ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルのオンライン処方が安いおすすめクリニック11選!種類や効果から費用を徹底解説

ピルのオンライン処方が安いおすすめクリニック11選!種類や効果から費用を徹底解説

ピルのオンライン処方を利用したことがある方も多いのではないでしょうか。
ピルのオンライン処方は、安く購入できます。
では、ピルのオンライン処方が安い理由には、どのようなものがあるでしょうか。

本記事では、ピルのオンライン処方が安い理由について以下の点を中心にご紹介します。

  • ピルの避妊以外の効果について
  • 低用量ピルの値段相場とは
  • ピルのオンライン処方が安い理由について

ピルのオンライン処方が安い理由について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

オンラインで安く購入できるピルとは

ピルとは

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

という2種類の女性ホルモンを配合した薬剤です。

毎日同じ時間に内服し、ホルモンの値を一定に保つことで、卵巣からの排卵を抑制します。一般的に、ピルは避妊に使用されますが、月経痛や過多月経、PMS、ニキビなどの症状を改善する効果もあります。

ピルには、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピル、ミニピル、アフターピルの5種類があります。
低用量ピルは一般的にピルと呼ばれており、毎日飲むことで妊娠の予防につながります。
また、中用量ピルは低用量ピルよりもホルモン量が多く、生理痛や生理不順の改善に効果があるとされています。 

オンラインで安く購入できるピルの効果は避妊だけではない

ピルは、避妊方法の1つとして広く知られていますが、その効果は避妊だけではありません。
ここでは、ピルの避妊以外の効果について詳しくみていきましょう。

避妊

ピルは、毎日飲むことで妊娠を防ぐことができる避妊薬です。
低用量ピルは、一般的にピルと呼ばれており、ホルモン量が少なく、副作用が少ないとされています。
中用量ピルは、低用量ピルよりもホルモン量が多く、生理痛や生理不順の改善に効果があるとされています。

ミニピルは、黄体ホルモンのみを含むピルで、授乳中の女性に適しているといえるでしょう。
どの種類が自分に合っているかは、医師に相談することをおすすめします。

生理痛を和らげる

生理痛は、多くの女性が経験する辛い症状の一つです。
しかし、ピルを服用することで、生理痛を和らげる効果が期待できます。

ピルに含まれるホルモンが、子宮内膜の厚さを調整し、生理痛を軽減する効果があるためです。
また、ピルを服用することで、生理周期が安定し、生理痛の予防にもつながるでしょう。

経血量を減らす

ピルを服用すると、子宮内膜を薄く一定に保つことができ、経血量の減少・生理痛改善効果に期待できます。
また、ピルを服用すると経血量は少なくなり、出血する期間も短縮できるとされています。

以上のように、ピルには避妊効果以外にも、生理痛の軽減や経血量の減少などの効果があるのです。

月経前症候群(PMS)の症状を緩和する

月経前症候群(PMS)は、生理前にさまざまな不快な症状を抱える女性が多くいます。
しかし、ピルを服用することで、PMSの症状を緩和する効果があることが知られています。

ピルに含まれるホルモンが、生理前のホルモンバランスを調整し、PMSの症状を軽減することにつながります。
具体的には、イライラや不安、うつ病的症状、腰痛や頭痛などの身体的な不調を和らげられるでしょう。

月経前不快気分障害(PMDD)を改善する

ピルを服用すると、月経前不快気分障害(PMDD)の改善効果が期待できます。

月経前不快気分障害(PMDD)とは

  • 生理前になるとイライラする
  • 気持ちが落ち込む
  • 体調が悪くなる

という症状があらわれることです。

ピルは、排卵を抑制することで、ホルモンバランスを整え、PMDDの症状を改善する効果があるとされています。

生理周期を安定させる

生理周期が不規則だと、避妊の効果を確実に保つことが難しくなります。
しかし、ピルを服用することで、生理周期を安定させる効果が期待できます。
ピルに含まれるホルモンが、子宮内膜の成長をコントロールするため、生理周期が安定するといわれているのです。

また、ピルを服用することで、月経量や生理痛の軽減にもつながることが期待できます。

生理日をずらす

ピルは、排卵を抑制することで、生理予定日をずらすことができるとされています。
また、ピルを服用している間は生理が来ることはありません。
そのため、生理を避けたい期間服用を続けることで、生理を遅らせることもできるでしょう。

肌荒れの改善

ピルは、肌荒れを改善する効果もあることが知られています。
ピルに含まれるホルモンが、皮膚の脂肪分泌を調整し、ニキビや吹き出物の発生を抑制することにつながります。

また、ピルを服用することで、ホルモンバランスが安定するため、月経前に起こる肌荒れも予防できるとされているのです。

【編集部おすすめ】ピルのオンライン処方が安いクリニック11選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます。
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないよう行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料

診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料

割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得 

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1

診察予約

STEP2

医師との診察

STEP3

ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン

【毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】

【毎月定期プラン(フリウェルULD)】

【毎月定期プラン(ドロエチ配合錠)】

支払い金額

2,783円

5,610円

6,538円

割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類

低用量ピル

ピル処方代

毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円

診療代・送料

診療代:1,650円
送料:550円

割引情報

予約方法

WEB予約

診療方法・診療時間

診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度

診療対応時間

10:00-19:00

当日診療対応

配送時期

最短翌日ポストにお届け

おうちでクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

マイピルオンライン

マイピルオンラインは株式会社オンラインメディカルケアが運営するオンライン診療専門のピルクリニックです。

マイピルオンラインのおすすめポイント

  • お得なはじめて割
  • 学生が利用しやすい
  • 産婦人科医が診療と処方を行う

マイピルオンラインが選ばれる理由

マイピルオンライン初利用かつ2シート以上の利用に限り1シート料金が半額となります。
初診の方は自動で適用されるため、割引を使い忘れる心配もありません。

学生証を提示すれば、通常550円かかる送料が毎回無料となります。
年間で6,600円も節約できることになるため、学生の方も利用しやすいクリニックです。

マイピルオンラインは提携クリニックの産婦人科医が診療と処方を行います。
マイピルオンラインは処方実績が6万件を超えており、対面での診療実績を含めた豊富な経験から適切な処方を受けられます。

さらに電話で診療を行うため、場所を選ばずに診療を受けることが可能です。

マイピルオンラインは、他のクリニックから乗り換えたい方や学生の方におすすめのクリニックです。

マイピルオンラインでピルを受け取るまでの流れ

STEP1希望するピルを選択
STEP2診療を予約
STEP3Web問診に回答
STEP4電話で医師の診療を受ける
STEP5薬を受け取る

マイピルオンラインの低用量ピル処方詳細

プラン【お得な定期便】【6ヶ月おまとめ処方】【3ヶ月おまとめ処方】【1シート】
支払い金額2,690円/シート
総額:2,690円
※再診料無料
2,959円~/シート
総額:17,754円~
2,959円~/シート
総額:8,877円~
2,959円~/シート
総額:2,959円
割引金額1ヶ月あたり最大379円お得3,850円お得(再診料550円+送料6回分3,300円)550円お得

マイピルオンラインの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,278円4,378円~

マイピルオンラインのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,690円/シート
診療代・送料初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
割引情報はじめて割/学生割/再診患者割引
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間8:00~20:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※平日17時、土日祝15時までの決済完了の場合
マイピルオンライン
公式サイトはこちら

ルサンククリニック Pills U

ルサンククリニック Pills Uは医療法人社団四季が運営するオンラインピル処方専門クリニックです。

ルサンククリニック Pills Uのおすすめポイント

  • 24時間診療可能
  • 無料で医師の再診を受けられる
  • 土日でも最短当日発送

ルサンククリニック Pills Uが選ばれる理由

ルサンククリニック Pills Uはオンラインピルクリニックでは珍しく24時間オンライン診療に対応しています。
アプリのDLも不要でスマホさえあれば、いつでもどこでも受診可能です。

診療はビデオ通話か電話で医師と行います。
定期便を契約している方は、更新時の診療が無料です。
続ければ続けるほどお得に利用できます。

定期便は送料無料かつ土日でも支払い後当日発送になります。
そのため最短で翌日にピルを受け取ることが可能です。

ピルも品名が化粧品として配送されるため、家族にバレる心配がありません。

医師の診療を定期的に受けたい方、長期的にピルを服用したい方におすすめのクリニックです。

ルサンククリニック Pills Uでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Web上で診療予約
STEP2ビデオ通話か電話で医師との診療を受診
STEP3決済後薬の配送
STEP4薬を受け取る

ルサンククリニック Pills Uの低用量ピル処方詳細

プラン【定期便】【単品購入3ヶ月分】【単品購入1ヶ月分】
支払い金額2,673円~/シート
総額:2,673円
2,822円/シート
総額:8,465円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額1ヶ月あたり297円お得
※送料・診療代も無料
3ヶ月あたり444円お得

ルサンククリニック Pills Uアフターピル処方詳細

ピルの種類アフターピル
料金(1ヶ月分)9,339円~

ルサンククリニック Pills Uのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/アフターピル
ピル処方代定期便:2,673円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:500円
割引情報他院のりかえ割
予約方法Web/LINE/電話
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:不明
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ルサンククリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

ケイ・レディースクリニック

ケイ・レディースクリニックは、医療法人ケイ・レディースクリニックが運営するクリニックでオンラインと対面診療に対応しています。

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

  • ピル処方日本一の実績
  • 対面診療も可能
  • アフターピルの返金保証あり

ケイ・レディースクリニックが選ばれる理由

ケイ・レディースクリニックは低用量ピルの処方数が15年連続日本一を誇るクリニックです。
オンラインピル診療は2016年に開始しました。

対面診療を行っているクリニックでオンラインでピル処方を受けることができます。
低用量ピルの効果や使い方について他のオンラインクリニックより時間をかけて説明してくれます。
そのため低用量ピルを利用したことない方でも安心です。

希望する場合は、対面診療を受けることも可能です。
何か副作用が生じた際などトラブルが起きても対面診療を受けられます。

ケイ・レディースクリニックのアフターピルは成功率99%を誇ります。
返金保証制度もついているため、初めてアフターピルを利用する方も安心です。

ケイ・レディースクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Webで診療予約
STEP2問診票記入
STEP3Zoomでオンライン診療を受診
STEP4決済
STEP5薬を受け取る

ケイ・レディースクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【低用量ピル】

 

※1シート=1ヶ月

支払い金額3,300円/シート
総額:3,300円

ケイ・レディースクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,300円/シート11,000円

ケイ・レディースクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル:3,300円/シート
診療代・送料診療代:3,240円
※オンライン診療は別途予約料540円要
送料:0円
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:Zoom
診療時間:不明
診療対応時間平日:11:00~18:30
※12:30~14:30休診
土:14:30~18:30
日:11:00~17:30
※12:30~14:30休診
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ケイ・レディースクリニック
公式サイトはこちら

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、医療法人社団イースト会が運営するクリニックです。
オンライン診療はもちろん、新宿院のみで対面診療も行っています。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

  • 診療代がかからない
  • 自宅以外の配送も可能
  • 自分に合うピルを見つけられる

イースト駅前クリニックが選ばれる理由

イースト駅前クリニックは、診療代が無料です。
さらに1シートからピルの服用を開始できるため、ピルを試してみたい方におすすめです。
送料は1,100円かかりますが、1万円以上の契約で無料となります。

イースト駅前クリニックはピルの定期便がありません。
定期便にありがちな解約忘れがないため、安心して利用できます。

自宅への配送はもちろんヤマトの営業所への配送も可能です。
代金引換にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも安心して利用できます。

ピルの種類も豊富で低用量ピルは4種類存在します。
医師の診療を受けて自分に合うピルを選ぶことが可能です。

イースト駅前クリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票記入
STEP2アプリダウンロード
STEP3クリニックから電話で連絡
STEP4医師との診療
STEP5薬を受け取る

イースト駅前クリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【6シート】【5シート】【4シート】【3シート】【2シート】【1シート】
支払い金額2,500円~/シート
総額:15,000円~
2,550円~/シート
総額:12,750円~
2,550円~/シート
総額:10,200円~
2,550円~/シート
総額:7,650円~
2,700円~/シート
総額:5,400円~
2,700円~/シート
総額:2,700円~
割引金額1,200円お得800円お得800円お得800円お得

イースト駅前クリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,000円12,000円~

イースト駅前クリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート:2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:クリニック専用アプリ
診療時間:不明
診療対応時間平日:10:00~19:00
※14:00~15:00休診
土日祝:10:00~18:00
当日診療対応
配送時期最短翌日発送
イースト駅前クリニック
公式サイトはこちら

オンラインで購入できる低用量ピルの値段相場は1ヶ月3千円

低用量ピルは、女性ホルモンを含む一般的なピルよりもホルモン量が少なく、副作用が少ないとされています。
ここからは、ピルの値段の相場について紹介いたします。

第一世代ノルエチステロンの相場は2千円

第一世代の低用量ピルは、日本で初めて製造が承認された種類です。
第一世代には、黄体ホルモンの「ノルエチステロン」が含まれています。
避妊目的のほか、ニキビや肌荒れ、月経困難症の改善にも用いられます。

ただし、第一世代は不正出血が起こりやすい傾向があることに留意する必要があります。

低用量ピルの価格相場は、1シート(28日分)あたり約2,000円とされています。

第二世代レボノルゲストレルの相場は2千5百円

第二世代のピルは、黄体ホルモンの「レボルノゲストレル」を含むタイプのピルです。
ホルモンの量が第一世代よりも減っているため、副作用が少ない傾向があります。
特に、不正出血が起こりにくいのが特徴です。

ただし、喫煙者は注意が必要で、重大な血栓症の事例も報告されています。

低用量ピルの値段は、1シート(28日分)あたり2,000〜3,000円が相場です。

第三世代デソゲストレルの相場は3千円

第三世代デソゲストレルの相場は、一般的に3,000円前後となっています。
この種類の低用量ピルは、黄体ホルモンの働きを強めることで男性ホルモンの活性を抑制することが大きな特徴です。
男性ホルモンの作用が少ないため、肌荒れやニキビの改善に期待ができます。

低用量ピルを購入する際には、価格だけでなく、品質や副作用のリスクについても注意が必要です。

第四世代ドロスピレノンの相場は2千円

第四世代のピルには、第三世代までとは異なり、利尿ホルモンを元につくられたドロスピレノンという黄体ホルモンが含まれます。
そのため、むくみにくいという特徴があります。

ヤーズとヤーズフレックスは、第四世代の低用量ピルの一種で、有効成分と剤型は同じです。
しかし、1シートあたりの錠剤構成や効果効能、用法用量には異なりがあります。
そのため、どちらの製品を選ぶかは、個人の症状や医師の判断によって異なります。

おすすめ記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

オンラインで購入できるピルは種類によって値段が異なる

ピルは、種類によって値段が異なることがあります。
ここでは、ピルの種類ごとの相場や価格についてみていきましょう。

PMSなどの治療で使う保険適用のピル

PMSなどの治療で使うピルは保険適用になる場合があります。
主に、保険適用のピルは、月経困難症や子宮内膜症などの痛みの治療に使用されます
保険診療では薬価基準によって薬の料金が決まっているため、どこの病院で処方してもらってもピルの値段は同じです。

ただし、初診料や処方料は診療体制によって異なる場合があります。

避妊目的で使用する自由診療のピル

ピルには、自費のものと保険適用のものがあります。
自費のピルは、主に避妊目的で使用されます。
ただし、自費のピルは全額自己負担となるため、金額が高くなりがちです。

自費診療では、ピルの料金はもちろんのこと、初診料や情報提供料なども病院が自由に設定できます。

先発品は高い

先発品とは、特許を持つ製薬会社が開発したもので、開発費がかかっているため、値段が高くなっています。
後発品は、先発品の特許が切れた後に、他の製薬会社が同じ成分で製造するもので、値段が安くなっています。

ピルの種類によって、値段が異なる理由は、成分や効果が異なるためです。

後発品(ジェネリックは安い)

ジェネリック薬品は、先発薬と同じ有効成分を含み、品質と安全性が確保されている薬品です。
後発品は、先発薬よりも低価格で入手できます。

先発品と後発品のどちらを服用するかは、医師と相談して決めましょう。
また、先発品と後発品の両方を取り扱っているクリニックでは、コストを抑えるためには後発品の選択がおすすめです。

 

オンライン処方は安全なピルを入手できる

インターネットを通じて医師の診断により、オンラインでピルを購入できます。
ここからは、オンライン処方は安全なピルを入手できることについてみていきましょう。

国内で承認された薬だと明示されている

オンライン処方は、医師がオンラインで診察をして、ピルを受け取れるサービスです。
国内で承認された薬であることが明示されているため、安心して利用することができます。

オンライン処方を利用する場合は、医師による診察が必要です。
診察の結果、医師がピルを出すかどうかを判断します。

オンライン処方は、自宅で手軽に利用できますが、医師の診察では、正確な情報を提供することが大切です。

国内で正規流通しているピルを扱っている

オンライン処方は、国内で正規流通しているピルを扱っているため、品質や安全性についても心配する必要がありません。

ただし、オンライン処方サービスを利用する際には、自己判断での薬の使用や偽造品に注意が必要です。
安全かつ適切な医療を受けるためには、必ず信頼できるオンライン処方を利用することをおすすめします。

海外からの輸入品を売る病院は減少傾向

オンライン処方による海外からの輸入ピルは、日本国内で正式に承認された医薬品であり、適切な品質管理が行われています。
また、オンライン処方を提供する病院は、適切な監督・管理を行っています。

しかし、海外からの輸入品を売る病院が減少しているという傾向があります。
そのため、オンライン処方はより安全なピルを入手できるようになっています。

関連記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

ピルのオンライン処方が安い理由

ピルのオンライン処方が安い理由には

  • マージンが少ない
  • クリニックの家賃が抑えられる
  • 人件費がかからない
  • 1日に診察する患者さんを最大限増やせる
  • オンライン診療の業界は競争が激しい

などがあります。
以下でそれぞれみていきましょう。

マージンが少ない

オンライン診療でピルを処方する場合、診察料や薬代が安くなることがあります。
また、オンライン処方の場合、医師の診察時間が短くなるため、医師の人件費が抑えられることもあります。

以上の理由から、オンライン処方の場合、マージンが少なくなることで安くなっていると考えられるでしょう。

クリニックの家賃が抑えられる

オンライン処方が安い理由は、クリニックの家賃が抑えられることが挙げられます。
オンライン処方を行うクリニックは、診療所や病院に比べて家賃が安い場所にあることが多いです。

そのため、診療費を安く設定できるというメリットがあります。

人件費がかからない

オンライン処方は、病院やクリニックに比べて人件費がかからないため、ピルの費用を抑えられます。
ピルを処方してもらうためには、通常は病院やクリニックに足を運ばなければなりません。

しかし、オンラインでのピル処方は、病院やクリニックに行く必要がなく、自宅から簡単にピルを受けとれます。

1日に診察する患者さんを最大限増やせる

オンライン処方が安い理由には、1日に診察する患者さんを最大限増やせることが挙げられます。
通常の診療所では、医師1人が1日に診察できる患者さんの数には限りがあります。
しかし、オンライン処方では医師が時間や場所に縛られることなく、より多くの患者さんを診察できるのです。

そのため、1人あたりの診察費用が下がるため、オンライン処方のピルが安くなります。

オンライン診療の業界は競争が激しい

オンライン診療の業界では、多くのサービスが類似した医療サービスを提供しています。
その中で差別化を図るために、価格競争が繰り広げられているのです。

その結果、ピルのオンライン処方は、安く提供されていることが考えられます。

オンラインクリニックで安く買えるピルの種類

オンラインクリニックで購入できるピルは主に次の4種類です。

  • 低用量ピル
  • 中用量ピル
  • 超低用量ピル
  • アフターピル

それぞれの特徴をご紹介していきます。

低用量ピル

低用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が50μg以下のものを指します。
低用量ピルの主な効果は次の通りです。

  • 避妊
  • PMS・生理痛の緩和
  • 月経困難症の緩和
  • 生理周期の調整

低用量ピルは避妊のほか、月経トラブルの改善にもよく利用されています。
低用量ピルには、女性ホルモンの量をコントロールして排卵を抑制する作用があるためです。

排卵が行われなければ月経は来ないため、PMS・生理痛・月経困難症を緩和できます。
あるいは、排卵をコントロールすることで月経周期を移動させることも可能です。

中容量ピル

中用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が50μg以上のものです。
主な効果は次の通りです。

  • 避妊
  • 性交渉後の避妊
  • 生理日の移動

中用量ピルは主に生理日の移動や避妊のために利用されます。
性交渉後のアフターピルとして利用されることもあります。

中用量ピルを避妊のために利用する場合は、服用のタイミングが大切です。
避妊を成功させるためにも、服用のタイミングはかかりつけ医とよく相談してください。
アフターピルとして利用したい場合も、医師の指示を仰ぎましょう。

超低用量ピル

超低用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が30μg以下のものです。
成分配合量が少ない分、効き目が穏やかで、かつ副作用のリスクが低い点が特徴的です。
超低用量ピルの主な効果は次の通りです。

  • PMS・生理痛の緩和
  • 月経困難症の緩和
  • 子宮内膜症の予防・治療

超低用量ピルは、主に婦人科系トラブルの緩和に用いられます。
卵胞ホルモンの配合量が少ないため、避妊効果はほとんど期待できません。

超低用量は「病気」の治療のために用いることがほとんどです。
そのため、超低用量ピルには原則として保険が適用されます。

なお、種類に限らず病気治療に利用するピルには基本的に保険が適用されます。
一方、避妊目的のピルは保険適用外です。

アフターピル

アフターピルは、主に性交渉後に避妊を目的として利用するピルです。
緊急避妊薬とも呼ばれています。

アフターピルの一般的な服用期限は72時間以内です。
服用が遅くなるほど避妊効果は薄まります。

裏を返せば、服用タイミングが早ければ早いほど、避妊に成功しやすくなります。
具体的には、12時間以内に服用した場合の避妊率は99%です。

アフターピルの服用は時間との勝負となります。
オンラインでアフターピルを入手する場合は、当日・翌日発送対応のクリニックを選びましょう。

ピルのオンライン処方のメリット

ピルのオンライン処方のメリットには

  • 気軽に相談できる
  • 仕事を1日休まずとも受診できる
  • 通院の手間が省ける
  • ピルを宅配してもらえて楽

などがあります。
以下でそれぞれ具体的に紹介いたします。

気軽に相談できる

オンラインでの処方が可能になったことで、医師との対面診療が難しい方でも気軽に相談できるようになりました。
また、自宅にいながらにして薬を受け取れるため、時間や手間を省くことができます。

ただし、オンラインでの診察は、医師との対面診療と比べて、診断の精度が低くなる可能性があります。

仕事を1日休まずとも受診できる

ピルのオンライン処方のメリットには、仕事を1日休まずに受診することができるという点が魅力です。
従来のクリニックや病院での受診では、仕事や学校などのスケジュールとの調整が必要となります。
また、診察や処方箋の受け取りには、待ち時間や交通費などのコストがかかります。

しかし、ピルのオンライン処方サービスを利用すれば、自宅や職場から簡単に診療を受けられます。
たとえば、スマホやパソコンを使ってオンライン診療に申し込むことができ、医師とのオンライン相談により診察を受けられます。

通院の手間が省ける

オンライン処方のメリットは、通院の手間が省けるという点です。
クリニックや病院での受診では、通院のための交通費、待ち時間、診察時間など多くの手間がかかります。
とくに、遠方に住んでいる場合は、通院に費やす時間や費用がとてもに大きくなるでしょう。

しかし、ピルのオンライン処方サービスを利用すれば、通院の手間を省けます

ピルを宅配してもらえて楽

ピルのオンライン処方は、ピルを宅配してもらえるというメリットがあります。
クリニックや病院では、処方箋を薬局へ持っていき、ピルを受け取る必要があります。
そのため、忙しい方や遠方に住む方にとっては、薬局まで行くのが大変な手間となるでしょう。

しかし、ピルのオンライン処方サービスを利用すれば、医師が処方した薬剤を宅配してもらえます
また、オンライン処方サービスでは、定期的に薬剤を宅配してもらうことも可能です。
たとえば、毎月一定の日にピルを宅配してもらうこともできます。

ピルのオンライン処方のデメリット

ピルのオンライン処方のデメリットには

  • 持病がある場合は診察漏れがあることも
  • 送料がかかると高くなる
  • 副作用の発見が遅れる

などがあります。
以下でそれぞれ具体的に紹介いたします。

持病がある場合は診察漏れがあることも

オンライン診療でピルを処方してもらう場合、医師が患者さんの病歴や症状を十分に把握できない場合があります。
そのため、診察漏れが起こる可能性があります。

オンライン診療でピルを処方してもらう場合、患者さんが事前に問診票に回答することが必要です。
診察漏れを防ぐためにも、問診表には自分の持病についてしっかりと回答しましょう。

送料がかかると高くなる

送料がかかることで費用が高くなる恐れがあります。
オンライン処方は、医師とのオンライン診察により、ピルを宅配してもらえます。
しかし、薬局でピルを受け取るよりも、送料がかかってしまうため、費用が高くなることがあります。

とくに、遠隔地に住んでいる方などは、送料が非常に高額になることがあるでしょう。
また、緊急性のある場合には、速達などの送料がかかることもあります。

副作用の発見が遅れる

オンライン診療は、医師が患者さんの病歴や症状を十分に把握できない場合があります。
そのため、副作用の発見が遅れる可能性が考えられるでしょう。
ただし、患者さんが事前に問診票に回答する必要がありますが、副作用についての情報が漏れることがあります。

その結果、副作用の発見が遅れることが考えられます。

ピルのオンライン処方が安いオンラインクリニックの選び方

ピルオンラインクリニックを選ぶ際のポイントをご紹介します。
オンラインでのピル処方を検討している方は、ぜひ次の5つのポイントをチェックしてみてください。

ピルの値段を相場と比較する

ピルオンラインクリニックを選ぶときは、ピルの値段を必ず確認しましょう。
原則としてピルは保険適用外のため、クリニックによって値段の設定に大きな幅があります。

一般的なピルの相場は1箱3,000円です。
費用を抑えるには、相場と同等もしくは安いピルを選んでください。
クリニックによっては、まとめ買い・定期購入すると割引が受けられる場合もあります。

なお、相場より大幅に安いピルは避けるのが望ましいです。
安すぎるピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。

ピルの種類が複数あるか確認する

できれば、複数のピルを取り扱っているオンラインクリニックを選びましょう。
ピルは体質によって合わないことがあるためです。
あるいは、同じピルでも一相性と三相性では効き目が若干異なります。

複数種類を扱っているクリニックであれば、ピルの選択肢が増えます。
選択肢が多いほど、ご自身に合ったピルを選びやすくなります。

ピルの発送時期が早いクリニックを選ぶ

オンライン診療では、ピルは基本的に自宅配送されます。
そのためクリニックを選ぶときは、ピルの発送時期を確認することが大切です。

たとえばすぐピルを飲みたい方は、発送のタイミングができる限り短い方が良いでしょう。
具体的には、当日発送・翌日発送を行っているクリニックがおすすめです。

自宅配送は、病院や薬局に行かずともピルを受け取れる点がメリットです。
一方で、発送までに日数を要すると、希望の服用開始日にピルが間に合わないこともあります。

ピルの服用はタイミングが大切です。
希望日に服用を開始できるよう、ピルの受け取りまでにかかる時間は必ず確認してください。

診療時間が生活に合っているクリニックを選ぶ

希望の時間に診療を受けられるオンラインクリニックを選びましょう。
オンラインといっても、診療時間はクリニックによって異なるためです。

たとえば終業後に受診したい場合は、夜間診療に対応しているクリニックを選ぶ必要があります。

平日の診療が難しい場合は、土日祝対応のクリニックが良いでしょう。
ぜひご自身のライフスタイルに合ったオンラインクリニックを探してみてください。

アフターフォローに対応しているか確認する

オンライン処方を受ける場合は、アフターフォロー対応のクリニックを選びましょう。
ピルは服用後に副作用が出ることもあるためです。

できれば副作用に対応すると明確に謳っているクリニックを選んでください。
あるいは診察回数に縛りがないクリニックもおすすめです。
なにかトラブルがあったときに、気軽に相談できるためです。

ピルのオンライン処方はこんな人におすすめ

ピルのオンライン処方は、忙しい方、遠方に住む方など、さまざまな方におすすめです。
以下では、ピルのオンライン処方がおすすめな人についてみていきましょう。

妊娠を防ぎたい

ピルのオンライン処方は、妊娠を防ぎたいと考えている方におすすめです。
オンライン処方は、自宅から受診できるため、仕事などで忙しい方でも通院することなくピルを受け取れます。

ただし、妊娠のリスクについてしっかりと理解し、医師の指示に従って正しく使用することが重要です。
ピルのオンライン処方を利用する場合は、自分の健康情報を正確に伝えることが必要です。

月経不順を改善したい

ピルはホルモンが含まれており、その働きによって月経周期を整える効果が期待できます。
そのため、月経不順を改善したい方におすすめです。

しかし、ピルは副作用を引き起こすことがあるため、医師の指示に従って正しく使用しましょう。

大事な予定に生理が重なりそう

ピルのオンライン処方は、大切な予定に生理が重なりそうな場合に、ピルを服用することで生理を遅らせられるでしょう。
ピルには、いくつか種類があります。

そのため、ピルを服用する際は、医師に相談して、自分に適した方法を選ぶことが大切です。
一般的に、ピルを連続して服用することで生理を遅らせることが期待できます。

経血量を減らしたい

ピルを飲むことで、生理の際の経血量を普段より減らすことが期待できます。
2周期以上低用量ピルを使用することで、経血量の減少ができるでしょう。
ただし、ピルの効果には個人差があるため、必ず医師の指示に従って使用しましょう。

PMSやPMDDの症状を和らげたい

ピルのオンライン処方は、PMSやPMDDなどの月経前の症状を和らげたい方におすすめです。
PMSやPMDDなどの症状は、生理前に体調不良、気分の変動、不快感などがあらわれます。

ピルは、ホルモンバランスを調整し改善が期待できます。
そのため、生理前の症状を和らげる効果があるでしょう。

肌荒れを改善したい

肌荒れを改善するためには、正しいスキンケアと生活習慣の改善が必要です。
しかし、女性ホルモンに関する問題も関与していることがあります。
女性ホルモンのバランスが崩れると、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルが発生することがあります。

ピルは避妊だけでなく、ホルモンバランスを整える効果が期待できるのです。
ピルには、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれています。
女性ホルモンが正常に分泌されることで、肌のトラブルを改善することにつながります。

生理痛が辛い

生理痛が辛くて、仕事や日常生活に支障をきたしている女性もいるでしょう。
生理痛は、子宮内膜が剥がれる際に起こる痛みや不快感で、軽いものから重いものまでさまざまです。

ピルに含まれるプロゲステロンは子宮内膜を薄くすることで、生理痛を軽減する効果が期待できます。
ピルを飲むことで、生理痛の症状が改善されることが期待できるでしょう。

子宮体がん、卵巣がんを予防したい

子宮体がんや卵巣がんは女性のがんの中でも、深刻な疾患です。
子宮体がんや卵巣がんの原因として、女性ホルモンのバランスの乱れが挙げられます。
ピルは、子宮体がんや卵巣がんのリスクを低減する効果が期待できます。

ピルには、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれています。
ホルモンが正常に分泌されることで、子宮体がんや卵巣がんのリスクが低減するとされているのです。
また、ピルを使用することで、排卵を抑制することができ、卵巣がんのリスクを低減する効果も期待できます。

通院する時間がない

仕事や家事で忙しい方は、通院に必要な時間が取れない方もいるでしょう。
ピルのオンライン処方を受けることで、自宅から手軽にピルを入手できます。
通常のクリニックに比べて、待ち時間が短く、医師との対面診療がなく、自分の都合のいい時間に診療を受けられます。

また、オンライン診療は、交通費や駐車場代などの負担も少なくなります。
通院に時間や手間をかけることができない方は、ピルのオンライン処方を受けることがおすすめです。
自分に合った医療を受けるために、オンライン診療を積極的に活用してみましょう。

オンラインピル処方の流れ

ピルの処方は一般的にクリニックでの対面診察というイメージが強いかもしれません。
それゆえ、オンラインでの診療やピルの購入は新しく感じ、不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、スマートフォンやパソコンを日常的に使用している方なら、オンライン診療の操作は難しくありません。
ここで、オンラインでピルを手に入れるための主要な手順をご紹介します。

1:適したクリニックの選定

まず始めに、オンラインでピルの処方が可能なクリニックから、自分に最適なものを選びます。
クリニックが提供しているピルの種類や、診療を行う医師の信頼性などを確認します。

2:オンライン診療への申し込み

選択したクリニックにて、オンライン診療の申し込みを行います。
申し込みの方法はクリニックによりますが、公式サイト、電話、公式LINE、専用アプリなどから可能です。
診療を受けたい日時を指定し、必要な情報をWeb問診票に入力して送信します。

3:診療とピルの処方

予約した時間に医師から連絡があり、診察が行われます。
医師は診療を通じてピルの必要性や適切な種類を判断し、処方を行います。

処方されたピルは最短でその日のうちに発送され、自宅、コンビニ、調剤薬局、郵便局などで受け取ることが可能です。
また、オプションサービスを利用すれば、最短当日にピルを服用することも可能です。

すぐにアフターピルが必要な方でも、最寄りの調剤薬局で購入できるクリニックもありますので、安心です。
ただし、ピルの処方や受け取り方はクリニックごとに異なるため、詳細は各クリニックの公式サイトで確認してください。

オンラインで安く購入できるピルは保険適用になるの?

オンラインでのピルの処方箋は、一般的に保険が適用されません
以下にピルの保険適用に関する要件について説明します。

疾患治療のためならば保険が適用される

ピルがオンライン診療により処方され、それを保険適用するためには特定の条件を満たす必要があります。
保険が適用されるためには、ピルの購入が疾患の治療を目的としていること保険の対象となる種類のピルであること、そして医療機関が保険対象の診療を行っていることが必要となります。

ピルの服用は、治療目的と避妊目的に大別されます。
避妊目的でのピルの服用は、保険が適用されず自己負担となります。

一方、月経困難症や子宮内膜症の治療のためにピルを服用する場合は、これが治療目的であると見なされ、保険が適用されます。

ただし、月経困難症以外の疾患については、保険対象外の医療機関も存在するため、注意が必要です。例えば、生理不順の治療や、女性ホルモンの影響による皮膚の問題の悪化は、治療と見なされることがありますが、これらはほとんどが保険対象外となります。

避妊が目的の場合は保険対象外

避妊を目的としてピルを購入する場合、これは保険適用外となります
また、緊急避妊が必要でアフターピルを服用する場合も、これは保険対象外です。

さらに、避妊目的でも治療目的でもない場合も、基本的には自費診療となります。
例えば、月経のタイミングを変更したい、皮膚トラブルを予防したいなどの場合、これらは保険が適用されません。
重篤な皮膚トラブルは、医学的な治療が必要な場合がありますが、基本的にはピルの購入は自費診療となります。

オンラインで安く購入したピルを服用する際の注意点

ピルを服用する際の注意点をご紹介します。
ピルの服用を検討している方は、ぜひ確認してください。

ピルと他の薬との併用には注意

ピルと他の薬との併用には注意しましょう。
副作用が出たり、ピルの効果が弱まったりするおそれがあるためです。

ピルとの併用を避けるべき薬の種類は次の通りです。

併用が禁忌の薬ヴィキラックス配合錠
ピルの効き目を弱める薬抗生物質・抗てんかん薬・精神刺激薬・抗HIV薬
ピルの効き目を強くする薬解熱鎮痛薬・抗真菌薬
ピルによって効き目が弱まる薬血糖降下薬・モルヒネ・解熱鎮痛薬
ピルによって効き目が強くなる薬副腎皮質ステロイド・三環系うつ剤・免疫抑制剤

常用薬がある場合は、必ず初回の診察の際に医師に相談してください。

性病感染症の予防はできない

ピルでは性病の感染予防はできません。
性交渉に関してピルに期待できるのは、あくまで避妊効果のみです。

性病の予防にはコンドームが有効です。
ピルとコンドームを併用することで、より高い避妊効果を期待できます。

ピルで子宮頸がん・乳がんの発症リスクを下げることはできない

ピルには卵巣がん・子宮体がんのリスクを下げる効果が指摘されています。
一方で、子宮頸がん・乳がんのリスクはピルの服用によって上昇することが分かりました。

ピル服用者の乳がんの発症率は、非服用者に比べて1.08倍〜1.24倍です。
服用が長期にわたるほど、がんの発症率にも増加傾向がみられます。

がんの発症を完全に防ぐことは困難です。
ただし、早期発見によって悪化を防ぐことは可能です。

ピルを服用する方は、がんの早期発見につなげるためにも定期的な健診を受けましょう。
年に1回の婦人科検診・乳がん検診がおすすめです。

出典:日本乳癌学会【低用量経口避妊薬(OC)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の使用は乳癌発症リスクを増加させるか?

ピルのオンライン処方が安いに関するよくある質問

ピルに関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。
ぜひ参考にしてください。

ピルの副作用はなにがありますか?

ピルの代表的な副作用は次の通りです。

  • 血栓症
  • 不正性器出血
  • 頭痛・腹痛
  • むくみ
  • 乳房の張り・痛み
  • 吐き気

吐き気・頭痛は血栓症の初期症状でもあります。
少しでも気になる不安がある場合は、かかりつけ医に相談してください。

特に次のような方は副作用のリスクが高いとされています。

  • 喫煙者
  • 閉経を迎えた方
  • 高血圧
  • 自身・血縁者に循環器系の持病がある方
  • 肥満の方

該当する方は、ピルの処方の際に医師に伝えてください。

血栓症とはどのような病気ですか?

血栓症とは、血の塊(血栓)が血管をふさぐ病気の総称です。
代表的なのは脳梗塞・心筋梗塞・深部静脈血栓症(エコノミー症候群)です。

血栓症はピルの副作用の1つです。
ピル服用開始後に不安な症状があらわれた場合は、血栓症を疑って速やかに病院を受診してください。

血栓症の代表的な初期症状は次の通りです。

  • 胸痛
  • 息切れ
  • 吐き気
  • 言語障害
  • 手足のしびれ
  • ふくらはぎの痛み

低用量ピルと超低用量ピルの違いはなんですか?

低用量ピルと超低用量ピルの違いは次の通りです。

 卵胞ホルモン配合量効果
低用量ピル50μg以下避妊・月経トラブルの緩和・生理日の移動
超低用量ピル30μg以下月経トラブルの緩和・子宮内膜症などの病気の予防や治療

超低用量ピルには避妊効果はほとんど期待できません。

インターネット・通販で購入したピルは大丈夫ですか?

インターネットや通販で購入したピルの服用は控えてください。
個人輸入・個人間で取引したピルが該当します。

通販サイトなどに流通しているピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。
安全性を担保するためにも、必ず医療機関で処方されたピルを利用してください。

オンラインでピルを購入する場合は、公式サイトから購入しましょう。

高校生・未成年でもピルを購入できますか?

高校生・未成年でも、原則としてピル購入は可能です。
ただし、クリニックによってはピルの購入に年齢制限を設けている場合もあります。

購入できる場合でも、保護者の同意が必要であるケースが大半です。
具体的な対応については、クリニックに個別に相談してください。

妊娠中でもピルを服用できますか?

妊娠中は原則としてピルの服用は控えるべきとされています。
なお、妊娠中に服用しても胎児への影響はないという研究結果が出ています。

必ず医師に相談した上で服用を検討してください。

ピルの1相性と3相性の違いはなんですか?

1相性と3相性の違いは、1錠あたりのホルモン含有量です。
1相性のピルは、ワンシートのピルのホルモン含有量はすべて同じです。

対して3相性のピルでは、ホルモン含有量が3段階で異なります。
3相性のピルは生理周期にあわせてホルモンの投与量を変化させていきます。
身体本来のホルモンバランスの邪魔をしないため、不正性器出血などの副作用が出にくいのが特徴です。

生理前にピルを飲んでも大丈夫ですか?

生理前にピルを飲んでよいかどうかは、個人の月経状況によって異なります
基本的には、ピルは生理初日・または生理開始後最初の日曜日に飲み始めます。

ただし、生理がなかなかこない方は生理前に服用を開始することもあります。
生理前の服用の可否については、かかりつけ医に相談してください。

Day1スタート、Sundayスタートってなんですか?

それぞれの内容は次の通りです。

  • Day1スタート:生理初日に服用開始
  • Sundayスタート:生理開始後の最初の日曜日に服用開始

ご自身の目的に合わせて医師とスケジュール調整を行いましょう。

21錠タイプと28錠タイプの違いはなんですか?

21錠タイプと28錠タイプの違いは、服薬スケジュールです。

  • 21錠タイプ:21日の服用+7日間の休薬
  • 28錠タイプ:28日間の服薬

21錠タイプは、21錠の実薬で構成されています。
21錠の実薬を服用したのち、7日間の休薬期間を設けます。
休薬期間が明けると、また新しいシートを飲み始めます。

28錠タイプは21錠の実薬+7錠の偽薬で構成されています。
偽薬を含めて28日間服用し続けるため、休薬期間はありません。
つまり古いシートをすべて飲み終わったら、すぐに新しいシートを開封します。

服薬スケジュールの管理が不安な方には28錠タイプがおすすめです。
休薬期間がないため、飲み忘れを防ぎやすくなります。

ピルの飲み忘れはどうしたらいいですか?

ピルの飲み忘れに気づいた時の対応は次の通りです。

  • 当日気づいた場合:すぐに服用し、翌日は予定通りの時間に飲む
  • 翌日の服薬予定時刻前に気づいた場合:すぐ前日分を飲み、当日分は予定時刻に飲む
  • 翌日の服薬予定時刻に気づいた場合:前日分と当日分の2錠をまとめて飲む

1日でも飲み忘れると、毎日飲み続けた場合に比べて避妊効果が弱まるおそれがあります。

ピルで不妊症になりますか?

ピルで不妊症になるリスクは低いと指摘されています。
もちろん服用中は避妊効果が発揮されるため、妊娠確率は低くなります。

しかし服用を中止すれば、自然な妊娠が期待できます。

不正出血が起こった場合どうすればいいですか?

不正性器出血が起こった場合でも、ピルの服用は続けてください。
ピルの副作用による不正性器出血は、遅くとも3ヶ月以内には治まります

ピルで不正性器出血が起こるのは、女性ホルモンのバランスが変化するためです。
ピルを継続するにつれホルモンバランスは安定していくため、次第に不正性器出血も治まります。

3ヶ月を超えて不正性器出血が続く場合、原因はピル以外の可能性があります。
代表的なのは感染症・子宮筋腫・子宮がんです。

もし3ヶ月経っても不正性器出血が止まらない場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

 

ピルのオンライン処方が安い理由まとめ

ここまで、ピルのオンライン処方が安い理由の情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • ピルの避妊以外の効果は、生理痛を和らげる、経血量を減らす、生理周期の安定
  • 低用量ピルの値段相場は、第一世代ノルエチステロンの相場は2千円
  • ピルのオンライン処方が安い理由は、クリニックの家賃が抑えられる、人件費がかからないなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク