ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>1個あたりのみかんのカロリーと栄養バランスとは?

1個あたりのみかんのカロリーと栄養バランスとは?

みかんは、日本で人気のある代表的な果物の一つです。
酸味と甘さがバランスよく多くの人々に好まれています。
しかし、みかんは美味しいだけでなく、健康にも多くの効果があるとされています。

この記事では、みかんのカロリーや栄養価について以下の点を中心にご紹介します。

  • みかんのカロリー
  • みかんの健康効果、栄養価
  • 他の果物との比較

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

みかんについて

ビタミンCを含む果物

みかんは、その甘酸っぱい風味だけでなく、高い栄養価で知られる果物です。
ビタミンCをはじめとする多くの栄養素を含み、さまざまな健康効果があるとされています。

この章では、みかんの基本的な情報とその健康効果について詳しく見ていきましょう。

関連記事

みかんに豊富なビタミンCについて栄養満点なみかんには、さまざまな健康効果が期待できます。具体的には、みかんにはどのような健康効果が期待できるのでしょうか。また、健康効果を高めるにはみかんをどのように摂取すればよいので[…]

スポンサーリンク

みかんのカロリーについて

 

みかんはその甘さから、カロリーが高いと思われがちですが、実はそうではありません。
みかんのカロリーはそのサイズによりますが、大きさによってもそのカロリーは驚くほど低いのです。

さらに、その栄養バランスは健康にとって非常に優れています。
以下では、みかん1個のカロリー量の詳細と、みかんのカロリーと栄養バランスの関係について詳しく見ていきましょう。

みかん1個のカロリー量の詳細

みかん1個のカロリーはその大きさによりますが、大きめのみかんでも約64kcalと非常に低カロリーです。
これはご飯お茶碗1/5杯とほぼ同じカロリーで、小さめのみかんだとお茶碗1/13杯、つまりほんの一口程度のカロリーとなります。
つまり、みかんはその甘さに反して、カロリーは非常に低いのです。

さらに、みかんのサイズによる糖質量も異なります。
大きなみかん1個あたりの糖質は12.0g、中サイズのみかんでは7.4g、小さなみかんでは4.6gとなります。
これは、大きなみかん1個を食べた場合の糖質量が、ご飯お茶碗1/5杯(ほんの数口程度)とほぼ同じであることを意味します。

みかんのカロリーと栄養バランスの関係

みかんのカロリーが低いだけでなく、その栄養バランスも優れています。
みかんには、β-クリプトキサンチンという成分が含まれています。

この成分が、体内の血糖値を下げる重要な役割を果たす「インスリン」というホルモンの働きを助けることで、糖尿病の予防に寄与する効果が期待できることが確認されています。

また、みかんはダイエット中でも安心して食べられる果物です。
その低カロリーと優れた栄養バランスから、ダイエット中でも、また糖質制限をしている場合でも、みかんは安心して食べることができます。
ただし、間食での目安は中サイズのみかん1個がよいとされています。

以上から、みかんのカロリーと栄養バランスは、健康にとって非常に優れていることがわかります。
その低カロリーと優れた栄養バランスから、みかんは健康維持に非常に役立つ果物であると言えるでしょう。

関連記事

みかんは味がよいだけでなく、栄養価が高い果物です。みかんにはさまざまな健康効果があります。みかんにはどのような栄養があるのでしょうか?また、みかんの効果には何があるのでしょうか?本記事では、みかんの栄養について以下の点を中心にご[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

みかんの栄養価と健康効果

みかんは、その小さなサイズに反して、ビタミンCや食物繊維などの栄養が豊富に詰まっています。
みかんは健康にもよいイメージがある通り、実は一部では「機能性表示商品」としても知られています。

この章では、みかんの栄養価とその健康への影響について詳しく解説します。

みかんに含まれる栄養素と量の詳細

みかんは、その小さなサイズに反して、ビタミンCや食物繊維などの栄養が豊富に詰まっています。

具体的には、

たんぱく質0.9g
脂質0.1g
ビタミンC35mg
カリウム190mg
カルシウム17mg
葉酸22μg
ビタミンA270μg
0.2mg
食物繊維1.1g

となっています。

また、カロリーは46kcal、炭水化物は11.8gとなっています。
これらの栄養素は、健康維持に必要なものばかりで、特にビタミンCは風邪予防や美肌効果に効果が期待できます。

みかんの食物繊維の利点と効果

みかんの食物繊維は、整腸効果や血糖値の上昇を防ぐ作用、血液中のコレステロール濃度を低下させる作用があります。
これらの効果は、ダイエットや生活習慣病の予防に役立ちます。

また、食物繊維は満腹感を得やすくするため、過食を防ぐ効果も期待できます。
特に、みかんの薄皮や繊維部分には食物繊維が豊富に含まれているため、これらも一緒に食べることで、より多くの食物繊維を摂取することができます。

みかんの栄養価と健康への影響の具体例

みかんには、ビタミンCやプロビタミンA、βクリプトキサンチン、食物繊維など、健康や美容に有益な栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンCは、風邪などの感染症に対する免疫力を強くする作用や、ストレスの軽減や肌の健康を整える効果などが期待できます。

また、βクリプトキサンチンは体内でビタミンAの元となり、「骨代謝の働きを助けることで骨の健康維持に役立つ」とされています。

さらに、血中のβクリプトキサンチンの量が高い人ほど動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病になりにくいとも言われており、これらの予防や進行の抑制などの効果が期待できます。

関連記事

ビタミンは、直接身体のエネルギー源となる成分ではありませんが、健康維持には欠かせない重要な成分です。ビタミンは身体の中で作られない成分であるため、食材から摂取する必要があります。ビタミンはどの食材に豊富に含まれているのでしょうか[…]

スポンサーリンク

みかんのカロリーとダイエット

みかんはその甘さから、カロリーが高いと思われがちですが、実はそうではありません。

みかんのカロリーはそのサイズによりますが、大きさによってもそのカロリーは驚くほど低いのです。
さらに、その栄養バランスは健康にとって非常に優れています。

以下では、みかんの低カロリー性とダイエットへの効果の詳細と、みかんを活用したダイエット方法の具体例について詳しく見ていきましょう。

みかんの低カロリー性とダイエットへの効果の詳細

みかんはその甘さに反して、カロリーは非常に低いのです。
大きめのみかんでも約59Kcalと非常に低カロリーです。

これはご飯お茶碗1/5杯とほぼ同じカロリーで、小さめのみかんですとお茶碗1/13杯、つまりほんの一口程度のカロリーとなります。

さらに、みかんのサイズによって糖質量も異なります。
大きなみかん1個あたりの糖質は13.3g、中サイズのみかんでは8.3g、小さなみかんでは5.0gとなります。

これは、大きなみかん1個の糖質量が、ご飯お茶碗1/5杯(ほんの数口程度)とほぼ同じであることを意味します。

みかんを活用したダイエット方法の具体例

みかんはその低カロリー性から、ダイエットに非常に適しています。

その甘さから満足感を得られ、食物繊維も豊富で満腹感を得やすいです。

そのため、ダイエット中の間食としてみかんを取り入れることは、食事の量を減らすのに役立ちます。

また、みかんはその甘さからデザートとしても楽しむことができます。
例えば、ヨーグルトにみかんをトッピングしたり、みかんを使ったスムージーを作るなど、さまざまな方法でみかんをダイエットに活用することができます。

ただし、みかんも食べ過ぎるとカロリーが高くなってしまうので、適量を心掛けることが大切です。

成人女性の場合、果物を一日に摂る目安量は200g程度であることが「食事バランスガイド」で示されています。
中くらいのみかんであれば、一日の目安量を2個程度としましょう。

健達ねっとECサイト

みかんのカロリーと糖質制限

みかんはその甘さから、糖質が多いと思われがちですが、実はそうではありません。
みかんの糖質はそのサイズによりますが、大きさによってもその糖質は驚くほど低いのです。

さらに、その栄養バランスは健康にとって非常に優れています。
以下では、みかんの糖質量と糖質制限との関係の詳細と、みかんを糖質制限中に摂取する際の注意点の具体例について詳しく見ていきましょう。

みかんの糖質量と糖質制限との関係の詳細

みかんの糖質量はそのサイズによりますが、大きさによってもその糖質は驚くほど低いのです。

具体的には、大きなみかん1個あたりの糖質は12.0g、中サイズのみかんでは7.4g、小さなみかんでは4.6gとなっています。
他の果物と比較しても、みかんの糖質は低いと言えます。

みかんを糖質制限中に摂取する際の注意点の具体例

多くの糖質を含む食品を制限する「糖質制限」をしている場合、みかんを間食に食べるなら中サイズ1個までがよいでしょう。
間食での糖質は1日10g以下であれば、基本的に血糖値には大きな影響を与えないからです。

また、食事と一緒に食べる場合は、みかんの糖質を考慮して主食の量を調整することがよいでしょう。
ただし、缶詰のみかんは砂糖入りのシロップに漬けたものが多く、それによって糖質量も増えています。

みかんの缶詰と通常のみかんを同じ重さで比較すると、缶詰のみかんは通常のみかんの約2倍の糖質量を含んでいることが分かります。
糖質が気になる場合は、缶詰のみかんの摂取を控えることをおすすめします。

薬の使い方

みかんと他の果物のカロリー比較

みかんの栄養バランスは健康にとって非常に優れています。
以下では、みかんのカロリーと他の果物の比較表と、みかんを選ぶ際のカロリーの視点と具体的な果物の例について詳しく見ていきましょう。

みかんのカロリーと他の果物の比較表

みかんのカロリーは45kcal/100gで、他の果物と比較しても低い方です。

みかん45kcal/100g
りんご61kcal/100g
バナナ86kcal/100g
ぶどう59kcal/100g

例えば、りんごは61kcal/100g、バナナは86kcal/100g、ぶどうは59kcal/100gとなっています。

また、糖質についても

みかん11.2g/100g
りんご12.7g/100g
バナナ21.4g/100g
ぶどう15.2g/100g

みかんは11.2g/100gと、りんごの12.7g/100g、バナナの21.4g/100g、ぶどうの15.2g/100gと比較して低いです。

みかんを選ぶ際のカロリーの視点と具体的な果物の例

カロリーを考慮する際、みかんは他の果物と比較しても低カロリーであるため、ダイエット中の間食として適しています
しかし、みかんも食べ過ぎるとカロリーが高くなってしまうので、適量を心掛けることが大切です。

また、他の果物を選ぶ際も、カロリーだけでなく糖質も考慮することが重要です。
例えば、バナナやぶどうはカロリーも糖質も高めなので、摂取量には注意が必要です。

みかんと特定の状況(糖尿病、筋トレなど)における摂取量の考慮

みかんは、ビタミンCを豊富に含む果物として知られていますが、その摂取量は個々の状況や目的によって変わる可能性があります。

特に、糖尿病患者や筋トレを行っている人々にとって、みかんの摂取量は重要な要素となります。
以下では、これらの特定の状況におけるみかんの適切な摂取量について詳しく解説します。

糖尿病患者におけるみかんの適切な摂取量の詳細

糖尿病患者にとって、食事は血糖値管理の重要な一部です。
果物は自然な糖分を含むため、摂取量に注意が必要です。
みかんはビタミンCや食物繊維を豊富に含む一方で、糖分も含まれています。

そのため、糖尿病患者がみかんを食べる際は、その糖分が血糖値に与える影響を理解し、適切な量を摂取することが重要です。
具体的には、1日に摂取するみかんの量は、血糖値のコントロールが可能な範囲内であることを確認しながら、医師や栄養士と相談することが推奨されます。

筋トレや運動時のみかんの役割と摂取量の具体例

筋トレや運動を行う人々にとって、適切な栄養補給はパフォーマンス向上と回復を促進するために重要です。

みかんは、その自然な糖分がエネルギー源となり、ビタミンCが筋肉の修復を助けるため、運動後のスナックとして理想的です。
また、みかんに含まれるクエン酸は筋肉の疲労回復を助け、筋肉グリコーゲンの回復を早めるとされています。
運動後の30分以内にみかんを摂取することで、これらの効果を最大限に引き出すことができます。

ただし、摂取量は運動の強度や個々の栄養ニーズによりますが、一般的には運動後に1〜2個のみかんを摂取することが推奨されます。

スポンサーリンク

みかんのカロリーまとめ

今回は、みかんのカロリーや栄養価についてご紹介しました。
以下に要点をまとめました。

  • 大きなみかんは約64kcal
  • ビタミンCや食物繊維などが豊富
  • みかんは他の果物と比べてもカロリーが低い

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク