ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>男性治療>仮性包茎と真性包茎の違いは?デメリットについても徹底解説!

仮性包茎と真性包茎の違いは?デメリットについても徹底解説!

包茎に悩んでいると一言でいっても、状態によって包茎の種類が異なります。
自分の悩みの種はどこに位置しているか認識しているでしょうか。

ここでは下記の点を中心にご説明します。

  • 仮性包茎・真性包茎それぞれの違い
  • それぞれの状態に合った手術内容
  • 手術の際の相場

是非最後までお読みください。

以下の記事では、包茎について詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

包茎は、多くの男性が一生のうちで一度は耳にする言葉であり、身体的特性としての認識が一般的です。しかし、実際には「包茎」にもいくつかの種類が存在し、それぞれの特徴や影響が異なります。この背景から、包茎の種類についての理解は、男性自[…]

仮性包茎とは

仮性包茎とは、日本人男性に一番多い部分露出型の包茎です。
日本人男性の60〜70%もいるとされています。

一般的には、平常時は亀頭が包皮に覆われていますが、手でめくることで亀頭を露出させることができます。
またペニスの長さに対する包皮の長さにもよりますが、勃起によって自然に亀頭が露出する方もいます。

そのため、医学的な理由では必ずしも手術する必要はありません。
ですが、コンプレックス解消や衛生面から手術を希望する方は増えています。

包茎にはどのような種類があり、それぞれどのような症状なのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

男性の中には「包茎」という言葉を聞いたことがあるでしょう。一般的に、男性の陰茎の先端部分、亀頭を包んでいる包皮が完全に引き下げられない状態を指します。包茎は他人にはなかなか相談できない個人的な問題となりがちです。しかし、「包茎は[…]

真性包茎とは

真性包茎とは、包皮と亀頭の癒着や包皮口が狭いことなどの原因から平常時も勃起時も亀頭が包皮に覆われており、全く剥くことができないタイプの包茎です。
包茎の中でも最も重症な状態であり、不衛生な状態が慢性化し、様々な病気のリスクがあります。

早期の治療が不可欠です。

また、真性包茎は保険診療に適用されます。

真性包茎の治し方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

真性包茎は、男性の一部に見られる状態で、多くの人々がその治療方法について疑問を持っています。包茎は、特に真性包茎は、自己の身体に対する自信を失う原因となることがあります。しかし、真性包茎はどのように治療すれば良いのでしょうか?[…]

仮性包茎と真性包茎の違い

仮性と真性の大きな違いは、亀頭を露出させることができるかどうかです。
仮性の場合は、包皮のあまりで完全に覆われていても、手で包皮を剥いたり勃起したりすることで亀頭を露出させることができます。

一方、真性は常に皮が被っており、手で剥こうとしても亀頭を露出させることができません。
それぞれの違いについて更に下記でご説明します。

保険適用の有無

真性包茎は機能面で問題があると判断されるため、保険適用の施術となります。
保険医に受診してもらいましょう。
ただし、保険が適用される手術方法は「環状切開」「背面切開」のみであり、あくまで機能面を正常にする施術であり、できることは限られています。

見た目へのコンプレックスも強い方は保険適用外のクリニックで施術しましょう。
仮性包茎は医学的には手術する必要がないとされているため、保険適用外になります。

手術方法

仮性包茎には下記の手術が適しています。

  • 環状切開
  • 亀頭直下
  • 亀頭直下埋没法
  • 亀頭直下埋没法

真性包茎には下記の手術が適しています。

  • 環状切開
  • 亀頭直下
  • 亀頭直下埋没法
  • 亀頭直下埋没法
  • 背面切開

基本的には選択できる手術方法はほぼ同じです。
ただし、背面切開法のみ真性包茎の方向けの術式になります。 

背面切開法は包皮の締め付けが強い部分を縦に切開する施術であり、余った包皮を切るわけではありません。
そのため、仮性包茎にはあまり効果がありません

手術費用

真性包茎の方が仮性包茎より大がかりな手術になるため。相場は高いです。

具体的な相場は、真性包茎は約15〜50万円、仮性包茎は約8〜35万です。
価格の幅は手術内容の違いによって現れたものです。

包茎手術の費用相場について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

包茎手術は、多くの男性が考慮する選択肢の一つとして存在します。手術を検討する際、最も気になるのが「費用」でしょう。しかし、手術の費用は、包茎の種類や選ぶクリニック、手術の方法によって大きく変動します。この背景から、包茎手術の[…]

包茎の種類

包茎は、男性の陰茎の先端部分を覆う皮膚、すなわち包皮が亀頭を完全に露出させない状態を指します。
この状態は、衛生面や性行為時の問題、さらには精神的なストレスの原因となることがあります。

包茎にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴や対処法が異なります。

以下は、包茎の種類とそれぞれの特徴、問題点を表にまとめたものです。

包茎の種類特徴問題点
仮性包茎手で皮をむけば亀頭を露出させることができる不適切なケアによる衛生面での問題、見た目のコンプレックス
真性包茎包皮の先端が狭く、勃起時でも亀頭が露出しない衛生面での問題、性行為時の痛み、炎症や感染症のリスク増
過長包茎亀頭が露出していても包皮が余っている状態見た目の問題や性行為時の不快感
被り包茎(カントン包茎)仮性包茎と似ているが、包皮が亀頭を完全には覆っていない状態亀頭の一部が常に露出しているため、刺激に敏感になりやすい
先端狭窄包茎包皮の先端部分だけが特に狭く、亀頭の一部分のみが露出する状態真性包茎と同様に衛生面での問題や性行為時の痛みがある
会陰包茎包皮が亀頭だけでなく、陰茎の根元側にも伸びている状態衛生面での問題や、特異な見た目による精神的ストレス

包茎に関する悩みや疑問がある場合は、専門の医療機関で相談することをお勧めします。
適切な診断と治療により、多くの問題は改善可能です。

仮性包茎と真性包茎のデメリット

真性包茎・仮性包茎によってのデメリットはほとんど同じです。
下記が挙げられます。

  • 性行為がうまくできない
  • 排尿がうまくできない
  • 悪臭の原因になる
  • 早漏になりやすい
  • 見た目にコンプレックスを抱く

また、真性包茎は特に性病のリスクが高いです。
包皮と亀頭の間に雑菌が増殖して性病を患いやすくなります。

かかりやすい性病の例としては、包皮が炎症して、慢性的に痛みやかゆみが生じる「亀頭包皮炎」や尿道に細菌が入り、膀胱や腎臓が炎症する「尿路感染症」が挙げられます。

仮性包茎の場合も普段しっかりと洗えていないと同じくかかるリスクがあるため、注意が必要です。

包茎手術の失敗例と後悔について詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

包茎手術は、多くの男性が考慮する選択肢の一つです。しかし、手術を受ける前に「包茎」の種類を正しく理解している人は少ないのが現状です。実は、包茎にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴や影響が異なるため、手術の方法や結果も変わって[…]

関連記事

包茎手術は、多くの男性が悩みを解消するために選択する治療方法の一つです。しかし、手術を受けた後に後悔を感じる方も少なくありません。その原因の一つとして、包茎の種類に関する知識の不足が挙げられます。そこで本記事では、以下の[…]

仮性包茎と真性包茎のまとめ

ここまで仮性包茎と真性包茎の違いについてご説明しました。
以下に要点をまとめます。

  • 仮性と真性の大きな違いは、亀頭を露出させることができるかどうか
  • 仮性包茎には背面切開法が合わない
  • 相場は真性包茎は約15~50万円、仮性包茎は約8~35万

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク