ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養に関する資格の種類は?仕事内容や取得方法について紹介します!

栄養に関する資格の種類は?仕事内容や取得方法について紹介します!

調理師や管理栄養士などを含む「栄養」に関する資格は、数多く存在しています。
しかし、資格の名前を耳にしたことがあっても、資格を活用した仕事内容や取得する方法などを、具体的に知らないという方も多いと思います。

そこで本記事では、栄養に関する資格について以下の点を中心にご紹介します。

  • 栄養に関する資格の種類
  • 栄養に関する資格を利用した職業と仕事内容
  • 栄養に関する資格を取得する方法

薬膳コーディネーターやファスティングコンサルタントについても触れていますので、ご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

栄養について興味がある方は下記の記事も併せてお読み下さい。

関連記事

栄養素は、健康を保つために欠かせない成分です。栄養素には具体的にどのような働きがあるのか御存じですか。本記事では栄養素について、以下の点を中心にご紹介します。 五大栄養素とは 五大栄養素の働き 一日あたりの[…]

スポンサーリンク

栄養の資格とは

そもそも栄養の資格とは、調理師や栄養士、管理栄養士、そして食生活アドバイザーなど「食事」に関連している資格のことをいいます。
栄養の資格を利用すると、食事や食品の安全性を守ったり、栄養のバランスが取れた良い食事を提供できるようになります。

また、安全性を守る必要がある調理師や栄養士・管理栄養士などは、国家試験を受験する必要があります。
このように、資格ごとに資格の種類(公的・民間)や受験するための条件などが異なっていることも多いため注意しましょう。

スポンサーリンク

栄養に関する様々な資格

ここからは栄養に関する様々な資格について詳しく解説していきます。

栄養に関する資格は、近年「細分化」が進んでいるため、かなり幅広く存在しています。
その中でも特に注目されている資格についてご紹介します。

調理師

まずは「調理師」についてです。

調理師とは

そもそも、調理師とは「調理師法」に基づいた調理や栄養、そして衛生などの知識・技能を修得している方が習得できる公的な資格です。
調理師は国家試験を受験・合格するなどの方法で取得することができます。
そして、調理師免許は都道府県知事から交付されます。

ちなみに、調理師は企業や病院内の食堂や給食室、飲食店や飛行機の中で提供される機内食の制作、そして食品開発など幅広い職場で活躍しています。
調理師の資格を保持している方を対象として求人を出したり、資格手当を支給したりする職場もあります。

資格を取得している方の待遇が良い場合もありますので、調理の分野で活躍したい方はぜひ取得されることをおすすめします。

資格取得方法

では、調理師の資格はどのようにしたら取得できるのでしょうか。
調理師を取得する方法は、簡単にいうと「養成施設を卒業する」と「実務経験を積んで調理師試験に合格する」の2種類があります。

まずは、一つ目の「養成施設を卒業する」方法についてです。
そもそも養成学校とは、調理師養成施設と呼ばれる調理師を育てる学校のことをいいます。
養成施設を卒業する方法で調理師を取得したい方は、厚生労働大臣が指定している養成施設(専門学校など)にまずは入学しましょう。

調理師養成施設では、栄養や調理についての基礎知識や基本的な調理技術などを一年以上学びます。
しっかり学んでから卒業できるので、未経験からはじめるよりもスムーズに職場で働くことができます。

しかし、養成施設を卒業するだけでは調理師免許は交付されないので注意しましょう。
調理師養成施設を卒業したら、住民票がある都道府県で免許申請を必ず行ってください。

次に「実務経験を積んで調理師試験に合格する」方法で取得する場合についてです。
調理師試験を受験するには、飲食店などで2年以上の期間、実際に調理に携わるなどの「実務経験」が必要となります。
また、調理師養成施設を卒業する場合と異なる点として、国家試験にも合格する必要があることも挙げることができます。

調理師試験は記述問題(4択マークシート方式)のみとなります。
都道府県ごとに出題される問題や出題傾向が違っているため、受験する都道府県の過去問を確認するようにしましょう。

出題されている問題に6割以上正解していると、合格することができます。
気になる合格率は、都道府県によって多少のばらつきはありますが、約60%となっています。
調理師試験の日時や会場など、詳細が気になる方はぜひ受験したい都道府県の担当窓口(保健所など)にお問い合わせされることをおすすめします。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

製菓衛生師

続いて紹介するのは「製菓衛生師」です。

製菓衛生師とは

製菓衛生師とは、厚生労働省が定めた基準に基づき都道府県知事が認定する国家資格です。

製菓衛生師を取得すると、

  • 和菓子や洋菓子を含む、様々なジャンルの製菓技術
  • アレルギーや食品添加物などの食品の安全衛生に関する知識

を持っている証明となります。

免許更新も不要であり、一度取得することで一生使える資格です。

製菓衛生師と似た資格に「菓子製造技能士」があります。
菓子製造技能士は、菓子製造技術と知識のみが試験に出題されるのが特徴です。

製菓衛生師の資格を取得するメリットは、以下のとおりです。

  • 就職や転職に有利
  • 信頼性があり、製菓・衛生面でのプロとして認めてもらいやすい
  • 開業時に必要となる「食品衛生責任者」の資格を、講座の受講をせずに取得可能
  • 海外での就業の際、専門性の高い国家資格であるため、ビザを取りやすい

資格取得方法

製菓衛生師の資格を取得するためには、まず受験資格を得る必要があります。
製菓衛生師の受験資格は、以下のいずれかを満たすことです。

  • 2年以上の実務経験
  • 養成施設に1年以上通学

それぞれ、詳しい内容を解説します。

2年以上の実務経験

菓子製造業で週4日かつ1日6時間以上の勤務を2年以上続けると、受験資格を得られます。
給与をもらいながら受験勉強でき、同時に現場経験も積むことが可能です。

ただ、現場経験としては勤め先の分野や技術のみの習得となります。
その他の分野は自身で勉強していくことが必要です。

養成施設に1年以上通学

都道府県が指定する養成施設において、1年以上学ぶことで受験資格を得られます。
学校によって授業日程が異なる場合がありますが、学ぶ内容は基本的に変わりません。

製菓衛生師の試験は筆記テストであり、「食品学」「食品衛生学」など全6科目です。
合格率は60~80%といわれています。

フードコーディネーター

2つ目に紹介する資格は「フードコーディネーター」です。

フードコーディネーターとは

そもそもフードコーディネーターは「食」の魅力などを幅広い人々に伝え、有機的に結びつけることができる民間資格です。
具体的な仕事内容は、テレビや雑誌などへ出演して視覚的に食の魅力を伝えることや、メニューの開発や食のイベントに参加することなどがあります。
個人でフードコーディネーターとして働くには、企画をメディアへ持ち込んだりするなどの、根気強い努力が必要となります。

また、フードコンサルティングなどの会社に所属して、フードコーディネーターとして活躍している方もいます。
食に関するテーマを幅広く扱うため、ときには料理を作ったり、美味しそうに見えるように撮影するアシスタントをしたりすることもあります。

フードコーディネーターは、調理師や栄養士の資格と併せて保持している方が多い資格ですので、気になる方はぜひ検討されることをおすすめします。

資格取得方法

フードコーディネーターの資格は、1級・2級・3級の3つがあります。
その中でも、3級が「入門」となっており、2級以上を取得している方は「プロ」と認識されます。

受験条件は以下の通りです。

  • 3級:学歴が中学校卒業以上の方
  • 2級:3級の資格を取得している方
  • 1級:2級の資格を取得している方

ちなみに、フードコーディネーターは民間資格であるため、試験に合格すると日本フードコーディネーター協会から資格が交付されます。

次に気になる合格率ですが、3級は90%、2級は80%(一次試験)40%(二次試験)となっています。
ちなみに、フードコーディネーターの入門である3級では「食」に関わる文化、科学、デザイン・アート、経済・経営について問われます。

3級の試験は、マークシート方式の筆記試験のみとなっています。
2級と1級は、一次試験と二次試験を通過することで取得することができます。
2級の一次試験は、3級と同様でマークシート方式の筆記試験です。
しかし、レストランプロデュースや商品開発、そしてイベント・メディアなどについて問われるという違いがあります。

また、2級の二次試験、そして1級の一次試験では「企画書」を提出する必要があります。
1級の二次試験では面接や、企画書を元にプレゼンテーションを行うなど、級が上がるごとに難易度は高くなっていきます。
そのため、2級や1級を取得することで、プロとして活躍することができるようになります。

フードコーディネーターの試験などの詳細は、日本フードコーディネーター協会の公式ホームページ等で確認されることをおすすめします。

栄養士

3つ目は「栄養士」についてです。

栄養士とは

栄養士は食や栄養に関する専門的な知識を元に、主に健康な方を対象として健康指導を行う仕事です。
資格を持っていなければ栄養士として働くことができません。
また、独学だけでは栄養士の資格は取得できないので注意しましょう。

栄養士になりたい方は「栄養士養成施設」に入学位して2年から4年間学び、卒業するために必要な単位を取得して下さい。
栄養士養成施設を卒業後に、住民票がある都道府県の知事から交付されます。

栄養士は、病院や老人ホームなどの施設や、食品を開発している企業などで働いています。
栄養士として実務経験を積むことで、管理栄養士の受験資格を満たすこともできます。
食や栄養に関する色々な資格を合わせて取得することで、キャリアアップしていくことも可能です。

また、栄養士が健康食品を開発したり、ダイエットしたい方の食事に関する指導をしたりすることもあります。
このように国民の健康志向が高まってきているため、栄養士の活躍の場が今後ますます増えていくと考えられます。

資格取得方法

栄養士の資格を取得するには、先に述べた通り栄養士養成施設を卒業する必要があります。
ちなみに栄養士養成施設には、専門学校や大学などがありますので、自分に合っている学校を選ぶことができます。

しかし、夜間制の学校はないため、日中に働きながら栄養士養成施設に通うことはできません。
通学するために必要となる学費や生活するために必要な費用を確保した上で、日中に通学することを検討すると良いでしょう。

栄養士養成施設に入学し、2年以上栄養に関する知識などを学び、栄養士養成課程を修了すると卒業することができます。
しかし、卒業時に栄養士の資格は交付されませんので注意して下さい。

栄養士養成施設を卒業したら、住民票のある都道府県の担当窓口に免許の取得を申請しましょう。
申請を行うと、都道府県知事より栄養士免許が交付されます。
ちなみに、栄養士は国家資格ではないため、卒業前に国家試験を受験・合格しなくても取得することができます。
栄養士養成施設によっては「実力認定試験」を設けている場合もありますが、結果が悪い場合にも資格は取得できますのでご安心ください。

管理栄養士

4つ目に紹介する資格は「管理栄養士」です。

管理栄養士とは

管理栄養士は、栄養士と同様で食や栄養、そして衛生などの知識を幅広く持っている方が取得できる公的な資格です。
管理栄養士は栄養士の資格を保持しており、かつ受験条件をクリアしている方が国家試験に合格することで取得することができる資格です。
活躍している職場は栄養士と似ていますが、病院や介護施設、行政機関やスポーツ施設などを挙げることができます。

管理栄養士は、栄養士がステップアップする際に取得する資格です。
管理栄養士を取得するための試験内容は、栄養士養成施設で学ぶ内容よりもやや難しめとなっています。
しかし、難易度が高い分、栄養士よりも管理栄養士の方が社会的な評価が高い資格であるといえます。
医師の指示の下で、患者に対して管理栄養士が栄養指導を行うこともあります。

栄養士よりも管理栄養士の方が、栄養などに関するより高い知識を持っているため、管理栄養士を対象とする求人は近年増加傾向にあります。
特に栄養士の方でステップアップしていきたいとお考えの方は、ぜひ取得されることをおすすめします。

資格取得方法

先に述べましたが、管理栄養士は国家試験に合格することで取得できる国家資格です。
受験条件を具体的にまとめると、以下の通りです。

  • 2年制の栄養士養成施設を卒業+病院や介護施設などで実務経験を3年以上積んだ方
  • 3年制の栄養士養成施設を卒業+病院や介護施設などで実務経験を2年以上積んだ方
  • 4年制の栄養士養成施設を卒業+病院や介護施設などで実務経験を1年以上積んだ方
  • 4年制の管理栄養士養成施設を卒業した(見込みの)方

栄養士の資格を取得して管理栄養士の資格も取得すると、トータルで最低5年はかかります。
しかし、管理栄養士養成施設を卒業する場合は、栄養士養成施設を卒業するよりも一年早い4年で受験資格を得ることができます。
管理栄養士の資格まで取得したいと思っている方は、4年制の管理栄養士養成施設への入学をおすすめします。

ちなみに、管理栄養士試験の問題は、原則として5択問題の中から2つの正しいものを選ぶ形式で出題されます。
栄養学だけでなく環境や人体構造、そして給食経営管理論などの幅広い分野から出題され、合計200問の問題で形成されています。
気になる管理栄養士の国家試験の合格率は、40%~50%前後となっています。

管理栄養士の資格を取得したい方は、ぜひこの機会に受験してみてはいかがでしょうか。

食生活アドバイザー

そして5つ目紹介する資格は「食生活アドバイザー」についてです。

食生活アドバイザーとは

食生活アドバイザーは、食に関する幅広い知識を元に、人々の食生活を豊かにするためのアドバイスを行う仕事です。
食生活アドバイザーはご家庭で役立てるだけでなく、例えば飲食店や食品の生産など、食に関わる様々な現場で活躍することができる資格です。

具体的に挙げると、生活全般や心身の状態、そして相手が抱えている悩みなどを元に、幅広い視野で見て健康的な生活を送るためのアドバイスを行います。

健康志向が高まっているため誤った情報が流れることがありますが、食生活アドバイザーは、アドバイスする相手に合わせて正しい情報を提供します。
正しい情報・知識を持ち、的確なアドバイスを行うことで、お客様からの信頼を高めていける仕事でもあります。

資格取得方法

食生活アドバイザーは「一般社団法人FLAネットワーク協会」が主催する民間資格です。
2級と3級の2種類があり、3級は消費者の立場から、そして2級は食を提供する立場からみた「食生活」についての問題が出題されます。

また、試験時間は2級と3級共に90分間です。
そして、2級の問題は約55問(記述問題も含む)そして3級の問題は約50問で形成されています。
気になる合格率は実施される回によってばらつきがありますが、2級は約35%、そして3級は約65%となっています。

ちなみに、食生活アドバイザーを受験するための条件は特にないため、誰でも気軽に受験可能です。
特に、家族に健康的な食事を作りたい方や飲食店で働いている方など、食に興味がある方はぜひ食生活アドバイザーを取得してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

食育アドバイザー

続いて紹介する資格は「食育アドバイザー」です。

食育アドバイザーとは

日本能力開発推進協会が主催する「食」に関する知識と健全な食生活を実践するスペシャリストです。
教育や福祉関係、飲食業など「食」に関する様々な分野での仕事に生かすことができます。

食育アドバイザーとして、自宅で料理教室を開業する方も少なくありません。
また、家族や身近な方のために食育の知識を生かせるのも、食育アドバイザーのメリットです。

資格取得方法

受験資格として、協会指定の教育訓練にて全カリキュラムを修了する必要があります。
認定講座は「キャリアカレッジジャパンの食育アドバイザー資格取得講座」です。

約3ヵ月の学習を経て、在宅で試験を受けることができます。

テキストを開きながらの受験が認められており、丸暗記する必要はありません。
不合格になった場合でも、いつでも再受験が可能です。

そのため、合格率は他の資格と比較しても高いといえるでしょう。

健達ねっとECサイト

フードアナリスト

続いてご紹介する資格は、「フードアナリスト」です。

フードアナリストとは

フードアナリストとは、主に「食」に関する情報発信を行う民間資格です。
飲食店の情報や食材そのものなど、食に関する情報のプロとして発信を行います。

メディアやSNSを利用して発信することで、多角的な仕事に携わることが可能です。

発信する情報の内容は、主に以下のとおりです。

  • 安全情報
  • 栄養情報
  • 新商品情報
  • 鮮度情報
  • 調理方法
  • 旬情報
  • 食材情報

様々な視点から調査や分析を行うのがフードアナリストの役割であり、重要な仕事です。
就職に有利となる資格としても知られ、全国の大学や専門学校に導入されています。

ネット社会が加速する現代では、フードアナリストはますます活躍の場が広がるでしょう。

資格取得方法

フードアナリストの資格を取得するためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 満18歳以上の男女
  • 協会指定カリキュラムを修了
  • 日本フードアナリスト協会の検定試験に合格

試験合格後、日本フードアナリスト協会に入会することで認定ロゴマークが使用可能です。
フードアナリストの資格は、4級から1級までのレベルがあります。

上位資格を取得するためには、1つ下の等級を有することが条件です。

それぞれの等級の問題形式や試験レベル、合格率は以下のとおりです。

試験レベル合格率
4級フードアナリストとしての基礎知識を備えた基礎レベル60%
3級最新の食情報を学ぶ中級レベル30%
2級フードアナリストのプロとしての登竜門となるレベル10%
1級高いテイスティング能力が求められる最上級資格10%

食育インストラクターの合格率は、3級から80%を切るといわれています。
1級に関しては、食育のプロとして活躍しながら継続的な活動報告が必要なレベルです。
そのため、合格率は最も低いとされています。

薬の使い方

ファスティングコンサルタント

ここまで多くの資格について紹介してきましたが、最後に最近注目されている「ファスティングコンサルタント」についてご紹介します。

ファスティングコンサルタントとは

そもそも「ファスティング」とは、今海外で注目されているダイエット法のことをいいます。
最先端の栄養に関する知識を元にファスティングを行うため、デトックス法としても有名です。

ファスティングについて正しい知識を持ち、生体理論などにも精通している方がファスティングコンサルタントの資格を取得できま
ファスティングは断食とは違い、必要な栄養を摂取しながら体内に溜まっている不要なものを排出してくれます。
また、同時に腸をリセットしたり、脂肪を燃焼する健康な身体へと変えてくれたりする効果も期待できます。

身体の内側から綺麗にしていきますので、健康的にスタイルを良くしてくれるダイエットだといえます。
しかし、ファスティングの効果を出すには正しい知識を持っている必要があるため、実践したい方は栄養学や生体理論などを学びましょう。

また、ファスティングコンサルタントは、美容ライターやカフェのメニューの開発など、美容や食に関係している仕事をしている方にもおすすめの資格です。
なんとなく体調がすっきりしないなどの不調も、ファスティングを行うことで改善・緩和できることがあります。
ファスティングコンサルタントを取得すると、美容やダイエット、健康、そして食について幅広く学ぶことができます。

興味のある方はぜひ、ファスティングコンサルタントの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

栄養の資格のまとめ

まとめ

ここまで、栄養の資格の情報を中心にお伝えしました。

この記事のポイントをおさらいすると以下の通りです。

  • 栄養の資格とは「食事」に関連している資格のことをいう
  • 栄養に関する資格には、調理師やフードコーディネーター、栄養士、管理栄養士、食生活コーディネーターなどがある。
    飲食店や病院、介護施設などで調理をしたり、栄養指導をしたりするなど職種ごとに活躍している。
  • 栄養に関する資格を取得する方法には、養成施設に通う方法や実務経験を積む方法、講座を受講する方法などがある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク