ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルの種類による違いは?効果や副作用・保険適用を徹底解説!購入先の注意点も紹介

ピルの種類による違いは?効果や副作用・保険適用を徹底解説!購入先の注意点も紹介

ピルには非常にたくさんの種類があるため、自己判断で選ぶのは難しいです。
また、ピルはホルモンの含有量や目的だけでなく、世代や相性によっても分類されます。

そもそもピルにはどのような種類があるのでしょうか。
ピルは種類によってどのような違いがあるのでしょうか。

本記事ではピルの種類について以下の点を中心にご紹介します。

  • ピルの種類と特徴とは
  • ピルの世代と相性の違いについて
  • ピルの値段と購入方法とは

ピルの種類について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ピルとは

ピルとは、経口避妊薬のことです。
ピルには卵巣でつくられる女性ホルモンに似た成分が配合されており、避妊効果があります。

ピルを服用することで脳が妊娠したと勘違いするため、排卵が止まるという仕組みです。
ピルを正しく服用すれば避妊の失敗率はおよそ0.3%といわれています。

ピルには生理の不調や肌荒れの改善にも効果があるため、女性にとって頼もしい薬です。
しかし、ピルの服用には副作用を伴うため、目的に合わせた適切なピルを選びましょう。

ピルの種類と特徴

ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分です。
これらのホルモンの含有量によって、以下のような種類に分けられます。

それぞれの特徴と使用目的を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

超低用量ピル

超低用量ピルとは、卵胞ホルモンの含有量が0.03mg以下のものを指します。
月経困難症や子宮内膜症の治療に用いられる薬で、避妊目的には用いられていません。
また、超低用量ピルは保険が適用され低価格で購入できる場合があります。

超低用量ピルは、生理不順や肌荒れの改善、生理痛の緩和に効果的です。
配合されているホルモン量が少ないため、副作用が出る割合は低いとされています。

低用量ピル

低用量ピルとは、卵胞ホルモンの含有量が0.05mg以下のものを指します。
避妊だけでなく、生理前に現れる身体的・精神的な不調の改善にも用いられる薬です。

このほかにも、月経困難症や子宮内膜症の治療、肌荒れの改善にも効果があります。
低用量ピルはさまざまな用途で活躍するピルといえるでしょう。

低用量ピルは配合されている黄体ホルモンにより、さらに4種類に分類されます。
それぞれ特徴や得られる効果が違うため、使用目的に合ったピルを選ぶことが大切です。

中用量ピル

中用量ピルとは、低用量ピルよりも卵胞ホルモンが多く含まれている薬です。
卵胞ホルモンが多いため高い効果が期待できます。

しかし、頭痛や吐き気、むくみ、不正出血といった副作用が出る割合も高いです。
頭痛や吐き気がつらい場合は、市販の頭痛薬や吐き気止めの薬を併用して対応できます。
しかし、含まれている成分によっては効果が得られない場合があるため、注意が必要です。

主に中用量ピルは、生理日をコントロールするために用いられます。
中用量ピルを服用することで、生理を早めたり遅らせたりすることが可能です。

アフターピル

アフターピルとは、黄体ホルモンを主成分とした緊急避妊薬のことです。
主に避妊に失敗した性行為後に服用します。

アフターピルは、服用が早ければ早いほど十分な効果を得られます。
性行為後72時間以内に服用すると、95%の確率で避妊が可能です。
そのため、望まない妊娠を防ぐためには、なるべく早く服用することが重要となります。

アフターピルによって妊娠を回避できたか判定するには、妊娠検査薬が便利です。
服用したにも関わらず、生理が予定日より1週間以上遅れた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

ミニピル

ミニピルとは、卵胞ホルモンを含まないピルのことです。
そのため、ミニピルには血栓症のリスクがほとんどありません。

喫煙者や肥満の方はピルを服用できない場合があります。
しかし、ミニピルは医師の指導のもとであれば服用することができる種類の薬です。

さらにミニピルには、避妊効果だけでなく、月経困難症や子宮内膜症を改善する効果もあります。

ただし、飲み忘れや服用時間が3時間以上ずれたりすると、十分な効果を発揮できません。
そのため、ミニピルを服用する場合は、しっかり服用時間を管理することが重要です。

ミニピルは毎日決まった時間に服用し、休薬期間を設けず365日毎日飲み続ける必要があります。

おすすめ記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

ピルの世代と相性による違い

低用量ピルは黄体ホルモンの含有量や製造した世代によって、さらに細かく分類されます。
それぞれ詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

世代とは

低用量ピルは、製造された時期によって下記4つの世代に分類されます。
含まれるホルモンや得られる効果が違うため、自分の目的に合った種類を選びましょう。

第一世代

第一世代のピルには、ノルエチステロンという黄体ホルモンが含まれています。
生理時の出血量を抑えたり、生理痛を和らげたりする効果に優れているのが特徴です。
そのため、月経困難症の改善に用いられます。

さらに、肌荒れの改善にも高い効果が期待できるのも、第一世代の特徴です。
しかし、頭痛やむくみといった副作用が現れやすいというデメリットもあります。

とくに、不正出血は他の世代と比較しても現れやすいため、注意が必要です。
第一世代のピルは、生理時の出血量や生理痛の軽減をしたい方におすすめします。

第二世代

第二世代のピルには、レボノルゲストレルという黄体ホルモンが含まれています。
アフターピルにも含まれているホルモンのため、避妊効果が高いのが特徴です。

不正出血が現れにくく、女性ホルモンのバランスを整える効果に優れています。
そのため、生理周期の安定や、生理前に現れる心身の不調の改善にも効果的です。

しかし、第二世代のピルはニキビの原因となる男性ホルモンの作用が強いとされています。
そのため、肌トラブルの治療には向かないので注意しましょう。

第二世代のピルは、生理周期を安定させたい方や生理前の不調を緩和したい方におすすめです。

第三世代

第三世代のピルには、デソゲストレルという黄体ホルモンが含まれています。
第三世代のピルの特徴は、男性ホルモンの作用を抑制する効果に優れている点です。
そのため、ニキビなどの肌トラブルや多毛症の治療に効果が期待できるでしょう。

第三世代のピルは、生理前の不調や月経困難症の緩和にも効果的です。
肌トラブルが心配な方や生理前の不調を緩和したい方は第三世代のピルをおすすめします。

第四世代

第四世代のピルには、ドロスピレノンという黄体ホルモンが含まれています。
卵胞ホルモンの含有量が少ないため、超低用量ピルに該当する薬です。
主に、月経困難症や子宮内膜症の治療に用いられます。

他の世代と比較すると、男性ホルモンの作用を抑制する効果が優れているのが特徴です。
そのため、ニキビや吐き気、むくみといった副作用が現れにくいとされています。
第四世代のピルは、副作用や男性ホルモンによる影響が心配な方におすすめです。

相性とは

低用量ピルは28日を1クールとして、21日服用して7日休薬するサイクルが一般的です。
低用量ピルは1錠ずつに含まれるホルモン量によって下記2つの種類に分類されます。

相性によって服用方法が複雑になるため、目的に適したピルを選びましょう。
特徴や副作用の現れやすさの違いなど、詳しく紹介するのでぜひ参考にしてください。

1相性

1相性とは、服用するピルのホルモン含有量が21日間常に一定である製品を指します。
そのため、万が一飲む順番を間違ってもとくに問題はありません。

ニキビや肌トラブルの原因となる男性ホルモンの作用が現れにくいのが特徴です。
生理日のコントロールがしやすいといったメリットもあります。

しかし、1相性のピルを初めて服用する場合は、ホルモンバランスが乱れやすいです。
そのため、不正出血といった副作用が現れやすいのがデメリットといえるでしょう。
1相性のピルは、肌荒れを改善したい方や生理日を調整したい方におすすめです。

3相性

3相性とは、ホルモン含有量が3段階にわかれている製品を指します。
自然なホルモンバランスに近く副作用が現れにくいため、安心して服用できるのが特徴です。

しかし、3相性のピルは決められた順番に服用しないと十分な効果は得られません。
万が一飲み間違いがあった場合、不正出血といった副作用が起こる可能性も高くなります。
3相性のピルは、初めてピルを服用する方や副作用が心配な方におすすめです。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ効果が認められる医薬品のことです。
別名「後発医薬品」と呼ばれています。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分や同じ効果が含まれているのが特徴です。

ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも低価格で手に入れることができます。
そのため、ピルを安く購入したい場合はジェネリック医薬品を選ぶといいでしょう。

主なジェネリック医薬品には、以下のような薬品が挙げられます。

  • フリウェルLD
  • フリウェルULD
  • ラベフィーユ
  • ファボワール

ピルの副作用

ピルにはさまざまな種類があります。
しかし、どのピルを服用しても副作用が現れる可能性はゼロではありません。

ピルはホルモンの含有量が多いほど、副作用が現れやすいとされています。
安心してピルを活用できるように、副作用についても把握しておきましょう。

血栓症

血栓症とは、血が固まり血管を塞いでしまう病気のことです。
脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気につながる可能性もあります。

低用量ピルは血栓症発症のリスクが高い薬です。
血栓症は飲み始めてから3カ月〜半年の間に現れやすいといわれています。
継続してピルを服用することで、血栓症のリスクは低下するため、安心してください。

また、血栓症を発症しても適切な治療をすれば命に関わることはありません。
万が一、息苦しさやふくらはぎの痛みといった症状が現れた場合はすぐに医師へ相談しましょう。

頭痛や吐き気

ピルを服用すると、頭痛や吐き気といった症状が現れる場合があります。
しかし、これらの症状はホルモンバランスの変化によって起こるものです。
個人差はありますが、1〜2週間程度で改善されるため安心してください。

とくに、中容量ピルを服用した場合、これらの症状が現れやすいとされています。
対処法として、頭痛薬や吐き気止めを一緒に処方してもらうのがおすすめです。
市販薬を購入する場合は、ピルと併用しても問題ないか必ず確認する必要があります。

不正出血

副作用の中でも一番多いのは不正出血です。
ピルによる不正出血は、ピルが身体に慣れるまでの一時的なものとされています。
3ヶ月ほど継続して服用すると改善されることがほとんどです。

また、不正出血はピルの飲み忘れによって起こる場合もあります。
毎日決められた時間に飲むことで、不正出血を防ぎましょう。

ただし、出血量が多い、3カ月以上出血が続く場合は、別の病気の可能性があります。
少しでも不安に思ったら医師に相談することをおすすめします。

乳房の張りやむくみ

ピルを服用すると、乳房の張りや手足などのむくみといった症状が現れることがあります。
個人差はありますが、ホルモンバランスの変化により現れる症状です。

人によっては、全身がむくんだり、体重が増えたりする方もいます。
日常生活に支障がない場合は、そのままにしておいても問題ありません。
これらの症状も3カ月過ぎた頃から治まっていくため安心してください。

ピルの値段

ピルの値段は、保険適用か自費診療かによって違いがあります。
保険適用の場合、どこの病院で処方してもらっても値段は同じです。
しかし、自費診療の場合、病院によって値段に差があります。

ピルの相場や保険適用される条件について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ピルの相場費用

ピルの相場を下記で種類ごとに紹介します。
ピルはさまざまな種類があり値段も異なるため、ぜひ参考にしてください。

種類相場価格(1ヶ月分)
超低用量ピル約10,000円
低用量ピル約2,500〜3,000円
中用量ピル約3,000〜5,000円
アフターピル約5,000〜13,000円
ミニピル約2,500円

ピルの値段は、自費診療の場合は病院が独自に価格設定できます。
そのため、同じピルでも病院によって値段に差が出るのです。
ピルの相場を把握しておくことで、安く購入できる病院を探しやすくなるでしょう。

ただし、病院で処方をしてもらう場合、ピルの値段以外にも費用がかかります。
例えば、診察代や検査代、通院にかかる交通費です。
ピルの種類によっては、保険適用の場合と費用にほとんど差がない場合もあります。

ピルは保険適用される?

続いて、ピルが保険適用される条件について紹介します。
ピルが保険適用になるのは、月経困難症や子宮内膜症の治療目的で処方された場合です。
主に避妊を目的として処方された場合は、自費診療となります。

保険適用の場合、ピルの値段は薬価で決まっているため、どこの病院でも同じです。
しかし、診察代や処方箋代は病院によって異なるので注意が必要です。
また、ピルの値段とは別に1,000〜2,000円程度の診察料がかかるので覚えておきましょう。

ピルはドラッグストアで購入できる?

ピルは、医師の処方箋が必要な医療用医薬品です。
そのため、ドラッグストアで購入することはできません。
薬局であっても、処方箋がないとピルを購入できないため注意しましょう。

ピルにはさまざまな種類があるため、自己判断で購入するのはおすすめできません。
ピルを安心・安全に使用するには、医療機関を受診するのが適切な方法です。
必ず病院で診察を受けて、体質や症状にあったピルを処方してもらいましょう。

ピルはどこで購入できる?

ピルの購入方法はいくつかあるため、自分に合った購入方法を見つけましょう。
以下でピルの購入方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

クリニックで処方してもらう

ピルは医療機関で診察を受けて処方してもらうことが一般的です。
医師の診察を受け、身体の状態やライフスタイルに合わせたピルを処方してもらいましょう。

また、ピルの飲み方や副作用について直接相談できるのもメリットの一つです。
ピルは種類が多いため、目的や体質に合ったピルを探すのは非常に大変といえます。
医療機関を受診し、体質や症状に合わせたピルを処方してもらいましょう。

通販で購入する

ピルはネット通販でも購入できますが注意が必要です。
ネットで出回っているピルには、避妊効果のない粗悪品が混じっている可能性があります。
また、購入サイトによっては安全性が保障できない場合もあるためです。

通販は手軽にピルを購入できますが、万が一何かあった場合は自己責任となります。
安全性や有効性が低いピルを購入しても本末転倒です。
これらのことから、ネット通販でピルを購入することは避けましょう。

ピルの購入はオンライン診療がおすすめ

ピルはオンライン診療でも購入することができます
オンライン診療のメリットは、ほとんどの場合いつでも購入できることです。

オンライン診療は、24時間予約を受け付けている医療機関が多くあります。
そのため、空き時間を活用して希望する時間に受診することができるのです。

オンライン診療は自宅で診察を受け、ピルを処方してもらえます。
いつでもどこでも診察してもらえるため、時間に余裕がない方にもおすすめです。

また、購入したピルは自宅まで配達してもらえます。
薬局に行く手間が省けるのもメリットの1つです。

ピルの種類でオンラインクリニックの選び方

ピルオンラインクリニックを選ぶ際のポイントをご紹介します。
オンラインでのピル処方を検討している方は、ぜひ次の5つのポイントをチェックしてみてください。

ピルの値段を相場と比較する

ピルオンラインクリニックを選ぶときは、ピルの値段を必ず確認しましょう。
原則としてピルは保険適用外のため、クリニックによって値段の設定に大きな幅があります。

一般的なピルの相場は1箱3,000円です。
費用を抑えるには、相場と同等もしくは安いピルを選んでください。
クリニックによっては、まとめ買い・定期購入すると割引が受けられる場合もあります。

なお、相場より大幅に安いピルは避けるのが望ましいです。
安すぎるピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。

ピルの種類が複数あるか確認する

できれば、複数のピルを取り扱っているオンラインクリニックを選びましょう。
ピルは体質によって合わないことがあるためです。
あるいは、同じピルでも一相性と三相性では効き目が若干異なります。

複数種類を扱っているクリニックであれば、ピルの選択肢が増えます。
選択肢が多いほど、ご自身に合ったピルを選びやすくなります。

ピルの発送時期が早いクリニックを選ぶ

オンライン診療では、ピルは基本的に自宅配送されます。
そのためクリニックを選ぶときは、ピルの発送時期を確認することが大切です。

たとえばすぐピルを飲みたい方は、発送のタイミングができる限り短い方が良いでしょう。
具体的には、当日発送・翌日発送を行っているクリニックがおすすめです。

自宅配送は、病院や薬局に行かずともピルを受け取れる点がメリットです。
一方で、発送までに日数を要すると、希望の服用開始日にピルが間に合わないこともあります。

ピルの服用はタイミングが大切です。
希望日に服用を開始できるよう、ピルの受け取りまでにかかる時間は必ず確認してください。

診療時間が生活に合っているクリニックを選ぶ

希望の時間に診療を受けられるオンラインクリニックを選びましょう。
オンラインといっても、診療時間はクリニックによって異なるためです。

たとえば終業後に受診したい場合は、夜間診療に対応しているクリニックを選ぶ必要があります。

平日の診療が難しい場合は、土日祝対応のクリニックが良いでしょう。
ぜひご自身のライフスタイルに合ったオンラインクリニックを探してみてください。

アフターフォローに対応しているか確認する

オンライン処方を受ける場合は、アフターフォロー対応のクリニックを選びましょう。
ピルは服用後に副作用が出ることもあるためです。

できれば副作用に対応すると明確に謳っているクリニックを選んでください。
あるいは診察回数に縛りがないクリニックもおすすめです。
なにかトラブルがあったときに、気軽に相談できるためです。

【編集部おすすめ】ピルの種類でおすすめオンラインクリニック10選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます。
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないよう行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料

診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料

割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得 

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1

診察予約

STEP2

医師との診察

STEP3

ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン

【毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】

【毎月定期プラン(フリウェルULD)】

【毎月定期プラン(ドロエチ配合錠)】

支払い金額

2,783円

5,610円

6,538円

割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類

低用量ピル

ピル処方代

毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円

診療代・送料

診療代:1,650円
送料:550円

割引情報

予約方法

WEB予約

診療方法・診療時間

診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度

診療対応時間

10:00-19:00

当日診療対応

配送時期

最短翌日ポストにお届け

おうちでクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

マイピルオンライン

マイピルオンラインは株式会社オンラインメディカルケアが運営するオンライン診療専門のピルクリニックです。

マイピルオンラインのおすすめポイント

  • お得なはじめて割
  • 学生が利用しやすい
  • 産婦人科医が診療と処方を行う

マイピルオンラインが選ばれる理由

マイピルオンライン初利用かつ2シート以上の利用に限り1シート料金が半額となります。
初診の方は自動で適用されるため、割引を使い忘れる心配もありません。

学生証を提示すれば、通常550円かかる送料が毎回無料となります。
年間で6,600円も節約できることになるため、学生の方も利用しやすいクリニックです。

マイピルオンラインは提携クリニックの産婦人科医が診療と処方を行います。
マイピルオンラインは処方実績が6万件を超えており、対面での診療実績を含めた豊富な経験から適切な処方を受けられます。

さらに電話で診療を行うため、場所を選ばずに診療を受けることが可能です。

マイピルオンラインは、他のクリニックから乗り換えたい方や学生の方におすすめのクリニックです。

マイピルオンラインでピルを受け取るまでの流れ

STEP1希望するピルを選択
STEP2診療を予約
STEP3Web問診に回答
STEP4電話で医師の診療を受ける
STEP5薬を受け取る

マイピルオンラインの低用量ピル処方詳細

プラン【お得な定期便】【6ヶ月おまとめ処方】【3ヶ月おまとめ処方】【1シート】
支払い金額2,690円/シート
総額:2,690円
※再診料無料
2,959円~/シート
総額:17,754円~
2,959円~/シート
総額:8,877円~
2,959円~/シート
総額:2,959円
割引金額1ヶ月あたり最大379円お得3,850円お得(再診料550円+送料6回分3,300円)550円お得

マイピルオンラインの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,278円4,378円~

マイピルオンラインのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,690円/シート
診療代・送料初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
割引情報はじめて割/学生割/再診患者割引
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間8:00~20:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※平日17時、土日祝15時までの決済完了の場合
マイピルオンライン
公式サイトはこちら

ルサンククリニック Pills U

ルサンククリニック Pills Uは医療法人社団四季が運営するオンラインピル処方専門クリニックです。

ルサンククリニック Pills Uのおすすめポイント

  • 24時間診療可能
  • 無料で医師の再診を受けられる
  • 土日でも最短当日発送

ルサンククリニック Pills Uが選ばれる理由

ルサンククリニック Pills Uはオンラインピルクリニックでは珍しく24時間オンライン診療に対応しています。
アプリのDLも不要でスマホさえあれば、いつでもどこでも受診可能です。

診療はビデオ通話か電話で医師と行います。
定期便を契約している方は、更新時の診療が無料です。
続ければ続けるほどお得に利用できます。

定期便は送料無料かつ土日でも支払い後当日発送になります。
そのため最短で翌日にピルを受け取ることが可能です。

ピルも品名が化粧品として配送されるため、家族にバレる心配がありません。

医師の診療を定期的に受けたい方、長期的にピルを服用したい方におすすめのクリニックです。

ルサンククリニック Pills Uでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Web上で診療予約
STEP2ビデオ通話か電話で医師との診療を受診
STEP3決済後薬の配送
STEP4薬を受け取る

ルサンククリニック Pills Uの低用量ピル処方詳細

プラン【定期便】【単品購入3ヶ月分】【単品購入1ヶ月分】
支払い金額2,673円~/シート
総額:2,673円
2,822円/シート
総額:8,465円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額1ヶ月あたり297円お得
※送料・診療代も無料
3ヶ月あたり444円お得

ルサンククリニック Pills Uアフターピル処方詳細

ピルの種類アフターピル
料金(1ヶ月分)9,339円~

ルサンククリニック Pills Uのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/アフターピル
ピル処方代定期便:2,673円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:500円
割引情報他院のりかえ割
予約方法Web/LINE/電話
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:不明
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ルサンククリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます。

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

ケイ・レディースクリニック

ケイ・レディースクリニックは、医療法人ケイ・レディースクリニックが運営するクリニックでオンラインと対面診療に対応しています。

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

  • ピル処方日本一の実績
  • 対面診療も可能
  • アフターピルの返金保証あり

ケイ・レディースクリニックが選ばれる理由

ケイ・レディースクリニックは低用量ピルの処方数が15年連続日本一を誇るクリニックです。
オンラインピル診療は2016年に開始しました。

対面診療を行っているクリニックでオンラインでピル処方を受けることができます。
低用量ピルの効果や使い方について他のオンラインクリニックより時間をかけて説明してくれます。
そのため低用量ピルを利用したことない方でも安心です。

希望する場合は、対面診療を受けることも可能です。
何か副作用が生じた際などトラブルが起きても対面診療を受けられます。

ケイ・レディースクリニックのアフターピルは成功率99%を誇ります。
返金保証制度もついているため、初めてアフターピルを利用する方も安心です。

ケイ・レディースクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Webで診療予約
STEP2問診票記入
STEP3Zoomでオンライン診療を受診
STEP4決済
STEP5薬を受け取る

ケイ・レディースクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【低用量ピル】

 

※1シート=1ヶ月

支払い金額3,300円/シート
総額:3,300円

ケイ・レディースクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,300円/シート11,000円

ケイ・レディースクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル:3,300円/シート
診療代・送料診療代:3,240円
※オンライン診療は別途予約料540円要
送料:0円
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:Zoom
診療時間:不明
診療対応時間平日:11:00~18:30
※12:30~14:30休診
土:14:30~18:30
日:11:00~17:30
※12:30~14:30休診
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ケイ・レディースクリニック
公式サイトはこちら

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、医療法人社団イースト会が運営するクリニックです。
オンライン診療はもちろん、新宿院のみで対面診療も行っています。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

  • 診療代がかからない
  • 自宅以外の配送も可能
  • 自分に合うピルを見つけられる

イースト駅前クリニックが選ばれる理由

イースト駅前クリニックは、診療代が無料です。
さらに1シートからピルの服用を開始できるため、ピルを試してみたい方におすすめです。
送料は1,100円かかりますが、1万円以上の契約で無料となります。

イースト駅前クリニックはピルの定期便がありません。
定期便にありがちな解約忘れがないため、安心して利用できます。

自宅への配送はもちろんヤマトの営業所への配送も可能です。
代金引換にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも安心して利用できます。

ピルの種類も豊富で低用量ピルは4種類存在します。
医師の診療を受けて自分に合うピルを選ぶことが可能です。

イースト駅前クリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票記入
STEP2アプリダウンロード
STEP3クリニックから電話で連絡
STEP4医師との診療
STEP5薬を受け取る

イースト駅前クリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【6シート】【5シート】【4シート】【3シート】【2シート】【1シート】
支払い金額2,500円~/シート
総額:15,000円~
2,550円~/シート
総額:12,750円~
2,550円~/シート
総額:10,200円~
2,550円~/シート
総額:7,650円~
2,700円~/シート
総額:5,400円~
2,700円~/シート
総額:2,700円~
割引金額1,200円お得800円お得800円お得800円お得

イースト駅前クリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,000円12,000円~

イースト駅前クリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート:2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:クリニック専用アプリ
診療時間:不明
診療対応時間平日:10:00~19:00
※14:00~15:00休診
土日祝:10:00~18:00
当日診療対応
配送時期最短翌日発送
イースト駅前クリニック
公式サイトはこちら

ピルの種類変更をしたい場合には

ピルにはさまざまな種類があるため、処方されたピルが体質に合わない場合があります。
ピルが合わないと感じたときは、まず3週間ほど経過観察しましょう。

ピルを服用し始めると、吐き気や不正出血、体重増加といった副作用の症状が現れることが多いです。

これらの症状は、ピルが身体に慣れるまでの一時的なものです。
そのため、3週間程度でほとんどの症状が治まるとされています。

しかし、副作用の症状が長引いて辛い場合は、無理をせず医師に相談しましょう。
医師に相談することで、ピルの種類を変更できます。
服用するピルの世代を変えることで症状が改善する場合もあるので、安心してください。

ピルを服用する主な目的

ピルといえば、避妊薬のイメージが定着しているのが現状になります。
しかし、避妊目的で服用している方は全体の2割ほどにとどまっています。

日本ではまだピルの普及率が低く、正しい知識が得られないのが理由です。
そのため、服用することに抵抗がある方や不安を持つ方も多いのでしょう。

実際には婦人科系の悩みを改善することを目的としたケースが、全体の6割を占める結果でした。
ピルには生理痛の軽減や生理周期の安定といった女性には嬉しい効果が多いのです。

ピルは上手に活用することで生活をより快適なものにしてくれます。
ピルのメリットやデメリットを正しく理解することが大切であるといえます。

ピルを服用する際の注意点

ピルを服用する際の注意点をご紹介します。
ピルの服用を検討している方は、ぜひ確認してください。

ピルと他の薬との併用には注意

ピルと他の薬との併用には注意しましょう。
副作用が出たり、ピルの効果が弱まったりするおそれがあるためです。

ピルとの併用を避けるべき薬の種類は次の通りです。

併用が禁忌の薬ヴィキラックス配合錠
ピルの効き目を弱める薬抗生物質・抗てんかん薬・精神刺激薬・抗HIV薬
ピルの効き目を強くする薬解熱鎮痛薬・抗真菌薬
ピルによって効き目が弱まる薬血糖降下薬・モルヒネ・解熱鎮痛薬
ピルによって効き目が強くなる薬副腎皮質ステロイド・三環系うつ剤・免疫抑制剤

常用薬がある場合は、必ず初回の診察の際に医師に相談してください。

性病感染症の予防はできない

ピルでは性病の感染予防はできません。
性交渉に関してピルに期待できるのは、あくまで避妊効果のみです。

性病の予防にはコンドームが有効です。
ピルとコンドームを併用することで、より高い避妊効果を期待できます。

ピルで子宮頸がん・乳がんの発症リスクを下げることはできない

ピルには卵巣がん・子宮体がんのリスクを下げる効果が指摘されています。
一方で、子宮頸がん・乳がんのリスクはピルの服用によって上昇することが分かりました。

ピル服用者の乳がんの発症率は、非服用者に比べて1.08倍~1.24倍です。
服用が長期にわたるほど、がんの発症率にも増加傾向がみられます。

がんの発症を完全に防ぐことは困難です。
ただし、早期発見によって悪化を防ぐことは可能です。

ピルを服用する方は、がんの早期発見につなげるためにも定期的な健診を受けましょう。
年に1回の婦人科検診・乳がん検診がおすすめです。

出典:日本乳癌学会【低用量経口避妊薬(OC)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の使用は乳癌発症リスクを増加させるか?

ピルの種類に関するよくある質問

ピルに関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。
ぜひ参考にしてください。

ピルをオンラインで買うデメリットはありますか?

ピルをオンラインで購入するデメリットは次の通りです。

  • 配送料がかかり、総額が予想外に高くなることがある
  • 対面診療でないため、顔色・体調の変化をキャッチできないことがある
  • 副作用対応・アフターフォローがないことがある

デメリットを回避するには、事前に配送料・アフタフォロー対応などを確認することが大切です。

高校生・未成年でもピルを購入できますか?

高校生・未成年でも、原則としてピル購入は可能です。
ただし、クリニックによってはピルの購入に年齢制限を設けている場合もあります。

購入できる場合でも、保護者の同意が必要であるケースが大半です。
具体的な対応については、クリニックに個別に相談してください。

妊娠中でもピルを服用できますか?

妊娠中は原則としてピルの服用は控えるべきとされています。
なお、妊娠中に服用しても胎児への影響はないという研究結果が出ています。

必ず医師に相談した上で服用を検討してください。

Day1スタート、Sundayスタートってなんですか?

それぞれの内容は次の通りです。

  • Day1スタート:生理初日に服用開始
  • Sundayスタート:生理開始後の最初の日曜日に服用開始

ご自身の目的に合わせて医師とスケジュール調整を行いましょう。

不正出血が起こった場合どうすればいいですか?

不正性器出血が起こった場合でも、ピルの服用は続けてください。
ピルの副作用による不正性器出血は、遅くとも3ヶ月以内には治まります

ピルで不正性器出血が起こるのは、女性ホルモンのバランスが変化するためです。
ピルを継続するにつれホルモンバランスは安定していくため、次第に不正性器出血も治まります。

3ヶ月を超えて不正性器出血が続く場合、原因はピル以外の可能性があります。
代表的なのは感染症・子宮筋腫・子宮がんです。

もし3ヶ月経っても不正性器出血が止まらない場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

ピルの種類まとめ

ここまでピルの種類についてお伝えしてきました。
要点を以下にまとめます。

  • ピルはホルモン含有量によって分類され、使用目的や効果に違いがある
  • ピルは製造された世代やホルモン含有量によって分類される
  • ピルの値段は保険適用の有無によって異なり、医療機関で購入するのがおすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク