ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルオンラインおすすめクリニック10選!受診方法からピルの種類や効果・副作用を徹底解説!

ピルオンラインおすすめクリニック10選!受診方法からピルの種類や効果・副作用を徹底解説!

PR:提供「クリニックフォア」

ピルは、避妊や生理痛の緩和などを目的として用いられる薬です。
最近は対面ではなく、オンラインクリニックでピルを処方してもらうことが可能です。
ピルは保険適用外となるため、クリニックによって値段が異なります。
オンラインクリニックの数も多く、どこが良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。

ピルのオンライン処方はどうしたらいいのでしょうか。
オンラインピルを購入するにはどうすればいいのでしょうか。

そこで本記事では、ピルのオンライン処方について以下の点を中心に解説していきます。

  • ピルの効果
  • ピルの副作用
  • ピルの価格
  • ピル処方のおすすめクリニック

ピルのオンライン処方を理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
最後には、オンラインピル処方がおすすめな理由とデメリットを紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

オンラインクリニックで購入する前に!ピルとは

ピルは「経口避妊薬」を指します。
ピルは服用目的によって保険適用の場合とそうでない場合に分かれています。

ピルに含まれている主成分は女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。
エストロゲンが、「卵胞ホルモン」と「プロゲステロン黄体ホルモン」に該当します。

ピルを服用すると、卵巣を休ませるような状態にすることで排卵を起こさないようにして妊娠を防ぎます。

また子宮内膜を厚くしないので、精子が着床しにくいようにする効果もあるのです。

ピルには子宮内膜症の予防や月経前症候群、生理痛の改善にも有効です。
実際に避妊目的でなく、服用されている方も少なくありません。

またピルには「低用量」「中用量」など様々な種類があります。
ホルモンの配合量によって分類されている形です。

ピルの効果は避妊以外にもある

ピル₌避妊に結びつきやすいのですが、ピルの使用にはその他にも効果があります。
ここではピルの効果を8つ紹介いたします。

避妊

先述の通り、ピルには女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が含まれています。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの数が増えると、脳が妊娠したと錯覚します。
脳が錯覚した結果、排卵が抑えられることで避妊の効果が得られるのです。

排卵を止めているのは服用している間だけで、服用を止めれば排卵は再開します。

受精卵の着床には、厚くて柔らかい子宮内膜が必要となります。
しかしピルを服用すると、子宮内膜が厚くならないことから、そもそも受精卵が着床できません。

ピルの中でも「アフターピル」と「中用量ピル」は緊急避妊が可能です。

生理痛を和らげる

生理痛の原因は、「プロゲステロン」というホルモンにあります。

プロゲステロンは、子宮の収縮を促して、生理の際の経血を排出する役割があります。
プロゲステロンの分泌量が増えると、その分子宮の収縮が激しくなってしまい生理痛が強くなるのです。

ピルを服用すると、プロゲステロンの分泌量が減少し、生理痛がましになります。

生理痛の治療には、鎮静剤や漢方薬があります。
ピルは痛みの原因に直接アプローチするため、生理痛に対して効果の高い治療法になるのです。

経血量を減らす

経血量過多も「プロゲステロン」が関係しています。

前述の通りプロゲステロンは子宮の収縮を促して、生理の際の経血を排出する役割があるのです。
また、プロゲステロンは子宮内膜を厚くする働きもあります。

通常、妊娠しないと、子宮内膜が増殖から破綻して血を排出します。
子宮内膜が厚くなってしまうと、その分経血量が増えてしまうのです。

ピルを服用すると、プロゲステロンの分泌量が減少するため、経血量も減少するのです。

日本産科婦人科学会の研究では、経血量減少の効果が証拠として示されています。
2ヶ月以上ピルを服用すると、経血量が43%減少したと示されました。

出典:低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン (改訂版)

PMS(月経前症候群)の症状を緩和する

PMSとは、月経が起こる1週間ほど前から身体や心に起こる病気で、頭痛やイライラなどの症状を指します。
簡単にいえば、ピルを服用することにより女性ホルモンバランスの安定がPMSを緩和させます。

ピルを毎日服用することで、生理によるホルモンバランスの乱れを抑えられるからです。
服用によって女性ホルモンが安定し、PMSの症状が和らいでいきます。

PMSだけを改善したい場合は、超低用量ピルを服用するケースがあります。
ホルモンの配合量が最も少なく、副作用リスクが低いことが理由になります。

PMDD(月経前不快気分障害)を改善する

ピルは、PMDDを改善する効果もあります。

PMDDは月経が起こる約2週間ほど前から起こる、うつ、不安、情緒不安定、イライラなどの症状です。
PMDDも、ピルの服用が女性ホルモンバランスを安定させ症状を緩和します。

ピルを毎日服用することで、生理によるホルモンバランスの乱れを抑えることが可能です。
そのことによって女性ホルモンが安定し、PMDDの症状が和らいでいきます。

PMDDは、うつ病に値するくらい辛い精神的症状です。
自分で解決しようとすると、悪化してしまうこともあり危険です。
症状が酷い場合はピルや抗うつ薬による治療が必要なため、病院を受診しましょう。

生理周期を安定させる

ピルの服用は生理周期を安定させるため、生理不順の解決にも効果があります。

ピルは、一般的に1ケース28日分で構成されています。
そのため休薬している期間に生理がくる形になるため、生理周期が安定するのです。

しかし生理周期が安定しない原因で、子宮や卵巣などが原因となっていることがあります。
ピルを服用しても生理周期が安定しない場合は、婦人科を受診しましょう。

生理日をずらす

ピルの服用は、生理日をずらすことも可能です。
使用例としては、試験日や試合に生理が重なることを防ぐことなどが挙げられます。

効果のあるピルの種類としては、「中容量ピル」が該当します。

中用量ピルは上記の低用量ピルよりホルモンの含有量が多いピルです。

ピルを服用して女性ホルモンを取り込むことで、子宮内膜を生理前の状態に戻します。
服用した数日後に再度生理が来るため、生理日をずらすことが可能です。

またピルの服用方法によって生理日を遅らせることも、早めることも可能です。

肌荒れの改善

ピルは、肌荒れの改善にも効果があります。

生理が起こる前や後は、プロゲステロンの関係でニキビや肌荒れが起こりやすくなります。
排卵前後は、プロゲステロンが多く分泌されます。
プロゲステロンには、皮脂分泌を促進させる効果があるのです。
皮脂の分泌が活発に行われることで、ニキビや肌荒れが起こります。

ピルを服用すると、プロゲステロンの分泌が減少します。
その結果、肌荒れを改善させられるのです。

エストロゲンも、肌荒れに関係しています。
エストロゲンは、保湿作用がある肌に良いホルモンですが、生理中に減少してしまうのです。

エストロゲンが減少すると肌が乾燥しやすくなるため、肌トラブルが起こりやすくなります。

おすすめ記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

【編集部おすすめ】ピルオンラインおすすめクリニック10選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます。
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないよう行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料

診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料

割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得 

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1

診察予約

STEP2

医師との診察

STEP3

ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン

【毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】

【毎月定期プラン(フリウェルULD)】

【毎月定期プラン(ドロエチ配合錠)】

支払い金額

2,783円

5,610円

6,538円

割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類

低用量ピル

ピル処方代

毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円

診療代・送料

診療代:1,650円
送料:550円

割引情報

予約方法

WEB予約

診療方法・診療時間

診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度

診療対応時間

10:00-19:00

当日診療対応

配送時期

最短翌日ポストにお届け

おうちでクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

「提供:クリニックフォア」

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

マイピルオンライン

マイピルオンラインは株式会社オンラインメディカルケアが運営するオンライン診療専門のピルクリニックです。

マイピルオンラインのおすすめポイント

  • お得なはじめて割
  • 学生が利用しやすい
  • 産婦人科医が診療と処方を行う

マイピルオンラインが選ばれる理由

マイピルオンライン初利用かつ2シート以上の利用に限り1シート料金が半額となります。
初診の方は自動で適用されるため、割引を使い忘れる心配もありません。

学生証を提示すれば、通常550円かかる送料が毎回無料となります。
年間で6,600円も節約できることになるため、学生の方も利用しやすいクリニックです。

マイピルオンラインは提携クリニックの産婦人科医が診療と処方を行います。
マイピルオンラインは処方実績が6万件を超えており、対面での診療実績を含めた豊富な経験から適切な処方を受けられます。

さらに電話で診療を行うため、場所を選ばずに診療を受けることが可能です。

マイピルオンラインは、他のクリニックから乗り換えたい方や学生の方におすすめのクリニックです。

マイピルオンラインでピルを受け取るまでの流れ

STEP1希望するピルを選択
STEP2診療を予約
STEP3Web問診に回答
STEP4電話で医師の診療を受ける
STEP5薬を受け取る

マイピルオンラインの低用量ピル処方詳細

プラン【お得な定期便】【6ヶ月おまとめ処方】【3ヶ月おまとめ処方】【1シート】
支払い金額2,690円/シート
総額:2,690円
※再診料無料
2,959円~/シート
総額:17,754円~
2,959円~/シート
総額:8,877円~
2,959円~/シート
総額:2,959円
割引金額1ヶ月あたり最大379円お得3,850円お得(再診料550円+送料6回分3,300円)550円お得

マイピルオンラインの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,278円4,378円~

マイピルオンラインのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,690円/シート
診療代・送料初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
割引情報はじめて割/学生割/再診患者割引
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間8:00~20:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※平日17時、土日祝15時までの決済完了の場合
マイピルオンライン
公式サイトはこちら

ルサンククリニック Pills U

ルサンククリニック Pills Uは医療法人社団四季が運営するオンラインピル処方専門クリニックです。

ルサンククリニック Pills Uのおすすめポイント

  • 24時間診療可能
  • 無料で医師の再診を受けられる
  • 土日でも最短当日発送

ルサンククリニック Pills Uが選ばれる理由

ルサンククリニック Pills Uはオンラインピルクリニックでは珍しく24時間オンライン診療に対応しています。
アプリのDLも不要でスマホさえあれば、いつでもどこでも受診可能です。

診療はビデオ通話か電話で医師と行います。
定期便を契約している方は、更新時の診療が無料です。
続ければ続けるほどお得に利用できます。

定期便は送料無料かつ土日でも支払い後当日発送になります。
そのため最短で翌日にピルを受け取ることが可能です。

ピルも品名が化粧品として配送されるため、家族にバレる心配がありません。

医師の診療を定期的に受けたい方、長期的にピルを服用したい方におすすめのクリニックです。

ルサンククリニック Pills Uでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Web上で診療予約
STEP2ビデオ通話か電話で医師との診療を受診
STEP3決済後薬の配送
STEP4薬を受け取る

ルサンククリニック Pills Uの低用量ピル処方詳細

プラン【定期便】【単品購入3ヶ月分】【単品購入1ヶ月分】
支払い金額2,673円~/シート
総額:2,673円
2,822円/シート
総額:8,465円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額1ヶ月あたり297円お得
※送料・診療代も無料
3ヶ月あたり444円お得

ルサンククリニック Pills Uアフターピル処方詳細

ピルの種類アフターピル
料金(1ヶ月分)9,339円~

ルサンククリニック Pills Uのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/アフターピル
ピル処方代定期便:2,673円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:500円
割引情報他院のりかえ割
予約方法Web/LINE/電話
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:不明
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ルサンククリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

ケイ・レディースクリニック

ケイ・レディースクリニックは、医療法人ケイ・レディースクリニックが運営するクリニックでオンラインと対面診療に対応しています。

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

  • ピル処方日本一の実績
  • 対面診療も可能
  • アフターピルの返金保証あり

ケイ・レディースクリニックが選ばれる理由

ケイ・レディースクリニックは低用量ピルの処方数が15年連続日本一を誇るクリニックです。
オンラインピル診療は2016年に開始しました。

対面診療を行っているクリニックでオンラインでピル処方を受けることができます。
低用量ピルの効果や使い方について他のオンラインクリニックより時間をかけて説明してくれます。
そのため低用量ピルを利用したことない方でも安心です。

希望する場合は、対面診療を受けることも可能です。
何か副作用が生じた際などトラブルが起きても対面診療を受けられます。

ケイ・レディースクリニックのアフターピルは成功率99%を誇ります。
返金保証制度もついているため、初めてアフターピルを利用する方も安心です。

ケイ・レディースクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Webで診療予約
STEP2問診票記入
STEP3Zoomでオンライン診療を受診
STEP4決済
STEP5薬を受け取る

ケイ・レディースクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【低用量ピル】

 

※1シート=1ヶ月

支払い金額3,300円/シート
総額:3,300円

ケイ・レディースクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,300円/シート11,000円

ケイ・レディースクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル:3,300円/シート
診療代・送料診療代:3,240円
※オンライン診療は別途予約料540円要
送料:0円
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:Zoom
診療時間:不明
診療対応時間平日:11:00~18:30
※12:30~14:30休診
土:14:30~18:30
日:11:00~17:30
※12:30~14:30休診
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ケイ・レディースクリニック
公式サイトはこちら

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、医療法人社団イースト会が運営するクリニックです。
オンライン診療はもちろん、新宿院のみで対面診療も行っています。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

  • 診療代がかからない
  • 自宅以外の配送も可能
  • 自分に合うピルを見つけられる

イースト駅前クリニックが選ばれる理由

イースト駅前クリニックは、診療代が無料です。
さらに1シートからピルの服用を開始できるため、ピルを試してみたい方におすすめです。
送料は1,100円かかりますが、1万円以上の契約で無料となります。

イースト駅前クリニックはピルの定期便がありません。
定期便にありがちな解約忘れがないため、安心して利用できます。

自宅への配送はもちろんヤマトの営業所への配送も可能です。
代金引換にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも安心して利用できます。

ピルの種類も豊富で低用量ピルは4種類存在します。
医師の診療を受けて自分に合うピルを選ぶことが可能です。

イースト駅前クリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票記入
STEP2アプリダウンロード
STEP3クリニックから電話で連絡
STEP4医師との診療
STEP5薬を受け取る

イースト駅前クリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【6シート】【5シート】【4シート】【3シート】【2シート】【1シート】
支払い金額2,500円~/シート
総額:15,000円~
2,550円~/シート
総額:12,750円~
2,550円~/シート
総額:10,200円~
2,550円~/シート
総額:7,650円~
2,700円~/シート
総額:5,400円~
2,700円~/シート
総額:2,700円~
割引金額1,200円お得800円お得800円お得800円お得

イースト駅前クリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,000円12,000円~

イースト駅前クリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート:2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:クリニック専用アプリ
診療時間:不明
診療対応時間平日:10:00~19:00
※14:00~15:00休診
土日祝:10:00~18:00
当日診療対応
配送時期最短翌日発送
イースト駅前クリニック
公式サイトはこちら

ピルオンラインクリニックのおすすめの選び方

ピルオンラインクリニックを選ぶ際のポイントをご紹介します。
オンラインでのピル処方を検討している方は、ぜひ次の5つのポイントをチェックしてみてください。

ピルの値段を相場と比較する

ピルオンラインクリニックを選ぶときは、ピルの値段を必ず確認しましょう。
原則としてピルは保険適用外のため、クリニックによって値段の設定に大きな幅があります。

一般的なピルの相場は1箱3,000円です。
費用を抑えるには、相場と同等もしくは安いピルを選んでください。
クリニックによっては、まとめ買い・定期購入すると割引が受けられる場合もあります。

なお、相場より大幅に安いピルは避けるのが望ましいです。
安すぎるピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。

ピルの種類が複数あるか確認する

できれば、複数のピルを取り扱っているオンラインクリニックを選びましょう。
ピルは体質によって合わないことがあるためです。
あるいは、同じピルでも一相性と三相性では効き目が若干異なります。

複数種類を扱っているクリニックであれば、ピルの選択肢が増えます。
選択肢が多いほど、ご自身に合ったピルを選びやすくなります。

ピルの発送時期が早いクリニックを選ぶ

オンライン診療では、ピルは基本的に自宅配送されます。
そのためクリニックを選ぶときは、ピルの発送時期を確認することが大切です。

たとえばすぐピルを飲みたい方は、発送のタイミングができる限り短い方が良いでしょう。
具体的には、当日発送・翌日発送を行っているクリニックがおすすめです。

自宅配送は、病院や薬局に行かずともピルを受け取れる点がメリットです。
一方で、発送までに日数を要すると、希望の服用開始日にピルが間に合わないこともあります。

ピルの服用はタイミングが大切です。
希望日に服用を開始できるよう、ピルの受け取りまでにかかる時間は必ず確認してください。

診療時間が生活に合っているクリニックを選ぶ

希望の時間に診療を受けられるオンラインクリニックを選びましょう。
オンラインといっても、診療時間はクリニックによって異なるためです。

たとえば終業後に受診したい場合は、夜間診療に対応しているクリニックを選ぶ必要があります。

平日の診療が難しい場合は、土日祝対応のクリニックが良いでしょう。
ぜひご自身のライフスタイルに合ったオンラインクリニックを探してみてください。

アフターフォローに対応しているか確認する

オンライン処方を受ける場合は、アフターフォロー対応のクリニックを選びましょう。
ピルは服用後に副作用が出ることもあるためです。

できれば副作用に対応すると明確に謳っているクリニックを選んでください。
あるいは診察回数に縛りがないクリニックもおすすめです。

ピルの副作用は何がある?

アフターピルを服用した場合、様々な副作用が生じる可能性があります。
人によって副作用の有無や程度は異なるため、服用するまでは分かりません。

副作用が起きてしまう理由は、主にホルモンバランスが急に乱れてしまうことです。

ここではピルの副作用を14つ紹介いたします。
ただし副作用については必ず起こるわけではなく、起こり得るイメージです。

不正性器出血

ピルの副作用の1つに、不正性器出血が挙げられます。
起こる確率は稀ですが、その名の通り、性器から少量の出血がある形です。

性器不正出血はアフターピルを服用後、数日経って起こります。

不正性器出血は、多くの場合血の色は茶色で、少量です。
上記の症状に当てはまる場合であれば重篤な副作用ではないため、問題はありません。

しかし出血が生理のような鮮やかな血の色である場合は、別の病気の可能性があります。
上記の症状が出た場合には、ピルの処方を受けたクリニックか必ず婦人科を受診するようにしましょう。

悪心や嘔吐

吐き気は、アフターピルの服用で起こる副作用で最も多い症状になります。
特に、中用量ピルで起こる可能性が高い症状です。

実際にアフターピルを服用して嘔吐してしまう確率は1%程度と僅かです。
さらに時間の経過とともに自然に治まります。

通常は24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

不安な方は、アフターピルと吐き気止めを併せて処方してくれるクリニックを選びましょう。

息切れ

息切れもピルの服用による副作用の1つです。
症状が一時的であったり、軽度の場合は、問題ないことがほとんどです。

しかし息切れに息苦しさを感じるという方は、注意が必要です。
息苦しさは、血栓症の初期症状に当てはまります。

息苦しさを感じた場合は、一度ピルの処方を受けたクリニックに相談しましょう。

頭痛

頭痛めまいなども、ピルの副作用の1つです。

症状としては、軽い片頭痛のようなイメージです。
頭痛があらわれる確率は、1〜5%程度だとされています。

しかし症状が続いたり、痛みが強い頭痛の場合は注意が必要です。
こちらも血栓症の可能性が考えられます。

ピルを服用して強い頭痛を感じた場合は、一度ピルの処方を受けたクリニックに相談しましょう。

下腹部痛

アフターピルの副作用に、下腹部痛を感じることも挙げられます。
腸が少し緩くなる程度で済む場合や、下痢などを起こしてしまったりと症状の程度は個人差が大きくあります。

こちらの副作用の理由も、ホルモンバランスが急に乱れてしまうことにあります。
胃腸の調子が悪いという副作用は、重篤な副作用ではないため問題ありません。

お腹が緩くなる副作用はアフターピルを服用後、数時間のうちに起こります。
他の副作用と同様で、通常は1日程度で良くなることがほとんどでしょう。

肝機能異常

ピルの副作用として、肝機能異常も挙げられます。

ピルに限らず、薬が肝臓で分解されるためです。
特にピルは長期間飲み続ける方が多いため、肝臓に負担がかかってしまいます。

特によく飲酒される方は、そうでない方より肝機能異常が起きる可能性が高くなります。

ピルの服用中は、お酒を適度に楽しむことをおすすめします。

胸が張る

アフターピルの副作用には、胸の張りも挙げられます。

胸の張りとは、乳房の張りを指します。
女性ホルモンの乱れが、原因とされています。
ただし胸の張りは、重篤な副作用ではありません。

胸の張りはピルを服用後、数時間のうちに起こります。
通常は24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

むくみ

むくみもピルの副作用の1つです。

むくみが出てしまう原因は、「エストロゲン」だとされています。

エストロゲンは、水分を溜めやすくする作用があるのです。
ピルを服用し始めの時期は、ホルモンバランスが変化するため、特にむくみが起こりやすくなります。

基本的に1〜3ヶ月経過すると、ホルモンバランスが落ち着いてくるためましになるでしょう。

体重増加

体重増加も、ピルの副作用の1つです。

前述の通り、ピルを服用し始めの時期は身体のホルモンバランスが変化します。
そのことによって、食欲が増してしまうのです。

いつもの食事で物足りなくなり、食事量が増えてしまうという方も少なくありません。

基本的に1〜3ヶ月経過すると、ホルモンバランスが落ち着いてくるためましになるでしょう。

感覚過敏

感覚過敏も、ピルの副作用の1つです。
ただし、感覚過敏も血栓症の初期症状に当てはまります。

具体的な症状としては、しびれや強い痛みが生じることが多くあります。

感覚過敏を感じた場合は、一度ピルの処方を受けたクリニックに相談しましょう。

視力障害

視力障害も、ピルの服用による副作用の1つです。

視覚障害は血栓症の初期症状に当てはまります。
具体的な症状としては、目にかすみが生じます。

視覚障害を感じた場合は、一度ピルの処方を受けたクリニックに相談しましょう。

発疹、蕁麻疹

アフターピルの副作用には、発疹・蕁麻疹などの肌荒れも挙げられます。

ただし肌荒れは、重篤な副作用ではありません。

肌の状態にはホルモンバランスが大きく関わっています。
肌荒れは、どのアフターピルでも起こる可能性があります。
肌荒れの理由は、アフターピルが女性ホルモンのバランスを乱すことです。

肌荒れはアフターピルを服用後、数日のうちに起こります。
他の副作用と同様で、通常は数日のうちに良くなることがほとんどです。

血栓症、凝固検査異常

血栓症は血管内に血の塊ができてしまい、血液の流れが悪くなってしまう病気です。
それに伴い凝固検査でも異常がみられます。

血栓症の発症には「エストロゲン」が関係しています。
エストロゲンに血液凝固の作用があるためです。

40歳以上の方や、喫煙習慣のある方、肥満の方はそうでない方に比べてリスクが高くなります。

トリグリセリド増加

トリグリセリド増加も、ピル服用の副作用の1つになります。
トリグリセリドとは、「中性脂肪」のことを指します。

こちらの副作用は、体重増加とメカニズムが同じです。

前述の通りピルを服用し始めの時期は身体のホルモンバランスが変化します。
そのことによって、食欲が増してしまうのです。

いつもの食事で物足りなくなり、食事量が増えてしまうという方も少なくありません。
結果として、中性脂肪が増えてしまうのです。

中性脂肪はなかなか落としにくいものになります。
運動習慣をつけて、カロリーを消費することが重要です。

ピルの種類を知ってオンライン購入の際に参考にしよう

ここでは日本で承認されているピルを13つ紹介いたします。

シンフェーズ

シンフェーズは、低用量ピルの1つです。

シンフェーズは低用量ピルの中でも3相性ピルに分類されます。
女性にとって自然なホルモンバランスになるように、ホルモン配合量が工夫されています。

シンフェーズはホルモンバランスが安定しやすいため、子宮内膜が安定します。
子宮内膜が安定すると、不正出血が起こりにくいといわれています。

一方で、シンフェーズは21剤の錠剤プラス8剤の偽薬(成分が含まれていない薬)で構成されています。
そのため飲み忘れや飲み間違いが起こりやすいピルです。

シンフェーズの最大の特徴は、日曜日にスタートすることです。
日曜日スタートのピルは、週末に生理が始まらないというメリットがあります。

フリウェル

フリウェルは、低用量ピルの1つです。

フリウェルは主に「月経困難症」の治療で用いられます。
他のピルよりホルモンの配合量が少なく、副作用リスクが低いことが特徴です。

フリウェルは「ノルエチステロン」と「エチニルエストラジオール」というホルモンが含まれています。
上記のホルモンは排卵を抑制し、月経痛を緩和してくれる作用があるのです。

一方でホルモン配合量が少ないため、避妊効果は期待できません。
避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

ルナベルLD/ULD

ルナベルLD/ULDは低用量ピル・超低用量ピルの1つです。

ルナベルLD/ULDは主に「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療で用いられます。
他のピルよりホルモンの配合量が少なく、副作用リスクが低いことが特徴です。

ルナベルLD/ULDは、フリウェルの先発品に該当します。
そのため成分や効果自体はフリウェルと変わりません。

ルナベルLDは低用量ピル、ルナベルULDは超低用量ピルに該当します。
ルナベルLD/ULDも避妊効果は期待できません。

避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

アンジュ

アンジュは低用量ピルの1つです。
アンジュは1シート21錠のものと1シート28錠の2種類があります。
28錠のものは、21錠にプラスして偽薬が7錠入っている形になります。

アンジュは主に「月経困難症」や「PMS」の治療で用いられます。
アンジュも低用量ピルの中で3相性ピルに分類されます。
女性にとって自然なホルモンバランスになるように、ホルモン配合量が工夫されています。

アンジュは避妊にも効果があることが特徴です。
ホルモン配合量が少ないため、副作用が起こりづらいピルになります。

トリキュラー

トリキュラーは低用量ピルの1つです。

トリキュラーは主に「月経困難症」や「PMS」の治療で用いられます。
トリキュラーは、第二世代のピルに該当します。

トリキュラーも1シート21錠のものと1シート28錠の2種類があります。

黄体ホルモン「レボノルゲストレル」が含まれていることが特徴です。
避妊効果は99%以上と他のピルと比べても高くなっています。

服用方法をしっかり守れれば、避妊失敗率が0.3%と非常に低くなります。

ジェミーナ

ジェミーナは超低用量ピルの1つです。

ジェミーナは主に「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療で用いられます。
ジェミーナは、第二世代のピルに該当します。

服用法によって生理周期を84日間か28日間かを選択できることが特徴です。
84日間を選ぶと、生理が3ヶ月に1回起こるということになります。

一方でジェミーナはホルモン配合量が少ないため、避妊効果は期待できません。
避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

ラベルフィーユ

ラベルフィーユは低用量ピルの1つです。

ラベルフィーユは主に「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療で用いられます。
ラベルフィーユは、第二世代のピルに該当し、トリキュラーのジェネリック薬です。

そのためトリキュラーと成分と効果があまり変わりません。

避妊効果は99%以上と他のピルと比べても高い効果があります。

月経開始後5日以内に服用できれば、すぐに避妊効果を期待できます。
それ以外に服用開始した場合は、服薬後8日目以降に避妊効果を得ることが可能です。

マーベロン

マーベロンは低用量ピルの1つです。

マーベロンは主に「月経困難症」や「ニキビなど肌荒れ」の治療で用いられます。
マーベロンは、第3世代1相性のピルに該当します。

第3世代のピルは他の世代と比べて男性ホルモンを抑えられることが特徴です。
そのためニキビなど肌荒れの治療にも効果があります。

マーベロンは避妊効果もあります。
避妊効果は、99.7%と非常に高いビルです。

しかし服用して8日目以降でないと、避妊効果が得られないため注意しましょう。

ファボワール

ファボワールは低用量ピルの1つです。

ファボワールは主に「月経困難症」や「ニキビなど肌荒れ」の治療で用いられます。
ファボワールは、マーベロンのジェネリック薬で、第3世代1相性のピルに該当します。

マーベロンより費用をおさえながら、同程度の効果を期待できます。
肌荒れ改善の効果は、服用開始後2〜3ヶ月ほどの期間を要します。

ファボワールは、避妊効果も99.7%と高いビルです。
しかし服用して8日目以降でないと、避妊効果が得られないため注意しましょう。

ヤーズ

ヤーズは超低用量ピルの1つです。
低用量ピルと同じ成分が含まれていますが、ホルモンの配合量が少なくなっています。

ヤーズは主に「月経困難症」や「PMS」の治療で用いられます。
ヤーズは、第4世代の1相性ピルに該当します。

第4世代のピルには、「ドロスピレノン」が含まれていることが特徴です。
他のピルより副作用リスクが低くなっています。

一方でヤーズはホルモン配合量が少ないため、避妊効果は期待できません。
避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

ヤーズフレックス

ヤーズフレックスは超低用量ピルの1つです。

ヤーズフレックスは主に「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療で用いられます。

ヤーズフレックスは、連続服用が可能として日本で初めて導入されたピルです。
120日間の連続服用が可能で、生理を年3回にまで減らせます。

ヤーズフレックスもホルモン配合量が少ないため、避妊効果は期待できません。
避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

ドロエチ

ドロエチは超低用量ピルの1つです。

ドロエチは主に「月経困難症」や「PMS」の治療で用いられます。
ドロエチは第4世代1相性のピルで、ヤーズのジェネリック薬です。

ヤーズより費用をおさえながら、同程度の効果を期待できます。
目安としては、1,000円ほど安くなります。

ドロエチもホルモン配合量が少ないため、避妊効果は期待できません。
避妊目的でピルを服用したい方は、他のピルを選ぶようにしましょう。

ピルオンラインおすすめクリニックで買えるピルの種類

オンラインクリニックで購入できるピルは主に次の4種類です。

  • 低用量ピル
  • 中用量ピル
  • 超低用量ピル
  • アフターピル

それぞれの特徴をご紹介していきます。

低用量ピル

低用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が50μg以下のものを指します。
低用量ピルの主な効果は次の通りです。

  • 避妊
  • PMS・生理痛の緩和
  • 月経困難症の緩和
  • 生理周期の調整

低用量ピルは避妊のほか、月経トラブルの改善にもよく利用されています。
低用量ピルには、女性ホルモンの量をコントロールして排卵を抑制する作用があるためです。

排卵が行われなければ月経は来ないため、PMS・生理痛・月経困難症を緩和できます。
あるいは、排卵をコントロールすることで月経周期を移動させることも可能です。

中容量ピル

中用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が50μg以上のものです。
主な効果は次の通りです。

  • 避妊
  • 性交渉後の避妊
  • 生理日の移動

中用量ピルは主に生理日の移動や避妊のために利用されます。
性交渉後のアフターピルとして利用されることもあります。

中用量ピルを避妊のために利用する場合は、服用のタイミングが大切です。
避妊を成功させるためにも、服用のタイミングはかかりつけ医とよく相談してください。
アフターピルとして利用したい場合も、医師の指示を仰ぎましょう。

超低用量ピル

超低用量ピルは、卵胞ホルモンの配合量が30μg以下のものです。
成分配合量が少ない分、効き目が穏やかで、かつ副作用のリスクが低い点が特徴的です。
超低用量ピルの主な効果は次の通りです。

  • PMS・生理痛の緩和
  • 月経困難症の緩和
  • 子宮内膜症の予防・治療

超低用量ピルは、主に婦人科系トラブルの緩和に用いられます。
卵胞ホルモンの配合量が少ないため、避妊効果はほとんど期待できません。

超低用量は「病気」の治療のために用いることがほとんどです。
そのため、超低用量ピルには原則として保険が適用されます。

なお、種類に限らず病気治療に利用するピルには基本的に保険が適用されます。
一方、避妊目的のピルは保険適用外です。

アフターピル

アフターピルは、主に性交渉後に避妊を目的として利用するピルです。
緊急避妊薬とも呼ばれています。

アフターピルの一般的な服用期限は72時間以内です。
服用が遅くなるほど避妊効果は薄まります。

裏を返せば、服用タイミングが早ければ早いほど、避妊に成功しやすくなります。
具体的には、12時間以内に服用した場合の避妊率は99%です。

アフターピルの服用は時間との勝負となります。
オンラインでアフターピルを入手する場合は、当日・翌日発送対応のクリニックを選びましょう。

ピルオンラインおすすめクリニックで買えるピルの値段はいくら?

ここではピルの値段など、購入について紹介します。

保険適用の薬は安価で買える

ピルの購入は、保険適用になる場合と保険適用外になる場合があります。

病気の治療にピルを用いる場合は、保険適用で購入可能です。
例を挙げると、「月経困難症」や「子宮内膜症」などの病気の治療でピルが用いられます。

ピル服用の目的が避妊や美容目的、月経移動などの場合は保険が適用されません。
妊娠や月経移動は病気と関係がないためです。

保険が適用されると、通常の3割で購入できるため、かなり安価で購入できます。

ジェネリックは安い

後発品とも呼ばれるジェネリック薬は比較的安く購入できます。

そもそも薬には「先発品」と「後発品」の2種類があります。
先発品は、最も早く開発された新薬のことです。
一方でジェネリック薬は、先発薬の特許期間である20年間が経過した後に開発されます。

一般的に先発品は高く、ジェネリック薬は安価です。

先発品の方が高くなるのは、薬の開発に膨大な開発コストがかかることが理由です。
一方で後発品は開発費用が安く済むことから、料金が安く設定されます。

保険適用のピルは1シートあたり600円から1,500円

ピルの種類にもよりますが、保険が適用の場合、平均して1シートあたり600円〜1,500円で購入できます。

ちなみに、1シートは28日分であるため、1ヶ月分に該当します。
保険適用は子宮内膜症や、月経困難症など病気の治療に用いる場合に限ります。

実際の支払いは、薬代だけでなく、診察費や血液検査など検査費用等もプラスされますので、3,000〜5,000円程度必要です。

保険適用外のピルは1シートあたり2,000円から3,000円

保険適用外の場合、平均して2,000〜3,000円で購入できます。
ピルの種類によって価格が大幅に異なることもあるため、あくまで目安です。
前述の通り1シートは28日分であるため、1ヶ月分に該当します。

避妊が服用目的の場合は、保険適用外に該当します。
上記で示した値段だけでなく、診察費や血液検査など検査費用等もプラスしてかかってくるのです。
そのため全体でかかる費用としては、4,500円程度です。

連続投与できるピルは保険適用でも1シート1,500円から2,500円

連続投与できるピルは保険を適用できたとしても、1シート1,500円〜2,500円ほどかかります。
そのため、保険適用外の場合は、5,000円〜8,000円ほどかかることになるのです。

連続投与できるピルは、「ジェミーナ」と「ヤーズフレックス」が該当します。
いずれも先発医薬品となるため、費用が高くなります。

ジェミーナは最大77日間の服用となり、その後7日間の休薬が必要です。
ヤーズフレックスは最大120日間連続の服用となります。

ピルのオンライン処方の流れ

実際にピルをオンライン処方する際の流れを紹介します。

診察を予約する

どのクリニックも、電話WEBで診察予約を取ることが可能です。
電話やWEBクリニック指定の方法で診察予約を取ります。

電話で予約する際はメモと筆記用具を忘れないよう準備しておきましょう。

Webで予約する場合は、公式HPで診察予約ボタンを押します。
複数のメニューを展開しているクリニックも少なくありません。
その場合は、次に希望する診察メニューを選択する場面に進みます。

低用量ピルや、月経移動など服用目的でも分かれている場合があります。
予め服用目的を明らかにしておきましょう。

希望するメニューを選べたら、次はオンライン診察の日時を選ぶことが必要です。

空いている時間は〇が、空いていない時間は×が記載されています。
まずは希望の日付を選び、次に時間を選びます。

患者情報を登録する

診察を受ける日時が決まったら、次に患者情報を登録します。

Webで予約を取る場合、予約日時を選択した後に氏名・生年月日・連絡先の入力画面に進みます。
メールアドレスは、クリニックからのメールを受け取れるように設定しておきましょう。

全て入力し終わったら確認画面に進みます。
誤りがなければ確定に進みましょう。

電話の場合は、相手の指示に従いながら情報を伝えていきましょう。

問診フォームに入力する

患者情報を登録できたら、次に問診フォームの入力が必要となります。

またこの段階で、診察を受けるにあたって確認を受けることがあります。
よくあるチェックリストは以下の通りです。

  • 既往歴の確認(血栓症や乳がんなど)
  • 喫煙していないか
  • 片頭痛がないか
  • トラネキサム酸を服用していないか
  • 閉経していないか

上記に当てはまってしまう方は、ピルの処方を受けられません。
チェックリストに当てはまらなかった方は、問診フォームを入力していきます。
問診フォームで入力することが多い項目は以下の通りです。

  • 受診の目的
  • 治療中の病気があるか
  • 服用している薬の有無と名前
  • 入院の経験の有無
  • 他のかかりつけ医の有無と名前
  • アレルギーの有無と名前

間違いのないように入力していき、確認できたら次に進みます。

オンライン診療を受ける

予約日時になったら、オンライン診察を受けます。
オンライン診察を受ける方法は、電話ビデオ通話など様々ですが、クリニックが決めている所定の方法で受ける形です。

ミスマッチを無くすために、診察で聞きたいことと、相談したいことは予め考えておくことが重要です。
またメモを取れるように、メモできる紙と筆記用具を用意しておきましょう。

都合が悪くなって受けられない場合は、必ず連絡を入れましょう。
診察料がかからないクリニックであっても、キャンセル料がかかる可能性があります。

支払いを済ませる

オンライン診察が終了したら、薬代や診察料を含めた料金の支払いが必要です。
クリニック指定の方法で支払いを済ませましょう。

支払い手段は主に2通りあります。

1つ目は、薬局で対面にて支払う方法です。
オンライン上で処方箋が発行され、処方箋を持参して薬局で現金などで支払います。

2つ目は、クリニックの公式サイト上で支払いを済ませるケースです。

オンライン診察の場合、2つ目のケースのほうが多いようです。
公式サイト上での支払いの場合、クレジットカードのみなど支払い方法が限られていることが多いため、注意しましょう。

どちらのケースも、支払いを済ませない限り薬を受け取れません。

ピルを受け取る

支払いを済ませたらピルを受け取ることが可能ですが、ピルの受け取り手段は主に2通りあります。

1つ目は、薬局で対面にて受け取る方法です。
診察を基にオンライン上で処方箋が発行されます。
処方箋を持参して薬局で料金を支払ってピルを受け取ります。

2つ目は、クリニックの公式サイト上で支払いを済ませて、ピルが自宅に配送されるケースです。

なお配送の場合は、すぐに受け取れないため注意しましょう。

ピルのオンライン処方がおすすめな理由

ここではピルのオンライン処方がおすすめな理由を4つ紹介いたします。

病院に足を運ぶ手間が省ける

ピルのオンライン処方の最大のメリットは、病院に足を運ぶ手間が省けることです。

ピルのオンライン診察は、完全予約制で、診察を受けるまでに待ち時間が発生しません。
来院して問診票を入力する手間もかからず、ストレスなく受けられます。

厚生労働者が発表したデータによると、診察を受けるまでの平均待ち時間は「15分未満」です。
割合としては26.1%ですが、30分〜1時間未満も20.4%と高くなっています。

オンライン診察だと待ち時間がかからないため、診察全体にかかる時間を減らせるのです。

医師への相談が気軽にできる

医師への相談が気軽にできることも、オンラインピル処方のメリットです。
自宅などで人の目を気にすることなく、どんな悩みでも相談しやすいでしょう。

診察時間も大体が15分程度と短く、余計な気疲れを感じづらいこともポイントになります。
時間が短い理由は、事前に入力した問診表に沿って診察を進めていくためです。

忙しくても受診できる

ピルのオンライン診察は、忙しくても受診できることがメリットです。

自宅や外出先などインターネットの環境さえ整っていればどこでも診察を受けられます。

先述の通り、診察にかかる時間が対面診察より短くなっています。
最短で15分ほどで診察が完了します。
病院に行く時間が取れない方でも、スキマ時間に診察を受けられます。

オンラインピルクリニックは、対面クリニックより営業時間が長いことが多く、中にはLINE診察で、24時間365日対応可能のクリニックも存在します。

ピルが必要だと感じた場面で手軽にピルの処方を受けられるのです。

休みを取って病院に行かなくてよくなる

ピルの処方を受けるためにお仕事の休みや遅刻を申請することに気が引ける方も少なくないでしょう。
オンラインピルクリニックの診察は、仕事の休みを取る必要がありません。

前述の通りオンラインピルクリニックは、対面クリニックより営業時間が長く、中にはLINE診察で、24時間365日対応可能のクリニックも存在します。

平日でも夜遅く、あるいは土日祝でも問題なく受けることが可能です。

ピルの受け取りも自宅配送で手間がかかりません。
オンラインピルクリニックはお仕事でなかなか休みを取れない方におすすめです。

ピルをオンライン診療で手に入れるデメリット

ここではピルをオンライン診療で手に入れる際のデメリットについて説明していきます。
メリットと合わせ、参考にしてください。

診察料が高いクリニックも存在する

中には、診察料が高いクリニックも存在します。
診察料がかかる場合、1,500〜3,000円ほどかかることになるでしょう。

しかし対面でピルの処方を受ける場合も、診察料が必ずかかってきます。

診察料を掛けたくない方は、診察料がかからないクリニックを選びましょう。
例を挙げると、メデリクリニックなどがあります。

あるいはピルの処方をジェネリック薬にするなど他に値段を安くする方法を試すのも1つの手です。

送料がかかると高くつく

オンライン診察は薬を受け取るために、送料がかかってしまいます。
その分費用が重なって、高くつきがちです。

対面診察の場合、送料がかからないため、オンライン診察最大のデメリットです。
送料がかかる場合、1,000〜1,500円ほどかかることになるでしょう。

診察料を掛けたくない方は、送料がかからないクリニックを選びましょう。
例を挙げると、スマルナクリニックなどがあります。

あるいはピルの受け取りを薬局で行えるクリニックを選ぶことをおすすめします。
送料がかからず、薬剤師に服用方法を詳しく聞けるためです。

定期的な血液検査を受けられない

定期的な血液検査を受けられないことも、オンラインピルクリニックのデメリットです。

ビデオや電話を用いた診察であるため、検査や処置ができません。

ピルの副作用の1つに血栓症があります。
病気を直接発見できないため、そういったことも理解して利用することが必要です。

会社で受ける定期検査をしっかり受けるか、ピル服用中の様子を医師に伝えるようにしましょう。

血栓症の初期症状として、息苦しさや視力障害などがあります。
上記のような症状が出た場合には、早急に病院で検査を受けることが重要です。

オンラインで購入したピルを服用する際の注意点

ピルを服用する際の注意点をご紹介します。
ピルの服用を検討している方は、ぜひ確認してください。

ピルと他の薬との併用には注意

ピルと他の薬との併用には注意しましょう。
副作用が出たり、ピルの効果が弱まったりするおそれがあるためです。

ピルとの併用を避けるべき薬の種類は次の通りです。

併用が禁忌の薬ヴィキラックス配合錠
ピルの効き目を弱める薬抗生物質・抗てんかん薬・精神刺激薬・抗HIV薬
ピルの効き目を強くする薬解熱鎮痛薬・抗真菌薬
ピルによって効き目が弱まる薬血糖降下薬・モルヒネ・解熱鎮痛薬
ピルによって効き目が強くなる薬副腎皮質ステロイド・三環系うつ剤・免疫抑制剤

常用薬がある場合は、必ず初回の診察の際に医師に相談してください。

性病感染症の予防はできない

ピルでは性病の感染予防はできません。
性交渉に関してピルに期待できるのは、あくまで避妊効果のみです。

性病の予防にはコンドームが有効です。
ピルとコンドームを併用することで、より高い避妊効果を期待できます。

ピルで子宮頸がん・乳がんの発症リスクを下げることはできない

ピルには卵巣がん・子宮体がんのリスクを下げる効果が指摘されています。
一方で、子宮頸がん・乳がんのリスクはピルの服用によって上昇することが分かりました。

ピル服用者の乳がんの発症率は、非服用者に比べて1.08倍〜1.24倍です。
服用が長期にわたるほど、がんの発症率にも増加傾向がみられます。

がんの発症を完全に防ぐことは困難です。
ただし、早期発見によって悪化を防ぐことは可能です。

ピルを服用する方は、がんの早期発見につなげるためにも定期的な健診を受けましょう。
年に1回の婦人科検診・乳がん検診がおすすめです。

出典:日本乳癌学会【低用量経口避妊薬(OC)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の使用は乳癌発症リスクを増加させるか?

ピルは市販では買えない!オンライン購入がおすすめ

ピルは市販では購入できません。
ピルは、医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」であるためです。
つまりピルを入手したい場合は、病院で医師の診察を受けなければなりません。

では、仕事などでなかなか病院に行けない場合はどうしたら良いのでしょうか。
通院が難しい場合はオンラインクリニックの利用がおすすめです。

オンラインクリニックではスマホ・パソコンなどを使って遠隔診療を行います。
そのため、場所・時間を問わずに医師の診療を受けられる点がメリットです。

なお、診療対応時間はオンラインクリニックによって異なります。
ぜひご自身のライフスタイルにあった診療をしているクリニックを選んでみてください。

ピルオンラインおすすめに関するよくある質問

ピルに関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。
ぜひ参考にしてください。

高校生・未成年でもピルを購入できますか?

高校生・未成年でも、原則としてピル購入は可能です。
ただし、クリニックによってはピルの購入に年齢制限を設けている場合もあります。

購入できる場合でも、保護者の同意が必要であるケースが大半です。
具体的な対応については、クリニックに個別に相談してください。

妊娠中でもピルを服用できますか?

妊娠中は原則としてピルの服用は控えるべきとされています。
なお、妊娠中に服用しても胎児への影響はないという研究結果が出ています。

必ず医師に相談した上で服用を検討してください。

ピルの1相性と3相性の違いはなんですか?

1相性と3相性の違いは、1錠あたりのホルモン含有量です。
1相性のピルは、ワンシートのピルのホルモン含有量はすべて同じです。

対して3相性のピルでは、ホルモン含有量が3段階で異なります。
3相性のピルは生理周期にあわせてホルモンの投与量を変化させていきます。
身体本来のホルモンバランスの邪魔をしないため、不正性器出血などの副作用が出にくいのが特徴です。

生理前にピルを飲んでも大丈夫ですか?

生理前にピルを飲んでよいかどうかは、個人の月経状況によって異なります
基本的には、ピルは生理初日・または生理開始後最初の日曜日に飲み始めます。

ただし、生理がなかなかこない方は生理前に服用を開始することもあります。
生理前の服用の可否については、かかりつけ医に相談してください。

インターネット・通販で購入したピルは大丈夫ですか?

インターネットや通販で購入したピルの服用は控えてください。
個人輸入・個人間で取引したピルが該当します。

通販サイトなどに流通しているピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。
安全性を担保するためにも、必ず医療機関で処方されたピルを利用してください。

オンラインでピルを購入する場合は、公式サイトから購入しましょう。

低用量ピルと超低用量ピルの違いはなんですか?

低用量ピルと超低用量ピルの違いは次の通りです。

 卵胞ホルモン配合量効果
低用量ピル50μg以下避妊・月経トラブルの緩和・生理日の移動
超低用量ピル30μg以下月経トラブルの緩和・子宮内膜症などの病気の予防や治療

超低用量ピルには避妊効果はほとんど期待できません。

Day1スタート、Sundayスタートってなんですか?

それぞれの内容は次の通りです。

  • Day1スタート:生理初日に服用開始
  • Sundayスタート:生理開始後の最初の日曜日に服用開始

ご自身の目的に合わせて医師とスケジュール調整を行いましょう。

21錠タイプと28錠タイプの違いはなんですか?

21錠タイプと28錠タイプの違いは、服薬スケジュールです。

  • 21錠タイプ:21日の服用+7日間の休薬
  • 28錠タイプ:28日間の服薬

21錠タイプは、21錠の実薬で構成されています。
21錠の実薬を服用したのち、7日間の休薬期間を設けます。
休薬期間が明けると、また新しいシートを飲み始めます。

28錠タイプは21錠の実薬+7錠の偽薬で構成されています。
偽薬を含めて28日間服用し続けるため、休薬期間はありません。
つまり古いシートをすべて飲み終わったら、すぐに新しいシートを開封します。

服薬スケジュールの管理が不安な方には28錠タイプがおすすめです。
休薬期間がないため、飲み忘れを防ぎやすくなります。

ピルで不妊症になりますか?

ピルで不妊症になるリスクは低いと指摘されています。
もちろん服用中は避妊効果が発揮されるため、妊娠確率は低くなります。

しかし服用を中止すれば、自然な妊娠が期待できます。

おすすめのオンラインピル処方まとめ

ここまでおすすめのオンラインピル処方クリニックについてお伝えしてきました。
今回解説した中で特に重要な要点は以下の通りです。

  • ピルは子宮内膜症や生理痛などの病気の治療や避妊に有効
  • 吐き気や血栓症などがピルの副作用
  • ピルの価格は保険適用で600~1,500円、連続投与ピルは1,500~2,500円と高い
  • ピル処方のおすすめクリニックはメデリやスマルナ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク