ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>ルテインサプリの効果と選び方|正しい飲み方や副作用についても解説

ルテインサプリの効果と選び方|正しい飲み方や副作用についても解説

ルテインは、目の健康に役立つとされる栄養素であり、ブルーライトや紫外線から目を守る効果が注目されています。
近年、デジタル機器の普及により、目の疲れやドライアイの問題が増加しており、ルテインサプリメントの需要が高まっています。

では、ルテインサプリメントの効果にはどのようなものがあるのでしょうか?
また、摂取する際に注意するべきことはなんでしょうか?

本記事では、ルテインサプリについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ルテインサプリの効果
  • ルテインサプリの選び方とポイント
  • ルテインサプリの副作用と注意点

ルテインサプリの購入をご検討中の方はぜひ最後までお読みください。

この記事の監修・取材協力

さわだクリニック 院長

澤田 樹佳 先生

2002年に 金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を手掛ける。

コラムや監修で健康・美容の正しい知見を広めるために積極的に活動している。

クリニック公式HPはこちら

スポンサーリンク

ルテインとは

ルテインは、私たちの目や健康にとって重要な役割を果たすカロテノイドの一種です。
この成分は、特に目の健康を守る上で不可欠であり、現代社会においてその重要性が高まっています。

ルテインの基本情報

ルテインは、緑黄色野菜や一部の果物に豊富に含まれるカロテノイで、特に目の健康に良いとされています。
人間の体内では自ら生成することができないため、食事やサプリメントを通じて摂取する必要があります。

ルテインは、目を保護するだけでなく、抗酸化作用により体全体の健康維持にも寄与します。
特に、PCやスマートフォンの使用が増え、目を酷使する現代人にとって、ルテインの摂取は視力の維持や目の疲れを軽減する上で非常に重要です。

ルテインの健康への影響

ルテインは、目の中の黄斑部に集中して蓄積され、ブルーライトや紫外線から目を保護する役割を果たします。

また、ルテインとゼアキサンチンの摂取は、黄斑色素の濃度を高め、加齢による視力低下や病気のリスクを減少させることが研究で示されています。

さらに、ルテインは抗酸化作用により、体内の活性酸素を減少させ、様々な疾患の予防にも役立つ可能性があります。

健康な目だけでなく、全身の健康維持にも欠かせない成分と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ルテインサプリの効果

現代社会では、PCやスマートフォンの普及により、多くの人が眼の疲れや老眼などの問題を抱えています。
ルテインとゼアキサンチンは、これらの問題に対する有効な解決策を提供する可能性があります。

ルテインサプリがどのようにして眼の健康をサポートするのか、その科学的根拠とともに探求します。

ルテインとゼアキサンチンの基本知識

ルテインとゼアキサンチンは、眼の健康維持に不可欠なカロテノイドであり、特に網膜の黄斑部に多く存在します。
これらの成分は、ブルーライトや活性酸素から眼を保護する役割を果たし、加齢による視力低下のリスクを減少させることが期待されています。

食事から十分な量を摂取することが難しい場合、サプリメントが有効な手段となります。

眼の健康への効果

ルテインとゼアキサンチンは、眼の黄色色素量を増加、維持する効果により、眼の中で特に重要な役割を持つ黄斑部の健康をサポートします。
これらの成分は、

  • コントラスト感度
  • グレア回復(眩しさから回復する視機能)の改善
  • 眼の疲労感の軽減

などに役立ちます。

全身への健康効果

ルテインとゼアキサンチンは、眼だけでなく全身の健康にも良い影響を及ぼします。

例えば、睡眠の質を高める機能があることが報告されています。

関連記事

眼精疲労についてパソコンやスマートフォンを長時間見ている方も多いのではないでしょうか。ディスプレイを長時間見ていると「眼精疲労」のリスクが高くなります。眼精疲労の症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか。[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

ルテインサプリの選び方とポイント

目の健康を守るために注目されている「ルテイン」。

しかし、ルテインサプリを選ぶ際にはどのようなポイントを考慮すれば良いのでしょうか。
ルテインサプリを選ぶ際の重要なポイントを解説します。
適切なサプリメントを選択することで、目の健康維持に役立てましょう。

ルテインの含有量

ルテインサプリを選ぶ上で最も重要なポイントは、製品に含まれるルテインの量です。
一般的に、ルテインの1日の推奨摂取量は6mg以上とされていますが、加齢黄斑変性などの目の病気を予防するためには、10mg程度の摂取が推奨されています。

サプリメントを選ぶ際は、1日分の摂取量がこれを満たしているかを確認しましょう。

目に優しい成分の配合

ルテインだけでなく、他の目に優しい成分が含まれているかもチェックポイントです。

例えば、アントシアニンゼアキサンチンアスタキサンチンなどの成分は、ルテインと合わせて摂取することで、目の健康をさらにサポートすることが期待できます。

これらの成分が含まれているかを確認し、より効果的なサプリメント選びを心がけましょう。

コスパの良さ

サプリメントは長期間継続して摂取することが望ましいため、コストパフォーマンスも重要な選択基準です。
高価なサプリメントでも、その効果や含まれる成分の質を考慮すれば、コストパフォーマンスが良いと言える場合もあります。

自分の予算に合わせて、長く続けられるサプリメントを選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

おすすめルテインサプリメント5選

パソコンやスマホの長時間使用は目の疲れの大きな原因です。そんな現代人の目を守るため、ルテインサプリメントが注目されています。

ここでは、厳選したおすすめのルテインサプリメント5選を紹介します。
各製品の特徴や選び方を詳しく解説するので、自分に合ったサプリメント選びの参考にしてください。

1. ファインひとみの恵ルテイン40

ファインひとみの恵 ルテイン40は、1日あたりのルテイン配合量が40mgと高配合で、ビルベリーエキスやビタミンAも含まれています。

目の健康だけでなく、全体的な体の健康をサポートする成分がバランス良く配合されている点が特徴です。
価格も手頃で、続けやすいサプリメントをお探しの方におすすめです。

2. 参天製薬サンテルタックス20

参天製薬から発売されているサンテルタックス20は、ルテインを20mg含有しており、目の健康をサポートします。
特に、長時間のデスクワークや読書で目を酷使する方に適しています。

また、亜鉛や銅などのミネラルも配合されており、目だけでなく体の健康維持にも役立ちます。

3. ファンケルえんきん

ファンケルのえんきんは、眼精疲労の緩和をサポートする機能性表示食品です。
ルテインのほか、アスタキサンチンやゼアキサンチンを含み、目の健康を多角的にサポートします。

1日1粒の摂取で良く、忙しい現代人にも続けやすいサプリメントです。

4. ユニマットリケンブルーベリー+ルテイン

ユニマットリケンのブルーベリー+ルテインは、ブルーベリー果汁パウダーとルテインを組み合わせたサプリメントです。
特に、パソコンやスマホの使用が多い方におすすめで、目の疲れを感じやすい現代人のサポートを目的としています。

タブレット型で食べやすく、毎日の健康習慣に取り入れやすいです。

5. メニコンめにサプリアスタキサンチン+ルテイン

メニコンのめにサプリは、アスタキサンチンとルテインを主成分とし、目の疲れや年齢に応じた目のケアをサポートします。
特に、長時間の読書やデスクワークで目を酷使する方に適しており、目の健康を維持したい方におすすめです。

健達ねっとECサイト

ルテインサプリの正しい飲み方とタイミング

ルテインは目の健康をサポートする重要な成分です。
しかし、どのようにしてルテインサプリを最も効果的に摂取すれば良いのでしょうか?

ルテインサプリの正しい飲み方とおすすめのタイミングについて解説します。

ルテインサプリの基本的な飲み方

ルテインサプリの摂取には、特に厳しいルールはありませんが、一般的に推奨される方法があります。
プリメントは健康食品であり、1日に1粒を水またはぬるま湯で飲むことが基本です。

ルテインの含有量がサプリメントによって異なるため、製品に記載されている推奨摂取量を守ることが重要です。
過剰摂取は推奨されませんので、1日の摂取量を守りましょう。

おすすめの摂取タイミング

ルテインサプリの摂取タイミングに関しては、特に決まりはありませんが、吸収率を高めるために食事後に摂取することが推奨されています。

特に、脂溶性の成分であるルテインは、脂質と一緒に摂ることで体内への吸収が良くなるため、食事と一緒に摂取するのがおすすめです。

また、毎日同じ時間に摂取することで、習慣化しやすくなります。

ルテインサプリの摂取におすすめな人

ルテインサプリは、目の健康を気にするすべての人に推奨されます。
特に、

  • 長時間スクリーンを使用する方
  • 加齢による視力低下が気になる方
  • 目の疲れを感じやすい方

などは、ルテインの摂取が効果的とされます。

ルテインは、目のマクラ(黄斑)の健康をサポートし、ブルーライトや紫外線から目を保護する効果が期待できます。
また、加齢黄斑変性の予防にも役立つとされています。

薬の使い方

ルテインサプリとブルーベリーの相乗効果

現代社会では、スマートフォンやパソコンの使用が増え、目を酷使する機会が多くなっています。

そんな中、目の健康を守るために注目されているのが、ルテインとブルーベリーの相乗効果です。
それぞれの成分が目に及ぼす影響と、相乗効果によるメリットを詳しく解説します。

ブルーベリーの効果

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目の健康に良い影響を与えることで知られています。
アントシアニンは、眼の網膜にあるロドプシンの再合成を助け、目の疲れや視力の低下を防ぐ効果があります。

特に、現代人が抱える眼精疲労やドライアイの改善に役立つとされています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの特徴

ブルーベリーのアントシアニンは、その抗酸化作用により、眼の健康をサポートします。
眼の疲れを和らげ、血流の改善にも寄与することで、長時間のスクリーン使用による負担を軽減します。

また、アントシアニンは眼以外にも、全身の血流改善や抗炎症作用による健康効果が期待されています。

ルテインとブルーベリーの相乗効果

ルテインとブルーベリーを一緒に摂取することで、それぞれの成分が持つ眼に対するポジティブな影響を最大限に引き出すことができます。

ルテインが眼疾患の予防に寄与する一方で、ブルーベリーのアントシアニンは眼の疲れを和らげ、視力の維持に貢献します。
この相乗効果により、現代人の眼の健康を強力にサポートすることができるのです。

ブルーベリーの効果について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

目のためにブルーベリーを食べるという方も多いでしょう。ブルーベリーは具体的に目にどのような効果をもたらすのでしょうか。また、目の健康のためにブルーベリーはどれくらい食べるべきでしょうか。本記事では、「ブルーベリーの目への効果」につ[…]

ルテインサプリと飛蚊症の関係

ルテインという成分が飛蚊症の予防にどのように役立つか、また、ルテインサプリが飛蚊症に与える影響について探ります。

飛蚊症とは

飛蚊症は、眼球内の硝子体が老化や損傷を受けることで発生します。
硝子体は、眼球の大部分を占めるゼリー状の物質で、年齢と共にその構造が変化し、小さな塊や糸のようなものが形成されることがあります。

これらが視界を通過する際に、飛んでいる虫のように見える影が現れるのが飛蚊症です。
飛蚊症は一般的には無害であり、治療の必要はありませんが、生活の質に影響を与えることがあります。

飛蚊症予防とルテインの役割

ルテインは、眼の健康をサポートする重要な栄養素の一つで、特に眼の黄斑部に豊富に存在します。
黄斑部は、視力の鮮明さや色を識別する能力に関わる眼の部分で、ルテインはこの部分を保護することで、加齢による視力低下を予防する効果があります。

また、ルテインには強力な抗酸化作用があり、眼を有害な光や酸化ストレスから守ることが知られています。
これらの特性により、ルテインは飛蚊症の予防にも役立つ可能性があります

飛蚊症の直接的な治療法は現在のところ存在しませんが、ルテインを含むサプリメントの摂取は、眼の健康を維持し、飛蚊症のリスクを低減するのに有効な手段となり得ます。

関連記事

「眼精疲労」は、目の疲れや痛み、肩こりなど、さまざまな症状を引き起こします。眼精疲労の症状が出ている方の中には、眼科に行った方がよいのかと悩んでいる方もおられるかもしれません。眼精疲労が気になっているけれど、忙しくて眼科に行く暇がな[…]

スポンサーリンク

ルテインサプリの副作用と注意点

ルテインは、目の健康をサポートする重要な栄養素であり、特に緑黄色野菜に多く含まれています。
しかし、サプリメントを通じてルテインを摂取する際には、副作用や注意点があります。

ルテインサプリの適切な摂取方法と、過剰摂取や合成ルテインの使用に関連するリスクについて詳しく解説します。

ルテインサプリの安全な摂取量

ルテインの摂取には、適切な量があります。
国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同食品添加物専門家会議(JECFA)では、ルテインの1日の許容摂取量を体重1kgあたり2mgと設定しています。

例えば、体重50kgの人であれば、1日100mgまでが安全とされています。
しかし、この量は天然ルテインに限られ、合成ルテインの場合は副作用のリスクが高まる可能性があります。

ルテインサプリの副作用

ルテインサプリメント、特に合成ルテインを摂取する際には、いくつかの副作用が報告されています。
これには、

  • 皮膚の黄変
  • 胃腸の不調
  • 頭痛

などが含まれることがあります。
これらの副作用は、過剰摂取や個人の体質によって異なるため、サプリメントを使用する前には、製品のラベルを注意深く読み、推奨される摂取量を守ることが重要です。

天然ルテインと合成ルテイン

ルテインには天然合成の二種類があります。

天然ルテインは、主にマリーゴールドから抽出され、副作用のリスクが低いとされています。

一方、合成ルテインは石油由来の原料から作られ、一部の人に副作用を引き起こす可能性があります。
そのため、サプリメントを選ぶ際には、成分が天然由来のものを選ぶことが推奨されます。

ルテインサプリを選ぶ際には、これらの点に注意し、目の健康をサポートしつつ、副作用のリスクを最小限に抑えることが大切です。

スポンサーリンク

ルテインサプリに関するよくある質問|Q&A

ここでは、よくある質問に答えていきます。

ルテインサプリはどんな効果があるのですか?

ルテインサプリは、目の健康をサポートする効果が期待されています。
特に、長時間のスクリーン使用による目の疲れや、加齢に伴う黄斑変性のリスク軽減に役立つとされています。

抗酸化作用により、目の細胞を保護し、視力の維持にも寄与する可能性があります。

ブルーベリーとルテインどっちが目にいいの?

ブルーベリーとルテインは、どちらも目の健康に良いとされていますが、ルテインは特に黄斑の保護に優れ、ブルーベリーは目の疲れを和らげる効果が期待されます。
目の健康を総合的にサポートするためには、両方をバランス良く摂取することが推奨されます。

ルテインはどれくらいで効果出る?

ルテインの効果は個人差がありますが、一般的には摂取開始から数週間から数ヶ月で目の疲れに対する改善効果が感じられることがあります。
継続的な摂取が重要で、長期間にわたって目の健康をサポートする効果が期待できます。

ルテインは何に良いのですか?

ルテインは、目の健康をサポートするだけでなく、抗酸化作用により全身の細胞を保護する効果も期待されています。
特に、目の黄斑部の健康維持に役立ち、加齢による視力低下のリスクを軽減することができるとされています。

スポンサーリンク

ルテインサプリまとめ

今回はルテインサプリについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ルテインサプリの効果は、眼の健康への効果、全身への健康効果が期待される
  • ルテインサプリの選び方とポイントは、ルテインの含有量、目に優しい成分の配合、コスパの良さを重視する
  • ルテインサプリの副作用には、皮膚の黄変、胃腸の不調、頭痛などがあり、注意点は、ルテインには天然と合成の二種類があり、成分が天然由来のものを選ぶことが推奨される

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

健達ねっと公式商品のご紹介【健達ルテイン】

健達ねっとから新しくリリースされた「健達ルテイン」は、現代人の目の健康をサポートするために開発されたサプリメントです。

健達ルテインは、特に現代人の目に多い疲労感やブルーライトによるダメージを軽減するために設計されています。
このサプリメントには、ルテインゼアキサンチンが豊富に含まれており、これらは眼の黄斑部に存在し、有害な光から目を保護する役割を果たします。

特に、ルテインは目の健康をサポートすることで知られ、日常的にパソコンやスマートフォンを使用する人々にとって必要不可欠な成分です。

健達ルテインのカプセルは、飲みやすいソフトカプセル形式で提供されており、毎日の摂取が非常に簡単です。

また、睡眠の質の向上にも寄与する成分を含んでおり、特に目の疲労が睡眠に悪影響を及ぼすことがあるため、これらの成分が目の疲れを和らげ、質の良い睡眠へと導いてくれることが期待されます。

商品名健達ルテイン
料金1,580円
内容量9.6g (320mg×30粒)
原材料名サフラワー油(国内製造)、ヒマワリ油、マリーゴールド抽出物/ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ
1日摂取目安量1日1粒
摂取方法水またはぬるま湯などでお召し上がりください。

 

公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

さわだクリニック院長

澤田 樹佳さわだ きよし

日本泌尿器科学会
日本EE学会
日本癌治療学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本EE学会
  • 日本癌治療学会

スポンサーリンク