ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>高齢者の病気>変形性膝関節症の症状・原因・治療法を詳しく解説!東京の膝専門整形外科10院もご紹介

変形性膝関節症の症状・原因・治療法を詳しく解説!東京の膝専門整形外科10院もご紹介

高齢の方は膝にトラブルが起こることが少なくありません。
代表的な膝トラブルの1つが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症とは、どのような病気なのでしょうか。
本記事では、変形性膝関節症について以下の点を中心にご紹介します。

  • 変形性膝関節症の症状
  • 変形性膝関節症の原因
  • 変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

変形性膝関節症とは


変形性膝関節症とは、膝の軟骨がすり減る病気です。
進行すると膝に水が溜まったり、関節が変形したりします。

変形性膝関節症ではほとんどの場合、痛みを伴います。
痛みは症状が進行するほどに強くなり、最終的には歩けなくなることもあります。

変形性膝関節症は中高年の方に起こりやすい病気です。
性別で見ると、男性よりも女性に目立ちます。

スポンサーリンク

変形性膝関節症|症状

変形性膝関節は初期・中期・末期の3段階に分けられます。

段階別の主な症状をご紹介します。
なお、症状のあらわれ方は個人差があります。

初期症状

変形性膝関節症の初期は、膝の軟骨や組織に軽度の摩耗が見られます。
具体的な症状には次があります。

  • 立ち上がるときに膝が痛む
  • 歩き始めるときに膝が痛む
  • 階段の上り下りで膝が痛む
  • 正座すると痛い

変形性膝関節症の初期では、なにかの動作のはじめに膝が痛むことが多いです。
たとえば立ち上がり・歩き始めの膝の痛みなどが代表的です。

人によっては、平坦な場所では問題ないものの階段・坂道で痛みが出ることもあります。
特に痛むのは、上るときではなく下るときです。

痛みではなく、膝の違和感・動かしづらさを感じることも多いです。
変形性膝関節症の初期の痛みは、少し休むなどすると感じなくなることが一般的です。

中期症状

中期では関節軟骨の摩耗が進み、膝と膝の骨の間隔が狭くなります。
膝周りの骨を包む膜が炎症を起こしたり、膝軟骨の下にある骨が硬くなったりすることもあります。

膝に水が溜まり始めるのも中期頃からです。
中期の具体的な症状は次の通りです。

  • 歩行中に膝が痛む
  • 痛くて正座ができない
  • 重いものを持つと膝が痛い

中期と初期の症状の違いは、持続時間です。

初期に痛みを感じるのは主に動作の開始時でした。
具体的には、歩き始めに痛みは感じるものの、歩いている間に気にならなくなることがほとんどです。

一方、中期では動作の開始後も症状が続きます。
たとえば歩き始めに痛み、歩いている間もずっと痛むといった具合です。

初期に比べると中期は、痛みの程度も強くなります。
中期には歩くことが億劫に感じられ、自然と身体を動かさなくなるケースもよく見られます。

歩く機会が減ると、膝周りなどの筋肉が衰えます。
すると体重を支えることが難しくなり、膝に全体重がかかりやすくなります。

体重がかかると膝の痛みはさらに増します。
運動の機会がますます減り、筋肉の衰えが進んで立てなくなる…といったケースも珍しくありません。

末期症状

末期には膝軟骨がすり減ってほとんど無くなります。
膝と膝の間の空間が極端に狭くなったり、骨同士がぶつかったりすることもあります。

具体的な症状は次の通りです。

  • 痛くて歩けない
  • じっとしていても痛む
  • 膝の曲げ伸ばしが困難
  • 足っているときに膝が横に細かく揺れる

末期は中期に比べて、膝の痛みがますます強くなります。
じっとしていても膝が痛むのも末期の特徴です。

末期には脚の変形なども見られます。
具体的には、まっすぐ立っているのにもかかわらず、膝が左右に離れるようになります。
いわゆるがに股・O脚・X脚に相当します。

変形性膝関節症|症状チェック

変形性膝関節症のチェックリストをまとめました。
ぜひ参考にしてください。

立ち上がり・歩き始めに膝が痛む痛みで正座ができない
階段を下るときに膝が痛む膝の曲げ伸ばしがしにくい
膝に水が溜まっているような感じがする最近がに股になった
歩いている間も膝が痛む立っているときに膝が横に揺れる
AGA

変形性膝関節症|原因

変形性膝関節症の主な原因は、膝の軟骨がすり減ることです。
そもそも膝は、2本の骨を接ぐような構造をしています。

骨と骨の間には、軟骨・半月板のような組織が存在します。
軟骨や半月板の主な役割は、膝の骨同士の接触を防ぐことです。
また、軟骨は膝の骨のなめらかな動きもサポートしています。

最終的に軟骨などがすべてすり減ると、骨と骨が直接ぶつかるようになります。
結果、痛みや動かしづらさを感じるというわけです。

では、なぜ膝の軟骨はすり減るのでしょうか。

主な原因は加齢です。

膝の軟骨は、膝を動かすごとに少しずつすり減ります。
年を重ねるほど、軟骨の摩耗も進んでいくため、変形性膝関節症が起こりやすくなります。
また、軟骨自体の老化も摩耗が進む原因です。

加齢以外の原因としては、激しい運動・肥満などが挙げられます。
激しい運動とは、たとえばテニスなどの膝を使うスポーツが代表的です。

あるいは、運送業・農業などの仕事も、事務仕事などに比べると膝の使用頻度は高めです。
膝を酷使すれば、その分、軟骨の摩耗は激しくなります。

肥満の方は、身体が大きい分、膝にかかる体重の負荷が大きくなります。
そのため肥満でない方に比べると、軟骨がすり減りやすいのです。

ちなみに、膝関節症の原因は一次性と二次性の2つがあります。
一次性とは、ハッキリとした器質・原因などが見つからない変形性膝関節症です。

具体的には、加齢・激しい運動・肥満などが一次性変形性膝関節症の原因に該当します。

対して二次性変形性膝関節症は、ハッキリした器質・原因が見つかるものです。
たとえば交通事故によるケガ・全身疾患などが原因のケースが該当します。

変形性膝関節症を引き起こしやすい全身疾患は、関節リウマチなどが代表的です。

健達ねっとECサイト

変形性膝関節症|検査方法

ここからは変形性膝関節症の診療科・検査の流れをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

受診する科

診療科は、骨の専門家である整形外科が適当です。
リウマチ専門科・スポーツ外科などで診てもらえることもあります。

もし診療科に迷う場合は、何科でもよいので最寄りの医師に相談するのも1つの方法です。
適切な診療科や病院を紹介してもらえることがあるためです。

検査の流れ

変形性膝関節症の検査は次のようなものが一般的です。

問診医師との質疑応答形式で、症状の程度・期間・生活状況などを調べる
触診医師が膝に触れて、腫れ・水の有無・変形を調べる
歩行の検査歩き方を見る
レントゲン検査X線を使って膝関節の状態を調べる

場合によっては、MRIや・血液検査・尿検査を行うこともあります。
MRIは磁気を利用して膝関節の様子を撮影する方法で、レントゲンよりも高い精度を期待できます。

血液検査・尿検査は、主に全身疾患の有無の確認に利用されます。
たとえば関節リウマチなどは、血液検査・尿検査で発見できることもあります。

薬の使い方

変形性膝関節症|治療方法

変形性膝関節症は、大きく分けて保存療法外科療法の2つです。

保存療法とは、手術をせずに改善を目指す方法です。
対して外科療法は手術による改善を行う方法です。

保存療法は、さらに運動療法・薬物療法・物理療法などに分類できます。
それぞれの治療方法をご紹介します。

運動療法

運動療法は、運動によって膝の筋肉・関節などを鍛える方法です。
変形性膝関節症が進行すると、運動量が次第に減りがちです。

運動量が減ると、膝周りの筋肉が衰えたり、膝の関節が硬くなって動きづらくなったりします。

筋肉が衰えると膝に体重がかかりやすくなるため、ますます膝への負荷が強まります。
つまり変形性膝関節症が悪化するおそれがあるのです。

膝への負荷を減らすには、すこし無理をしてでも膝を動かすことが大切です。
膝を動かすことで筋肉が強化されるため、相対的に膝への負荷も小さくなります。

また、運動すると硬直した膝の関節がほぐれやすくなります。
関節の硬直は痛みを増加させることがあるため、適度にほぐすことが大切です。

運動療法の具体的な内容としては、筋肉トレーニングや歩行訓練が代表的です。

たとえば水中ウォーキングなどがあります。

水中は浮力によって体重が分散されます。
そのため、膝が痛む方でも無理なく歩行しやすくなります。

なお、膝が痛むときは必ずしも運動療法をする必要はありません。
症状の進行具合によっては、運動療法がさらに症状を悪化させることもあります。
具体的な運動の仕方については、かかりつけ医とよく相談してください。

薬物療法

変形性膝関節症では薬物療法が用いられることもあります。
薬物療法の主な目的は症状の軽減です。

たとえば膝の痛みが強い場合は、湿布などの外用薬が用いられます。
鎮痛剤として、内服薬・座薬が選択されることもあります。

場合によっては、漢方薬が処方されることもあります。
たとえば防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)には、炎症を鎮めたり、余分な水分の排出を促したりする作用があります。

関節注射も薬物療法に含まれます。

代表的なのはヒアルロン酸注射です。
ヒアルロン酸は皮膚などを構成する成分の1つです。

関節にヒアルロン酸を注入することで、すり減った軟骨・組織のかわりに関節の動きをサポートしてくれます。
ヒアルロン酸は一定の時間が経つと体内に吸収されます。

つまり持続性はないため、定期的な処置が必要です。
どのような薬物療法が選択されるかは、個人の状態や医師の判断によって異なります。

物理療法

物理療法には次のようなものがあります。

  • 遠赤外線で膝を温める温熱療法
  • 膝に電気を通す電気刺激
  • レーザー照射
  • 紫外線照射

物理療法の主な目的は症状の軽減です。
具体的には、膝関節の血行を促進することで痛みの軽減を図ります。

手術療法

変形性膝関節症が重度の場合は、外科的処置が必要になることもあります。
変形性膝関節症の術式は主に5つです。
それぞれの特徴などをご紹介します。

関節鏡視下手術

関節鏡視下手術は、小さな内視鏡を関節に入れて行う手術です。
内視鏡は先にカメラがついた小さな管のような物です。

膝に小さな穴を開けるだけで挿入できるため、身体への負担が小さい点がメリットです。

関節鏡視下手術は、軽度の変形性膝関節症の方に適しています。
具体的な手術内容は、関節内の清掃などです。

変形性膝関節症の初期の痛みは、欠けた軟骨の欠片が骨などを刺激して起こることが少なくありません。

内視鏡を使って欠片などを取り除くことで、痛みの軽減が期待できます。
また、内視鏡を使うと関節内の様子を直接確認できるため、症状の進行具合などを正確に把握しやすくなります。

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術は、症状が中期以降まで進行した方に行われることが一般的です。
具体的には、膝の軟骨ではなく、骨そのものに変形・破損が見られる場合に選択されます。

人工膝関節置換術では、関節の骨を削って人工の関節に置き換えます。
人工関節の素材は、金属・セラミック・チタンなどが代表的です。

ダメージを受けた骨を人工関節に置き換えることで、関節が正常に動きやすくなります。
手術後は1〜3週間程度で以前のように歩けるようになることがほとんどです。

なお、人工膝関節置換術には主に2つの方法があります。
1つめは全置換術で、関節全体を入れ替える方法です。
2つめは単顆置換術で、関節の痛んでいる一部分のみを置き換えます。

人工関節には寿命があるため、定期的な交換が必要です。
具体的な寿命は素材によって異なりますが、一般的には15〜20年です。

高位脛骨骨切り術

高位脛骨(こういけいこつ)骨切り術は、変形した関節の骨を切除し、角度を調整してつなぎ直す方法です。

向いているのは、60代未満の働き盛りの方です。
具体的には、これからも膝を使った運動・仕事を積極的に行いたい方によく用いられています。

高位脛骨骨切り術では痛んだ骨を切除して、膝に体重が均等にかかるように調節します。
骨がくっつくまでは、補助的に金属のプレートで骨の周りを強化します。

高位脛骨骨切り術は、自分の骨を温存できる点がメリットです。
また、他の術式に比べても、術後の運動にはあまり制限がありません。

一方で、回復までに時間がかかる点には留意してください。
術後に以前のように問題なく歩けるようになるまでには、2ヶ月~半年程度のリハビリが必要です。

高齢の方は安静にしている間に筋肉の低下が進むことがあります。
手術したにもかかわらず、筋肉の衰えから寝たきりに移行することもあります。

そのため、高位脛骨骨切り術は60歳以上の高齢の方にはあまりすすめられていません。

高位脛骨骨切り術は再手術が必要な点にも留意してください。
目的は、骨がある程度くっついた段階で、関節に取り付けた金属のプレートを取り除くことです。

骨軟骨移植術

骨軟骨移植術は、ご自身の軟骨の細胞を培養して摩耗した部分に移植する方法です。
自身の細胞を用いるため、アレルギー反応が出にくい点がメリットです。

骨軟骨移植術節の広い範囲をカバーしたいときにもおすすめの方法です。
培養次第では、少量の細胞から軟骨細胞を倍にも増やせるためです。

ただし、日本において変形性膝関節症は自家培養軟骨移植術の公的保険適用外です。
自由診療となるため、手術費用は全額自己負担となります。

幹細胞治療

幹細胞治療は、ご自身の脂肪細胞などを培養して膝関節などに注射する方法です。
幹細胞は、注入された部位の細胞に変化する特性を利用しています。

注射で済むため、メスを使った手術や、人工関節を回避したい方にも向いています。
ただし、ほとんどの場合自由診療扱いとなるため、費用が莫大になる点に留意してください。

変形性膝関節症|早期発見のポイント

変形性膝関節症は基本的に自然治癒しません。
放置すると症状がどんどん進行することがほとんどです。

変形性膝関節症は症状が進行すると、立ったり歩いたりできなくなることもあります。
つまり寝たきり状態に発展しやすいのです。

寝たきり状態を防ぐためにも、できる限り早い段階で検査・治療を受けましょう。
もし膝に違和感・不安を感じたら、気のせいだと放置はせず、念のため一度整形外科で検査を受けましょう。

スポンサーリンク

変形性膝関節症は早めの受診が大切!東京都内のおすすめ膝専門整形外科10選

東京都内でおすすめの膝専門の整形外科クリニックを10院紹介します。
気になるクリニックがあればぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

どすこい膝クリニック

どすこい膝クリニックは、「歩行に関わる健康寿命を伸ばす」を使命とした、膝関節症治療専門のクリニックです。

どすこい膝クリニックの4つのおすすめポイント

どすこい膝クリニックは、膝の痛みや不調に特化したクリニックです。
どすこい膝クリニックには、以下の4つのおすすめポイントがあります。

  • 自由に選べる「来院型」と「訪問型」
  • 完全予約制でかなえる、患者様に寄り添った治療
  • 整形外科専門医による治療
  • 再生医療の効果を最大化するアフターケア
自由に選べる「来院型」と「訪問型」

どすこい膝クリニックでは、患者さんが自由に診察方法を選べます。
来院が難しい場合や、自宅で受診したい場合は、訪問型の診察が可能です。
これにより、患者さんのニーズに合わせた柔軟な診察が受けられます。

完全予約制でかなえる、患者様に寄り添った治療
どすこい膝クリニックは完全予約制を取り入れており、待ち時間を最小限に抑え、スムーズな診療を提供しています。
また、患者さん一人ひとりに合わせた治療計画を作成し、患者さんにとって最適に治療することで、痛みや不調を改善していきます。

整形外科専門医による治療

どすこい膝クリニックでは、専門の整形外科医が診療にあたっています。
豊富な知識と経験を持つ医師が、患者さんの痛みや不調に対して適切に治療することで、患者さんの健康と生活の質を向上させます。

再生医療の効果を最大化するアフターケア

どすこい膝クリニックでは、再生医療に力を入れています。
治療後のアフターケアも重視しており、患者さんには運動療法や食事指導などのアドバイスを提供しています。
これにより、患者さんが治療の効果を最大限に引き出し、再発を防げます。

以上が、どすこい膝クリニックのおすすめポイントです。

患者さんのニーズに合わせた柔軟な診療と、専門の医師による適切な治療、そして再発を防ぐアフターケアが特徴的です。

どすこい膝クリニックが選ばれる理由

どすこい膝クリニックが選ばれる理由は以下の通りです。

切らない膝治療をモットーにしていること
どすこい膝クリニックは、「切らない膝治療」をモットーにしています。
患者が手術を避けられるよう、最新の治療法を提供しています。
来院型と訪問型の治療形式を提供していること

どすこい膝クリニックは、通院が難しい患者にも対応するため、医師が訪問する診療形式も提供しています。
患者が治療を受ける形式を自由に選べることが特徴です。

完全予約制で時間をかけた診療を提供していること

どすこい膝クリニックは、完全予約制であるため、患者一人に時間をかけた診療を提供しています。
患者に寄り添った医療を提供することを目指しています。

専門医による治療と再生医療の効果を最大化するアフターケア

どすこい膝クリニックでは、日本整形外科学会認定の専門医による治療を提供しています。
また、再生医療の効果を最大化するためのアフターケアにも力を入れています。
患者にとって最適な治療法を提供するため、専門医の知識と経験を生かして診療しています。

どすこい膝クリニックの施術メニュー

施術メニュー名適応部位税込料金電話相談
PRP-FDハーフ(1V)腱炎、腱板炎、手・足等の関節症165,000円無料
PRP-FDシングル(2V)ひざ・股等の大関節症297,000円無料
PRP-FDトリプル(2V×3)進行期~重度の大関節症627,000円無料
ヒアルロン酸5,500円無料

どすこい膝クリニックの基本情報

クリニック名どすこい
膝クリニック
所在地東京都港区南青山3-18-11
ヴァンセットビル2階202号
訪問診療の対応地域東京23区全域
電話相談無料
訪問料無料
※治療しない場合は1万1,000円
診察料無料
※治療しない場合は3,300円
診療時間10:00~18:00
休診日土日祝
支払い方法クレジットカード
現金
銀行振込
予約方法WEB/電話
※完全予約制
ひざ治療専門の”どすこい膝クリニック”
公式サイトはこちら

東京ひざクリニック

東京ひざクリニックは、膝の専門医が在籍し、最新の診療技術を用いた治療を提供しています。

東京ひざクリニックの4つのおすすめポイント

東京ヒザクリニックの4つのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 高度な専門知識と経験に基づく治療
  • 充実した設備・機器
  • 親身なカウンセリングとフォローアップ
  • スピーディーな対応
高度な専門知識と経験に基づく治療

東京ヒザクリニックは、専門的な知識と豊富な経験を持つ医師陣が在籍しています。
最新の診断技術や治療法を駆使しているのもポイントです。

専門知識や経験をもとに、患者さんの症状や状態に合わせた最適な治療を提供しています。
カウンセリングでしっかり質問し、自分に合った治療を受けましょう。

充実した設備・機器

クリニックは最新鋭の設備や機器を備え、患者さんの状態を正確に把握してくれます。
迅速かつ適切な治療を受けることが可能です。

親身なカウンセリングとフォローアップ

治療前のカウンセリングや、治療後のフォローアップにも力を入れているクリニックです。
不安や疑問を丁寧に受け止め、適切なアドバイスやアフターケアを提供してもらえます。

スピーディーな対応

緊急のケースにも対応可能で、迅速な対応で治療を受けることが可能です。
待ち時間の短縮にも力を入れており、予約制やオンライン診療も導入しています。

以上が、東京ヒザクリニックのおすすめポイントです。
専門的な治療を受けたい方、悩みや疑問がある方は、ぜひ利用してみてください。

東京ひざクリニックが選ばれる理由

東京ヒザクリニックが選ばれる理由は以下のような点が挙げられます。

高度な専門性と技術力

東京ヒザクリニックは、専門的な知識と技術力を持つ医師陣が在籍しており、膝関節に特化した治療を提供しています。
膝に関する様々な疾患に精通しており、最新の治療法や手術技術を駆使して、患者さんの症状や状態に合わせて最適な治療を施します。

充実した設備と機器

東京ヒザクリニックは、最新鋭の医療機器を備えた設備を整えています。
そのため、正確な診断や迅速かつ適切な治療が可能です。
施設内にはリハビリ室もあり、治療後のリハビリテーションができます。

親身なカウンセリングとフォローアップ

治療前のカウンセリングや、治療後のフォローアップに力を入れています。
不安や疑問を受け止め、適切なアドバイスやアフターケアを受けられるのも魅力です。
治療に関する質問や相談に対しても迅速かつ丁寧に対応してくれます。

スピーディーな対応と待ち時間の短縮

東京ヒザクリニックは、緊急のケースにも対応可能で、迅速な対応で治療を受けられます。
待ち時間の短縮にも力を入れているクリニックです。

信頼と実績

東京ヒザクリニックは、多くの患者さんからの信頼を得ているクリニックです。
テレビや雑誌などのメディアにも取り上げられることもあり、高い評価を受けています。

東京ひざクリニックの施術メニュー

施術名回数税込料金
PRP-FD治療片膝1回198,000円
2回374,000円
3回506,000円
PRP-PRO治療片膝1回264,000円
2回396,000円
3回528,000円

東京ひざクリニックの基本情報

クリニック名東京ひざクリニック
所在地〒104-0061東京都中央区銀座5丁目9−15銀座清月堂ビル5F
診療時間9:00〜18:00
休診日不定休
予約方法電話予約、ウェブ予約、来院予約
東京ひざクリニック
公式サイトはこちら

膝関節症クリニック

膝関節症クリニックは、日本初の膝専門クリニックであり、多くの患者さんから高い評価を得ています。

膝関節症クリニックの4つのおすすめポイント

膝関節症クリニックのおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 経験豊富な専門医による診察
  • 最新の治療法を取り入れた治療
  • 充実した設備と診療環境
  • 充実した設備と診療環境
  • 治療後のアフターケア
経験豊富な専門医による診察

膝関節症は症状が複雑で、専門知識が必要とされます。膝関節症クリニックでは、専門の医師が診察して、最適な治療を提供します。

最新の治療法を取り入れた治療

膝関節症クリニックでは、最新の治療法を取り入れた治療を施しています。
例えば、ヒアルロン酸注射やPRP療法、レーザー治療などがあります。

充実した設備と診療環境

膝関節症クリニックは、患者さんが快適に治療を受けられるよう、充実した設備と診療環境を整えています。
待合室には快適なソファーや雑誌が用意されているほか、治療室も清潔で居心地が良い空間となっています。

治療後のアフターケア

膝関節症クリニックでは、治療後のアフターケアにも力を入れています。
治療後の経過観察やリハビリテーション指導で、患者さんが健康な生活を送れるようにサポートしています。

膝関節症クリニックが選ばれる理由

膝関節症クリニックが選ばれる理由は以下のとおりです。

専門性が高い

膝関節症クリニックは、専門の医師が診察、膝関節症に特化した治療を提供します。
専門性が高いため、より適切な診断や治療が受けられることが期待できます。

最新の治療法を提供

膝関節症クリニックでは、最新の治療法を提供しています。例えば、ヒアルロン酸注射やPRP療法、レーザー治療など、効果的な治療法を選択できます。

診療環境が良い

膝関節症クリニックは、快適な診療環境を提供しています。
待合室や治療室は清潔で居心地が良く、患者さんがリラックスして治療を受けられるようになっています。

アフターケアが充実

膝関節症クリニックは、治療後のアフターケアにも力を入れています。
治療後の経過観察やリハビリテーション指導で、患者さんが健康な生活を送れるようにサポートしています。

総合的なサポートがある

膝関節症クリニックは、治療だけでなく、患者さんが健康的な生活を送るためのアドバイスや、健康管理に関する情報提供も行っています。
総合的なサポートがあるため、患者さんの健康管理を総合的にサポートできます。

膝関節症クリニックの施術メニュー

膝関節症クリニックの施術メニューは以下のようなものがあります。

施術名適応、期待できる効果税込料金
PRP-FD注射ハーフ(1V)腱炎/腱板炎/小関節症(手・足など)165,000円
PRP-FD注射シングル(2V)大関節症(ひざ・股など)297,000円
PRP-FD注射トリプル(2V×3)炎症の徹底除去627,000円
培養幹細胞治療1回(2V)欠損部位の保護1,287,000円
コンビネーションプレミアム欠損部位の保護と、細胞定着の後押し1,740,000円

膝関節症クリニックのその他の施術メニュー

施術名施術詳細税込料金
ヒアルロン酸注射アルツ(1本)5,500円
ヒアルロン酸注射サイビスク(1本)33,000円
APS片ひざ1回あたり血液中の抗炎症性蛋白質を濃縮し、膝関節に注入440,000円

膝関節症クリニックの基本情報

クリニック名東京ひざ関節症クリニック新宿院
所在地東京都新宿区西新宿1-4-11宝ビル9F
診療時間9:00〜18:00
休診日年中無休
予約方法電話、インターネット

Dr.KAKUKOスポーツクリニック

Dr.KAKUKOスポーツクリニックは、膝のスポーツ外傷に特化しており、スポーツ選手の治療にも力を入れています。

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの4つのおすすめポイント

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの4つのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 経験豊富な医師陣による診療
  • 最新の医療機器を用いた診療
  • スムーズな診療体制
  • 継続的なフォローアップ
経験豊富な医師陣による診療

Dr.KAKUKOスポーツクリニックは、スポーツ医学に特化したクリニックであり、経験豊富なスポーツ医学の専門医が在籍しています。
スポーツ障害の診断や治療において、高い専門性と豊富な経験を持った医師陣が診療にあたります。

最新の医療機器を用いた診療

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、最新の医療機器を導入し、診療に活用しています。たとえば、高性能MRIを使った正確な診断や、最新のリハビリテーションマシンを使用した効果的なリハビリテーションなど、患者様に最適な診療を提供しています。

スムーズな診療体制

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、スムーズな診療体制を整えています。
予約制であるため、待ち時間が少なく、診療時間もスムーズです。
専用のカウンセリングルームやプライベートな診察室も用意されているため、プライバシーにも配慮した診療を提供しています。

継続的なフォローアップ

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、患者様の状態を継続的にフォローアップしています。
診療後の経過観察や、リハビリテーションの指導、再発防止のためのアドバイスなど、患者様の健康管理に積極的に取り組んでいます。
スポーツ選手の方には、競技復帰までのサポートも行っています。

Dr.KAKUKOスポーツクリニックが選ばれる理由

Dr.KAKUKOスポーツクリニックが選ばれる理由は以下のような点が挙げられます。

スポーツ医学に特化した専門クリニックであること

Dr.KAKUKOスポーツクリニックは、スポーツ医学に特化したクリニックであり、経験豊富なスポーツ医学の専門医が在籍しています。
スポーツに関する様々な障害やケガに対して、専門的な診療が受けられることが大きな魅力となっています。

最新の医療機器を導入し、最適な治療法を提供

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、最新の医療機器を導入し、正確な診断と最適な治療法を提供しています。
患者様のニーズに応じて、各種のリハビリテーションマシンやトレーニング機器を使用し、スピーディーかつ効果的な治療を施しています。

スムーズな診療体制が整備されている

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、予約制であるため待ち時間が少なく、スムーズな診療体制を整えています。
専用のカウンセリングルームやプライベートな診察室も完備されており、患者様のプライバシーに配慮した診療を提供しています。

継続的なフォローアップが行われる

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、患者様の状態を継続的にフォローアップしています。
治療後の経過観察やリハビリテーションの指導、再発防止のためのアドバイスなど、患者様の健康管理に積極的に取り組んでいます。
スポーツ選手の方には、競技復帰までのサポートも行っており、多くの方から信頼を得ているクリニックとなっています。

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの施術メニュー

施術名三割負担の場合の料金
ヒアルロン酸注射(膝関節)550円
リハビリテーション780~1,330円
リハビリ総合計画評価料900円

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの基本情報

クリニック名Dr.KAKUKOスポーツクリニック
所在地東京都渋谷区猿楽町9-8アーバンパーク代官山Ⅱ111
診察料5,500円(保険外)
診療時間10:00~14:00/15:00~19:00
休診日日曜日
支払い方法現金・クレジットカード
予約方法WEB・電話・LINE

永振クリニック

永振クリニックは、膝関節鏡下手術に力を入れており、患者さんの負担を最小限に抑えて治療しています。

永振クリニックの4つのおすすめポイント

永振クリニックの4つのおすすめポイントについて、以下のようにまとめられます。

  • 医師が患者さんと向き合う時間を大切にしています
  • 患者さんの症状に合わせて治療しています
  • 最新の医療機器を導入し、より正確に診断・治療しています
  • 患者さんが安心して通院できるよう、スタッフ一同、心を込めた対応を心がけています

永振クリニックが選ばれる理由

永振クリニックが選ばれる理由について、以下のようにまとめられます。

  • 医師が患者さんと向き合う時間を大切にしています
  • 患者さんの症状に合わせて治療しています
  • 最新の医療機器を導入し、より正確に診断・治療しています
  • 患者さんが安心して通院できるよう、スタッフ一同、心を込めた対応を心がけています

以上の特徴から、多くの患者さんから選ばれているようです。

永振クリニックの施術メニュー

施術名施術詳細
保存的治療生活指導
運動療法
物理療法
薬物治療
装具両方
関節鏡視下手術①膝関節の周囲に1cm程度の傷口を2~3ヵ所あける
②関節鏡を挿入して膝関節内で手術する
高位脛骨骨切り術治療対象疾患
・内側型変形性膝関節症
・大腿骨内側顆部骨壊死症(膝骨壊死症)

永振クリニックの基本情報

クリニック名永振クリニック
所在地東京都北区上十条3-3-17
電話相談無料
診療時間8:00~12:00(日曜日のみ臨時外来:9:00~12:00)
休診日木・金・土
予約方法電話

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックは、膝関節症の治療に力を入れており、患者さんの生活スタイルに合わせた治療を提供しています。

ガーデンクリニックの4つのおすすめポイント

ガーデンクリニックの4つのおすすめポイントについて、以下のようにまとめられます。

  • 最新の医療技術を用いた治療
  • 手術不要の治療方法
  • 日帰りで治療が受けられる
  • 運動器疾患に精通した医師が在籍している

ガーデンクリニックが選ばれる理由

ガーデンクリニックには、多くの方が治療を受けるために訪れます。
その理由として、以下の4つのポイントが挙げられます。

最新の医療技術を用いた治療

ガーデンクリニックでは、最新の医療技術を用いた治療を提供しています。
たとえば、膝の治療においては、超音波診断やMRIを用いて、痛みの原因を正確に把握できます。
そのため、患者さんに適切な治療を提供でき、高い治療効果が期待できます。

手術不要の治療方法

従来の膝の治療では、手術が必要でしたが、ガーデンクリニックでは手術不要の治療方法を提供しています。
たとえば、膝関節内注射療法やレーザー治療、リハビリテーションなどがあります。
これらの治療方法によって、手術を避けられ、リスクや負担を減らせます。

日帰りで治療が受けられる

ガーデンクリニックでは、日帰りで治療が受けられるため、入院や通院の手間が省けます。治療が終わったら、すぐに帰宅できるため、生活に支障をきたすことがありません。
治療費も通院費用よりも割安になる場合があります。

運動器疾患に精通した医師が在籍している

ガーデンクリニックには、運動器疾患に精通した医師が在籍しています。
そのため、患者さんの症状に合わせた適切な治療を提供できます。
治療だけでなく、予防やリハビリテーションについてもアドバイスを受けられます。

ガーデンクリニックの施術メニュー

施術名税込料金
麻酔代11万円
膝関節治療:脂肪幹細胞療法140万8,000円
膝関節治療:PRP療法31万9,000円
膝関節治療:ヒアルロン酸注射3万3,000円

ガーデンクリニックの基本情報

クリニック名ガーデンクリニック新宿院
所在地〒160-0022東京都新宿区新宿3丁目33-10新宿モリエールビル5階
診療時間10:00〜19:00
休診日年中無休
予約方法電話・メール・Web

東京神田整形外科クリニック

東京神田整形外科クリニックは、膝のスポーツ外傷や骨折の治療に力を入れており、緊急患者の受け入れも行っています。

東京神田整形外科クリニックの4つのおすすめポイント

東京神田整形外科クリニックの4つのおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 一般整形外科、リハビリから再生医療(膝)、小児身長治療まで行っていること
  • 院長の田邊雄先生が、患者とともにポジティブな思いを共有して治療に取り組みたいと語っていること
  • 正しい情報発信や治療啓発で、医療価値を高めたいと考えていること
  • 口コミサイトや病院ナビなどで確認できる評判が良いこと

東京神田整形外科クリニックが選ばれる理由

東京神田整形外科クリニックが選ばれる理由は、以下の5つの特徴によるものです。

整形外科専門医による確かな診療

東京神田整形外科クリニックは、整形外科専門医が診療にあたっています。
専門医の確かな診断と治療で患者様の痛みや不安を軽減し、早期回復を目指しています。
専門医が常勤しているため、いつでも適切な診療を受けられます。

充実したリハビリ

東京神田整形外科クリニックでは、手術後のリハビリにも力を入れています。
専門的なリハビリテーションを提供することで、患者様の回復を促進し、再発を防止することを目指しています。

全国からアクセス可能

東京神田整形外科クリニックは、JR線・地下鉄各線の神田駅から徒歩1分の場所にあり、全国からのアクセスにも便利な立地にあります。
海外からの患者様にも対応しており、英語や中国語の通訳サービスも用意しています。

膝の再生医療

東京神田整形外科クリニックでは、膝の再生医療に力を入れています。
痛みや運動制限を改善するために、膝組織を再生治療しています。
また、再生医療以外にも、手術やリハビリなどの様々な治療法を提供しています。

小児身長治療

東京神田整形外科クリニックでは、小児身長治療にも力を入れています。
適切な治療により、小児の成長を促進することで、健康的な成長をサポートしています。

東京神田整形外科クリニックの施術メニュー

一般整形外科診療

施術名参考価格(窓口での支払いの金額)
関節内ヒアルロン酸注射3割負担:約570円
関節内ステロイド注射3割負担:約390円
トリガーポイント注射3割負担:約300-400円
肩甲上神経ブロック注射3割負担:約500-660円
スーパーライザー・超音波治療3割負担:約100-150円
アクアタイザー物理療法3割負担:約100-150円
理学療法リハビリ20分約555円、40分約1110円、計画書約1000円
内服湿布処方箋料約222円

自費診療

東京神田整形外科クリニックの第二種再生医療等提供計画は厚労省に受理されています。
取得している計画番号は「PB3210077」です。

施術名価格(通常価格)
PRP(PFC)-FD™290,000円
CPRP-FD210,000万円
GOLDIC(PRP-GOLD)4本:440,000円
モニター価格:320,000円
幹細胞培養上清液1本:80,000円
6本コース:3
60,000円
脂肪幹細胞培養:片膝関節部位1,408,000円
モニター価格:800,000円
脂肪幹細胞培養:両膝関節部位1,606,000円
モニター価格:1,000,000円

東京神田整形外科クリニックの基本情報

クリニック名東京神田整形外科クリニック
所在地〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-8-6メディカルプライム神田3階
診療時間一般外来10:15~13:00(12:30最終受付),15:30〜19:00(18:30最終受付)
休診日木・日・祝
予約方法一般整形(保険)予約不要、長治療・再生医療・エイジングケア要予約

リペアセルクリニック東京院

リペアセルクリニック東京院は、再生医療専門医である坂本定範が「再生医療」に特化した以下のような医療サービスを提供するクリニックです。

  • 幹細胞治療(脂肪由来)
  • 膝関節の再生医療
  • 股関節の再生医療
  • 肩腱板の再生医
  • 糖尿病の再生医療
  • 心臓疾患の再生医療
  • 肝臓疾患の再生医療
  • 脳卒中の再生医療
  • 脊髄損傷の再生医療
  • スポーツ障害の再生医療

リペアセルクリニック東京院の4つのおすすめポイント

リペアセルクリニック東京院のおすすめポイントは以下の通りです。

  • 高度な医療技術と設備
  • 安全で確実な治療
  • 広い治療範囲
  • 信頼できる医師・スタッフ
高度な医療技術と設備

リペアセルクリニック東京院は、最新の医療機器や設備を導入し、高度な医療技術を提供しています。
医師やスタッフは、常に最新の情報を収集し、最良の医療を提供するために努力しています。

安全で確実な治療

リペアセルクリニック東京院では、安全で確実な治療を提供するために、厳密な衛生管理や手順を実施しています。
患者さんの状態や希望に合わせたカウンセリングから、治療の準備からアフターケアまで丁寧に対応しています。

広い治療範囲

リペアセルクリニック東京院では、形成外科、再生医療など、幅広い治療を提供しています。
患者さんの悩みや希望に合わせた施術プランを提案し、最適に治療しています。

信頼できる医師・スタッフ

リペアセルクリニック東京院の医師やスタッフは、高い技術力と豊富な経験を持っています。
患者さんとのコミュニケーションを大切にし、治療に対する不安や疑問にも丁寧に応えます。
信頼関係を築くために、常に真摯な姿勢で治療に臨んでいます。

リペアセルクリニック東京院の施術メニュー

施術名施術詳細料金
幹細胞治療膝関節(1部位)幹細胞数2,500万個132万円(税込)
幹細胞治療股関節(1部位)幹細胞数2,500万個132万円(税込)
幹細胞治療肩関節(1部位)幹細胞数2,500万個132万円(税込)
PRP局所・関節内注射(1回)16万5,000円(税込)
リハビリテーション30分5,500円(税込)

リペアセルクリニック東京院の基本情報

クリニック名リペアセルクリニック東京院
所在地〒105-0022東京都港区海岸1-16-1ニューピア竹芝サウスタワー3F
診療時間10:00~19:00(完全予約制)
休診日不定休
予約方法電話、メール(入力フォーム)

北里整形外科クリニック

北里整形外科クリニックは、膝のスポーツ外傷や膝関節症の治療に力を入れています。
医師の豊富な経験と高い技術力が評価されているクリニックです。

北里整形外科クリニックの4つのおすすめポイント

北里整形外科クリニックのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 医師の豊富な経験と技術力
  • 最新の医療機器と設備
  • きめ細かい診療と丁寧なカウンセリング
  • 豊富な診療項目と手術方法の選択肢
医師の豊富な経験と技術力

北里整形外科クリニックは、創設者の北里柏三先生が日本で初めて整形外科を開業した歴史あるクリニックです。
北里先生をはじめ、多くの医師が経験豊富で高度な技術力を持っており、患者さんに対して確かな治療を提供しています。

最新の医療機器と設備

北里整形外科クリニックでは、最新の医療機器や設備を導入しています。
これにより、より正確かつ迅速な診断や治療が可能になり、患者さんの負担が軽減されます。

きめ細かい診療と丁寧なカウンセリング

北里整形外科クリニックは、患者さん一人ひとりに合わせたきめ細かい診療を提供しています。
治療前には丁寧なカウンセリング、患者さんの希望や不安をしっかりと聞き取ってから治療方針を決定します。

豊富な診療項目と手術方法の選択肢

北里整形外科クリニックでは、多くの診療項目と手術方法を取り扱っています。
例えば、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、小児外科などの幅広い分野に対応しています。
最新の手術方法も積極的に取り入れており、患者さんにとって最適な治療法を提供しています。

北里整形外科クリニックが選ばれる理由

北里整形外科クリニックが選ばれる理由には以下のような特徴が挙げられます。

歴史と伝統のあるクリニック

北里整形外科クリニックは、日本で初めて整形外科を開業した北里柏三先生が創設したクリニックです。
創業以来、多くの医師が経験を積み、独自の技術を開発してきました。
この歴史と伝統に裏打ちされた信頼性が、患者さんに選ばれる理由の一つです。

豊富な診療項目と手術方法

北里整形外科クリニックでは、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、小児外科など幅広い分野に対応しています。
最新の手術方法も積極的に取り入れており、患者さんにとって最適な治療法を提供しています。
これにより、患者さんの多様なニーズに応えられます。

医師の高い技術力と経験

北里整形外科クリニックの医師は、経験豊富で高度な技術力を持っています。
多くの手術実績を持ち、最新の技術や知識を習得するために海外研修するなど、常に専門性の向上に取り組んでいます。
これにより、高い水準の治療を提供できます。

きめ細かい診療と丁寧なカウンセリング

北里整形外科クリニックでは、患者さん一人ひとりに合わせたきめ細かい診療を提供しています。
治療前には丁寧なカウンセリング、患者さんの希望や不安をしっかりと聞き取ってから治療方針を決定します。
これにより、患者さんが安心して治療を受けられます。

北里整形外科クリニックの施術メニュー

施術名料金備考
PFC-FD™注射19万8,000円(税込)※複数個所希望の場合はご相談ください
※感染症検査で陽性反応が出た場合:1万5,000円

北里整形外科クリニックの基本情報

クリニック名北里整形外科クリニック
所在地〒162-0811東京都新宿区水道町4-13 3F
診療時間9:00~12:30(土曜午前は9:00~13:00)15:00~18:30
休診日水・日・祝・土曜午後
予約方法電話

JR東京総合病院スポーツ整形外科

JR東京総合病院のスポーツ整形外科は、膝のスポーツ外傷や骨折の治療に力を入れており、選手たちからの信頼も厚いクリニックです。

JR東京総合病院スポーツ整形外科の4つのおすすめポイント

JR東京総合病院のスポーツ整形外科のおすすめポイントは以下の通りです。

  • 専門的なスポーツ医療の提供
  • 経験豊富な専門医の在籍
  • 最新の設備や技術の導入
  • カスタマイズされた治療プランの提供
専門的なスポーツ医療の提供

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、スポーツに関する様々な怪我や障害に対して、専門的な医療を提供しています。
スポーツにおいて必要な運動能力を復元することを目的として、怪我の治療から予防、トレーニング指導まで幅広く対応しています。

経験豊富な専門医の在籍

JR東京総合病院スポーツ整形外科には、スポーツ医療に精通した経験豊富な専門医が多数在籍しています。
医師とスポーツ選手が密に連携しながら、最適な治療プランを提供しています。

最新の設備や技術の導入

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、最新の医療機器や技術を導入しています。
MRIやCTなどの高度な検査機器を備え、より正確で迅速な診断が可能です。
手術においても最新の技術を取り入れています。

カスタマイズされた治療プランの提供

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、患者の状態や目的に応じたカスタマイズされた治療プランを提供しています。
スポーツ選手の復帰までの期間や運動能力の回復度合いに合わせて、最適な治療方法を選択し、患者一人ひとりにあわせてケアしています。

JR東京総合病院スポーツ整形外科が選ばれる理由

JR東京総合病院スポーツ整形外科が選ばれる理由は、以下のような特徴があるからです。

スポーツ医療に特化した専門医が在籍している

JR東京総合病院スポーツ整形外科には、スポーツ医療に特化した専門医が多数在籍しています。
スポーツにおける怪我や障害に関する豊富な知識と経験を持ち、選手の怪我を正確かつ迅速に診断し、最適な治療方法を提供できます。

最新の医療機器や技術を導入している

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、最新の医療機器や技術を導入しています。
MRIやCTなどの高度な検査機器を備え、より正確で迅速な診断が可能です。
また、手術においても最新の技術を取り入れています。

カスタマイズされた治療プランを提供する

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、患者の状態や目的に応じたカスタマイズされた治療プランを提供しています。
スポーツ選手の復帰までの期間や運動能力の回復度合いに合わせて、最適な治療方法を選択し、患者一人ひとりに合わせてケアしています。

スムーズな医療連携が可能

JR東京総合病院は、総合病院としての機能を持っており、内科や外科などの各種診療科が一つの病院内に揃っています。
これにより、スポーツ選手が他の病気や怪我を抱えた場合でも、スムーズに医療連携が可能です。

駅からのアクセスが良好

JR東京総合病院は、東京駅から直結しており、他の交通手段でもアクセスが良好です。
スポーツ選手が怪我をした際にも、迅速に病院へ移動できます。

JR東京総合病院スポーツ整形外科の施術メニュー

JR東京総合病院スポーツ整形外科で提供される主な施術メニューは以下の通りです。

スポーツ外傷の診断・治療

スポーツ外傷としては、捻挫や打撲、骨折、脱臼、靭帯損傷、腱損傷、筋損傷などがあります。
スポーツ外傷の適切な診断と治療がスポーツ選手の復帰には欠かせません。
JR東京総合病院スポーツ整形外科では、スポーツ外傷の診断と治療に長年の経験を持つスポーツ医が対応します。

関節鏡視下手術

スポーツ外傷の治療には、手術が必要な場合があります。
JR東京総合病院スポーツ整形外科では、関節鏡を使用した手術を実施しています。
関節鏡を用いることで、手術の精度を高め、術後の痛みや回復期間を短縮できます。

リハビリテーション

スポーツ外傷の治療後には、リハビリテーションが必要となります。
JR東京総合病院スポーツ整形外科では、理学療法士やスポーツトレーナーなどの専門スタッフが、スポーツ選手の怪我からの回復をサポートします。

トレーニング指導

JR東京総合病院スポーツ整形外科では、スポーツ選手の怪我を予防するために、トレーニング指導も行っています。
トレーニング指導は、選手の状態に合わせて、最適なトレーニング方法を提供し、選手のパフォーマンスを向上させます。

JR東京総合病院スポーツ整形外科の基本情報

クリニック名JR東京総合病院スポーツ整形外科
所在地東京都渋谷区代々木2-1-3
診療時間8:40~11:00
休診日第1・3・5土曜日、日曜日、祝日、8月の第2土曜日(年度によって変更の場合あり)、年末年始(12月30日から1月3日)
支払い方法現金・クレジットカード・交通系電子マネー
予約方法紹介状ありor来院履歴あり:電話予約/紹介状無し:直接来院のみ

スポンサーリンク

変形性膝関節症|予防と改善

変形性膝関節症はセルフケアである程度予防・改善できます。
変形性膝関節症の予防・改善方法をご紹介します。

筋力トレーニング

下半身の筋力トレーニングは、変形性膝関節症の予防・改善に一定の効果を期待できます。
膝周辺の筋肉を強化することで、膝の負担を軽減できるためです。

意識して鍛えたいのは大腿四頭筋です。
太ももの前面にあたる部位です。

太ももとの筋力トレーニングのポイントは、膝を動かさずに足を動かすことです。
たとえば膝をテーピングして固定する方法などがあります。

【やり方】

  • 膝をテーピングなどで固定する
  • 仰向けに横たわる
  • 膝を曲げないように、足首を10cmほど浮かせる

ウォーキングもよい筋トレになります。
膝への負担を減らす歩き方は次の通りです。

【歩き方】

  • 背筋を伸ばしてあごを引き、視線は5〜6m先に固定する
  • 歩くときは、かかとから着地する
  • 体重を親指の付け根に移動させる
  • 最後はつま先で大地を蹴ってつぎを踏み出す

なるべく膝を曲げないようにするのがポイントです。
足の動きにあわせて腕を軽く振ると歩きやすくなります。

歩くのが難しい場合は、テーブルなどに手をついて足踏みするだけでもよい運動になります。

反対に控えたいのは、階段の上り下りです。
特に階段を下る動きは膝に大きな負荷がかかるため、かえって症状が悪化することがあります。

運動中に痛みを感じる方も、無理にトレーニングを続ける必要はありません。

可動域トレーニング

可動域トレーニングは、膝の硬直をほぐすためのトレーニングです。
膝が動く範囲(可動域)を広げることで、スムーズな歩行・膝の曲げ伸ばしを目指します。

硬直をほぐすことは痛みの軽減にもつながります。

【やり方】

  • 1 細長いタオルを1枚用意する
  • 2 仰向けに横になる
  • 3 ストレッチを行いたい方の足を曲げる
  • 4 3の足首~すねにタオルを引っかける
  • 5 4のタオルの両端を両手で持ち、かかとをお尻に近づける要領で引き寄せる
  • 6 無理のない距離まで近づけたら5秒間キープ
  • 7 3~6を5回~10回繰り返す

生活環境の見直し

変形性膝関節症を予防・改善するには、生活環境の見直しも必要です。
ポイントは、膝への負担を減らすことです。

たとえば次のような方法があります。

  • 肥満を解消する
  • 長時間の正座・あぐらは止めて椅子を使った生活にする
  • 和式トイレは使わない
  • ひざ掛けなどを使って膝を冷やさないようにする
  • 重い荷物は持たない
  • 布団の上げ下ろしは避けてベッド生活にする

膝をあまり動かさないのもNGです。
たとえば長時間寝たきり・座りっぱなしになると、膝の筋肉の低下や関節の硬直が起こります。

変形性膝関節症を予防・改善するには、定期的な運動に取り組みましょう。
たとえばウォーキング・散歩などがおすすめです。

膝関節によい食べ物

変形性膝関節症の予防・改善には、食べ物を工夫するのも1つの方法です。
具体的には、軟骨・関節の働きをサポートするものを食べましょう。

代表的なのはコラーゲン・コンドロイチン・グルコサミンなどです。
コラーゲンはうなぎ・ふかひれ・牛すじなどに含まれます。

コンドロイチンは納豆・オクラなどのねばねばした食品に豊富です。
グルコサミンはカニ・エビなどの甲殻類に主に含まれます。

骨・筋肉を丈夫にする栄養素の摂取もおすすめです。
骨の原料になるのはカルシウム・マグネシウムなどです。

筋肉はタンパク質から作られます。

膝関節によいサプリメント

股関節の働きをサポートするようなサプリメントを摂取するのも1つの方法です。
具体的には、コラーゲン・グルコサミン・コンドロイチンなどが配合されたものを選んでみてください。

コラーゲン・グルコサミン・コンドロイチンは、軟骨を構成する成分です。

スポンサーリンク

日本の変形性膝関節症患者数

日経メディカルの発表によると、日本における変形性膝関節症の患者数は2530万でした。
男女別にみると、男性患者数は860万人、女性は1670万人という結果になりました。

女性の患者数は男性の約2倍であることが分かります。
女性の変形性膝関節症の発症率が高い原因は、主に2つあります。

1つ目は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少です。
エストロゲンは軟骨・骨の形成を促進するホルモンです。

閉経によって分泌量が極端に減ると、軟骨・骨の形成が滞りやすくなります。
結果として、変形性膝関節症のリスクが上昇するというわけです。

ちなみに閉経後の女性は骨粗鬆症のリスクも高まります。
理由は同じく、骨の形成を促進するエストロゲンの量が減るためです。

2つ目の理由は、女性は男性に比べると筋力が弱いためです。
筋力が弱いと体重を分散できないため、膝に負担がかかりやすくなります。

すると軟骨の摩耗が進むため、変形性膝関節症が起こりやすくなります。

閉経後の女性は変形性膝関節症が起こりやすいため、意識して予防に取り組むことが大切です。

出典:日経メディカル【日本の変形性関節症患者は膝2500万人、腰椎3800万人

変形性膝関節症まとめ

ここまで変形性膝関節症についてお伝えしてきました。
変形性膝関節症の要点を以下にまとめます。

  • 変形性膝関節症の症状は、初期は膝の違和感・痛みなどだが、重症化すると歩けなくなることもある
  • 変形性膝関節症の原因は加齢・肥満・激しい運動など
  • 変形性膝関節症の治療法は薬物療法・運動療法・手術療法のほか、生活習慣・環境の見直しなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク