ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>ほくろ除去でおすすめの後悔しないクリニックを徹底比較!最適な治療法や選び方も解説!

ほくろ除去でおすすめの後悔しないクリニックを徹底比較!最適な治療法や選び方も解説!

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。

顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。
日本人はほくろができやすい体質だとも言われており、ほくろで悩んでいる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • ほくろ除去のおすすめの治療法
  • ほくろ除去のおすすめ評判クリニック
  • ほくろ除去のおすすめの病院を選ぶ方法
  • ほくろ除去の施術を受ける際に気をつけるべきおすすめポイント

主に以上のことについて解説していきます。
最後にほくろ除去前にすべきことについて解説しているため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【厳選4選!】ほくろ除去おすすめクリニックをご紹介!

ほくろ除去のおすすめクリニックをいち早く知りたいという方に!
ほくろ除去の施術で人気のおすすめクリニックを4院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック選びのポイントやほくろ除去の施術で知っておくべき基本情報を知りたいという方は、よろしければ最後まで記事をご覧ください。

クリニック東京中央美容外科東京美容外科KM新宿クリニックTAクリニック
おすすめな方豊富なメニューから
自分に合った施術法
を選びたい方!
美容外科専門医
の高い技術力
を重視したい方!
美容皮膚科の専門医による治療を受けたい方ハイレベルな美容医療を受けたい方
【レーザー治療法】料金4,980円
レーザー除去法
※新宿3丁目院のみ
5,500円
CO2レーザー
(1mmまで)
【電気メス法】料金4,980円
電気メス法
5,500円
アブレーション
5,500円
電気分解法
【切開法】料金19,800円
切開法
8,800円
切除縫合
28,600円
(4mmまで)

9,400円
切除法
保証内容トライブル時の修正無料
手厚いアフターケア
アフターフォロー無料万全なアフタケアーアフターケア無料
カウンセリング0円0円0円0円
割引情報・公式LINEクーポンで最大5万円OFF
・シニア割で5%OFF
・モニター特別価格で最大50%OFF・LINE友だち追加で1,000円OFFクーポンプレゼント・交通費補助最大3万円
・モニター特別価格
エリア情報全国96院
詳細はこちら
全国21院
詳細はこちら
新宿店のみ全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:0010:00~19:0011:00~19:0010:00~19:00
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ほくろ除去おすすめクリニックについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

ほくろ除去は、ほくろの悩みやコンプレックスの解消ができる治療です。手軽にできることで人気があり、ほくろ除去ができるクリニックは東京都に数多くあります。東京都のほくろ除去クリニックを選ぶときは、どのようなクリニックを選ぶべきなので[…]

関連記事

ほくろ除去は、ほくろの悩みやコンプレックスの解消ができる治療です。手軽にできることで人気があり、ほくろ除去ができるクリニックは大阪に数多くあります。大阪のほくろ除去クリニックを選ぶときは、どのようなクリニックを選ぶべきなのでしょ[…]

ほくろ除去とは

ほくろ除去は皮膚科や美容外科などで行う、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。

治療方法は主に切開法」「レーザー除去法」「電気メス法」「くりぬき法の4種類が一般的です。
ほくろの種類やほくろ除去の目的などによって効果がある治療方法は異なるため、後に詳しく解説します。

ほくろができる原因

ほくろは大きく2つに分けられるのが特徴で、ほくろができる原因はそれぞれ異なります。

  • 先天性のほくろ
  • 後天性のほくろ

先天性のほくろとは生まれつき体にあるほくろのことです。
数は遺伝で決まっており、今後増えることはありません。

一方、後天性のほくろとは、思春期を過ぎた頃からでき始めるのが特徴です。
後天性のほくろが出来る原因は5つあリ、具体的には下記のとおりです。

  • 紫外線
  • 肌への刺激
  • 肌のターンオーバーサイクルの乱れ
  • 生活習慣の乱れ

上記のように、肌が紫外線を浴びたり外部からの刺激を受けると、細胞が皮膚を保護するためにメラニン色素といわれる黒い色素を大量に発生させてしまいます。
メラニンが蓄積された結果、ほくろやしみとして皮膚に現れるのです。

また、加齢による肌の代謝サイクルの乱れも、メラニン色素の排出を停滞させるため、ほくろを引き起こす原因の一つといえます。

さらに、生活習慣の乱れは自律神経のバランスを崩すため、体の新陳代謝に悪い影響を及ぼすケースがあります。
その結果、メラニンが排出されずほくろができやすくなるというわけです。

ほくろを薄くする方法

時間の経過とともにほくろは薄くなる可能性はありますが、消える可能性は低いため、すでに出来上がったほくろを濃くしないようにすることが大切です。
そのため、上記に記載されてほくろができる原因の逆のことを心がけましょう。

  • 直接日光は避ける
  • ストレスを溜めない
  • 生活習慣を正す

生活習慣を正すというのは、睡眠の質をより良くしたり、栄養バランスの良い食事にしたりすることなどが挙げられます。

上記のことを普段から意識することで、後天性のほくろは出来づらくなるでしょう。

ほくろの種類

ほくろには以下の種類があります。

ほくろの名称Miescher母斑Unna母斑Clark母斑Spitiz母斑
黒・茶黒・茶黒・茶
ぼんやりした色
黒・赤
特徴・顔・頭にできやすい・腕・首にできやすい
・でこぼこした形
・身体・手足にできやすい・顔にできやすい
・若い人に多い
Unna母斑
  • 体幹や腕、首にできやすい
  • 黒~茶色
  • 直径1㎝程度で、でこぼこした形
Miescher母斑
  • 顔や頭にできやすい
  • 黒~茶色
  • ドーム状に盛り上がっている
Spitz母斑
  • 顔にできやすい
  • 黒~赤色
  • 若い人にできやすい
Clark母斑
  • 体幹や手足にできやすい
  • 黒~茶色で中央が濃く外側に向かって薄くなる
  • 直径1㎝以下で、楕円形

通常ほくろは良性腫瘍で害はありません。
しかし、悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚がんの一種なので早期治療が必要です。

メラノーマの特徴には

  • 非対称である
  • 輪郭がギザギザしている
  • 色むらがある
  • 6㎜以上にまで大きくなる
  • 形が徐々に変わっていく

といったものがあります。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

ほくろ除去のおすすめとメリットについて

ほくろを除去することで、見た目や生活していく上でさまざまなメリットがあります。
ほくろを除去するメリットは具体的に下記の2点です。

危険なほくろを取り除くことができる

ほくろ除去は、危険なほくろの発見・治療につながることがあります。
危険なほくろとは、たとえば皮膚がんなどの悪性腫瘍が代表的です。

ほくろ除去の前にはさまざまな検査を実施します。
検査を受けることで、ほくろが悪性腫瘍ではないかどうかをハッキリさせることができます。

ちなみに危険なほくろとは次のようなものです。

  • 盛り上がっている
  • 色が抜ける
  • 色が濃い
  • じゅくじゅくする
  • 臭いがある

これらに心当たりがある場合は一度医師の診察を受けましょう。

見た目の印象が変わり、自信を持ちやすくなる

また、ほくろを除去することで外見の印象は大きく変わります。
顔にあるほくろが気になって、自分の見た目に自信を持てていなかった方も、ほくろ除去によってコンプレックスを解消することができます。

特に、顔に大きなほくろがある方はコンプレックスを抱いている場合があるため、ほくろを除去することは効果的です。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

ほくろ除去おすすめの治療法!

施術方法レーザー除去法切開法電気メス法くり抜き法
使用器具炭酸ガスレーザー
Qスイッチビーレーザー
YAGレーザー
メス電気メストレパン(円筒状のメス)
費用相場4,000~10,000円10,000~20,000円5,000~10,000円10,000~20,000円
メリット一度の施術で複数除去可能再発リスクが低いダウンタイムが短い1-2分の短い施術時間
ダウンタイム1~3ヶ月3~6ヶ月1~3週間3~6ヶ月
向いている方ほくろの数が多い方直径5mm以上の
大きなほくろがある方
根の深い
大きなほくろがある方
5mm以下の
小さなほくろがある方

ほくろを除去する治療方法は主に4種類あります。
ここではそれぞれの治療方法の施術の流れやダウンタイム期間、向いている方法について解説していきます。

レーザー除去法

レーザー除去法はレーザーをほくろに当てて焼くことで除去する方法です。
施術に用いられるレーザーには様々な種類があります。

レーザーの種類炭酸ガスレーザーYAGレーザーQスイッチビーレーザー
特徴・色素沈着や傷痕が残りにくい
・1〜2回の照射で完了
・周辺の皮膚を傷つけない
・レーザーの波長を患部合わせて調節できる
・他のレーザーと併用して効果up
・根が深いほくろの除去◎
費用相場4,000~10,000円5,000~10,000円4,000~10,000円
ダウンタイム1~3ヶ月1~3ヶ月1~3ヶ月
向いているほくろ6mm以下の盛り上がったほくろ1mm以下の色が薄いほくろ
1mm以下の平たく根が深いほくろ
1mm以下の色が薄いほくろ
1mm以下の平たく根が深いほくろ
リスク・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・定期的な通院が必要
・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・定期的な通院が必要

レーザーの種類

ほくろ除去のレーザー治療は主に以下の3種類です。

  • 炭酸ガスレーザー
  • Qスイッチビーレーザー
  • YAGレーザー

3種類のレーザー治療の特徴やメリット・デメリットについて簡潔に紹介します。

①炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
炭酸ガスレーザーは、ほくろを炭酸ガスで気化して蒸散させることでほくろ除去を行います。

炭酸ガスレーザーのメリットとしては、傷跡や色素沈着がないことが多いことです。
一方、デメリットとしては、再発する可能性が否定できないことです。

炭酸ガスレーザーは特に盛り上がったほくろの治療に有効です。

②Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素に反応する高出力のレーザーを照射することでほくろを焼灼して除去します。

Qスイッチルビーレーザーのメリットとしては、レーザーが組織の深いところまで達するため、皮膚組織の奥まで根があるほくろの除去ができることです。
一方、デメリットとしては、痛みや浮腫が生じる可能性があることが挙げられます。

Qスイッチルビーレーザーは特に根が深いほくろの治療に有効といえます。

③YAGレーザー
YAGレーザーは、メラニン色素にのみ反応してほくろをピンポイントで照射して除去します。

YAGレーザーのメリットは、照射時の痛みが少ないことです。
一方、デメリットとしては、熱ダメージが少なく、根深いほくろや盛り上がったほくろ、大きいほくろの除去には出力が足りないことがあげられます。

YAGレーザーは特にできはじめのほくろや色素が薄いほくろの治療に有効であるといえます。

【レーザー除去法】の施術の流れ
レーザー治療はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決める所から始まります。
デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
レーザー治療では多くの場合、局所麻酔での対応です。レーザーを患部に当て、熱エネルギーを利用してほくろを焼き尽くす形で除去します。
治療時間は約5〜10分と短時間です。治療が終わると、患部に軟膏を塗布して絆創膏で保護します。施術後数週間はやや凹んだ状態になりますが、数週間で傷跡が目立たなくなります
徐々に皮膚が再生され新しい皮膚で上書きされるためです。
【レーザー除去法】のダウンタイム期間の目安
術後は赤みが残ってしまいますが、3ヶ月ほどで目立たなくなります。
2〜3週間ほどでメイクができるようになります。術後は肌が通常時より敏感なため、紫外線を浴びると、ダウンタイムが長引いてしまう可能性が高いです。
【レーザー除去法】の施術が向いている人
レーザーによるメリットは以下の通りです。

  • 複数のほくろを一気に除去できる
  • 施術後のセルフケアが簡単
  • 顔の凹凸部分にも対応可能

レーザー治療は治療時間が短いため、1回の施術で複数のほくろを除去できます。
そのため、除去したいほくろが複数ある方におすすめの治療方法です。

メスなどを使用しない方法であるため、施術の際の出血も少なく、術後のセルフケアも簡単です。

多くの場合、軟膏を塗って絆創膏を貼るだけで済むため簡単にケアできます。
術後のケアに時間をかけられない方や、面倒だという方にもおすすめです。

メスなどを用いる場合と異なり、顔の凹凸部分にも対応できます。

デメリットは再発の可能性があること根が深すぎるほくろの除去はできない可能性があることです。
一般的に根が深く大きなほくろは除去できない可能性があるため、おすすめできません。

切開法

切開法はほくろをメスで切開する治療方法です。
切開法はほくろ周囲の皮膚を縫合するため、「切除縫合術」ともいわれています。

施術方法切除縫合法
特徴・5mm以上のほくろを除去できる
・再発の可能性がほとんどない
・ほくろの病理診断ができる
費用相場10,000~20,000円
ダウンタイム3~6ヶ月
向いているほくろ6mm以上の大きいほくろ
リスク・傷痕
・歪みや変形
【切開法】の施術の流れ
まず、どのほくろをどのように切開するかデザインを決めることが必要です。
デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
多くの場合、局所麻酔での対応です。切開法は除去したいほくろの3倍ほどの長さを木の葉状に切開します。
ほくろを除去することができたら、皮膚を引き寄せて糸を用いて縫合することで傷を閉じます。傷口を閉じることができたら、施術約1週間後に抜糸を行い、施術が終了です。
縫合の際に用いる糸が皮膚に吸収されるタイプであれば、抜糸は必要ありません
【切開法】のダウンタイム期間の目安
切開法は糸によって傷口が閉じられているため、施術直後は出血がありません。
しかし、間違ったケアを行ってしまうと、傷口が開いてしまう場合もあるため注意が必要です。切開法のダウンタイムは術後約6ヶ月程度で、赤みや傷跡が目立ってしまうことがあります。
大体の方は術後3〜6ヶ月で傷が治ります。
【切開法】の施術が向いている人
切開法のメリットは、ほくろを完全に除去することができ、再発しにくいということです。
またメスを用いてほくろの周囲の皮膚ごと切開する形になるため、直径5mm以上の大きなほくろの除去に向いています。そのため、顔などに大きなほくろがあり、気になるといった方のおすすめの施術方法です。デメリットは術後に赤みや黒ずみが残ってしまう点です。
そのため自宅でのセルフケアも必要となります。施術時間が長いため、複数のほくろを除去したい方にはおすすめできません

電気メス法

電気メス法は、電気の熱を用いたメスを使用してほくろを除去する治療方法です。
通常のメスを使用する場合に比べて短時間で除去することができます。

施術方法電気メス法(電気分解法)
特徴・隆起したほくろの除去◎
・出血が少ない
・施術が短時間
・通院の必要がない
費用相場5,000~10,000円
向いているほくろ6mm以下の盛り上がったほくろ
リスク・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
【電気メス法】の施術の流れ
電気メス治療はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決めます。

デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
電気メス治療も多くの場合、局所麻酔での対応です。

電気を用いたメスでほくろを焼き尽くすことで除去します。

術後処置は除去した跡に軟膏を塗布し、テープでの保護対応です。

術後7〜10日でかさぶたが自然に取れ、新しい皮膚が再生されることで傷跡が完治します。

【電気メス法】のダウンタイム期間の目安
電気メス法のダウンタイムは2〜3週間で、赤みが継続することが多いです。
ただし、ダウンタイムの長さは除去したほくろの深さで決まります。
ほくろの深さが深いほど、新しい皮膚の再生に時間がかかるためです。また、紫外線など肌への刺激が多いと、ダウンタイムが長引いてしまう可能性があるため注意が必要です。
【電気メス法】の施術が向いている人
電気メス法はほくろの根元組織まで除去することができるため、大きなほくろが気になる方におすすめします。

さらに、通常のメスを用いた切開法より短時間で除去できるため、複数のほくろを除去したいという方にもおすすめです。

しかし電気による熱を用いるため、焦げが残ってしまうデメリットもあります。

くり抜き法

くり抜き法は5mm以下の小さなほくろを除去する治療方法です。
トレパンという円筒状のメスを用いて丸いほくろの形に添って皮膚をくり抜きます。

施術方法くり抜き法
特徴・根が深いほくろを除去できる
・再発の可能性がほとんどない
・ほくろの病理診断ができる
費用相場10,000~20,000円
ダウンタイム3~6ヶ月
向いているほくろ・5mm以下の小さくて根が深いほくろ
・鼻などの変形が出やすい部位
リスク・傷痕
・完治までの時間がかかる
【くり抜き法】の施術の流れ
くり抜き法はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決めます。

デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
くり抜き法も多くの場合、局所麻酔での対応です。

先ほどの通り円筒状のメスを用いて、ほくろを円形にくり抜き除去します。

ほくろを除去した後は、切開法のように縫合せず自然にふさがるのを待形です。
縫合の必要はありませんが、消毒をしてテープで保護するなどの処置が行われます。

ほくろの除去数にもよりますが、治療時間は1〜2分と短時間です。

【くり抜き法】のダウンタイム期間の目安
くり抜き法のダウンタイムは約6ヶ月と長くなっています。
時間がかかってしまうのは、術後に傷跡を縫合せず、傷の修復に時間がかかってしまうことが理由です。しかし、出血がなければ、術後翌日から洗顔やメイクをすることが可能なため制限はありません。
【くり抜き法】の施術が向いている人
くり抜き法は治療時間が短く、小さなほくろを除去することに適しているため、小さなほくろを複数除去したいという方におすすめの治療方法です。

くり抜き法はほくろだけをくり抜くため、鼻のほくろを除去することにも向いています。
鼻のほくろを除去する場合、切開法など傷跡を縫合する必要のある治療法は、皮膚が引っ張られてしまいゆがみが生じてしまう可能性があります。

デメリットは大きなほくろを除去することに向いていない点です。
大きなほくろを除去したいという方は、切開法や電気メス法等の他の治療方法を検討しましょう。

ほくろ除去の施術別の値段相場について知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

ほくろ除去はコンプレックスを解消できるというメリットがあり、人気の施術です。しかし、ほとんどの場合は自由診療のため、費用がかかるというデメリットもあります。ほくろ除去の値段を安くするためには、どうしたらいいのでしょうか?そも[…]

できるだけ傷跡を残したくない人におすすめのほくろ除去治療法は?

ほくろ除去をしたいと思っている人は多いと思いますが、傷跡が残るのが心配という人もいるでしょう。
傷跡が残ると、ほくろ除去をした意味がなくなってしまいますよね。

そこで、以下では、傷跡を残したくない人におすすめのほくろ除去治療法について紹介します。
傷跡を残さないためのポイントや、アフターケアの方法も解説します。

傷跡を残したくない人はレーザー治療のほくろ除去がおすすめ

ほくろ除去の治療法には、レーザー治療と切除法がありますが、傷跡を残したくない人にはレーザー治療がおすすめです。

レーザー治療は、ほくろの色素に反応するレーザー光を照射して、ほくろの組織を蒸発させる方法です。
切除法と違って、皮膚にメスを入れる必要がないので、傷跡が残りにくいというメリットがあります。

レーザー治療のほくろ除去なら傷跡は絶対に残らない?

レーザー治療のほくろ除去は、傷跡が残りにくいというメリットがありますが、それはあくまで「残りにくい」ということであり、「絶対に残らない」ということではありません

レーザー治療のほくろ除去の後には、ほくろがあった部分に赤みや腫れ、かさぶたができます。
これらは自然に治癒する過程であり、正常な反応ですが、その間に無理にかさぶたを剥がしたり、日光に当てたりすると、傷跡が残る可能性があります。

また、ほくろの深さや大きさによっては、レーザー治療だけでは完全に除去できない場合もあります。
その場合は、切除法や電気焼灼法などの併用が必要になることもあります。
その際にも傷跡が残るリスクがあります。

レーザー治療のほくろ除去は、傷跡が残らないという保証はありませんので、その点は注意してください。

ほくろ除去の傷跡を残さないためのケア

ほくろ除去の傷跡を残さないためには、アフターケアがとても重要です。
レーザー治療のほくろ除去の後には、以下のようなケアを行ってください。

施術部分の保護をする

ほくろがあった部分には、消毒や保湿を行い、ガーゼや絆創膏で覆ってください

また、かさぶたができている間は、無理に剥がしたり、こすったりしないでください。
かさぶたが自然に取れるのを待ちましょう

紫外線対策をする

ほくろがあった部分は、日光に当てないでください
日光に当てると、色素沈着や炎症を起こす可能性があります。

日中に外出する場合は、帽子や日傘、日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どちらがおすすめ?

ほくろ除去は皮膚科だけでなく、美容皮膚科でも除去することが可能です。
施術方法などは同じですが、治療目的保険適用などの面で違いがあります。

ここでは皮膚科・美容皮膚科のメリットやデメリット、どのような方が向いているかについて解説していきます。

皮膚科でのほくろ除去がおすすめな人

皮膚科の治療目的は、患者の肌トラブルや悩みを解消することです。
肌トラブルを解消するために必要な治療のみを行っています。

ほくろ除去に保険を適用させたい
悪性のほくろである場合、ほくろ除去に保険を適用することができます。

皮膚科は治療を目的としているため、除去したほくろが保険適用が可能な悪性のものであるかどうかも診てくれます。
そのため保険が適用されるとは限りませんが、ほくろ除去の費用を少しでも安くしたい方にとって皮膚科はおすすめです。

美容皮膚科は、除去したほくろが保険が適用可能な悪性のものかどうかまで判断できないことが多いです。

皮膚科では仕上がりの綺麗さより、ほくろの再発リスクを抑えるような治療を考えています。

ほくろ以外の他の皮膚疾患も完治させたい
皮膚科はほくろだけでなく、他の皮膚病理について詳しいため、他の皮膚症状についても一緒に診察してもらうことが可能です。
診察だけでなく、必要な処置や薬を処方してもらうこともできます。ほくろだけではなく、なかなか治らないニキビなど他の皮膚症状の悩みも解決したい場合、皮膚科を受診することをおすすめします。

美容皮膚科でのほくろ除去がおすすめな人

美容皮膚科は、皮膚科のようにほくろを完全切除することよりも、より美容的な観点から若々しく綺麗な状態に見せることを目的としています。

そのため、より綺麗な仕上がりを目的とした治療を提供することが多いです。

豊富な施術メニューの中から自分に合った治療法を選択したい

自由診療は治療法の種類に制限がないため、より多くの選択肢の中から治療法を選択できるというメリットがあります。

ただし、美容皮膚科は皮膚科と異なり、自由診療となるため、治療にかかる費用は全て自分で負担しなければなりません。
そのため、値段の設定がクリニックによって大幅に異なる可能性があります。

逆に値段が多くかかってしまう分、保証制度を設けているクリニックも少なくありません。
料金設定は事前にきちんと確認しておきましょう。

とにかくより綺麗な仕上がりにしたい

美容皮膚科のほくろ除去治療の最大の目的は、若々しく綺麗な肌を提供することです。
さらに、美容皮膚科では、ほくろ除去の際に手厚いアフターケアなど様々な美容サービスを受けられる可能性が高いです。

より良い仕上がりになるよう、独自のクレンジングソープや日焼け止めなど化粧品を販売しているクリニックも少なくありません。
治療方法はもちろん追加の美容サービスの良さにも着目してみてくださいね。

ほくろ除去以外の美容医療も一緒に行いたい

美容皮膚科は、ほくろ除去だけではなく、美しくなるための様々な美容医療を提供しています。
カウンセリングの際に悩みについて聞かれるため、まとめて話を聞いてもらえる可能性が高いです。

例をあげると、顔のしわやたるみ、ニキビなどです。
ほくろ除去以外にも気になる肌悩みがあれば、あわせて探してみることをおすすめします。

ほくろ除去を皮膚科で行うか美容外科で行うか悩んでいる方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。ほくろ除去の治療を検討し[…]

ほくろ除去でおすすめの値段を安くする方法

ほくろ除去は基本的に全額自己負担となるため、高額であることが多いです。
そこで、ほくろ除去を受けるにあたって値段を安くするにはどのような方法があるかおすすめの方法を紹介していきます。

安い治療法を選ぶ

皮膚科・美容皮膚科いずれの場合でもほくろ除去の治療法は複数用意されていることが多いです。
治療法によって値段は異なるため、安い治療を選ぶことで値段を安く抑えることができます。

特に、レーザー治療は一度に多くのほくろが除去可能であるということもあり、相対的にみると料金が安く設定されていることが多いです。

キャンペーンや割引制度を利用する

ほくろ除去を安く受ける方法のもうひとつとして、キャンペーンや割引制度を利用するという方法があります。

キャンペーンや割引制度は、クリニックによって異なりますが、例えば、初回来院時や紹介者がいる場合、誕生月や記念日などの特別な日に受ける場合、複数の箇所や施術を同時に受ける場合などに、ほくろ除去の値段が安くなる場合があります。

キャンペーンや割引制度を利用するには、クリニックのホームページやSNSなどで詳細を確認しましょう。

プランとしてまとまっているものを選ぶ

カウンセリングや施術とアフターケアが一括でまとめられているプランは、結果的に値段を抑えられることにつながるためおすすめです。
一括でまとめられているプランの中で値段を比較するようにしましょう。

また、クリニックの中ではコース料金以外の追加費用がかからない旨を記載しているクリニックもあります。
そのような記載のあるクリニックを中心に探すことも1つの手です。

ほくろの取り放題プランを選択する

ほくろ除去を受ける際に、ほくろの数や大きさによって値段が変わるクリニックもあります。
この場合、ほくろの数が多いと、ほくろ除去の値段も高くなります。

しかし、ほくろの取り放題プランを提供しているクリニックもあります。
このプランは、一定の金額を支払えば、ほくろの数や大きさに関係なく、ほくろを取り放題になるというものです。

ほくろの数が多い方や、大きなほくろを除去したい方には、このプランがおすすめです。
ほくろの取り放題プランを提供しているクリニックを探してみましょう。

モニターとして受ける

ほくろ除去を安く受ける方法のひとつとして、モニターとして受けるという方法があります。
モニターとして受けると、ほくろ除去の値段が割引されたり、無料になったりする場合があります。

ただし、モニターとして受けるには、条件があります。
例えば、ほくろ除去の前後の写真を撮られたり、口コミやブログなどでほくろ除去の感想を書いたりする必要がある場合があります。

また、モニターの募集は限られた期間や人数で行われる場合が多いので、応募するタイミングも重要です。

ほくろ除去をモニターとして受けるには、クリニックのホームページやSNSなどで募集情報をチェックしましょう。

保険適用ができる場合は保険適用を使う

ほくろ除去は基本的に自由診療のため値段が決まっておらず、治療費は全額自己負担となるため、高額であることが多いです。

しかし、保険適用ができる場合は、保険適用して施術を受けることで安くほくろ除去を受けられます。
保険適用が受けられるということはメリットであるため、適用可能なクリニックは公式サイトに受けられることが記載されています。

安く抑えるためには、保険適用が可能なクリニックを中心に探すことがおすすめです。

ほくろ除去の保険適用について詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

ほくろ除去の保険適用の条件ってなにがあるの?ほくろ除去は、自由診療と保険適用で施術内容に違いはある?目立つ位置にあるほくろや大きいほくろに悩んでいてほくろ除去の施術に興味をお持ちの方でこのような疑問を抱えている方はい[…]

フォトフェイシャルと東京まとめ

ほくろ除去の評判のいい病院の6つの選び方

ここではほくろ除去をする際のクリニック選びで重視すべきポイントを解説していきます。

①美容医療の実績のある医師がいる

ほくろ除去の治療自体医療分野であるため、資格や実績のある医師を選ぶほうが安心できます。
どの治療方法も人の手を使って行うものであり、医師の技術力は非常に重要です。さらに、ほくろ除去自体自分の肌を傷つけて行うものであるため、さらに医師の情報が必要になります。美容皮膚科の公式サイトには医師の経歴や症例実績が記載されていることが多くなっています。
逆にいえば、症例実績や医師の紹介がなされていないクリニックは、技術力が十分でない可能性があるため、避けておくほうが良いでしょう。

②カウンセリングの時間をしっかりと取ってくれる

美容皮膚科の場合はカウンセリングの時間、皮膚科の場合は診察の時間をしっかりと取ってくれるかということも重要です。

カウンセリングの時間がしっかりとあることで、希望や不安をきちんと伝えてしっかり相談することができます。
また、施術にあたって双方ともに納得した上で施術を受けられるため、トラブルを未然に防ぐこともできます。

美容皮膚科の場合カウンセリングが無料であることが多いため、カウンセリングを受けてみることがおすすめです。

実際にカウンセリングをないがしろにせず、しっかりと行ってくれるクリニックは良い口コミが多いです。

③費用を明確に出している

費用を明確に出しているクリニックは、信頼できるクリニックである1つの理由になります。

クリニックによっては、治療後に費用を追加してくるところもあるため、初めから費用を明確に出しているクリニックを選ぶようにしましょう。

また、カウンセリングや診察時に無理に勧誘したり、強引にオプションの追加などを勧めて来たりするクリニックも注意が必要です。
費用に関して疑問が生じた場合には、トラブルを避けるためにも、必ず確認するようにしましょう。

④施術メニューが豊富

施術メニューが豊富であるか、ということもクリニックを選ぶうえで重要です。
人によってほくろの症状や悩みは異なるため、施術方法が豊富だと自分に適した治療が見つかる可能性が高いです。同じ治療法の中にも異なるメニューがあったりと、自分に合う治療が見つかりにくい場合には医師と相談して決めていくようにしましょう。

⑤治療の実績数を開示している

しっかり数値で実績を示しているクリニックは、治療の質の高さに自信を持っていることが伺えます。
治療の実績数が多いということは、それだけ評判を聞きつけて来院される方も多いということです。

実績は嘘をつかないため、評判の良いクリニックを探したい方は、治療の実績や症例数を確認しておきましょう。

⑥良い口コミの数が多い

良い口コミがたくさんあるということは、それだけ多くの方に評価されていることをさします。
1つの口コミサイトだけでなく、複数のサイトで評価されているクリニックは特に評判の良いクリニックであるといえます。

クリニックの口コミを探す際にはぜひ複数のサイトを参考にしてみてくださいね。
しかし、良い口コミの中にはサクラが含まれている可能性があることだけ心に留めておきましょう。

【編集部おすすめ】ほくろ除去の評判の良いクリニック6選!

ここでは実際にほくろ除去のおすすめクリニックを5院をご紹介いたします。
施術メニューや料金だけでなく、各クリニックの特徴についても比較していますのでぜひ参考にしてください。

クリニックを選ぶ際は、実際のクリニックの雰囲気や医師の振る舞いを自分の目で確かめることが大切です。
特に、初めて美容施術を受ける方や美容施術の経験が少ない方は、2-3院比較してみることをおすすめします。

気になるクリニックが見つかった方は、まず無料カウンセリングに行ってみましょう。

クリニック名特徴無料カウンセリングレーザー除去法電気メス法
切開法
TCB東京中央美容外科初めて美容施術を受ける人でも安心!
公式サイトはこちら
レーザー除去法
4,980円(1mm)
電気分解法
4,980円(2mm)
切開法
19,800円(1mm)
東京美容外科業界最高レベルの医師の技術力
公式サイトはこちら
アブレーション
5,500円(1mm)
切除縫合法
8,800円(1mm)
KM新宿クリニック 美容皮膚科の専門医による治療
公式サイトはこちら
CO2レーザー
5,500円(1mm)
切開法
28,600円(4mm)
TAクリニック徹底的にプライバシー配慮したサービス
公式サイトはこちら
電気分解法
5,500円(1mm)
切除法
9,400円(1mm)
湘南美容皮膚科クリニック傷跡が残らない!
自然な仕上がり
公式サイトはこちら
CO2レーザー
9,800円(2mm)
水の森美容クリニック顧客満足度の高い丁寧な治療
公式サイトはこちら
電気メス
11,000円(3mm未満 )
切開法
22,000円(5mm未満)

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科の3つのおすすめポイント

  • TCB東京中央美容外科では、ほくろの大きさや深さ、場所に応じて最適な治療法を提案してくれます。レーザー治療、電気メス治療、切開法、くり抜き法など、さまざまな方法がありますが、どれも短時間で済み、傷跡を最小限に抑えることができます。
  • カウンセリングやアフターケアも充実しており、不安や疑問に丁寧に答えてくれます。ほくろ除去は4,980円から受けられるので、気軽に相談してみましょう。
  • TCB東京中央美容外科のほくろ除去は、ほくろの状態にあわせて除去方法を選択できます。そのため、あなたの美肌感をアップさせることができるでしょう。

TCB東京中央美容外科の施術メニュー情報

施術名レーザー除去法
*新宿三丁目院のみ
くり抜き法電気分解法切開法
料金(税込)1mm 4,980円1mm 10,200円2mm 4,980円1mm 19,800円
保証期間修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

TCB東京中央美容外科の口コミ

良い評判:局部麻酔のみで、ほくろ周辺から表面のみではなく奥までくりぬく方法で除去しました。局部麻酔が効いているので、まったく痛くありません。かかった時間は10分程度。穏やかな雰囲気の先生、綺麗で優しいスタッフの方ばかりで安心して施術を受けられました!

悪い評判:患部の写真を撮りドクターに見せてどんな方法が良いのか聞いてきますとカウンセラーの方が席を外しました。終始カウンセラーの方が説明と内容の話をしていたので、医療行為を行う場でドクターがカウンセリングに出てこないことが疑問に思いました。

そして、モニター価格で安くしますといかにもその日のうちに施術をしろと言われているみたいでした。

TCB東京中央美容外科の基本情報

クリニック名TCB東京中央美容外科
店舗情報全国81院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

東京美容外科

東京美容外科の3つのおすすめポイント

  • 東京美容外科では、ほくろの大きさや状態に合わせて、アブレーション法や切除縫合法などの治療法を選択できます。どちらの方法も施術時間は約10分程度で、痛みに配慮した治療が行われます。
  • 東京美容外科は20年以上医療事故ゼロという高い技術力を持っており、安心してほくろ除去を受けることができます。また、料金も明確で、1mmごとに5,500円から受けられます。
  • ほくろ除去後は傷跡が目立たなくなるようにアフターケアもしっかり行われており、どんなトラブルにも対応してくれます。ほくろ除去で顔や体の印象を変えたい方は、東京美容外科がおすすめです。

東京美容外科の施術メニュー情報

施術名アブレーション
(電気メス)
切除縫合(切開法)
料金(税込)1mm 5,500円1mm 8,800円
保証期間アフターケア無料アフターケア無料
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

東京美容外科の口コミ

良い評判:自分が予想したよりも、金額は高かったです。しかし、丁寧な説明と施術はとても良かったです。施術は全く痛みを感じず、安心して受けることが出来たためとても満足しています。

悪い評判:家に着いてマスクをとったら患部から血が出てました。その後血が止まってテープを貼りました。その後1週間くらいは膿みたいのが出てきて拭き取ってはテープを貼って2週間くらいで止まりました。まだあとがのこっているのであとどのくらいできれいになるのか心配です。

東京美容外科の基本情報

クリニック名東京美容外科
店舗情報全国21院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックの3つのおすすめポイント

  • KMクリニックでは、ほくろ除去にCO2レーザーを使用しています。CO2レーザーは、ほくろの細胞内の水分に反応して熱エネルギーを発生させ、瞬間的に蒸散させることで、メスを使わずにほくろを取り除くことができます。
  • 局所麻酔を施すため、レーザー照射時や術後の痛みはほとんどありません。施術後は保護テープを貼るだけで、テープの上からメイクが可能です。紫外線対策をしっかり行えば、色素沈着のリスクも低減できます。
  • KMクリニックでは、ほくろ除去だけでなく、仕上がりの美しさにもこだわっています。日本製の高品質なCO2レーザーを使用し、経験豊富な医師が丁寧なカウンセリングと確かな技術で施術を行います。

KM新宿クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー切開法
料金(税込)1mm 5,500円4mm 28,600円
保証期間
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

KM新宿クリニックの口コミ

良い評判:痛みは麻酔を刺す時くらいでした。以前受けたところでは麻酔が効きはじめてる前に施術していましたのですごく痛かったのでそれが普通だと思っていたのですが、こちらでは麻酔が効くまで待つ時間を設けてくださったので、全く痛みなく終わりました!あ、麻酔だけではなくもちろん先生のテクニックもあると思います(笑)とにかく痛みがないのが一番良いと感じた点です。

悪い評判:顔のホクロを2箇所レーザー治療して、1ヶ月くらい経ちました。カサブタは取れて、新しい皮膚になっています。肝心のホクロ部分は、少し隆起してきました。元通りにはなっていませんが、少し膨らんでいます。残念です。元通りになってしまうかは、今はまだわかりません。

KM新宿クリニックの基本情報

クリニック名KMクリニック
店舗情報新宿院
営業時間11:00〜19:00
定休日月・木・年末年始
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

TAクリニック

TAクリニックの3つのおすすめポイント

  • TAクリニックでは、ホクロの大きさや形に合わせて、電気分解法と切除法の2つの方法でホクロ除去を行っています。電気分解法は極細の電極でホクロを焼灼する方法で、除去跡がほとんど目立ちません。切除法はメスでホクロを切り取る方法で、再発の心配がほとんどありません。
  • 電気分解法と切除法も痛みや腫れを抑える工夫をしています。TAクリニックのホクロ除去は、傷跡が目立ちにくいようにベテランの医師が丁寧に施術します。
  • TAクリニックでは無料カウンセリングも行っており、ベテランの医師が最適な施術をご提案します。気になるホクロがある方は、まずは無料カウンセリングをお試しできます。

TAクリニックの施術メニュー情報

施術名電気分解法切除法
料金(税込)1mm 5,500円1mm 9,400円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

TAクリニックの口コミ

良い評判:カウンセリングがとても良かったです!親身にご相談に乗って下さり、カウンセラーさんも医師もとても良い方でした。ほかの施術で見積もりを出していただきましたが、保障がとてもしっかりしており通いたいなと思いました。

悪い評判:オプションでこれも付けないとダメ、これも付けないとダメ、と言われ、どんどん料金が膨らんでいった。だったら最初からこの金額でネットにかいて欲しいと思った。

TAクリニックの基本情報

クリニック名TAクリニック
店舗情報全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日店舗により異なる
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

湘南内科皮フ科クリニック

湘南内科皮フ科クリニックの3つのおすすめポイント

  • 湘南内科皮フ科クリニックのほくろ除去は、CO2レーザーという光を使って、ほくろを切らずに除去する方法です。ほくろに水分が多いので、レーザーで蒸発させることで、ほくろをなかったことにすることができます。
  • 湘南内科皮フ科クリニックでは、ほくろ除去を保険診療で行っています。保険適用になる条件は、ほくろが隆起していて3mm以上のサイズであること、生活に支障をきたすことがあることなどです。
  • ほくろ除去は予約制で、切開手術は行っていません。長径約1cmまでのサイズを施術します。費用は保険診療の3割負担で約8,000円~9,000円前後です。平日18時以降や土日祝日は別途150円が加算されます。

湘南内科皮フ科クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー
(2mm以下)
CO2レーザー
(4mm以下)
CO2レーザー
(6mm以下)
CO2レーザー
(6mm以上1mmあたり)
料金(税込)9,800円14,800円19,800円2,000円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

湘南内科皮フ科クリニックの口コミ

良い評判:みなさんとても対応がいいです。先生も無駄なことは話さずに診察してくれるのでスムーズですし、混んでいても待ち時間が少ないです。

悪い評判:予約開始から40分経っても診療が始まらない 次の診療が始まってしまうと思いチャット連絡をするが何の連絡もない こちらから電話をかけると何の謝罪もなしにすぐに始めるとだけ 実際に始まっても早く終わらせたいくらいの早口の会話でテキトーに終わる。

湘南内科皮フ科クリニックの基本情報

クリニック名湘南内科皮フ科クリニック
店舗情報町田院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法WEB・電話・LINE
公式サイトはこちら

水の森美容クリニック

水の森美容クリニックの3つのおすすめポイント

  • 水の森美容クリニックのほくろ除去は、電気メスと切縫の2種類の方法があります。治療前の不安を少しでも和らげるため、高い志を持った医師、看護師、カウンセラーが一丸となってサポートしてくれます。患者様の安心と安全を最優先に考え、心地よい治療環境を提供しています。
  • 料金は、ほくろの大きさや個数によって異なりますが、電気メスは3mm未満のほくろで11,000円から、切縫は5mm未満のほくろで22,000円からとなっています。
  • 水の森美容外科の院内は、明るく開放的なエントランスで迎えられ、優雅で落ち着いた雰囲気の待合室でリラックスすることができます。また、無料カウンセリングを行っており、ほくろ除去に関する相談や不安な点を相談できます。

水の森美容クリニックの施術メニュー情報

施術名電気メス切開法
料金(税込)3mm未満 11,000円5mm未満 22,000円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

水の森美容クリニックの口コミ

良い評判:いろんな美容外科にカウンセリングに行きましたが、ここのクリニックが一番良かったです。受付の方、ドクター、ナース、皆さん優しいです。カウンセリングも、特に名古屋院は、院長が話しやすく質問も丁寧に答えてくれます。
エレベーターを降りて、扉を開けると受付の方が笑顔で迎えてくれます。

悪い評判:一ヶ月前から水の森銀座院にカウンセリングの予約をしていました。予約完了メールで16:30からの日時も確認して。

そうしたら当日10:20から2回電話が来ており出てみると「10:30から予約ですが15分前の来院をお願いしております。どのくらいで到着のご予定でしょうか」と強めの口調でご連絡が来ました。

水の森美容クリニックの基本情報

クリニック名水の森美容クリニック
店舗情報全国5院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法Web予約・電話・アプリ
公式サイトはこちら

ほくろ除去のおすすめの治療法ランキング

ここでは先ほど紹介した4つのほくろ除去方法について、おすすめの治療法をランキングにしました。
治療法について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1位:レーザー除去法

レーザー治療は術者の技術や手間をあまり必要とせず、施術時間も少なくすむため、一番安くすみやすい施術方法です。
また、切開法と異なり、傷跡がほとんどないことや、ダウンタイムの期間が比較的短いことから、患者側の負担も少ないです。

レーザー治療は一度に複数のほくろを照射できるため、小さなほくろを複数除去したい方におすすめです。
当てはまった方はぜひレーザー治療ができるクリニックを探してみてくださいね。

2位:電気メス法

電気メス法は電気による熱エネルギーを用いているため、施術時間が5~10分と短いことが大きな特徴です。
電気メスを用いて短時間で施術がすむことに加え、根の深いほくろの除去も可能です。
したがって、複数のほくろや大きなほくろを除去したい方におすすめです。

ただし、メスを使用していることからレーザー治療に比べると、傷跡が残りやすいというデメリットがあります。

3位:くり抜き法

切開法とくり抜き法は他の施術方法と異なり、「手術」になるため、他の治療法より高額になりやすいです。

しかし、くり抜き法の方が切り取る範囲が狭く、施術時間も短時間であるため、切開法よりは費用を安く抑えやすいです。

4位:切開法

切開法は大きなほくろの除去に向いており、再発しにくいなどのメリットがあります。

一方で、治療時間が長く、医師の技術力が必要であるため、クリニック側の負担は大きくなります。
その負担の大きさから、他の治療方法より高く値段設定されていることが多くなっています。

公式サイトはこちら
関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

ほくろ除去施術の流れ

ほくろ除去をする際どのような手順で施術が進んでいくのかについて解説していきます。
必ずしも当てはまるわけでないため、あくまで1つの目安としてくださいね。

①カウンセリング

1つ目はカウンセリング(診察)です。
カウンセリングを受けるにあたっては、以下のことを気にしておくことがおすすめです。

  • 説明を受けた説明が正しい情報かどうか
  • 治療の効果・リスクについて
  • かかる費用

アフターケア方法上記のことについてしっかりと説明を受けて納得した上で施術を受けるようにしましょう。
説明を受けているときに不安なことがあれば、遠慮せず積極的に質問することが重要です。

ほくろ除去はほとんどの場合、全額自己負担となります。
後悔しないよう、カウンセリングはしっかり考えて受けようにすることが重要です。

②施術

最近は、レーザー治療など肌にあまり負担のかからないほくろ除去方法も増えてきています。
しかし、治療を成功させるためにも施術前には注意しなければならない点があります。

1つ目は、患部を傷つけないようにすることです。

施術前に傷がついてしまうと、ダウンタイムが長引いてしまったり、最悪の場合施術自体ができないということにもつながります。
怪我に注意することはもちろんのこと、日焼けなどで肌を刺激しないようにすることも必要です。

2つ目は、当日はメイクしないようにすることです。

化粧水や乳液、日焼け止めといったスキンケア用品の使用も控えたほうが良いでしょう。

③ダウンタイム

ダウンタイムは治療方法によって異なりますが、共通して肌を傷つけないようにすることが重要です。

傷の治りが遅くなってしまうことにもつながるため、幹部を保護することを意識しましょう。

しかし、かといって患部を一切触らないようにすることも良くありません。
患部を優しく洗って清潔に保つことが重要です。

また、ダウンタイム中にかさぶたができてしまうことがあります。
これは正しく傷が治っていることを意味するため、かさぶたははがさないように気をつけましょう。

無理にかさぶたをはがすと、傷の治りが遅くなってしまいます。

④アフターケア

術後のアフターケアは、綺麗な仕上がりに関係するため非常に重要です。

 レーザー治療の場合、テープで傷口を保護して外的刺激から守りましょう。
入浴時には石けんで患部を優しく洗い、軟膏を塗布して傷口が乾燥しないようにすることが必要です。
乾燥するとかゆみが出てしまい、夜中睡眠中にかきむしってしまう恐れがあります。

皮膚が再生されてきた後も油断はできません。
色素沈着やシミなどの後遺症につながってしまうの可能性が残っているため、紫外線には注意が必要です。
日焼け止めを活用するなど紫外線ケアは必ず行うようにしましょう。

ほくろ除去で後悔した失敗例を紹介!

ほくろ除去は美容や健康のために行う人が多いですが、その一方で後悔やトラブルになるケースも少なくありません。
以下では、ほくろ除去で後悔した失敗例を紹介し、ほくろ除去を成功させるためのポイントをお伝えします。

ほくろ除去の後悔した失敗例|リスクやデメリットを把握していなかった

ほくろ除去は簡単な手術のように思われがちですが、実は様々なリスクやデメリットがあります。

例えば、ほくろ除去の方法によっては、傷跡や色素沈着、感染症、アレルギー反応、神経障害などの副作用が起こる可能性があります。
また、ほくろが悪性の場合は、切除することでがん細胞が拡散するリスクもあります。

ほくろ除去をする前には、必ず医師に相談し、自分のほくろの状態や除去方法のメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

ほくろ除去の後悔した失敗例|自分のほくろに適切な治療方法を選べなかった

ほくろ除去には、レーザー治療、電気焼灼法、切除法など、様々な方法があります。
しかし、これらの方法は一概にどれが良いとは言えません。
ほくろの大きさや形、位置、種類、数などによって、最適な方法は異なります

例えば、レーザー治療は小さく平らなほくろには効果的ですが、大きく盛り上がったほくろには不向きです。
また、切除法はほくろを完全に除去できますが、傷跡が残りやすいです。

自分のほくろに合った治療方法を選ぶためには、医師の診断や説明をよく聞き、自分の希望や予算も考慮することが必要です。

ほくろ除去の後悔した失敗例|技術や経験が不十分な医師やクリニックを選んでしまった

ほくろ除去は医療行為ですが、美容目的の場合は保険適用外となります。
そのため、ほくろ除去を行う医師やクリニックの質や水準はバラバラです。

安さや便利さだけで医師やクリニックを選ぶと、技術や経験が不十分なところに当たる可能性があります。
その結果、ほくろ除去の効果が不十分だったり、傷跡が目立ったり、感染症や合併症が起こったりするリスクが高まります。

ほくろ除去を行う医師やクリニックを選ぶときには、以下のようなポイントに注意してください。

  • 医師の資格や経歴を確認する
  • クリニックの設備や衛生状態をチェックする
  • ほくろ除去の実績や口コミを参考にする
  • ほくろ除去の方法や料金、保証などを明確に説明してもらう
  • ほくろ除去の前後のケアやアフターフォローが充実しているか確認する

ほくろ除去の後悔した失敗例|費用や保証を確認していなかった

ほくろ除去は保険適用外の美容治療ですから、費用は自己負担となります。
ほくろ除去の費用は、ほくろの数や大きさ、除去方法、クリニックの料金設定などによって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度です。

しかし、ほくろ除去の費用には、初診料や再診料、薬代や消耗品代などの別途費用が含まれていない場合があります。
また、ほくろ除去の効果に満足できなかったり、副作用が起こったりした場合に、追加料金や保証があるかどうかも確認しておく必要があります。

ほくろ除去をする前には、必ず見積もりや契約書をもらい、費用や保証の内容をしっかりと理解しておきましょう。

ほくろ除去後のおすすめのダウンタイムの過ごし方

ほくろ除去の施術では、ほぼ全ての治療法でダウンタイムがあります。
ダウンタイムの過ごし方は、その後の傷跡の残り具合などに影響するため、非常に重要です。

ここでは、ほくろ除去後おすすめのダウンタイムの過ごし方について解説していきます。

紫外線対策をする

1つ目は、紫外線対策です。
施術をした患部の保護のために紫外線対策を行いましょう。

特に、ほくろ除去後は施術のダメージを受け、普段より肌が敏感になっています。
敏感な状態の肌は紫外線の影響を普段よりも受けやすく、色素沈着や再発の可能性も高くなっています。
敏感肌にも使用できる日焼け止めなどを用いてケアしましょう。

肌に刺激を与えない

2つ目は、肌に刺激を与えないことです。

先ほど述べた通り、施術後の肌はダメージを受けており、非常に敏感な状態です。
肌をこすったり、摩擦など外的刺激を与えると色素沈着を起こしてしまう可能性があります。
特に、洗顔や入浴の際患部をこすりすぎないよう注意が必要です。

肌に刺激を与えずにダウンタイムを終えることで、綺麗な仕上がりを実現することに繋がります。

保護テープの張り替え頻度は最小限にする

3つ目は、保護テープの張り替え頻度は最小限にするに関する注意点です。

施術後、肌の保湿や紫外線を避けるためテープの保護は必須です。
しかし、保護テープの取り換え回数が多すぎると、その分皮膚にダメージを与えてしまうため逆効果です。

テープの種類にもよりますが、サージカルテープの場合は1日2回程度の頻度で貼り変えましょう。
また、貼り変える際は軟膏塗布もあわせて行いましょう。

尚、テープはサージカルテープが手に入りやすく、値段が安いためおすすめです。

を目安に張り替えましょう。

かさぶたを取らないようにする

4つ目は、患部にできたかさぶたを取らないことです。
かさぶたは正しく傷が治っていることを意味するため、かさぶたを取ると、傷の治りが遅くなってしまいます。

また、保護テープを貼っていると、交換する際にテープを剥がした拍子にかさぶたが取れてしまうこともあるので気をつけましょう。
テープ交換の際に軟膏を塗ってから貼ると、次にテープを剥がすときにかさぶたが取れにくくなります。

ほくろ除去でおすすめの跡を残さない対策法

テープで患部を保護することが重要であることがわかりましたが、跡が残らないようにするためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは傷跡を残さない対策法について解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

テープの張り替え回数を少なくする

先ほどの通り、保護テープの張り替え回数が多いと、患部へのダメージが増えてしまいます。
保護テープの張り替え回数を少なくすると、その分皮膚を傷つけず綺麗に傷が治ります。

しかし、全く交換しなさすぎることは衛生的に良くないため、臨機応変に対応することが必要です。

テープの種類にもよりますが、サージカルテープの場合は1日2回程度を目安に交換しましょう。
透明保護テープを使用する場合は、3日に1度程度を目安に交換するようにしてください。

傷が上皮を覆うまでは保護テープを張る

傷がピンク色の上皮を覆うまではテープを張るようにすることで、綺麗な肌に仕上がりやすいです。

傷が治るまでの期間は個人差がありますが、基本的には10日〜2週間程度はみると良いでしょう。
ただし、切開法は施術自体皮膚へのダメージが大きいため、抜糸後数ヶ月はテープを張る必要があります。

また、傷が治っても紫外線のケアを怠ると、色素沈着を引き起こしてしまうため、日焼け止めなどで紫外線対策を徹底しましょう。

ハイドロコロイドテープを使う

ほくろ除去を行ったクリニックで保護テープをもらえることもありますが、予備のテープでハイドロコロイドテープを使用すると効果的です。

ハイドロコロイドテープは患部を清潔に保つだけでなく、患部から出てくる体液を利用して傷の自己治癒力を高める効果があります。
ハイドロコロイドテープは、ネットやドラッグストアなどで簡単に購入できるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

【危険?!】除去した方がいいほくろって?

ほくろは、皮膚にメラニン色素が沈着したもので、ほとんどの人にあるものです。
基本的に取らない方がいいほくろはなく、全て除去してしまっても問題はありません。

一方で、除去した方がいい危険なほくろが存在します。

危険なほくろとは、皮膚がんの一種である悪性黒色腫の原因となる可能性があるほくろのことです。
早期発見・治療すれば治る可能性が高いですが、放置すると命に関わることもあります。

では、どのようにして危険なほくろを見分けることができるのでしょうか?
また、危険なほくろを放置するリスクは何なのでしょうか?

除去した方がいい危険なほくろがある?

ほくろは、生まれつきあるものや、日光やホルモンなどの影響で後天的にできるものがあります。
ほくろは、ほとんどが良性のもので、特に問題はありませんが、ごく稀に悪性のものがあります。

悪性のほくろは、メラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれ、皮膚の色素細胞ががん化したもので、黒や茶色の色素斑として現れます
メラノーマは、ほくろと似ていることから「ほくろのがん」とも呼ばれますが、実際にはほくろから発生することは稀で、ほくろに似た形で新たにできることが多いです。

メラノーマは、日本人の皮膚がんの約5%を占める比較的まれながんですが、悪性度が高く、命に関わる可能性があるという特徴があります。
手足や顔など全身のどこにでもできる可能性がありますが、特に日光に当たることが多い部位に発生しやすいといわれています。

メラノーマは、早期に発見して手術で切除すればほぼ治癒することができますが、深く皮膚に浸潤したり、リンパ節や内臓に転移したりすると、治療が困難になります。
そのため、メラノーマの予防や早期発見が非常に重要です。

危険なほくろの見分け方

危険なほくろは、一般的に以下の5つの特徴を持っています。
これらの特徴は、ABCDE法と呼ばれ、自分でほくろをチェックする際に参考にできます。

  • Asymmetry(非対称性):ほくろの形が左右対称でない
  • Border(境界):ほくろの境界がぼやけている、ひび割れている、ギザギザしている
  • Color(色):ほくろの色が均一でない、黒や赤や青などの異常な色がある
  • Diameter(直径):ほくろの直径が6mm以上ある
  • Evolution(変化):ほくろの形や色や大きさなどに変化がある

ABCDE法は、危険なほくろの目安となるもので、必ずしもすべてのメラノーマ(悪性黒色腫)がこれらの特徴を持っているわけではありません。
また、これらの特徴を持っているからといって、必ずメラノーマ(悪性黒色腫)であるとは限りません。
最終的には、皮膚科で専門医に診てもらうことが必要です。

危険なほくろを放置するリスク

危険なほくろを放置すると、悪性黒色腫が進行して、皮膚の深部やリンパ節、血管などに転移してしまう可能性があります。
転移すると、治療が困難になり、命に関わることもあります。

悪性黒色腫の5年生存率は、早期発見・治療した場合は約90%ですが、転移した場合は約10%に下がります。
そのため、危険なほくろを放置しないで、早めに皮膚科で診察を受けることが大切です。

皮膚科では、ほくろの状態を観察したり、皮膚の一部を採取して検査したりして、ほくろの良性・悪性を判断します。
もし悪性と診断された場合は、ほくろを切除する手術や、抗がん剤や免疫療法などの治療が行われます。

ほくろ除去で保険適用の方がおすすめな理由は?

保険適用でほくろ除去を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ほくろ除去で保険適用をするおすすめの理由について解説していきます。

安く治療できる可能性がある

ほくろ除去を含む美容医療は保険が使えない自由診療であるため、治療費は基本的に高額になります。
しかし、保険を適用してほくろ除去を行うと費用を安く抑えられる可能性があります。

しかし、保険が適用できるのは、医師の診察を受けてほくろが悪性と判断された場合のみです。
保険を適用して治療を行いたい方は、保険適用治療を行うことができるクリニックに相談してみましょう。

悪性のものを保険適用外でとると転移する危険性がある

保険適用対象になる悪性のほくろを美容医療で治療すると、治療できずに転移してしまう恐れがあります。

美容医療においてのほくろ除去法は主に比較的安価であるレーザー治療が一般的です。
しかし、レーザー治療では、表面上ではほくろを除去できたように見えていても根が残っていたり再発したりする可能性も否定できません。

悪性のほくろを完全除去し、再発リスクを抑えるためにも、悪性のほくろと診断された方は、皮膚科で切開法や電気メス法による治療を受けましょう。

ほくろ除去はメンズにもおすすめ?メリットをご紹介!

ほくろ除去を含めた美容医療はどうしても女性のイメージが強いですが、ほくろ除去を受ける男性は増えてきています。
ここではメンズにもほくろ除去を行うことがおすすめな理由について解説していきます。

コンプレックスが解消される

男性の方も女性の方のようにほくろにコンプレックスを抱えている方は少なくありません。
コンプレックスだったほくろが除去できると、コンプレックスを解消でき、自分に自信が持てるようになることにも繋がります。

最近では男性向けの、ほくろ除去メニューを設けているクリニックも少なくないため、気になる方はぜひほくろ除去できるクリニックを探してみましょう。

顔の印象を変えられる

ほくろを取ることで顔の印象が変わりかっこよく見られやすくなります。
表情が明るくなったり、若々しくみられるなどの効果により顔の印象の良い変化を期待できます。

顔の印象を変えたいというメンズの方にもおすすめです。

美容にも良い

最近では男性の方でも化粧をする人が増えてきています。
ほくろ除去を行うと、化粧でほくろを隠す必要がなくなるため、化粧がしやすくなります。

ほくろを隠すためにメイクをしている男性の方にほくろ除去は特におすすめです。

ほくろ除去で失敗や後悔するリスクはある?

ほくろ除去には様々なメリットがありますが、失敗や後悔、リスクはどのようなものがあるのでしょうか。

ここではほくろ除去のリスクなどマイナス面について解説していきます。

傷跡が残る可能性がある

いずれのほくろ除去方法も肌を傷つけてほくろを取る形になるため、どうしても傷跡が残る可能性があります。

しかし、術後に正しいアフターケアを行うことができれば、傷跡が残る可能性を少なくすることも可能です。
取ってもらって終わりではなく、アフターケアが重要であるということを心に留めて置きましょう。

新しいほくろができる可能性がある

ほくろを除去することができても、新しいほくろができる可能性は少なからずあります。
ほくろができやすい体質なども原因として考えられますが、紫外線ケア等の対策を行うことでほくろ再発の可能性は減らすことができます。

新しいほくろができないように普段から肌に刺激を与えないよう意識しましょう。

ほくろ除去した部分が陥没する可能性がある

レーザー治療や電気メスでほくろ除去を行うと、ほくろを取ってなくなった患部が陥没する可能性があります。

陥没の理由は、縫合が適切でないことや、傷が癒える過程で紫外線を浴びてしまうことなどがあげられます。

患部が陥没するリスクを抑えるためにも、医師・クリニック選びやダウンタイムのケアは慎重に行いましょう。

ほくろ除去の失敗リスクについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

目立つところにあるほくろが気になってしょうがないほくろ除去したいけど、失敗するのが怖い、、お顔や身体のほくろが気になり、ほくろ除去の施術に興味を持ったが、このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?[…]

ほくろ除去でおすすめのレーザー除去法が痛いって本当?

ほくろ除去はレーザー治療が一般的ですが、痛みはあるのでしょうか。
レーザー治療を受ける際の痛みについて解説していきます。

局所麻酔をするため痛みは殆どない

レーザー治療をする際、施術前に局所麻酔という注射タイプの麻酔を行うため、施術自体に痛みは感じません

ただし、施術する箇所のそばに麻酔を打たなければならないため、施術部位が顔だと麻酔剤を注入する際に多少抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
しかし、保冷して感覚を麻痺させながら局所麻酔を行うクリニックがほとんどであるため、不安に思う必要はありません。

場所によって痛み方は違う

ほくろ除去をする場所や大きさによって痛みは異なるため、痛みが伴う可能性は否定できません。
しかし、基本的に施術中は麻酔が効いているため、痛みを感じることはありません。

ただし、施術法や除去した箇所によっては術後にひりひりとした痛みが生じる可能性もあります。

麻酔無しで行えるレーザー治療もある

中には麻酔なしでレーザー治療を行うことができるクリニックも存在します。

局所麻酔は麻酔剤を注入する際にちくっとした痛みを感じることがあります。
注射の痛みが苦手な方は、麻酔なしでほくろ除去ができるクリニックを探してみましょう。

ほくろ除去を自分でするのはおすすめしない

ほくろ除去は自分で行うこともできますが、リスクが大きいためおすすめできません。
ここでは、ほくろ除去をセルフで行うことをおすすめできない理由について解説していきます。

ほくろ除去は医療行為であり高い技術力を要する

ほくろ除去とは、本来医療機関で行われなければならない医療行為です。
医療機関であっても大きなほくろを除去する場合は、メスが必要になり高い技術力が必要となります。

ほくろを除去したい場合、必ず信頼できる医療機関で行うようにしましょう。

傷痕が残りやすい

自分でほくろを除去するためにお灸で焼いたり、カッターナイフで切ろうとする方もいます。

このように自分でほくろ切除を行うと傷跡が残りやすく、取り返しのつかない状況になることも考えられます。
ほくろをもし除去できたとしても大きな傷跡ができてしまうと、本末転倒です。

クリニックでほくろ除去を受けると傷跡が残らないよう適切なサポートをしてくれます。
傷跡が残らないようにするためにもほくろ除去は医療機関で受けるようにしましょう。

悪性のほくろを適切に処置できない

ほくろが悪性なものかどうかは肉眼では判断できないケースが多く、医師の診断が必要となります。

万が一ほくろが皮膚ガンであった場合に自分でほくろ除去を行うと、さらに危険性が高くなってしまう恐れがあります。

ほくろ除去後の再発を予防するおすすめの方法

ほくろ除去の治療は、一時的に綺麗にほくろが取れたとしても、ほくろが再発するリスクは存在します。
特にレーザー治療だとほくろが再発してしまう可能性も少なくありません。

ここでは、ほくろ除去で再発しないようにするためにおすすめの方法について解説していきます。

ほくろ切除後は基本的には再発しにくい

初めに知っておいて欲しいことは、ほくろ除去の施術はあくまで再発の可能性があるというだけで、再発する可能性の方が低いです。

ただし、再発してしまう原因としては、紫外線を定期的に浴びることや肌に摩擦等の刺激が加わることなどがあげられます。
ほくろ除去後は正しいケアを行って、少しでも再発の可能性を減らしていきましょう。

再発しにくい治療法を選ぶ

再発しないようにするには、再発しにくい治療法を選ぶことも効果的です。
切開法くり抜き法は、再発しにくいです。

再発することが不安だという方は、医師と相談しながら上記の治療法を選択することをおすすめします。

再発してしまった場合は放置せず速やかに病院に行く

万が一ほくろが再発してしまった場合は、放置せずにすぐに病院に行き、医師に相談するようにしましょう。
ほくろが再発した際に放置してしまうと、悪性のほくろが悪化する危険性や、良性のほくろでも肥大化する可能性があります。

クリニックによっては、ほくろが再発してしまった際に無料で再除去してくれるところもあります。
再発が不安な方は、クリニック探しの際に再除去に対応しているかどうかも確認してみてください。

ほくろ除去に関するよくあるQ&A

ここではほくろ除去に関してよくある質問を10つ紹介していきます。

Q.ほくろ除去の施術後に痛みはありますか?

切開法やレーザー治療では、ほくろ除去をした後に小さな傷ができます。
治療時にできた傷が、麻酔が切れた後にひりひりと痛むことはあります。

しかし、日常生活に支障が出てしまうような痛みが出ることはありません。

Q.未成年でもほくろ除去は受けられますか?

未成年でもほくろ除去の治療自体を受けることは可能です。

しかし、未成年がほくろ除去を受けるには、親権者の同意書が必要となります。
親権者の方の理解を得やすくするためにも、未成年の方は親権者の方と一緒にカウンセリングを受けに行くことをおすすめします。

Q.ほくろ除去に年齢制限はありますか?

ほくろ除去には原則として年齢制限はありません。
早ければ、ほくろ除去は1~2歳からでも可能です。

なお、未成年のほくろ除去では、親権者の同意書を求められるケースが一般的です。

Q.ほくろ除去はほくろの大きさ・場所・形に関係なく治療を受けられますか?

ほくろの除去は基本的に大きさや場所、形に関係なく受けることが可能です。

ただし、ほくろの種類によって最適な治療法は異なります。
最適な治療法を選択するためにも、カウンセリング時にしっかり医師と相談して治療法を決定しましょう。

Q.ほくろ除去の施術後に注意しないといけないことは何ですか?

術後は患部を傷つけないようにすることが必要です。

テープや絆創膏で傷口を保護し、かゆみくてもかかないよう注意しましょう。
また、日焼けなどに注意して紫外線を浴びないよう心がけることも大切です。
尚、患部を入浴時に洗うなどして、患部を清潔に保つように意識しましょう。

Q.ほくろ除去に失敗したらお金は返ってくる?

美容皮膚科の一部のクリニックでは、返金保証制度を設けているクリニックもあります。

しかし、一般的には返金対応ではなく、薬で治療を行ってくれるクリニックがほとんどです。
傷跡が目立ってしまったり、色素沈着などが気になる場合は、まずクリニックに相談してみましょう。

Q.ほくろ除去で良く聞く「ケロイド」とは?

ケロイドは傷が修復していく過程で赤く腫れあがっていく病気のことをいいます。
腫れと同時に赤みやかゆみが生じるようになります。

大きな健康被害を生むことはないですが、気になる方は早めに医師に相談することをおすすめします。

Q.取った方がいいほくろと取らない方がいいほくろはありますか?

ほくろの中でも悪性異色腫は取った方が良いです。
皮膚がんになりうるもので、拡大鏡を用いれば判別できます。

基本的にほくろは良性であるため、取らなくても良いものですが、取っても問題はありません。

Q.ほくろ除去後は入浴できますか?

基本的に術後はテープや絆創膏で保護されているため、当日でも入浴は可能です。
入浴の際には患部をこすりすぎないよう注意しましょう。

Q.ほくろ除去に医療保険は使えますか?

基本的に医療保険は使えませんが、診察を経て保険適用となる場合があります。

しかし美容皮膚科の場合、適用とならないことも多いです。

Q.アフターケアは自身で行う必要がありますか?

ほくろ除去は基本的に施術日のみの来院となるため、アフターケアは自身で行う必要があります

アフターケアで何か困ったことが生じた場合は、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

Q. 根深いほくろの見分け方はありますか?

基本的には、ほくろの根深さは専門的な検査を受けないと分かりません。
ほくろの根深さとほくろの盛り上がり方には、あまり関連性がないためです。

根深いかどうかを知りたい場合は、まずほくろ除去に実績のあるクリニックに相談するのが良いです。

ほくろ除去を行う前におすすめの確認するべきポイント

くろ除去は美容医療に当てはまるため、施術には様々なリスクがあります。
そのことを踏まえて、ほくろ除去を受ける前には以下の点に注意しましょう。

  • 自分で施術について説明できるか
  • 施術の効果だけリスクや副作用も説明できるか
  • 他の選択肢も説明を受け、自分自身で選択したか
  • その治療は本当に今必要なのか

厚生労働省がが美容医療を受ける前のチェックリストを公開しているため、活用してみてくださいね。

美容医療施術前のチェックリスト』(出典:厚生労働省、消費者庁)

施術を受けるにあたって何か疑問が生じた場合は、放置せずに必ず医師に相談するようにしましょう。

ほくろ除去おすすめのまとめ

ここまでほくろ除去を行う上での注意点やおすすめのクリニックについて紹介してきました。

今回解説した中で特に重要な点は以下の通りです。

  • ほくろの種類に合わせて最適な治療法を選択することが大事
  • ほくろ除去後の仕上がりを綺麗にするために、アフターケアを丁寧に行うことが重要
  • ほくろ除去を受ける前にリスクを必ず確認して理解する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【厳選4選!】ほくろ除去おすすめ美容外科をご紹介!

ほくろ除去のおすすめ美容外科をいち早く知りたいという方に!
ほくろ除去の施術で人気のクリニックを4院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック選びのポイントやほくろ除去の施術で知っておくべき基本情報を知りたいという方は、よろしければ最後まで記事をご覧ください。

クリニック東京中央美容外科東京美容外科KM新宿クリニックTAクリニック
おすすめな方豊富なメニューから
自分に合った施術法
を選びたい方!
美容外科専門医
の高い技術力
を重視したい方!
美容皮膚科の専門医による治療を受けたい方
【レーザー治療法】料金4,980円
レーザー除去法
※新宿3丁目院のみ
5,500円
CO2レーザー
(1mmまで)
【電気メス法】料金4,980円
電気メス法
5,500円
アブレーション
5,500円
電気分解法
【切開法】料金19,800円
切開法
8,800円
切除縫合
28,600円
(4mmまで)

9,400円
切除法
保証内容トライブル時の修正無料
手厚いアフターケア
アフターフォロー無料万全なアフタケアーアフターケア無料
カウンセリング0円0円0円0円
割引情報・公式LINEクーポンで最大5万円OFF
・シニア割で5%OFF
・モニター特別価格で最大50%OFF・LINE友だち追加で1,000円OFFクーポンプレゼント・交通費補助最大3万円
・モニター特別価格
エリア情報全国96院
詳細はこちら
全国21院
詳細はこちら
新宿店のみ全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:0010:00~19:0011:00~19:0010:00~19:00
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク