ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

障害を学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>漢方薬の副作用に注意!意外と知らない漢方薬の危険性

漢方薬の副作用に注意!意外と知らない漢方薬の危険性

東洋医学では、主に漢方薬を用いて治療を行います。
漢方薬は、緩やかに効果が現れるため、副作用は起きにくいと思っている方も多いと思います。

しかし、薬である以上、漢方薬にも副作用は生じます。
漢方薬の副作用とは、どのような症状があるのでしょうか?

本記事では、漢方薬の副作用について以下の点を中心にご紹介します。

  • 漢方薬の副作用が出る要因
  • 注意すべき副作用
  • 副作用が出やすい人の主な特徴

漢方薬の副作用について理解するためにも、ご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

漢方薬とはどんな薬か


漢方薬は、効果があるとされている生薬を、複数組み合わせたものです。

生薬は、自然の原料からできています。
生薬で治療することで、本来体に備わっている自然治癒力を助けていきます。

反対に西洋医薬は、原則1つの薬に1つの有効成分が入っています。
1つの症状や病気に対して、効果が得られます。

スポンサーリンク

「漢方薬は副作用が少ない」は本当?


漢方薬は、本当に副作用が少ないのでしょうか?
漢方薬も医薬品のため、副作用は起こります。

副作用が出る要因は、主に以下の3つがあります。

  • 体質に合わない、証に合わない漢方薬を飲んだため
  • 漢方薬の作用が強すぎる
  • アレルギー反応

「証」とは、体力、体質、抵抗力、症状のあらわれ方などから判断される、その人の状態のことです。

副作用が出る要因の中でも、特に多いのは「体質や『証』に合わない漢方薬を飲んだため」です。

「証」に合わない漢方薬を飲むと、逆に体調が悪くなったり、症状が悪化したりしてしまいます。
漢方では、「証」に合った漢方薬を飲むことが大切です。

また、症状のあらわれ方には個人差があります。

漢方薬でも副作用は起こる

漢方薬で起こる副作用の主な症状と生薬について、以下の表にまとめています。

生薬名副作用の症状
甘草(かんぞう)「偽アルドステロン症」「低カリウム血症」「ミオパシー」血圧上昇、むくみ、手足のしびれやつっぱり感、筋肉痛、など
麻黄(まおう)有効成分のエフェドリンによるドーピング反応、動悸、不眠、多汗、食欲不振、みぞおちの痛み、下痢、排尿異常など
附子(ぶし)唇や舌のしびれ、手足の麻痺やしびれ、吐気や嘔吐、動悸、脈の変化、のぼせ、発汗など
地黄(じおう)胃もたれ、胃痛、食欲不振、下痢など
黄ゴン(オウゴン)アレルギー反応として、「間質性肺炎」「肝機能障害」発熱、空咳、呼吸困難、眼球の白目の部分や皮膚が黄色くなる黄疸、全身の倦怠感や痒み、食欲不振、不眠、など

※副作用は、体質などにより個人差があります。

漢方薬を飲んでみて、体調が悪くなった場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

漢方薬で注意すべき副作用


漢方薬で特に注意すべき副作用は、

  • 偽アルドステロン症
  • 間質性肺炎
  • 皮疹
  • 上部消化管症状
  • 肝機能障害

などがあります。

それぞれ紹介していきます。

偽アルドステロン症

偽アルドステロン症は、生薬である甘草によって起こる副作用です。
甘草は、漢方薬の約7割に含有されています。

甘草の主成分であるグリチルリチン酸によって、ホルモンの働きに異常が起きてしまいます。

間質性肺炎

間質性肺炎は、発熱、咳、呼吸困難などの症状があらわれる疾患です。
漢方薬では、柴胡(さいこ)や黄ゴン(オウゴン)を含む生薬が影響しています。

皮疹

薬剤アレルギーの症状として発疹、じんましんなどの症状があらわれることがあります。
個人の体質によって、さまざまな生薬で起こる可能性があります。

上部消化管症状

麻黄(まおう)地黄(じおう)当帰(とうき)酸棗仁(さんそうにん)ヨクイニンなどを含む生薬を服用するときに、胃の不快感もたれ胃痛胸やけなどの上部消化管症状があらわれることがあります。

胃腸が弱い方は注意しましょう。

肝機能障害

頻度はそこまで高くありませんが、服用後1〜2週間で症状があらわれることが多いです。
柴胡(さいこ)黄ゴン(オウゴン)を含む生薬での副作用が報告されています。

スポンサーリンク

漢方薬で副作用が出やすい人


漢方薬で副作用が出やすい人の特徴として、

  • 漢方薬を3種類以上飲んでいる
  • 飲み始めて3ヶ月以内の人
  • 女性、中高年
  • 身長が低く体重も軽い
  • 利尿剤を服用している
  • 糖尿病でインスリン治療をしている
  • 肝臓疾患を治療している
  • 健康診断や採血検査を1年以上うけていない

などの特徴があります。

以上の方は、副作用が出やすいため注意が必要です。

健達ねっとECサイト

注意すべき漢方薬


注意すべき漢方薬には、

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  • 葛根湯(かっこんとう)

などがあります。
それぞれ確認していきましょう。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

最も副作用の多い製剤になります。
防風通聖散による副作用は、下痢や吐き気頭痛・発熱肝臓機能の異常などがあります。

健康診断やメタボ健診の普及に伴い、服用している方が多い可能性があります。
また、商品名は違っていても、含有されている生薬が重複していることもあります。

葛根湯(かっこんとう)

かぜの症状緩和のために、服用される方が多い傾向にあります。

葛根湯による副作用は、薬疹過敏症の症状が最も多いです。

やめる

漢方薬の副作用で多いのは「肝機能異常」


漢方薬でよく現れる副作用には、肝機能異常薬疹・過敏症肺障害があります。

漢方薬は、副作用がないので安心と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、漢方も薬である以上、頻度は高くないですが、副作用は起こります。

副作用を防ぐためには、自己判断で服用する量を調整したりせず、正しく服用しましょう。また、副作用が出てしまったら、すぐ服用をやめて、医師または薬剤師に相談してください。

出典:厚生労働省【厚生労働省副作用情報に基づく一般用漢方製剤の副作用の件数と内容の調査

漢方薬の副作用まとめ


今回は、漢方薬の副作用について中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • 漢方薬で副作用が出る要因は、体質に合わない、アレルギー反応などがある
  • 注意すべき副作用は、偽アルドステロン症や肝機能障害などがある
  • 副作用が出やすい人は、漢方薬を3種類以上飲んでいる、女性である、中高年である、などの特徴があるとされている

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク