ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>コラーゲンドリンクの効果とは?商品の選び方や飲むタイミングについてもご紹介

コラーゲンドリンクの効果とは?商品の選び方や飲むタイミングについてもご紹介

コラーゲンドリンクとは、コラーゲンを含むドリンクのことです。
コラーゲンドリンクには、さまざまな種類があります。
では、コラーゲンドリンクの選び方や、種類はどのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、コラーゲンドリンクについて以下の点を中心にご紹介します。

  • コラーゲンドリンクの効果とは
  • コラーゲンドリンクの選び方とは
  • コラーゲンドリンクの副作用について

コラーゲンドリンクについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

コラーゲンドリンクとは

コラーゲンドリンクとは、コラーゲンを含むドリンクのことをいいます。
コラーゲンは、肌や骨など体のさまざまな組織に存在し、体を形成する重要な役割があります。

コラーゲンは年齢とともに減少していきます。
そのため、不足したコラーゲンをドリンクなどで補うことで美容や健康に役立つのです。
コラーゲンドリンクには、肌の弾力や軟骨の材料になる効果が期待できます。

スポンサーリンク

コラーゲンドリンクの効果

コラーゲンドリンクの効果には

  • 肌に潤いを与える
  • 骨を丈夫にする
  • 関節の動きを良くする
  • 筋肉や腱を生成する

などがあります。
以下でそれぞれ具体的にご紹介します。

肌に潤いを与える

コラーゲンは、肌のハリや弾力を生み出します。
また、水分を含んだヒアルロン酸を内部に抱えることで、肌のうるおいを保つ効能を担っています。

コラーゲンドリンクを飲むことで、肌に潤いを与えるだけでなく、健康的な美肌を目指せるのです。

骨を丈夫にする

コラーゲンは、骨の約50%を占める成分です。
コラーゲンは骨の強度や柔軟性を高めたり、関節の動きを滑らかにしたりする効能が期待できます。
コラーゲンドリンクを飲むことで

  • 骨密度の低下を抑える
  • 骨密度を増やす

などの効果が期待できます。

コラーゲンドリンクを飲むことで、骨を丈夫にするだけでなく、健康的な体を維持できるでしょう。

関節の動きを良くする

コラーゲンには、関節の動きを滑らかにする働きがあるとされています。
コラーゲンは軟骨や細胞を作る材料でもあり、摂取することで関節や筋肉の動きをサポートします。
また、ケガをしにくくすることが期待できるでしょう。

コラーゲンドリンクを飲むことで、関節の動きを良くするだけでなく、美容や健康にもメリットがあります。

筋肉や腱を生成する

コラーゲンは、筋肉や腱を生成する働きが期待できます。
コラーゲンは筋肉と骨をつなぐ部分の腱に含まれる成分でもあり、筋肉の中にも含まれています。

コラーゲンを摂取することによって、損傷した筋組織が回復されるときにコラーゲンの合成が活発になります。
その結果、丈夫な筋組織ができやすくなるといわれています。

コラーゲンドリンクは、筋肉や腱の生成をサポートするだけでなく、運動機能の改善やケガの予防にも役立つでしょう。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

コラーゲンドリンクの選び方

コラーゲンドリンクにはさまざまな種類や成分があります。
そのため、どれを選べばいいか迷うこともあるでしょう。
ここでは、コラーゲンドリンクの選び方についてご紹介します。

コラーゲン分子の大きさ

コラーゲンドリンクの選び方の一つに、コラーゲン分子の大きさがあります。
コラーゲン分子は、そのままでは吸収されにくいといわれています。
そこで、コラーゲン分子を小さく分解したものが、低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドと呼ばれる成分です。

低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドは、コラーゲン分子よりも吸収率が高いとされています。
コラーゲンドリンクを選ぶときは、低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドが含まれているかどうかをチェックしましょう。

原材料の種類

コラーゲンドリンクを選ぶときには、原材料の種類にも注意しましょう。
コラーゲンは、動物の皮や骨などから抽出されるたんぱく質で、豚や魚などの原料があります。
原料によって、コラーゲンの特徴や味わいが異なるのです。

たとえば、豚由来のコラーゲンは、魚由来のものよりも分子量が大きく、ハリや弾力に効果的とされています。
魚由来のコラーゲンは、分子量が小さく、吸収率が高く、水分保持に効果的とされています。

価格

コラーゲンドリンクを選ぶときには、価格も重要なポイントです。
コラーゲンドリンクは、一般的に1本あたり200〜500円程度のものが多いです。

しかし、価格だけで判断するのは危険です。
コラーゲンドリンクには、品質や配合量、成分の種類などが大きく影響します。

また、コラーゲンドリンクの中には、初回限定価格や定期購入割引などのサービスを利用できる場合もあります。
これらのサービスを利用すると、お得にコラーゲンドリンクを購入できるでしょう。

サポート成分

コラーゲンドリンクには、コラーゲンだけでなく、サポート成分と呼ばれる美容に役立つ物質が含まれていることがあります。
サポート成分には

  • コラーゲンの生成を助けるもの
  • 肌の潤いやハリを保つもの

などがあります。

サポート成分の中でも、特に重要なものは、ビタミンCと鉄分です。
これらは、コラーゲンの原料となるアミノ酸の合成に必要な栄養素で、コラーゲンの生成をサポートします。
ビタミンCや鉄分が不足すると、コラーゲンの質や量が低下する可能性があります。

ほかにも

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • プラセンタ
  • レモンバームエキス

などの美容成分がサポート成分として配合されているコラーゲンドリンクもあります。
これらは、肌の潤いやハリを保つ効果が期待できるでしょう。

飲みやすさ

コラーゲンドリンクを選ぶときには、飲みやすさも重要なポイントです。
コラーゲンドリンクは、毎日続けて飲むことがよいでしょう。
そのため、自分の好みに合ったおいしい味や香り、飲み心地のものを選ぶことがおすすめです。

コラーゲンドリンクには、果汁やハーブなどのフレーバーが加えられているものが多くあります。
これらは、コラーゲン特有の臭みや魚っぽさを消してくれます。

また、果汁やハーブには、美容に良い成分も含まれていることがあるのです。
自分の好きなフレーバーを選ぶと、おいしくて飲むのが楽しくなります。

コラーゲンドリンクには、液体タイプや粉末タイプなどの種類があります。
コラーゲンドリンクを選ぶときには、飲みやすさを考慮してみましょう。

スポンサーリンク

コラーゲンドリンクはいつ飲むの?

コラーゲンドリンクは、基本的にはいつ飲んでも良いとされています。
ですが、吸収率が高まるタイミングを狙って飲むと、より効果的になるかもしれません。
吸収率が高まるタイミングとは、食後や夜10時以降です。

食後は、胃や腸の動きが活発になり、コラーゲンドリンクの成分がスムーズに吸収されやすくなります。
また、食後にコラーゲンドリンクを飲むと満腹感が得られて、間食を抑える効果も期待できます。

夜10時以降は、睡眠中に成長ホルモンが分泌される時間帯です。
成長ホルモンは、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。

夜10時以降にコラーゲンドリンクを飲むと、成長ホルモンとの相乗効果で、肌の再生や修復を助けられるでしょう。
コラーゲンドリンクは、食後や夜10時以降に飲むと、より美容効果が高まるかもしれません。

健達ねっとECサイト

コラーゲンドリンクの副作用

コラーゲンは、ドリンクやサプリメントなどで摂取できます。
しかし、過剰に摂取し続けていると、思わぬ副作用や肌トラブルにつながってしまう場合もあります。
以下では、コラーゲンドリンクの副作用についてご紹介します。

体重が増える

コラーゲンドリンクは、美容や健康に良いとされています。
しかし、過剰に摂取すると太る可能性があります。

コラーゲンは1日あたり5,000〜10,000㎎の摂取が推奨されています。
それ以上摂取すると身体の中で吸収できず、アミノ酸となって分解されます。

アミノ酸はエネルギー源となりますが、消費しきれないと脂肪として蓄積されます。
その結果、体重が増えてしまうのです。

また、コラーゲンドリンクには糖分や添加物が含まれている場合もあるので、カロリーにも注意しましょう。
コラーゲンドリンクを飲む場合は、適量を守り、バランスの良い食事や適度な運動を心がけましょう。

便秘やむくみやすくなる

コラーゲンドリンクは、過剰に摂取すると便秘やむくみの原因になる可能性があります。
コラーゲンは水分を多く含みますが、水分摂取量が不足すると便が固くなり、排出が滞ります。

また、コラーゲンは塩分と結びつきやすいため、
塩分摂取量が多いと体内に水分が溜まり、むくみを引き起こします。
コラーゲンドリンクを飲む際は、水分や食物繊維を十分に摂るようにしましょう。

アレルギーが発症する

コラーゲンドリンクは

  • コラーゲン自体
  • コラーゲンの原料となる動物由来のタンパク質

に対してアレルギー反応を起こす方がいます。
アレルギー反応とは、体が食べ物を異物と認識して排除しようとする働きのことです。
頭痛や下痢、かゆみなどの症状があらわれます。

とくに魚アレルギーを持つ方は、注意が必要です。
魚コラーゲンペプチドの含まれるコラーゲンドリンクを飲むと、重篤なアナフィラキシーを引き起こす危険性があります。

コラーゲンドリンクを飲む前に、原材料や成分表をよく確認しましょう。
また、飲んだ後に体調に異変を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

ニキビができやすくなる

コラーゲンドリンクは、美肌効果が期待できるとして人気です。
しかし、過剰に摂取するとニキビができやすくなる可能性があります。
コラーゲンはタンパク質の一種で、過剰に摂取するとアミノ酸に分解されます。

アミノ酸はエネルギー源となりますが、消費しきれない分は脂肪として蓄積されるのです。
脂肪が増えると皮脂の分泌も増え、毛穴の詰まりや炎症を引き起こし、ニキビの原因になります。

食事からもコラーゲンは摂れるので、自分の摂取量を把握しましょう。
また、コラーゲンドリンクを飲むときは水分補給も忘れずに行いましょう。

薬の使い方

コラーゲンの目安摂取量

コラーゲンは、肌や髪、爪、関節などに必要なタンパク質の一種です。
コラーゲンの目安摂取量は、一日に5〜10g程度です。

これは、鶏肉の皮や豚バラ肉、ウナギなどに多く含まれているコラーゲンを食事から摂る場合の量です。

食事から摂っているコラーゲン量を考慮して、コラーゲンドリンクで補いましょう。
コラーゲンドリンクの成分表示や栄養成分表を確認して、自分に合った量を選ぶことが大切です。

ドリンク以外での摂取方法

コラーゲンドリンクは、手軽にコラーゲンを摂取できる方法の一つです。
しかし、ドリンク以外にもコラーゲンを摂る方法はあります。
ここでは、ドリンク以外での摂取方法についてみていきましょう。

食べ物

コラーゲンは、動物性のタンパク質であるため、肉や魚、卵などの食材に含まれています。
とくに、皮や骨、軟骨などの部位に多く含まれているので、スープや煮込み料理などで摂取できます。

また、コラーゲンの生成に必要なビタミンCも一緒に摂ることで、効果的にコラーゲンを補えます。
そのため、レモンやオレンジ、キウイなどの果物や野菜を積極的に食べましょう。

サプリメント・錠剤

コラーゲンドリンクよりもサプリメントや錠剤は、より高濃度のコラーゲンを摂取できます。
また、持ち運びや保存がしやすく、飲みやすいという点も魅力的です。

しかし、サプリメントや錠剤は、コラーゲンだけでなく、ほかの成分も含まれている場合があります。
そのため、アレルギーの有無や添加物の内容などを確認してから選ぶことが大切です。

また、過剰摂取による副作用も注意しましょう。

化粧品

化粧品や顔面パックは、直接肌にコラーゲンを与えられるというメリットがあります。
また、保湿や美白などの効果も期待できます。

しかし、化粧品や顔面パックは、コラーゲンの浸透力が低いというデメリットもあります。
そのため、低分子コラーゲンやナノコラーゲンなど、浸透力の高い成分を選ぶことが大切です。

また、使用方法や使用頻度も注意しましょう。

健康食品(粉末)

ドリンク以外での摂取方法として、健康食品(粉末)もおすすめです。
健康食品(粉末)には、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素が豊富に含まれています。
そのため、経口的に摂取することで健康の維持・増進に役立ちます。

また、水に溶かしたり、ヨーグルトやスムージーなどの食品に混ぜたりすることで簡単に摂取できます。

スポンサーリンク

コラーゲンの効果はどの程度実感できる?

コラーゲンの効果について、インターネットで調査した結果があります。
調査の結果、コラーゲンを摂取して約2〜3割程度の方が、効果を実感しているといわれています。
一方で、実感がない人は約2割となっています。

コラーゲンの効果を高めるためには、摂取量やタイミングも重要です。
コラーゲンは「骨や筋肉を作る」「体の組織を修復する」時間の前に摂取することがおすすめです。

また、コラーゲンはグリシンというアミノ酸で構成されており、深い眠りに導く働きが期待できます。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されると、肌の修復や新陳代謝が促進され、美肌効果が期待できます。

スポンサーリンク

コラーゲンドリンクまとめ

ここまで、コラーゲンドリンクの情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • コラーゲンドリンクの効果は、肌に潤いを与える、骨を丈夫にする、関節の動きを良くするなど
  • コラーゲンドリンクの選び方は、コラーゲン分子の大きさ、原材料の種類、価格など
  • コラーゲンドリンクの副作用は、体重が増える、便秘やむくみになる、アレルギーが発症するなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク