ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>生活習慣病>血糖値の眠気を放置するとどうなる?対策方法について徹底紹介!

血糖値の眠気を放置するとどうなる?対策方法について徹底紹介!

食後に眠くなるのは、生理現象と思われています。
しかし実は、食後の眠気は血糖値の乱高下によって起こっている場合もあります。

血糖値と眠気の関係とは、どのようなものなのでしょうか。
また、血糖値の変動による眠気にはどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか。

本記事では、血糖値と眠気について以下の点を中心にご紹介します。

  • 血糖値による眠気
  • 血糖値の変動による眠気を放置するリスク
  • 血糖値の変動による眠気を予防する方法

血糖値と眠気について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

血糖値とは

血糖値とは、血液中のブドウ糖の量を示した数値です。
血糖値が高すぎる状態は、糖尿病と呼ばれます。

反対に血糖値が低すぎる場合は低血糖と呼ばれます。
糖尿病には、様々な合併症のリスクが伴います。
出典:厚生労働省【血糖値 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

スポンサーリンク

血糖値と眠気の原因

血糖値が変動すると、眠気が生じることがあります
たとえば、昼食後に強烈な眠気に襲われたという経験をお持ちの方も多いでしょう。

なぜ、血糖値が変動すると眠気が出やすいのでしょうか。
ここからは、血糖値と眠気の関係について解説していきます。

明確な原因はわかっていない

血糖値の変動がなぜ眠気をもたらすのか、明確な原因は分かっていません。
一説では、食後の眠気の原因としてインターロイキンが指摘されています。

インターロイキンとは、生理活性タンパク質の1種です。
インターロイキンが分泌されると、気怠さや眠気を感じることがあります。

インターロイキンは、糖分・脂肪分の多い食事を摂ると大量に分泌されやすくなります
結果として、食後に眠気に襲われることがあります。

もう1つの説として、消化が指摘されています。
食後は、消化のために血液が胃腸に集中します。
すると脳に十分な血液が回らなくなるため、ボーッとしたり眠気を感じたりすることがあります。

糖尿病の可能性

食後に眠気に襲われる場合、原因として糖尿病が疑われます。
今はまだ糖尿病でなくても、今後糖尿病になる可能性が高い場合もあります。

糖尿病を疑う理由として、血糖値が下がりにくくなっている可能性が挙げられます。
食後は誰でも血糖値が一時的に上がります。
そのため、健常な方でも食後に眠気を催すことはよくあります。

食後に上昇した血糖値は、時間の経過と共にゆっくり下降するのが一般的です。
一方、糖尿病の方や糖尿病予備軍の方は、食後の高血糖状態が長く続きます。
理由は、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の働きが悪くなっているためです。

高血糖状態のときは眠気を感じやすくなります。
理由は、覚醒を促す「オレキシン」というホルモンの分泌が止まるためです。

糖尿病・糖尿病予備軍の方は、食後の高血糖状態が長く続きます。
つまりオレキシンの分泌も長い時間抑制されるため、健常者の方に比べると眠気を強く感じやすいのです。

血糖値スパイクが原因の可能性

食後の眠気の原因は、血糖値スパイクの可能性があります。
血糖値スパイクとは、食後の血糖値がジェットコースターのように乱高下する状態です。

食後に血糖値が上がるのは、一般的な生理現象です。
しかし血糖値スパイクでは、通常よりも急激に血糖値が上昇します。

血糖値が急激に上がると、インスリンが盛んに分泌されます。
インスリンが大量に分泌されると、今度は血糖値が急激に低下します。
結果として、血糖値の乱高下が起こるというわけです。

血糖値が急降下する際には、強い眠気や倦怠感があらわれやすくなります。
人によっては、イライラなどを感じることもあります。

おすすめ記事

生活習慣病になっているかもしれないと気になる方も多いのではないでしょうか。生活習慣病になってしまう原因がわかれば、予防ができます。本記事では生活習慣病の原因について以下の点を中心にご紹介します。 生活習慣病の原因とは 生活習[…]

血糖値が急上昇すると眠気が起こりやすい!

食後に血糖値が急上昇する際には、眠気が起こりやすくなります
血糖値の上昇と眠気の関係をご紹介します。

血糖値が急激に下降する可能性も高くなる

血糖値が急上昇すると眠気を感じやすいのは、血糖値が急降下しやすくなるためです。
血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌されます。

結果として、一度上昇した血糖値が今度は急激に下がることになります。
血糖値が急激に下がって低血糖状態になると、眠気などがあらわれやすくなります。
なぜ低血糖で眠気が出るのかというと、脳の栄養(ブドウ糖)が不足するためです。

繰り返すと糖尿病に移行しやすくなる

食後の血糖値の急上昇・急降下は、血糖値スパイクと呼ばれています。
血糖値スパイクを繰り返すと糖尿病のリスクが高まると指摘されています。

理由は、膵臓が疲弊するためです。
膵臓は、インスリンを分泌する臓器です。

血糖値が急上昇すると、膵臓は頑張ってインスリンを盛んに分泌します。
頑張らなければならない分、膵臓には大きな負担がかかります。

大きな負担が長く続くと、膵臓はやがて疲れ切ってインスリンを分泌できなくなります。
インスリンの分泌不足によって、血糖値が下がらなくなった状態が「糖尿病」にあたります。

他の病気にもかかりやすくなる

血糖値スパイクは、眠気や糖尿病以外の病気を引き起こすこともあります
代表的な病気は、次の通りです。

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 認知症
  • がん

血糖値が乱高下する際には、血管にも大きなダメージが加わります。
血管が損傷すると、

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

などのリスクが上昇します。

血糖値スパイクによるインスリンの大量分泌は、認知症やがんを引き起こすとも指摘されています。

スポンサーリンク

血糖値の眠気と血糖値スパイクの原因

血糖値スパイクは、食後の眠気の主な原因の1つです。
食後の眠気を防ぐには、原因である血糖値スパイクを防ぐ必要があります。

ここからは、血糖値スパイクの原因について解説します。

食べすぎや早食いによる食事の摂り方

血糖値スパイクの主な原因は、食事の摂り方にあります。
具体的には、早食いや炭水化物メインの食事に注意しましょう

血糖値は、糖質を摂取することで上昇します。
早食いすると大量の糖質を短時間で摂取することになるため、血糖値は急上昇しやすくなります。

炭水化物メインの食事も血糖値の急上昇につながります。
炭水化物メインの食事とは、たとえば丼物やパスタ・うどんなどの麺類です。

ストレスや睡眠不足

以下の症状も血糖値スパイクの一因です。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 疲労

ストレスや疲労は、血糖値を上昇させるホルモンの分泌を促すためです。

血糖値を上げるホルモンは、アドレナリン・コルチゾールなどが代表的です。
アドレナリン・コルチゾールは、「ストレスホルモン」と呼ばれることもあります。

食事の回数が不規則

欠食も血糖値スパイクの原因の1つです。
食事と食事の間隔が長くなると、低血糖状態に陥ります。

低血糖状態で食事を摂ると、反動で血糖値が急上昇しやすくなるのです。
たとえば朝食を抜いて昼にドカ食いするのは、血糖値スパイクが起こりやすい代表的なケースです。

健達ねっとECサイト

血糖値の眠気への対策方法

食後の眠気を抑える方法をご紹介します。
食後の眠気を抑えるには、血糖値の急激な上昇・下降を防ぐことが大切です。
ぜひ次の対策を実践して、血糖値スパイクを防いでみてください。

食間の取り方を変える

血糖値スパイクを防ぐには、規則正しい食事をすることが大切です。
具体的には、食事と食事の時間を空けすぎないようにしてください。

食事と食事の間隔が広すぎると、次の食事の際に反動で血糖値が急上昇しやすいためです。
反対に、一定の間隔を保って食事をすると血糖値は安定しやすくなります。

血糖値スパイクを防ぐためにも、食事と食事の間は空けすぎないようにしてください。
毎日決まった時間に食事するのがおすすめです。

もし仕事などで食事を待たなければならないときは、軽食を摂るのもおすすめです。
忙しいからといって、朝食や夕食を抜くのは止めましょう。

料理の食べる順番を考える

血糖値スパイクを防ぐには、食べる順番を工夫するのもおすすめです。
食事は、次の順番で摂りましょう。

  • 食物繊維(野菜)
  • タンパク質(肉・魚)
  • 炭水化物(ごはん・麺)

大切なのは、炭水化物の前に食物繊維を摂ることです。
食物繊維には、腸内での糖の吸収を緩やかにする作用があります。

そのため最初に食物繊維を摂ると、炭水化物を食べても血糖値が急上昇しにくくなります。
食物繊維を摂った後であれば、タンパク質と炭水化物は交互に摂ってもOKです。

時間をかけて食事を食べる

食事は、よく噛んでゆっくり食べましょう。
よく噛むとインスリンの効きが良くなるため、食後の血糖値が急上昇しにくくなります。

また、良く噛むと満腹感を得られやすくなるため、ドカ食い・食べ過ぎを抑制できます。
咀嚼を促すために、食材は大きめにカットするなどの工夫をしてもよいでしょう。

病院へ行く

食後に強い眠気を感じる場合は、隠れ糖尿病の可能性があります。
念のため病院で検査を受けるのがよいでしょう。

糖尿病は動脈硬化・脳卒中などの合併症のリスクも高い病気です。
少しでも不安な症状がある場合は、放置せずに病院で診てもらいましょう。

薬の使い方

血糖値が気になる方へおすすめのサプリメント

アラプラス糖脂ダウン

アラプラス糖脂ダウンのおすすめポイント3つ

  • 糖&脂W燃焼サポート
  • 5-ALAが糖の燃焼を促進して糖代謝をサポート
  • ブラックジンジャーの脂肪燃焼効果

アラプラス糖脂ダウンは、「5-ALA(5-アミノレブリン酸)」とブラックジンジャー由来の「ポリメトキシフラボン」の組み合わせにより、糖と脂を同時に燃焼サポートすることが可能です。

この組み合わせにより、お腹の脂肪の減少と血糖値ケアの両方を実現しています。

「5-ALA」は天然アミノ酸で、食事から摂取した糖をエネルギーに変換できるため、高めの空腹時血糖値と食後血糖値の両方にアプローチすることができます。

ブラックジンジャーには、「ポリメトキシフラボン」というポリフェノールが含まれており、日常生活の中でのエネルギー代謝において脂肪を消費しやすくする作用があります。

また、腹部の脂肪を減少させる機能も報告されています。

アラプラス糖脂ダウンの基本情報

商品名アラプラス糖脂ダウン
内容量60粒
1日当たりの摂取目安量1日2粒
成分還元麦芽糖水飴(国内製造)、ブラックジンジャーエキス、デキストリン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/セルロース、シクロデキストリン、クエン酸第一鉄ナトリウム、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、セラック
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,808円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)9,535円
公式サイトはこちら

桑の葉&茶カテキンの恵み

桑の葉&茶カテキンの恵みのおすすめポイント3つ

  • 2つの機能性関与成分でWケア
  • 9種類のサポート成分を独自配合
  • 専属の漢方アドバイザーによるサポート

桑の葉&茶カテキンの恵みは、日本初の2つの機能性関与成分、桑の葉由来イミノシュガーとガレート型カテキンを組み合わせたサプリメントです。
さらに、9種類のサポート成分を独自に配合しており、これらの成分は全て薬剤師監修のもと、和漢成分として体に優しく作用します。

また、和漢の森の会員になると、専属の漢方アドバイザーによるサポートを受けることができ、購入前後の疑問や悩みを気軽に相談することができます。

桑の葉&茶カテキンの恵みの基本情報

商品名桑の葉&茶カテキンの恵み
内容量38.4g(120粒)
1日当たりの摂取目安量1日4粒
成分桑葉エキス末(桑葉エキス、デキストリン)(国内製造)、澱粉、還元パラチノース、有機田七人参粉末、クローブ抽出物、ニクジュヨウ抽出物、ケイヒ抽出物、ハトムギ抽出物、牡蠣抽出物、菊芋抽出物、サラシア抽出物、ジンジャー抽出物/緑茶抽出物、結晶セルロース、CMC、HPC、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)980円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)8,597円

ルックルックイヌリンプラス

ルックルックイヌリンプラスのおすすめポイント3つ

  • 高配合のイヌリン
  • ビフィズス菌配合
  • 多彩な健康成分

イヌリンプラスは、水溶性の食物繊維であるイヌリンを高配合しています。
イヌリンは、菊芋やタマネギ、ゴボウなどの野菜に自然に含まれる成分で、食事だけでは摂取が難しいため、サプリメントとしての摂取がおすすめされています。

さらに、イヌリンプラスにはビフィズス菌も配合されており、腸内環境の改善や健康維持をサポートします。

また、サラシアや桑の葉などの健康成分も含まれており、これらの成分が相乗効果を生み出し、体の内側からの健康サポートを実現します。
これらの特長を持つイヌリンプラスは、日常の健康管理に欠かせないアイテムと言えるでしょう。

ルックルックイヌリンプラスの基本情報

商品名ルックルックイヌリンプラス
内容量1袋186粒
1日当たりの摂取目安量1日6粒
成分イヌリン(食物繊維)(タイ製造)、菊芋粉末、桑の葉エキス、サラシアレティキュラータエキス粉末、タマネギ濃縮エキス、ナットウキナーゼ末(大豆を含む)、ビフィズス菌(殺菌)/微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、結晶セルロース、安定剤(グァーガム)
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,980円(税込)/8,940円(税込)
定期配送量1袋/3袋
配送間隔31日毎/93日毎
定期価格(税込)4,276円(税込)/8,940円(税込)

いつもを、そえて

いつもを、そえてのおすすめポイント3つ

  • 機能性表示食品
  • 皮下脂肪の減少
  • 安心の定期便

「いつもを、そえて。」は、機能性表示食品としての認定を受けている信頼性の高いサプリメントです。
特に、皮下脂肪の減少をサポートする成分が配合されており、健康的な体への一歩としての摂取が推奨されています。

さらに、現在は初回限定での特別価格キャンペーンが行われており、定期便を利用することで、継続的にこのサプリメントをお得に手に入れることができます。

健康をサポートするための強力な味方として、多くの方々に選ばれています。

いつもを、そえての基本情報

商品名いつもを、そえて
内容量120粒
1日当たりの摂取目安量1日4粒
成分ターミナリアベリリカ抽出物(インド製造)、還元麦芽糖、ギムネマシルベスタ抽出物、グァバ葉抽出物、サラシア抽出物、白インゲン豆抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)1,980円
定期配送量3袋
配送間隔3ヶ月
定期価格(税込)11,466円

金の菊芋

金の菊芋のおすすめポイント3つ

  • 食後の血糖値の上昇を抑える機能
  • 高純度で農薬不使用の九州産菊芋使用
  • 多様な栄養成分が豊富

金の菊芋にはイヌリンという成分が含まれており、このイヌリンには食後の血糖値の上昇を抑えるとされています。
食後の血糖値が気になる方に特におすすめの食品となっています。

金の菊芋は、原材料として使用されている菊芋の含有量が99%と非常に高純度であり、農薬不使用で栽培された九州産のものを使用しています。
品質にこだわり、安全性を重視しています。

菊芋はキク科の食物で、糖質はほとんど含まれていませんが、イヌリンや食物繊維が豊富に含まれています。
さらに、ビタミン、亜鉛、カルシウム、ポリフェノールなどの栄養成分も豊富に含まれており、健康維持に役立つ成分がたっぷりと詰まっています。

金の菊芋の基本情報

商品名金の菊芋
内容量210粒
1日当たりの摂取目安量1日7粒
成分菊芋(九州産)、ステアリン酸カルシウム
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,106円
定期配送量1袋
配送間隔25日
定期価格(税込)3,456円

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンのおすすめポイント3つ

  • 5-ALAを豊富に含む
  • 血糖値の上昇を抑える助け
  • 安全性と信頼性

アラプラス糖ダウンは、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を豊富に含んでいます。
5-ALAは、体内でのエネルギー生成をサポートする成分として知られ、健康的な生活をサポートします。

アラプラス糖ダウンは、食事後の血糖値の上昇を穏やかにする効果が期待される製品です。
日常の食事にプラスして摂取することで、健康的な血糖値を維持するサポートができます。

アラプラス糖ダウンは、厳しい品質基準をクリアした製品であり、多くのユーザーからの信頼を得ています。
安心して長期間の摂取が可能で、健康維持の強力なサポートとなります。

アラプラス糖ダウンの基本情報

商品名アラプラス糖ダウン
内容量30粒
1日当たりの摂取目安量1日1粒
成分デンプン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/ HPMC、クエン酸第一鉄ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン))
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)980円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)9017円(税込)

血糖値の眠気を放置する危険性

食後に強烈な眠気を感じる場合は、放置せずに病院で診てもらいましょう。
食後の眠気は、糖尿病の初期症状の可能性があるためです。

糖尿病の初期症状として、食後高血糖が挙げられます。
食後高血糖は、糖尿病と異なり、食後数時間しか血糖値の上昇は起こりません。
そのため食後高血糖の方は、健康診断でも高血糖と診断されないケースが多いです。

食後高血糖を繰り返すと、糖尿病に発展するおそれがあります。
糖尿病を防ぐには、前段階である食後高血糖で適切な治療を受けることが大切です。

食後高血糖のサインの1つとしてあらわれるのが、食後の強烈な眠気です。
つまり食後の眠気を放置するのは、糖尿病を放置するのと同じことなのです。

糖尿病は重症化すると失明したり、重大な合併症が起こったりすることもあります。
もし食後に異常な眠気がある場合は、できる限り早めに医師に相談しましょう。
出典:厚生労働省【糖尿病|厚生労働省

スポンサーリンク

血糖値を下げるのまとめ

ここまで血糖値と眠気についてお伝えしてきました。
血糖値と眠気の要点を以下にまとめます。

  • 血糖値による眠気は、高血糖から一気に低血糖になることで頭がボンヤリすることで起こる
  • 血糖値の変動による眠気を放置すると、糖尿病のリスクがある
  • 血糖値の変動による眠気を予防する方法は、規則正しい食事・食べる順番・よく噛むこと

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク