ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>更年期>更年期になると太るのはなぜ?太る理由やダイエット方法を紹介

更年期になると太るのはなぜ?太る理由やダイエット方法を紹介

更年期になると太るといわれることがあります。
また、更年期に痩せ過ぎてもよくありません。

そもそも更年期とはどういう期間をいうのでしょうか?
また、更年期にはどんなダイエットを行うのが効果的なのでしょうか?

本記事では更年期に太ることについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 更年期とは
  • 更年期に太る理由とは
  • 更年期に効果的なダイエット方法とは

更年期に太る原因と対策について理解してもらうためにも参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

更年期とは


更年期とは、
閉経の時期を挟んだ前後10年間の時期(45歳から55歳)のことです。
女性は、一般的に50歳で閉経を迎えるケースが多いのが特徴です。

更年期の症状は人にもよりますが、加齢とともにあらわれやすくなります。
さまざまな症状が出る具体的な原因は下記のとおりです。

  • エストロゲンの減少
  • 仕事や家庭環境などの心理的要因
  • 卵巣の機能の低下
  • 月経の乱れ

上記のように、体に色々な不調が出るケースがあります。

更年期の始まりとしては、月経の乱れが1つの目安です。

  • 月経周期がバラバラ
  • 月経の持続日数が短くなったり長くなったりする
  • 月経量が変化する

上記のように月経の変化がある場合、更年期が始まった可能性があります。
月経不順の原因は他にも考えられますが、不安な方は婦人科を受診するといいでしょう。

スポンサーリンク

更年期に太る理由


体質や生活習慣の変化とともに、更年期に太ることがあります。
ここからは、更年期に太る理由について具体的に解説していきます。

加齢に伴う筋肉量の低下

更年期に太る理由は、加齢によって筋肉量が低下しやすいからです。
筋肉量が減ると太りやすくなる原因として、基礎代謝量の低下があげられます。

基礎代謝量とは、人が何もしていない状態で消費されるカロリー量のことをいいます。
つまり、基礎代謝量が高いほど太る可能性が低くなります。
女性の基礎代謝量と年代の関係をあらわす表は下記のとおりです。

年代基礎代謝量
5〜17歳1310
18〜29歳1110
30〜49歳1150
50〜69歳1100
70歳以上1020

出典:厚生労働省【加齢とエネルギー代謝 | e-ヘルスネット】

上記の表の通り、年齢が上がるにつれて基礎代謝量は下がる傾向にあることがわかります。
筋肉量が低下する原因として、筋肉を構成する筋繊維の減少があげられます。

筋繊維が減少すると筋繊維が萎縮するため、筋肉量が減るわけです。
つまり、加齢による筋繊維の収縮が筋肉量の減少に関わっています。

女性ホルモンの低下

更年期に入ると女性ホルモンが低下しやすいので、太る原因となります。
女性ホルモンの中で、脂質代謝に関係があるのがエストロゲンです。

閉経後にエストロゲンの活動が弱まると悪玉コレステロールが増えやすくなります。
すると、内蔵型肥満になる可能性が高くなります。
内蔵型肥満になると、食生活などに原因があると考える方は多いでしょう。

しかし、更年期ではエストロゲンの分泌量が関係しているケースがあります。
エストロゲンの分泌が少なくなると、体は皮下脂肪を使って生成しようとします。
すると、お腹や腰の辺りの脂肪がつきやすくなるわけです。

エストロゲンは、分泌が0になると内臓脂肪がつきやすくなるのが特徴です。
本来エストロゲンは「抗肥満ホルモン」のレプチンに作用し食欲を抑えることができます。

レプチンとは、脂肪細胞から分泌され脳の満腹中枢に働きかける作用があります。
すると、食欲を抑えることができるという仕組みです。

つまり、エストロゲンの減少によって満腹感を感じにくくなる可能性があります。
結果として、更年期に太りやすくなるわけです。

更年期障害による自律神経の乱れ

更年期に太りやすくなる原因は、更年期障害から来る自律神経の乱れです。
自律神経とは、体温調整や代謝、呼吸など体の働きを24時間管理している神経をいいます。

自律神経は以下の2つに分けることができます。

  • 交感神経
  • 副交感神経

交感神経とは、日中活動しているときに優位になる神経のことです。

前述の通り、満腹中枢に働きかけるレプチンは交感神経も刺激するのが特徴です。
すると、交感神経から下記のホルモンが分泌されます。

  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン

上記のホルモンは脂肪の燃焼に関わりがあるので、太りにくくなります。
しかし、自律神経の働きが乱れると脂肪燃焼効果が機能しにくくなるわけです。
結果として、消費されるエネルギー量が減り太りやすくなります。

また、自律神経が乱れると
イライラしやすくなる傾向にあります。
すると、下記行動に走りやすくなるといわれています。

  • 甘いものを食べたくなる
  • 食欲にムラがある
  • 食べすぎる

上記のように、イライラが原因で太るケースがあるので注意が必要です。
更年期障害の対策法としては、食事法など正しい知識を学んでおくことが重要です。

運動不足

運動不足によって、更年期に太りやすくなります。
加齢に伴って疲れやすくなることから、中には運動を避ける方もいるでしょう。

しかし、運動する習慣がないと更年期による男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
すると、太りやすくなるので要注意です。

近年では、運動によるさまざまな健康効果が実証されてきています。

  • 骨密度を上昇させ、骨粗しょう症を予防する
  • 肥満予防と肥満に関連する疾患のリスクを低減する
  • 心理的な不調を解消しやすくなる

上記のように、運動には肥満や骨粗しょう症の予防が可能です。
また、更年期特有のメンタルヘルス改善にも効果が期待できます。

更年期におすすめのダイエット方法


更年期のダイエットは、体にムリをかけすぎないように注意することがポイントです。
ここから、更年期の方におすすめのダイエット法を具体的に解説します。

有酸素運動をする

更年期の女性におすすめのダイエット法は、軽い有酸素運動です。
理由として、体に負荷がかかりにくく、継続しやすい運動が有酸素運動だからです。

有酸素運動は、内臓脂肪を減らすために効果的な運動になります。
有酸素運動の特徴は、皮下脂肪よりも先に内臓脂肪が燃焼する点にあります。

有酸素運動は、具体的に下記のとおりです。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • ヨガ
  • スイミングなど

上記のうち、特に取り組みやすい有酸素運動としてウォーキングがあげられます。

ウォーキングの効果は具体的に下記のとおりです。

  • 脂肪燃焼
  • リラックス効果
  • イライラなどの症状を抑える

上記のように、ウォーキングにより痩せやすくなったり、精神的にもいい影響があったりします。

ウォーキングの他に、ヨガも実践したい習慣の1つです。
ヨガは天候に関係なく、自宅で取り組める点が特徴になります。
また、目的に応じてさまざまなポーズがあるので、効果を実感しやすいでしょう。
ヨガのメリットは具体的に下記のとおりです。

  • ストレス軽減
  • 抗うつ症の予防など

有酸素運動の目安としては、1日30分程度の運動を1週間で150分くらい行うことをお勧めします。
習慣化することが重要なポイントなので、特に最初は無理せずに行うといいでしょう。

食生活を改善する

更年期の女性におすすめのダイエット法は、食生活の見直しになります。
理由として、食生活と体重には大きな関係があるからです。

更年期の女性に限った話ではありませんが、食事を摂る上で大切な点は下記の通りです。

  • バランスの良い食事を摂る
  • 消化吸収が遅い食品から食べる
  • 3食ゆっくりと食べる

上記の点をおさえることによって、肥満を予防することができます。

食事では、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取することが大事です。
特にタンパク質は、更年期の女性に不足しがちな栄養素の1つです。

タンパク質が吸収されて筋肉やホルモンが生成されるので、体に不可欠な栄養素です。
そのため、大豆製品や卵、鶏肉などを積極的に食べるといいでしょう。

また、大豆には大豆イソフラボンが含まれています。
大豆イソフラボンとは、植物エストロゲンともいわれているのが特徴です。
エストロゲンに似た働きがあり、更年期症状改善に効果が期待されます。

また、食事では食べる順番によって糖質の吸収速度が変わってきます。
そのため、下記の順番で食事をするといいです。

  • 食物繊維(野菜など)
  • タンパク質(肉・魚)
  • 炭水化物(ご飯・パン)
  • 糖(スイーツ)

糖の吸収速度を押さえることで、血糖値の急上昇を抑えやすくなります。
そのため、肥満予防に効果的です。

さらに、肥満予防には3食ゆっくりと噛んで食べることもポイントになります。
3食食べたほうがいいのは、食事を抜くと次の食事で血糖値が急上昇しやすいからです。
そのため、1日3食食べる習慣を持つといいでしょう。

また、ドカ食いをすることで、血糖値の急上昇を招きやすくなります。
ゆっくりと噛んで食べると満腹中枢が刺激されるので、食べる量を抑えることが出来ます。
消化にもいい影響があるので、ゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。

私生活を改善する

更年期の女性におすすめのダイエット法は、私生活を改善することです。
私生活の改善とは、具体的には下記のことをいいます。

  • 睡眠の質を向上させる
  • ストレスをコントロールする
  • ストレッチをする

上記の行動を実践すれば、自律神経を整えることができるため、ダイエットに効果的です。

前述の通り、自律神経が乱れるとイライラして食べ過ぎる原因になります。
日頃から自律神経を整えることを意識して生活をしましょう。

自律神経を整えるために有効なのは、良質な睡眠です。
睡眠の質をあげれば、自律神経も整いやすくなるといわれています。

睡眠の質を上げるために効果的なのは、具体的に下記の通りです。

  • 朝起きたらカーテンを開けて陽の光を浴びる
  • 寝る60分前にスマホやPCを操作しない
  • 寝る90分前に入浴するなど
  • 自分の体に合う寝具を使う

また、ストレスを軽減させる上で効果的なのは5感を満たすことです。

  • リラックする音楽を聞く
  • アロマを焚く
  • 自然の風景を見る
  • 好きな人と抱き合う
  • 体によくておいしい食事を食べるなど

さらに、ストレッチも自律神経を整えるために効果的になります。
特に、一日中座りっぱなしの方は血流が悪くなりやすいので要注意です。

適度に休憩を取り、軽いストレッチを取り入れるようにするといいでしょう。
また、朝起きたときや寝る前にストレッチをするのも効果的です。

サプリや漢方薬を試す

サプリや漢方薬などを飲むこともダイエット法としてお勧めしています。
なぜなら、サプリや漢方薬が更年期特有の悩みに効くケースがあるからです。

漢方薬で特におすすめなのは、具体的に下記の通りです。

  • 加味逍遥散
  • 防風通聖散
  • 防已黄耆湯

加味逍遥散とは、血流を良くする生薬などが配合されている漢方薬のことをいいます。
血液循環をよくし、ホルモンバランスをコントロールしてくれる働きがあります。
イライラや不眠症などの更年期の神経症状に効果的です。

防風通聖散とは、脂肪燃焼効果が期待される漢方薬です。
日頃から運動していて、脂肪を効果的に燃焼したいという方に向いています。

防已黄耆湯は、ぽっちゃり体型で水分代謝の低い方に合いやすい漢方薬です。
防風通聖散と同様に、運動と組み合わせることで効果を実感しやすくなります。

また、サプリメントを服用することもダイエットには効果的です。
前述の通り、更年期の女性は大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。

そこで、普段の食事でなかなか摂りにくいという方は、サプリがおすすめになります。
大豆イソフラボンが配合されているサプリで手軽に栄養を補給できます。
ただし、サプリや漢方薬はあくまでも補助的な役割だと考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

なかなか痩せられない方におすすめ!メディカルダイエットとは?

ダイエットに挑戦しても、なかなか結果が出ないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、オンラインのメディカルダイエットです。
オンラインのメディカルダイエットでは、内服薬や注射を使用する場合があります。

オンラインのメディカルダイエットとは

オンラインのメディカルダイエットとは、インターネットを通じて医師や栄養士などの専門家と連絡を取りながら、個人に合わせたダイエットプランを提供してもらう方法です。

オンラインのメディカルダイエットの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 内服薬や注射を用いて、代謝を上げたり、食欲を抑えたりすることができる
  • オンラインで相談や指導を受けられるので、通院の手間や時間が省ける
  • 専門家によるサポートを受けられるので、安全かつ効果的にダイエットできる

オンラインのメディカルダイエットでは、以下のような流れで進められます。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインでカウンセリング

まずは、オンラインで専門家とカウンセリングを行います。
現在の体重や体脂肪率、食生活や運動習慣などを伝えます。
また、ダイエットの目標や期限、希望する方法なども相談します。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインで診察

次に、オンラインで医師に診察を受けます。
健康状態や病歴などを確認し、必要に応じて血液検査などの検査を受けます。
また、内服薬や注射を使用する場合は、処方箋を発行してもらいます。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインで指導

最後に、オンラインで専門家から指導を受けます。
ダイエットプランや食事メニュー、運動プログラムなどを提供してもらいます。
また、定期的にオンラインで体重や体脂肪率などの測定や報告を行い、フィードバックやアドバイスを受けます。

オンラインのメディカルダイエットでは、内服薬や注射を用いて、ダイエットをサポートする場合があります。
内服薬や注射には、様々な種類がありますが、その中でも、最近注目されているのが、GLP-1という物質です。

GLP-1って?

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド1というホルモンのことです。
GLP-1は、食事を摂ると腸から分泌されるホルモンで、以下のような効果があります。

  • インスリンの分泌を促進することで、血糖値を下げる
  • 胃の動きを遅らせることで、満腹感を持続させる
  • 脳に作用することで、食欲を抑える

GLP-1は、ダイエットに有効なホルモンと言えますが、残念ながら、自然に分泌されるGLP-1は、非常に短い時間で分解されてしまいます。
そのため、GLP-1の効果を長く持続させるためには、GLP-1アナログという人工的に作られたGLP-1を内服薬や注射で摂取する必要があります。

GLP-1アナログは、日本では糖尿病の治療薬として承認されていますが、肥満の治療薬としても使用されています。

オンラインメディカルダイエットのデメリット

オンラインメディカルダイエットには、以下のようなデメリットがあります。

費用がかかる

オンラインメディカルダイエットのサービスは、無料で提供されているものもありますが、多くの場合は有料です。
サービスの内容や期間によって、料金は異なりますが、一般的には数千円から数万円程度かかります。

また、オンライン診療やオンライン栄養指導では、検査やサプリメントなどの追加費用も発生する場合があります。

コミュニケーションが不十分になる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家とオンラインでコミュニケーションを行いますが、オンラインでのコミュニケーションは、対面でのコミュニケーションに比べて、表情や声のトーン、ボディランゲージなどの非言語的な情報が伝わりにくいです。

そのため、オンラインでのコミュニケーションでは、相手の感情や意図を正しく理解できない場合や、信頼感や親近感が生まれにくい場合があります。

自己管理が必要になる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家からアドバイスやサポートを受けますが、最終的には自分でダイエットプランを実践する必要があります。
そのため、オンラインメディカルダイエットでは、自分で自分のダイエットの進捗や効果を管理し、問題や困難に対処する能力が必要になります。

オンラインメディカルダイエットでは、専門家や他のダイエット仲間からのサポートはありますが、自分の意志や責任がなければ、ダイエットを継続することは難しいです。

オンラインメディカルダイエットのメリット

オンラインメディカルダイエットには、以下のようなメリットがあります。

時間や場所に制限されない

オンラインメディカルダイエットでは、インターネットがあれば、いつでもどこでも専門家とコミュニケーションを行うことができます
そのため、忙しい人や遠方に住む人でも、ダイエットに関する専門的なアドバイスやサポートを受けることができます。

また、オンラインメディカルダイエットでは、自分の都合に合わせて、コミュニケーションの方法や時間帯を設定することができます。

個人に合わせたダイエットプランを作成できる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家とオンラインでコミュニケーションを行うことで、自分の健康状態や目標、好みなどに合わせたダイエットプランを作成することができます。

オンラインメディカルダイエットでは、一般的なダイエット方法ではなく、自分に適切なダイエット方法を選ぶことができます。
また、オンラインメディカルダイエットでは、ダイエットの進捗や効果に応じて、ダイエットプランを柔軟に変更することができます。

専門的なアドバイスやサポートを受けられる

オンラインメディカルダイエットでは、医師や栄養士、コーチなどの専門家とオンラインでコミュニケーションを行うことで、ダイエットに関する専門的なアドバイスやサポートを受けることができます

オンラインメディカルダイエットでは、ダイエットの方法や食事・運動の指導だけでなく、ダイエットに対するモチベーションや意識、習慣などの改善もサポートしてもらうことができます。
また、オンラインメディカルダイエットでは、他のダイエット仲間ともオンラインで交流を行うことで、情報交換や励まし合いを行うことができます。

オンラインでのメディカルダイエットについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

ダイエットは多くの人々が取り組んでいる課題であり、その方法は様々です。最近ではオンライン診療を利用したダイエットが注目を集めています。オンライン診療を利用すると、自宅からでも医師のアドバイスを受けられ、自分に合ったダイエット方法[…]

健達ねっとECサイト

ダイエットオンライン診療おすすめクリニック3選

ダイエットをサポートするオンライン診療の中から、おすすめの3つをご紹介します。自宅で手軽に受けられる、効果的なダイエットプログラムを提供しています。

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

  • 24時間診療に対応
  • 診療から処方までオンラインで完結
  • らくらく定期便でお得に継続

DMMオンラインクリニックはDMMグループが運営するオンライン診療サービスです。
DMMオンラインクリニックは24時間オンライン診療に対応しています。
予約の空きがあれば当日の診療も可能です。
また、診察は初診・再診ともに0円で受けられます。

経口GLP-1は月8,228円〜25,058円から始められます。
3mg、7mg、14mgプランがあり、自身の現状に合わせて選択できます。
定期配送にも対応しています。
定期配送では割引を受けられるほか、継続しやすい環境を整えられます。

DMMオンラインクリニックがおすすめな人

DMMオンラインクリニックが特におすすめなのは、時間や場所に制限されたくないです。
遠隔地に住んでいる人や、忙しい日常を送っている人には非常に便利なサービスと言えるでしょう。
最短当日到着のサービスがあるため、急いで治療を始めたい人にもおすすめですです。

また、注射が怖いと感じる人や、運動や食事制限が難しいと感じる人からもDMMオンラインクリニックは好評です。

特定の専門医に診てもらいたいにも、多数の医師が在籍しているためおすすめできます。

DMMオンラインクリニックのプラン詳細

プラン料金(月額)内訳お試しプラン(15日分)
メディカルダイエット3mgプラン8,228円リベルサス(3mg)/30錠
メディカルダイエット7mg移行プラン15,180円リベルサス(3mg)/10錠リベルサス(7mg)/20錠
メディカルダイエット14mgプラン15,708円リベルサス(14mg)/30錠
脂肪燃焼プラン5,588円防風通聖散/90
包防已黄耆湯/90包
大柴胡湯/60包
※いずれか1つ
3,520円
糖質カットプラン15,180円ジャディアンス/30錠5,478円
内服バランスプラン3,828円シナール/30錠
ビタノイリン/90錠
ハイチオール錠(80mg)/90錠
2,640円
脂肪吸収抑制プラン6,248円オルリファストカプセル(120mg)/30カプセル3,630円
ダイエットサプリプラン8,448円BBX/30錠4,983円

DMMオンラインクリニックのメリット

DMMオンラインクリニックの最大のメリットは、その利便性にあります。
スマートフォンやパソコンから簡単にアクセスでき、診察から処方箋の発行までをオンラインで完結できるのです。

専門の医師が多数在籍しており、多様な医療ニーズに対応可能です。
さらに、24時間365日のサポートがあり、急な健康問題にも柔軟に対応できる点が高く評価されています。

また、DMMオンラインクリニックは、特に「GLP-1メディカルダイエット」に注力しています。
このダイエットプランは、飲み薬「リベルサス錠」を使用することで、注射器の必要がなく、注射が怖いと感じる人にもおすすめです。

さらに、価格も手頃で、最短当日到着のサービスも提供しています。

DMMオンラインクリニックの評判

DMMオンラインクリニックの評判は一般的に良好です。
特に、忙しいビジネスパーソンや地方に住んでいる人々からは、その便利性と効率性が高く評価されています

しかし、サービスの質や費用については個々の感じ方によるため、一概に全ての人におすすめできるわけではありません。

また、多くのユーザーから「運動不要、食事制限不要」といった高評価も受けています。
しかし、副作用として吐き気や胸やけ、下痢などが報告されているため、使用する際は十分な注意が必要です。

ご予約はこちら
DMMオンラインクリニック

clinicfor

clinicforが選ばれる理由

  • GLP-1は内服薬だけでなく注射薬にも対応
  • 当日診療に対応
  • 薬は最短翌日にお届け

clinicforは医療法人社団エムズが運営するオンライン診療から対面診療にも対応するクリニックです。
clinicforのGLP-1は内服薬プランと注射薬プランから選択できます。
内服薬は月9,350円〜から始められます。
定期配送を選択すると15%OFF割引を受けられます。

注射プランは24,750円〜始められます。
3本セットで購入すると15%OFF割引を受けられます。
内服薬は毎日摂取しますが、注射薬は週1回で自己注射を行います。

最短翌日のお届けに対応しています。
支払いはクレジットカードほか、コンビニ・LINE Payなどで可能です。

clinicforのプラン詳細

プラン料金(月額)内訳トライアルプラン(2週間分)
GLP-1毎日服用プラン3mg/9,350円
7mg/18,700円
14mg/30,885円
リベルサス(内服薬)
GLP-1効果重視プラン3mg/24,310円
7mg/33,660円
14mg/45,815円
リベルサス(内服薬)ルセフィ
GLP-1週1回投与プラン3本/63,112円オゼンピック(注射薬)
脂肪燃焼漢方プラン5,591円防風通聖散4,378円
糖質カットプランルセフィ10,428円
内服バランスプラン防風通聖散ルセフィ14,278円
ご予約はこちらから
clinic for

eLife

eLifeが選ばれる理由

  • 錠剤タイプと注射タイプのGLP-1を提供
  • 診療代および送料が無料
  • 2か月目以降のキャンセルは無料

eLifeはeLife株式会社が運営するオンライン処方に特化したメディカルプラットフォームです。
eLifeは錠剤タイプと注射タイプのGLP-1を提供しています。

錠剤タイプは3mg、7mg、14mgから選択できます。
注射タイプは1本〜3本から選択できます。

eLifeの診療は無料で受けられます。
全国どこでも送料は無料です。
また、2か月目以降のキャンセルはいつでも無料です。

お薬代以外料金がかからない、不要な縛りがない点がeLifeの魅力です。

eLifeがおすすめな人

eLifeは特に、健康を意識したダイエットをしたい人や、食事制限や運動の習慣がなく、専門家の指導を受けながらダイエットしたい人におすすめです。

また、長期的な健康的なライフスタイルを目指している人にも適しています。

eLifeのプラン詳細

プラン料金内訳
錠剤タイプ3mg/14,900円
7mg/24,900円
14mg/39,800円
リベルサス/30錠
注射タイプ1本/17,800円
2本/34,800円
3本/51,600円
サクセ

eLifeのメリット

eLifeの最大のメリットは、医学的根拠に基づいた治療が受けられることです。
特に、ダイエットに関する治療では、医師が処方するお薬によって効率的に体重を減らすことが可能です。

また、診療時間が年中無休で朝7時から夜10時までと非常に広く、忙しい人でも受診しやすいのが特長です。

eLifeの評判

eLifeは多くの口コミサイトで高評価を受けています。
特に、専門的な指導と個別対応により、健康的に痩せることができると評価されています。

また、トレーナーの対応も好評で、利用者の不安を解消することができるという点も評価されています。
ただし、指導内容が個人差があり、全員に適したプログラムではないという点も考慮する必要があります。

ご予約はこちらから
eLife
薬の使い方

更年期太りはいつまで続くの?


更年期太りは人にもよりますが、一般的に
50代後半くらいで落ち着く傾向にあります。
更年期太りが終わるタイミングに特に関係するのは「エストロゲン」です。

更年期に入ると、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが減少し始めます。
プロゲステロンとは排卵後に分泌され、黄体ホルモンともいわれています。

更年期の女性の場合、基本的にプロゲステロンが先に減少し始めるのが特徴です。
エストロゲンの割合が増えることで、むくみや体重増加の原因となります。

また、エストロゲンの割合が多い状態を「エストロゲン優勢」といいます。
そして、エストロゲン優勢が解消された状態を更年期太りの終わりだと考えられます。

ただし、更年期太りを期間で考えるのはあまり賢明だとはいえません。
前述の通り、更年期太りは食習慣や運動習慣と密接な関係を持っているのが特徴です。

そのため、生活習慣を改めないことにはいつまで経っても更年期太りが改善しません。
すると、更年期太りが長引くことになり、中には70歳を超えて悩む方もいます。

更年期の痩せすぎも心配


更年期の女性の場合、体重が増えたりと、体に悪い影響を及ぼしやすいのが特徴です。
ですが、痩せすぎもまた体にとってはよくありません。

理由として、下記の症状になっている可能性があるからです。

  • 自律神経の乱れ
  • 甲状腺機能亢進症
  • 消化器疾患
  • うつ病

上記の症状になると、食欲不振になったり食欲があっても体重が減るケースがあります。
よって、急激な体重減少が起こっている場合、注意が必要です。

特に、健康的な方法で痩せていない場合、疾病にかかりやすくなります。
そのため、食欲があるのに急激に痩せた場合、専門機関で相談するのも一つの方法です。

また、急激な体重減少の予防としてバランスの良い食生活が有効になります。
理由として、食事を抜いたり偏った食材を食べたりすると体重減少の原因になるからです。
3食とも栄養のある食事を心がけるといいでしょう。

さらに、更年期の女性が気をつけたいのが骨粗しょう症です。
骨粗しょう症とは骨がもろくなる病気のことで、転んだだけで骨折するケースもあります。

十分な栄養が取れずに痩せすぎると、骨量が減ってしまう可能性が高いです。
そのため食事では、カルシウムを中心としたバランスの良い食事が求められます。

スポンサーリンク

男性でも更年期太りはある?


男性も更年期太りになる場合があります。
男性の更年期太りに大きな影響を与えるのは、男性ホルモンのテストステロンです。

テストステロンとは、精巣で生成される男性ホルモンの一種です。
テストステロンには、筋肉の維持と成長をサポートする働きがあります。
テストステロンが減ると筋肉量が減り、基礎代謝も落ちやすくなります。

結果として、更年期に太りやすくなるわけです。
また、アメリカで行われた研究でも、下記の結果がわかっています。

  • テストステロンが低い方はメタボリックシンドロームに3倍なりやすい
  • テストステロンが低い方は死亡リスクが30%高い

つまり、更年期の肥満を予防するにはテストステロンを増やすことが重要だといえます。

テストステロンを増やすための生活習慣は、具体的に下記の通りです。

  • 筋トレを行う
  • 良質な睡眠をとる
  • タンパク質をしっかり摂取する
  • 背筋を伸ばして生活する
  • 日光を浴びる

上記の行動を習慣化すれば、テストステロンが増えていく可能性があります。

スポンサーリンク

更年期のBMI指数

厚生労働省によると、男性の場合は更年期に最もBMIが高くなりやすい点が特徴です。
BMIとは体重と身長から算出され、肥満度をあらわす指数として国際的に使われています。

男性のBMIの数値をあらわす表は、下記の通りです。

男性の年代BMI
20歳から29歳23.1
30歳から39歳29.4
40歳から49歳39.7
50歳から59歳39.2
60歳から69歳35.4

出典:厚生労働省【令和元年国民健康・栄養調査結果の概要】

上記のように、更年期の男性は最も肥満の割合が高いことがわかります。
肥満になると、生活習慣病のリスクが高まるので注意が必要です。

注意すべき生活習慣病とは、具体的に下記の通りです。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症

上記の症状が悪化すると、動脈硬化などの病気に発展する可能性があります。

スポンサーリンク

更年期は太るまとめ


ここまで更年期に太る理由や対策方法について解説してきました。
更年期に太る理由や対策方法をまとめると以下のとおりです。

  • 更年期とは、閉経の時期を挟んだ前後10年間(45歳から55歳)
  • 更年期に太る理由は、筋肉量の低下や女性ホルモンの低下など
  • 更年期に効果的なダイエット方法は、有酸素運動や食生活の改善など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク