ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>ほくろ除去の保険適用に必要な条件とは?自由診療との違いやおすすめクリニックを徹底解説!

ほくろ除去の保険適用に必要な条件とは?自由診療との違いやおすすめクリニックを徹底解説!

ほくろ除去の保険適用の条件ってなにがあるの?
ほくろ除去は、自由診療と保険適用で施術内容に違いはある?

目立つ位置にあるほくろや大きいほくろに悩んでいてほくろ除去の施術に興味をお持ちの方でこのような疑問を抱えている方はいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、皆様の疑問に答えるためにほくろ除去の保険適用について、以下の点を中心にご紹介します。

  • ほくろ除去に保険が適用される場合の条件とは?
  • ほくろ除去の自由診療と保険適用の場合の施術の違いとは?
  • 皮膚科と美容外科どっちでほくろ除去するのがおすすめ?

ほくろ除去ができるオススメのクリニックについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
最後までお読みいただけたら幸いです。

【厳選3選!】ほくろ除去の人気おすすめ美容外科クリニックをご紹介!

ほくろ除去のおすすめクリニックをいち早く知りたいという方に!
ほくろ除去の施術で人気のクリニックを3院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック選びのポイントやほくろ除去の施術で知っておくべき基本情報を知りたいという方は、よろしければ最後まで記事をご覧ください。

クリニック東京中央美容外科東京美容外科TAクリニック
おすすめな方豊富なメニューから
自分に合った施術法
を選びたい方!
美容外科専門医
の高い技術力
を重視したい方!
【レーザー治療法】料金4,980円
レーザー除去法
※新宿3丁目院のみ
【電気メス法】料金4,980円
電気メス法
5,500円
アブレーション
5,500円
電気分解法
【切開法】料金19,800円
切開法
8,800円
切除縫合
9,400円
切除法
保証内容トライブル時の修正無料
手厚いアフターケア
アフターフォロー無料アフターケア無料
カウンセリング0円0円0円
割引情報・公式LINEクーポンで最大5万円OFF
・シニア割で5%OFF
・モニター特別価格で最大50%OFF・交通費補助最大3万円
・モニター特別価格
エリア情報全国96院
詳細はこちら
全国21院
詳細はこちら
全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:0010:00~19:0010:00~19:00
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
関連記事

ほくろ除去は、ほくろの悩みやコンプレックスの解消ができる治療です。手軽にできることで人気があり、ほくろ除去ができるクリニックは東京都に数多くあります。東京都のほくろ除去クリニックを選ぶときは、どのようなクリニックを選ぶべきなので[…]

関連記事

ほくろ除去は、ほくろの悩みやコンプレックスの解消ができる治療です。手軽にできることで人気があり、ほくろ除去ができるクリニックは大阪に数多くあります。大阪のほくろ除去クリニックを選ぶときは、どのようなクリニックを選ぶべきなのでしょ[…]

ほくろ除去とは

ほくろ除去は皮膚科や美容外科などで行う、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。

治療方法は主に切開法」「レーザー除去法」「電気メス法」「くりぬき法の4種類が一般的です。
ほくろの種類やほくろ除去の目的などによって効果がある治療方法は異なるため、後に詳しく解説します。

ほくろができる原因

ほくろは大きく2つに分けられるのが特徴で、ほくろができる原因はそれぞれ異なります。

  • 先天性のほくろ
  • 後天性のほくろ

先天性のほくろとは生まれつき体にあるほくろのことです。
数は遺伝で決まっており、今後増えることはありません。

一方、後天性のほくろとは、思春期を過ぎた頃からでき始めるのが特徴です。
後天性のほくろが出来る原因は5つあリ、具体的には下記のとおりです。

  • 紫外線
  • 肌への刺激
  • 肌のターンオーバーサイクルの乱れ
  • 生活習慣の乱れ

上記のように、肌が紫外線を浴びたり外部からの刺激を受けると、細胞が皮膚を保護するためにメラニン色素といわれる黒い色素を大量に発生させてしまいます。
メラニンが蓄積された結果、ほくろやしみとして皮膚に現れるのです。

また、加齢による肌の代謝サイクルの乱れも、メラニン色素の排出を停滞させるため、ほくろを引き起こす原因の一つといえます。

さらに、生活習慣の乱れは自律神経のバランスを崩すため、体の新陳代謝に悪い影響を及ぼすケースがあります。
その結果、メラニンが排出されずほくろができやすくなるというわけです。

ほくろの種類

ほくろには以下の種類があります。

ほくろの名称Miescher母斑Unna母斑Clark母斑Spitiz母斑
黒・茶黒・茶黒・茶
ぼんやりした色
黒・赤
特徴・顔・頭にできやすい・腕・首にできやすい
・でこぼこした形
・身体・手足にできやすい・顔にできやすい
・若い人に多い
Unna母斑
  • 体幹や腕、首にできやすい
  • 黒~茶色
  • 直径1㎝程度で、でこぼこした形
Miescher母斑
  • 顔や頭にできやすい
  • 黒~茶色
  • ドーム状に盛り上がっている
Spitz母斑
  • 顔にできやすい
  • 黒~赤色
  • 若い人にできやすい
Clark母斑
  • 体幹や手足にできやすい
  • 黒~茶色で中央が濃く外側に向かって薄くなる
  • 直径1㎝以下で、楕円形

通常ほくろは良性腫瘍で害はありません。
しかし、悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚がんの一種なので早期治療が必要です。

メラノーマの特徴には

  • 非対称である
  • 輪郭がギザギザしている
  • 色むらがある
  • 6㎜以上にまで大きくなる
  • 形が徐々に変わっていく

といったものがあります。

ほくろ除去の効果とは?

ほくろを除去することで、見た目や生活していく上でさまざまなメリットがあります。
ほくろを除去するメリットは具体的に下記の2点です。

  • 生活でストレスを感じにくくなる
  • 見た目の印象が変わり、自信を持ちやすくなる

ほくろを除去すると、今まで生活の中でほくろに起因するストレスを解消することができます。

例えば、毎日化粧でほくろを必死に隠していたとしましょう。
原因となっているほくろを除去すれば、毎回のように感じていたストレスや手間を解消することができます。

また、ほくろを除去することで外見の印象は大きく変わります。
顔にあるほくろが気になって、自分の見た目に自信を持てていなかった方も、ほくろ除去によってコンプレックスを解消することができます。

特に、顔に大きなほくろがある方はコンプレックスを抱いている場合があるため、ほくろを除去することは効果的です。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。ISAPS最新調査レポートによると、2021年の美容外科医が執刀した手術件数は、1,280万件を超えました。また、非手術治療は1,750万件に上り、全世[…]

ほくろ除去の保険適用に必要な条件とは?

ほくろ除去を保険適用するためには、以下の条件が一般的に必要となります。

  • 医療上の必要性があること
  • 見た目の問題があることで精神的な負担があること

「医療上の必要性がある」とは、ほくろが大きくなっている、形や色が変化している、切除前に生検を行って悪性であることが判明しているなど、医療的に治療が必要な状態であることが必要です。

一方、「見た目の問題がある」とはほくろが大きく目立っており、それが原因で精神的な負担を抱えている場合、医療保険が適用されることがあります。

ただし、保険適用にはそれぞれの保険会社によって異なる条件が設けられていることがあります。具体的な適用条件は、保険会社の契約内容や診断書の内容によって異なります。医療保険の適用範囲については、保険会社に問い合わせることをお勧めします。

ほくろ除去で保険適用できるケースは珍しい?

ほくろ除去には、保険が適用されるケースと適用されないケースがあるのが特徴です。
ここから、ほくろ除去の治療の場合、基本的に保険適用外になる理由について解説します。

美容目的のほくろ除去は自由診療となるため

「ほくろがあって外見が気になるから綺麗取りたい」という美容目的でのほくろ除去は、治療が目的ではないので自由診療扱いとなります。

ほくろの除去に保険が適用されるためには、まず医師による診察を受け、ほくろが健康上害を与えているという判定を受ける必要があります。
そのため、医師の診断がない状態で美容皮膚科などでほくろを除去する場合、全額自費となります。

医師による診断で保険適用外とされる場合が多いため

ほくろが保険適用になるかどうかは医師の診断が必要になります。
その中でも、ほくろの除去は保険適用外になるケースが多いです。

医師の判断でほくろの除去が保険適用となるケースは、具体的に下記のとおりです。

  • 悪性腫瘍のほくろと判断される
  • ほくろがあると、何らかの形で生活に支障をきたしている

上記の場合に限り、ほくろの除去に保険を適用することが可能です。

悪性腫瘍のほくろの場合、「メラノーマ」といわれる皮膚がんの可能性があり、保険が適用されます。
また、医師に相談して生活上で不便な思いをしてることを理解してもらうことでも、保険適用が可能です。

ほくろの殆どが良性であるため

ほくろの除去が基本的に保険適用ではない理由として、多くのほくろが良性であることがあげられます。
そのため、ほくろの除去に保険適用されないケースが多いです。

また、ほくろに発生するがんに対する意見として、医師の間で下記の2つの意見があります。

  • ほくろからガンに変化していくことはない
  • 一部のほくろはガン化する可能性がある(※ガン化は稀だという意見が多い)

上記のように医師の間では、ほくろが基本的に悪性に変化するものではないと考えられています。

【実際の例】ほくろ除去で保険適用できるケースとできないケース

ここから、ほくろ除去の施術で保険を適用できるケースとできないケースについて実際の事例に基づいて具体的に紹介します。

保険適用ができるほくろ除去の例

まずは、ほくろ除去施術で保険が適用できるケースを2つご紹介します。

皮膚がんの可能性がある場合

ほくろがメラノーマといわれる悪性の腫瘍である場合、保険が適用されます。
なぜなら、メラノーマとは転移しやすい上に化学療法が効きにくい皮膚腫瘍あり、早期の除去が必要だからです。

日本人の多くは足底に発症するケースが多く、なるべく早く発見し治療に移ることが重要なポイントです。
メラノーマの外見上の特徴は、下記のように表すことができます。

  • 左右非対称、不規則
  • 色調が濃淡で多彩
  • 境界がない
  • 直径6mm以上と大きい
  • 大きくなったり膨らんだりして形が変化する

もし上記の症状が現れた場合、メラノーマを発症している可能性があるので速やかに受診するようにしましょう。

生活に支障をきたすほくろの場合

大きすぎるほくろがあることで生活に支障が出ている場合も、保険が適用されるケースがあります。
大きすぎるがあることで起こりうる生活上の支障とは、具体的に下記の通りです。

  • 顔を洗うときに手が引っかかる
  • 髭を剃るときにあたって、出血したり痛みを感じたりする
  • 洋服を着脱するときに邪魔になる
  • 目元にあって、視界の一部が遮られる

大きなほくろがあって、上記の項目に該当する場合は保険適用される可能性がありますので、医師に相談するといいでしょう。

ほくろ除去で保険適用できない場合

ここから、ほくろ除去施術で保険を適用できないケースについて具体的に解説します。

美容目的が理由の場合

美容を目的とするほくろの除去施術を希望する場合は、保険が適用されません。
なぜなら、保険が適用される条件はあくまでも「治療を目的とする」場合に限られるからです。

そのため、下記のような理由でほくろの除去を希望する場合は、全額自費で支払うことになります。

  • 顔のほくろが目立つから取りたい
  • ほくろを除去して、もっと見た目に自信を持ちたい

上記のように、容姿の改善を目的とする場合は基本的に自由診療扱いとなりますので、注意が必要です。

クリニックが自由診療しか扱っていない場合

ほくろの除去を保険適用で行いたい場合でも、自由診療にしか対応していないクリニックでは保険適用ができません。

そのため、ほくろ除去を美容皮膚科クリニックで保険適用で行いたい場合は、保険に対応している美容皮膚科クリニックを探す必要があります。
例えば、TCB東京中央美容外科や東京美容外科などの大手クリニックでは、自由診療のみの取り扱いとなっているため注意が必要です。

ほくろ除去で保険適用できた場合の治療法

ほくろ除去治療に対して保険を適用することができた場合、治療法が限られてくるケースが多いです。
ここから、ほくろ除去で保険を適用できた場合の治療方法について具体的に紹介します。

切開法やくり抜き法などの手術がメイン

ほくろの除去で保険を適用できた場合の治療法としては、主に切開法くり抜き法などの施術が行われます。

なぜなら、ほくろの除去に保険が適用されるのは、悪性の腫瘍を取り除く場合が多いからです。
ほくろを根本から完全に取り除き、再発を防ぐために、切開法やくり抜き法が選択されます。

レーザー治療や電気メスは行えないことが多い

ほくろの除去で保険適用される場合の施術方法として、レーザー治療や電気メスは使えないケースがあります。
なぜなら、ほくろ除去のレーザー治療や電気メスではほくろの再発リスクが残ってしまうからです。

ほくろを除去する場合、大きさや部位、状態などに応じて適切な治療方法は変わります。
ただし、一概にレーザー治療や電気メスが適用できないとはいえません。
メスを使う治療に抵抗がある方は、医師に相談してみましょう。

ほくろ除去の保険適用と自由診療の値段の違いは?

ほくろ除去の施術費用は、保険適用の場合と自由診療の場合で違いがあるのでしょうか?
それぞれの場合に分けて解説していきます。

【保険適用】の場合のほくろ除去の値段相場

保険適用の場合、ほくろ除去の施術費用が一部医療保険の負担となるため、患者負担額が軽くなる傾向にあります。
病院やクリニック、ほくろの大きさや形状、除去方法によって異なりますが、数千円前後が相場となるようです。

具体的に、ほくろのサイズが1mmと5mmの場合の費用の例をご紹介します。

ほくろのサイズ1mm5mm
初診料3,000円3,000円
検査費用1,000円1,000円
施術費用1,000円5,000円
合計5,000円9,000円

ただし、医療機関によって異なったり、手術後の経過観察や薬の処方などで追加費用が発生する場合もあります。

【自由診療】の場合のほくろ除去の値段相場

自由診療で施術を行う場合、ほくろのサイズによって費用が異なります。

特に、自由診療の場合、ほくろのサイズが小さい場合は比較的安く値段を抑えてほくろ除去の施術を受けることができます。
しかし、ほくろのサイズが大きくなると、高額になりやすいという傾向があります。

また、ほくろの位置や数、形状などによって費用が変動することがあります。

具体的に、ほくろのサイズが1mmと5mmの場合の費用の例をご紹介します。

ほくろのサイズ1mm5mm
レーザー除去法5,000円10,000円
電気メス法5,000円10,000円
切開法5,000円10,000円
相場5,000円10,000円

自由診療クリニックによって異なるため、実際の費用とは異なる場合があります。
費用が心配な方は、無料カウンセリングで大体の総費用を聞いてみて、2-3院比較してみると良いでしょう。

ほくろ除去のクリニックの正しい探し方

クリニック選びの際は、ほくろ除去を保険適用で施術を受けるか、自由診療で受けるかで考えるよりも、医師やクリニックを見てきちんと判断することのほうが大切です。
正しいクリニックの選び方の参考にして欲しいポイントは以下の通りです。

  • 医師の経歴や専門、実績を確認する
  • カウンセリングで事前にしっかり相談する
  • 保証やサービスが充実しているクリニックを選ぶ
  • リスクもあわせて説明する医師を選ぶ

詳しく見ていきましょう。

医師の経歴や専門、実績を確認する

ほくろの除去の失敗には、医師の技術力が関係している場合があります。

医師の経験が浅かったり、技術が未熟だとほくろが再発したり、縫合が上手くいかなくて傷跡が残ってしまうリスクが上がります。
このような失敗を防ぐためにも、医師の経歴や実績を確認してクリニックを選ぶようにしましょう。

カウンセリングで事前にしっかり相談する

施術の前にカウンセリングを丁寧に行ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

カウンセリングでは患部を確認しながら、最適な施術を受けられるようアドバイスをしてもらえます。
自分のほくろの症状に最適な治療を選択できるよう、カウンセリングでしっかりと医師や看護師の方に診てもらいましょう。

保証やサービスが充実しているクリニックを選ぶ

クリニックによっては、期限内に再発した場合に無料で再治療をするという保証がついていることがあります。
再発が心配な方は保証のあるクリニックを選ぶのが良いでしょう。

また施術後のアフターサービスが充実しているかもクリニック選びのポイントとなります。
ただほくろを除去するだけではなく、肌をきれいにするにはアフターケアが重要です。

サービスの内容はクリニックによって異なるので、口コミや公式ホームページを活用して調べてみましょう。

リスクもあわせて説明する医師を選ぶ

ほくろ除去の施術に関して、リスクについてもきちんと説明してくれる医師ならば信頼できます。

リスクも合わせて説明してくれる医師は丁寧に施術してくれることが期待できますし、失敗する可能性も低くなります。

施術前のカウンセリングで医師の説明に納得できたら、施術を受けるようにしましょう。

ほくろ除去のおすすめクリニックを詳しく解説している記事は、こちらになります。

関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。日本人はほくろができやす[…]

ほくろ除去おすすめの評判のいいクリニック

【編集部厳選】ほくろ除去施術が受けられるおすすめクリニック3選

クリニック東京中央美容外科東京美容外科TAクリニック
おすすめな方豊富なメニューから
自分に合った施術法
を選びたい方!
美容外科専門医
の高い技術力
を重視したい方!
【レーザー治療法】料金4,980円
レーザー除去法
※新宿3丁目院のみ
【電気メス法】料金4,980円
電気メス法
5,500円
アブレーション
5,500円
電気分解法
【切開法】料金19,800円
切開法
8,800円
切除縫合
9,400円
切除法
保証内容トライブル時の修正無料
手厚いアフターケア
アフターフォロー無料アフターケア無料
カウンセリング0円0円0円
割引情報・公式LINEクーポンで最大5万円OFF
・シニア割で5%OFF
・モニター特別価格で最大50%OFF・交通費補助最大3万円
・モニター特別価格
エリア情報全国96院
詳細はこちら
全国21院
詳細はこちら
全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:0010:00~19:0010:00~19:00
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。日本人はほくろができやす[…]

ほくろ除去おすすめの評判のいいクリニック

ほくろ除去の保険適用ができるクリニックとは?

ここから、保険適用が可能なクリニックの特徴について具体的に解説します。

美容皮膚科より皮膚科のクリニックが多い

ほくろ除去に保険が適用できるクリニックは、一般的に美容皮膚科よりも皮膚科の方が多い点が特徴です。
なぜなら、皮膚科では基本的に皮膚疾患の治療を目的とした施術が行われるからです。

一方、美容皮膚科では基本的に、治療ではなく見た目を良くすることが目的で施術が行われるので保険適用外になります。
健康保険とは、病気やケガなどの治療に対しての費用の補填を目的としているため、美容皮膚科は保険の対象とならないわけです。

皮膚科の場合、保険の範囲内での施術に限られますが、美容皮膚科の場合は、自由に診療を受けることが可能です。

美容皮膚科でも保険適用に対応しているクリニックもある

基本的に美容皮膚科は自由診療となりますが、中には保険適用可能なクリニックもあります。

保険診療と自由診療の両方に対応しているクリニックを選べば、ほくろの状態に合わせて費用を抑えることが可能です。
除去するほくろの状態によっては保険を適用してもらえるケースがあるので、最適な施術を受けやすいと言えるでしょう。

関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。ほくろ除去の治療を検討し[…]

ほくろ除去を保険適用で受ける場合のデメリット

ほくろ除去施術を保険適用で受けるとメリットがありますが、デメリットもあるのでしょうか?
ここから、考えられるデメリットについて具体的に解説します。

治療期間が長くなりやすい

ほくろ除去を保険適用の治療で行うと、患部が完全に治るまでの期間が長くなりやすい点がデメリットです。
なぜなら保険適用で施術を受ける場合、基本的には切開法などの手術が用いられるからです。

手術によってほくろを根本から取り除くと再発を防ぐことができますが、傷が深くなりやすいです。
そのため、完治するまでの期間が他の治療法に比べて長くなりやすい点が特徴です。

ほくろの状態や人にもよりますが、完治するまでには約半年かかると考えておくといいいでしょう。

ほくろの大きさによっては自由診療よりも費用が高くなる

ほくろの除去施術を保険適用で行うと、逆に高くなるケースがある点がデメリットです。
なぜなら、1mm以下など小さなほくろを除去する場合、自由診療の方が安くなりやすいからです。

自由診療の場合、ほくろ除去の料金は1mm単位で変わるのが特徴なので、ほくろが小さいほど安くできます。
結果として、保険適用する場合よりも価格が安くなるケースがあるというわけです。

そのため、小さいほくろを除去したいと考えている方は、自由診療のクリニックを検討するのも一つの方法です。

【編集部おすすめ】ほくろ除去の人気おすすめクリニック6選!

ここでは実際にほくろ除去のおすすめクリニックを6院をご紹介いたします。
施術メニューや料金だけでなく、各クリニックの特徴についても比較していますのでぜひ参考にしてください。

クリニックを選ぶ際は、実際のクリニックの雰囲気や医師の振る舞いを自分の目で確かめることが大切です。
特に、初めて美容施術を受ける方や美容施術の経験が少ない方は、2-3院比較してみることをおすすめします。

気になるクリニックが見つかった方は、まず無料カウンセリングに行ってみましょう。

クリニック名値段(レーザー除去法、電気メス法、切開法)無料カウンセリング特徴
TCB東京中央美容外科レーザー除去法
4,980円(1mm)
電気分解法
4,980円(2mm)
切開法
19,800円(1mm)
公式サイトはこちら
初めて美容施術を受ける人でも安心!
東京美容外科
アブレーション
5,500円(1mm)
切除縫合法
8,800円(1mm)
公式サイトはこちら
業界最高レベルの医師の技術力
TAクリニック
電気分解法
5,500円(1mm)
切除法
9,400円(1mm)
公式サイトはこちら
徹底的にプライバシー配慮したサービス
KM新宿クリニックCO2レーザー
5,500円(1mm)


切開法
28,600円(4mm)
公式サイトはこちら
美容皮膚科の専門医による治療
湘南美容皮膚科クリニックCO2レーザー
9,800円(2mm)

公式サイトはこちら
傷跡が残らない!
自然な仕上がり
水の森美容クリニック
電気メス
11,000円(3mm未満 )
切開法
22,000円(5mm未満)
公式サイトはこちら
顧客満足度の高い丁寧な治療

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科の3つのおすすめポイント

  • 品質・価格・保証全てがトップレベル
  • 専門医の熟練した高い技術
  • 豊富な施術メニューが選び放題

TCB東京中央美容外科の施術メニュー情報

施術名レーザー除去法
*新宿三丁目院のみ
くり抜き法電気分解法切開法
料金(税込)1mm 4,980円1mm 10,200円2mm 4,980円1mm 19,800円
保証期間修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料修正・アフターケア無料
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。WEBやLINEで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約の受付時間は9:00〜23:00で、土日祝日にも対応しています。
②美容カウンセラーとのカウンセリング
受付後に専任の美容カウンセラーからのカウンセリングを受けます。ほくろの悩みや、施術の疑問について、わからないことは全て相談しておきましょう。
③担当の医師によるカウンセリング
施術を担当する医師によるカウンセリングを受けます。ほくろの除去の理想を伝えたり、どのようなリスクがあるのか確認してください。
④契約
施術の料金、効果やリスク、ダウンタイムなどに全て納得できた場合は契約に進みます。予約の空き状況によっては当日の施術が可能です。
後日施術を受ける場合は、施術日の日程を決めます。
⑤施術
局所・笑気麻酔、貼り付け麻酔などの豊富な方法から希望した麻酔が使用されます。美容について専門的な知識を持った医師によって、傷痕が残りにくいよう配慮して施術を行ってもらうことができます。
⑥アフターフォロー
自宅でのケアについて説明を受けます。施術内容やほくろの状態によっては通院が必要です。

TCB東京中央美容外科の基本情報

クリニック名TCB東京中央美容外科
店舗情報全国81院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

東京美容外科

東京美容外科の3つのおすすめポイント

  • 熟練医師達による高度な技術
  • 開院から20年以上医療事故ゼロ
  • アフターケアの充実度

東京美容外科の施術メニュー情報

施術名アブレーション
(電気メス)
切除縫合(切開法)
料金(税込)1mm 5,500円1mm 8,800円
保証期間アフターケア無料アフターケア無料
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

施術を受けるまでの流れ

①予約
電話やメールによるお悩み相談・無料カウンセリング・診療のご予約ができます。
匿名での問い合わせも受け付けています。
②カウンセリング・診察
要望を確認して希望に沿った施術が行えるように、医師によるカウンセリングが行われます。
その際、施術方法や施術内容を詳しく説明してもらえます。万が一疑問点がある場合は、納得がいくまで確認してください。
③申し込み・会計
カウンセリング後、ご納得いただけましたら実際に処置のお申込み手続きとお会計をしていただきます。施術内容や料金に同意を得られれば、お申込みと料金のお支払いをします。
※お申込みの際にはシャチハタ以外の認印が必要です。
④写真撮影
変化を実感していただくために、施術前後の写真撮影を行います。
⑤施術
担当医師による施術が行われます。
化粧をしている方は事前に落とす必要があります。
⑥アフターケア
アフターケアは完全無料です。
きめ細やかなアフターフォローが充実しています。

東京美容外科の基本情報

クリニック名東京美容外科
店舗情報全国21院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

TAクリニック

TAクリニックの3つのおすすめポイント

  • ダウンタイムが短く負担が少ない
  • 希望や要望に沿った施術
  • プライバシーの保護の徹底

TAクリニックの施術メニュー情報

施術名電気分解法切除法
料金(税込)1mm 5,500円1mm 9,400円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

施術の流れ

①カウンセリング
シミの種類によって効果的な治療方法を紹介してもらえます。しっかりとヒアリングを行った上で施術を検討してくれるので安心です。
疑問点などがあれば気軽に質問しましょう。
②メイク落とし
メイクしている場合は個室でメイクを落とす必要があります。
ノーメイクで来院した方がスムーズになります。
③施術
施術では軽い痛みを伴うことが多いです。
痛みの感じ方には個人差があるため、痛みに弱い方はあらかじめ伝えておきましょう。
麻酔の使用を検討していきます。
④アフターケア
施術後の注意点などを説明してもらえます。
保湿や紫外線対策が大切になります。

TAクリニックの基本情報

クリニック名TAクリニック
店舗情報全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日店舗により異なる
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックの3つのおすすめポイント

  • KMクリニックでは、ほくろ除去にCO2レーザーを使用しています。CO2レーザーは、ほくろの細胞内の水分に反応して熱エネルギーを発生させ、瞬間的に蒸散させることで、メスを使わずにほくろを取り除くことができます。
  • 局所麻酔を施すため、レーザー照射時や術後の痛みはほとんどありません。施術後は保護テープを貼るだけで、テープの上からメイクが可能です。紫外線対策をしっかり行えば、色素沈着のリスクも低減できます。
  • KMクリニックでは、ほくろ除去だけでなく、仕上がりの美しさにもこだわっています。日本製の高品質なCO2レーザーを使用し、経験豊富な医師が丁寧なカウンセリングと確かな技術で施術を行います。

KM新宿クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー切開法
料金(税込)1mm 5,500円4mm 28,600円
保証期間
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

KM新宿クリニックの口コミ

良い評判:痛みは麻酔を刺す時くらいでした。以前受けたところでは麻酔が効きはじめてる前に施術していましたのですごく痛かったのでそれが普通だと思っていたのですが、こちらでは麻酔が効くまで待つ時間を設けてくださったので、全く痛みなく終わりました!あ、麻酔だけではなくもちろん先生のテクニックもあると思います(笑)とにかく痛みがないのが一番良いと感じた点です。

悪い評判:顔のホクロを2箇所レーザー治療して、1ヶ月くらい経ちました。カサブタは取れて、新しい皮膚になっています。肝心のホクロ部分は、少し隆起してきました。元通りにはなっていませんが、少し膨らんでいます。残念です。元通りになってしまうかは、今はまだわかりません。

KM新宿クリニックの基本情報

クリニック名KMクリニック
店舗情報新宿院
営業時間11:00〜19:00
定休日月・木・年末年始
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

湘南内科皮フ科クリニック

湘南内科皮フ科クリニックの3つのおすすめポイント

  • レーザーで手軽な施術!

  • 傷跡の残りにくい自然な仕上がり!
  • 隆起したいぼにも対応可能

湘南内科皮フ科クリニックの施術メニュー情報

施術名CO2レーザー
(2mm以下)
CO2レーザー
(4mm以下)
CO2レーザー
(6mm以下)
CO2レーザー
(6mm以上1mmあたり)
料金(税込)9,800円14,800円19,800円2,000円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

施術の流れ

①予約
電話・WEB・メールにて予約が可能です。都合の良い日時に沿って予約を取ることができるので、まずは日時や相談内容を伝えます。
②担当の医師・カウンセラーによるカウンセリング
初診料・診察料は無料で、まずは担当医とのカウンセリングを行います。
問診票記入後、担当医に「ここが気になる」「手軽ですぐ終わるのが良い」など、施術に関する相談・希望を伝えましょう。担当医とのカウンセリング後、カウンセラーによるカウンセリングが行われます。
施術の具体的な金額や支払い方法、施術後のアフターケアなど気になる点についてはここで相談しましょう。施術を契約すると決めた後、、治療日の予約を行います。
施術によっては、当日施術も可能です。
③施術
施術内容の確認を行い、局所麻酔をして施術が行われます。
痛みに配慮した施術を行なってくれるので、痛みに敏感な方や初めての施術で不安な方でも安心です。
④アフターフォロー
自宅でのケアについて説明を受けます。
施術内容やほくろの状態によっては通院が必要です。

術後の診察や薬の処方は無料で行ってくれます。

湘南内科皮フ科クリニックの基本情報

クリニック名湘南内科皮フ科クリニック
店舗情報町田院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法WEB・電話・LINE
公式サイトはこちら

水の森美容クリニック

水の森美容クリニックの3つのおすすめポイント

  • 丁寧なカウンセリング
  • クレームの少なさ
  • 医師の技術の高さ

水の森美容クリニックの施術メニュー情報

施術名電気メス切開法
料金(税込)3mm未満 11,000円5mm未満 22,000円
保証期間
詳細公式サイト公式サイト

水の森美容クリニックの基本情報

クリニック名水の森美容クリニック
店舗情報全国5院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法Web予約・電話・アプリ
公式サイトはこちら

ほくろ除去の施術種類にはどんなものがある?

施術方法レーザー除去法切開法電気メス法くり抜き法
使用器具炭酸ガスレーザー
Qスイッチビーレーザー
YAGレーザー
メス電気メストレパン(円筒状のメス)
費用相場4,000~10,000円10,000~20,000円5,000~10,000円10,000~20,000円
メリット一度の施術で複数除去可能再発リスクが低いダウンタイムが短い1-2分の短い施術時間
ダウンタイム1~3ヶ月3~6ヶ月1~3週間3~6ヶ月
向いている方ほくろの数が多い方直径5mm以上の
大きなほくろがある方
根の深い
大きなほくろがある方
5mm以下の
小さなほくろがある方

ほくろを除去する治療方法は主に4種類あります。
ここではそれぞれの治療方法の施術の流れやダウンタイム期間、向いている方法について解説していきます。

レーザー除去法

レーザー除去法はレーザーをほくろに当てて焼くことで除去する方法です。
施術に用いられるレーザーには様々な種類があります。

レーザーの種類炭酸ガスレーザーYAGレーザーQスイッチビーレーザー
特徴・色素沈着や傷痕が残りにくい
・1〜2回の照射で完了
・周辺の皮膚を傷つけない
・レーザーの波長を患部合わせて調節できる
・他のレーザーと併用して効果up
・根が深いほくろの除去◎
費用相場4,000~10,000円5,000~10,000円4,000~10,000円
ダウンタイム1~3ヶ月1~3ヶ月1~3ヶ月
向いているほくろ6mm以下の盛り上がったほくろ1mm以下の色が薄いほくろ
1mm以下の平たく根が深いほくろ
1mm以下の色が薄いほくろ
1mm以下の平たく根が深いほくろ
リスク・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・定期的な通院が必要
・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
・定期的な通院が必要

レーザーの種類

ほくろ除去のレーザー治療は主に以下の3種類です。

  • 炭酸ガスレーザー
  • Qスイッチビーレーザー
  • YAGレーザー

3種類のレーザー治療の特徴やメリット・デメリットについて簡潔に紹介します。

①炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
炭酸ガスレーザーは、ほくろを炭酸ガスで気化して蒸散させることでほくろ除去を行います。炭酸ガスレーザーのメリットとしては、傷跡や色素沈着がないことが多いことです。
一方、デメリットとしては、再発する可能性が否定できないことです。
炭酸ガスレーザーは特に盛り上がったほくろの治療に有効です。
②Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素に反応する高出力のレーザーを照射することでほくろを焼灼して除去します。Qスイッチルビーレーザーのメリットとしては、レーザーが組織の深いところまで達するため、皮膚組織の奥まで根があるほくろの除去ができることです。
一方、デメリットとしては、痛みや浮腫が生じる可能性があることが挙げられます。Qスイッチルビーレーザーは特に根が深いほくろの治療に有効といえます。
③YAGレーザー
YAGレーザーは、メラニン色素にのみ反応してほくろをピンポイントで照射して除去します。YAGレーザーのメリットは、照射時の痛みが少ないことです。
一方、デメリットとしては、熱ダメージが少なく、根深いほくろや盛り上がったほくろ、大きいほくろの除去には出力が足りないことがあげられます。
YAGレーザーは特にできはじめのほくろや色素が薄いほくろの治療に有効であるといえます。
【レーザー除去法】の施術の流れ
レーザー治療はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決める所から始まります。
デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
レーザー治療では多くの場合、局所麻酔での対応です。レーザーを患部に当て、熱エネルギーを利用してほくろを焼き尽くす形で除去します。
治療時間は約5〜10分と短時間です。治療が終わると、患部に軟膏を塗布して絆創膏で保護します。施術後数週間はやや凹んだ状態になりますが、数週間で傷跡が目立たなくなります
徐々に皮膚が再生され新しい皮膚で上書きされるためです。
【レーザー除去法】のダウンタイム期間の目安
術後は赤みが残ってしまいますが、3ヶ月ほどで目立たなくなります。
2〜3週間ほどでメイクができるようになります。術後は肌が通常時より敏感なため、紫外線を浴びると、ダウンタイムが長引いてしまう可能性が高いです。
【レーザー除去法】の施術が向いている人
レーザーによるメリットは以下の通りです。

  • 複数のほくろを一気に除去できる
  • 施術後のセルフケアが簡単
  • 顔の凹凸部分にも対応可能

レーザー治療は治療時間が短いため、1回の施術で複数のほくろを除去できます。
そのため、除去したいほくろが複数ある方におすすめの治療方法です。

メスなどを使用しない方法であるため、施術の際の出血も少なく、術後のセルフケアも簡単です。

多くの場合、軟膏を塗って絆創膏を貼るだけで済むため簡単にケアできます。
術後のケアに時間をかけられない方や、面倒だという方にもおすすめです。

メスなどを用いる場合と異なり、顔の凹凸部分にも対応できます。

デメリットは再発の可能性があること根が深すぎるほくろの除去はできない可能性があることです。
一般的に根が深く大きなほくろは除去できない可能性があるため、おすすめできません。

切開法

切開法はほくろをメスで切開する治療方法です。
切開法はほくろ周囲の皮膚を縫合するため、「切除縫合術」ともいわれています。

施術方法切除縫合法
特徴・5mm以上のほくろを除去できる
・再発の可能性がほとんどない
・ほくろの病理診断ができる
費用相場10,000~20,000円
ダウンタイム3~6ヶ月
向いているほくろ6mm以上の大きいほくろ
リスク・傷痕
・歪みや変形
【切開法】の施術の流れ
まず、どのほくろをどのように切開するかデザインを決めることが必要です。
デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
多くの場合、局所麻酔での対応です。切開法は除去したいほくろの3倍ほどの長さを木の葉状に切開します。
ほくろを除去することができたら、皮膚を引き寄せて糸を用いて縫合することで傷を閉じます。傷口を閉じることができたら、施術約1週間後に抜糸を行い、施術が終了です。
縫合の際に用いる糸が皮膚に吸収されるタイプであれば、抜糸は必要ありません。
【切開法】のダウンタイム期間の目安
切開法は糸によって傷口が閉じられているため、施術直後は出血がありません。
しかし、間違ったケアを行ってしまうと、傷口が開いてしまう場合もあるため注意が必要です。切開法のダウンタイムは術後約6ヶ月程度で、赤みや傷跡が目立ってしまうことがあります。
大体の方は術後3〜6ヶ月で傷が治ります。
【切開法】の施術が向いている人
切開法のメリットは、ほくろを完全に除去することができ、再発しにくいということです。
またメスを用いてほくろの周囲の皮膚ごと切開する形になるため、直径5mm以上の大きなほくろの除去に向いています。そのため、顔などに大きなほくろがあり、気になるといった方のおすすめの施術方法です。デメリットは術後に赤みや黒ずみが残ってしまう点です。
そのため自宅でのセルフケアも必要となります。施術時間が長いため、複数のほくろを除去したい方にはおすすめできません

電気メス法

電気メス法は、電気の熱を用いたメスを使用してほくろを除去する治療方法です。
通常のメスを使用する場合に比べて短時間で除去することができます。

施術方法電気メス法(電気分解法)
特徴・隆起したほくろの除去◎
・出血が少ない
・施術が短時間
・通院の必要がない
費用相場5,000~10,000円
向いているほくろ6mm以下の盛り上がったほくろ
リスク・傷痕が残ることがある
・根が深い場合、再発の恐れがある
【電気メス法】の施術の流れ
電気メス治療はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決めます。デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
電気メス治療も多くの場合、局所麻酔での対応です。電気を用いたメスでほくろを焼き尽くすことで除去します。

術後処置は除去した跡に軟膏を塗布し、テープでの保護対応です。

術後7〜10日でかさぶたが自然に取れ、新しい皮膚が再生されることで傷跡が完治します。

【電気メス法】のダウンタイム期間の目安
電気メス法のダウンタイムは2〜3週間で、赤みが継続することが多いです。
ただし、ダウンタイムの長さは除去したほくろの深さで決まります。
ほくろの深さが深いほど、新しい皮膚の再生に時間がかかるためです。また、紫外線など肌への刺激が多いと、ダウンタイムが長引いてしまう可能性があるため注意が必要です。
【電気メス法】の施術が向いている人
電気メス法はほくろの根元組織まで除去することができるため、大きなほくろが気になる方におすすめします。さらに、通常のメスを用いた切開法より短時間で除去できるため、複数のほくろを除去したいという方にもおすすめです。しかし電気による熱を用いるため、焦げが残ってしまうデメリットもあります。

くり抜き法

くり抜き法は5mm以下の小さなほくろを除去する治療方法です。
トレパンという円筒状のメスを用いて丸いほくろの形に添って皮膚をくり抜きます。

施術方法くり抜き法
特徴・根が深いほくろを除去できる
・再発の可能性がほとんどない
・ほくろの病理診断ができる
費用相場10,000~20,000円
ダウンタイム3~6ヶ月
向いているほくろ・5mm以下の小さくて根が深いほくろ
・鼻などの変形が出やすい部位
リスク・傷痕
・完治までの時間がかかる
【くり抜き法】の施術の流れ
くり抜き法はまず除去したいほくろを決定し、デザインを決めます。デザインが決まれば、施術をするにあたって麻酔を打ちます。
くり抜き法も多くの場合、局所麻酔での対応です。先ほどの通り円筒状のメスを用いて、ほくろを円形にくり抜き除去します。

ほくろを除去した後は、切開法のように縫合せず自然にふさがるのを待形です。
縫合の必要はありませんが、消毒をしてテープで保護するなどの処置が行われます。

ほくろの除去数にもよりますが、治療時間は1〜2分と短時間です。

【くり抜き法】のダウンタイム期間の目安
くり抜き法のダウンタイムは約6ヶ月と長くなっています。
時間がかかってしまうのは、術後に傷跡を縫合せず、傷の修復に時間がかかってしまうことが理由です。しかし、出血がなければ、術後翌日から洗顔やメイクをすることが可能なため制限はありません。
【くり抜き法】の施術が向いている人
くり抜き法は治療時間が短く、小さなほくろを除去することに適しているため、小さなほくろを複数除去したいという方におすすめの治療方法です。くり抜き法はほくろだけをくり抜くため、鼻のほくろを除去することにも向いています。
鼻のほくろを除去する場合、切開法など傷跡を縫合する必要のある治療法は、皮膚が引っ張られてしまいゆがみが生じてしまう可能性があります。デメリットは大きなほくろを除去することに向いていない点です。
大きなほくろを除去したいという方は、切開法や電気メス法等の他の治療方法を検討しましょう。

保険適用になるほくろの症状で、保険を適用しないとリスクはある?

保険適用になるようなほくろの施術でも、傷跡が残る可能性の高い切開法に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
より綺麗に仕上げたい、と考えて自由診療のレーザー治療を検討している場合、保険適用の治療を選択しないことにリスクはあるのでしょうか?

結論から述べると、保険適用になる悪性のほくろや大きいほくろなどに、保険適用しないのはリスクが大きいです。
なぜなら、保険が適用されないレーザーの除去ではほくろを完全に取り除けないケースがあるからです。

もし悪性の腫瘍だった場合、早期の治療が重要になります。
しかし、レーザーで除去したほくろの場合、医学的にきっちりほくろを取ったとはいえません。
そのため、基本的には悪性か良性かを正確に判断できません。

また、大きすぎるほくろをレーザーで取ると肌が凹む可能性があります。
よって、保険を適用した施術を受けるのが賢明です。

ほくろ除去の失敗リスクについて詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

目立つところにあるほくろが気になってしょうがないほくろ除去したいけど、失敗するのが怖い、、お顔や身体のほくろが気になり、ほくろ除去の施術に興味を持ったが、このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?[…]

ほくろ除去の保険適用に関するQ&A

保険適用になるかは必ず医師に聞く必要がありますか?

はい。

保険適用になるかは医師の診断によるものなので、医師の判断を仰ぎましょう。
悪性の腫瘍が見つかる可能性もあります。

そのため、気になるほくろがあれば、医師に相談するようにしましょう。

ほくろ除去の保険適用は手術給付金の対象にはいりますか?

場合によります。
ほくろ除去の施術が悪性の腫瘍を取り除くためなどの理由で行われる場合、手術給付金の対象になる可能性があります。

しかし、医師の診断や保険会社などによって変わるケースがあるので一概にはいえません。

病理検査は必ず行われますか?

いいえ。
ほくろの除去施術がレーザーで行われた場合、病理検査を実施できないからです。

病理検査を行うには、局所麻酔による手術でほくろを除去する必要があります。

医療費控除は対象ですか?

場合によります。
ほくろが顔にあって気になる、など美容を目的とする治療の場合保険の対象外となります。
よって、医療費控除を受けられません。

しかし、悪性のほくろを除去するなど治療を目的とする場合は対象となるケースがあります。
そのため、医療費控除を行うときは「悪性の疑いのあるほくろ除去のため」と申請するといいです。

ほくろ除去の保険適用のまとめ

ここまでほくろ除去に保険適用できるケースについてお伝えしてきました。
ほくろ除去に保険適用できるケースをまとめると以下のとおりです。

  • ほくろを除去する方法とは、切開法、レーザー法、電気メス法、くり抜き法の4つある
  • ほくろの除去に保険を適用するには、悪性の腫瘍と認められる場合か生活上支障があると判断される必要がある
  • ほくろの除去に保険を適用されない場合とは、美容を目的とするときに該当する

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ほくろ除去の人気クリニックについて詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

ほくろ除去とは、レーザーやメスを用いてほくろの原因となる細胞を取り除く治療のことです。顔や身体の気になるほくろを除去することで、自分に自信を持てたり、若々しく見えるようになるなど様々なメリットがあります。日本人はほくろができやす[…]

ほくろ除去おすすめの評判のいいクリニック

【厳選3選!】ほくろ除去の人気おすすめクリニックをご紹介!

ほくろ除去のおすすめクリニックをまとめて知りたいという方に!
ほくろ除去の施術で人気のクリニックを3院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック東京中央美容外科東京美容外科TAクリニック
おすすめな方豊富なメニューから
自分に合った施術法
を選びたい方!
美容外科専門医
の高い技術力
を重視したい方!
【レーザー治療法】料金4,980円
レーザー除去法
※新宿3丁目院のみ
【電気メス法】料金4,980円
電気メス法
5,500円
アブレーション
5,500円
電気分解法
【切開法】料金19,800円
切開法
8,800円
切除縫合
9,400円
切除法
保証内容トライブル時の修正無料
手厚いアフターケア
アフターフォロー無料アフターケア無料
カウンセリング0円0円0円
割引情報・公式LINEクーポンで最大5万円OFF
・シニア割で5%OFF
・モニター特別価格で最大50%OFF・交通費補助最大3万円
・モニター特別価格
エリア情報全国96院
詳細はこちら
全国21院
詳細はこちら
全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:0010:00~19:0010:00~19:00
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク