質は向上するとされています。

スポンサーリンク

萎縮性鼻炎についてのまとめ

ここまで萎縮性鼻炎についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 萎縮性鼻炎の症状は、鼻の粘膜が薄く硬くなり、鼻腔が広がり乾燥する
  • 萎縮性鼻炎の臭いは、鼻の中の粘膜がかさぶた状になって溜まり腐敗するのが原因
  • 萎縮性鼻炎の原因は、ビタミンAやDの慢性的な不足やホルモン異常
  • 萎縮性鼻炎は市販薬では完治の可能性は低いので医療機関の受診が推奨される

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク