ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>ピル>生理を止める薬はピルがおすすめ!生理を移動するメリット・デメリットを徹底解説

生理を止める薬はピルがおすすめ!生理を移動するメリット・デメリットを徹底解説

生理痛がひどい方や旅行などで生理を止めたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
生理を止めるには、ピルを服用するのが一般的です。

では、生理を止める方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、生理を止める方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 生理を止める方法とは
  • ピルがおすすめの理由とは
  • 生理を止める前に確認すべき病気について

生理を止める方法について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

”初月のピル代がかからない!”

mederiなら初月のピル代がかからない!
6月30日まで限定価格

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiピルマルスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
診察代は何度でも無料!
今すぐスマホで当日診察OK!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル
中容量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
低用量ピル1ヶ月定期:1,946円~/シート

12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診療代
0円
送料
-
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

生理を止める方法を知る前に

「生理がこなければいいのに」と多くの人が思っているかもしれません。
しかし、継続的に生理を止めることはできないとされています。

ここからは、生理を止める方法を知る前に知っておくべき情報について紹介します。

基本的に生理は止められない

先に述べた通り、基本的に生理を止めることは不可能です。
避妊リングの挿入や注射薬の投与など一部例外もあります。

しかし、これらの方法は、生理を止めることを目的としたものではありません。
実際には、治療や避妊など、別の目的に使用されることがほとんどです。

確実性があるものを遅らせたり早めたりする効果はある

一般的に、継続的に生理を止めることは現実的ではないことが多いです。
しかし、一時的に生理を遅らせたり止めたりすることは可能です。

生理を止める方法として、一般的に「ピル」が使われます。
ピルを使用することで、特定のイベントなどのために生理日をずらすことも可能です。

生理を止める方法とされているものは身体に負担がかかりやすい

過激なダイエットや激しい運動は体に負担をかけるうえ、生理を確実に止めるとはいえません。
そのため、生理を止める方法としては適切ではありません。

生理中は体調が変化するため、激しい運動や長時間の運動は避けましょう。
立ちくらみやめまいによる転倒や怪我にも注意が必要です。
経血量が多い時や生理痛があるときは、無理して頑張らないようにしましょう。

生理を止める方法

生理を止める方法には以下の方法があります。

  • ピルを飲む
  • 大豆製品を摂る
  • 生理薬を使う

それぞれみていきましょう。

ピルを飲む

超低用量ピルを服用することで、一時的に生理を止められます。
超低用量ピルの中には、通常のピルとは違って120日間の連続投与できるものもあります。
薬を飲んでいる間は生理がこないため、生理を120日おき、4ヶ月に1度に減らせます。

超低用量ピルを飲むことで、生理のタイミングを自分で調整できます。
また、生理は消退出血となり、いつもの生理よりも非常に軽い生理で終わることが多いです。

大豆製品を摂る

豆乳には大豆イソフラボンが多く含まれています。
エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをするのが、大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンを摂ることにより、ホルモンバランスが整ってきます。
ホルモンバランスが整うことにより、生理周期も安定するのです。
生理周期が長くなり、結果として生理を遅らせることになります。

生理薬を使う

生理を遅らせるためには、ピルや黄体ホルモン剤を用いる方法が一般的です。
市販薬でも生理を遅らせる効果が期待できるものもあります。
しかし、食べ物、漢方、ツボなどで生理を遅らせることは難しく、そういった情報は俗説とされています。

薬の副作用で吐き気がひどい場合、注射で一時的に生理を止める方法もあります。
ただし注射の場合、1週間ごとに注射することが多く、長期の旅行などには不向きです。

ピルの服用による生理への効果は?

ピルの服用により、生理に関連するさまざまな効果が期待できます。
これには、生理日の変更、生理周期の安定、および生理痛やPMSの緩和が含まれます。
しかし、ピルを服用しても生理が完全に止まるわけではありません。

生理日の変更

ピルを服用することで、生理日を自分の都合に合わせて変更することができます。

具体的には、休薬期間を調整することで、生理を早めたり遅らせたりすることが可能です。
これは、ピルに含まれるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンの作用によるものです。

生理周期の安定

ピルの服用により、生理周期が安定します。
通常、ピルを飲み終えた後の2〜3日後に生理が始まり、約5日間続くことが一般的です。
このため、不規則な生理周期に悩む女性には、ピルがおすすめです。

生理痛の緩和

ピルには生理痛の緩和効果も見込めます。
通常の生理時には、子宮が収縮して痛みが発生しますが、ピルに含まれるホルモンの作用により、子宮内膜の増殖が抑制され、生理痛が軽減されることが期待できます。

ピルによる生理のコントロールについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。
ピルによる生理のコントロールについてさらに気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

ピルは経口避妊薬といい避妊目的として用いられることが多い薬です。しかし避妊効果だけでなく、生理への改善効果もあります。ではピルは生理にどのような改善効果をもたらしてくれるのでしょうか?そこで本記事では以下の点を中心に解説して[…]

生理を止めるためにピルがおすすめな理由!

生理を止めるためにピルがおすすめな理由には、どのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれ具体的に紹介いたします。

生理を早めたり遅めたりできるため

ピルを服用することで、生理日を移動することが可能です。
一般的にピルといえば、避妊効果やPMSの症状緩和に使用される低用量ピルをイメージする方も多いと思います。

しかし、ピルを使用することで生理日をずらせます。
ただし、普段から低用量ピルを服用している方は生理日のずらし方が異なるため、注意しましょう。

病院からの処方で手に入れられる確かな方法であるため

病院で医師の診療を受け、処方箋をもらってからピルを入手しましょう。
多忙な方は、個人輸入が便利と思われるかもしれませんが、おすすめできません。

海外からの個人輸入によるピルは、成分や効能が保証されていません。
偽薬であったり、体に有害な成分を含んでいる可能性もあります。
体調に異常があらわれた場合、対処が難しいことから、個人輸入は避けることが重要です。

副作用については注意する

ピルを初めて服用する場合、一時的に副作用が出やすくなることがあります。
ピルの服用によって、ホルモンバランスが変化するからです。

ピルの副作用には、以下のものがあります。

  • 軽い吐き気
  • 眠気
  • 腹部痛
  • 不正出血
  • 胸の張り
  • 体重増加
  • うつ

しかし、これらの症状は一時的なものが多いとされています。
1〜3か月の服用中に女性ホルモンのバランスが整い、多くの症状は改善される傾向にあります。

3ヶ月以上服用しても副作用が強くでたり症状が悪化したりする場合、おそらくピルとの相性が原因です。
症状によってピルの種類を変えたり、副作用に対して治療する必要があります。

こちらの記事では、ピルの副作用について詳しく解説しています。
ピルを服用する前に、副作用のリスクをしっかり理解しておくことが大事です。

生理を止めるピルの種類

生理を止めることができるピルの種類は「低用量経口避妊薬」と「低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬」の2種類に分けられます。

ここでは上記の2つのピルの概要について詳しく解説していきます。

OC(低用量経口避妊薬)

OCはその名の通り主に避妊を目的として使用されるピルです。
OCに含まれている主成分は女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。
エストロゲンが卵胞ホルモンとプロゲステロン黄体ホルモンに該当します。

ピルを服用して卵巣を休ませるような状態にすることで排卵を抑制し妊娠を防ぐのです。

他にも生理痛による痛みや悩みを和らげるためにも使用されます。

避妊目的の場合は自由診療となり、保険適用外となります。
そのため費用は全額自己負担となり、値段が高くなるのです。

LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)

LEPは月経困難症や子宮内膜症などの病気の治療で使用されるピルです。

名前に含まれるプロゲステロンは子宮の収縮を促す働きがあり、生理痛の原因となるホルモンです。
LEPを服用すると、プロゲステロンの分泌量が減少して、生理痛や月経困難症を改善します。

一方でエストロゲンは子宮内膜症の増殖の原因となるホルモンです。
LEPはエストロゲンの分泌量も減少させ、子宮内膜症を改善します。

上記の病気の治療や生理痛を緩和する目的でピルを服用する場合は、保険適用です。

保険適用の場合、治療にかかる費用の1〜3割を負担することになります。
そのため避妊目的のOCより安く入手することが可能です。

こちらの記事では、ピルの種類や効果の違いについて詳しく解説しています。
気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

生理痛・PMS・子宮内膜症の改善を目的として、ピルを利用する女性も増えています。しかしピルは種類によって効果が異なるため、選び方に迷う方も少なくありません。一体、ピルにはどのような種類があるのでしょうか。本記事では、ピルの種[…]

【生理を止めたい・安定させたい方向け】ピルの服用方法

ピルで生理を完全に止められるわけではありません。
ピルの服用で生理日をずらしたり、生理周期を安定させることが可能です。

ここでは生理をずらしたい方や、生理周期を安定させたい方に向けたピルの服用方法を解説していきます。
生理で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

生理日をずらすことが可能

ピルの服用で生理日を前後にずらすことが可能です。
試合や試験日など重要なイベント日と生理が重なってしまうことを防ぐために使用する方が多いです。

生理日をずらしたい場合は、「中用量ピル」を使用することになります。
生理を遅らせたい場合は、生理予定日の5〜7日前からイベント日まで毎日ピルを服用する必要があります。

ピルの服用を止めた後、2〜3日経過したぐらいで生理が始まります。
生理の期間は5日ほど続くことが多いですが、あくまで目安です。
生理を遅らせられる期間は長くても10日程度になります。

逆に生理を早めたい方は、生理を止めたい月の前月の生理日から服用する必要があります。
前月生理日の3〜5日目から1週間ピルを服用する形です。

生理が始まるタイミングはピルを飲み終えて2〜3日後になります。
詳しくは医師に相談して決めるようにしましょう。

生理周期を安定させる

ピルは毎日服用することで、生理周期を安定させることが可能です。
そのため生理不順の方にも効果があります。

ピルは一般的に1ケース28日分で構成されています。
21日分は通常の薬、7日分は偽薬を服用するのです。
偽薬は薬の成分が含まれておらず、薬を飲むことを習慣付けるためのものになります。

1ケース21錠で構成されているピルもあります。
その場合は偽薬が含まれておらず、1週間程度休薬することになるのです。

休薬期間の2〜3日後に生理が始まるため、生理周期が安定します。

ピルを服用しても生理周期が安定しないこともあります。
その場合子宮や卵巣などに問題があることが考えられます。

ピルを服用しても生理周期が安定しない場合は、医師に相談するようにしましょう。

生理を止めるオンラインクリニックの選び方

生理を止めるピルはオンラインで購入することが可能です。
ここではピルをオンラインで購入できるクリニックの選び方を紹介いたします。

ピルの処方を受けられるオンラインクリニックの選び方は以下の通りです。

  • 値段を相場と比較する
  • ピルの種類が複数あるか
  • 自宅配送が可能か
  • 診療時間が遅くまで対応しているか
  • アフターフォローに対応しているか

上記の選び方について以下の項目で詳しく解説していきます。

値段を相場と比較する

まずクリニックを選ぶ際に重要となるポイントは、ピルの値段です。

ピルは避妊目的の場合、自由診療となり、処方にかかる費用が全て自己負担となります。
自由診療の場合、同じ薬でもクリニックによって値段が異なることがあるのです。

ピルの値段相場は保険適用外で1ヶ月3,000円程度となります。
クリニックのピルの値段を相場と比較して選ぶようにしましょう。

またピルの処方にかかる費用は薬代だけではありません。
診察料や送料もかかります。

ピルの値段が安くても送料・診察料が高く結果的に費用が多くかかってしまうことも少なくありません。

ピルの値段が最も重要ですが、診察料と送料も併せて確かめておきましょう。

関連記事

ピルは、避妊や生理痛の緩和などを目的として用いられる薬です。ピルは保険適用外となるため、価格が高くクリニックによって値段が異なります。ピルの値段は、いくらくらいなのでしょうか?ピルを安く購入できる方法は、あるのでしょうか[…]

ピルの種類が複数あるか

ピルは主に「超低用量ピル」「低用量ピル」「中用量ピル」「アフターピル」の4種類に分類できます。
さらにその4種類の中でも様々な薬があります。

薬によってホルモンの配合量や値段、副作用など特徴が異なります。

特徴が異なる分自分に合うピル、合わないピルが存在します。
そのためクリニックに自分に合うピルがあるかどうかは非常に重要な要素です。

ピルの種類が豊富なクリニックであれば、自分に合うピルを見つけられる可能性が高いです。

クリニックを選ぶ際にはピルの値段だけでなく、種類の多さも確かめるようにしましょう。

自宅配送が可能か

オンラインクリニックの利点の1つに、自宅配送が挙げられます。
ですが中には自宅配送ではなく、薬局受け取りという形をとっているクリニックがあるのです。

自宅配送が可能なクリニックであれば、人の目を気にせず、手間がかからずピルを受け取れます。
そのため自宅配送が可能であるオンラインクリニックを選ぶことがおすすめです。

なお自宅配送の場合配送料がかかるため注意が必要です。
クリニックによって配送料が異なるため、確かめておくことをおすすめします。

診療時間が遅くまで対応しているか

クリニックによって診療時間が異なります。
自分の都合のよい時間に対応してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

中には深夜など夜遅くまで営業しているクリニックもあります。
夜遅くまで対応しているクリニックであれば、仕事終わりの空いた時間でも利用可能です。

朝のほうが利用しやすい方は、朝早くから対応しているクリニックを選びましょう。

また診察方法も併せて確かめておきましょう。
ビデオ通話形式で診察を行うクリニックが多いですが、電話で行うクリニックもあります。

電話であれば、場所を問わないため忙しい方でも診察を受けやすいです。

アフターフォローに対応しているか

ピルはどうしても副作用のリスクと切っても切り離せない関係にあります。
副作用が生じた際にアフターフォローに対応しているクリニックを選ぶことが重要です。

診察回数制限など縛りがなく、気軽に相談できるクリニックやLINEで服薬や健康状態を管理できるクリニックがおすすめです。

また診察は婦人科医師が行っているクリニックを利用することをおすすめします。
副作用が出た際に相談しやすく、それ以外のデリケートな悩みも相談しやすいことが理由です。

【編集部おすすめ】生理を止めるおすすめピルオンラインクリニック7選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiピルマルスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
診察代は何度でも無料!
今すぐスマホで当日診察OK!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル
中容量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
低用量ピル1ヶ月定期:1,946円~/シート

12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診療代
0円
送料
-
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないように行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【12シートおまとめプラン】
※2024年6/30までの期間限定価格
【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額1,963円/シート
総額:23,556円
2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間18,684円お得年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiの超低用量ピル各料金

ピルの種類料金(税込)
フリウェルULD¥4,180
ルナベルULD¥6,980
ドロエチ¥4,580
ヤーズ¥8,880
ヤーズフレックス¥9,980

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類超低用量ピル/低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン:1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

ピルマル

ピルマルのおすすめポイント

  • 診察代は何度でも無料
  • LINEで全て完結
  • 今すぐスマホで当日診察OK

ピルマルが選ばれる理由

ピルマルでは、診察代は一切かかりません
これは、ユーザーが安心して何度でも診察を受けられるようにするためのポリシーです。

オンライン診療のリーディング企業であるMICINが運営するピルマルは、医師による丁寧なオンライン診療で自分に合ったピルを処方してもらうことができます。
これにより、ユーザーは自分の体調や生活スタイルに適切なピルを選ぶことができます。

ピルマルのもう一つの特徴は、LINEを通じて全ての手続きが完結することです。
LINEで簡単に登録・予約ができ、医師による診察もビデオ通話で行われます。
これにより、ユーザーは自宅や外出先からでも、いつでも診察を受けることが可能になります。

ピルマルでは、スマホからすぐに診察を受けることができます
必要なときにすぐに診察を受けられるので、安心です。
また、ピルは最短で翌日に届き、その後は指定した頻度でピルが届きます。

ピルマルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診察予約
STEP2医師とオンライン診察
STEP3医師とオンライン診察
STEP4指定した頻度でのピル配送

ピルマルの低用量ピル処方詳細

プラン【1か月定期】【3か月定期】【6か月定期】【まとめ買い
12か月一括】
支払い金額1,807円6,672円
(1か月あたり2,224円)
15,846円
(1か月あたり2,641円)
23,352円
(1か月あたり1,946円)
※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から2,780円
※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から8,173円
※2024年3/31までの期間限定価格※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から30,024円

ピルマルの中用量ピル・超低用量ピル処方詳細

ピルの種類超低用量ピル中用量ピル
【1ヶ月定期】【3ヶ月定期】【6ヶ月定期】【まとめ買い
12か月一括】
料金(1ヶ月分)2,125円〜7,848円〜
(1か月あたり2,616円〜)
18,639円〜
(1か月あたり3,106円〜)
27,468円〜
(1か月あたり2,289円〜)
4,290円/シート
※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から3,270円〜
※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から8,173円〜
※2024年3/31までの期間限定価格※2024年3/31までの期間限定価格
2024年4/1から35,316円〜

ピルマルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/超低用量ピル/中用量ピル
ピル処方代低用量ピル1ヶ月定期:1,807円/シート
※2024年3/31までの期間限定価格
診療代・送料診療代:0円
送料:-
割引情報お得な期間限定価格
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話
診療時間:5〜7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ピルマル
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円9,480円

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1診察予約
STEP2医師との診察
STEP3ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【毎月定期プラン
(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】
【毎月定期プラン
(フリウェルULD)】
【毎月定期プラン
(ドロエチ配合錠)】
支払い金額2,783円5,610円6,538円
割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類低用量ピル
ピル処方代毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
初月500円オフ
割引情報
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度
診療対応時間10:00-19:00
当日診療対応
配送時期最短翌日ポストにお届け
おうちでクリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換GMOあと払いにも対応しています

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円9,900円

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

ピルが購入できるクリニックについて、こちらの記事でも紹介しています。
ピルが購入できるクリニックについてさらに気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

【初めての方必見!】ピルの服用の始め方

週末に予定を入れたい方はSundayスタート

ピルの服用の始め方の1つとして、「Sundayスタート」があります。

その名の通り日曜日に服用を開始する方法です。
生理が始まって最初の日曜日にピルの服用を始めます。

Sundayスタートの最大のメリットは、週末に生理がこないことです。
そのため旅行やデートなどを週末に安心して楽しむことができます。

週末の予定を生理を気にせず楽しみたい方は、Sundayスタートがおすすめです。

Sundayスタートのデメリットは、服用を開始して1週目の避妊効果が高くないことです。
服用を始めた最初の1週間は、コンドームなど他の避妊方法をしなければなりません。

安定した生理周期を実現したい方はDay1スタート

Day1スタートは、最もスタンダードな方法です。
生理が始まった日に服用を始めます。

そもそも生理初日は、生理が始まってから24時間以内のことを指します。
夜11時に生理が起きたとしても、翌日の23時までに服用すれば問題ありません。

Day1スタートの最大の特徴は安定した生理周期を得られることと、避妊効果をすぐに得られることです。

飲み忘れがあると、避妊効果が弱くなったり不正出血が起きる可能性があります。
どちらの方法でも、飲み忘れには注意しましょう。

ピルで生理を止めるときの注意点

ピルで生理を止める際、いくつか注意すべきポイントがあります。

ここではピルで生理を止めるときの注意点を紹介いたします。

なお注意点は以下の通りです。

  • 1日1錠同じ時間に飲み続けること
  • ピルの飲み忘れ
  • 休薬期間を設ける
  • 休薬期間に生理がこないときの対処
  • 血栓症の兆候を見逃さない

上記の注意点について以下の項目で詳しく解説していきます。

1日1錠毎日同じ時間に飲み続けること

ピルは1日1錠毎日同じ時間に飲み続けなければなりません。
そうでないと、避妊効果が薄れたり、不正出血が起こる可能性があるのです。

12時間以上時間がずれてしまうと不正出血の可能性が高くなってしまいます。
また不正出血が起きてしまったら次の生理がくるまでピルの服用を中止しなければなりません。

ピルを飲むタイミングはいつでも問題ありません。
自分の飲みやすい時間帯で服用すると良いでしょう。

特に飲みやすい時間帯がない場合は夕食後や就寝前がおすすめです。
寝ている間に副作用が生じるため、副作用を感じづらいことが理由です。

飲み忘れが心配な方は、携帯でアラームを設定するなど工夫するようにしましょう。

ピルを飲み忘れた場合は?

飲み忘れの対応方法については飲み忘れに気づいた時間によって異なります

ピルの飲み忘れから24時間以内の場合は、その時点で1錠飲むだけで問題ありません。
次の日からは予定通りの時間に飲みます。

ピルの飲み忘れからちょうど24時間の場合は、飲む予定の1錠と合わせて計2錠飲みます。

飲み忘れから24時間以上経過している場合も、計2錠飲めば問題ありません。
しかし48時間以上経過している場合は、服用を中止して、次の生理から服用を始めましょう。

休薬期間を必ず設けること

ピルの服用でしっかり効果を得るために、休薬期間が非常に重要となります。

休薬期間は、卵巣や子宮の働きを保つという意味で必要です。
ピル服用中はピルでホルモンが自動的に供給されている状態で、卵巣や子宮は休んでいる状態になります。

休薬期間で卵巣や子宮の働きを再開させることで、正常な働きを促すのです。

避妊に成功しているか確認できるという意味でも重要です。
休薬期間に生理のような出血である「消退出血」が起こります。
消退出血は妊娠していないことを指すため、避妊できたか確認できます。

休薬期間中に生理がこない場合は?

休薬期間に生理がこない場合、妊娠かスケジュール通りの服用ができていないことが考えられます。

ピルを21日間服用した後には7日間の休薬期間が必要です。
前述の通り休薬期間に生理がくることになるため、スケジュールを守らないと生理がきません。

生理がこない場合は、一度病院に相談してみましょう。

ピルを飲んでいても妊娠したケースとしては、飲み忘れが原因であることが多いです。
避妊目的の方は特に飲み忘れには注意しましょう。

血栓症の兆候を見逃さない

ピルの重大な副作用として血栓症があります。

血栓症の発症は、ピルに含まれるエストロゲンが関係しています。
エストロゲンは血液凝固作用があり、血液の凝縮によって血栓症を発症することがあるのです。

血液中の粘度上昇により血液の流れが悪くなって、血の塊ができる病気を血栓症といいます。

日本産科婦人科学会によると、低用量ピル(OC)の服用で静脈血栓塞栓症のリスクが3〜5倍増加するといわれています。

さらに元々血栓性素因を持つ方に関しては発症率が約10倍高いです。
そのためピルの処方の前に血液検査を受けて血栓症のリスクを確かめておくことをおすすめします。

血栓症の初期症状としては、以下の通りです。

  • ふくらはぎの痛み
  • むくみ
  • 手足のしびれ
  • 胸の痛み

ピルを服用していて上記の症状が生じた、違和感を感じた方はすぐに病院を受診しましょう。

出典:日本産科婦人科学会【低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

生理を今すぐ・当日に止めることはできるの?

生理が始まってしまった場合、当日に生理を止める方法はあるのでしょうか?

残念ながら、生理が始まってしまったら、生理を止めることはできません
生理は、子宮内膜が剥がれ落ちて出血する現象ですので、一度始まってしまったら止めることは不可能です。

しかし、生理の量や期間を減らすことはできる場合があります。
以下で紹介します。

今すぐ生理の量や期間を減らす方法

生理を今すぐ・当日に止める方法はありませんが、生理の量や期間を減らす方法はいくつかあります。

生理の量や期間は、個人差や体調によって変わりますが、以下のような方法で改善することができる場合があります。

  • 水分や栄養の摂取を十分にする
  • カフェインやアルコールなどの刺激物を控える
  • ストレスを減らす
  • 適度な運動をする
  • 温める(お風呂に入る、ホットパックをするなど)
  • マッサージをする
  • ハーブティーを飲む(レモングラスやラズベリーリーフなど)
  • サプリメントを摂る(鉄分やビタミンB6など)

これらの方法は、生理中だけでなく、生理前や生理後にも行うと効果的です。
ただし、これらの方法はあくまで生理の量や期間を減らすための一般的な対策であり、すべての人に効果があるとは限りません

今すぐに痛みを緩和させる方法

生理中には、お腹や腰、頭などの痛みに悩まされることがあります。
痛みがひどいと、日常生活に支障をきたすこともあります。

そんなとき、今すぐに痛みを緩和させる方法はあるのでしょうか?
痛みを緩和させる方法としては、以下のようなものがあります。

鎮痛剤を飲む

鎮痛剤を飲むことで、痛みを直接的に抑えることができます。

鎮痛剤には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や鎮痛消炎剤などがあります。
これらの薬は、炎症を引き起こす物質であるプロスタグランジンの生成を抑えることで、痛みや炎症を緩和します。

鎮痛剤は、市販薬や処方薬がありますが、どちらも適切な用量や用法を守って服用してください。
また、鎮痛剤には副作用や禁忌症がありますので、服用中の薬や持病がある場合は、医師に相談してください。

マッサージをする

マッサージをすることで、筋肉のこりや血行の悪さを改善することができます。
マッサージをするときは、お腹や腰などの痛む部分を優しく円を描くように撫でると良いでしょう。

また、足の裏や手のひらなどには、子宮や卵巣などの生殖器に関係するツボがあります。
これらのツボを刺激することで、痛みや不快感を緩和することができる場合があります。

適度な運動をする

運動をすることで、体内のエンドルフィンという物質が分泌されます。
エンドルフィンは、自然な鎮痛剤とも呼ばれる物質で、痛みやストレスを和らげる効果があります。

運動をするときは、激しい運動は避けて、軽いストレッチやウォーキングなどを行うと良いでしょう。
運動をすることで、血行も良くなり、生理の量や期間も減らすことができる場合があります。

生理を一生止めることはできるの?

生理を一生止めることはできるのか、という疑問を持つ女性は少なくありません。
生理は女性にとって大切な生理現象ですが、同時に不快な症状や不便さを伴うことも多く、できれば避けたいと思うこともあるでしょう。

しかし、生理を一生止めることは本当に可能なのでしょうか?
また、可能だとしたらどのような方法があるのでしょうか?

生理を一生止めることはできる?

生理を一生止めることは、現在の医学では非常にしいと言えます。

生理は、女性の卵巣が卵子を排出する排卵と、子宮内膜が剥がれ落ちる月経という二つのプロセスからなります。
このプロセスは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスによって制御されています。

生理を止めるには、このホルモンバランスを崩す必要がありますが、それは女性の身体に様々な影響を及ぼす可能性があります

例えば、ホルモンバランスの乱れは、不妊や骨粗しょう症、心血管疾患などのリスクを高めることが知られています。
また、卵巣や子宮を摘出するという手術的な方法もありますが、これは不可逆的な処置であり、重大な副作用や合併症を引き起こす可能性があります。

したがって、生理を一生止めることは、医学的にも倫理的にも推奨されない方法です。

ピルを休薬なしで一生飲み続けるのは大丈夫?

では、生理を一生止めることはできないとしても、できるだけ生理を減らすことはできないでしょうか?
その一つの方法として、ピルを休薬なしで一生飲み続けるという方法があります。

ピルとは、エストロゲンとプロゲステロンの合成ホルモンを含む錠剤で、毎日服用することで排卵を抑制し、妊娠を防ぐ効果が期待できます。
通常、ピルは21日間服用した後に7日間の休薬期間を設けますが、この休薬期間をなくしてピルを連続して服用することで、月経を抑制することができます。

この方法は、生理痛や月経前症候群(PMS)などの生理に関連する不快な症状を軽減する効果があるとされています。
また、子宮内膜症や卵巣嚢腫などの婦人科疾患の予防や治療にも有効です。

しかし、ピルを休薬なしで一生飲み続けることは、本当に大丈夫なのでしょうか?

ピルを休薬なしで飲み続けるメリット

ピルを休薬なしで飲み続けることのメリットは、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 生理がなくなることで、生理に伴う不快な症状や不便さを解消できる。
  • 生理がなくなることで、鉄欠乏性貧血や月経過多などの問題を防げる。
  • 生理がなくなることで、生理周期に左右されないライフスタイルを送れる。
  • ピルの効果が安定することで、妊娠のリスクを低減できる。
  • ピルの服用を忘れる可能性が減ることで、服用のコンプライアンスが向上する。
  • 子宮内膜症や卵巣嚢腫などの婦人科疾患の予防や治療に効果が期待できる。
  • 乳がんや卵巣がんなどのがんのリスクを低減できる。

ピルを休薬なしで飲み続けるデメリット

一方、ピルを休薬なしで飲み続けることのデメリットもあります。
主なものは以下の通りです。

ピルによる副作用が発生する可能性がある

副作用には、頭痛や吐き気、乳房の張りや痛み、体重増加やむくみ、気分の変化やうつ症状などがあります 。

ピルによる合併症が発生するリスクがある

合併症には、血栓症や心筋梗塞、脳卒中、高血圧、肝機能障害などがあります。
特に、喫煙や高齢、肥満などの危険因子を持つ女性は注意が必要です。

ピルによる月経抑制が不完全である場合がある

ピルを休薬なしで飲み続けても、月経が完全になくならない場合や、不正出血が発生する場合があります。
これは、個人差やピルの種類や用量によって異なりますが、不正出血が続く場合は、医師に相談する必要があります。

ピルによる月経抑制が不自然であると感じる場合がある

ピルを休薬なしで飲み続けることで、月経がなくなることは、女性としての自覚やアイデンティティに影響を与える可能性があります。
また、月経がなくなることで、妊娠の有無を確認する手段が失われることもあります。

ピルによる月経抑制が不妊に影響する可能性がある

ピルを休薬なしで飲み続けることで、卵巣の機能が低下することや、子宮内膜が薄くなることがあります。
これらは、ピルを中止すれば回復する可能性が高いですが、個人差や年齢などによっては、回復に時間がかかる場合や、不妊の原因となる場合があります。
特に、将来的に妊娠を希望する女性は、ピルの服用期間や休薬期間について医師と相談することが重要です。

以上のように、ピルを休薬なしで一生飲み続けることには、メリットとデメリットがあります。

生理を一生止めることはできないとしても、ピルを休薬なしで飲み続けることで、生理に関する悩みを解決できる可能性があります。

しかし、ピルはあくまで医薬品であり、身体に影響を与えるものです。
そのため、ピルを休薬なしで飲み続けることを考える場合は、必ず医師の指示や監督のもとで行うことが必要です。

こちらの記事では、ピルの休薬期間について詳しく解説しています。
気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

「ピル」は避妊効果など様々なメリットがあります。しかし、休薬期間があったりと服用が難しそうですよね。「ピル」にはなぜ休薬期間が必要なのでしょうか?本記事では、ピルの休薬期間について以下の点を中心にご紹介します。 ピ[…]

生理を止めるメリットとデメリットとは

ピルを服用することには多くのメリットがあります。
しかし生理日がずれるデメリットもゼロではありません。
メリットとデメリットを理解したうえで、ピルの服用を検討することが大切です。

ここからは、生理を止めるメリット・デメリットを紹介いたします。

生理を止めている状態とは

ピルを使用することで生理日を遅らせたり早めたりでき、これを「月経移動」と呼びます。

ピルを使うと便利な場合の例は以下の通りです。

  • 旅行などのイベントと生理が重なってしまった場合
  • 「生理をずらしたい」という希望がある場合

ただし注意点として、生理を避けたい期間中もピルを継続的に服用する必要があります。

また、生理の移動は必ずしも100%思い通りに移動できるわけではありません。
出血がみられる場合、余裕をもって早めに医師に相談することが大切です。

生理を止めるメリット

生理を止めるメリットには、以下のようなことがあります。

生理を止めるメリット|旅行の際に気にしなくてよくなる

生理周期を安定させ決まった日に生理がくるので、旅行の日程を組みやすくなります。
また、大事な仕事などがある際も、日程を調整できるのがメリットです。

生理を止めるメリット|生理痛などが改善される可能性がある

月経量が約1/3(ナプキン約10枚分)に減るため、月経痛をコントロールできます。
その結果、子宮内膜症の進行を抑え、貧血を改善します。

排卵を抑えホルモンの変化をコントロールできます。
コントロールした結果、PMS(月経前症候群)の症状を和らげられます

生理を止めるメリット|生理の煩わしさがなくなる

ピルを服用することで以下のことが可能です。

  • 生理を規則的にする
  • 生理を遅らせる
  • 生理自体をなくす

自分のリズムに合わせて平日に生理をこさせたり、週末に生理をこさせて体を休めたりできます。
そのため、生理の煩わしさから解放されるでしょう。

生理を止めるデメリット

生理を止めるデメリットには、以下のようなことがあります。

生理を止めるデメリット|薬などの副作用がある可能性

吐き気、頭痛、むくみなどの副作用があらわれる可能性があります。
しかし、内服開始後1ヶ月以内にほとんど消えるとされています。

生理を止めるデメリット|方法によっては妊娠できなくなる可能性がある

「MEAを受ける」の項目で解説した通り、MEAはマイクロ波を子宮内膜に照射して壊死させる治療法です。

子宮内膜が壊死すると、妊娠できなくなる可能性があります。
またMEAでは卵管の近くも焼灼することから、妊娠の可能性はかなり低いといわれています。
ですのでMEAの対象者は「妊娠希望のない方」に限られていることが多いです。

生理を止めるデメリット|費用がかかる

ピルの費用が高いと感じている方もいるかもしれません。
しかし、実際には月に2,000円~3,000円程度とされています。

さらに、自宅にいながら簡単にピルを処方してもらえるオンラインクリニックもあります。

生理を止めるためのピルは市販で買えない

生理を止めるためのピルは市販で購入できません。

市販で購入できる薬は、「一般用医薬品」「要指導医薬品」の2つです。

一般医薬品は含まれている成分やその量から一般の方が安心して服用できるものとされています。
また誰でも薬の服用方法などの説明書が付属されていたりと工夫されているのです。

ピルは「医療用医薬品」に該当します。

ピルを市販で購入することができない理由は、以下の通りです。

  • 誤った服用方法が広まってしまう
  • 副作用が起きやすい人が服用してしまうと危険

医療用医薬品は医師による診察と処方を受けることが必要なのです。
また薬剤師や医師による服用方法や副作用を受けて理解することが必要となります。

ピルを購入したい方は必ず病院に行き、医師の診察を受けるようにしましょう。

生理を止める薬以外の方法

避妊や月経周期をコントロールする方法としてピルを考える方も多いのではないでしょうか。
ただし、次のような方はピル以外の方法がおすすめかもしれません。

  • 服用を忘れがちな方
  • 数年間妊娠を望まない方など

ここからは、生理を止める薬以外の方法についてみていきましょう。

避妊リング(ミレーナ)

避妊リングは、通称「リング」と呼ばれ、子宮内に挿入されます。
プラスチックで作られたT字型で、サイズは約32mmです。

最大の特徴は、T字型の縦の部分に黄体ホルモンが付加されていることです。

そのため、ピルのような飲み忘れの心配や血栓症の可能性はほとんどないといえます。
また、避妊リングを抜去することで妊娠が可能になります。

避妊目的で使用されることが主流ですが、生理痛や月経量の多さなどの生理症状の改善にも有効性があります。

そのため、2014年からは月経困難症や過多月経の治療として保険適用されるようになりました。

避妊リングの対象者
避妊リングの対象は、以下のような方が挙げられます

  • 経膣分娩の経験がある方
  • 将来的に妊娠を希望していない方
  • 次の妊娠までに時間を置きたい方
  • 月経困難症に悩んでいる方
  • 過多月経で苦しんでいる方
  • ピルが服用できない方

ピルの副作用に対して過敏な方、血栓症のリスクが高い30代後半~40代以上の方、BMI30以上などに適しています。

避妊リングの効果
避妊リングは、レボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンが付加された避妊リングです。このリングが子宮内に挿入されることによって、子宮内膜が薄くなり、受精を防止します。

また、子宮の入り口の粘液を変性させ、精子の侵入を妨げることが期待されます。
避妊リングを正しく使用し脱出やズレがなければ、ピルに近い避妊効果が得られます。
避妊効果は避妊リングの挿入から約5年間続きます。

治療後の状態
通常は避妊リングを挿入後、1〜2ヶ月後にエコー検査で位置を確認します。
その後は、3ヶ月から半年ごとに位置を確認します。
安定している場合は子宮頸がん検診と一緒に1年に1回、避妊リングの位置を確認しましょう。

偽閉経療法

偽閉経療法は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑制し、生理を止めます。
生理を止めることで病気を治療する方法です。

GnRHアゴニストを使用して下垂体と卵巣機能を抑制する治療法です。
子宮内膜症などに適応しています。

偽閉経療法の対象の病気
偽閉経療法が適応になる病気は以下のとおりです。

子宮筋腫
子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、主な症状は強い生理痛と経血量の増加です。
妊娠しにくい、流産しやすいなど、妊活している方にとって厄介な病気でもあります。

30歳以上の女性の20~30%に見られ、発生頻度の高い病気です。
筋腫は、エストロゲンの分泌に合わせて大きくなります。

子宮内膜症
子宮内膜症は、子宮の中にある内膜がそれ以外の場所にもできてしまう病気です。
主な症状は生理痛で、そのほか生理時以外の下腹部痛や腰痛などがあります。
妊娠できる年代の女性のうち、5~10%が子宮内膜症を患っているとされています。

子宮筋腫と同じく、不妊の原因となる病気です。
子宮内膜症もエストロゲンの増加と共に増殖するため、偽閉経療法の適応になります。

子宮腺筋症
子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮筋層の中にできてしまう病気です。
子宮筋腫や子宮内膜症と合併するケースが多く、40歳代に患う方が多いとされています。

この病気の主な症状は、強い骨盤痛や経血の増加です。
子宮筋腫や子宮内膜症よりも治療のエビデンスは少ない傾向にあります。
しかし、エストロゲンの増加により病気が悪化するため、偽閉経療法の適応となります。

偽閉経療法の対象者
偽閉経療法は、エストロゲンの分泌増加によって悪化する病気に対して適応があります。
具体的には、以下の方が該当します。40代後半以降の人
40代後半以降で閉経が近い方は、偽閉経療法の適応です。
閉経になると前述の病気が治癒します。
病気が治癒するまでの間、閉経までの期間をつなぐために、偽閉経療法が行われます。手術を受ける予定がある人
手術で病気の箇所を切除する前に、一時的に偽閉経療法を行う場合があります。
病気の部分をあらかじめ小さくできるため、手術をスムーズに進められるからです。
また、患者さんの負担も軽減できます。
偽閉経療法の副作用
偽閉経療法には、以下のような副作用があります。

更年期症状
偽閉経療法によって閉経に近い状態を作るため、更年期症状が出ることがあります。

出る可能性がある更年期症状は以下の通りです。

  • ほてり
  • 頭痛
  • めまいなど

骨粗しょう症
偽閉経療法は、骨粗しょう症の代表的な副作用の一つです。
骨は新陳代謝を繰り返しており、エストロゲンは骨を作る細胞と壊す細胞のバランスを調整します。

偽閉経療法によりエストロゲンが低下すると、この機能が働かなくなります。
機能低下により、骨粗しょう症を引き起こす場合があります。

不正出血
偽閉経療法を始めて間もないときに、不規則な出血が起こることがあります。
偽閉経療法は、最長でも半年間しか行えません。
その後はほかの治療法を検討するか、薬の量を減らす治療が必要です。

副作用を軽減するため、対症療法を行うこともあります。
また、骨粗しょう症の薬を服用することもあります。

治療後の状態
偽閉経療法は薬を使ってエストロゲンを低下させ、閉経に近い状態まで導きます。
この治療法は閉経までの期間に生理が止まるだけで、治療を中断すれば生理が再開します。

MEAを受ける

マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)は、月経量が過剰な症状を改善する治療法です。
MEAは細い器具であるアプリケーターを子宮内に挿入します。
マイクロ波を照射することで、子宮内膜全体を加熱し、壊死させます。
これにより、月経出血量を減らせるのです。

MEAは2012年に保険適用となりました。
子宮筋腫や子宮腺筋症による過多月経の治療に使用されます。

MEAの対象の病気
MEAの対象になるのは以下の方です。

  • 子宮筋腫による月経過多の方
  • 手術を希望しない方
  • 手術のリスクが高い方など
MEAの治療が受けられる方
経血量が極端に多く、貧血や動悸、立ちくらみなどの健康上の問題を引き起こすことを過多月経といいます。
過多月経は、MEAによって治療できます。
マイクロ波を子宮内に照射して子宮内膜を壊死させ、出血量を軽減します。一方、以下のような場合、手術による子宮摘出術がすすめられることがあります。

  • 子宮摘出手術を望まない場合
  • ホルモン治療の効果が不十分な場合

MEAは、子宮摘出術を回避する代替治療法です。

治療後の状態
術後の検診は1週間後に行われ、経過をきちんと確認します。
手術後は、水っぽいおりものが数週間続きますが、2〜3週間で改善します。
この期間中はシャワーを浴びて、性行為は避けましょう。手術後4週間以上経過すると、まれに細菌感染が起こることがあります。
異常なおりものや下腹部の痛みがある場合は、早めに受診しましょう。

生理痛を止める他の方法は?

生理痛を止める方法には以下の方法があります。

  • 薬を飲む
  • 漢方を使う
  • 身体を温める
  • マッサージやツボ

以下でそれぞれみていきましょう。

薬を飲む

NSAIDsは、生理痛の緩和に一般的に用いられる薬です。
この薬は生理痛を止める効果が大いに期待できるとされています。
しかし空腹時に服用したり長期間連用したりすると、胃などを傷つけてしまう可能性があります。

その結果、潰瘍ができたり、深刻な場合は穴が開いてしまったりすることがあります。
NSAIDsの服用には、注意が必要です。

漢方を使う

婦人科系の異常に対して漢方薬がよく使われる漢方には、

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)

などがあります。

処方してもらう際には、体質に合わせた適切な漢方薬を選ぶ必要があります。
漢方に詳しい医師や漢方薬局などで処方してもらいましょう。

身体を温める

以下の方法は、生理痛を止める効果が期待できます。

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 冷やさないようにひざ掛けなどを使用する
  • しょうがの入った甘酒などの温かい飲み物を積極的に摂取する

生理痛を止めるために、上記の方法を試してみましょう。

マッサージやツボ

生理中は安静にする必要があると思いがちです。
しかし軽い運動は血行をよくするのでおすすめです。
ストレッチやマッサージなどで体を動かすとよいでしょう。
ただし、運動が痛みを悪化させてしまう場合、無理してはいけません。

また、ツボ押しをすることで痛みの軽減につながることもあります。
マッサージやツボ押しは手軽にできるので、試してみましょう。

生理を止める効果がないもの

生理を止める効果がないものには、どのようなものがあるのでしょうか。
以下で詳しくみていきましょう。

逆に生理を早める食べ物【チョコレート】

板チョコには、生理をずらす効果が期待できるといわれています。
チョコレートに含まれるカカオには、リラックス効果が期待できます。
リラックス効果が期待できるテオブロミンが含まれているからです。

ストレスなどによって生理が遅れることが考えられます。
反面、気持ちがリラックスしていると生理を少し早められるでしょう。

また、チョコレートには子宮収縮を促進させる作用もあるとされており、生理を早めるともいわれています。
しかし、チョコレートには糖分が多く含まれているため、砂糖が体を冷やしてしまいます。
血流を悪くし、女性ホルモンの分泌を抑えてしまうこともあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

市販の生理薬

市販の生理薬は月経中の症状を抑えるのに効果的です。
しかし、月経を止めるのに効果的な市販の生理薬はほとんどありません。

確証性がないとされているもの

薬の服用以外に生理を止める効果が期待できるものは、残念ながらほとんどありません。

生理を遅らせる効果が期待できるとされている食品にチョコレートやレバーがあります。
しかし医学的な根拠はなく、確実性は全くありません

【生理を止める前に】経血量の異常は病気の可能性も

経血量は個人差がありますが、病気が原因の可能性もあります。
そのため、生理を止める前に病気の可能性も疑うことが大切です。
ここからは、経血量によって考えられる病気についてみていきましょう。

子宮の病気

子宮の病気には以下のものがあります。

  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症

子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮の平滑筋内に発生する良性腫瘍で、転移することはありません。
しかし、子宮内に多数発生することがあり、徐々に大きくなる場合があります。

子宮筋腫の特徴として、経血量が増加し、慢性的な貧血を引き起こすことがあります。
20~40歳代の女性において、貧血の原因として最も多い理由の1つです。
また、子宮筋腫は着床障害を引き起こし、不妊症の原因となることがあるため、注意が必要です。

子宮腺筋症

子宮腺筋症は本来子宮内で成熟するべき子宮内膜が、子宮外の部位や子宮筋肉の中で成熟する病気です。
子宮腺筋症は下腹部痛や性交時痛を起こし、とくに排卵期に症状が強くなるのが特徴です。

さらに、強い生理痛が生じ、経血量も増加する傾向があることが知られています。

ホルモンが関係する病気

ホルモンが関係する病気には以下のものがあります。

  • 更年期障害
  • 多嚢胞性卵巣症候群

更年期障害

女性ホルモン分泌の急激な変化によって、全身にさまざまな症状が生じる状態を更年期障害といいます。

更年期障害では女性ホルモンバランスの乱れにより、さまざまな症状があらわれます。
更年期障害には以下の症状があります。

  • 子宮内膜が過剰に増殖することが促される
  • 月経周期が乱れる
  • 月経の頻発や期間の延長がみられたりする

また、自律神経症状や動悸、発汗、めまいなど、気分の変調を伴う抑うつやイライラ感などが特徴的です。

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣に多数の嚢胞が作られることで表面が硬くなり、排卵障害を起こす病気を多嚢胞性卵巣症候群と呼びます。

男性ホルモンの分泌量の増加が関係しており、以下の症状があらわれることがあります。

  • 月経周期の乱れ
  • 肥満
  • にきび
  • 毛深さなど

また、エストロゲンとプロゲステロンのバランスの乱れにより、子宮内膜が過剰に増殖するのが特徴です。

出血がしやすい病気

血液には、止血効果を持つ細胞である血小板や、凝固を促す多くの因子が含まれています。白血病や血小板減少性紫斑病などの病気は、血小板や凝固因子が減少する病気です。

出血が止まりにくくなり、経血量が増加することがあります。
さらに、頻繁な鼻血や原因不明のアザなどが特徴です。
重篤な症状としては胃潰瘍、出血性腸炎、脳出血などが挙げられます。

生理が早めに止まる病気もある

生理が早く止まる病気に「早期閉経」があります。
早期閉経とは40歳未満で自然に閉経になり、月経がなくなることです。
早期閉経することで、卵巣からのエストロゲンの分泌が極端に少なくなることがあります。

早期閉経には、以下の2種類があります。

  • 卵子が完全に消失してしまった早発卵巣不全
  • 卵子は存在するが排卵しないゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群

早期閉経は30歳未満の1000人に1人、40歳未満の100人に1人に発生するとされています。

早期閉経の患者の自然妊娠率は一般的に低いですが、約5〜10%は妊娠する可能性があるといわれています。
ピルで生理を止めていないのに、生理が止まっているときは注意しましょう。

即日届くアフターピルの種類と避妊効果

アフターピルは、予期せぬ妊娠のリスクを減少させるための緊急避妊薬として知られています。
これらの薬には様々な種類が存在し、それぞれに独特の特性や効果があります。

手軽に入手可能なアフターピルの主な種類と、それらの避妊効果について解説します。

即日届くアフターピルの種類

アフターピルには、「ヤッペ法」と「レボノルゲストレル法」の2つの主要な方法があります。
ヤッペ法は、中用量ピルを基にしたもので、指示された時間帯に2錠を2回摂取するスタイルです。

対照的に、レボノルゲストレル法は「ノルレボ」という名のアフターピルを用い、性的接触の後72時間以内に1錠を摂取する方式です。
ノルレボは、ヤッペ法と比較して、より高い避妊の効果があると言われています。

さらに、「エラワン」というアフターピルもあり、これは摂取から120時間以内でも、高度な避妊効果を持っているとされています。

アフターピルの効果

アフターピルは、性的接触後でも避妊の効果を発揮する薬として知られています。
この薬の主要な機能は、排卵の遅延や子宮内膜の成長の抑制により、妊娠を防ぐことです。

具体的には、排卵前にアフターピルを摂取することで、排卵が遅れ、避妊が実現します。

さらに、子宮内膜の成長を抑える効果も持っており、もし排卵と受精が既に起きていた場合でも、受精卵の着床が難しくなるため、妊娠が進行しづらくなります。

関連記事

ピルは避妊薬として知られていますが、生理不順などの治療にも用いられます。また、ピルには種類があり用途に応じて用法・容量が決まっています。そもそもピルにはどのような種類のものがあるのでしょうか。アフターピルにはどのような効[…]

生理を止めるに関するよくある質問

ここではピルで生理を止めることに関してよくある質問を6つ紹介していきます。

ピルの購入を悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

生理を止めるためにピルを飲み続けても大丈夫ですか?

ピルは服用し続けても問題ありません。

ピルの効果は服用している間のみであるため、服用を止めれば、元に戻ります。
そのため妊娠機能がなくなるわけではありません。

逆にピルの服用を続けることでメリットがあるのです。

子宮内膜症は生理のたびに症状が進行するといわれています。
ピルを服用して生理の回数を減らして体を休ませることで、子宮内膜症の症状を抑えられます。

ただ注意点として効果を得るために正しいスケジュールに沿って服用するようにしましょう。

ピルを服用している場合の生理は何日ほど続きますか?

基本的にピル服用中に生理はきません。

ピルの服用には休薬期間が設けられていて、その期間に生理がくる形になります。

21日(3週間)ピルを服用した後に7日間の休薬期間があります。
休薬期間に入って、2〜3日経ったら生理がくることが多いです。

生理がくるといっても、生理痛や経血量など症状は大幅にましになっています。

また生理が続く期間は5日ほどになります。
上記の期間はあくまで目安で、個人差があるため注意しましょう。

ピルを服用している場合の生理の量はどのぐらいですか?

ピルは生理中の経血量を少なくする効果もあるのです。
日本産科婦人科学会は、2周期を超えるピル服用で月経量が43%減少するとしています。

生理の際に子宮内膜が剥がれ落ちることで出血します。
この出血は、エストロゲンというホルモンの作用によって起こります。

ピルの服用でエストロゲンの分泌量が減少することで、子宮内膜が薄くなり経血量が少なくなるのです。

出典:日本産科婦人科学会【低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

不正出血が起こった場合どうすればいいですか?

基本的に不正出血はピルの副作用の1つで、特に問題ないことがほとんどです。
不正出血が起きても、3ヶ月はピルを飲み続けるようにしましょう。

実際にピルを服用した約35.6%の方が第1周期で不正出血が起きています。
不正出血はホルモンバランスの変化により起きていることが多いです。

周期を重ねるごとに発生率は低下していきます。

長期にわたって出血がみられる場合は、他の病気が考えられるため病院を受診しましょう。

生理を早めるのと遅らせるのどちらがいいですか?

基本的に生理を早める方法をおすすめします。

生理日を早める方法が、大切なイベント日にピルを服用しなくてもよいことが理由です。
またイベント日までにピルの服用を終えていることから、副作用の心配もありません。

逆に生理を早める方法のデメリットは、イベント日の前月から準備をしなければいけない点になります。

生理を遅らせる方法は急なイベントで生理日を変えたい場合に5日前までなら対応できるのがメリットです。

ピルを飲むのをやめたらどうなりますか?

ピルの服用を止めると、服用前の状態に戻ります。

日本産科婦人科学会は服用を止めると、3ヶ月以内に約90%の確率で排卵が再開すると明らかにしています。

生理不順の方は、服用前に戻って生理周期が乱れる場合があるのです。
また服用前に生理痛やPMS点PMDDに悩まされていた方も同様です。

ピルの効果を得られるのは、ピルを服用している間だけだと理解しておきましょう。

出典:日本産科婦人科学会【低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン

ピルを服用することで生理痛は緩和できますか?

ピルは避妊手段として認知されがちですが、それだけではなく、排卵を制御し、女性ホルモンのバランスを安定させる効果もあります。
これにより、生理痛の緩和や、PMS(生理前症候群)の軽減などの効果が期待できます。

また、ニキビの改善や生理日の調整も可能であり、日常生活をより快適に過ごすための一助となります。
さらに、子宮内膜の増殖を抑える作用から、子宮内膜症など特定の医療状況下での治療としても使用されることがあります。

その中でも、特に低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンを含む薬剤で、排卵を抑制し、子宮内膜の厚みを減らす効果があります。
その結果、月経量が減少し、生理痛も軽減します。

過去には避妊を目的とした使用が一般的でしたが、近年では生理痛や月経困難症の緩和、生理周期の調整など、より多角的な目的で利用されています。
特に生理痛の軽減効果は高く評価されており、鎮痛剤を用いずとも日常生活を送れるようになる人も多いとされています。

ただし、これらの利用には医師の診察が必要なため、まずは医療専門家と相談することをお勧めします。

生理を止めるについてのまとめ

ここまで、生理を止めるについてお伝えしてきました。
生理を止めるの要点を以下にまとめます。

  • 生理を止める方法は、ピルを飲む、大豆製品を取る、生理薬を使う
  • ピルがおすすめな理由は、生理を早めたり遅くしたりできるなど
  • 生理を止める前に確認すべき病気は、子宮筋腫、子宮腺筋症、更年期障害など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiピルマルスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
診察代は何度でも無料!
今すぐスマホで当日診察OK!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル
中容量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
低用量ピル1ヶ月定期:1,946円~/シート

12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診療代
0円
送料
-
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク