ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>夏バテ>体の不調>【夏風邪の治し方】主な症状と対策方法、夏バテとの違いまで徹底解説!

【夏風邪の治し方】主な症状と対策方法、夏バテとの違いまで徹底解説!

夏になると急に体調を崩す人が増えますが、それは意外にも夏風邪が原因かもしれません。
夏風邪は、冬の風邪とは異なる症状が特徴です。

誰もが一度は経験する夏バテと夏風邪、これらは夏の暑さだけでなく、冷房による体温調整の失敗からくる体調不良とも密接に関連しています。

では、夏風邪の主な症状とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
また、夏バテとの違いは何なのでしょうか?

この記事では、以下のポイントについて詳しく解説します。

  • 夏風邪の主な症状と治し方
  • 夏風邪の原因と予防方法
  • 夏バテと夏風邪の関係

体調を崩しやすいこの季節、正しい知識で夏を乗り切るために、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

夏かぜの症状

夏かぜは一般的な風邪と異なり、特定の季節に発生することが多く、症状や対処法にも違いがあります。
暑い季節に意外と多いこの病気、その主な症状と、特に注意が必要な高熱が出た場合の対処法について詳しく見ていきましょう。

主な症状とその特徴

夏かぜは、主に暑い時期に発生する呼吸器系の感染症です。
一般的な風邪と同様に、

  • 鼻水
  • のどの痛み
  • 頭痛

などの症状が現れますが、夏かぜにはいくつか特有の特徴があります。

まず、夏かぜは気温の高い環境での活動が原因であることが多く、冷房による体温調節の失敗や、過度の冷えによる免疫力の低下が引き金となることがあります。

具体的には、以下のような症状が特徴的です。

乾いた咳が多く、しばしば長引くことがある
冷房による室内の乾燥や、冷たい飲食物の摂取が影響していることが考えられる
鼻水透明な鼻水が多く、夏の花粉症と間違えやすい
特に冷房の効いた部屋での鼻水は、その温度差による体の反応として現れる
のどの痛み冷たい飲み物やアイスクリームの過剰摂取によって、喉が刺激されることがある
エアコンの直風が当たることでのどの粘膜が乾燥し、痛みを感じやすくなる
頭痛熱中症や脱水状態が起こりやすい夏場には、それに伴う頭痛も見られる
水分不足や塩分バランスの崩れも、頭痛の原因となり得る

夏かぜの予防には、適切な温度管理と湿度調整が重要です。
冷房の設定温度は28度程度にし、こまめに水分を取り、室内の空気を清潔に保つことが効果的とされています。

また、外出時は水分補給を心がけ、直射日光を避けるようにしましょう。

高熱が出るケースとその対処法

夏かぜで特に注意が必要なのが、高熱が出るケースです。
夏かぜによる高熱は、体が感染症と戦っている証拠でもありますが、放置すると重症化することがあります。

夏かぜにおける高熱は、通常、38度以上の発熱が見られる場合を指します。
この高熱が現れたときの適切な対処法を以下に紹介します。

解熱剤の使用医師の診断を受けた上で、解熱剤を適切に使用する
イブプロフェンやアセトアミノフェンなどが一般的
水分補給高熱による発汗で脱水症状が起こりやすくなる
こまめに水分を取り、塩分も少し補給することが熱中症予防につながる
冷却方法うちわや扇風機での適度な風通しを心がけ、冷えピタなどを使って局部的に体を冷やすことが有効的とされる
冷えすぎには注意が必要
安静にする無理をせず、十分な休息を取る
睡眠は自然治癒力を高めるため、積極的に休む
医療機関を受診38度以上の発熱が3日以上続く場合、または症状が悪化する場合は、速やかに医療機関を受診する

特に小さい子供や高齢者は、高熱が出ると重症化するリスクが高まるため、初期症状を見逃さず、早めの対応が求められます。
夏場の異常な体調変化には敏感になり、適切な対処を心がけましょう。

以下の記事では、夏バテについて詳しく解説しています。
夏風邪と夏バテは何が違うのでしょうか?

関連記事

暑くなり体調が悪くて夏バテかなと思っている方。疲れやすいと感じたり食欲がない症状に悩んでいるので対処法を探している方。そもそもどうして夏バテになってしまうのでしょうか?夏バテ解消する方法でなにが効果的なのでしょうか?[…]

関連記事

年々猛暑日が増える日本の夏は、体調を崩しやすい季節といえます。身体がだるく食欲が出ないなどの症状は、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。では、夏バテ症状とは上記のほかにどのようなものがあるのでしょうか?夏バテを予防するための方法[…]

スポンサーリンク

夏かぜの治し方

夏かぜは、暑い季節に冷房や急激な温度変化によって引き起こされる風邪です。
症状は通常の風邪と似ていますが、暑い時期に発生するため、治療方法も少し異なります。

ここでは、夏かぜを効率的に治すための方法を紹介します。
適切な休息と睡眠、効果的な食事と水分補給を中心に解説します。

休息と睡眠の取り方

夏かぜを治すためには、体をしっかりと休めることが非常に重要です。
体力を回復させるためには、質の高い睡眠を確保する必要があります。

以下は、夏かぜに効果的な休息と睡眠の取り方についてです。

定時に寝ることを心がける体内時計を整えるために、毎日同じ時間に床につく
22時から2時の間に睡眠をとることが、免疫力を高めるのに効果的とされる
睡眠環境を整える寝室の温度は、快適な睡眠を得るために約26度が理想
遮光カーテンやアイマスクを使用して、光を遮ることでより深い睡眠を促す
リラックスして寝る準備をする睡眠前にはカフェインの摂取を避け、リラックスできるハーブティーなどを飲むと良い
入浴は寝る1〜2時間前に済ませ、体が自然に冷えることで睡眠を誘いやすくする
昼間の適度な活動昼間に適度な運動をすることで、夜の睡眠の質を向上させる
軽い散歩やストレッチに留めることが望ましい
睡眠の質を高める工夫寝る1時間前からは電子機器の使用を控える
枕やマットレスを見直すのも一つの方法

このように、適切な休息と睡眠を確保することで、夏かぜの回復を早め、体力を効率的に回復させることができます。

食事と水分補給

夏かぜを早く治すためには、体に必要な栄養をバランス良く摂取することが重要です。
また、暑い季節は汗をかくため、水分補給も忘れてはなりません。

以下に、効果的な食事と水分補給の方法を紹介します。

バランスの良い食事を心がけるビタミンCやビタミンEを多く含む野菜や果物を積極的に摂る
特に、赤やオレンジ色の野菜(トマト、ニンジン、パプリカなど)には抗酸化成分が豊富に含まれている
たんぱく質を摂る肉や魚、豆製品などのたんぱく質は、体の修復に必要
特に、鶏胸肉や豆腐は低脂肪でたんぱく質が豊富
水分補給をこまめに行う1日に1.5〜2リットルの水を目安に摂取する
水分補給は、水や白湯、ハーブティーがおすすめ
消化に良い食事を選ぶ消化が良い食事を心がけることが望ましい
お粥やうどん、野菜スープなど、柔らかくて消化に良い食べ物を選ぶ
免疫力を高める食材を取り入れるヨーグルトや納豆などの発酵食品に含まれる善玉菌は、腸内環境を整え、免疫力を高める
ショウガやニンニクに含まれる抗菌成分も、夏かぜの回復を助ける

ビタミンCやビタミンEを多く含む食べ物について、以下の記事で詳しく解説しています。

症状が変わる?夏風邪の原因

夏風邪とは、夏の暑い時期に発生する風邪を指し、その症状は冬の風邪とは異なる特徴を持ちます。

多くの人が体調不良を訴えるこの時期、なぜ夏風邪が発生するのか、また、どのような症状が現れるのかを探ります。
症状が変わる原因を理解することで、適切な予防と対策を立てることが可能になります。

ウイルスと細菌による夏風邪

夏風邪の主な原因は、ウイルス細菌にあります。

ウイルスによる夏風邪は、エンテロウイルスやアデノウイルスなど、特定のウイルスが原因で発生します。
これらのウイルスは、手足口病や咽頭結膜熱など、夏に多く見られる病気を引き起こします。
ウイルスによる夏風邪は、発熱、咽頭痛、発疹などの症状が特徴的です。

一方、細菌による夏風邪は、マイコプラズマやレジオネラなど、異なる種類の細菌が関与します。
これらの細菌は、気管支炎や肺炎など、呼吸器系の疾患を引き起こすことがあります。
細菌性の夏風邪は、長引く咳や痰、時には高熱や胸部の痛みを伴うこともあります。

夏風邪の症状がウイルスと細菌で異なる理由は、これらの病原体が体内で引き起こす反応の違いにあります。

ウイルスは体の免疫システムを直接攻撃し、急激な症状を引き起こすことが多いです。
一方で細菌による感染は徐々に症状が悪化し、特に呼吸器系に長期間影響を与えることがあります。

夏の環境要因と夏風邪の発生

夏風邪の発生には、ウイルスや細菌だけでなく、夏特有の環境要因も大きく関与します。

エアコンの使用

エアコンの使用が頻繁になることで室内の温度差が激しくなり、これが夏風邪を引き起こす一因となります。
エアコンによる冷房環境は、喉や鼻の粘膜を乾燥させ、ウイルスや細菌が侵入しやすい状態を作り出します

また、夏は外と室内との温度差が大きくなることが多く、これにより体が自然とストレスを感じることになります。
急激な温度変化は、体の免疫機能を低下させ、風邪を引きやすい体質を作り出すことがあります。
特に、暑い外気と冷たい室内との出入りが頻繁な場合、体温調節機能に負担をかけ、風邪のリスクが高まります。

高湿度

湿度も夏風邪の大きな要因です。
日本の夏は高湿度であり、この湿度が高い環境は、ウイルスや細菌の生存と増殖に適した条件を提供します。
湿度が高いと、人の体温調節機能がうまく働かず、熱中症のリスクとともに、風邪を引きやすくなることがあります。

夏風邪を予防するには、エアコンの温度設定を適切に保ち、室内と外気との温度差を小さくすることが効果的とされています。

また、室内の湿度を適度に保ち、定期的に換気を行うことで、ウイルスや細菌の拡散を防げます。
夏場は水分補給をこまめに行い、体調管理にも気を配ることが大切です。

スポンサーリンク

夏かぜの予防

夏かぜは夏に流行する風邪で、エアコンによる体温調節の失敗や冷たい飲食物の取り過ぎが原因で起こります。
予防は日常生活の工夫から始まり、場合によっては予防接種も有効とされています。

ここでは、夏かぜを予防するための具体的な方法を紹介します。

日常生活での予防策

夏かぜを予防するための最も基本的な方法は、日常生活での注意です。
夏の特有の環境下で健康を維持するためには、以下のような工夫が必要です。

手洗いとうがい

夏かぜの主な原因はウイルスによる感染です。
外出から戻った後や食事前には、必ず手洗いを行い、うがいで喉の清潔を保つことが効果的とされています。

手洗いは石鹸を使い、流水で20秒以上かけて洗うことが推奨されます。
うがいも同様に、外から帰った後や食事前には欠かさないようにしましょう。

バランスの取れた食事

免疫力を維持し、夏かぜを予防するためには、栄養バランスの取れた食事が重要です。

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質を含む食品を積極的に取り入れましょう。
野菜や果物、魚など、季節の食材を利用した食事を心がけることが大切です。

室温の管理

エアコンの冷えすぎは夏かぜの大きな原因です。
室温は適切に管理し、外気温との差が大きくなりすぎないよう注意しましょう。

理想的な室温は26〜28℃程度が良いとされています。
また、エアコンの風が直接体に当たらないようにすることも大切です。

十分な水分補給

夏場は汗をかくことが多く、体内の水分が不足しがちです。
水分不足は体の抵抗力を落とし、病気にかかりやすくなるため、定期的に水分を取ることが重要です。

ただし、冷たい飲み物の取りすぎは胃腸を冷やし、夏かぜの原因となることもあるので、適温の水分を適量摂るようにしましょう。

運動

軽い運動は血流を良くし、免疫力を高める効果があるとされます。
暑い中での激しい運動は避け、早朝や夕方など涼しい時間帯にウォーキングやストレッチなどの軽い運動を心がけると良いでしょう。

予防接種とその効果

夏かぜの予防には、日常生活での工夫だけでなく、予防接種も有効とされる手段です。
特に高齢者や免疫力が低下している人、小さい子供など、感染症に対するリスクが高いグループでは、予防接種を受けることが推奨されます。

予防接種の種類
夏かぜを引き起こすウイルスには、インフルエンザウイルスやRSウイルス、アデノウイルスなど、様々な種類があります。

これらのウイルスに対する予防接種は、特に流行期前に受けることが多いです。
インフルエンザの予防接種は秋頃に行われることが一般的ですが、夏かぜを引き起こす他のウイルスに対しても、状況に応じて予防接種が行われることがあります。

接種の効果
予防接種を受けることで、感染症にかかるリスクを大幅に減らせます。
特にインフルエンザのワクチンは、予防効果が高いとされています。予防接種は感染を完全に防ぐものではありませんが、感染しても症状を軽減する効果が期待できます。
接種の時期
予防接種は、特にウイルスが流行する前に受けることが重要です。
インフルエンザの場合は、流行する前の秋から初冬にかけて接種することが多いですが、夏かぜに対しても、可能な限り早めに接種を完了させることが望ましいです。
接種後の注意点
予防接種後は、体調を崩しやすい時期でもありますので、特に注意が必要です。
接種後は、数日間は過労やストレスを避け、十分な休養を取ることが推奨されます。また、稀に接種部位の痛みや発熱などの副反応が現れることがありますが、これは一時的なもので、通常は自然に回復します。

感染症の予防方法について以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事

感染症予防について感染症は、私たちの日常生活や社会活動に深刻な影響を及ぼす可能性があります。その影響を最小限に抑えるためには、感染症の予防が不可欠です。しかし、具体的にどのような予防方法があるのか分からない場合は対応が難しいです[…]

健達ねっとECサイト

夏バテと夏風邪の関係

夏バテと夏風邪は似ているようで異なる症状を持つ二つの健康問題です。
高温多湿の夏の環境は、体調を崩しやすい状況を作り出しますが、これらの状態を正しく理解し、適切に対処することが重要です。

夏バテと夏風邪の症状の違い

夏バテと夏風邪は、一見似た症状を示すことがありますが、原因や特徴には明確な違いがあります。

夏バテは主に環境因子による体の不調で、高温多湿や冷房による温度差が主な原因とされています。
一方、夏風邪はウイルス感染が原因で起こります。

以下の比較表を参考にしてください。

夏バテの主な症状疲労感・倦怠感
食欲不振
頭痛
めまい・ふらつき
寝苦しさ
夏風邪の主な症状発熱
喉の痛み
鼻水・鼻詰まり

筋肉痛

これらの症状を見ると、夏バテは主に環境要因による体の調整失敗が原因であり、夏風邪はウイルスによる感染症であることがわかります。

夏バテは体力の消耗が大きいため、適度な休息や栄養補給、水分補給が必要です。
一方で、夏風邪は医療機関での診察が必要な場合もありますし、手洗いやうがいといった予防策も効果的とされます。

夏バテが夏風邪を引き起こすことはあるか

夏バテと夏風邪は直接的には関連しないように思われがちですが、夏バテが引き起こす体力の低下や免疫力の低下は、夏風邪を引き起こしやすくする要因となり得ます
このメカニズムと予防策を理解することは、夏の健康管理において非常に重要です。

夏バテによる免疫力の低下

夏バテで体が疲れていると、体の防御機能が低下します。
特に、暑い日が続くと体温調節機能が追いつかず、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
これにより、ウイルスに対する抵抗力が弱まり、夏風邪を引き起こしやすくなるのです。

夏バテと夏風邪の予防策

症状こそ違いますが、どちらも体力の低下が大きな要因です。
体力を維持するため、以下のような予防を徹底しましょう。

水分・塩分の補給水分補給だけでなく、適度な塩分も同時に取る
スポーツドリンクや経口補水液が効果的とされる
栄養摂取ビタミンやミネラルを含むバランスの良い食事を心がける
特にビタミンCやビタミンDは免疫力を高める助けとなる
適度な休息無理をせず、十分な休息を取ることで体力を回復させる
冷房の使用体温が高くなると体力を消耗しやすくなるため、冷房を使用して室内環境を快適に保つ
冷やしすぎには注意が必要
手洗い・うがいの徹底ウイルス感染を防ぐ基本的な予防策として、手洗いやうがいをこまめに行う

夏バテを防ぎ、体調を整えることは、夏風邪を予防する上でも大切なポイントです。

夏の健康を守るためには、日々の生活習慣を見直し、体調管理に努めることが求められます。
夏バテを感じたら、無理をせず早めに対策をとることで、夏風邪を防げるでしょう。

関連記事

暑い日が続くとなんとなく不調だなと感じることがあります。体がだるかったり疲れがとれないのは夏バテの症状です。夏バテの症状のセルフチェック項目はどのようなものがあるでしょうか?夏バテ対策はどうすればよいでしょうか?本記[…]

薬の使い方

大人も注意!夏風邪は子供に起きやすい

夏風邪は、主にエンテロウイルスによって引き起こされる病気で、特に子供たちに感染しやすい病気です。

しかし、大人も感染のリスクがあるため、子供の夏風邪に素早く気づくことも大事です。
そのためには、予防と正しい理解が必要です。

大人も夏風邪には注意が必要です。
特に、小さな子供がいる家庭や、免疫力が低下している人は、感染のリスクが高まります
大人が夏風邪に感染すると、症状は軽いことが多いですが、感染拡大のリスクを抑えるためにも、予防対策を怠らないようにしましょう。

子供が感染した場合、大人も同じウイルスに感染している可能性があります。
そのため、家庭内で一人が夏風邪にかかったら、全員で予防策を強化することが重要です。
予防と早めの対応で、家族みんなが健やかな夏を過ごせるように心がけましょう。

(出典:茨城県立中央病院「大人も注意!∼子供の夏かぜ、正しい理解∼」)

夏風邪の治し方のまとめ

ここまで夏風邪の治し方についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 夏風邪の主な症状は咳や鼻水など一般的な風邪と同じで、治し方も同様だが、重症化した際は抗ウイルス薬を使うこともある
  • 夏風邪は主にウイルスや気温変化が原因で、体力が落ちた時に感染にあうと夏風邪になる
  • 夏バテと夏風邪はまったく別の症状だが、どちらも大元は体力の低下や体調の悪化からくるもので、 片方の予防がもう片方の対策にもなる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク