ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>体の不調>日焼けで赤くなる原因ケア方法|赤くなりやすい人の特徴は?

日焼けで赤くなる原因ケア方法|赤くなりやすい人の特徴は?

スポンサーリンク

日焼けで赤くなる原因について

夏になると気になるのが日焼けですよね。
ですが、人それぞれ、赤くなったり赤くならなかったり、黒くなったり黒くなりにくかったり…
なぜ人によって違うのでしょうか?

本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 日焼けで赤くなる原因
  • 日焼けで赤くなりやすい人は?
  • 日焼けで赤くなった時のケア方法
  • 日焼けで赤くならないための対策方法

日焼けで赤くなることについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

関連記事

肌への刺激は、さまざまな原因で起こります。なかでも、紫外線は大きな原因のひとつです。どのような日焼け止めが肌に優しいかを知って、紫外線対策をしませんか?本記事では、肌に優しい日焼け止めについて以下の点を中心にご紹介します。 肌[…]

スポンサーリンク

日焼けで肌が赤くなる理由は?

日焼けによって肌が赤くなる現象は、私たちが夏の暑い日差しを浴びた後によく経験します。
正しくスキンケアし、健康的な肌を維持するためにも、メカニズムの理解は重要です。

日焼けによる肌の変化

日焼けは、肌が紫外線にさらされることで起こります
紫外線は肌の最も内側に存在するメラニン細胞を刺激し、メラニン色素の生成を促進します。

メラニン色素は、肌の色を濃くするだけでなく、紫外線から肌を保護する役割も果たします。
したがって、日焼けによって肌が黒くなるのは、メラニン色素が増えた結果です。

しかし、メラニン色素の生成が過剰になると、肌は乾燥し、シミやそばかすが形成される可能性があります。

日焼けで肌が赤くなる仕組み

日焼けによる肌の赤みは、主にUVBによって表皮の細胞に生じたダメージに反応して皮膚の血流量が増加した結果です。
これは、肌が紫外線によるダメージを修復しようとする自然な反応であり、この過程で炎症反応が起こり、肌が赤く見えるようになります。

日焼けによる赤みがもたらす肌への影響

日焼けによる肌の赤みは、一時的なものであることが多いですが、これが繰り返されると肌に長期的なダメージを与える可能性があります。

特に、肌が赤くなるということは、肌が炎症反応を起こしているということであり、これが長期にわたって続くと肌の老化を早める可能性があります。

また、紫外線によるダメージは皮膚がんのリスクも高めます。
したがって、日焼けによる赤みを見たときは、正しくスキンケアして、必要に応じて専門家の意見を求めることが重要です。

日焼けで赤くなる人の特徴

夏の日差しの下で過ごすと、あなたの肌は赤くなりますか?それとも黒くなりますか?
日焼けの反応は人それぞれで、肌が赤くなる人と黒くなる人がいます。

これは、皮膚が紫外線に対して示す反応が異なるためです。

日焼けで赤くなるスキンタイプの違い

日焼けの反応は、人それぞれの肌質によっても異なります。
肌が赤くなりやすい人は、紫外線に対する感受性が高いといえます。
これらの人々は、紫外線に対する反応の違いにより、「スキンタイプ」として以下のように分けられます。

  1. すぐにかなり赤くなるが、黒くならない
  2. すぐに赤くなり、その後に少し黒くなる
  3. 赤くなるうえ、ある程度は黒くなる

これらのスキンタイプのうち、肌が赤くなりやすい人ほど肌が紫外線に敏感といえるため、しっかりとした紫外線への対策が不可欠です。

イエベ肌とブルベ肌の日焼けの特徴と違い

パーソナルカラー、つまり肌の色調によって日焼けの仕方が異なるといわれています。
特にブルベ(ブルーベース)とイエベ(イエローベース)の肌色は、日焼けの傾向に大きな違いを示します。

イエベ肌ブルベ肌
イエベ春ブルベ秋ブルベ夏ブルベ冬
日焼けすると肌が褐色に焼けやすい日焼けによって肌が赤くなりやすい
日焼けすると肌に赤みが出るが、すぐに赤みは引いて深い褐色になりやすい日焼けすると褐色に定着し、日焼けしたらなかなか肌の色が戻りにくい日焼けによって肌に少し赤みが出るが、褐色にはならず比較的に元の肌の色に戻りやすい日焼けすると肌がほんのり褐色に焼け、全体的に綺麗に焼けやすい
関連記事

肌への刺激は、さまざまな原因で起こります。なかでも、敏感肌の方の紫外線からのダメージは大きな原因のひとつです。敏感肌の方にとってどのような日焼け止めがあるかを知って、紫外線対策をしませんか?本記事では、敏感肌の方向けの日焼け止めにつ[…]

AGA

日焼けによる赤みとヒリヒリ感

日焼けは紫外線が原因で起こり、肌に炎症を引き起こすことで赤みやヒリヒリ感を生じます。
この炎症は通常、2〜3日で落ち着きますが、重症の場合は水ぶくれができたり、熱が出たりすることもあります。
以下では、日焼けによる肌の炎症とその症状、そしてヒリヒリ感の原因と対処法について詳しく説明します。

日焼けによる肌の炎症とその症状

日焼けは紫外線が原因で起こり、主にサンバーンとサンタンの2種類に分けられます。

サンバーンは、紫外線を浴びて数時間後に現れる日焼けで、赤みや痛みなどの皮膚の炎症症状が現れます
通常、2〜3日程度で症状が落ち着きます。
しかし、重症の場合は、水疱(水ぶくれ)になって皮がめくれたり、熱が出たりします。

サンタンは、サンバーンから数日後に現れる日焼けで、肌が黒っぽくなり、元の色に戻るまで数週間から数か月かかります

日焼けによるヒリヒリ感の原因と対処法

日焼けは、紫外線により皮膚が炎症を起こしている状態です。

日焼けによる赤みやヒリヒリ感を感じた場合、できるだけ早く冷やすことが重要です。
濡れタオルや保冷剤、冷却シートなどを使用して、肌を冷やすことをおすすめします。

また、赤みや痛みなどがなかなか治らない場合は、皮膚の炎症を鎮める成分が含まれた市販薬を利用することも有効とされています。

健達ねっとECサイト

日焼けによる赤みはいつ治る?

日焼けによる赤みは、皮膚が紫外線によるダメージを受けた結果、発生する炎症反応の一部です。
この赤みは、皮膚が自己修復を試みる過程で見られる現象で、その治癒過程と期間は、皮膚の状態やケア方法によります。

日焼けによる赤みが治るまで

日焼けによる赤みが落ち着くのは、紫外線を浴びてから約2~3日後になります。

肌に赤みが出始めるのは、紫外線を浴びてから約数時間後で、肌の炎症は約8~24時間後にピークを迎えます。
しかし、これは一般的な例であり、皮膚の状態や日焼けの程度により異なることがあります。

重度の日焼けでは、皮膚が腫れて水泡ができる場合もあります。
そのような場合は、自己判断でのケアではなく、皮膚科を受診することをおすすめします。

日焼けによる赤みが残りやすい部位とケアポイント

日焼けによる赤みが残りやすい部位は、特に背中など、直接紫外線にさらされやすい部位です。
これらの部位は皮膚が薄く、紫外線によるダメージを受けやすいため、特別なケアが必要です。

日焼け後は、肌を冷やし、保湿することが重要です。

また、日焼けした肌は刺激に対して敏感な状態になっているため、敏感肌用化粧品など低刺激のものを選ぶことをおすすめします。

薬の使い方

日焼けで赤くなった肌を早く戻すためには?

日焼けは、皮膚が紫外線によりダメージを受けた状態です。
その結果、肌は赤くなり、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

しかし、正しくケアすることで、これらの症状を早く和らげ、肌の健康を回復することが可能です。
特に、日焼けで赤くなった肌のケアは、肌の健康を維持するために重要なステップです。

日焼け後の適切なケア方法

日焼け後、肌が熱くなったり、赤みや痛みを感じた場合は、まずは冷やして熱を抑えます
日焼けしたパーツに、冷水で濡らしたタオルや薄手の布でくるんだ保冷剤、氷水を入れたビニール袋などを当てるのがおすすめです。

肌が冷えてひんやり感じるくらいクールダウンできた後は、化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと保湿しましょう。
日焼けした肌は刺激に敏感な状態になるため、敏感肌用化粧品や低刺激の製品を選択することが大切です。

日焼けによる赤みを早く和らげる方法

赤みを和らげるためには、アロエベラやカミツレエキスなどの成分が含まれたスキンケアアイテムが効果的とされています。
これらの成分は肌を冷やし、炎症を抑える効果が期待できます。

また、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も重要です。
これらは肌の水分を保ち、乾燥から肌を守ります。

日焼け後の美白ケアの重要性と方法

日焼けによる赤みが引き起こされた後の美白ケアは、肌の健康を保つために重要です。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む食品を摂取することで、メラニン色素の生成を抑え、肌の白さをキープできます。

また、睡眠を充分にとることで、肌の代謝が活発になり、肌のターンオーバーが促進されます。

さらに、日焼けした後の肌は紫外線によってダメージを受けているため、再び紫外線にさらされないようにすることが大切です。

日焼けによる赤みを防ぐためには?

夏の外出は楽しいものですが、日焼けによる肌の赤みは避けたいものです。
しかし、適切な予防策を講じることで、これらの問題を最小限に抑えることが可能です。

以下では、日焼け止めの選び方と使用方法、紫外線対策、そして日傘と帽子の選び方について詳しく説明します。

日焼けによる赤み防止|日焼け止め

日焼け止めは、肌を紫外線から守る最も効果的なツールの一つです。

しかし、適切に使用しなければ、その効果を十分に発揮することはできません。
日焼け止めを選ぶ際には、SPF値とPA値を確認し、自分の肌タイプと活動レベルに合ったものを選びましょう。

また、日焼け止めを塗る際には、均一に塗布し、特に日焼けしやすい部位を忘れないように注意が必要です。
さらに、日焼け止めは2~3時間ごとに再塗布することが推奨されています。

日焼けによる赤み防止|日焼け止め以外の紫外線対策

紫外線対策は、肌を健康に保つために重要です。
紫外線は肌の老化を早め、シミや皮膚がんのリスクを高めます。

紫外線対策としては、日焼け止めの使用だけでなく、日傘や帽子の使用、長袖の服の着用、直射日光を避けるための日陰の利用などがあります。
日傘を選ぶ際には、UVカット率が高いものを選び、できるだけ広い範囲を覆うものが良いとされています。

また、帽子を選ぶ際には、つばが広く、頭部だけでなく顔と首を覆えるものがおすすめです。

また、紫外線は窓ガラスを通過するため、室内にいる時もUV対策が必要です。

関連記事

人の肌は同じように見えて複数タイプがあるのはご存知でしょうか。普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌の4タイプが存在します。更に、肌が敏感かそうでないかにも分けられます。敏感肌の場合、化粧品の選び方やケアの仕方に気を付けなければなりません。[…]

スポンサーリンク

日焼けで赤くなることについてのまとめ

ここまで日焼けで赤くなることについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 日焼けで赤くなるのは、肌が紫外線によるダメージを修復しようとして起こる炎症反応が原因
  • 日焼けすると、ブルベタイプの人は赤くなりやすいが元の肌の色に戻りやすく、イエベタイプの人は赤くなりにくいが褐色になりやすい
  • 日焼けで赤くなった時は、冷やしてほてりを抑え、保湿する
  • 日焼けで赤くならないためには、日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線から肌を守ることが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク