ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>はちみつの驚くべき効果と効能とは?|毎日の健康習慣への取り入れ方

はちみつの驚くべき効果と効能とは?|毎日の健康習慣への取り入れ方

スポンサーリンク

はちみつの効果について

朝食のトーストにはちみつを塗ったり、風邪の時にはちみつレモンを飲んだりする方もいるのではないでしょうか。
はちみつは甘さだけでなく、健康に対する多くの効果があるとされています。

では、はちみつの効果は具体的にどのようなものでしょうか?
また、効果を適切に得るにはどのように摂取すべきなのでしょうか?

そこで本記事では、はちみつの効果について以下の項目を中心に解説していきます。

  • はちみつが喉、胃腸、ダイエットや美容にもたらす効果
  • はちみつとおすすめの組み合わせ食材
  • 簡単 はちみつメニュー

最後までお読みいただければ、はちみつの活用方法をばっちり学べるはずです!

スポンサーリンク

はちみつの効果とは

はちみつは、甘さだけでなく、その栄養価と健康効果でも知られています。
はちみつの主成分は約80%の糖質と約20%の水分で、その他にもビタミン、ミネラル、タンパク質などの成分が含まれています。

はちみつの一般的な効果と効能

はちみつには、ブドウ糖と果糖という糖質が約80%含まれており、これらは体内ですぐにエネルギー源となる単糖類です。

また、はちみつには、

  • 疲労回復をサポート
  • 風邪や喉の痛みを予防
  • 腸内環境を整える
  • 貧血対策
  • 肌をきれいに保つ
  • 虫歯になりにくくさせる

などの効果があるとされます。

また、国産のはちみつは、外国産のはちみつに比べて水分量が多く、なめらかでさっぱりとした甘さが特徴といわれています。

はちみつが健康に良いといわれる理由

はちみつが健康に良い理由は、その成分にあります。
はちみつには単糖類の他、

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • カリウム

などの栄養素が含まれています。

これらの成分は、エネルギーの産生、ホルモンの合成、血液の健康、腸内環境の改善など、体の様々な機能をサポートします。

はちみつを毎日摂取すれば、その効果はさらに増すともいわれています。
特に喉、胃腸、さらに美容にも良い影響をあたえると考えられています。

次の項目からは、はちみつの効果についてより詳細に解説していきます。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

はちみつの喉への効果

はちみつは、その独特の粘りと保湿効果により、喉の健康に良い効果をもたらすとされています。

喉への効果

はちみつが喉に直接的にもたらす効果は、その保湿性と抗菌性によるものとされています。
はちみつは、喉の乾燥を防ぎ、喉の粘膜を潤す高い保湿作用が期待されます。

さらに、はちみつに含まれるグルコン酸とグルコースオキシダーゼという酵素によって生成される天然の過酸化水素により、炎症を起こす原因となる細菌やウイルスを死滅させ、喉の痛みやイガイガとした不快感を解消すると考えられています。

長期的に摂取した際の喉への効果

はちみつを長期的に摂取すると、咳の症状を緩和する効果があるとされています。

特に子どもを対象とした研究報告が数多くなされており、就寝前にハチミツを摂取することで有意に咳が減ったという結果が複数示されているようです。
さらに、その効果は一般的な咳止め薬を服用した場合とほとんど変わらないという報告もあるといわれています。

スポンサーリンク

はちみつの胃腸への効果

前述した喉への影響と同様に、はちみつの粘りと保湿効果が、胃腸の健康に対しても効果をもたらすとされています。

胃腸への効果

はちみつは、胃腸の乾燥を防ぎ、胃腸の粘膜を潤す高い保湿作用があると考えられています。
さらに、はちみつに含まれるフラボノイドなどのポリフェノールは、胃の粘膜の炎症を抑え、胃痛を緩和する効果が期待できるといわれています。

長期的に摂取した際の胃腸への効果

はちみつの胃腸への長期的な効果として、腸内環境の改善があります。

はちみつに含まれるオリゴ糖グルコン酸は、腸内の善玉菌の増殖をサポートし、悪玉菌の発生を抑え、腸内環境の改善に役立つといわれています。

健達ねっとECサイト

はちみつの美容効果

はちみつは、美容にも良い影響をもたらすとされています。

はちみつの美容への効果

はちみつが美容に直接的にもたらす効果は、その保湿性と抗菌性によるとされます。
はちみつに含まれる果糖やブドウ糖が肌の乾燥を防ぎ、肌の粘膜を潤す高い保湿作用を生むといわれています。

さらに、はちみつに含まれるビタミンB群は肌や粘膜の健康に寄与するとされ、皮膚の再生サイクルと整える効果が期待されるため、美肌効果があるとされています。

また肌への仕様だけでなく、唇などにもおすすめです。

長期的に使用した際の美容への効果

はちみつの美容に期待できる効果として、肌の老化防止があります。

はちみつに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があるとされ、新陳代謝を促すことで肌を若々しく保つ効果が期待できます。

また、ハチミツに含まれるビタミンCは、シミの元になるメラニンの生成を阻害したり、すでにできてしまったシミを薄くしたりと、様々な効果が期待されます。

摂取するだけでなく、スキンケアとしても取り入れることで様々な効果が得られると考えられます。

美肌に興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

関連記事

乳酸菌は、糖類を分解して乳酸をつくり出す細菌の総称で善玉菌ともいわれています。乳酸菌には、美肌効果があるのでしょうか?乳酸菌をどのように取り入れると美肌に効果があるのでしょうか?本記事では、乳酸菌の美肌効果について以下の点を中心に[…]

関連記事

青汁を飲み続けた結果について青汁は、その豊富な栄養成分と健康効果から、多くの人々に愛されています。ケールや大麦若葉などの緑色の野菜を主成分とし、食物繊維や栄養素が豊富に含まれています。これらの成分は、健康維持やダイエットに役立つ[…]

薬の使い方

はちみつのダイエット効果

はちみつの独特の甘さと栄養価から、ダイエットに対しても効果が期待されています。

はちみつのダイエットとの関係性

はちみつの栄養に含まれている、エネルギー補給能力と脂肪燃焼促進能力がダイエット効果を発揮するとされています。

また、はちみつは成長ホルモンの分泌を促進し、脂肪がどんどん燃焼する状態を作り出すことに役立つといわれています。ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、新陳代謝の向上が期待できるからです。

さらに、はちみつは、腸内環境の改善にも役立つとされています。

はちみつに含まれるブドウ糖と、酵素のグルコースオキシターゼが反応して生まれる有機酸「グルコン酸」は、腸内フローラを改善して腸内環境や腸の調子を整えるといわれています。
腸の調子が良くなれば、スムーズな消化吸収、便秘の解消などにつながると考えられます。

効果的なはちみつの食べ方

はちみつには様々な健康効果があるとされています。
では、効果を最大限に引き出すためには、どのように摂取をしていけばよいのでしょうか。

以下で、はちみつの効率的な摂取方法と、摂取する際の注意点とコツについて詳しく解説していきます。

効率的とされるはちみつの摂取方法

はちみつを空腹時に摂取すると、その栄養素がより効率的に吸収されるといわれています。

例えば、朝食にヨーグルトと一緒に摂ると、脳のエネルギー源となるブドウ糖を効率よく摂取できると考えられています。
さらに、はちみつとレモンが入った飲料を飲むことで、ビタミンCとの相乗効果も期待できます。

はちみつを摂取するときの注意点とコツ

はちみつを摂取する際には、いくつかの注意点とコツがあります。

まず、はちみつは糖質が多いため、食べ過ぎには注意が必要です。
1日あたり大さじ1〜2杯程度が適量とされています。

また、はちみつは金属に弱いため、木製のスプーンを使用することが推奨されています。

さらに、はちみつは加熱により栄養素が失われる可能性があるため、加熱せずにそのまま摂取することをおすすめします。

はちみつを料理に使用する場合は、砂糖の代わりとして使用することで、同じ甘さを得ながらカロリーを抑えることができます。

スポンサーリンク

はちみつを使ったおすすめ料理とレシピ

はちみつをそのまま食べてもおいしいですが、料理に使うことでさらにその美味しさを引き立たせることができます。
以下では、はちみつを使った料理とそのレシピについて詳しく説明していきます。

おすすめの簡単はちみつレシピ

はちみつを使った料理は多岐にわたります。

以下に、簡単に作れる3つのレシピを紹介します。

  • はちみつレモンチキン:鶏肉にレモン汁とはちみつを混ぜたものをまぶし、オーブンで焼くだけの簡単な料理です。
  • はちみつグリル野菜:季節の野菜にオリーブオイルとはちみつを混ぜたものをまぶし、グリルで焼くだけのヘルシーな料理です。
  • はちみつバナナスムージー:バナナとヨーグルトにはちみつを加えてミキサーにかけるだけの栄養満点のスムージーです。

おすすめの市販のはちみつ商品

市販の食品でも、はちみつを使った商品は多数あります。

以下に、おすすめの商品をいくつか紹介します。

  • はちみつ入りヨーグルト:はちみつの甘さとヨーグルトの酸味が絶妙にマッチした商品は朝食やデザートにおすすめです。
  • はちみつドレッシング:はちみつを使ったドレッシングはサラダにかけるだけで一気に風味が増すので、ヘルシーな食事を楽しみたい方におすすめです。
  • はちみつ入りパン:はちみつが練り込まれたパンは、そのまま食べてもおいしいですが、トーストもおすすめです。

はちみつはとても健康的、と考えられている食材ではありますが、アレルギーがある場合は摂取量に
十分ご注意ください。

また、1歳未満の乳児には与えないようにご注意ください。

スポンサーリンク

はちみつといろんな組み合わせ

そのままでも十分おいしいはちみつですが、他の食材と組み合わせることで、はちみつの効果をさらに得ることができます。

以下では、はちみつと他の食材との組み合わせについて詳しく説明していきます。

梅干しとはちみつの組み合わせ

梅干しには抗酸化作用があり、はちみつは自然の甘さと栄養を提供します。
この組み合わせは、風味が良く、健康にも良いとされています。

大根とはちみつの組み合わせ

大根とはちみつの組み合わせは、特に冬の季節におすすめです。
大根にはビタミンとミネラルが豊富に含まれており、はちみつと組み合わせることで風味が増し、栄養価もアップするとされています。

黒酢とはちみつの組み合わせ

黒酢とはちみつの組み合わせは、エネルギー補給や健康維持に役立つとされています。
黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれており、はちみつと一緒に摂取することで、その効果が高まるといわれています。

シナモンとはちみつの組み合わせ

シナモンとはちみつの組み合わせは、健康的なスイーツとして人気があるといわれています。
シナモンには抗酸化作用があり、はちみつと一緒に摂取することで、その効果が増すとされています。

リンゴ酢とはちみつの組み合わせ

リンゴ酢とはちみつの組み合わせは、デトックス効果が期待できるとされています。
リンゴ酢には酵素が含まれており、はちみつと一緒に摂取することで、その効果が増すといわれています。

リンゴ酢の詳しい栄養や効果についてはこちらの記事をお読みください。

関連記事

リンゴ酢はその健康効果から注目を集めていますが、その具体的な効果や摂取方法については十分に知られていません。リンゴ酢はリンゴから作られ、ビタミンCやカリウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。これらの成分は私たちの健康にとって非常に重要[…]

梅干しについても詳しく解説しています。

関連記事

梅干しは日本の家庭料理に欠かせない存在です。その酸っぱさが苦手な人もいれば、炎暑の夏には格別な美味しさを感じる人もいます。しかし、梅干しはただの食べ物ではなく、その効果・効能が注目を集めています。では、梅干しの効果とは具体的[…]

スポンサーリンク

天然の甘味料「生はちみつ」

フォトフェイシャルを受けるメリット

生はちみつは、加熱処理をしていない天然の甘味料として知られています。

ですが、加熱処理をしていないはちみつの方がはるかに栄養素に優れ、あたかも「通常のはちみつより生はちみつのほうが良い」とも受け取れるような、誤解を招く文言で市場に様々な商品が出回っていることもあるといわれています。

実際は、はちみつに含まれるビタミンや酵素は加熱によって減少する可能性がありますが、その他の成分は影響を受けにくいことが分かっています。

また、はちみつが持つ本来の機能、例えば消化を助ける効果や、風邪の予防に役立つとされる効果などは、生であろうと加熱されていようと変わりません。

健康を考える上で、はちみつは砂糖に代わる自然な甘味料として魅力的です。
消費者にとって重要なのは、はちみつを選ぶ際に、その品質や安全性、そして自分の健康への効果をしっかりと理解することです。

どのような「健康に良い」とささやかれる食材も、その効果を活かすためには正しい知識と理解が必要なのを忘れないようにしましょう。

(出典:俵養蜂場 – 生はちみつの真実と誤解

はちみつの効果についてよくある質問

以下では、はちみつの効果についてよく調べられている疑問や質問をピックアップします。

はちみつは健康に良いのですか?

はい、はちみつは健康に良いとされています。
抗酸化作用や抗菌作用があり、風邪の症状を和らげる効果が期待できます。

はちみつはどのように抗酸化作用を持っていますか?

はちみつにはフラボノイドやフェノールといった抗酸化物質が含まれています。
これらの成分が体内のフリーラジカルを中和し、細胞の損傷を防ぐことで抗酸化作用を発揮すると考えられています。

はちみつは風邪に効果がありますか?

はい、はちみつは風邪の症状を和らげる効果があるとされます。
特に喉の痛みや咳に対しての作用や、喉を潤す作用が期待されています。

はちみつはどのような抗菌作用を持っていますか?

はちみつの抗菌作用は、その低いpH値と高い糖分によるものとされます。
これらの特性により、微生物の成長が抑制されると考えられます。

はちみつは毎日摂取しても大丈夫ですか?

はちみつは自然な甘味料であり、適量ならば毎日摂取しても問題ないといわれています。
ただし、カロリーが高いため、摂取量には注意が必要です。

スポンサーリンク

はちみつに関する注意点

はちみつは1歳未満の乳幼児には与えないでください。
はちみつに含まれるクロストリジウム・ボツリヌス菌が乳幼児ボツリヌス症を引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

はちみつの効果まとめ

ここまではちみつの効果についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • はちみつは、その保湿性、抗菌性、抗酸化作用により喉、胃腸、美容、ダイエットに対する効果が期待できる
  • はちみつは、なるべく木製のスプーンを使用し、空腹時に1日大さじ1〜2杯程度摂取するのがおすすめ
  • はちみつと組み合わせる食材は、梅干し、大根、黒酢、シナモン、リンゴ酢などがおすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク