ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>【東京】ほくろ除去のおすすめのクリニック6選!料金や施術メニューを解説!

【東京】ほくろ除去のおすすめのクリニック6選!料金や施術メニューを解説!

ほくろ除去は、ほくろの悩みやコンプレックスの解消ができる治療です。
手軽にできることで人気があり、ほくろ除去ができるクリニックは東京都に数多くあります。

東京都のほくろ除去クリニックを選ぶときは、どのようなクリニックを選ぶべきなのでしょうか?
また、ほくろ除去の保険を適用するためには、どうしたらよいのでしょうか?

今回は、「東京都のほくろ除去」について以下の点を中心に解説します。

  • クリニックを探す3つのポイント
  • カウンセリングで確認しておきたい5つのポイント
  • ほくろを除去するメリット
  • 東京都のクリニックでほくろ除去の保険を適用するためには?

東京都のほくろ除去について理解するためにも参考にしていただければ幸いです。
また、東京都でおすすめのほくろ除去ができるクリニック10選をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

東京都でほくろ除去のクリニックを探す時の3つのポイント

東京都でほくろ除去のクリニックを探す際、チェックするポイントは3つあります。

  • カウンセリングは丁寧か
  • 施術料金は適切か
  • アフターケアや再発の時の保証が充実しているか

以下でそれぞれのポイントについて解説します。

カウンセリングは丁寧か

ほくろには個体差や個人差があり、1人ひとり悩みが違います。
そのため、親身になって丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

無料カウンセリングでは、以下の点を意識して相談してください。

  • 悩みや希望について丁寧なヒアリングがあるか
  • 施術の方法をわかりやすく解説してもらえるか
  • 効果やリスクについての説明があるか
  • 施術や治療にかかる費用の説明があるか
  • 医師による診察があるか
  • 強引に施術を勧めてくることがないか

ヒアリングや説明が不十分なクリニックは信頼できません。
また、適切なほくろ除去には、医師の診察は重要なポイントです。

強引な勧誘があるクリニックは避け、信頼できるクリニックを選びましょう。

施術料金は適切か

美容外科クリニックは、美容目的の治療を取り扱う自由診療の医療機関です。
自由に料金を設定できるため、クリニックによっては破格の値段を提示することもあります。
料金が高いだけでなく、逆に相場の値段よりも安すぎるクリニックにも注意が必要です。

カウンセリングに行くと、オプションが次々と追加されて高額になることがあります。
適切な施術料金で、麻酔やアフターフォローの料金が明確に記載されたクリニックを選んでください。

東京都のほくろ除去の相場は以下のとおりです。

施術方法切開法レーザー除去法電気メス法くり抜き法
費用相場(1mm)1〜2万円5,000〜1万円5,000〜1万円1〜2万円

アフターケアや再発の時の保証が充実しているか

ほくろ除去で使用されるレーザーや電気メスなどは、傷跡が残りにくいメリットがある人気の施術方法です。
しかし、ほくろの根が深いと完全に除去できない可能性があります。

まれに、除去しきれなかったほくろの細胞が増殖して再発することがあるため、注意が必要です。
傷口に細菌が入ることで、化膿したり感染したりと、トラブルが起きてしまうこともあります。

ほくろ除去はコンプレックスの解消ができますが、施術にはリスクが伴います。
施術を受けて後悔することがないように、クリニックは慎重に選びましょう。

アフターケアや再発時の保証があるクリニックでは、無料でトラブルの治療や再施術を受けられます。

ほくろ除去のトラブルを防ぐために是非こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

目立つところにあるほくろが気になってしょうがないほくろ除去したいけど、失敗するのが怖い、、お顔や身体のほくろが気になり、ほくろ除去の施術に興味を持ったが、このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?[…]

【編集部おすすめ】東京のほくろ除去の人気おすすめクリニック6選!

ここでは実際に、東京に店舗がある、ほくろ除去のおすすめクリニックを6院をご紹介いたします。
施術メニューや料金だけでなく、各クリニックの特徴についても比較していますのでぜひ参考にしてください。

クリニックを選ぶ際は、実際のクリニックの雰囲気や医師の振る舞いを自分の目で確かめることが大切です。
特に、初めて美容施術を受ける方や美容施術の経験が少ない方は、2-3院比較してみることをおすすめします。

気になるクリニックが見つかった方は、まず無料カウンセリングに行ってみましょう。

クリニック名値段(レーザー除去法、電気メス法、切開法)無料カウンセリング特徴
TCB東京中央美容外科レーザー除去法
4,980円(1mm)
電気分解法
4,980円(2mm)
切開法
19,800円(1mm)
公式サイトはこちら
初めて美容施術を受ける人でも安心!
東京美容外科
アブレーション
5,500円(1mm)
切除縫合法
8,800円(1mm)
公式サイトはこちら
業界最高レベルの医師の技術力
TAクリニック
電気分解法
5,500円(1mm)
切除法
9,400円(1mm)
公式サイトはこちら
徹底的にプライバシー配慮したサービス
KM新宿クリニックCO2レーザー
5,500円(1mm)


切開法
28,600円(4mm)
公式サイトはこちら
美容皮膚科の専門医による治療
湘南美容皮膚科クリニックCO2レーザー
9,800円(2mm)

公式サイトはこちら
傷跡が残らない!
自然な仕上がり
水の森美容クリニック
電気メス
11,000円(3mm未満 )
切開法
22,000円(5mm未満)
公式サイトはこちら
顧客満足度の高い丁寧な治療

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科の3つのおすすめポイント

  • 品質・価格・保証全てがトップレベル
  • 専門医の熟練した高い技術
  • 豊富な施術メニューが選び放題

TCB東京中央美容外科の施術メニュー情報

施術名レーザー除去法
*新宿三丁目院のみ
くり抜き法電気分解法切開法
料金(税込)1mm 4,980円1mm 10,200円2mm 4,980円1mm 19,800円
保証期間修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。

WEBやLINEで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約の受付時間は9:00〜23:00で、土日祝日にも対応しています。

②美容カウンセラーとのカウンセリング
受付後に専任の美容カウンセラーからのカウンセリングを受けます。

ほくろの悩みや、施術の疑問について、わからないことは全て相談しておきましょう。

③担当の医師によるカウンセリング
施術を担当する医師によるカウンセリングを受けます。

ほくろの除去の理想を伝えたり、どのようなリスクがあるのか確認してください。

④契約
施術の料金、効果やリスク、ダウンタイムなどに全て納得できた場合は契約に進みます。

予約の空き状況によっては当日の施術が可能です。
後日施術を受ける場合は、施術日の日程を決めます。

⑤施術
局所・笑気麻酔、貼り付け麻酔などの豊富な方法から希望した麻酔が使用されます。

美容について専門的な知識を持った医師によって、傷痕が残りにくいよう配慮して施術を行ってもらうことができます。

⑥アフターフォロー
自宅でのケアについて説明を受けます。

施術内容やほくろの状態によっては通院が必要です。

TCB東京中央美容外科の基本情報

クリニック名TCB東京中央美容外科
店舗情報東京16院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

東京美容外科

東京美容外科の3つのおすすめポイント

  • 熟練医師達による高度な技術
  • 開院から20年以上医療事故ゼロ
  • アフターケアの充実度

東京美容外科の施術メニュー情報

施術名アブレーション
(電気メス)
切除縫合(切開法)
料金(税込)1mm 5,500円1mm 8,800円
保証期間アフターケア無料アフターケア無料
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

施術を受けるまでの流れ

①予約
電話やメールによるお悩み相談・無料カウンセリング・診療のご予約ができます。
匿名での問い合わせも受け付けています。
②カウンセリング・診察
要望を確認して希望に沿った施術が行えるように、医師によるカウンセリングが行われます。
その際、施術方法や施術内容を詳しく説明してもらえます。万が一疑問点がある場合は、納得がいくまで確認してください。
③申し込み・会計
カウンセリング後、ご納得いただけましたら実際に処置のお申込み手続きとお会計をしていただきます。

施術内容や料金に同意を得られれば、お申込みと料金のお支払いをします。
※お申込みの際にはシャチハタ以外の認印が必要です。

④写真撮影
変化を実感していただくために、施術前後の写真撮影を行います。
⑤施術
担当医師による施術が行われます。
化粧をしている方は事前に落とす必要があります。
⑥アフターケア
アフターケアは完全無料です。
きめ細やかなアフターフォローが充実しています。

東京美容外科の基本情報

クリニック名東京美容外科
店舗情報東京4院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

TAクリニック

TAクリニックの3つのおすすめポイント

  • ダウンタイムが短く負担が少ない
  • 希望や要望に沿った施術
  • プライバシーの保護の徹底

TAクリニックの施術メニュー情報

施術名電気分解法切除法
料金(税込)1mm 5,500円1mm 9,400円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

施術の流れ

①カウンセリング
シミの種類によって効果的な治療方法を紹介してもらえます。

しっかりとヒアリングを行った上で施術を検討してくれるので安心です。
疑問点などがあれば気軽に質問しましょう。

②メイク落とし
メイクしている場合は個室でメイクを落とす必要があります。
ノーメイクで来院した方がスムーズになります。
③施術
施術では軽い痛みを伴うことが多いです。
痛みの感じ方には個人差があるため、痛みに弱い方はあらかじめ伝えておきましょう。
麻酔の使用を検討していきます。
④アフターケア
施術後の注意点などを説明してもらえます。
保湿や紫外線対策が大切になります。

TAクリニックの基本情報

クリニック名TAクリニック
店舗情報東京2院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日店舗により異なる
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックの3つのおすすめポイント

  • KMクリニックでは、ほくろ除去にCO2レーザーを使用しています。CO2レーザーは、ほくろの細胞内の水分に反応して熱エネルギーを発生させ、瞬間的に蒸散させることで、メスを使わずにほくろを取り除くことができます。
  • 局所麻酔を施すため、レーザー照射時や術後の痛みはほとんどありません。施術後は保護テープを貼るだけで、テープの上からメイクが可能です。紫外線対策をしっかり行えば、色素沈着のリスクも低減できます。
  • KMクリニックでは、ほくろ除去だけでなく、仕上がりの美しさにもこだわっています。日本製の高品質なCO2レーザーを使用し、経験豊富な医師が丁寧なカウンセリングと確かな技術で施術を行います。

KM新宿クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー切開法
料金(税込)1mm 5,500円4mm 28,600円
保証期間
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

KM新宿クリニックの口コミ

良い評判:痛みは麻酔を刺す時くらいでした。以前受けたところでは麻酔が効きはじめてる前に施術していましたのですごく痛かったのでそれが普通だと思っていたのですが、こちらでは麻酔が効くまで待つ時間を設けてくださったので、全く痛みなく終わりました!あ、麻酔だけではなくもちろん先生のテクニックもあると思います(笑)とにかく痛みがないのが一番良いと感じた点です。

悪い評判:顔のホクロを2箇所レーザー治療して、1ヶ月くらい経ちました。カサブタは取れて、新しい皮膚になっています。肝心のホクロ部分は、少し隆起してきました。元通りにはなっていませんが、少し膨らんでいます。残念です。元通りになってしまうかは、今はまだわかりません。

KM新宿クリニックの基本情報

クリニック名KMクリニック
店舗情報新宿院
営業時間11:00〜19:00
定休日月・木・年末年始
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

湘南内科皮フ科クリニック

湘南内科皮フ科クリニックの3つのおすすめポイント

  • レーザーで手軽な施術!

  • 傷跡の残りにくい自然な仕上がり!
  • 隆起したいぼにも対応可能

湘南内科皮フ科クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー
(2mm以下)
CO2レーザー
(4mm以下)
CO2レーザー
(6mm以下)
CO2レーザー
(6mm以上1mmあたり)
料金(税込)9,800円14,800円19,800円2,000円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

施術の流れ

①予約
電話・WEB・メールにて予約が可能です。

都合の良い日時に沿って予約を取ることができるので、まずは日時や相談内容を伝えます。

②担当の医師・カウンセラーによるカウンセリング
初診料・診察料は無料で、まずは担当医とのカウンセリングを行います。
問診票記入後、担当医に「ここが気になる」「手軽ですぐ終わるのが良い」など、施術に関する相談・希望を伝えましょう。担当医とのカウンセリング後、カウンセラーによるカウンセリングが行われます。
施術の具体的な金額や支払い方法、施術後のアフターケアなど気になる点についてはここで相談しましょう。施術を契約すると決めた後、、治療日の予約を行います。
施術によっては、当日施術も可能です。
③施術
施術内容の確認を行い、局所麻酔をして施術が行われます。
痛みに配慮した施術を行なってくれるので、痛みに敏感な方や初めての施術で不安な方でも安心です。
④アフターフォロー
自宅でのケアについて説明を受けます。
施術内容やほくろの状態によっては通院が必要です。

術後の診察や薬の処方は無料で行ってくれます。

湘南内科皮フ科クリニックの基本情報

クリニック名湘南内科皮フ科クリニック
店舗情報町田院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法WEB・電話・LINE
公式サイトはこちら

水の森美容クリニック

水の森美容クリニックの3つのおすすめポイント

  • 丁寧なカウンセリング
  • クレームの少なさ
  • 医師の技術の高さ

水の森美容クリニックの施術メニュー情報

施術名電気メス切開法
料金(税込)3mm未満 11,000円5mm未満 22,000円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

水の森美容クリニックの基本情報

クリニック名水の森美容クリニック
店舗情報東京2院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法Web予約・電話・アプリ
公式サイトはこちら
関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。日本人はほくろができやす[…]

ほくろ除去おすすめの評判のいいクリニック
おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

ほくろ除去クリニックを探すならまずは無料カウンセリングを受けよう!

東京都でほくろ除去クリニックを探す際に、無料カウンセリングを受けるべき理由について解説します。
確認しておきたいポイントを参考に、自分に合ったクリニックを選びましょう。

無料カウンセリングを受けるべき理由

無料カウンセリングでは、治療にかかる費用を確認できます。
ほくろ除去について、不安や疑問がある場合は相談できるため、治療を迷っている方にもおすすめです。
さらに無料カウンセリングでは、費用以外にも見えることがあります。

  • ホームページではわからない実際のクリニックの雰囲気
  • スタッフや医師の対応

東京都でほくろ除去クリニックを選ぶ際は、まずクリニックに足を運んで、無料カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングで確認しておきたい5つのポイント

カウンセリングでは、5つのポイントを確認することが大切です。

  • 料金シミュレーションによる費用の目安
  • 施術時の痛みへの対処はどうなっているのか
  • ダウンタイムの症状や期間の目安
  • アフターケアや再発時の保証内容について
  • どのような支払い方法に対応しているのか

以下でそれぞれについて解説します。

料金シミュレーションによる費用の目安

カウンセリングでは、治療にかかる料金のシミュレーションができます。
料金のシミュレーションにより、施術からアフターケアまでに必要な費用の目安がわかります。

施術の料金が安くても、麻酔代やアフターケアに料金が発生することがあります。
そのため、施術に追加でかかる費用がないか、カウンセリングで事前に確認しておきましょう。

麻酔代やアフターケアの料金が無料のクリニックを選ぶと、結果的に費用を抑えられる場合があります。

施術時の痛みへの対処はどうなっているのか

カウンセリングでは、施術時の痛みへの対処を確認しておきましょう。

ほくろ除去の施術は、施術時や術後の痛みは少ないと言われています。
しかし、痛みを不安に思う方へ配慮して、麻酔の方法を選択できるクリニックもあります。

一般的に、ほくろ除去の施術には

  • 麻酔クリーム
  • 貼り付け剤
  • 局所麻酔

などの部分麻酔を使用します。
痛みが不安な場合は、麻酔方法が選択できるところを選びましょう。

笑気麻酔は別料金が多いのですが、無料で行えるクリニックもあります。
また、術後の痛みが気になる方は、術前に鎮痛剤を処方しているところを選んでもよいでしょう。

ダウンタイムの症状や期間の目安

カウンセリングの際は、ダウンタイムについても確認してください。

  • ダウンタイムの症状
  • ダウンタイムの期間の目安

ほくろ除去の施術では、傷がふさがるまでに約1〜3週間前後かかります。
ダウンタイムの時間が取れないという方は、ダウンタイムが短めの施術プランを選択しましょう。

また、ほくろ除去は傷跡が目立たなくなるまでに約1〜6ヶ月の期間が必要です。
傷跡をより早くなじませたい方は、ドクターズコスメの取り扱いがあるか確認して購入を検討してください。

ドクターズコスメには医師の処方のもとでしか販売できない美白クリームや、傷跡に優しい医療用コンシーラーなどがあります。

アフターケアや再発時の保証内容について

アフターケアや再発時の保証内容は、クリニックを選ぶ際の重要なポイントです。
感染症などのトラブルが起きた場合や、再発してしまったときの保証があるか聞いておきましょう。

もしものときの対応がしっかりしているクリニックであれば、安心して施術を受けられます。

どのような支払い方法に対応しているのか

クリニックによって、取り扱っている支払い方法が違います。
現金やクレジットだけでなく、QRコード決済が利用できるクリニックもあります。

また、費用の面でほくろ除去を諦めていた方でも、分割払いができて利用しやすいクリニックもあります。
一括での支払いが難しい場合は、医療ローンやクレジットによる分割払いに対応しているか確認してください。

東京のほくろ除去のおすすめクリニック10選!

ほくろ除去とは

ほくろ除去とは、皮膚科や美容外科で行われる「ほくろ」を取り除く治療のことです。
以下のいずれかの施術方法を用いて、ほくろを除去できます。

  • 切開法
  • レーザー除去法
  • 電気メス法
  • くり抜き法

施術方法は医師のカウンセリングを受け、ほくろのサイズや形状に合わせて選ばれます。

ほとんどの場合は美容目的で治療されるため、診察は自由診療です。
ただし、悪性腫瘍の疑いがある場合や、生活に支障があるケースでは保険が適用されます。

ほくろができる原因

一般的なほくろは、医学的に「母斑細胞母斑」と呼ばれる良性の腫瘍です。
メラニンを生成する「メラノサイト組織」が変異した「母斑細胞」が増殖することが原因で発生します。

ほくろが増える理由は明確に解明されていないものの、紫外線が原因と考えられています。
また、ほくろと間違えられやすいシミもありますが、シミはメラニン色素が沈着したものです。

ほくろの種類

ほくろは皮膚のどこで発生するかによって、3種類にわけられます。
除去したほうが良い、注意が必要なほくろもあるため確認しておきましょう。

ほくろの種類

ほくろには3種類あり、母斑細胞がどこで増殖しているかによって分類されます。

ほくろの種類境界母斑複合母斑真皮内母斑
場所・皮膚の浅い部分
・表皮と真皮の間
・皮膚の中間部分
・表皮〜真皮の浅い部分
・皮膚の深い部分
・真皮のなか
黒色黒または茶色肌色や薄茶色、灰色
特徴平たい盛り上がっている盛り上がっている

注意が必要なほくろ

皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)は、ほくろとよく似ています。
メラノーマは、ほくろの原因となる母斑細胞や、メラノサイト細胞が悪性化した腫瘍です。

以下のような形状のほくろはメラノーマの可能性があるため、皮膚科で医師の診察を受けましょう。

  • 直径6mm以上のサイズのほくろ
  • 色がまだら、色抜けがある
  • 形状がギザギザしている
  • 形状が左右非対称
  • 急激に大きくなる、色や形に変化がある
  • 部分的に硬い場所がある
  • ツメに黒い線が出ている

ほくろ除去するメリット

ほくろを除去することで、以下のようなメリットがあります。

  • コンプレックスの解消
  • 美容効果

コンプレックスの解消ができる

ほくろ除去の代表的なメリットは、コンプレックスの解消ができることです。
ほくろにコンプレックスを感じている方は多くいます。

ほくろがあることで自信を持てず、ネガティブな気持ちになるといった悩みを抱えている方は少なくありません。
しかし、ほくろを除去することで

  • 笑顔が増える
  • 自分に自信を持てる

などの効果を得られます。

美容効果が期待できる

ほくろは位置や形状によっては、老けて見られるなどの悩みに繋がることもあります。
しかしほくろを除去することで、若々しく見えやすくなるなどの美容効果が得られます。

メイクで隠す必要がなくなる

ほくろに悩みがあり、コンシーラーなどでほくろを隠している方も多いのではないでしょうか。
しかしほくろを除去することによって、メイクで隠す必要がなくなります。
そのため、忙しい朝のメイク時間が短縮できるなど、さまざまな効果を得られます。

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どちらがいいのかについてはこちらの記事で詳しく扱っているので、是非参考にしてください。

関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。ほくろ除去の治療を検討し[…]

ほくろ除去の施術種類

ほくろ除去の施術は、

  • 切開法
  • レーザー法
  • 電気メス法
  • くり抜き法

にわけられます。
クリニック選びの際は、施術の種類が自分に合っているか確認して選ぶようにしましょう。

切開法

「切開法」は、メスを使用して切開することでほくろを取り除く施術方法です。
施術費用の相場は1mmあたり1〜2万円ほどになります。

ほかの施術では難しい、直径5mm以上の大きめのほくろに適している施術です。
しかし、皮膚を縫うことで歪みや変形が出やすい鼻や唇など、凹凸のある部位には向いていません。

傷跡が残りやすいというリスクがありますが、再発の可能性が少ないというメリットがあります。

また、切開法で除去した場合はほくろの組織が残るため、悪性腫瘍かどうかを調べる病理診断ができます。
そのため、悪性腫瘍の疑いがある場合の施術にも用いられ、保険が適用されるケースもあります。

【切開法】の施術の流れ

メスを使用して、ほくろの周辺を木の葉型に切開し、皮膚を引き寄せて縫合します。
施術時間は、数分〜30分前後で終了するため、日帰りで治療できます。
また、術後は傷口に雑菌が入って化膿しないように、抗生剤や塗り薬を処方されます。

施術は1回で完了しますが、縫合しているため1〜2週間後に抜糸が必要です。
また、多くのクリニックで、施術の1ヶ月後に医師による経過観察が行われています。

抜糸後は直線上の傷ができた状態になり、赤みやへこみなどが見られます。
しかし、3〜6ヶ月かけて、少しずつ傷跡が目立たなくなっていきます。

【切開法】のダウンタイム期間の目安

切開法のダウンタイムは、1〜2週間前後です。
そのあと、傷跡が目立たなくなるまでには3〜6ヶ月の期間がかかります。

【切開法】の施術が向いている人

切開法は、5mm以上の大きめなほくろに適している施術です。
医師がほくろの原因となる細胞を確認しながら除去するため、再発の可能性がほとんどありません。

また、クリニックによっては、切除したほくろが悪性腫瘍かどうか病理診断できます。
大きめのほくろを除去したい方や、再発の可能性が少ない方法で施術したい方に向いている施術です。

【切開法】のメリット・デメリット

メリットデメリット
・5mm以上の大きいほくろに適している
・再発の可能性が低い
・皮膚がんかどうか検査できる
・保険が適用されるケースがある
・小さいほくろには向かない
・凹凸がある部位の施術は難しい
・傷跡が残りやすい
・アフターケアに手間がかかる

レーザー除去法

「レーザー除去法」はレーザーのエネルギーを利用してほくろを取り除く施術です。

使用するレーザーには3種類あります。

  • 炭酸ガスレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー
  • YAGレーザー

費用の相場は、1mmあたり4千円1万円です。

レーザー除去法は、1〜3mmの小さなほくろに適している施術です。
また、レーザーの種類によって、向いているほくろの形状や深さが違います。

傷跡が目立ちにくく、施術も数分〜10分前後で完了することから人気のある施術です。
しかし、大きなほくろはレーザーでは完全に削り取ることが難しいとされています。

【レーザー除去法】の施術の流れ

レーザー除去法の施術は、レーザーの種類によって違いがあります。
それぞれのレーザーでの施術の流れを以下で解説します。

炭酸ガスレーザーの施術の流れ

「炭酸ガスレーザー」は、皮膚の水分に吸収されることで熱が発生します。
発生した熱のエネルギーを利用して、ほくろの原因となる母斑細胞を焼き取っていきます。

患部が熱によって止血されるため、出血が少なく、短時間で施術が完了します。
また、炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、1〜2回で除去が完了します。

術後は1週間ほど擦りむいたような傷跡ができます。
そのあと10日〜2週間で傷口が閉じ、1〜3ヶ月ほどで傷跡が目立ちにくくなります。

Qスイッチルビーレーザーの施術の流れ

「Qスイッチルビーレーザー」は、ほくろのメラニン色素のみに反応してダメージを与えます。
ダメージを受けた組織が破壊されるため、ほくろを取り除けます。

また、皮膚の深い部分のメラニン色素にも反応するため、ほくろの根が深い場合に適しています。
しかし、ほくろが深い部分に存在する場合は、3〜5回ほど通院が必要です。

術後は肌がただれた状態になるため、テープを貼って過ごします。
10日〜2週間でかさぶたがはがれ落ち、1〜3ヶ月ほどで傷跡が馴染んでいきます。

YAGレーザーの施術の流れ

「YAGレーザー」は痛みが少ない施術で、ほくろが小さい場合は麻酔がいりません。
痛みが気になる場合は、施術の前に麻酔クリームや貼り付け剤を使用します。

YAGレーザーはメラニン色素への吸収率が高く、ほくろのメラニン色素のみに反応します。
レーザーを高速連続照射してダメージを与え、ほくろを破壊することで除去できます。

また、レーザーの波長を調節できるため、

  • 皮膚の表面のほくろ
  • 深い部分のほくろ

のどちらにも効果を発揮します。

しかし、皮膚の表面を少しずつ破壊していくため、5回以上通院が必要になることもあります。
かさぶたが取れるまで施術ができないため、多くの場合、1ヶ月に1回のペースで施術を受けます。

術後は皮膚がただれた状態になり、3日ほどでかさぶたが形成されます。
そのあと10日〜2週間でかさぶたがはがれ落ち、1〜3ヶ月ほどで元の肌色に近い状態になります。

【レーザー除去法】レーザーの種類

レーザーの種類ごとの特徴や、メリット・デメリットを解説します。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
レーザー名炭酸ガスレーザー
レーザーの特徴・水分に高い吸収率がある
・皮膚の表面に効果を示す
・ほくろやイボ、アザなどの組織に有効とされる
メリット・出血が少ない
・施術が短時間で終わる
・盛り上がったほくろの除去ができる
・切開より傷跡が目立ちにくい
・電気メスよりも肌へのダメージが少ない
デメリット・皮膚の深い部分のほくろは除去できない
・再発する可能性がある
・色抜けや傷跡が残る可能性がある
どのようなほくろの治療に有効とされている?・5mm以下の盛り上がったほくろ
Qスイッチルビーレーザー
レーザー名Qスイッチルビーレーザー
レーザーの特徴・メラニン組織にダメージを与える
・皮膚の深い部分にあるほくろに効果を示す
・シミやアザにも効果を示す
メリット・根深いほくろを除去できる
・色が薄いほくろにも効果がある
・施術時間が短い
・傷跡が目立ちにくい
・肌へのダメージが少ない
デメリット・通院が必要な場合もある
・盛り上がったほくろは除去できない
・再発する可能性がある
・色抜けや傷跡が残る可能性がある
どのようなほくろの治療に有効?・5mm以下の平たいほくろ
・5mm以下の根が深いほくろ
・5mm以下の薄い色〜黒いほくろ
YAGレーザー
レーザー名YAGレーザー
レーザーの特徴・メラニン色素への吸収率が高い
・皮膚の表面にあるほくろに効果を示す
・シミやアザの除去もできる
・他のレーザーと併用されることが多い
メリット・痛みが少ない
・施術時間が短い
・色が薄いほくろにも効果が期待できる
・肌へのダメージが少ない
・傷跡が目立ちにくい
デメリット・通院が必要な場合もある
・盛り上がったほくろは除去できない
・再発する可能性がある
・色抜けや傷跡が残る可能性がある
どのようなほくろの治療に有効?・5mm以下の平たいほくろ
・5mm以下の浅い部分にあるほくろ
・5mm以下の根が深いほくろ
・5mm以下の薄い色〜黒いほくろ

【レーザー除去法】ダウンタイム期間の目安

レーザー除去法のダウンタイムは、1〜2週間前後です。
傷跡が目立ちにくくなるまでには、1〜3ヶ月ほどの期間が必要です。

傷口は、術後3日ほどでかさぶたに変化し、1〜2週間かけて自然に剥がれます。
そのあと1〜3ヶ月かけて傷跡が周囲の皮膚と馴染んでいきます。

【レーザー除去法】の施術が向いている人

レーザー除去法は、5mm以下の小さめなほくろに適している施術です。
しかし、レーザーの種類によって適しているほくろが異なるため、注意してください。

レーザー除去法は痛みが少なく、ほくろ周りの皮膚にダメージが少ないというメリットがあります。
施術後はレーザーの熱でやけどのようになりますが、1〜3ヶ月で自然に馴染んでいきます。

そのため、痛みが気になる方や、ダウンタイムの時間を取れないという方におすすめの施術です。

【レーザー除去法】のメリット・デメリット

メリットデメリット
・施術が短時間で終わる
・痛みが少ない
・傷跡が目立ちにくい
・肌へのダメージが少ない
・大きなほくろの除去は難しい
・通院が必要な場合もある
・再発する可能性がある
・傷跡が残る可能性がある

電気メス法

「電気メス法」とは、電気分解法とも呼ばれる施術方法です。

電気メスのエネルギーを利用し、ほくろを削り取ることで除去します。
施術にかかる費用の相場は、1mmあたり1万円ほどです。

また、6mm以下の盛り上がったほくろに適した施術で、鼻などの凹凸がある部位にも対応しています。
電気メスは傷跡が残りにくい施術ですが、根が深いほくろの場合は再発する可能性があります。

【電気メス法】の施術の流れ

電気メスを使用し、熱エネルギーによってほくろを焼いて削り取ります。
出血が少ないため、施術は10〜15分ほどで終了します。

術後は傷口に軟膏を塗り、テープで保護するなどの処置があります。
また、1回で施術が完了することが多く、経過観察などで通院が必要になることがあります。

術後3日前後でかさぶたが形成され、7〜10日で自然に剥がれ落ちます。
そのあと3〜6ヶ月程度かけて徐々に皮膚が再生され、傷跡が目立たなくなります。

【電気メス法】のダウンタイム期間の目安

電気メス法のダウンタイム期間の目安は7〜10日ほどです。
傷跡が目立ちにくくなるまでには3〜6ヶ月ほどの期間が必要です。

【電気メス法】の施術が向いている人

電気メス法は、6mm以下の盛り上がったほくろに適した施術です。
また、鼻や凹凸のある部位のほくろの除去にも対応しています。

施術は1回で終わることが多く、少ない通院回数で治療が完了します。
そのため、鼻などの部位にほくろがある方や、通院回数を少なく済ませたい方に向いている施術です。

【電気メス法】のメリット・デメリット

メリットデメリット
・施術が短時間で終わる
・通院回数が少ない
・凹凸がある部位のほくろに対応している
・切開法よりも傷口が目立ちにくい
・大きなほくろの除去は難しい
・根が深い場合再発する可能性がある
・色抜けや傷跡が残る可能性がある

くり抜き法

「くり抜き法」とは、メスや医療用のパンチを使用し、ほくろをくり抜いて除去する施術です。
費用の相場は1mmあたり1万円ほどになります。

また、6mm以下のほくろ除去が可能で、盛り上がった形状のほくろにも対応しています。
小さいほくろであれば傷跡が残りにくく、再発の可能性が少ないメリットがあります。

しかし、傷は縫合せず自然治癒を待つことが多いため、傷口が治るまでにやや時間がかかる施術です。
また、ほくろの組織の病理診断ができるため、保険が適用されるケースがあります。

【くり抜き法】の施術の流れ

メスや医療用のパンチを使用して、ほくろを円形にくり抜くことで取り除きます。
術後は傷跡が残りにくいよう縫合しないことが多く、自然に傷がふさがるのを待ちます。

ただし、ほくろのサイズが大きい場合は、傷跡を縫合することもあります。
施術は1回で完了し、1ヶ月後の経過観察で問題がなければ通院の必要はありません。

術後は患部に穴があいたような状態ですが、2〜3週間で自然に傷口がふさがってきます。
そのあと3〜6ヶ月間かけて回復し、赤みやへこみなどの傷跡が目立ちにくくなっていきます。

【くり抜き法】のダウンタイム期間の目安

くり抜き法のダウンタイムは、2〜3週間前後です。
しかし傷跡が目立ちにくくなるまでには、3〜6ヶ月ほどの期間が必要です。

【くり抜き法】の施術が向いている人

くり抜き法は、6mm以下の盛り上がったほくろの除去に適しています。
また、鼻などの凹凸のある部位のほくろを取り除くことも可能です。

施術は1回で完了するため、少ない通院でほくろ除去の治療ができます。
また、再発の可能性が少なく、小さいサイズのほくろであれば傷跡も目立ちにくい施術方法です。

クリニックによっては、取り除いたほくろが悪性腫瘍かどうか調べることもできます。
再発の可能性が低い方法で施術したい方や、傷跡が気になる方におすすめです。

【くり抜き法】のメリット・デメリット

メリットデメリット
・6mm以下の盛り上がったほくろに適している
・凹凸がある部位のほくろに対応している
・通院回数が少ない
・傷跡が目立ちにくい
・ダウンタイムが長い
・大きなほくろの除去は難しい
・色抜けや傷跡が残る可能性がある
・根が深い場合は再発する可能性がある

ほくろ除去の相場の値段について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

ほくろ除去はコンプレックスを解消できるというメリットがあり、人気の施術です。しかし、ほとんどの場合は自由診療のため、費用がかかるというデメリットもあります。ほくろ除去の値段を安くするためには、どうしたらいいのでしょうか?そも[…]

東京のクリニックでほくろ除去の保険を適用するためには?

フォトフェイシャルの注意点

東京都のクリニックで、ほくろ除去を保険適用で受けたい場合の探し方を解説します。

銀座や池袋など大きな街でクリニックを探す

銀座や池袋などの東京都の大きな街では、保険適用に対応したクリニックが探せます。
大きな街は美容クリニックの数が多く、差別化を図るために保険適用に対応しているところも少なくありません。

銀座や池袋、新宿、渋谷などの東京都の大きな街のクリニックを探してみてください。
ただし、保険診療は悪性のほくろの可能性がある場合や、生活に支障が出ているケースで適用されます。

自分の住んでいる場所から近い地域で探す

保険適用になった場合は、血液検査や病理診断、経過観察で何度か通院が必要です。
そのため、住んでいる場所から遠いクリニックを選んでしまうと、通院が面倒になってしまいます。

自分の住んでいる場所や、職場に近い東京都のクリニックを探しましょう。
駅から近いクリニックであれば、歩く時間が少なく済み、雨の日でも通いやすくなります。

皮膚科と美容外科を併設しているクリニックを探す

東京都であれば、皮膚科と美容外科を併設しているクリニックも多くあります。
皮膚科を併設しているところは、保険適用ができる可能性が高くなります。

通常の皮膚科は、皮膚疾患を治療するための治療で、見た目は優先されません。
しかし、美容外科が併設されたところでは、術後の傷跡にも配慮して施術してもらえます。

そのため、東京都で保険適用の治療をしたい場合は、皮膚科と美容外科が併設されたクリニックを探すのがおすすめです。

ほくろ除去の保険適用について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

ほくろ除去の保険適用の条件ってなにがあるの?ほくろ除去は、自由診療と保険適用で施術内容に違いはある?目立つ位置にあるほくろや大きいほくろに悩んでいてほくろ除去の施術に興味をお持ちの方でこのような疑問を抱えている方はい[…]

フォトフェイシャルと東京まとめ

東京都のほくろ除去まとめ

ここまで、東京都のほくろ除去についてお伝えしてきました。
東京都のほくろ除去について要点をまとめると、以下のとおりです。

  • クリニックを探す3つのポイントは、カウンセリング・施術料金・保証制度
  • カウンセリングで確認しておきたい5つのポイントは、費用の目安・痛みへの対処・ダウンタイム期間・保証制度・支払い方法がある
  • ほくろを除去するメリットはコンプレックスの解消や美容効果、メイク時間の短縮などがある
  • 東京都のクリニックでほくろ除去の保険を適用するためには、大きな街でクリニックを探す、自分の住んでいる場所から近い地域で探す、皮膚科と美容外科を併設しているクリニックを探すのがよい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク