ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ヨガスタジオのメリット・デメリットとは?選び方についても解説!

ヨガスタジオのメリット・デメリットとは?選び方についても解説!

ヨガは好みにあわせて、自宅・スタジオでのレッスンを選べます。
おすすめなのはヨガスタジオでのレッスンです。

ヨガスタジオでのレッスンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

本記事では、ヨガスタジオについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • ヨガスタジオのメリット
  • ヨガスタジオの選び方
  • ヨガスタジオを利用する際の注意点

ヨガスタジオについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ヨガとは

ヨガは古代インドで誕生しました。
目的はポーズ・呼吸・瞑想を行いながら、心身を統一させることです。
出典:厚生労働省【ヨガ | e-ヘルスネット(厚生労働省)

効果

ヨガの主な効果は、次の通りです。

  • 筋肉・関節の柔軟性の向上
  • 身体の歪みの矯正
  • 姿勢の改善
  • ダイエット
  • リラックス効果

メリット

ヨガの主なメリットは、次の通りです。

  • 身体能力にあわせて低強度~高強度を選べる
  • 子供・高齢者・妊婦でも取り組みやすい
  • 場所・時間を問わず取り組める
  • 健康効果・美容効果が期待できる

スポンサーリンク

ヨガスタジオのメリット・デメリット

ヨガのレッスンの受け方には、次のようなものがあります。

  • オンラインで自宅で受ける
  • 個別レッスンを受ける
  • ヨガスタジオで集団or個別レッスンを受ける

最もポピュラーなのは、ヨガスタジオでのレッスンです。
今回は、ヨガスタジオでのレッスンの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

ヨガスタジオの特徴

ヨガスタジオとは、ヨガ専門のスポーツジムのようなものです。
一般的なスポーツジムがヨガスタジオを兼ねていることも多いです。

レッスンが受けられる

ヨガスタジオでは、ヨガインストラクターによるレッスンが受けられます。
専門的な指導を受けられるため、独学よりもヨガを深められます。

人と一緒に受ける

ヨガスタジオでのレッスンは、集団レッスンもしくは個別レッスンです。
一般的な、数人グループで受ける集団レッスンです。

個別レッスンの場合は1対1でレッスンを受けられます。

メリット

ヨガスタジオでレッスンを受けるメリットをご紹介します。

・インストラクターにしっかり見てもらえる

ヨガスタジオでのレッスンでは、インストラクターから対面で指導を受けられます。
対面指導のぶん、画面越しのオンラインレッスンよりきめ細かい指導を受けられるのが特徴です。

・正しいポーズを学べる

ヨガスタジオでのレッスンでは、専門のインストラクターの指導を受けられます。
誤ったポーズや呼吸法は早い段階で指摘してもらえるため、正しいヨガを身に付けられます。

・ヨガが早く上達できる

ヨガを習っていると、どうしても得意なポーズ・不得意なポーズが出てきます。
ヨガスタジオのレッスンではインストラクターからアドバイスをもらえるため、不得意分野も早く克服しやすいでしょう。

・メリハリができる

ヨガスタジオ=公共の場でのレッスンは、自宅でのレッスンよりも緊張感があります。
適度な緊張感は、レッスン中・レッスン外のメリハリをつけるのに役立ちます。

「ヨガスタジオに通わなくては」という意識は、ヨガへのモチベーションの向上にもつながります。

・周りと比べることができる

ヨガスタジオでは、数人〜数十人で同時にレッスンを受けます。
他の方と比較しやすいため、自分のヨガのレベルや習熟度を客観的に把握しやすい点がメリットです。

自分より上手な方を見ることは、モチベーションの向上にもつながります。

デメリット

ヨガスタジオのレッスンには、デメリットもあります。
代表的なデメリットをご紹介します。

・好きな時間に行えない

ヨガスタジオのレッスンは、日時が決まっています。
そのため、自宅レッスンのように自分の好きな時間でヨガをしたい方には不向きです。
仕事や家事が忙しいときは、スタジオになかなか行けないこともあります。

・他人の目が気になる可能性がある

ヨガスタジオでは、他人と一緒にレッスンを受けます。
そのため、他人の目が気になってヨガに集中できないこともあるでしょう。
特に初心者の方・ヨガに自信が少ない方は、他人の目が気になる傾向が強いです。

・自分のペースで行うことができない

ヨガスタジオでは、グループ全体の習熟度にあわせてレッスンが進みます。
そのためペースについていけなかったり、反対にペースが遅いと感じたりすることがあります。

大人数でのレッスンでは、細やかな指導もあまり期待できません。
そのため、正しいポーズや呼吸法を習得できないこともあります。

・通う必要がある

ヨガスタジオのレッスンは、当然ながらスタジオに定期的に通わなくてはなりません。
自宅のレッスンと異なり、交通費や移動時間の負担がある点に留意しておきましょう。

・自分にあったヨガスタジオを見つけるのが大変

近年はヨガスタジオの数が増えています。
そのため、自分に合ったヨガスタジオを探し出すのが大変なこともあります。

たとえば、「いざ通いだしたらレベルが高すぎた」というケースが代表的です。
インストラクターとの相性があわないこともあり得ます。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

ヨガスタジオのおすすめの選び方

ヨガスタジオを選ぶときのポイントを5つご紹介します。
ヨガスタジオでのレッスンを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

スタジオの規模で選ぶ

1つ目のポイントは、ヨガスタジオの規模です。
ヨガスタジオには、

  • 大手
  • 個人

の2種類の規模があります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
両者を比較して、自分にあうと感じるヨガスタジオを選んでください。

大手

大手のヨガスタジオのメリット・デメリットは、次の通りです。

メリット店舗数が多い・比較的レッスン料が手ごろ・コースが豊富・安心感がある
デメリットマニュアル通りのレッスンが多い・個別での指導が受けにくい・大人数でのレッスンが多い

個人

個人のヨガスタジオのメリット・デメリットは、次の通りです。

メリット個別指導が受けやすい・インストラクターとの距離が近い・アットホームな雰囲気のスタジオが多い
デメリットレッスンの質がインストラクターの技量に大きく左右される・大手に比べるとレッスン料が高額な傾向がある

目的で選ぶ

ヨガスタジオは、目的で選ぶことも大切です。
ヨガスタジオによっては、希望するプログラムを実施していないこともあるためです。

ダイエット目的

ダイエット目的の場合は、ややハードなヨガを指導するスタジオがおすすめです。
ダイエットに適したヨガの種類は、次の通りです。

  • ホットヨガ
  • ヴィンヤサヨガ
  • パワーヨガ
  • ビクラムヨガ
  • アシュタンガヨガ

身体を柔らかくする目的

柔軟性を高めたい方は、次のようなヨガを行っているスタジオを探しましょう。

  • ホットヨガ
  • アシュタンガヨガ
  • ハタヨガ
  • リストラティブヨガ

スタジオの方針で選ぶ

ヨガの方針は、ヨガスタジオによって異なります。
自分が希望するコンセプトを提供するヨガスタジオを選ぶことが大切です。

パーソナルレッスン

パーソナルレッスンとは、個別レッスンのことです。
インストラクターと1対1でレッスンするため、専門的でキメの細かい指導が受けられます。

パーソナルレッスンは、他人の目を気にせずレッスンしたい方にもおすすめです。
集団レッスンに比べると、レッスン料は高い傾向があります。

ビギナーズフロー

ビギナーズフローは、初心者向けのレッスンのことです。
ヨガの基本的なポーズ・呼吸法を一から学べます。

メンズヨガ

男性は、メンズヨガスタジオを選ぶのもおすすめです。
ヨガの生徒は、女性のほうが圧倒的に多いためです。
「女性に混じってレッスンを受けるのは気が引ける」という方は、メンズヨガを選びましょう。

メンズヨガは、強度の高いヨガを学びたい男性にもおすすめです。
筋肉増強などに特化したレッスンを受けられることも多いためです。

支払いプランを確認する

支払方法は、ヨガスタジオによって異なります。
自分に合った支払方法ができるヨガスタジオを選びましょう。

都度払い

都度払いとは、1回のレッスンごとに支払う方法です。
自分のペースでレッスンを受けられる点がメリットです。

仕事などの関係で定期的にヨガスタジオに通うのが難しい方は、都度払いが適しています。
他の支払い方法に比べると、1回あたりの料金は割高な傾向があります。

数レッスン分のチケットプラン

1チケットで数回分のレッスンが受けられるプランです。
たとえば、5回分・10回分のレッスンが1セットになっています。

都度払いに比べると1回あたりのレッスン料はリーズナブルなのが特徴です。
まとまった回数のレッスンを受ける予定がある方は、チケット制をご検討ください。

月謝プラン

1ヶ月分のレッスン料をまとめて支払う方法です。
1ヶ月分のレッスン回数の設定は、ヨガスタジオによって異なります。

たとえば、通い放題のこともあれば、月〇回以内のよう制限されていることもあります。
具体的な金額とレッスン回数を比較して、適切な料金かどうか検討してみてください。

フリープラン

定額制の通い放題プランです。
レッスンに通う回数が多いほど、お得になることが一般的です。

そのためフリープランは、ヨガスタジオでのレッスンに慣れている方におすすめです。
通う頻度が少ない方は、かえって高くつくことがあるため注意してください。

通いやすい場所を選ぶ

ヨガスタジオは、できれば通いやすい場所で探すのがおすすめです。
たとえ人気の高いヨガスタジオでも、通うのが大変だと数回で挫折するおそれがあります。

たとえば、自宅から徒歩や自転車で通える距離のヨガスタジオが良いでしょう。
駅近などの立地が良いスタジオを選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

ヨガスタジオ用のレンタルスペースの探し方

自分のヨガスタジオを持つときは、レンタルスペースを利用するのも良い方法です。
少ない自己資金で開業できるため、インストラクター歴が浅い方にもおすすめです。

ここからは、インストラクターの方向けにヨガスタジオの選び方をご紹介します。

場所を選ぶ

ヨガスタジオを探すときは、まず集客しやすい立地のレンタルスペースを検討しましょう。
たとえば、電車やバス停の近くは交通の便が良いため、生徒が集まりやすいです。

一方で、立地条件の良いレンタルスペースは利用料金も高額な傾向があります。
集客力と利用料金を十分に比較検討する必要があります。

広さを確認する

レンタルスペースの規模は、レッスンに参加する生徒数にあわせて選びましょう。
たとえば、少人数でのレッスンであれば、小さなレンタルスペースでも十分です。

広いレンタルスペースほど、利用料金は高くなります。
生徒数や収益をしっかり考えながら、最適な広さのレンタルスペースを選びましょう。

料金を比較する

複数のレンタルスペースの利用料金を比較検討しましょう。
たとえ同じ規模のレンタルスペースでも、立地などによって料金は大きく変わるためです。

収益の見込みに見合ったレンタルスペースを探してみてください。

利用時間

1回あたりの利用時間は必ず確認しましょう。
うっかり利用時間を超えると、予想外の追加料金が発生することがあるためです。

なお、ヨガのレッスンは利用時間内いっぱいでできるわけではありません。
事前準備や事後の清掃なども、すべて利用時間内で済ませる必要があります。

注意点を確認する

利用前に、必ず利用ルールを確認しましょう。
利用ルールは、レンタルスペースによって大きく異なるためです。
たとえば、土足厳禁などが代表的です。

設備を確認する

レンタルスペースの設備を考えることも大切です。
たとえば、冬場のホットヨガの場合は、暖房が使えるレンタルスペースが良いでしょう。

設備は、レンタルスペースによって異なります。
自分が思う通りのレッスンができる設備を備えたレンタルスペースを探してみてください。

健達ねっとECサイト

ヨガスタジオを効果的に使うために

ヨガスタジオでのレッスンの効果を高めるためのポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

通う頻度

ヨガスタジオに通う頻度は、習熟度によって調整するのがおすすめです。

週に1回

初心者の方は、週に1回程度のレッスンがおすすめです。
習いたての頃は、身体がヨガに慣れていない可能性があるためです。

無理に多い回数をこなすと、かえって筋肉や筋を痛めることがあります。
「サボったら効果がなくなるのでは」という強迫観念に取りつかれることも少なくありません。

ヨガは、心の健康を何よりも重視しています。
強迫観念に取りつかれた状態は、心が健康とはいえません。

身体と心の負担を減らすためにも、最初は少ない回数から始めましょう。
慣れてきたら徐々に回数を増やすのがおすすめです。

週に数回

ヨガにある程度慣れたら、週に3〜4回を目安に取り組みましょう。
余裕がある方は、週に6回以上を目指してみてください。

ヨガは、継続することで効果を実感しやすくなります。
なるべく間を置かずにレッスンに通いましょう。

他のヨガと使い分ける

ヨガスタジオのレッスンは、他のヨガと併用するのもおすすめです。
たとえば、仕事などでスタジオに通うのが難しい場合は、次のようなヨガで代用しましょう。

自宅

自宅で独学でヨガに取り組む方法があります。
セルフレッスン用の動画を見ながら行うのがおすすめです。

オンラインヨガ

オンラインでレッスンを受ける方法があります。
画面越しにインストラクターの指導を受けられるため、独学よりも高い成果を期待できます。

自分にあったインストラクターを見つける

ヨガスタジオは、自分にあったインストラクターを基準に選ぶのもおすすめです。
相性が良いインストラクターがいると、ヨガへのモチベーションが高まるためです。

インストラクターとの相性を確かめるには、体験レッスンを利用する方法があります。
実際の利用者の口コミなどで、人となりやレッスンの雰囲気を確かめるのも良い方法です。

自分に適したレッスンの時間を見つける

ヨガスタジオによってレッスン時間は異なります。
自分のライフスタイルにあったレッスンを展開しているヨガスタジオを選びましょう。

たとえば、仕事がある方は、夜間や土日レッスンを開催しているスタジオがおすすめです。

薬の使い方

ヨガスタジオの注意点

ヨガスタジオを利用する際の注意点をご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

スタジオによっては混みやすく予約が取りにくい場合がある

人気のヨガスタジオは、混雑することが多いです。
場合によっては、希望日にレッスンの予約を取れないこともあります。

お休みの時の対応について確認をする

体調不良などでレッスンを休む場合の対応を事前に確認しておきましょう。
具体的には、前日〜当日キャンセルは1回分消化になるのか確認してください。

対応を知らずにレッスンをキャンセルすると、後々トラブルになることがあります。

適正な金額設定になっているか確認する

レッスン料とレッスン内容は、必ず比較検討しましょう。
レッスン内容と予算が合っていない場合は、他のヨガスタジオを検討するのも1つの方法です。

スタジオのルールに従う

ヨガスタジオによっては独自のルールが設けられていることがあります。
たとえば、「レッスン中はスマホの電源を切る」といったルールなどがあります。

トラブル回避のためにも、ヨガスタジオのルールは必ず事前に確認しましょう。

レンタルできるものを確認する

ヨガスタジオによっては、ヨガに必要なものをレンタルできる場合もあります。
代表的なのは、次のようなものです。

  • ヨガマット
  • ヨガウェア
  • タオル

レンタルできないものは、自分で用意しなければなりません。
持参すべき物を知っておくためにも、事前にレンタル品のチェックは必ず行いましょう。

ヨガスタジオは環境的に行いやすい

ヨガは、ヨガマットがあればどこでも行えます。
そのため、ヨガは自宅でも可能です。

しかし、自宅でのヨガは思うように進まないこともあります。
1人でのヨガは、モチベーションの維持が難しいためです。
あるいは、他のことに気を取られて集中力が続かないこともあります。

一方、ヨガスタジオはヨガに集中できる環境が整っています。
インストラクターがいるため、正しいヨガのポーズが身につきやすい点もメリットです。

特に初心者の方は、ヨガの基礎を学ぶためにもヨガスタジオでのレッスンがおすすめです。
出典:厚生労働省【厚生労働省eJIM | ヨガ | 各種施術・療法 | 一般の方へ

スポンサーリンク

ヨガスタジオのまとめ

ここまで、ヨガスタジオについてお伝えしてきました。
ヨガスタジオの要点を以下にまとめます。

  • ヨガスタジオのメリットは、正しいヨガを習得できる・モチベーションの維持につながる
  • ヨガスタジオの選び方は、スタジオの規模・料金・立地などを考慮すべき
  • ヨガスタジオを利用する際の注意点は、適正価格かチェックする・スタジオのルールやレンタル品を確認する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク