ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>【皮膚科医監修】おすすめの保湿クリームをご紹介!乾燥肌を改善する効果的な使用方法も徹底解説

【皮膚科医監修】おすすめの保湿クリームをご紹介!乾燥肌を改善する効果的な使用方法も徹底解説

肌にとって乾燥は天敵です。
そのため保湿を行って乾燥を防ぎますが、その際、保湿クリームは欠かせないアイテムです。F
しかし、その重要性や役割を十分に理解している方は少ないかもしれません。

この記事では、

  • 保湿クリームの重要性
  • 保湿クリームを使うことでの肌への影響
  • おすすめ保湿クリーム

について紹介していきます。

ぜひ最後までお読み下さい。

なぜ保湿クリームが重要なのか?

保湿クリームは、肌の水分を保ち乾燥から守るための重要なアイテムです。

特に、年齢とともに肌の水分保持能力が低下すると、乾燥肌や肌の老化が進行しやすくなります。
そのため、保湿クリームは肌の健康を維持し、エイジングケアを行う上で欠かせない存在となります。

また、最近ではさまざまな成分を配合した保湿クリームが登場し、その役割は単に肌を保湿するだけでなく、エイジングケアや美白など、肌の悩みに対応するものも増えています。

しかし、保湿クリームを正しく使用しなければ、その効果を十分に発揮することはできません。
保湿クリームの役割を理解し、適切な使用方法を学ぶことが、健康な肌を保つための鍵となります。

保湿クリームの役割と肌への影響

保湿クリームの基本的な役割は、肌の水分を保ち、乾燥から守ることです。
これは、肌の表面に薄い膜を作り、水分の蒸発を防ぐことで達成されます。

また、保湿クリームには肌を柔らかくし、肌のバリア機能を強化する役割もあります。
これにより、肌は外部の刺激から守られ、肌の健康を維持できます。

さらに、最近の保湿クリームには、エイジングケアや美白などの機能を持つ成分が配合されているものもあります。
これらの成分は、肌の悩みに対応し、肌の状態を改善するために役立ちます。
しかし、保湿クリームの効果は、その使用方法や肌の状態、そして選ぶ製品によって大きく変わることもあります。

例えば、保湿クリームを肌が乾燥する前に使用すると、肌の水分を逃がさずに保てます。
また、肌の状態に合わせて適切な保湿クリームを選ぶことも重要です。

肌が敏感な方は、刺激の少ない製品を、乾燥肌の方は高保湿の製品を選ぶと良いでしょう。
保湿クリームの役割と肌への影響を理解することで、自分の肌に合った保湿クリームの選び方や使用方法を見つけれます。

保湿クリームの選び方

保湿クリームは、肌の乾燥を防ぎ、肌の健康を維持するための重要なスキンケアアイテムです。

しかし、市場にはさまざまな種類の保湿クリームが溢れており、どれを選べば良いのか迷うこともあるでしょう。

この章では、皮膚科医がおすすめする選び方のポイント、価格帯に応じた選び方とバランスの取り方、そして成分のチェックポイントと注意点について詳しく解説します。

皮膚科医がおすすめするポイント

保湿クリームを選ぶ際には、まず肌の状態に合わせて、成分とテクスチャーをチェックすることが重要です。

乾燥肌の方は、油性の保湿成分が豊富に入ったものを選びましょう。
これらのクリームは水分の蒸発を抑えてしっかりと肌にうるおいをキープし、クリーム本来の役割を果たしてくれます。

一方、オイリー肌や混合肌の方は、水溶性の保湿成分が多いクリームがおすすめです。
これらのクリームは水分をたっぷりと肌にチャージでき、みずみずしく軽いテクスチャーのものが多いです。

また、ジャータイプの場合は、スパチュラがついていると良いでしょう。
指で直接クリームを取ると、雑菌の繁殖につながる可能性もあります。

価格帯に応じた選び方とバランスの取り方

保湿クリームの選び方は、価格帯によっても異なります。

高価なものほど高品質な成分が含まれていることが多いですが、必ずしも高価なものが良いとは限りません。
肌の状態や自分の予算に合わせて、適切な価格帯のものを選ぶことが大切です。

また、保湿クリームだけに高額を投じるのではなく、スキンケア全体のバランスを考えることも重要です。
例えば、クレンジングや洗顔料、化粧水など、他のスキンケアアイテムとのバランスを考えながら選びましょう。

成分のチェックポイントと注意点

保湿クリームを選ぶ際のもう一つの重要なポイントは、成分のチェックです。
乾燥肌の方は、ホホバオイルやオリーブ油などの植物油脂が含まれているものがおすすめです。

これらの成分は肌をやわらげる効果が期待でき、乾燥を防いでくれます。

また、オイリー肌や混合肌の方は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの水溶性の保湿成分が多いクリームが良いでしょう。
これらの成分は水分をたっぷりと肌にチャージできます。

ただし、成分をチェックする際には、自分の肌が敏感な成分に対して反応しないかも注意が必要です。
肌に合わない成分が含まれていると、かえって肌トラブルを引き起こす可能性があります。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

【編集部イチオシ!】敏感肌でも使えるヘパリン類似物質配合のUVスキンケアシリーズ

肌に優しいヘパリシエのUVスキンケア・日焼け止めシリーズ

ヘパリシエは理想のお肌を叶える製品として夜用の保湿クリームと1日中使える3種類の日焼け止めを販売しています。

ヘパリシエの製品に共通する特徴は以下の通りです。

  • 保湿・保水効果のあるヘパリン類似物質配合
  • 抗炎症効果のあるグリチル酸ジカリウム配合
  • 10のケミカルフリーによる低刺激処方*

ヘパリシエの4製品について詳しく見ていきましょう。

*ヘパリシエトーンアップUVにのみ着色料が含まれています。

①モイストリッチ②ヘパリシエモイストUV③ヘパリシエモイストUV+④ヘパリシエトーンアップUV
おすすめな人肌のバリア機能を回復したい人
(UV機能のない保湿クリーム)
敏感肌でも使用できる日焼け止めを探している人敏感肌でも使えてより高いUVケア効果のある日常使い用の日焼け止めを探している人高いUVケア効果透明感・血色感UP効果が両方欲しい人
特徴・高保湿
・抗炎症
・バリア機能サポート
・エイジングケア
・低刺激UVケア
・高保湿
・抗炎症
・SPF35 PA+++
・高保湿
・抗炎症
・美白サポート
・SPF50 PA++++
・高保湿
・抗炎症
・エイジングケア
・透明感・血色感
・SPF50 PA++++
使用シーン朝・日中朝・日中朝・日中
価格(税込)5,500円5,500円5,500円5,500円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

①「高保湿+抗炎症+バリア機能サポート」青のモイストリッチ

まずご紹介するのは「モイストリッチ」。
これはUV機能を持たない高保湿クリームで、肌のバリア機能を強化し、紫外線や乾燥などの外部の刺激からお肌を守ります

モイストリッチには、保湿成分、保湿サポート成分、バリア機能サポート成分、抗炎症成分、エイジングケア成分が配合されています。
これらの成分が、肌になじんで滑らかさを与え、長時間の保湿効果を発揮します。

外部からの刺激の影響を受け敏感になっているお肌を守り、ダメージに強いお肌を長期的に維持したい方におすすめです。

肌のバリア機能を回復できる高保湿クリーム
モイストリッチはこちら

ヘパリシエの3種類の日焼け止めの色

②「低刺激UVケア×高保湿×抗炎症」 白のヘパリシエモイストUV(SPF35 PA+++)

ヘパリシエモイストUVは、保水・保湿有効成分のヘパリン類似物質と、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、UVスキンケアクリームです。

低刺激UVケア×高保湿×抗炎症のハイブリッド効果が期待でき、日中の日焼け止めとしても使用することができます。
独自のノンケミカル乳化技術により、汗と水に強く、こまめな塗り直しをすることなく高いUV効果と潤いを長時間維持してくれます。

さらに、ヘパリシエモイストUVは界面活性剤や紫外線吸収剤など10種類の化学物質を使用していないケミカルフリーの日焼け止めになります。
そのため、肌に優しくバリア機能の回復も促してくれるので、敏感肌でも安心して使用することができる日焼け止めを探している方におすすめです。

”低刺激UVケア×高保湿×抗炎症”のハイブリッド効果
ヘパリシエモイストUVはこちら

③「高保湿+抗炎症+美白サポート」黄色のヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)

ヘパリシエモイストUV+は、ヘパリシエモイストUVの高保湿・抗炎症効果をそのままに、SPF50、PA++++を実現したUVスキンケアクリームです。

SPFは紫外線B波(UVB)の、PAは紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示す指標です。
UVBは日焼けや赤みを引き起こしたり皮膚がんのリスクを高める紫外線で、UVAは皮膚内部の肌細胞にダメージを与えシワやシミを引き起こす紫外線です。

SPF値は日焼け止め製品を使用しない場合に比べて何倍の時間紫外線を防げるかを示しており、PA値は+が多いほどUVAからの保護力が高いことを示します。
すなわち、SPFやPAの数字が大きいほど、肌を紫外線からより長時間より強力に守れることを示しています。

さらに、ヘパリシエモイストUV+には美白成分の速攻持続型VC誘導体と、透明感を引き出してくれるユキノシタエキスが配合されています。
そのため、美白・透明感をより追求したい人にはヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)がおすすめです。

高保湿・抗炎症効果に美白・透明感をプラス
ヘパリシエモイストUV+はこちら

④「高保湿+抗炎症+エイジングケア」ヘパリシエトーンアップUV(SPF50 PA++++)

ヘパリシエトーンアップUVはUVケアとトーンアップを同時に叶えてくれる今人気のトーンアップUVです。

ヘパリシエトーンアップUVには保湿成分や保湿サポート成分に加え、バリア機能サポート、抗炎症作用、そしてシワ・たるみ改善作用を持つ成分が豊富に配合されています。
高い紫外線防止効果肌の透明感・血色感UPの作用だけでなく、光で飛ばすことで、シワ・たるみ・毛穴などの凹凸や色ムラ・くすみの解消も実現してくれる最強のUVケア製品です。

1本で紫外線から肌をしっかりと守り、透明感と血色感も手に入れることのできる化粧下地兼UVクリームを探している方にはヘパリシエトーンアップUVがおすすめです。

紫外線対策と透明感・血色感UPでを1本で
ヘパリシエトーンアップUVはこちら

これら4つの製品は、それぞれ肌の状態やニーズに応じて使い分けることができます。
さらに、これら全ての製品は、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるよう、界面活性剤や紫外線l吸収剤などの添加物を使用していません。

全ての人の美しさと健康をサポートするため、ヘパリシエのどの製品も、お肌にやさしくしっかりとした効果を実感できるように開発されています。
ご自身のお肌が求めているものを、ぜひヘパリシエシリーズから見つけてみてはいかがでしょうか?

ヘパリン類似物質クリームの効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

ヘパリン類似物質クリームは様々な効能を備えたクリームです。どんな機能があるかわからないし、そもそもヘパリンってなんだろう?本記事では、ヘパリン類似物質クリームについて以下の点を中心にご紹介します。 ヘパリン類似物質クリームの機能[…]

保湿クリームの使い方

保湿クリームは、肌の保湿を維持し、肌の健康を保つための重要なスキンケアアイテムです。

しかし、正しい使い方をしなければ、その効果は半減してしまいます。
特に、エイジングケアのための高価なものならなおさらです。

この章では、保湿クリームの正しい使い方と、朝と夜の使い方の違いについて詳しく解説します。

朝用の保湿クリームの使い方と注意点

朝のスキンケアは、一日の始まりを肌にとって最適な状態で迎えるための重要なステップです。
保湿クリームは、化粧水、美容液、乳液の後に使用し、美容オイルは保湿クリームの後に使用します。

肌質やお肌の状態に合わせて保湿クリームの使い方を変えることが美肌のためのコツです。
また、保湿クリームは適量を使うことが基本です。

しかし、エイジングケアのためには、年齢や季節などで保湿クリームの量を上手に調整しましょう。

朝用の保湿クリームは、肌を保護し、一日中乾燥から守る役割があります。

そのため、朝の保湿クリームは軽いテクスチャーのものを選び、肌にしっかりと浸透させることが重要です。
また、SPFを含む製品を選ぶことで、紫外線から肌を守ることも可能です。

夜用の保湿クリームの使い方と効果的とされるスキンケア方法

夜のスキンケアは、肌が再生と修復をする重要な時間です。
夜用の保湿クリームは、肌の再生を助け、乾燥から守り、肌の健康を維持するための重要なステップです。
夜用の保湿クリームは、通常、朝用のものよりもリッチなテクスチャーを持ち、肌に深く浸透し、長時間にわたり保湿を続けられます。

夜用の保湿クリームの適切な使用方法は、まずメイクをしっかりと落とし、洗顔した後、化粧水や美容液、乳液で肌を整えることから始まります。
その後、保湿クリームを適量手に取り、顔全体に均一に塗布します。

特に乾燥が気になる部分には、少し多めに塗布すると良いでしょう。
最後に、美容オイルを使用して肌を包み込み、保湿を閉じ込めます。

夜用の保湿クリームを使用する際のポイントは、肌の状態に合わせて製品を選ぶことです。
乾燥肌の方は、より高い保湿力を持つ製品を、脂性肌の方は、肌に重さを感じさせない軽いテクスチャーの製品を選ぶと良いでしょう。

また、季節によっても肌の状態は変わるため、季節に合わせて製品を変えることも考えてみてください。

以上が、保湿クリームの正しい使い方と、朝と夜の使い方の違いについての解説です。
これらのポイントを押さえて、自分の肌に合った保湿クリームの使い方を見つけてください。

保湿クリームの効果的とされる成分

保湿クリームの効果を最大限に引き出すためには、その成分に注目することが重要です。

保湿クリームには様々な成分が配合されていますが、それぞれの成分がどのような効果を持ち、どのように肌に作用するのかを理解することで、自分の肌に合った保湿クリームを選べます。

この章では、保湿効果のある成分とその効果、さらに注目すべき配合成分について詳しく解説します。

保湿効果のある成分の解説と効果の違い

保湿クリームには、肌の水分を保つための様々な成分が含まれています。
その中でも特に代表的なものは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンです。

セラミドは、肌の保水力に大きく関わる成分で、肌の一番外側にある角質層を埋める角質細胞間脂質の主成分です。

セラミドは角質層に水分と油分を閉じ込める働きがあり、肌を保護するバリア機能にも関わっています。

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一つで、大量の水分を蓄える性質があります。
細胞と細胞の間に多く存在し、細胞同士をつなぎ、クッションのような役割で肌の細胞を守っています。

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌にハリ(弾力)を与えるとともに、水分を抱え込む働きがあります。
角質層の内側にある真皮層のほか、骨や目の水晶体などにも含まれています。

エラスチンは、コラーゲンと一緒に肌のハリを保つ成分で、ゴムのように伸縮性があり、コラーゲンの繊維を束ねて支えています。

これらの成分は、保湿クリームの効果を左右する重要な要素であり、それぞれが肌に異なる効果をもたらします。

注目すべき配合成分の紹介と各成分の効果についての詳細解説

保湿クリームの成分は、その効果を最大限に引き出すために、様々な配合成分と組み合わされます。

まず、保湿成分を逃さないためのスキンケア方法について考えてみましょう。
化粧水や美容液で水分や保湿成分を補った後、乳液やクリームなどの油分でしっかりふたをし、保湿成分を逃さないスキンケアが重要です。

これは、肌のバリア機能が正しく働くことで保湿成分が保たれ、潤いのあるなめらかな肌をキープできるからです。

また、クレンジング選びでも保湿を心がけることが大切です。

クレンジング剤の中には、お化粧を落とすために界面活性剤という成分を使っているものもありますが、これがバリア機能を刺激し、保湿成分であるセラミドを失わせて肌の乾燥を招くこともあるため、注意が必要です。

さらに、食事からも保湿成分を取り入れることが推奨されています。
コラーゲンやエラスチンは、肌の奥のほうにある真皮層に多く存在しており、食べることや飲むことによって、体の中から保湿成分を取り入れることが可能です。

特に、卵や海藻、手羽先や牛すじなどは、保湿成分を多く含む食材として知られています。

これらの情報を踏まえて、自分の肌に合った保湿クリームを選び、適切なスキンケアをすることで、健やかで潤いのある肌を保てます。

肌荒れに重要なビタミンの取り方は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事

「肌荒れにはビタミンを摂るとよい」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。ビタミンにはさまざまな種類があり、それぞれ肌荒れに効果が期待できます。肌荒れにビタミンが効くのはなぜでしょうか?肌荒れに効くビタミンにはどんなものが[…]

保湿クリームと美容クリームの違い

スキンケアの一環として、多くの人が保湿クリームや美容クリームを使用しています。

しかし、これらの製品の違いを理解している人は少ないかもしれません。
この章では、保湿クリームと美容クリームの違いについて詳しく解説します。

保湿クリームの特徴

保湿クリームは、その名の通り肌の保湿を目的とした製品です。
肌の水分を閉じ込め、乾燥から守る役割を果たします。

保湿クリームには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれています。
これらの成分は、肌の水分を保ち、肌を柔らかく保つ助けとなります。

また、保湿クリームは肌のバリア機能を強化し、外部からの刺激から肌を守る役割も果たします。

美容クリームの特徴

一方、美容クリームは、肌の美しさを引き立てるための製品です。
美容クリームには、ビタミンCやレチノールなどの美容成分が含まれています。

これらの成分は、肌のターンオーバーを促進し、肌のハリや透明感を引き立てます。

また、美容クリームは、肌の深部まで浸透し、肌の内部から美しさを引き出します。

保湿クリームと美容クリームの使い分け

保湿クリームと美容クリームは、それぞれ異なる役割を果たすため、肌の状態や目的に応じて使い分けることが重要です。

例えば、肌が乾燥している場合や敏感肌の人は、保湿クリームを優先的に使用すると良いでしょう。
一方、肌のくすみやシワが気になる人は、美容成分が豊富な美容クリームを使用すると効果的とされます。

また、これらのクリームは一緒に使用することも可能で、保湿クリームで肌を整えた後に美容クリームを使用すると、美容成分の浸透が高まります

保湿クリームと乳液、どちらが先に使うべきか

スキンケアの順番は、製品の効果を最大限に引き出すために重要です。
特に保湿クリームと乳液の使用順序は、多くの人が混乱するポイントの一つです。

この章では、保湿クリームと乳液、どちらが先に使うべきかについて詳しく解説します。

保湿クリームの役割

保湿クリームは、肌の水分を閉じ込め、乾燥から守る役割を果たします。
保湿クリームには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれています。

これらの成分は、肌の水分を保ち、肌を柔らかく保つ助けとなります。

また、保湿クリームは肌のバリア機能を強化し、外部からの刺激から肌を守る役割も果たします。

乳液の役割

一方、乳液は、肌に油分を補給し、水分を閉じ込めるという役割を持っています。
乳液は水溶性保湿成分(NMFやアミノ酸)の含有量が多く、肌の水分を保つ助けとなります。

また、乳液は肌の表面に薄い膜を作り、水分が蒸発するのを防ぎます。

保湿クリームと乳液、どちらが先に使うべきか

基本的なスキンケアの順番は「洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム」です。

乳液は美容液の後、保湿クリームの前に使用します。

乳液は肌の水分を補給し、その水分を閉じ込めます。
その後に保湿クリームを使用することで、乳液で閉じ込めた水分が蒸発するのを防ぎ、さらに肌を保護します。

治りにくい肌荒れの治し方については、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事

肌の赤みやかゆみ、かさつきやニキビなど肌荒れにはいろいろな症状があります。肌荒れがなかなか治らないために悩んでいる人も少なくありません。肌荒れが治らないのはなぜなのでしょうか?どうすれば肌荒れが治るのでしょうか?本記事では肌荒れ[…]

IMG

保湿クリームの全身ケアについて

保湿クリームは顔だけでなく全身のケアにも活用できます。

特に乾燥しやすい肌を持つ方や、季節の変わり目など肌が敏感になりやすい時期には、全身の保湿ケアが重要となります。

この章では、全身の保湿に効果的とされるクリームの選び方と、おすすめの全身用保湿クリームについて詳しく解説します。

顔だけでなく全身の保湿に効果的とされるクリームの選び方

保湿クリームを選ぶ際には、自分の肌質や肌の状態を考慮することが重要です。

例えば、乾燥肌の方は高保湿タイプのクリームを、脂性肌の方はさっぱりとしたタイプのクリームを選ぶと良いでしょう。
また、敏感肌の方は低刺激のクリームを選ぶことが推奨されます。

さらに、全身用の保湿クリームを選ぶ際には、使用感も重要なポイントとなります。
肌にスムーズになじみ、ベタつかないクリームを選ぶと、全身の保湿ケアがスムーズに行えます。

また、香りにこだわる方は、自分の好みの香りのクリームを選ぶと、保湿ケアがより楽しいものになるでしょう。

おすすめの全身用保湿クリームのリストと各クリームの特徴

全身用の保湿クリームとしておすすめなのは、ヘパリシエモイストリッチです。
このクリームは、保湿成分のヘパリン類似物質と肌あれを防ぐグリチルリチン酸ジカリウム、そしてノンケミカル乳化法を採用しています。
これにより、肌の保水に重要な役割を果たす潤い構造にアプローチし、もっちりとしたなめらかな美肌へと導きます。

さらに、7種のハーブエキスで肌に潤いを与え、ホホバ油やシアバターなどの天然由来のオーガニックオイルを配合しています。
これにより、紫外線の影響により乾燥した肌を潤いで満たし、しっとりと輝く美肌へと導きます。

また、このクリームは界面活性剤フリー・紫外線吸収剤フリー・エチルアルコールフリー・パラベンフリー・シリコーンフリーと、肌への刺激が少ない成分で作られています。

そのため、敏感肌の方でも使用できます。

使用方法は、朝のお手入れの最後に適量を手に取り、顔の中心から外側へ向かって円を描くようにやさしくなじませます。
ムラなく均一に肌に広げ、目や口のまわり、小鼻などの細かい部分も丁寧になじませてください。

最後に手のひらで肌を包み込み、ハンドプレスで密着させると、より効果的です。

保湿クリームについてのよくある質問

Q1: 保湿には何がいい?

A1: 保湿には、肌のタイプや季節により適した保湿クリームの使用がおすすめです。
保湿クリームには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれており、肌の水分を保ち、乾燥から守ります。

また、エイジングケアや美白効果を期待する場合は、それらの成分が配合されたクリームを選ぶと良いでしょう。

Q2: 保湿クリームと乳液どっちが先?

A2: 基本的なスキンケアの順番は「洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム」です。

乳液は美容液の後、保湿クリームの前に使用します。
乳液は肌の水分を補給し、その水分を閉じ込めます。

その後に保湿クリームを使用することで、乳液で閉じ込めた水分が蒸発するのを防ぎ、さらに肌を保護します。

Q3: 美容クリームと保湿クリームの違いは何ですか?

A3: 保湿クリームは、肌の水分を閉じ込め、乾燥から守る役割を果たします。

一方、美容クリームは、肌の美しさを引き立てるための製品です。
美容クリームには、ビタミンCやレチノールなどの美容成分が含まれています。
これらの成分は、肌のターンオーバーを促進し、肌のハリや透明感を引き立てます。

Q4: 乳液とクリーム どっちがいい?

A4: 乳液とクリーム、どちらが良いかは、肌の状態や目的によります。
乳液は軽いテクスチャーで、肌に水分を補給し、その水分を閉じ込めます。

一方、クリームはより濃厚なテクスチャーで、乾燥から肌を守り、肌を柔らかく保つ助けとなります。
肌が乾燥しやすい場合や、夜のスキンケアにはクリームが、日中のスキンケアには乳液がおすすめです。

保湿クリーム おすすめ まとめ

今回は、保湿クリームについてご紹介しました。
以下に要点をまとめました。

  • 保湿クリームは肌の健康を維持し、エイジングケアを行う上で欠かせない
  • 保湿クリームは肌を柔らかくし、肌のバリア機能を強化する役割がある
  • ヘパリシエモイストリッチがおすすめ

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク