ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>疲れ目対策!おすすめのサプリメント|サプリの選び方や摂取方法など

疲れ目対策!おすすめのサプリメント|サプリの選び方や摂取方法など

近年スマートフォンやパソコンの普及により、目の疲れを感じる人が増えていると考えられています。
その結果、特に「疲れ目対策のサプリ」が目の健康を保つための手軽な方法として注目されています。

しかし、「疲れ目対策のサプリ」はどの製品を選べば良いのか、どのように摂取すればより効果的なのか、副作用はないのか、など多くの疑問をお持ちの方もいると思われます。

この記事では、「疲れ目対策のサプリ」についての疑問に答え、皆様の健康にお役立ていただける情報をピックアップさせていただきました。

以下の点を中心に解説します。

  • 疲れ目とは
  • 疲れ目の主な原因
  • 疲れ目対策のサプリメント
  • 疲れ目サプリの成とは

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

疲れ目とは?

疲れ目は、目の過度な使用やストレスによって引き起こされる一般的な症状です。

長時間の読書、パソコンやスマートフォンの操作、または細かい作業など、目を集中的に使うことによって引き起こされます。

大抵の疲れ目は一時的で、適度な休息と適切なケアにより改善が期待できます。

疲れ目の原因

疲れ目の主な原因は、

  • 心身の疲労
  • ドライアイ
  • 目の酷使
  • 乱れた生活リズム
  • 度が合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用

などがあげられます。

また、近視・遠視・乱視・老眼、または白内障や緑内障などの病気の影響も考えられます。

眼精疲労とは?

眼精疲労は、目を使う作業を続けることを原因とするものです。

目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの全身症状も現れ、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態になっていることも多いようです。

なお、パソコンやテレビの画面、スマートフォンの画面などディスプレイを集中して長時間見続けることで発症する疲れ目や身体の不調のことはVDT症候群(VisualDisplayTerminals症候群)と呼ばれています。

眼精疲労についてもっと詳しく解説している記事があります。
対処法や予防方法など気になる方は併せてお読みください。

関連記事

眼精疲労についてパソコンやスマートフォンを長時間見ている方も多いのではないでしょうか。ディスプレイを長時間見ていると「眼精疲労」のリスクが高くなります。眼精疲労の症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか。[…]

関連記事

現代人はスマートフォンやパソコンなど使用する機会が多く、目を酷使しがちです。眼精疲労は目だけではなく、全身に様々な症状を引き起こしてしまいます。眼精疲労は、どのような症状や対策法があるのでしょうか。そこで本記事では、眼精疲労[…]

スポンサーリンク

疲れ目対策の方法

現代社会において、目の疲れは多くの人々の共通の悩みといわれています。
その悩みを解消するための対策として、特に「サプリメント」が注目されているようです。

疲れ目対策サプリの存在

疲れ目対策のサプリメントは、目の健康をサポートするための栄養素を補給することを目的にしています。

それらのサプリメントにはルテインやアスタキサンチンなどの成分が含まれており、それぞれ目の健康に対して異なる効果を持っているとされています。

また、主要なECサイトで簡単に購入できることも魅力の一つです。

疲れ目対策サプリの効果

疲れ目対策サプリによく含まれている栄養素がもたらす、具体的な効果について説明します。

まず、ルテインとゼアキサンチンは目の黄斑部に存在する黄色色素で、ブルーライトなどの光から目を保護し、色調のコントラストの感度を上げて「見る力」をサポートします。

また、アスタキサンチンは、栄養が届きにくい目の奥まで入り込み、痛みなどのつらい負担を緩和できるように助けます。

さらに、アントシアニンは、網膜で光を受けとって脳へ信号として送る役割を持つロドプシンの再合成を促進し、視覚機能を維持するのに役立ちます。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

疲れ目対策に眼科医がすすめるサプリメント

現代社会においてパソコンやスマートフォンの使用が増えるに伴い、
目の疲れを感じる人も増えて眼科を受診する数も増加傾向にあると考えられています。

疲れ目対策として、眼科医が推奨するサプリメントについて触れます。

眼科医の推奨するサプリメントの特徴

眼科医が推奨するサプリメントは、特定の目の症状や疾患に対応する成分を含んでおり、老眼・白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、近視など、さまざまな目の問題に対応できる可能性を持っています。

また、これらのサプリメントは、ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅など、目の健康に必要な栄養素を補給できるとされています。

眼科医の推奨するサプリメントの効果

眼科医が推奨するサプリメントは、目の健康を維持し、視力を保つための効果が期待できます。

例えば、ルテインゼアキサンチンは、加齢による目の酸化を防ぎ、白内障や加齢黄斑変性といった病気にならないよう目を守る効果があると考えられます。

また、アントシアニンには血流を促進することで眼の毛様体筋の緊張をほぐす効果があるとされており、眼精疲労の症状の改善が期待できます。

さらに、アスタキサンチンは眼精疲労に効果があるとされています。

これらの成分は、食事だけではなく、サプリメントを通じて効率的に摂取することが推奨されています。

スポンサーリンク

疲れ目サプリの選び方

皆様の疲れ目を引き起こしている状態や、現れている症状などは多岐にわたると思われます。
ここでは、疲れ目を和らげるためのサプリメントの選び方について詳しく説明します。

疲れ目サプリ選びのポイント

疲れ目サプリを選ぶ際には、自身の症状に合わせて以下の3つのポイントを考慮することが重要です。

  • 抗酸化物質の存在:カロテノイドやポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれているか
  • ビタミンB群の存在:目の神経、筋肉、粘膜に作用するビタミンB群が含まれているか
  • 続けやすさ:サプリメントは長期間続けることで効果を期待できるため、形状や価格など、続けやすいか

疲れ目サプリの効果

疲れ目を和らげるためには、適切な休息と栄養補給が重要です。
疲れ目サプリは、必要な栄養素を効率的に補給する手段として注目されています。

特にルテイン、アスタキサンチン、ビタミンA、ビタミンB群などの成分に着目します。
ルテインとアスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持ち、目をブルーライトや紫外線から保護します。
特に、アスタキサンチンは、目の奥まで浸透し、疲労感を緩和する効果が期待されています。

ビタミンAは、視力の維持とドライアイの改善に役立つとされています。
ビタミンB群は、神経の正常な働きを維持し、視神経の動きを促進します。

疲れ目老眼サプリの特徴

疲れ目老眼サプリは、特に年齢とともに目の疲れや視力の低下が気になる方におすすめのサプリメントです。
特に以下の3つの成分が配合されたサプリメントが効果的と考えられています。

  • ビタミンB12:末梢神経に作用し、目の疲れを和らげる効果が期待できる。
  • ビタミンB6:末梢神経の機能を高め、新陳代謝が促進されるとされている。
  • パンテノールと天然型ビタミンE:目の健康をサポートするとされている。

ただし、サプリメントはあくまで食品であり、医療行為とは異なります
サプリメントはあくまで食品であり、健康維持をサポートする栄養素を補給するだけにすぎません。

症状が重い場合や改善しない場合は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

健達ねっとECサイト

市販のおすすめ疲れ目サプリ

以下では、市販で手に入るおすすめの疲れ目サプリを紹介し、さらに今注目されている、DHCの疲れ目サプリの評価についても詳しく説明します。

市販の疲れ目サプリ3選

市販の疲れ目サプリは多種多様で、それぞれが異なる成分と効果を持っています。
以下では、効果的な成分を含み、ユーザーから高評価を得ている市販の疲れ目サプリを紹介します。

1.ファンケルえんきん

ルテインとアスタキサンチンを25mg配合しており、目の健康をサポートします。

  • “手元のピント調節機能を維持し、目の疲労感を軽減する”
  • ”ぼやけを緩和し、はっきり見る力をサポート”
  • ”光の刺激から目を保護”

2.明治カシス-iEX

カシスとルテインを配合し、目の疲れを和らげます。

  • ”ツルンと飲みやすいソフトカプセル”

3.わかさ生活ブルーベリーアイデラックス

ビルベリーエキスとアントシアニンを配合し、視力の維持を助けます。

  • ”進化型カプセル採用”
  • ”時代に合わせた配合成分”

疲れ目サプリDHCの評価

DHCの疲れ目サプリは、その効果と価格のバランスから多くのユーザーに支持されています。

製品の公式ウェブサイトを見てみると、価格が手頃であることと、
滑らかな小粒のカプセルなので飲みやすいという声もあります。

個々の体質や生活習慣により効果は異なるため、自身の目の状態や生活習慣に合わせて適切なサプリメントを選ぶことが重要です。

薬の使い方

疲れ目サプリの正しい摂取方法

疲れ目サプリは、私たちの目の健康をサポートするための製品です。
しかし、その効果を最大限に引き出すためには、適切な摂取方法をおすすめします。

以下では、疲れ目サプリの適切な摂取時間と摂取量について説明します。

疲れ目サプリの摂取時間

サプリメントの効果は、摂取するタイミングによって変わることがあります。
疲れ目サプリも例外ではありません。

サプリメントは食品の一種であり、法律上、医薬品のように特定の摂取時間を指定することはできません。
しかし、サプリメントの種類によっては、適切な摂取タイミングが存在するといわれています。

疲れ目サプリの成分によりますが、一般的には食事と一緒に摂取することが推奨されます。
これはサプリメントの成分が食事と一緒に摂取することで、より効率的に吸収されるためです。

特に、脂溶性の成分を含むサプリメントは、食事中や食後すぐに摂取することで、吸収率が高まります。

疲れ目サプリの摂取量

疲れ目サプリの摂取量は、製品によって異なります。
製品のパッケージや説明書に記載されている推奨摂取量を守ることが大切です。

適切な摂取量を守ることで、サプリメントの効果を最大限に引き出せると考えられています。

また、サプリメントはあくまで食事の補助として考えるべきであり、
バランスの良い食事と適切な生活習慣を維持することが、目の健康を保つ上で最も重要です。

目の健康を守るために、適切な摂取方法を守り、健康的な生活を送りましょう。

「よく聞くバランスの良い食事ってどんなもの?」と疑問をお持ちの方は、
下記の記事で詳しく解説していますので参考にされてみてはいかかでしょうか?

関連記事

栄養素は、健康を保つために欠かせない成分です。栄養素には具体的にどのような働きがあるのか御存じですか。本記事では栄養素について、以下の点を中心にご紹介します。 五大栄養素とは 五大栄養素の働き 一日あたりの[…]

疲れ目サプリのQ&A

疲れ目サプリは、日々の生活で目を酷使する現代人にとって、目の健康をサポートするための重要なツールとなっています。
しかし、その効果や選び方については多くの疑問が寄せられています。

ここでは、よくある質問とその回答をまとめ、疲れ目サプリについて解説します。

よくある質問とその回答

多岐にわたる疲れ目サプリに関する質問中でも特に多いのは、
サプリの効果、摂取のタイミング、副作用の有無などです。

以下に、これらの質問とその回答をまとめています。

サプリの効果は?

疲れ目サプリは、目の疲れを軽減し、視力の維持をサポートする効果が期待されます。
特に、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンAの摂取が効果的とされています。

摂取のタイミングは?

一般的には、食事と一緒に摂取することが推奨されています。
これは、ビタミンやミネラルなどの栄養素が食事と一緒に摂取することで吸収率が上がるためです。

副作用はある?

一般的に、疲れ目サプリは自然由来の成分を主に使用しているため、副作用は少ないとされています。
しかし、過剰摂取や体質によっては副作用が出ることもありますので、用法・用量を守ることが重要です。

眼精疲労頭痛サプリについて

眼精疲労頭痛は、目を酷使することで全身に疲労が生じ、頭痛や吐き気などの症状が現れる状態を指します。
この状態を改善するためには、適切な休息や睡眠、そして栄養補給が必要となります。

眼精疲労頭痛サプリは、その栄養補給をサポートするための製品です。
これまであげたサプリと同様に、ルテイン、アスタキサンチン、ビタミンB群などの成分が含まれています。

しかし、眼精疲労頭痛サプリに臨床などによる医学的な効果が認められたものは現在まだありません。

サプリはあくまでも食品であり、健康維持をサポートする栄養素を補給するだけにすぎません。
すでに眼精疲労の症状があるなら、早めに病院を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

疲れ目サプリについてのまとめ

ここまで疲れ目サプリについてご紹介しました。

要点を以下にまとめます。

  • 疲れ目とは、目の過度な使用やストレスによって引き起こされる一般的な症状である
  • 疲れ目の主な原因は、目の酷使、乱れた生活リズム、度が合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用などがあげられる
  • 疲れ目対策のサプリメントは、目の健康をサポートするための栄養素を補給する手助けをしてくれる
  • 注目すべき疲れ目サプリの成分はルテイン、アスタキサンチン、ビタミンA、ビタミンB群
  • 目の症状が重い場合や改善しない場合は、医療機関を受診すること

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク