ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>ジンジャーの効能とは?健康への効果や摂取方法を徹底解説!

ジンジャーの効能とは?健康への効果や摂取方法を徹底解説!

ジンジャーは、古くから食用や薬用として広く知られ、多くの健康効果が期待されています。
その独特な風味と香りだけでなく、消化促進や免疫力向上、体温調節などの効果があるとされ、近年ではダイエットや美容にも注目が集まっています。

では、ジンジャーの効果には主にどのようなものがあるのでしょうか?
また、ジンジャーと生姜に違いはあるのでしょうか?

本記事では、ジンジャーについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ジンジャーの効果とは?
  • ジンジャーの種類と特徴
  • ジンジャーと生姜の違い

ジンジャーにご興味のある方はご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

この記事の監修・取材協力

さわだクリニック 院長

澤田 樹佳 先生

2002年に 金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を手掛ける。

コラムや監修で健康・美容の正しい知見を広めるために積極的に活動している。

クリニック公式HPはこちら

スポンサーリンク

ジンジャーの効果とは?

ジンジャー、またの名を生姜(しょうが)、はその辛味と香りで知られ、世界中で愛用されています。
この多様なスパイスは、料理の風味を高めるだけでなく、多くの健康効果を持つことで古くから重宝されてきました。

ジンジャーに含まれる成分が私たちの体にどのように作用するのか探っていきましょう。

ジンジャーの主要成分とその作用

ジンジャーには、

  • ジンゲロン
  • ショウガオール
  • ジンギベロール

などの辛味成分が含まれており、これらは消化を助け、食欲を増進させる効果があるとされます。

ジンジャーに含まれる主要成分であるジンゲロン、ショウガオール、ジンギベロールについて表で詳しく説明します。

成分特徴効果
ジンゲロンジンジャー特有の辛味成分で、新鮮なジンジャーに多く含まれる消化促進、食欲増進、吐き気の軽減などに効果があるとされている
ショウガオールジンジャーを乾燥させたり加熱することでジンゲロンから変化する成分
加熱するほどその量が増える
抗炎症作用があり、関節痛の緩和や風邪の予防などに効果があるとされている
ジンギベロールジンジャーに含まれる辛味成分の一つで、ジンゲロンよりも強い辛味がある血行促進や体を温める効果があり、冷え性の改善や免疫力の向上に役立つ
また、抗酸化作用もあるため、老化防止にも効果が期待される

特に、ショウガオールは抗炎症作用があり、関節痛の緩和に役立つとされています。
また、ジンジャーは血行を促進し、体を温める効果があるため、冷え性の改善にも有効とされます。

ジンジャーには、ビタミンB1、B2、Cといったビタミン類や、マグネシウム、カリウム、鉄などのミネラルも豊富に含まれています。
これらの栄養素は、免疫力の向上や疲労回復美肌効果にも寄与します。

ジンジャーの効果

ヒハツは、ただのスパイスではなく、その成分が持つ健康への多大な影響が古代から現代に至るまで評価されています。

ヒハツは冷えにより低下した血流(末梢血流)を正常に整え、冷えによる抹消(手足)の皮膚表面温度低下を軽減する機能があることが報告されています。また、足のむくみが気になる健常な女性の夕方の脚のむくみ(病的ではない一過性のむくみ)を軽減する機能があることが報告されています。

ジンジャーの利用方法

ジンジャーは、生のまま摂取することも、乾燥させた粉末として利用することもできます。

また、ジンジャーティーとして飲むことで、消化促進や風邪予防に役立てることができます。
ジンジャーを料理に加えることで、風味を豊かにするだけでなく、健康効果も期待できます。

ジンジャーを摂取する際は、過剰摂取に注意し、日常の食生活に上手に取り入れることが大切です。
ジンジャーを使ったレシピを試しながら、その多様な健康効果を享受しましょう。

ビタミン摂取の重要性について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「ビタミン」は、私たちが生きていく上で必要不可欠な「栄養素」です。ビタミンは身体の中で作られないため、食材などから摂取しなくてはなりません。いざビタミンを取り入れようと思っても、どんなビタミンがあるのか?なぜ摂取しなければならないの[…]

スポンサーリンク

ジンジャーの種類と特徴

ジンジャー(生姜)の種類とそれぞれの特徴を表にまとめると以下のようになります。

種類収穫時期

特徴

新生姜7月下旬〜8月繊維が柔らかく、辛味が控えめ
シャキシャキした食感と爽やかな香りが特徴
囲い生姜10月中旬〜12月収穫後約2か月間貯蔵され辛み成分が増え、薬効成分も高まる
表皮は飴色に変化し、辛みと薬効が高まる
親生姜繊維が多く、辛みが強い
栽培の基となる重要な生姜
黄金しょうが肉質が黄金色で、調理後も色が退色しにくい
ジンゲロール、ショウガオールが多く含まれ、繊維質が少なくおろしやすい
大生姜ひとつの根塊が大きく、マイルドな香りが特徴
辛みが苦手な方にお勧め。
三州生姜肉質が黄色を帯び、「黄生姜」とも呼ばれる
ジンゲロール類が多く含まれ、辛みが強い

これらの情報をもとに、料理や健康維持において適切な生姜を選択することができます。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

ジンジャーの育て方と収穫時期

ジンジャーは、その独特の香りと味で世界中で愛されています。
家庭菜園での栽培も比較的簡単で、初心者から上級者まで楽しむことができます。

ジンジャーの基本的な育て方から収穫時期、保存方法に至るまで、詳しく解説していきます。

ジンジャーの育て方|選ぶポイント

ジンジャーは、独特の香りと辛味が特徴の植物です。
料理の風味付けや健康維持に役立つことから、多くの家庭で栽培されています。

栽培を始める前に、良質な種生姜の選び方を知ることが重要です。
健康で芽の出る種生姜を選び、栽培に適した土壌を準備しましょう。

ジンジャーの育て方|土づくりと植え付け

ジンジャーの栽培には、保湿性の高い用土が適しています。
深く耕し、有機質に富んだ肥沃な土壌を用意することが肝心です。

植え付けは、晩霜の心配がなくなる春先が適期です。
適切な土づくりと植え付け方法を守ることで、健康なジンジャーを育てることができます。

ジンジャーの育て方|水やりと管理

ジンジャーは水を好む植物ですが、過剰な水やりは根腐れの原因となります。
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、乾燥を防ぎましょう。

また、生育期間中には適切な追肥を行い、健康な成長をサポートします。
害虫や病気の予防も重要な管理ポイントです。

ジンジャーの育て方|収穫と保存

ジンジャーの収穫時期は、葉が黄色く枯れ始める秋頃です。
収穫したジンジャーは、新鮮なうちに使用するのが最もおすすめですが、適切に保存することで長期間楽しむことも可能です。

ジンジャー(生姜)の保存方法には、以下のようなポイントがあります。
これらの方法を適用することで、ジンジャーを長期間新鮮に保つことができます。

生のジンジャーの保存方法

冷蔵保存

生のジンジャーは、乾燥を避けるために、ペーパータオルで包んでからプラスチックバッグに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。
この方法で数週間保存することができます。

冷凍保存

生のジンジャーを皮ごとまたは皮を剥いた状態で冷凍保存することができます。
使用する際には、冷凍したまますりおろすか、小さく切り分けることができます。
冷凍することで数ヶ月間保存することが可能です。

乾燥ジンジャーの保存方法

ジンジャーを薄くスライスして、日陰の風通しの良い場所で乾燥させた後、密閉容器に入れて保存します。
乾燥させたジンジャーは、冷暗所で長期間保存することができます。

ジンジャーパウダーの保存方法

市販のジンジャーパウダーは、直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に密閉容器で保存します。
この方法で、品質を保ちながら長期間保存することができます。

注意点

ジンジャーは湿気を嫌うため、保存する際は乾燥を保つことが重要です。
使用する前には、カビや悪臭がないか確認し、異常が見られる場合は使用を避けましょう。

これらの方法を適用することで、ジンジャーを新鮮な状態で長く楽しむことができます。

スポンサーリンク

ジンジャーの歴史と由来

ジンジャー、また生姜は、その独特の風味と健康への多大な利益があるとされ世界中で愛されています。

ジンジャーの起源から現代に至るまでの歴史的な旅を探ります。

ジンジャーの語源

ジンジャーという言葉は、古代インドのサンスクリット語に由来します。
「シンガベラ」という言葉は、「角(singa)」と「形(vera)」の合成語で、しょうがの根茎が鹿の枝角に似ていることから名付けられました。

日本では、江戸時代に現在の「しょうが」という呼び名が定着しました。
この名前の変遷は、しょうががどのようにして日本の食文化に深く根ざしていったかを示しています。

ジンジャーの世界史

ジンジャーの使用は、紀元前300年から500年のインドに遡ります。
保存食や薬効品として利用されていた記録があり、約650年の中国では孔子が食べていたという記述も残っています。

日本には2〜3世紀ごろに中国から伝来し、『古事記』にもその記述が見られます。
大航海時代には、ジンジャーは非常に貴重な商品で、1ポンド(約450グラム)が羊一頭と同等の価値がありました。

ジンジャーの日本史

日本におけるジンジャーの歴史は深く、多様な文化的背景を持っています。
はじかみ(焼き魚に添えられる棒状の生姜)は、生姜の語源ともされています。

また、生姜は古くから「はじかみ」と呼ばれ、山椒と同じく使用されていました。
生姜と茗荷(みょうが)は、強い香りと薬効を持つ野菜として、日本の食文化において重要な役割を果たしてきました。

健達ねっとECサイト

ジンジャーと生姜の違い

ジンジャーと生姜は同じ植物から来ていますが、使用法や文化的背景によって異なる呼び名があります。

その違いを深く掘り下げていきます。

ジンジャーとは

ジンジャーは、熱帯アジアが原産のショウガ科の多年草で、特に西洋では乾燥させた形で使用されることが多いです。
3000年以上前から栽培されており、その風味はパンやケーキ、プディングなどの甘い料理に欠かせないものとなっています。

また、ジンジャーエールやジンジャービールなどの飲料にも使われています。
西洋では、このスパイスを使った「ジンジャーブレッドマン」がクリスマスシーズンの伝統的なお菓子として親しまれています。

生姜とは

一方、日本をはじめとするアジア地域では、生姜(ジンジャー)は主に生の状態で料理に使用されます。
生姜は、その辛味と香りで知られ、冷奴やそうめんなどの料理に加えられることが多いです。

日本では、生の生姜をすりおろして使うことが一般的で、風味を活かした様々な料理に欠かせない存在です。

ジンジャーと生姜の使用法の違い

ジンジャーと生姜は同じ植物を指しますが、その使用法には大きな違いがあります。

西洋では乾燥させたジンジャーがお菓子作りに利用されることが多く、特有の甘い風味が好まれています。
一方、日本や中国、東南アジアでは、生の生姜を料理に使うことが一般的です。

この文化的な違いは、それぞれの地域の食文化や料理法に深く根ざしています。

薬の使い方

ジンジャーエールの効果と作り方

ジンジャーエールは、その爽やかな味わいだけでなく、健康にも良い影響を与える飲み物です。
特に手作りのジンジャーエールは、生姜の持つ自然な効能を存分に活かすことができます。

ジンジャーエールがなぜ健康に良いのか、そして自宅で簡単に作る方法を紹介します。

ジンジャーエールの健康効果

生姜は古くから漢方薬の素材として用いられ、その健康効果は広く認知されています。
生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールなどの成分は、体を温める作用があり、冷え性の改善免疫力の向上に役立ちます。

また、消化を助け、食欲を増進させる効果もあるとされます。
夏バテ予防にも効果的とされ、暑い季節に冷えたジンジャーエールを飲むことで、体内からリフレッシュすることができます。

さらに、生姜は抗菌作用や抗炎症作用も持ち合わせており、風邪の初期症状にも効果的とされます。

手作りジンジャーエールの作り方

手作りジンジャーエールの基本となるのは、生姜シロップです。
このシロップを作ることで、一年中様々なドリンクとして楽しむことができます。

手作りジンジャーエールの作り方を手順に分けて説明します。

材料

  • 生姜:300g
  • 砂糖:300g(お好みで調整)
  • 水:200ml

手順

1. 生姜の準備

生姜をよく洗い、皮を剥かずに約1cmの薄切りにします。
生姜の皮にも風味があるため、このレシピでは皮を剥きません。

2. シロップの基本材料を混ぜる

小鍋に切った生姜と砂糖を入れます。
生姜と砂糖が均等に混ざるように、よく混ぜ合わせます。

3. 砂糖を生姜に浸透させる

混ぜ合わせた生姜と砂糖を約30分間放置します。
この時間が経過すると、生姜から自然に水分が出てきて、砂糖とよりよく結合します。

4. 煮込む

放置した後、200mlの水を鍋に加えます。
弱火に設定し、約30分間煮込みます。
この過程で、生姜のエキスが抽出され、シロップが濃縮されます。

5. 冷却と保存

煮込んだシロップを火から下ろし、室温で冷まします。
その後、清潔な瓶や容器に移し、冷蔵庫で保存します。
このシロップは数週間持つため、いつでも使用できます。

6. ジンジャーエールの完成

シロップを使用する際は、水、炭酸水、またはお好みのお酒で割ります。
割る比率はお好みで調整してください。

例えば、グラスにシロップ大さじ1〜2杯と炭酸水を加え、よく混ぜ合わせると、爽やかな手作りジンジャーエールの完成です。

ジンジャーの副作用と注意点

ジンジャー(生姜)は、その温かみのある風味と健康への多くの利点で知られていますが、過剰摂取すると副作用が生じる可能性があります。
適切な量での摂取が推奨されます。

ジンジャーの一般的な副作用

ジンジャーは一般的に安全で健康に良いとされていますが、大量に摂取した場合、

  • 腹部の不快感
  • 胸焼け
  • 下痢
  • 口や喉の炎症

などの副作用を引き起こす可能性があります。

特に、生のジンジャーやジンジャーサプリメントを大量に摂取した場合に注意が必要です。

これらの症状は、ジンジャーの辛味成分であるジンゲロンやショウガオールが原因で起こることがあります。
これらの成分は消化促進や抗炎症作用がある一方で、過剰に摂取すると消化器系に刺激を与えることがあります。

ジンジャー摂取に注意するべき人

妊娠中の女性は、ジンジャーを摂取する際に特に注意が必要です。

一部の研究では、妊娠中の軽い吐き気や嘔吐に対してジンジャーが有用である可能性が示されていますが、安全性に関する決定的なエビデンスはありません。
妊娠中にジンジャーを使用する場合は、医療提供者に相談することが推奨されます。

また、授乳中の安全性についても、十分な情報が得られていません。
これらの状況では、ジンジャーを摂取する前に専門家の意見を求めることが重要です。

ジンジャー摂取時の推奨事項

ジンジャーを安全に摂取するためには、適切な量を守ることが重要です。
一般的な健康維持や風邪予防などでの使用では、食事に少量の生姜を加えるか、ジンジャーティーを1日に数杯までとすることが推奨されます。

サプリメントを使用する場合は、製品の推奨摂取量を守り、長期間の大量摂取は避けるべきです。

また、既存の健康問題がある場合他の薬剤を服用している場合は、ジンジャーを摂取する前に医師や薬剤師と相談することが賢明です。

スポンサーリンク

ジンジャーに関するよくある質問|Q&A

ここでは、よくある質問に答えていきます。

ジンジャーと生姜の違いは何ですか?

ジンジャーと生姜の違いは、実は名称の違いに過ぎません。
日本では一般的に「生姜」と呼ばれるこのスパイスは、英語圏では「ジンジャー」と称されます。
どちらも同じ植物の根茎を指し、料理や薬用に広く利用されています。

ジンジャーの別名は?

ジンジャーは「生姜」や「ショウガ」とも呼ばれ、これらはすべて同じ植物を指します。
地域や文化によって呼び名が異なることがありますが、その多様な呼称はジンジャーの世界的な普及と重要性を反映しています。

ジンジャーの白い花は何ですか?

ジンジャーの白い花は、その繊細な美しさで知られています。
この花は、ジンジャー植物の成長が順調であることのサインでもあり、特有の香りと美しさで、庭園や室内でも人気のある観賞用植物です。

ジンジャーは日陰でも育ちますか?

ジンジャーは比較的順応性が高い植物で、直射日光を避けた半日陰の環境でも育ちます。
ただし、健康的な成長と良質の根茎を得るためには、適度な日光と水分が必要です。

適切な管理により、日陰でもジンジャーを栽培することが可能です。

スポンサーリンク

ジンジャーまとめ

今回はジンジャーについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ジンジャーの効果には、消化促進、吐き気の抑制、風邪の予防、老化防止、がん予防などがある
  • ジンジャーの種類には、新生姜、囲い生姜、親生姜、黄金しょうが、大生姜、三州生姜がある
  • ジンジャーと生姜は基本的に同じ植物であり、日本では一般的に「生姜」と呼ばれ、英語圏では「ジンジャー」と称される

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

健達ねっと公式商品のご紹介【健達ヒハツジンジャー】

健達ヒハツジンジャーは、冷え性や足のむくみに悩む方々におすすめのヘルスケア製品です。

この製品の最大の魅力は、ヒハツジンジャーという二つの温活成分が組み合わされている点です。
ヒハツは、血行を促進し新陳代謝を活発にする効果があるとされ、ジンジャー(生姜)は古くから冷え性の改善に利用されてきた自然の温暖成分です。

さらに、この製品には8種類の和漢成分がプラスされており、それぞれが体の内部から温め、血流を改善するのを助けます
これにより、冷え性やむくみだけでなく、全体的な体調管理にも寄与することが期待されます。

また、安心してご利用いただけるよう、健達ヒハツジンジャーは全て日本国内の工場で製造されています。
国内生産であるため、品質管理が徹底されており、安全性が高いという点も大きな特徴です。

日々の健康維持をサポートするこの製品で、寒い季節も快適に過ごしましょう。

商品名健達ヒハツ+ジンジャー
料金1,480円
内容量9g (300mg×30粒)
原材料名ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)(国内製造)、生姜エキス、植物抽出物(オウセイ、クコシ、サンシュユ、カンカニクジュヨウ、レイシ、サンシチニンジン、コウライニンジン、オウギヨウ)/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素
1日摂取目安量1日1粒
摂取方法水またはぬるま湯などでお召し上がりください。

 

公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

さわだクリニック院長

澤田 樹佳さわだ きよし

日本泌尿器科学会
日本EE学会
日本癌治療学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本EE学会
  • 日本癌治療学会

スポンサーリンク