ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ダイエット>GLP-1ダイエットは痩せない?危険性と安全な痩せ方を詳しく解説

GLP-1ダイエットは痩せない?危険性と安全な痩せ方を詳しく解説

GLP-1ダイエットにはどんな効果があるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
GLP-1ダイエットとは、糖尿病で使われる治療薬を利用してインスリンの分泌を促し血糖値を下げる方法です。

そもそもGLP-1ダイエットとはどのような仕組みなのでしょうか?
GLP-1ダイエットはどのような作用や危険性があるのでしょうか?

本記事ではGLP-1ダイエットについて以下の点を中心にご紹介します。

  • GLP-1ダイエットとは
  • GLP-1ダイエットの危険性
  • GLP-1ダイエットの種類と費用
  • GLP-1ダイエットで安全に痩せる方法

GLP-1ダイエットについて理解するためにも参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

GLP-1とは

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド-1(Glucagon-like peptide-1)の英語の頭文字を略したものです。
小腸から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促す働きがあるインクレチンの1種です。

通常、GLP-1は食事の摂取で血糖値が上がると、小腸にあるL細胞から分泌されます。
分泌されたGLP-1の一部は血液によって膵臓へ運ばれ、血糖値を下げるインスリンを分泌させます。

GLP-1は、血糖値が高い場合にのみインスリンを分泌させるのが特徴です。
食事をしていない場合や血糖値が高くなければGLP-1の分泌を行わず、インスリンを出すことはありません。

スポンサーリンク

GLP-1ダイエットで痩せる仕組み

GLP-1ダイエットは、インスリンの分泌作用を利用したダイエット方法です。
ここからは、GLP-1ダイエットで痩せる仕組みについて具体的に解説します。

膵臓に作用する

GLP-1ダイエットは、GLP-1受容体作動薬を投与して膵臓に作用する働きがあります。
投与されたGLP-1は、血液によって一部が運ばれて膵臓へ送られるからです。

通常は、食事で消化管に食べ物が入ると小腸からGLP-1が分泌されます。
しかし、GLP-1受容体作動薬を使えば食事をせずにGLP-1を体内に入れることができます。

GLP-1ダイエットは稀に重大な副作用として、膵炎や急性膵炎を起こす可能性があります。
安全性の確保が難しいことから、膵臓疾患がある方はGLP-1ダイエットを行うことができません。

インスリンが分泌される

GLP-1は膵臓のβ細胞という表面にある、GLP-1の受容体につくことでインスリンを分泌します。
インスリンとは、膵臓から分泌されるホルモンの一種です。

食事で急激に上がる血糖値を抑制し、糖尿病を予防しています。
人体から分泌されるホルモンの内、血糖値の上昇を抑えるのはインスリンだけです。

糖尿病患者の方は、不足したインスリンを補う場合があります。
そのため、GLP-1受容体作動薬でインスリンを分泌させています。

GLP-1ダイエットは、糖尿病治療で行なうインスリン分泌の作用を活用したダイエット方法です。

満腹感が長時間続く

GLP-1ダイエットは、満腹感が長時間続くことが特徴です。
GLP-1は胃腸の働きを抑制します。
そのため、摂取した食べ物を胃から小腸へ運ぶ動きが遅くなります。

満腹感が持続しやすいことから、1回の食事の摂取量を減らしても満足しやすい身体作りが可能です。
少ない食事で満足することができれば、体重は自然に落ちやすくなります。

食べることが好きな方にとって、食事制限は大きなストレスです。
無理な我慢をして暴飲暴食に走らないよう、GLP-1ダイエットの満腹感の持続効果を利用しましょう。

食欲を抑制する

GLP-1が分泌されることで、脳にある満腹中枢を刺激して食欲を抑制します。
食欲が抑制されると、食べ過ぎの防止や少ない食事量でも満足できるようになります。

満腹感も長時間続くため食欲の抑制効果とあわせると、我慢や無理をせず摂取カロリーをコントロールできます。
ダイエットを成功させるには、摂取カロリーを抑えることがとても大切です。

必要以上に食べてしまう方や間食をする方は、GLP-1ダイエットで食欲をコントロールしましょう。
食事量を抑えながら、食事や栄養バランスの見直しも一緒に行なうことが大切です。

血糖値を上がりにくくする

GLP-1ダイエットは、GLP-1がインスリンを分泌させることで血糖値を上がりにくくします。
血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度を示す値です。

炭水化物などを摂取すると、消化吸収によりブドウ糖に分解されます。
インスリンは、ブドウ糖をエネルギー源として体内に取り込む役目を果たします。

インスリンが不足すると血糖値の濃度が上がり、肥満や糖尿病につながるため注意が必要です。
GLP-1ダイエットでは、インスリンを分泌して血糖値の上昇を抑制し、肥満になりにくい仕組みを作っています。

GLP-1ダイエットで得られる効果

GLP-1ダイエットを行うことで、体重や食事に様々な影響があります。
ここでは、GLP-1ダイエットで得られるメリットについて解説します。

体重が減る

まず、GLP-1ダイエットで得られるのは体重が減ることです。
体重を減らすには、血糖値の上昇を抑え、食欲をコントロールをすることが必要です。

GLP-1ダイエットは、体内にGLP-1受容体作動薬を取り込んで血糖値をコントロールします。
食欲が抑制されて摂取カロリーが減り、血糖値が上がりにくくなると、体重は自然に落ちる仕組みになっています。

ダイエットで体重を減らすためには、自発的な食事制限や運動が必要です。
しかし、GLP-1ダイエットは無理せず体重が落ちるためとても画期的な方法です。

食事制限をする必要がない

GLP-1ダイエットは、食事制限をする必要がありません。
GLP-1が胃の動きを抑制させることで、自然に食欲が抑制されます。
そのため、少ない食事量でも満足できるようになります。

GLP-1ダイエットを始めたの中には、通常の半分の量で満足できるようになる場合もあります。
ダイエットで結果を出すには、食事制限は避けて通れません。

しかし、GLP-1の効果で食欲を落とすことができれば意識せず食事制限が可能です。
GLP-1ダイエットは、食事を我慢できないや食べることが好きなに合ったダイエットです。

空腹を感じないため過食しない

GLP-1ダイエットは、空腹を感じないため過食を防ぎやすくなります。
GLP-1受容体作動薬を体内に取り込むことで、満腹中枢が刺激されて空腹を感じにくくなります。

また、胃から小腸へ食べ物を消化する動きが遅くなることも、空腹を感じにくい理由の1つです。

通常のダイエットは、カロリーを減らすために食事の量を減らす必要があります。
しかし、ストレスがたまりやすいため、我慢できずに過食をしてしまう方も少なくありません。

GLP-1ダイエットは空腹を感じにくいため、無理なくダイエットを続けられます。

ハードな運動をしなくても痩せる

GLP-1ダイエットは自然に食欲を抑えられます
そのため、ハードな運動をしなくても痩せることができます。
運動の時間がとれない方や運動が苦手な方でも続けやすいのでおすすめです。

ただし、薬を飲んだからといって、まったく運動をしないのはおすすめできません。
運動不足になると代謝機能が衰え、摂取カロリーを減らしても消費しにくい身体になってしまうからです。

気軽にできるストレッチやエクササイズ、ウォーキングなど自分にあった運動を取り入れてみましょう。
GLP-1ダイエットと一緒に行うことで、より減量効果を得やすくなります

ダイエットの停滞期を乗り越えられる

GLP-1ダイエットでは、ダイエットで起こりやすい停滞期を乗り越えやすくなります。
停滞期とは一定の減量をすると、途中から体重や体脂肪の減少が停滞してしまう期間のことです。

通常のダイエットは、停滞期でも食事制限や運動を続ける必要があります。
そのため、通常のダイエットは挫折しやすいといえます。
しかし、GLP-1ダイエットの場合は食事制限やハードな運動が必要ありません。

停滞期でも普段通りに生活できるため、ストレスも最小限に抑えられます。
制限や我慢が少ないGLP-1ダイエットは停滞期を乗り越えやすく、効率のよい減量が可能です。

関連記事

ダイエットの停滞期についてダイエットを頑張っていると、思うように体重が減らない時期があります。思うように体重が減らない時期は、「停滞期」と呼ばれ、ダイエットする誰にでも起きる自然な現象です。停滞期が起きる原因は何でしょうか?停[…]

AGA

GLP-1ダイエットの口コミを紹介

GLP-1ダイエットは、体重の減量や食欲を抑えられるなどメリットがたくさんあります。
実際にGLP-1ダイエットを行ったは、どのような効果を感じたのか口コミをご紹介します。

GLP-1ダイエットをして良かった口コミ

着実に体重が減る

GLP-1ダイエットをしてみたところ「着実に体重が減った」という口コミが目立ちました。
効果やペースには個人差があるようで、毎月2kgずつ減ったや半年で10kg以上の減量に成功したもいます。

減量効果をアップさせるために、運動と組み合わせてGLP-1ダイエットを行う方法も有効です。
また、中には「運動をしなくても体重が減った」という口コミもあります。
このことから、運動が苦手なでも効果を実感できるようです。

GLP-1ダイエットで体重が減ったことで、周囲から「痩せたね」と声をかけられたという嬉しい口コミもありました。

欧米では肥満治療薬の承認を受けていて安心

GLP-1は、早期から欧米で肥満治療薬として承認を受けています。
そのため、使用にあたっても安心を感じる口コミがありました。

GLP-1ダイエットを取り扱う病院の中には、実際に医師が使用して効果を確認している例もあります。
薬や効果に不安があれば、使用経験のある病院を選ぶこともおすすめです。

病院では事前に薬の説明や使用方法の説明があります。
服用方法を間違えてしまわないよう薬の種類や量、使い方は必ず確認が必要です。

もし、GLP-1の使用に疑問や不安があれば担当医や看護師に相談しておきましょう。

生活習慣病の予防になった

GLP-1ダイエットとあわせて、生活習慣の改善をしたことで痩せたという口コミがありました。
生活習慣病は、日常の食事や運動、喫煙、飲酒などの習慣が要因になって発症する疾患のことです。

特に肥満は疾病に結びつく可能性が高いため、適切な体重管理が大切です。
GLP-1ダイエットをきっかけに、食事や運動を一緒に見直すことは生活習慣病の予防にもつながります。

また、満腹感が持続するため少ない食事で満足でき、食欲をコントロールしやすくなります。
GLP-1ダイエットを上手く利用しながら、生活習慣の改善に取り組みましょう。

通院がほぼ必要なくて便利

GLP-1ダイエットは通院がほぼ必要ないため、無駄な時間や手間がかかりません。
最初に医師から診察を受けてしまえば、薬を継続して受け取ることが可能です。

最近ではオンラインで診療や処方を行うところもあります。
そのため、自宅にいながらすべて完結させることもできます。

GLP-1ダイエットをやりたいけれど周辺に病院がないと悩んでいるは、オンラインで対応できるところを選びましょう。

実際にオンラインを利用した方からは「通院の手間がなくてすごく便利」と口コミで好評です。
また、ダイエットしたいけれど通院していることを知られたくない方や、まわりの目が気になる方でも安心です。

食事制限のストレスがない

GLP-1ダイエットの口コミで「食事制限によるストレスがない」との声が見られました。
ダイエットでは食事に気を使うことが大切ですが、我慢や無理をすることでストレスを感じてしまいます。

しかしGLP-1ダイエットでは、自然と食欲が落ちたり少量の食事でも満足できたりしたがいるようです。
中には食事制限のストレスがなくなったことで、今までの食生活を見直すもいました。

炭水化物を減らして野菜を摂取したり水を飲んだりして、身体に良い習慣を身に付けることが大切です。

GLP-1ダイエットをして悪かった口コミ

自己注射が痛い

GLP-1ダイエットで注射薬を選んだからは、自己注射の痛みを感じる口コミがありました。
注射薬はお腹や太ももに刺して投与しますが、注射が苦手な方や痛みに弱い方は苦痛を感じるようです。

また、注射針の跡がアザになったり赤く腫れあがったりする肌トラブルを経験した方の声も見られました。

肌が弱い方やプールなどで肌を出す予定のある場合は注意が必要です。
注射薬を選ぶ際は、事前に肌トラブルの可能性があることを認識しておきましょう。

もし、自己注射の痛みに耐えきれない場合は、無理せず速やかに医師に相談してください。
注射薬を中止したり飲み薬に変えたりして、継続しやすい方法を選ぶことが大切です。

痩せない

GLP-1ダイエットを実践したから「思ったように痩せなかった」という声があります。
満腹感を感じても食欲が落ちなかったり、食欲のコントロールができなかったりすることが原因のようです。

中には、思う様に体重が減らないストレスから、暴飲暴食をしてしまったもいます。
体重の減り方は個人差が大きいため、すぐに思うような結果がでなくても焦らないことが大切です。

また、GLP-1ダイエットをしているからといって羽目を外すと期待した効果も得られません。
痩せない場合は、食事の見直しや運動を取り入れてみることをおすすめします。

危険性を後から知り不安になった

GLP-1ダイエットの口コミには「後から危険性があることを知った」「かなり不安」という声が見られました。
使用されるGLP-1受容体作動薬は、本来糖尿病治療として使われています。

そのため、痩身目的で使用すると予期せぬ副作用や低血糖を起こす危険性があります。
痩せたいという気持ちだけで安易に始めるのではなく、危険性があることを十分理解しておくことが重要です。

どうしてもGLP-1ダイエットの不安が拭いきれない場合は、無理せず他のダイエット方法を検討してみてください。

治療費が高い

GLP-1ダイエットを始めたからは、「治療費が高い」という口コミがありました。
GLP-1ダイエットに用いられるGLP-1受容体作動薬の認可は、糖尿病の治療にのみ与えられています。

そのため、痩身目的や肥満治療で使用する場合は、保険や医療費控除の適用外です。
飲み薬であれば1ヶ月1〜3万円程度、注射薬は1ヶ月7万円程度の費用がかかります。

金銭面の負担が大きいため、GLP-1ダイエットを検討しているは事前に費用を確保しておきましょう。
中には金銭の負担を抑えるため、薬の宅配は希望せず病院へ取りに行くもいるようです。

副作用が出てきつかった

GLP-1ダイエットでは、副作用に苦しんだの口コミが寄せられました。
主な副作用として多かったのは、吐き気や気分の不快感です。

症状が出たからは「常に胃がムカムカする」「強い吐き気で食事が食べられない」などの声が見られました。
そのため、副作用に耐えきれず途中で断念してしまうもいるようです。

副作用の重さや症状の出方は、人によって大きく異なります。
GLP-1ダイエットを行う際は、必ず副作用について理解しておきましょう。

もし症状が酷く継続が難しいときは、必ず医師に相談してください。

健達ねっとECサイト

GLP-1ダイエットの危険性

GLP-1ダイエットは効果が出る一方、副作用の危険性も潜んでいます。
ここでは、GLP-1受容体作動薬の使用で起こり得る副作用について解説します。

低血糖

GLP-1ダイエットは、GLP-1受容体作動薬でインスリンを分泌して血糖値を下げます。
しかし、血糖値が極端に下がり過ぎてしまうと低血糖を起こす危険性があります。

低血糖になると交感神経刺激ホルモンが作用して、以下の様々な症状が起こります。

  • ふるえ
  • 動悸
  • めまい
  • 脱力感
  • 倦怠感
  • 冷汗
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 生あくび

低血糖の症状が出た場合は、ジュースなどで糖分を摂取すると緩和する場合があります。
しかし、症状が酷い場合はなるべく早く病院を受診し、医師に相談を行いましょう。

吐き気や嘔吐

GLP-1受容体作動薬の副作用として、吐き気や嘔吐を起こす可能性があります。
症状が起きる理由として、GLP-1が胃腸の働きを抑制するためです。

食べ物が胃から小腸へ運ぶ動きが遅くなると、人によって吐き気や嘔吐を引き起こします。
特に吐き気は初期症状として多く見られますが、身体が慣れてくると落ち着きます。

もし、吐き気で食事ができないなど生活に支障がある場合は、薬の使用を中止して医師に相談しましょう。

胃のむかつき

吐き気や嘔吐の副作用と同じ理由で起こりやすいのが、胃のむかつきです。
こちらも、GLP-1受容体作動薬で胃腸の働きが抑制されることによりあらわれます。

胃のむかつきについても、薬に身体が慣れてくれば落ち着く場合があります。
症状に慣れるまでは、薬を投与しながら様子を見るとよいかもしれません。

もし、胃潰瘍など胃腸障害があった場合、GLP-1受容体作動薬を使用できない可能性があります。
胃腸機能に持病や不安があるは、使用前に必ず医師へ相談を行いましょう。

極端な食欲低下

GLP-1受容体作動薬を使用すると、副作用により極端な食欲低下を起こすことがあります。
これは、GLP-1が脳の満腹中枢を刺激することで、空腹を感じにくくなるからです。

しかし、極端に食欲が低下すると栄養失調を起こす危険性があるため注意が必要です。
極端に食欲が落ちた場合は、薬の使用を中止して速やかに医師へ相談してください。

人間の体は機能を維持するために、1日に必要な摂取カロリーがあります。
GLP-1ダイエット中でも最低限のカロリー摂取を守るなど、食事管理をしっかり行いましょう。

倦怠感

GLP-1受容体作動薬の副作用では、倦怠感を感じる場合があります。
倦怠感はGLP-1受容体作動薬によって血糖値が低下し、低血糖を起こした際にあらわれる症状です。

症状が出たらすみやかに糖分を摂れるよう、あらかじめ準備をすることが大切です。
飴を持ち歩いたりジュースを用意したりして、倦怠感を緩和させる対策をとりましょう。

倦怠感が強いときは無理に動いたり運動をしたりせず、安静にして過ごすことも大切です。

悪心

GLP-1受容体作動薬の副作用として、悪心の症状がでることもあります。
悪心とは、嘔吐をする前に起こる吐き気やむかつきのことです。

身体が薬に慣れてくると、徐々に症状が改善されていく傾向があります。
最初は不快に思うかもしれませんが、症状が落ち着くまでは様子を見ながら続けていきましょう。

使用を続けても症状が改善されないときや我慢ができない場合は、速やかに医師に相談することが大切です。

血糖値が下がりすぎると昏睡

GLP-1受容体作動薬によって血糖値が下がりすぎると、昏睡状態に至る危険があります。
症状を起こす理由は、血糖値が極端に下がることで脳へのエネルギー不足が起きるためです。

低血糖によるめまいやふらつきの症状が出た場合は、無理な我慢や放置をせずに糖分摂取を行いましょう。
意識が低下してしまうと、その場で倒れたり動けなくなったりする可能性があります。

GLP-1ダイエットを検討している方は事前に副作用を確認し、リスクについて理解しておくことが大切です。

薬の使い方

GLP-1ダイエットが危険な方

GLP-1ダイエットは、人によって身体に危険を及ぼす場合があります。
ここでは、GLP-1ダイエットをしてはいけないについて解説します。

妊娠中の方

妊娠中の方は、GLP-1ダイエットをしてはいけません。
理由は、胎児に対してGLP-1受容体作動薬の安全性が確立されていないからです。

妊娠中の場合は、糖尿病治療であっても同じ理由でGLP-1受容体作動薬の投与を行っていません。
GLP-1ダイエットを始めたい方は、事前に妊娠していないかを十分に確認してください。

また、妊娠でGLP-1ダイエットが中断する可能性がある方は、始める時期を調整して行うことが大切です。

授乳中の方

授乳中の方についても、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
理由は妊娠中の場合と同じで、赤ちゃんに対する安全性が確立していないためです。

母乳は母親の血液から作られます。
そのため、母親が摂取した薬は微量であるものの母乳の中に分泌されてしまいます。

GLP-1受容体作動薬は、膵臓にGLP-1を運ぶ際に一部が血液に流れるため安全とはいえません。
授乳中の場合は、授乳期間が終わってからGLP-1ダイエットを行いましょう。

摂食障害がある方

摂食障害がある方は、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
摂食障害とは、食事の異常行動が続くことによって心身に影響がある病気のことです。

食べる量や食べ方を自分でコントロールできないなど、様々な症状があります。
食事のコントロールが不安定な状態で、GLP-1ダイエットによる食欲低下を起こすのはとても危険です。

摂食障害がある方は、GLP-1ダイエットよりも摂食障害の治療を優先して行う必要があります。

腸閉塞になったことがある方

腸閉塞になったことがある方は、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
腸閉塞とは、腸管の内容物が詰まり肛門側に移動できない状態のことです。

GLP-1の副作用では、稀に腸閉塞を起こす可能性が確認されています。
そのため、腸閉塞を起こした人が繰り返し発症する可能性があり危険です。

過去に腸閉塞になった場合は、GLP-1ダイエット以外のダイエット方法を検討しましょう。

薬が原因で肥満になっている方

使用している薬が原因で肥満になっている方は、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
薬による肥満の場合、GLP-1ダイエットで食欲が低下しても体重が減らない可能性があります。

また、GLP-1受容体作動薬や血糖値の低下がどのように影響するかも不透明です。
処方されている薬や身体にも、どのような影響を及ぼすかわかりません。

薬による肥満を解消したいからといって、GLP-1ダイエットを自己判断で始めるのは危険です。
もし治療中の疾患がある場合は、薬を処方している医師に相談を行いましょう。

腎機能に重い障害がある方

腎機能に重い障害がある方は、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
GLP-1ダイエットの重篤な副作用として、腎不全や腎機能障害を起こす可能性があります。

また、副腎機能不全がある方は、低血糖になる可能性が高くなっています。
腎機能の症状を悪化させないためにも、GLP-1ダイエットはやめておきましょう。

ダイエットを考えている場合は、医師に確認して腎機能に負担をかけないことが大切です。

食事制限ダイエットをしている方

食事制限ダイエットをしている方は、GLP-1ダイエットを行ってはいけません。
GLP-1を摂取すると満腹中枢が刺激されたり胃腸の動きが抑制されたりします。
そのため、食欲が自然に低下します。

並行して食事制限ダイエットを行うと、身体に必要な最低限のカロリーが摂取できません。
極端にカロリーが足りなくなると、リバウンドや健康に害を及ぼすリスクがあります。

健康的に痩せるためにも、どちらか一方のダイエットを行いましょう

GLP-1ダイエットを始める前に

まずは自身がダイエットを始められる状態なのか確認する必要があります。

確認する方法は、医師へ相談することがもっとも正確性が高いでしょう。

既に説明したようなGLP-1ダイエットが危険な方以外にも、既存の健康問題や慢性疾患がある場合、事前に医師の指導を受けることが重要です。
疾患を抱えた状態でGLP-1ダイエットをすると、疾患の悪化を招きかねません。

また医師のアドバイスを受けることで、客観的な視点からダイエットの必要性を評価してもらえます。
場合によっては、GLP-1ダイエットよりも自身に合ったダイエット方法を提案してもらえるでしょう。 

スポンサーリンク

注射と飲み薬どっちが良い?

GLP-1ダイエットは、注射と飲み薬の2つの方法を選ぶことができます。
ここでは、それぞれの特徴とあわせてどちらの方が良いのかを解説します。

注射薬は1日1〜2回または週1回

GLP-1ダイエットの注射薬は、1日に1〜2回投与するものと週1回のものがあります。
毎日注射ができない方や手間を省きたい場合は、週1回の注射薬がおすすめです。

ただし、副作用が気になる方や効果を慎重に試したい方は、1日に1〜2回の注射薬を検討しましょう。

病院によっては、毎日投与する注射薬しか扱っていない場合もあります。
自分の希望にあった処方が選べるか、事前にHPなどで確認が必要です。

注射薬は自己注射に慣れる必要がある

注射薬は自分で身体に投与を行なうため、注射に慣れる必要があります。
皮下注射のための特別な知識や技術はいりません。

しかし、注射の痛みや針が苦手な方にとっては、処方に手間取る可能性もあります。
注射薬を処方する際は、病院でやり方の説明があるため確認が必要です。

また、自己注射は衛生面を守ることも大切です。
注射針の交換や消毒など、必ず医師の指示を守って適切に行いましょう。

もし、自己注射に不安があれば、無理をせず飲み薬を選ぶことも大切です。

飲み薬は1日1回

飲み薬は1日1回で済ませることができるため、とても手軽です。

飲み薬は決まった時間に飲むだけなので、外出や宿泊先でも行えるメリットがあります。
ただし、飲み薬は摂取後30分〜2時間の間飲食が禁止となるため注意が必要です。

使用方法が適切でなければ、飲み薬を使っても思うように効果がでない可能性もあります。
また、手軽に行える分、飲み忘れてしまうことがあるので気を付けましょう。

飲むだけなので注射が苦手でも大丈夫

飲み薬は飲むだけで済むため、注射が苦手な方でも大丈夫です。
注射薬の場合は、自己注射に慣れる必要があるため手間やストレスを感じてしまいます。

また、注射した部分に痛みやかゆみなどの肌トラブルを起こす可能性も否定できません。
費用も飲み薬であれば注射薬よりも安く抑えられます。
そのため、経済的負担が少ないのもメリットです。

もし、注射の痛みや針が苦手な方や自己注射に抵抗がある方は、最初から飲み薬を検討してみてください。

eLife(イーライフ)

eLifeが選ばれる理由

  • スマホで簡単に自宅受診

eLifeでは、オンライン上で国内の医療機関に所属する医師の診察・処方を受けられるサービスを提供しているため、自宅で簡単に受診できます。薬の配送はクロネコヤマトです。

eLifeの料金

Saxenda(サクセンダ)

月々定額 1本/針・アルコール綿付17,800円
月々定額 2本/針・アルコール綿付34,800円
月々定額 3本/針・アルコール綿付51,600円
まとめセット7本114,800円
まとめセット10本158,000円
Rybelsus(リベルサス)
月々定額 3mg 30錠 (特別価格)8,900円
月々定額 7mg 30錠18,000円
月々定額 14mg 30錠29,800円
Ozempic(オゼンピック)
月々定額 2.0mg 1本 旧版0.5mg×4本分22,000円
月々定額 2.0mg 2本 旧版1.0mg×4本分41,000円
SGLT-2 Inhibitor(SGLT-2 阻害薬)
スーグラ 月々定額 25mg/30錠6,400円
ルセフィ 月々定額 2.5mg/30錠8,500円
カナグル 月々定額 100mg/30錠8,900円
フォシーガ 月々定額 5mg/30錠9,400円
ご予約はこちらから
eLife

メタクリニック EC処方.net

メタクリニック EC処方.netが選ばれる理由

  • 薬の受け取りまでオンラインで完結

メタクリニック EC処方.netでは、ビデオ通話(ZOOM)で診療をおこないます。
予約制のため、待ち時間がなくスムーズに診療ができます。薬の配送は送料がかからず、ヤマト運輸のポストイン配送です。

メタクリニック EC処方.netの料金

スタートプラン
初回限定 リベルサス 3mg [30日分]8,900円
2回目以降 リベルサス 3mg [30日分]18,000円
アップグレードプラン
初回限定 リベルサス 3mg [30日分] + ルセフィ 2.5mg [30日分]20,000円
2回目以降 リベルサス 3mg [30日分] +  ルセフィ 2.5mg [30日分]27,000円
糖質カットプラン
定期限定 ルセフィ 2.5mg [30日分]14,000円
2回目以降 ルセフィ 2.5mg [30日分]14,000円

Willbe Clinic(ウィルビークリニック)

Willbe Clinicが選ばれる理由

  • 一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドのプラン

Willbe Clinicでは、無料カウンセリング後に専門の医療チームによって一人ひとりの体型、体質にあわせたオーダーメイドプランを策定します。

Willbe Clinicの料金

パーソナル医療ダイエット月々最低6800円(税込)※60回払いでの月々支払い額

スポンサーリンク

GLP-1の種類には何がある?

GLP-1には様々な種類があります。
ここでは、GLP-1の飲み薬や注射薬についてそれぞれの違いや特徴を解説します。

日本で出回っている飲み薬はリベルサス

日本で出回っている飲み薬は、ノボノルディスクファーマ社のリベルサスです。
錠剤の用量は以下の3つがあり、1日1回の経口投与を行います

  • 3mg
  • 7mg
  • 14mg

最初は3mgからの投与が推奨されており、4週間後に7mgへ増量できます。
もし、4週間以上投与しても効果が見られなければ14mgまで増量が可能です

リザベルは胃の消化により吸収率が変わるため、空腹時の投与が大切です。
起床後に120lm程度の水で錠剤を服用し、服用後30分は飲食や薬剤の摂取を避けてください。

重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 急性膵炎
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

日本で手に入る主な注射薬7選

ビクトーザ

ビクトーザは、ノボノルディスクファーマ社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本18mgで、1日1回の皮下注射が必要です。

1本18mgと多いものの、注射する場合は0.3mg刻みで調節して行います。
注射は朝と夕方どちらでも構いませんが、同じ時刻に行うことが推奨されています。

重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 膵炎
  • 腸閉塞
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

ビデュリオン

ビデュリオンは、アストラゼネカ社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本2mgとなっており、週1回の皮下注射が必要です。

毎日の自己注射が難しい場合は、週1回の注射薬を検討しましょう。
重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 腎不全
  • 急性膵炎
  • アナフィラキシー反応
  • 血管浮腫
  • 腸閉塞
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

バイエッタ

バイエッタは、アストラゼネカ社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本5mgと10mgのタイプがあります。

5mgの場合は1日2回の朝夕食前に皮下注射を行い、増量を行う場合に10mgを使用します。
重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 腎不全
  • 急性膵炎
  • アナフィラキシー反応
  • 血管浮腫
  • 腸閉塞
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

リキスミア

リキスミアは、サノフィ社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本300mgですが、1日1回朝食前に20mgずつ皮下注射を行います。

使用量は最初に10mgから開始し、1週間以上の投与後で15mgに増量します。
さらに1週間以上投与した後、20mgへの増量が推奨されています。

重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 急性膵炎
  • アナフィラキシー反応
  • 血管浮腫
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

トルリシティ

トルリシティは、日本イーライリリー社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本0.75mgで、週1回の皮下注射を行います。

注意点として、週1回の投与は同一曜日にする必要があります。
もし、忘れてしまった場合は72時間以内であればすぐに投与を行いましょう。

重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

低血糖重度の下痢
アナフィラキシー嘔吐
血管浮腫胆嚢炎
急性膵炎胆管炎
腸閉塞胆汁うっ滞性黄疸

サクセンダ

サクセンダは、ノボノルディスクファーマ社がダイエット治療のために開発したGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は1本18mgで、1日1回0.6mgずつ皮下注射を行います。

サクセンダの副作用は非常に少ないとされていますが、以下の症状に注意が必要です。

胃腸障害急性腎不全
低血糖脱水
頻脈アナフィラキシーショック
甲状腺疾患血管浮腫
膵炎腸閉塞
胆石症うつ
胆嚢炎自殺企画

オゼンピック

オゼンピックは、ノボノルディスクファーマ社のGLP-1受容体作動薬です。
注射薬の用量は以下の3つがあり、週1回同一曜日の投与を行います。

  • 0.25mg
  • 0.5mg
  • 1.0mg

最初は週1回0.25mgの投与から始め、4週間後に0.5mgへ増量できます。
もし、0.5mgを4週間以上投与しても効果が見られなければ1.0mgまで増量が可能です。

重大な副作用として、以下の症状を起こす可能性があります。

  • 低血糖
  • 急性膵炎
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 胆汁うっ滞性黄疸

スポンサーリンク

GLP-1ダイエットの費用はどれくらい?

GLP-1ダイエットは、飲み薬と注射薬を継続して投与する必要があります。
ここでは、飲み薬と注射薬の費用についてご紹介します。

飲み薬は1ヶ月1万円〜3万円程度

GLP-1ダイエットで飲み薬を使用する場合、費用は1ヶ月1万円〜3万円程度です。
飲み薬は注射薬よりも価格が低いですが、薬の価格以外にも診察料がかかります。

また、薬の宅配を希望する場合は、別途郵送料がかかるため注意が必要です。
飲み薬は、1ヶ月1万円以上の費用を見込んでおいてください。

ただし、飲み薬は注射薬よりも金額が小さいことが多いです。
そのため、経済的負担が少なく継続しやすいのが特徴です。

注射薬は1ヶ月7万円程度

GLP-1ダイエットで注射薬を使用する場合、費用は1ヶ月7万円程度です。
注射薬は薬品自体の値段が高いため、飲み薬よりもお金がかかります。

また、注射薬の郵送は薬品の品質を落とさないようクール宅急便を使用します。
薬代だけでなく送料の負担も大きいため、飲み薬よりも費用が高いのが注射薬の注意点です。

GLP-1ダイエットは、数か月程度の継続が必要になります。
薬を選ぶときは、自分の経済状況に合わせて続けやすい方を選びましょう。

GLP-1ダイエットの助成制度はない

GLP-1ダイエットは助成制度がないため注意が必要です。
ここでは、GLP-1受容体作動薬の認可や保険適用の有無について解説します。

GLP-1は糖尿病の治療で承認された薬

GLP-1受容体作動薬は、日本国内の2型糖尿病治療薬で使用するために承認された薬です。
GLP-1ダイエットでも使用されていますが、痩身目的での承認はされていません

空腹がなくなったり体重が落ちたりする効果を感じても、未承認であることは必ず理解しておきましょう。
また、ダイエットで使用する際の副作用リスクについても十分な確認が必要です。

痩身目的は保険適用外

痩身目的でGLP-1受容体作動薬を使用する場合は、保険適用外となります。
糖尿病治療の保険適用とは違い、全額自費負担になるため注意しましょう。

GLP-1ダイエットを続ける場合、保険適用外のため経済的負担が大きくなります。
GLP-1ダイエットを始めようと考えているは、事前に薬や診察の費用を捻出できるか検討が必要です。

医療費控除も対象外

GLP-1ダイエットは保険適用外のため、医療費控除も対象外になります。
医療費控除とは、一定額を超える医療費の支払い金額に対して所得控除を受けられる制度です。

GLP-1ダイエットはかかる費用が大きいため、医療費控除を検討するもいるかもしれません。
しかし、痩身の美容目的は対象外となるため注意しましょう。

スポンサーリンク

GLP-1ダイエットで安全に痩せる方法

GLP-1ダイエットは効果に期待できる反面、様々なリスクも伴います。
しかし、生活習慣の見直しや運動を組み合わせることで安全に痩せる方法があります。

ここでは、GLP-1ダイエットで安全に痩せる方法について解説します。

自分の現状を知る

ダイエットを始める前にまず現状を知ることが大切です。
ここでは、自分の現状を知る具体的な内容についてご紹介します。

体重や体脂肪率を測定する

まず、GLP-1ダイエットを始める前に必要なのは体重と体脂肪の測定です。
無理な減量に走らないよう、現状を確認して本当にGLP-1ダイエットが必要か考えましょう。

もし、ダイエットを行う場合でも事前に計測しておけば目標や予定を立てやすくなります。
ダイエットで身体を壊さないためにも、自分の体重と体脂肪を把握しておくことが大切です。

1日の食事内容を記録する

適切にダイエットを行うには、食事の管理がとても重要です。
1日の食事内容を記録することで、食生活の見直しや肥満の原因解明にも役立ちます。

食事の時間や量、食べたものなどを記録して、食生活の課題や改善点を見つけましょう。

食事記録から摂取エネルギーを計算する

食事内容を記録したら、摂取したエネルギーを計算しましょう。
食事の摂取エネルギーが身体を動かして消費したエネルギーよりも多ければ、体重は減っていきます。

肥満の方は、1日の摂取エネルギーを取り過ぎている可能性があるので確認が必要です。

基礎代謝や運動量から消費エネルギーを求める

基礎代謝や1日の運動量を計算して、消費エネルギーを求めましょう。
成人男性の場合、1日の基礎代謝量は約1,500kcal、成人女性は約1,150kcalです。

運動量はデスクワークや肉体労働など、生活スタイルによって違います。
1日の運動量から消費エネルギーを算出し、基礎代謝とあわせてどれくらい消費しているか調べましょう。

どんなときに食べたくなるか書き出す

食事を記録する際は、どんなときに食べたくなるかを書き出すことも重要です。
例えば、夜更かしをしたときや時間が空いたときなど、なんとなく食べている場合もあります。

記録を取りながら、食べたくなった理由を明確にして本当に必要な食事か見直してみてください。

目標を決める

現状が分かれば、次に目標を立てると良いでしょう。
ここでは、目標の決め方についてご紹介します。

最終目標を決める

ダイエットを行う前に、最終目標を決めましょう。
目標を決めておくことで、無理な減量を防ぎ計画的にダイエットを行えます。

また、体重を落とすだけではなくワンサイズ小さい服を着るなどの目標も効果的です。
痩せたらやりたいことなどを決めて、ダイエットの励みにしましょう。

中間目標を決める

最終目標を決めたら、中間目標も決めておきましょう。
せっかく体重が減っても、達成目標までが遠いと挫折しやすくなってしまいます。

そこで、中間目標を設けてダイエットの成果をわかりやすくしましょう。
順調に痩せてきたことがわかると、モチベーションの低下も防げます。

1ヶ月に1kg~2kgの減量

ダイエットで体重を減らすときは、1ヶ月に1kg〜2kgの減量を目指しましょう。
短期間で急激に体重を減らしてしまうと、体調を崩したりリバウンドの原因になったりします。

1ヶ月に1kg〜2kgであれば停滞期も起こりにくくなります。
減量は、焦らず少しずつ行うことが大切です。

毎日〇〇運動をする

ダイエットを行う際は、毎日どんな運動をするか決めておきましょう。
運動の予定を決めておけば、効率的に痩せることができます。

ストレッチやウォーキングだけでなく、筋肉トレーニングも組み合わせながら毎日行う運動を設定しましょう。

おかわりしない

ダイエットを成功させるには、おかわりをしないことも大切です。
おかわりが当たり前になってしまうと、食べ過ぎや1日の摂取カロリーをオーバーしてしまいます。

1回の食事で満足できる量を把握しておき、おかわりをしない食事を目指しましょう。

目標達成のために必要な生活習慣を考える

目標を立てたら、達成するための生活習慣について考える必要があります。
以下で詳しくご紹介します。

バランスの良い健康的な食事

ダイエットの目標を達成するには、バランスの良い健康的な食事が大切です。
主食や主菜、副菜をバランスよく摂れるよう、献立を考えましょう。

また、揚げずに蒸すなど調理法を変えたり、お菓子やアルコールを減らしたりする工夫が必要です。

継続できる中強度の運動

目標を達成するためには、継続できる中強度の運動を行いましょう。
強度が低いと消費エネルギーも小さく、減量のスピードが遅くなってしまいます。

しかし、強度が高い運動はハード過ぎるあまり、けがや挫折をする可能性があります。
しっかり継続ができるよう、自分の体力や技術にあった運動を取り入れることが大切です。

ホルモンバランスを整えるための睡眠

ダイエットを達成するには、ホルモンバランスを整える睡眠も重要です。
睡眠が不足すると、食欲を高めるホルモンであるグレリンが分泌され過食しやすくなります。

質の良い睡眠をとれるよう、運動や入浴、夜更かしを控えてホルモンバランスを整えましょう。
睡眠の質が向上すれば、代謝アップや食欲を抑えるレプチンが分泌されます。
その結果、ダイエット効果も出やすくなるでしょう。

ストレスマネジメント

ダイエットではストレスマネジメントがとても大切です。
食事制限で我慢をしたり思うように体重が減らなかったりすると、ストレスが溜まりやすくなります。

ストレスで暴飲暴食に走ったり食事を取らなくなったりしないよう、定期的なストレス解消が大切です。
少量でも好きなものを食べたり気分転換に外出したりして、自分に合った方法を探しましょう。

ダイエットを実行する

ダイエットを実行するにはどのようにしたらよいでしょうか。
ここでは、ダイエットを実行する具体的な方法についてご紹介します。

計画通りに実行してみる

ダイエットを成功させるためには、計画通りに実行することが大切です。
減量したい目標体重をもとにして、食事や運動の計画を作成して実行していきましょう。

計画をこなすと、達成感が得られるのでモチベーションがアップします。
また、無理なく健康的な減量が実現できるので目標が達成しやすくなります。

完璧にできなくても何か1つ取り組む

食事管理や運動の継続は、最初から上手くできない場合もあります。
完璧を求めずに、まずは何か1つに取り組んでみましょう。

毎日ストレッチを行うなど、できることを1つずつ重ねていくと自分への自信にもつながります。

難しいと感じた点を書き留める

ダイエットをしている中で、難しいと感じた点を書き留めておくことをおすすめします。
例えば、運動の継続や食事制限が難しいと感じたら記録することで、原因を突き止めやすくなるでしょう。

難しいと感じながら続けるとストレスを感じやすくなるため、気になったら書き留める癖を付けましょう。

やり方を修正しつつ継続する

ダイエットは、やり方を修正することも必要です。
以下で詳しくご紹介します。

上手くいかなかった目標を下方修正する

ダイエットが上手くいかない場合は、目標を下方修正することも大切です。
無理に目標を下げずにいると、ストレスが溜まったり挫折しやすくなります。

また、大幅な減量を目標にしている場合、期間や時間もかかります。
上手くいかないときは、達成しやすい現実的な目標を再度設定してみましょう。

継続のためにダイエット内容を考え直す

ダイエットを継続できるよう、内容を考え直すのも大切なやり方です。
もし、継続が難しいと感じたら必ず理由があるはずです。

続けられない原因を突き止めたら、続けられるよう対策や工夫を行いましょう。
ダイエット内容を考え直していくと、自分に合う方法が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

GLP-1ダイエットまとめ

ここまでGLP-1ダイエットについてお伝えしてきました。
GLP-1ダイエットの要点を以下にまとめます。

  • GLP-1ダイエットとは、GLP-1受容体作動薬を投与しインスリンを分泌促す仕組みで痩せる方法のこと
  • GLP-1ダイエットは人によって低血糖や吐き気、悪心など様々な副作用がある
  • GLP-1ダイエットは飲み薬が1ヶ月1万円〜3万円程度、注射薬は1ヶ月7万程度かかる
  • GLP-1ダイエットで安全に痩せるには、食事や運動、生活習慣の見直しも一緒に行うことが大切

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク