ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>転職>看護師が辞める理由とは?円満に辞めるための建前と伝え方を紹介!

看護師が辞める理由とは?円満に辞めるための建前と伝え方を紹介!

「看護師の仕事を辞めようか迷っている」
「退職するときには上司にどうやって報告したらいい?」

このように悩んでいる看護師の方もいるのではないでしょうか?
責任の重さや仕事の忙しさから、看護師の退職を考えることも多いでしょう。
しかし看護師の退職には、メリット・デメリットがあります。
また、退職する旨を職場に伝えることは、とても勇気のいることです。
そこで、本記事では退職を考えている看護師の方に向けて、以下の点を中心にご紹介します。

  • 看護師を辞める本当の理由9選
  • 看護師を辞めるメリット・デメリット
  • 辞めたいと思ったら準備すべきこと7選
  • 看護師を円満に辞めるための建前理由と伝え方

仕事が辛くて辞めたいけれど悩んでいる、上司への報告の仕方を知りたい看護師の方に参考となれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

看護師の離職状況

 

離職する看護師の数は増えており、多くの職場で看護師の人手不足が深刻になっています。
実際に、退職・転職の経験者はどれくらいいるのでしょうか?

看護師は離職率が高い

看護師は離職率が高いと言われています。

実際に厚生労働省が行った看護職員就業状況等実態調査(2013)によると、退職回数が0回なのは約4割という結果でした。

つまり約6割は退職・転職を経験しているということです。
そして6割の中には退職後、看護師自体を辞めて他の分野で働いているという人もいます。

看護師の多くは仕事を辞めたいと考えている

同じく、看護職員就業状況等実態調査(2013)によると、19.6%が「看護師以外として働きたい」と希望しています。

現在の職場以外で働きたいと考える理由は「休みがとれない」「他分野(看護師以外)への興味」などが見られます。

多忙な業務や仕事のプレッシャーなどが原因となり、辞めたいと考える看護師が多くいるということです。

出典:厚生労働省「看護職員就業状況等実態調査(2013)

スポンサーリンク

看護師を辞める本当の理由9選

では看護師を辞める時には、どのような理由があるのでしょうか?
実際に退職を決めた人の理由を9つ挙げましたので、ご覧ください。

同僚や上司とウマが合わない

辞める理由として多いのが、職場の人間関係です。
看護師の職場は女性が多く、女性特有の人間関係の複雑さが合わないと感じる人も多くいます。

一緒に働く人達の雰囲気は、仕事のやりやすさやモチベーションに直結します。
特に上司からのパワハラや過剰な指導、同僚の陰口やいじめに悩む場合は、退職を視野に入れたほうがいいでしょう。

残業や夜勤を含む長時間勤務が多い

看護師の仕事は激務ですが、人手不足で悩む職場も多いのが現状です。
そのため、日常的に残業があり、プライベートの時間に影響することも多いでしょう。

また、夜勤は看護師の人数が少なく業務負担が増えるため、体力的にきついのはもちろん、責任やプレッシャーを感じる場面もあります。

その結果心身ともに負担があれば、退職を考えることが増えます。

業務内容のわりに給料が安い

業務が多忙なのに、給料が安いと感じることも、退職を考える理由です。

急性期病院では、毎日多くの患者が入退院し、業務内容が多いところも多くあります。
それなのに給料が安いと、忙しさに見合っていないと感じることがあるでしょう。

また介護施設などは、看護師の数が少ないため一人にかかる業務負担が大きくなりやすいです。
しかし介護施設は病院に比べると、給料が安いところが多く、不満に感じることがあるでしょう。

休みが少ない、休みづらい

慢性的な人手不足で、希望の休みが取れない、休みの希望を上司に言いにくいと感じる場合もあるでしょう。

また日勤や夜勤を繰り返すと、心身ともに疲弊し看護師を辞めたいと考えるようになることも少なくありません。

プライベートが優先できないため、看護師を辞めたいという気持ちになるのもうなずけます。

やりがいを見失った

看護師としての仕事のやりがいを見失った時にも、退職を考えるでしょう。
働き始めて理想と現実が違った場合や、そもそも看護師としてやりがいを感じない場合に、多忙な看護師の仕事を辞めたいと感じるのは当然です。

目標や希望を持たずに働いていると、心身ともに疲労が増すこともあるでしょう。

キャリアを積みたい

キャリアアップを図りたいと考えた時にも、退職を考える看護師が多いです。

知識や技術を更に深めたい、看護師として様々な処置を経験したいなどの理由で、他の職場で働くことに興味を持つことがあります。
今の職場では、自分にとって最善ではないと感じる場合には、退職を視野に入れたほうが良いでしょう。

看護師に向いていないと気付いた

看護師は命にかかわる仕事のため、責任が重く、小さなミスが重大なアクシデントにつながることがあります。
そのような状況がプレッシャーになり、看護師に向いていないと感じることもあるでしょう。

特に経験の浅い看護師が、日々の業務に追われるうちに向いていないと感じることが多いです。

体や精神を壊した

看護師は立ち仕事が多く、時には患者の介助で力仕事が必要なこともあります。
そのため、足腰の痛みなど身体に支障をきたすことが多いです。

また、日勤・夜勤などで生活リズムが乱れやすく、十分に休みも貰えないことから精神的に不安定な状況となることもあるでしょう。

心身に影響がある状態で働き続けることに限界を感じ、退職を考える原因になります。

身内の介護や看護をすることになった

看護師の仕事をしながら、介護や看護をすることは体力的にも時間的にも難しいでしょう。
プライベートが確保しにくいため、介護や看護に専念するために退職を考えるという看護師も多いです。

また育児に専念したいという理由で、一旦看護師の仕事を離れたいと考え、退職に至ることもあります。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれ[…]

看護師を辞めるメリット

看護師を辞めることで、得られるメリットもあります。
現在の悩みを改善することができるものもあるでしょう。
詳しくご紹介します。

気持ちが楽になった

看護師を辞めることが決まると、気持ちが楽になります。
辛い人間関係や重いプレッシャーから逃れることができるため、精神的な負担から解放されるでしょう。

身体的に負担がなくなると、新しいことにチャレンジできるようになります。
また、心身ともに元気な状態でプライベートの時間を確保できると、充実した時間を過ごせるようになります。

健康になった

前述したように看護師の仕事は、生活リズムが不規則になるため、身体を壊す人もいます。
仕事を辞めると激務な毎日から解放されるため、休むことができ、体調が改善することもあるでしょう。

さらに人間関係のストレスもなくなるため、仕事のことで悩むことはなくなります。
今の職場で、体や精神を壊したという看護師は、一度今いる環境をリセットすることで、健康に戻れる可能性があります。

ストレスを感じなくなった

看護師の仕事は、ストレスを感じることが多いです。

人間関係だけでなく、患者や家族との関わり、重いプレッシャー、多忙な業務など、様々な要因が合わさって強いストレスになります。

看護師を辞めることで、ストレスの要因から解放されるため、ストレスを感じなくなるでしょう。

仕事へのやりがいが戻った

看護師の仕事を離れることで、仕事へのやりがいが戻ることがあります。
退職後、多忙な毎日から解放されるため、客観的に自分を振り返る時間ができます。

仕事のやりがいがなくなったのは、自分の心の余裕がなくなっているからかもしれません。
仕事を辞めて心身ともに休まると、心の余裕ができ、仕事へのやりがいを取り戻せるでしょう。

看護以外の仕事をして視野が広がる

看護師の仕事を離れて、別の仕事をすることで、人間的な成長が期待できます。

最初は不安になるかもしれませんが、看護師以外の仕事へ転職することで、別の業界の現状を知れるため、視野が広がります。
そのまま働き続けることもありますし、看護の仕事の魅力を再確認し、看護師の仕事へ再度転職するということもあるでしょう。

スポンサーリンク

看護師を辞めるデメリット

看護師を辞めるメリットがある一方で、デメリットもあります。
デメリットも理解したうえで、退職を決めることが望ましいでしょう。
具体的にご紹介します。

生活水準が下がる

看護師を辞めることで収入が減るため、生活水準が下がります。

心身ともに負担は大きいものの、夜勤は手当がつくため、他の職業に比べて看護師は給料が高いです。
そのため、他の職業に転職すると、ほとんどの場合は給料が下がります。

転職を決める際には、給料が下がることを踏まえて決断する必要があるでしょう。

また、収入の減少に備えて、生活費の見直し等も必要になります。

次の職場が良いところだとは限らない

看護師の仕事を離れても、転職先が理想の職場であるとは限りません。

看護師の多くは、看護以外の仕事は未経験であるため、新たな仕事も一から仕事を覚える必要があります。
そのため覚えることが多く、負担が大きくなってしまいます。

病院以外で働くことが初めての場合は、一般的な常識やマナーについても、振り返っておくと転職後の仕事に活かせるでしょう。

看護師としてのキャリアが途切れる

看護師の資格取得は簡単なことではありません。

別の仕事へ転職すると苦労して取得した看護師の資格は、活かせなくなります。
それでも看護以外の仕事がしたいという場合もありますが、看護師としてのキャリアが途切れることをしっかり理解しておく必要があるでしょう。

キャリアが途切れることが不安な場合は、病院以外で看護師としての転職先を探す、もしくは看護師の資格を活かした別の職業(ケアマネジャーなど)へ転職することもおすすめです。

せっかくの福利厚生を享受できない

看護師を辞めると、福利厚生を受けられなくなります。
福利厚生は職場によって様々です。

多くは短時間勤務制度や病院内に保育所が併設されているなど、育児や介護に配慮した制度があります。
一般企業よりもこれらの福利厚生は、手厚い場合が多いです。
そのため転職してから、十分な福利厚生を享受できないことに後悔することもあります。

転職する際には、転職先の福利厚生を事前に確認しておくことがおすすめです。

健達ねっとECサイト

看護師を辞めたいと思ったら準備すべきこと7選

看護師を辞めたいと考えても、すぐに辞められるわけではありません。
実際に退職するまでには、準備しておくべきことがあります。
ここからは準備しておくべきことを7つご紹介しますので、ご覧ください。

転職サイトを覗いて次の職場に目星を付ける

看護師を辞めたいと思ったら、転職サイトを見て、他の職場を探し始めましょう。
まずは今の職場に条件が近いところを調べ、業務内容や待遇を調べることがおすすめです。
転職サイトには多数の求人が載っているため、他の職場の待遇を詳しく知ることができます。
他の職場の待遇を知ることで、現在自分が置かれている状況を客観的に確認でき、転職すべきかを考えられるでしょう。

転職を経験したことがある同僚や友人に相談する

実際に転職を経験したことがある、同僚や友人に相談することもおすすめです。
経験者は退職や転職のメリット・デメリットを知っています。
初めて転職を考える場合、本当に転職すべきかを迷うことも多いでしょう。
そのため、経験者に事前に相談することで現在の職場の条件を客観的に見れ、転職可否の決断を後押ししてくれます。

就業規則を確認していつまでに退職したいか決める

退職を考え始めたら、職場の就業規則を確認しましょう。
就業規則には退職に関する一定の決まりが載っています。
退職の意思表示はいつまでにすべきか、退職金はどれくらい貰えるかが記載されているはずです。
円満に退職するためには、就業規則で定められている期間までに、退職の意思を伝えましょう。

辞める理由に矛盾がないようチェックする

実際は人間関係が辛くて辞めたい、仕事が嫌で辞めたいという理由であったとしても、率直に伝えると上司も良い気持ちはしません。
そのため、建前上の辞める理由を伝えることもあるでしょう。
ただし、明らかな嘘をつくのはおすすめできません。
建前上の理由を伝えるときには、現実離れした理由になっていないかを考えてから、上司に伝えましょう。

直属の上司に退職する旨と辞める理由を伝える練習をする

上司に退職する旨を伝えることは、とても負担に感じることです。
いつのタイミングでなんといえば良いかと悩むこともあるでしょう。
上司に報告する前に、辞める理由を端的かつ明確にしておく必要があります。
さらに、鏡や人に向かって退職意思を伝える練習もおすすめです。
事前に練習しておくと、実際に上司に伝えるときに落ち着いて自分の気持ちを伝えられます。

退職届を作成する

上司に退職の意思を伝えた後は、退職届を作成します。
職場へ退職届を提出をすると、基本的に撤回することはできません。
本当に退職でいいのかを考え、自分の意思がしっかり固まってから提出するようにしましょう。
また、上司に口頭で伝えた退職理由と退職届に記載する理由に齟齬がないよう留意しましょう。

引継ぎの必要があればその準備をする

退職届を提出して、すぐに退職できるわけではありません。
退職した後の後任者が決まっている場合には、引継ぎが必要なこともあります。
丁寧に自分の業務内容を引き継ぐためには、退職日の1か月前からスケジュールを組んで進められると良いでしょう。
そのためには、事前に引継ぎの準備をしておくことがおすすめです。

薬の使い方

看護師を円満に辞めるための建前理由と伝え方

退職の意思を伝えるときには、退職理由も伝える必要があります。
場合によっては、円満に辞めるために正直な理由を言わないほうがいいこともあるでしょう。
本音と建前を上手く使い分けることが必要です。

ここからは円満な退職におすすめの建前の理由をご紹介します。

円満退職におすすめな建前の理由

スキルアップのために別の場所へ行く必要がある

「自分のスキルアップのために退職したい」という理由は、上司も引き止めにくい理由です。

もっと医療処置を学びたい、〇〇科での経験を積みたいなど、今の職場ではできないことを理由にすると、引き止めようがありません。

それでも引き止められた場合は、看護師としてもっと成長したいとの意思をしっかり伝えることがおすすめです。
強い意思が伝われば、逆に応援してくれることもあるでしょう。

結婚、出産、育児などライフイベントに備えたい

ライフイベントでの退職も、引き止めにくい理由です。

結婚を控えている場合には「夫となる人が、結婚後は家を守ってほしいと言っている」
出産を控えている場合には「初めての出産・育児なので、しっかり腰を据えて備えたい」
育児を控えている場合には「子どもが小さいうちは家にいてあげたい」

このような理由であれば、個人の事情のため、職場も引き止めることが難しいでしょう。
実際には違ったとしても、お互いに嫌な気持ちとならない嘘なので、割り切って職場に伝えるようにしましょう。

配偶者が遠方に転勤することになった

「配偶者の転勤」も退職しやすい理由です。

配偶者が単身赴任を選ばない限りは、自身も引っ越す必要があります。
そうすると通勤できなくなるため、退職を選ばざるを得ず、上司も引き止められない理由となります。
やむを得ない理由であることから、円満に辞めることができるでしょう。

また、無理やり引き止められることがないため、精神的にも楽に退職を申し出ることができます。
上司との話し合いも、長引かず上手く切り抜けられるでしょう。

身内が病気にかかり世話が必要になった

身内の介護や看護を理由とすることも、退職を引き止めにくい理由です。

看護師の仕事をしながらでは、休みがとりにくいため、介護や看護に充てられる時間がなく、体力的にも辛く感じることがあるでしょう。
そのため、身内の介護や看護に専念したいという理由で退職を選ぶことは受け入れられやすい理由となります。

何度も使える理由ではありませんが、誰かを傷つけるものではないため、退職の際に伝えやすい理由です。

家の事情で引っ越すことになった

「引っ越し」もやむを得ない理由であるため、引き止めにくいです。

配偶者の転勤と同様に、引っ越しをして通勤できなくなればそもそも働けなくなるため、引き止めようがありません。
理由を何度も聞かれたり、無理に引き止められたりしないので、円満に退職しやすい理由となるでしょう。

しかし引っ越す予定がないのに引っ越すことを理由にするのは、要注意です。
なぜなら、プライベートで職場の同僚や上司と会ってしまう可能性があるためです。

事実と全く異なることを理由にするのは、リスクがあるのでやめておきましょう。

相手を納得させる理由を固めよう

円満に退職するためには、直属の上司を納得させられるような理由を伝えなければなりません。

上司が疑問を感じたり、納得できない理由だったりすると、引き止められる可能性が高いです。
そうなれば、退職の話し合いも長引いてしまうでしょう。

誰もがやむを得ないと感じ、引き止められないような理由であれば、スムーズに退職をすすめられます。

病院や上司を批判しない

退職を申し出るときには、病院や上司を批判しないように留意しましょう。

本来はネガティブな理由で退職を希望しているとしても、不満や不安を直接上司に伝えると話がこじれてしまう恐れがあります。

さらに「不満や不安を解消するので、退職は取りやめてほしい」と言われてしまう場合もあります。

スムーズに退職を進めるためには、本音と建前を使い分けて、報告するようにしましょう。

主語を「私」にする

退職を考える時には、人間関係が悪い、休みが少ないなどネガティブな理由を思い浮かべてしまうことが多いです。

職場の環境が良ければ、退職せずに済んだと考えてしまうこともあるでしょう。
ただし、退職を決めたのは他でもない自分です。

退職の理由は「私」がどうしたいかを伝えることが重要です。
「私」はもっとスキルアップしたい、ライフイベントに備えたいと真っすぐに伝えることで、上司にも強い思いが伝わるでしょう。

早すぎず遅すぎないタイミングを狙う

退職希望日の1か月半前までには、退職の意思を上司に伝えましょう。
退職するということは、今の職場に少なからず影響が出てしまいます。

そのため上司に報告するときには、丁寧にお詫びの気持ちを持って伝えることが重要です。
まずは「お時間を取っていただきありがとうございます」と伝え、端的に退職する旨とその理由を述べましょう。

また〇月〇日に退職させていただきますと明確に伝えることで、退職の意思が固まっていることが伝わりやすいです。

職場になるべく迷惑の掛からないタイミングに報告するよう心がけましょう。

看護師が辞める理由のまとめ

ここまで看護師が辞める理由や、看護師を辞めるメリット・デメリット、円満な辞め方についてお伝えしてきました。
看護師が辞める理由や、円満な辞め方をまとめると以下の通りです。

  • 看護師が辞める本当の理由は「人間関係」や「心身の不調」、「仕事への負担の大きさ」などが多い
  • 看護師を辞めるメリットは「ストレスを感じなくなる」、「看護以外の仕事を経験できる」などがある
  • 看護師を辞めるデメリットは「生活水準が下がる」「十分な福利厚生が受けられなくなる可能性がある」などがある
  • 看護師を辞めたいと思ったら、丁寧に準備をして退職の意思を伝える
  • 円満に辞めるためには、本音と建前を使い分けて退職理由を伝え、職場になるべく迷惑が掛からないようなタイミングで報告する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク