ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>フォトフェイシャルは安いって本当?クリニックの選び方も解説!

フォトフェイシャルは安いって本当?クリニックの選び方も解説!

フォトフェイシャルとは、肌にIPLのレーザーを照射して肌トラブルを改善させる施術方法をいいます。

安いフォトフェイシャルのクリニックは、どのようにして選ぶと良いのでしょうか?
安いフォトフェイシャルで効果を高めるには、どのような方法があるのでしょうか?

本記事では、フォトフェイシャルで安いについて以下の点を中心にご紹介します。

  • フォトフェイシャルとは
  • フォトフェイシャルの種類とは
  • 安いフォトフェイシャルのクリニックの選び方とは
  • フォトフェイシャルを安く受ける方法とは

フォトフェイシャルで安いについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、どのような施術方法でどのような効果があるのでしょうか?
フォトフェイシャルについて詳しく見てみましょう。

施術方法

フォトフェイシャルとは、肌にレーザーを照射する施術方法をいいます。
フォトフェイシャルで肌に照射するレーザーは、IPLと呼ばれる幅広い波長をもつ光です。

効果

フォトフェイシャルは、シミやくすみ、しわやたるみを改善する効果があります。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

フォトフェイシャルの種類

フォトフェイシャルの種類

フォトフェイシャルには、どのような種類があるのでしょうか?
フォトフェイシャルの種類について詳しく見てみましょう。

M22

M22は、ルミナス社が開発し、世界で初めてIPL機器を発売した美容機器です。
M22は、厚生労働省の薬事承認を受けている医療機器であり、多くのクリニックで使用されています。

M22は、肌の状態に合わせて最大で6種類の光の中から設定できます。

M22の照射光は、波長を複数回に分けられます。
分割された光の強さも均一化されるため、肌への刺激は最小限です。
M22は、肌を冷却しながら照射するため、痛みが軽減されます。

ステラM22

ステラM22は、2021年に厚生労働省から認可を受けた美容機器でM22のバージョンアップ版です。

ステラM22は、最大で9種類のフィルターが搭載されています。
フィルターを変換することで、M22よりもさらに肌の状態に合わせた光を選択できます。

ステラM22の照射面積も選択可能で、広範囲照射から部分照射まで幅広く対応しています。
ステラM22のヘッド部分は、サファイアガラス製です。
M22と同様肌を冷却しながら照射するため、痛みは軽減されます。

セレックV

セレックVは、韓国のJEISYS メディカル社が製造している美容機器です。
セレックVは、最大で9種類のハンドピースフィルターがあり、波長を選択できます。

セレックVは、ATCといわれる独自のリアルタイム表皮温度モニターシステムが搭載されています。
ATCは、肌にあたる面の温度を-10度〜常温に設定可能です。
設定温度を超えると照射できなくなるシステムのため、過剰照射での火傷も心配ありません。

セレックVは、火傷のリスクが最小限で施術を受けられる美容機器といえます。

ルメッカ

ルメッカは、イスラエルのINVASIX社が製造している美容機器です。
一般的なIPL機器の短波長高戦域は、15%程度です。
しかし、ルメッカの短波長高戦域は40%にもなります。

高出力が可能なため、薄いシミのみではなく、今までのIPL機器で対応出来なかった濃いシミにも効果を発揮できます。

ルメッカは、強力なクーリングシステムを搭載。
より痛みが軽減されるため、痛みが苦手な方に適している美容機器といえます。

フォトRF

フォトRFは、別名オーロラとも呼ばれています。
フォトRFは、
アメリカのSyneron メディカル社が製造している美容機器です。
IPLの光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせた施術を行うことができます。

メラニンが比較的多い日本人などの東洋人は、出力を上げすぎると痛みや火傷を生じてしまいます。

フォトRFは光エネルギーを低くし、高周波エネルギーを使用することで痛みや火傷のリスクを抑制できる美容機器です。
光エネルギーが肌のハリを生み出し、高周波がシミやくすみを改善してくれます。

2種類のエネルギーが肌への負担を軽減し、相乗効果によって肌トラブルを改善します。

ライムライト

ライムライトは、アメリカのキュテラ社と日本人医師が共同開発した美容機器です。
ライムライトは、日本人の肌に合わせて開発されました。

ライムライトの機器を使用した治療は、フォトブライト治療とも呼ばれています。
波長をコントロールし、メラニンやヘモグロビンの吸収率を調整します。
日本人の色白肌から色黒肌まで、さまざまなタイプの肌に適応できます。

BBLs

BBLsは、アメリカのサイトン社が開発した美容機器です。
BBLsは、厚生労働省の薬事承認を受けています。
また、アメリカの医学研究で「肌を若い状態にできる」と発表されており、人気の美容機器です。

BBLは、ブロードバンドライトの略語です。
BBLsでは、波長が短いフィルターと長いフィルターを使用しています。
そのため、肌の表皮と真皮に働きかけます。

7つのフィルターと3つのサイズのアダプターを使用し、さまざまな部位の肌トラブルに合わせた照射が可能です。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

フォトフェイシャルは安いかレーザーと比較

フォトフェイシャルは安いかレーザーと比較

フォトフェイシャルは、安いのでしょうか?
フォトフェイシャルとレーザー治療との比較について詳しく見てみましょう。

効果

フォトフェイシャルは、レーザー治療と比較すると幅広い範囲で美容効果が得られます

フォトフェイシャルは、600〜1,200nmの広範囲の波長を持っています。
フォトフェイシャルは、複数の波長の光を組み合わせた施術が可能です。
そのため、さまざまな肌トラブルに対応できます。

一方、レーザー治療は、1,064nmの単一熱エネルギーの波長です。
レーザー治療は、肌の奥深い真皮層までアプローチできます。
そのため、シミや肝斑など部分的な肌トラブルに効果を発揮します。

治療法

フォトフェイシャルとレーザー治療の治療法の違いは、照射するレーザーの波長と時間です。

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる光を使います。
IPLは、光の幅が広く広範囲に照射可能です。
また、メラニンのみではなく、ヘモグロビンへもダメージを与え、毛細血管を縮小させることで赤ら顔などの治療も行うことができます。

肌トラブルがない場所は最低限の負担で、肌トラブルがある場所は幅広い範囲で働きかけることができます。

一方、レーザー治療は光の波長が短く、照射時間が長くなります。
シミやほくろなどの部分的な肌トラブルに直接アプローチし、効果が期待できます。

回数

フォトフェイシャルもレーザー治療も、どちらも複数回施術を受ける必要があります
1回の施術で肌のシミやくすみなどのトラブルは改善されません。
肌の状態によって個人差はありますが、どちらも5〜10回程度の施術が必要です。

施術の際に少しずつ出力を上げていくことで、濃いシミなどを少しずつ薄くしていくのです。

ダウンタイム

フォトフェイシャルとレーザー治療はいずれもダウンタイムがほぼありません

フォトフェイシャルは、肌へのダメージも少ないため、施術後すぐにメイクをすることができます。

一方、レーザー治療の場合は、かさぶたが剥がれたら、メイクが可能です。
かさぶたは1週間〜10日ほどで自然に剥がれ落ちます。

両方ともダウンタイムは少ないです。
しかし、施術後の肌はデリケートな状態のため、注意する必要があります。

麻酔費用

フォトフェイシャルは、基本的に麻酔不要のため、麻酔費用がかかりません。
フォトフェイシャルの痛みは、輪ゴムで弾かれた程度です。

一方、レーザー治療は、麻酔を行う可能性もあります。
レーザー治療の痛みは針で刺された程度で、麻酔をする場合は麻酔費用がかかります。

フォトフェイシャル安いクリニックの選び方

フォトフェイシャルは安いかレーザーと比較

フォトフェイシャルを安く受けるためには、どのようにクリニックを選ぶと良いのでしょうか?
安くフォトフェイシャルを
安く受けることができるクリニックの選び方について詳しく見てみましょう。

初回料金やトライアルがある

多くのクリニックでは、初回料金やトライアルが設定されています。
初回料金やトライアルは、フォトフェイシャルの施術を受けてみようか悩んでいる方がお試ししやすい価格設定になっています。

初回料金やトライアルは、安くフォトフェイシャルを受けるための有効な手段です。
しかし、通常料金を高く設定しているクリニックもあるため、しっかり確認しましょう。

フォトフェイシャルの種類を見る

クリニックによって、フォトフェイシャルの種類は異なります。
また、
フォトフェイシャルの種類によっても費用は異なります

自身の肌の悩みにはどの種類のフォトフェイシャルが合っているのか、自身では判断が難しい場合が多いです。
多くのクリニックでは、無料カウンセリングも行っているため、医師に相談してみると良いでしょう。

料金表を見る

多くのクリニックの公式サイトでは、フォトフェイシャルの種類や費用について表示されています。
料金表を見て、クリニック毎の種類別費用を把握しておくと良いでしょう。

クリニックで表示されている料金には、1回料金、セット料金、照射範囲などが記載されています。

1回の料金

1回の料金とは、フォトフェイシャルの1回の施術料金です。

セット料金

セット料金とは、コース料金として回数が設定されています。
1回ずつ受けるよりも10〜20%安く受けることができるように設定されています。
セット料金では、有効期限がある場合が多いため、しっかり確認しておきましょう。

照射範囲

フォトフェイシャルは、レーザー治療と比較すると広範囲に照射可能です。
しかし、
クリニックや費用によって照射範囲が異なっている場合があります
費用とともに照射範囲もしっかり確認しておく必要があります。

パーツで施術を受けられるかどうか

クリニックによっては、フォトフェイシャルの施術を部位ごとに受けることができます。
自身の希望部位だけの施術を受けることで、費用を安く済ませられる場合もあります。

各クリニックのフォトフェイシャルの費用のみではなく、部位も確認してみると良いでしょう。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

フォトフェイシャルを安い方法で受けるには

フォトフェイシャルは安いかレーザーと比較

フォトフェイシャルを安く受けるためには、どのような方法があるのでしょうか?
フォトフェイシャルを
安く受ける方法について詳しく見てみましょう。

回数を決めておく

フォトフェイシャルを安く受けるためには、施術を受ける回数をあらかじめ決めておくことが大切です。
フォトフェイシャルは、施術回数が増えると費用が高くなります。

施術を受けた時に効果が出やすいように美容を行う

フォトフェイシャルの施術を受けたときに効果を高める美容を行うのも安く受ける方法の1つです。

美容方法について見てみましょう。

他の美容医療と組合わせる

フォトフェイシャルと他の美容医療を組み合わせることで効果を高めることができます。

オプションとして、以下の施術を行っているクリニックもあります。

  • エレクトロポレーション
  • 美容注射
  • 美容点滴

上記のオプションの併用で、肌のターンオーバーを促し、より高い効果を得ることができます。

日常生活で美容効果を高める

日常生活で美容効果を高めるためには、美白・美肌効果がある内服をすることです。
トラネキサム酸、ビタミンCの内服を行うことで身体の内側からも効果を期待することができます。

また、保湿クリームなどを使用し、肌の保湿を保つことも大切です。

どこまでの美容効果を目指すか決めておく

フォトフェイシャルを受ける際に、どこまでの美容効果を目指すか決めておくのも大切です。

クリニックでフォトフェイシャルの施術を受けていく中で美容に対する意識がさらに高まっていく場合もあります。
美容医療サービスはさまざまです。

ある程度の美容効果の目標値を決めておかないと、あれもこれもと気づけば高額な費用を費やしているといったことにもなりかねません。

最初のカウンセリングで気になることを聞く

フォトフェイシャルの施術を受ける前に、カウンセリングを受けます。
最初の
カウンセリングの際に、気になることはしっかりと確認しておきましょう。

カウンセリングのときには、フォトフェイシャルの費用についても確認しておきましょう。
費用の中にアフターケアも含まれた料金なのか細かい点まで確認しておくことで、トラブルの回避ができます。

支払い方法を確認する

フォトフェイシャルを受ける際には、支払い方法もしっかり確認しておきましょう。
クリニックによって、支払い方法は異なっています。

無理のない支払い方法が可能であるかも継続する上で重要なポイントです。

安いフォトフェイシャルの注意点

安いフォトフェイシャルの注意点

安いフォトフェイシャルを受ける際には、どのような点に注意すると良いのでしょうか?
安いフォトフェイシャルを受ける際の
注意点について詳しく見てみましょう。

副作用がある

フォトフェイシャルにも副作用があります

施術後は、一時的な赤みやほてりがみられる場合があります。
施術後、すぐにクーリングすることで帰宅の際には症状が落ち着いている方がほとんどです。

施術後は、肌が敏感になり、乾燥しやすくデリケートな状態になっています。
保湿を十分に行い、紫外線対策をしっかり行いましょう。

フォトフェイシャルを受けられるかどうか確認をする

フォトフェイシャルは、医療行為です。

フォトフェイシャルは、以下に該当する方は施術を受けられない場合があります

  • 妊娠・授乳中の方、または妊娠の可能性がある方
  • 照射前後1か月の間に、日焼けをする可能性がある方
  • ケロイド体質の方
  • 照射部位にタトゥーがある方
  • 光感受性の医薬品を服用している方
  • てんかん発作を起こしたことがある方
  • ペースメーカーや埋め込み式除細動器がある方
  • 照射部位に皮膚疾患がある方

上記に該当する方は、医師に確認しましょう。

安すぎるクリニックの時は安全かどうかを確認する

フォトフェイシャルの料金は、施術をする医療者が医師か看護師かによっても異なります。
一般的に、医師が施術を行う場合は料金が高く、看護師が行う場合は料金が安い設定となっています。

料金が安すぎるクリニックの場合は、以下のことについても十分確認しましょう。

  • 照射前に毎回医師が診察を行っているか
  • 肌トラブルがみられた場合のアフターケアはしっかりしているか

色々なクリニックを転々としない

初回料金やトライアルが安いからといって、色々なクリニックを転々としないようにしましょう。
安い料金でフォトフェイシャルを受けられることは、とても魅力的です。
しかし、初回の施術では肌へのトラブルを回避するために低めの出力設定になっています。

フォトフェイシャルは、肌に合った出力の施術を5回程度受けることで効果が感じられるといわれています。
そのため、初回料金やトライアルの低出力の施術では、何回受けても効果が感じられないという場合もあるのです。

安いフォトフェイシャルでトラブルの相談先

安いフォトフェイシャルでトラブルの相談先

美容医療サービスに関連する相談は、全国の消費生活センターが受け付けています
毎年、2,000件程度の美容医療サービスに関連する相談が寄せられています。
その中でも施術による危害も毎年400件程度発生しており、注意が必要です。

2017年12月1日に特定商取引に関する法律が改正されてから、美容医療サービスにおいてもクーリング・オフなどが可能になりました。

安いフォトフェイシャルで契約上にないことから料金を請求されるなどのトラブルもみられています。

フォトフェイシャルの施術を受ける際には、以下のことについてしっかり確認しましょう。

  • ホームページ上の情報のみで判断せず、しっかり情報収集しましょう
  • 契約内容をしっかり確認し、納得できるまで医師の説明を受けましょう
  • 高額な施術を強く勧誘する場合は、契約しないようにしましょう
  • 何か困ったときには、消費生活センターに相談しましょう
関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

フォトフェイシャルで安い事のQ&A

フォトフェイシャルで安い事のQ&A

フォトフェイシャルで安いことについて、どのような質問がよくあるのでしょうか?
フォトフェイシャルで安いことについて、
よくある質問について詳しく見てみましょう。

どのくらいの頻度で通えばいいですか?

一般的には、4週間に1回、1か月に1回程度の施術が良いでしょう。
肌の状態によって個人差がありますが、シミやそばかすは5〜6回程度の施術を受けることで、効果がみられるようです。

フォトフェイシャルは、肌への負担が少ない施術です。
そのため、定期的に施術を受けることで若々しい肌の維持が可能です。

エステサロンでも受けられますか?

フォトフェイシャルは、医療行為になるため、エステサロンでは受けられません
フォトフェイシャルで使用する機器は医療機器です。
そのため、エステサロンで医療機器を導入することはできません。

エステサロンでもフォトフェイシャルに似た施術を提供している場合がありますが、全く別の施術です。

フォトフェイシャル後に何か特別なケアは必要ですか?

フォトフェイシャル後は、肌がデリケートな状態です。

特別なケアは必要ありませんが、以下のことに十分注意して生活しましょう。

  • 肌への保湿を十分に行いましょう
  • 日焼け止めや日傘を使用するなど紫外線対策をしっかり行いましょう
  • かさぶたは無理に剥がさないようにしましょう
  • ピーリング効果がある洗顔料やスクラブの使用は避けましょう
  • 肌を強くこすらないようにしましょう
  • 施術後、赤みや痛み、腫れなどの症状がみられる場合はすぐに受診しましょう

フォトフェイシャルで安いのまとめ

フォトフェイシャルで安いのまとめ

ここまでフォトフェイシャルで安いについてお伝えしてきました。
フォトフェイシャルで安いについての要点を以下にまとめます。

  • フォトフェイシャルとは、肌にIPLという光を照射する施術方法をいう
  • フォトフェイシャルの種類には、M22、ステラM22、セレックVなどがある
  • フォトフェイシャル安いクリニックの選び方には、初回料金などがある
  • フォトフェイシャルを安く受ける方法には、回数を決めておくなどがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク