ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>aga>赤い頭皮は薄毛の前兆?薄毛との関連性や頭皮の炎症による問題、可能性のある病気を知ろう

赤い頭皮は薄毛の前兆?薄毛との関連性や頭皮の炎症による問題、可能性のある病気を知ろう

頭皮の赤みやかゆみ、痛みで悩んでいませんか?
頭皮が赤くなるのにはいくつかの理由がありますが、適切に対処しないと抜け毛が増えてしまうこともあります。

本記事では頭皮の赤みについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 頭皮が赤くなる原因とは
  • 頭皮が赤いのを治すにはどうすればよいのか
  • 頭皮が赤いとどのような問題があるのか

ぜひ、最後までお読みください。

編集部
編集部おすすめクリニックはDクリニック
  • 277万人の圧倒的な来院実績、22年という日本で老舗のAGA専門クリニック
  • 症例も豊富で、治療を受けるとどうなるかを事前に想像できる
  • 初診でのオンライン診療が可能

>>Dクリニックについて詳しく知りたい方はこちら<<


※PR掲載

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

頭皮が赤いのが治らない!5つの原因

頭皮の健康状態は色で判断できます。
健康な頭皮は、青白くて透けるような色です。

頭皮が赤くなるのは、何らかのトラブルが起きているサインといえます。
ではなぜ頭皮が赤くなるのか原因を見ていきましょう。

頭皮が赤い原因①頭皮の血行不良

体が冷えたり、運動不足で血流が滞ると、頭皮に栄養が十分に行き渡らなくなります。
頭皮の栄養が不足してバリア機能が低下し、頭皮に炎症が起きやすくなるのが、頭皮が赤くなるひとつの原因です。
また血行不良により静脈の血が多くたまった状態になり、血管が透けて見えることで頭皮全体が赤く見えるということもあります。

頭皮が赤い原因②紫外線の影響

強い紫外線によって頭皮が日焼けすると、頭皮がダメージを受け炎症により赤くなります。
日焼けの場合、赤みとともにヒリヒリしたり、皮がむけたりすることもあります。
頭皮が日焼けすると、白髪や薄毛のリスクが高くなるので対策が必要です。

頭皮が赤い原因③炎症

洗浄力の強すぎるシャンプーや体質に合わないシャンプーを使っていたり、間違った方法で髪を洗っていると頭皮がダメージを受けて炎症が起きます。
また頭皮が極度に乾燥すると、バリア機能が低下して炎症が起きやすくなります。

頭皮が赤い原因④誤ったヘアケア

洗浄成分が強すぎるシャンプーを頻繁に使ったり、力強く洗髪したりすると、頭皮にダメージを与え、赤みを引き起こす可能性があります。
特に、洗髪後の頭皮のつっぱり感は、あなたのヘアケア方法に何か問題があることを示しているかもしれません。さらに、ヘアドライヤーやストレートアイロンを頭皮のすぐ近くで使用すると、頭皮が熱傷を受けて赤くなることもあります。

頭皮が赤い原因③頭皮の乾燥

冷暖房の影響や低湿度の冬季などの環境要因で頭皮が乾燥し、皮脂を過剰に洗い流してしまうと、頭皮の保湿力が低下し、必要な水分や皮脂を角質層や毛穴に維持することが難しくなります。
この結果、皮膚の防護バリア機能が不安定になり、紫外線、シャンプー、ヘアスタイリング製品といった微小な刺激でも炎症を引き起こしやすくなります。

頭皮が赤いことで引き起こされる問題

頭皮の赤みは頭皮トラブルのサインです。
頭皮の赤さがどんな問題につながるのか、見ていきましょう。

薄毛のリスク

血行不良により赤くなっている頭皮は、血液を通して髪に必要な栄養や酸素を髪全体に行き渡らせられなくなっています。
髪の毛が栄養不足になると、太くて長い健康な髪は生えてきません。
細くてコシがない髪の毛は抜けやすいので、抜け毛が増え、薄毛が進行してしまいます。

頭皮の痒み

頭皮が炎症したり日焼けすると、赤みとともに痒みも引き起こすことがあります。
頭皮を掻いてしまうと、出血したり痛みが生じるようになる場合もあります。
頭皮に痒みが出たときには、搔きむしったりしないように気をつけてください。

フケ

頭皮の古くなった角質がはがれたものがフケですが、頭皮が乾燥すると乾性フケが増えてきます。
乾燥が原因で頭皮が赤くなっているなら、乾性フケも生じやすくなります。
頭皮に皮脂が多くなり、フケの原因菌が増殖するというケースもあります。
頭皮が痒いために頭皮を掻いてしまうと、もっと多くのフケが落ちるようになってしまいます。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

頭皮の赤みは薄毛の前兆?薄毛と赤みの関係性とは

「頭皮が赤いけど、薄毛になるのではないか」
「頭皮に異常が起きて毛が抜けてしまわないか」

このように頭皮の赤みによって薄毛を気にしている方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、頭皮の炎症が毛包にダメージを与え、毛周期を乱す可能性があります。

しかし、頭皮の赤みと薄毛は必ずしも直接的な関連があるわけではありません。
薄毛の要因は遺伝、ホルモンの変化、栄養状態、ストレスなど様々なので、頭皮の赤みと薄毛が同時に見られる場合でも、それらが同一の原因から来ていると決めつけないことが肝心です。

適切な診断と治療のためには、医療専門家に相談することが重要です。

関連記事

つむじはげは明確な基準はなく、思い込みで悩んでいる方も多いといわれています。 しかし、最近、つむじ周りが薄くなったり、毛が細くなったりして気にしている方もいるのではないでしょうか。 実はてっぺんはげや頭頂部の薄毛には多くの人が同じ悩みを抱[…]

頭皮が赤い問題の治し方は?原因別とるべき5つの対策

頭皮が赤くなるのを抑えるためには、原因に応じた対処が必要です。
気になる点があれば改善してみましょう。

生活習慣の改善

頭皮の赤みを抑えて健康な状態にするためには、自律神経を整えて頭皮の血行を良くすることが大切です。
睡眠不足になると血行不良になるので、十分な睡眠がとれているかどうか睡眠時間を見直してみましょう。

毎日の習慣として運動することも血行を良くするのに効果的です。
また喫煙は血行を悪くするので、頭皮のためにも禁煙することが望ましいです。

食生活の改善

毎日摂取している食べ物は、頭皮の環境にも大きな影響を与えます。
栄養の偏った食事をしていると、頭皮に必要な栄養素を摂り入れられません。
脂質の多い食べ物を控えて、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどをバランスよく摂れるように食生活を改善しましょう。

日焼け対策する

日焼けによる頭皮へのダメージを防ぐために、UVカット機能の効果が高い日傘や帽子を使用しましょう。
頭皮にも使える日焼け止めスプレーも市販されているので、合わせて活用するのもよいですね。
髪の分け目が日焼けしやすいので、時々分け目を変えるようにするのもおすすめです。

洗髪を見直す

洗髪の方法を変えることでも、頭皮の赤みを抑えられます。

低刺激のシャンプーを使い、爪を立ててゴシゴシ洗わないで指の腹で優しく洗うようにしましょう。
すすぎが足りないと菌が繁殖する原因になるので、ぬるま湯でしっかり洗い流してください。
ドライヤーを長時間使ったり、頭皮に近づけすぎると乾燥してしまうので気をつけましょう。

肌質に合ったヘア用品を使う

ヘアワックス、ジェル、育毛剤など、肌質に適さない製品の使用は、アレルギー反応を引き起こし、結果的に頭皮が赤くなる可能性があります。
自身の肌質に合う製品かどうかは試してみないと分からないため、始めは少量から使用することを推奨します。
特に育毛剤の使用前にはパッチテストを行うことが重要です。

また、シャンプーやスタイリング製品、カラーリング剤やパーマ剤など、肌にしみたり、違和感があったり、かゆみを感じるような製品は頭皮に刺激を与え、赤みを引き起こす原因となるため、そのような製品の使用は避けるべきです。

医療機関を受診する

生活習慣を見直したり、頭皮への刺激を避けるよう努めても、頭皮の赤みが改善せず、徐々に状態が悪くなることもあります。
このような症状が続く場合は、早めに皮膚科医に相談しましょう。
さらに、頭皮の赤みに加えて、抜け毛や薄毛が気になる場合は、薄毛専門のクリニックへの受診を検討することをお勧めします。

頭皮が赤い問題の治し方は?症状別とるべき5つの対策

頭皮の赤みは多くの人々にとって悩みの一つです。

この赤みはさまざまな原因によって引き起こされることがあります。
それぞれの症状に応じた対策を取ることで、頭皮の健康を取り戻すことができます。

この章では頭皮の赤みの主な症状とその対策について詳しく解説します。

かゆみがある場合の対策

かゆみは頭皮の乾燥やフケ、皮脂の過剰分泌などが原因となることが多いです。
まずは、頭皮の乾燥を防ぐための保湿ケアが必要です。

低刺激のシャンプーを選び、洗髪後は頭皮に合ったコンディショナーやトリートメントを使用しましょう。
また、頭皮マッサージを行うことで血行を促進し、かゆみの原因となる乾燥を予防できます。

さらに、頭皮の清潔を保つことも大切です。
日々の洗髪でしっかりと汚れや皮脂を洗い流しましょう。

薄毛が進行している場合の対策

薄毛の進行は、頭皮の環境が乱れていることが一因とされます。
頭皮の血行を良くするために、適度な運動やマッサージを取り入れることが効果的とされています。

また、食生活の見直しも必要です。
特に、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することで、髪の健康をサポートできます。

さらに、ストレスの軽減や十分な睡眠も薄毛対策には欠かせません。

炎症がある場合の対策

頭皮の炎症は、紫外線や外部刺激、アレルギーなどが原因となることがあります。
炎症を起こしている場合、頭皮に刺激を与えないように注意が必要です。

具体的には、強くこすらずに優しく洗髪する、高温のドライヤーを避ける、無香料・無着色のシャンプーを選ぶなどの工夫が求められます。
また、頭皮の炎症がひどい場合は、皮膚科医に相談することをおすすめします。

乾燥している場合の対策

頭皮の乾燥は、特に冬場に問題となることが多いです。

乾燥を防ぐためには、頭皮の保湿が欠かせません。
保湿成分が含まれたシャンプーやトリートメントを使用することで、頭皮の乾燥を予防できます。

また、頭皮マッサージを行うことで、血行を促進し、乾燥を防げます。
さらに、室内の湿度を適切に保つことも大切です。

皮脂の過剰分泌がある場合の対策

皮脂の過剰分泌は、頭皮のかゆみやフケの原因となることがあります。
皮脂の分泌を正常に保つためには、バランスの良い食生活や適度な運動が効果的とされています。

また、アルコールやスパイシーな食べ物は皮脂の分泌を促進するため、摂取を控えるようにしましょう。

さらに、頭皮の清潔を保つことで、皮脂の過剰分泌を予防することができます。
毎日の洗髪で頭皮の汚れや余分な皮脂をしっかりと洗い流しましょう。

関連記事

薄毛は、加齢や生活習慣などさまざまな原因で髪の毛が薄くなる状態です。特に中高年の男性に薄毛に悩む方が多く、若い世代でも将来的に薄毛になるのではないかと気にする方もいます。しかし薄毛は、気になるけどなかなか人には打ち明けにくい悩み[…]

頭皮が赤いのは病気?頭皮湿疹の可能性もある

頭皮湿疹のために頭皮が赤くなっていることもあります。
頭皮湿疹にはいくつかの原因となる病気があるので、説明していきます。

頭皮湿疹とは

頭皮湿疹とは、頭皮に湿疹ができて、痒みや痛み、赤いブツブツが生じる状態のことです。
頭皮湿疹が発症したら、放置せずに適切に対処することが必要です。

頭皮が赤くなる主な病気

頭皮が赤くなる病気には以下のようなものがあります。

接触皮膚炎

接触皮膚炎はアレルギー反応の一種で、原因となる物質に触れたところに赤みが生じます。
頭皮に合わないシャンプーやコンディショナー、整髪剤などが原因物質として考えられます。

皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂欠乏性皮膚炎は、頭皮のバリア機能が低下し乾燥することが原因で生じる炎症です。
皮脂欠乏性皮膚炎になると、赤みの他に頭皮が剥けたり、痒みが出ることがあります。
洗髪をしすぎて必要な皮脂まで落としてしまったり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていると頭皮が乾燥しやすくなるので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎

過剰な皮脂が原因で細菌が増え、炎症が起きるのが脂漏性皮膚炎です。
頭皮にフケのようなもので覆われた湿疹ができるのが特徴です。
赤みのある湿疹やベタついたフケがあれば、脂漏性皮膚炎が疑われます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的な炎症と湿疹が生じる病気です。
改善したり悪化したりを繰り返す湿疹が生じ、かゆみを伴います。
アレルギー体質や皮膚のバリア機能が低下している人が発症しやすい病気です。

毛嚢炎

毛穴の奥にある毛根を包む毛包に炎症が起きると、毛嚢炎になります。
毛嚢炎は黄色ブドウ球菌などの細菌感染が原因で引き起こされます。

蕁麻疹

蕁麻疹は、突然頭皮が赤く腫れ上がり、しばらく経つと消退する特徴を持つ皮膚疾患です。
蕁麻疹には、「急性蕁麻疹」と「慢性蕁麻疹」の二つの形態が存在します。

急性蕁麻疹は、細菌感染やウイルス感染が引き金となり発生します。
これはほぼ毎日起こる症状で、発症から1ヶ月以内のものを指します。
一方、慢性蕁麻疹は、症状が1ヶ月以上続くもので、これも日常的に発生しますが、原因が特定しにくいことが一般的です。

血管肉腫

「血管肉腫」という稀ながら非常に悪性度の高い癌は、頭皮の赤みの原因となる場合があります。
これは血管の内壁細胞が変異し、あざのような外観を持つ癌で、全身どこにでも発生する可能性がありますが、特に半数は皮膚に現れます。

最初は打撲傷のような赤紫色の痣として見えますが、時間が経つと広がり、肌の表面がジュクジュクと湿ったり、剥がれたりします。
このような症状が見られた場合、すぐに医療的な対応が必要で、早期の手術や放射線療法、抗がん剤治療が推奨されます。
単なる内出血と誤解して放置すると、深刻な健康問題に進行する可能性があるため、自己診断や自己治療は避けるべきです。

皮膚科の受診目安

以下のような症状がある場合は、病気の可能性が高くなります。

  • 頭皮が赤いだけでなく、痒みや痛みがある
  • 頭皮に赤くてジュクジュクした発疹がいくつもある
  • 頭皮の赤みに伴ってしこりやブツブツしたできものなどがある
  • 頭皮から出血したり、膿が出ている

当てはまるものがあれば、なるべく早く病院で診察を受けましょう。

関連記事

20代以上の男性の実に3人に1人はAGA(男性型脱毛症)と言われています。実際にそのような診断を受けていない人でも、誰にも打ち明けられずに悩んでいる人は多いとも言われています。悩んでいても、まだまだ自分は大丈夫、だと安心して[…]

健康な頭皮の色は赤くない!健康な頭皮ってどんな色?

頭皮の色合いは体調のバロメーターともなるので、ぜひ参照してみてください。

淡い色の頭皮

頭皮が淡い色をしている場合、それは血行が良好で頭皮が適切に保湿されているという証拠です。
この状態では、髪の毛に適量の栄養が供給され、髪の成長サイクルが正常に進行します。

くすんだ色の頭皮

頭皮がくすんだ色に見える場合、それは頭皮が酸化していて、水分保持能力が低下し、柔軟性が失われている可能性を示しています。

「活性酸素」が引き起こす酸化ストレスを防ぐために、抗酸化ケアを行うことが推奨されます。

鮮やかな赤色の頭皮

頭皮が鮮やかな赤色をしている場合、それは血行が悪くなっていたり、炎症が起こっている可能性があります。

この状態では、生活習慣の見直しや皮膚科での相談を考えてみてください。

これらの色を交通信号のように覚えると、「淡い色は安全、くすんだ色は注意、鮮やかな赤色は警戒」と理解しやすいでしょう。

赤ちゃんは頭皮が赤くなりやすい?

頭皮が赤くなるのは大人だけの問題ではありません。
赤ちゃんの肌は白くてスベスベという印象がありますが、実際はとてもデリケートでトラブルが起きやすいです。
赤ちゃんの肌は皮脂が少なく肌のバリア機能が未熟なので、頭皮も乾燥してカサカサしたり、炎症を起こして赤くなることがあります。
乳児脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの病気を防ぐためにも、毎日のスキンケアで保湿をしっかりすることが大切です。

頭皮に悩みを抱える人はどれくらい?

頭皮について悩んでいる方にとって、自分と同じように悩んでいる人がどれくらいいるのかということは気になる点ではないでしょうか。
2013年に行われた調査では、20歳〜69歳の男女2,000名のうち頭皮に関して悩みや気になることを抱えている人は7割でした。

(参考:「頭皮ケアに関する意識調査レポート」

悩みや気になることの内容としては、以下の事柄があげられています。

  • 抜け毛が多い
  • 髪が薄い
  • かゆみがある
  • 髪が細い・コシがない
  • 頭皮がべたつく
  • においが気になる
  • フケがでる

こうした悩みを抱えている人の中でも、約6割の人は何もケアや対策を行なっていないようです。
気になるところを放置していると、症状が悪化する場合もあるのでなるべく早く対策を行いましょう。

関連記事

薄毛や抜け毛の悩みを抱える人にとって、AGA治療はひとつの希望となる存在です。しかし、治療を受けた後に後悔する方もいるという事実があります。AGA治療を後悔する理由には、どのようなことがあるのでしょうか?本記事では、AG[…]

頭皮の赤みについてよくある質問|Q&A

頭皮の赤みに関するよくある質問についてまとめました。
参考にしてみてください。

頭皮が赤いです。どこの病院を受診すれば良いですか?

もし、日常生活の見直しや頭皮への刺激を避ける行動にも関わらず、頭皮の赤みがなくならない、または症状が次第に悪化している場合があるかもしれません。
そういった状況では、適切な治療を受けるために、なるべく早く皮膚科に行くことをお勧めします。

頭皮の赤みはありますが痛みはない場合、皮膚科に行くべきでしょうか?

頭皮が赤くなるものの、痛みが伴わない場合、それはライフスタイルの変化やストレスが引き金となっている可能性があります。
また、使用中のシャンプーや強い日差しによって頭皮が赤くなることも考えられます。

自分自身で症状の原因を特定できない、または症状が心配な場合、皮膚科にご相談いただくことを推奨します。

つむじ禿げの場合、頭皮は赤くなりますか?

もし頭皮の色が赤みを帯びている場合、それはつむじはげの一つの兆候かもしれません。
この赤さは、通常、炎症によるものです。毛穴が炎症を起こすと、それが髪の成長を阻害し、結果的につむじはげの原因となります。
さらに、つむじから生える髪の毛が細いという現象も、つむじはげの懸念材料となることがあります。

頭皮のかさぶたは自然に治りますか?

一般的に、頭皮の皮がめくれる症状は自然治癒することが多いです。

しかし、頭皮の皮がめくれる症状が慢性化すると、皮膚炎・脱毛・薄毛の原因となる可能性があるため、注意が必要です。

繰り返し皮がめくれる、または改善しないと感じる場合は、皮膚科を受診しましょう。

おすすめの医療脱毛クリニックの評判

頭皮が赤いまとめ

ここまで頭皮の赤みに関する情報をお伝えしてきました。
頭皮の赤みについての要点をまとめると以下のようになります。

  • 頭皮が赤くなるのは、頭皮の血行不良、紫外線の影響、炎症が主な原因である
  • 頭皮の赤みを抑えるためには、生活習慣や食生活の改善、日焼け対策、洗髪の見直しをする
  • 頭皮が赤いと薄毛のリスクや頭皮のかゆみ、フケなどの問題が引き起こされる

これらの情報が少しでも頭皮に悩みを抱えている方のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用