ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>フォトフェイシャルの効果がすごい!メリットとデメリットを解説

フォトフェイシャルの効果がすごい!メリットとデメリットを解説

年齢とともに気になる肌の悩み。
シミやくすみ毛穴やたるみ赤ら顔やニキビ跡など、一つではなく複数のトラブルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、フォトフェイシャルという美容施術です。

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで、様々な肌トラブルに同時にアプローチできる治療法です。
しかし、フォトフェイシャルについてはまだまだ知らないことが多いのも事実です。

どのような仕組みで効果が出るのか、どのくらいの回数や頻度で受けるべきなのか、どんな人に向いているのか、など疑問は尽きません。

そこで、この記事では以下の点を中心に解説します。

  • フォトフェイシャルとは
  • フォトフェイシャルのすごい効果
  • フォトフェイシャルの注意点

フォトフェイシャルに興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。
あなたの肌悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。

おすすめの美容外科・美容皮膚科のクリニックに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで、シミやくすみ、毛穴の開き、赤みやニキビ、しわやたるみなど、さまざまな肌の悩みに効果的にアプローチできる美容施術です。

フォトフェイシャルは、肌の表面だけでなく、深い層まで働きかけることで、肌質の改善や美白効果をもたらします。

フォトフェイシャルってどんな施術?

フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)という強力なパルス光を肌に照射する施術です。
IPLは、複数の波長を持つ光であり、肌の悩みに応じてフィルターを使って波長を調整できます。

IPLは、肌の中にあるメラニン色素やヘモグロビン(血色素)に吸収されると、熱エネルギーに変わります。
この熱エネルギーによって、シミやそばかすなどの色素沈着や、赤みや酒さなどの毛細血管拡張症を改善できます。

また、IPLは、肌の奥にある真皮層にも届き、コラーゲンやエラスチンなどの肌のハリや弾力を支える成分の生成を促進します。
これによって、しわやたるみなどの老化現象を防ぎ、肌の引き締め効果を得られます。

フォトフェイシャルで使用される機器

フォトフェイシャルで使用される機器は、IPLを発する光治療器です。
光治療器には、さまざまな種類がありますが、ここでは、ルミナス社の「フォトフェイシャルM22」と「ルメッカ」について紹介します。

フォトフェイシャル|M22

M22は、世界で初めてIPL機器を発売したルミナス社が開発した最新の光治療器です。
M22は、肌の状態に合わせて、細かい設定ができるようになっています。

M22には、4種類のフィルターがあり、それぞれ異なる波長の光を照射できます。
フィルターを変えることで、シミやくすみ、赤みや酒さ、毛穴やニキビ、しわやたるみなど、様々な肌の悩みに対応できます。

M22は、高い安全性と効果性を誇る光治療器であり、世界中の多くの医療機関で採用されています。

フォトフェイシャル|ルメッカ

ルメッカは、M22と同じく、ルミナス社が開発した光治療器です。
ルメッカは、従来のIPL治療では対応できなかった、薄いシミにも効果を発揮できるようになっています。

ルメッカは、独自の設計によって、短波長の光のエネルギー効率を高めることに成功しました。
これによって、肌の奥に潜んでいるシミやシミ予備軍にもアプローチできます。

ルメッカは、シミだけでなく、毛穴やニキビ、赤みなどにも効果が期待できる光治療器です。

フォトフェイシャルについてより興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

フォトフェイシャルは、特殊な光を用いた美容施術で、美肌効果を実感できると人気のある治療法です。肌のターンオーバーを促進し、シミやくすみ、赤み、毛穴の開きなどの肌トラブルに対処することができます。フォトフェイシャルは、痛みが少なく[…]

フォトフェイシャルの効果がすごいと言われる3つの理由!

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで、肌の奥のメラニンや赤みを減らし、美白や毛穴の引き締めなどの効果を得られる美容施術です。
フォトフェイシャルは、レーザーとは異なり、肌にダメージを与えずに、自然な仕上がりを実現できます。

フォトフェイシャルの効果がすごいといわれているのは、以下の理由が挙げられます。

フォトフェイシャルの効果がすごい理由|光の種類や強さを調整できる

1つ目は、フォトフェイシャルは、肌の悩みに応じて、光の種類や強さを調整できるということです。

例えば、シミやそばかすには、メラニンに反応する青色の光を、赤みやニキビには、血管に反応する赤色の光を、毛穴やたるみには、コラーゲンに反応する黄色の光を使うことができます。

このように、フォトフェイシャルは、肌の状態に合わせて、適切な光を選択できるので、効果的に肌の改善ができるのです。

フォトフェイシャルの効果がすごい理由|肌の自己回復力を高める

2つ目は、フォトフェイシャルは、肌の奥の細胞に働きかけることで、肌の自己回復力を高めるということです。

フォトフェイシャルの光は、肌の表面だけでなく、真皮層や皮下組織にまで届きます。
光が肌の奥の細胞に当たると、細胞は活性化されて、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力やハリを保つ成分の生成を促します。

また、光がメラニンや血管に当たると、それらを分解して排出する作用もあります。

 

このようにフォトフェイシャルは肌の奥から若返りを促すのです。

フォトフェイシャルの効果がすごい理由|痛みやダウンタイムが少ない

3つ目は、フォトフェイシャルは、痛みやダウンタイムが少ないということです。

フォトフェイシャルは、レーザーと比べて、肌に与える熱や刺激が少ないです。

また、フォトフェイシャルは、施術時間も短く、約15分程度で終わります。
施術後は、日常生活にすぐに戻れます。

このように、フォトフェイシャルは、忙しい方や敏感肌の方にもおすすめの施術なのです。

フォトフェイシャルの効果についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事

フォトフェイシャルは美容クリニックで行う施術の一種です。特殊なライトを当てることで、さまざまな肌トラブルに効果が期待できます。フォトフェイシャルは具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?またフォトフェイシャルの相[…]

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

フォトフェイシャルのすごい効果!

フォトフェイシャルには、シミやくすみ、赤ら顔やニキビ、毛穴の開き、しわやたるみなど、さまざまな効果が期待できます。

フォトフェイシャルの効果について、詳しく見ていきましょう。

フォトフェイシャルのすごい効果|シミやくすみの改善

フォトフェイシャルは、肌の色素沈着メラニンを分解する効果があるとされています。
そのため、シミやそばかす、日焼け跡などの色素性の肌トラブルを改善できます。

また、フォトフェイシャルは、肌の新陳代謝を促進し、古い角質や汚れを除去する効果もあるとされます。
そのため、くすみやくもり黒ずみなどの肌トラブルも改善できます。

フォトフェイシャルを受けることで、肌の透明感や明るさがアップし、美白効果が得られます。

フォトフェイシャルのすごい効果|赤ら顔やニキビの改善

フォトフェイシャルは、肌の炎症や赤みを抑える効果があるとされています。
そのため、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌などの肌トラブルを改善できます。

また、フォトフェイシャルは、肌の血行を良くし、肌の酸素や栄養の供給を促進する効果もあるとされます。
そのため、ニキビやニキビ跡毛穴の詰まりなどの肌トラブルも改善できます。

フォトフェイシャルを受けることで、肌の健康やバランスが整い、肌荒れやトラブルが減ります。

フォトフェイシャルのすごい効果|毛穴の引き締め

フォトフェイシャルは、肌のコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果があるとされています。
そのため、肌の弾力やハリを向上させられます。

また、フォトフェイシャルは、肌の毛穴の奥にある皮脂腺の活動を抑制する効果もあるとされます。
そのため、毛穴の開きや黒ずみテカリなどの肌トラブルも改善できます。

フォトフェイシャルを受けることで、肌のキメや引き締めがアップし、毛穴レスな肌になります。

フォトフェイシャルのすごい効果|しわやたるみの改善

フォトフェイシャルは、肌の深部にある真皮層に熱エネルギーを与える効果があるとされています。

そのため、肌のリフトアップやリモデリングを促進できます。

また、フォトフェイシャルは、肌の水分や保湿力を高める効果もあるとされます。
そのため、乾燥や小じわほうれい線などの肌トラブルも改善できます。

フォトフェイシャルを受けることで、肌の若返りやリフレッシュが得られます。

フォトフェイシャルの値段について興味のある方はこちらの記事で詳しく扱っています。

関連記事

フォトフェイシャルとは、肌にIPLのレーザーを照射して肌トラブルを改善させる施術方法をいいます。安いフォトフェイシャルのクリニックは、どのようにして選ぶと良いのでしょうか?安いフォトフェイシャルで効果を高めるには、どのような方法があるの[…]

フォトフェイシャルのメリット

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで、肌の奥から若返りや美白を促す美容施術です。

フォトフェイシャルには、以下のようなメリットがあります。

フォトフェイシャルのメリット|ダウンタイムが少ない

フォトフェイシャルは、レーザー治療と比べて、肌へのダメージが少なく、ダウンタイムが短いという特徴があります。
ダウンタイムとは、施術後に肌が赤くなったり、腫れたりする期間のことです。

レーザー治療では、ダウンタイムが1週間から2週間かかることもありますが、フォトフェイシャルでは、数日から1週間程度で回復することが多いです。

また、フォトフェイシャルは、痛みが少なく、施術中に冷却ジェルを塗ることで、さらに快適に受けられます。
フォトフェイシャルは、日常生活に影響が少ないので、忙しい方や、すぐに効果を実感したい方におすすめです。

フォトフェイシャルのメリット|さまざまなトラブルに対応可能

フォトフェイシャルは、肌の色素沈着や血管拡張などの赤みシミやそばかすなどの色素斑ニキビやニキビ跡毛穴の開きや黒ずみたるみやしわなどの老化現象など、さまざまな肌トラブルに対応できます。
フォトフェイシャルは、光の波長を調節することで、肌の悩みに合わせて適切な刺激を与えます。

フォトフェイシャルは、肌の表面だけでなく、真皮層や皮下組織にまでアプローチすることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌のハリや弾力を高めます。
フォトフェイシャルは、肌のトーンやテクスチャを改善し、透明感やツヤを与えます。

フォトフェイシャルのメリット|顔以外の部位にも施術可能

フォトフェイシャルは、顔だけでなく、首やデコルテ手や腕背中や脚など、さまざまな部位に施術できます。

顔と同様に、首やデコルテなどの部位も、紫外線や加齢によって、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルが起こりやすいです。
フォトフェイシャルは、これらの部位にも効果的に働きかけることで、全身の美肌を目指せます。

フォトフェイシャルは、部位によって施術時間や回数を調整することで、より効率的に結果を出せます。
フォトフェイシャルは、顔とのバランスを考えて、部位ごとに施術することがおすすめです。

フォトフェイシャルのデメリット・リスク

フォトフェイシャルのメリットについて紹介しましたが、フォトフェイシャルにはデメリットやリスクもあります。

以下では、フォトフェイシャルのデメリットやリスクについて詳しく説明します。

フォトフェイシャルのデメリット|効果に個人差がある

フォトフェイシャルの効果は、個人の肌質や状態施術の回数や間隔施術する部位や範囲使用する機器や照射パラメータなどによって異なります。

一般的には、3〜5回の施術で効果が現れるといわれていますが、個人によってはもっと多くの回数が必要だったり、逆に少ない回数で効果が出たりすることもあります。

また、フォトフェイシャルは、肌の表面にあるメラニン色素に反応する光を照射するため、肌の色やシミの濃さによっても効果に差が出ます。
肌が白くてシミが濃い人ほど効果が高いとされています。
肌が黒くてシミが薄い人は、効果が低いか施術ができない場合もあります。

フォトフェイシャルの効果には個人差があることを理解し、施術前に医師やエステティシャンと相談して、自分の肌に合った施術プランを立てることが大切です。

フォトフェイシャルのリスク|副作用や合併症が起こる可能性がある

フォトフェイシャルは、比較的安全な美容治療といわれていますが、副作用や合併症が起こる可能性もゼロではありません。

フォトフェイシャルの副作用や合併症には、以下のようなものがあります。

照射部位の赤みや腫れ、熱感、かゆみなどの炎症反応

これらは、通常数日以内に自然に治まりますが、重度の場合は抗炎症薬冷却剤などの処置が必要になることもあります。

照射部位の色素沈着や色素脱失

これらは、照射した光がメラニン色素に影響を与えることで起こります。
色素沈着は、照射部位が暗くなることで、色素脱失は、照射部位が白くなることで表れます。

これらは、数ヶ月から数年かけて徐々に改善されることが多いですが、完全に元に戻らない場合もあります。

照射部位の水ぶくれややけど

これらは、照射した光が肌に熱を与えることで起こります。

水ぶくれややけどは、痛みや感染のリスクを伴います。
水ぶくれややけどが起こった場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。

照射部位の瘢痕(きずあと)や凹凸

これらは、水ぶくれややけどが治癒した後に残ることがあります。

瘢痕や凹凸は、肌の表面に目立つ変化をもたらします。
瘢痕や凹凸が起こった場合は、レーザー治療やヒアルロン酸注射などの補正治療が必要になることもあります。

フォトフェイシャルの副作用や合併症は、施術の技術や経験、機器の性能や管理、施術後のケアなどによって大きく左右されます。
フォトフェイシャルを受ける場合は、信頼できる医療機関やエステサロンを選び、施術前に十分な説明や同意を得ることが重要です。

また、施術後は、日焼けや刺激物の避ける保湿や日焼け止めの使用などのケアを行うことで、副作用や合併症のリスクを低減できます。

フォトフェイシャルの施術の流れ

フォトフェイシャルは、特殊な光を肌に照射することで、シミやくすみ、毛穴の開き、小ジワやたるみ、赤ら顔などの肌悩みに効果的とされる美容施術です。

フォトフェイシャルの施術の流れは、以下のようになります。

カウンセリング

フォトフェイシャルを受ける前に、医師やスタッフとカウンセリングを行います。
肌の状態や治療したい部位期待する効果などをお伝えください。

また、施術の内容や料金、リスクや副作用、アフターケアの方法などを詳しく説明してもらえます。
不明な点や不安な点があれば、遠慮なく質問してください。

クレンジング・洗顔

カウンセリングが終わったら、施術を受ける部位のメイクや汚れを落とします

フォトフェイシャルの光は、肌の色素に反応するので、メイクや汚れが残っていると、光の効果が低下したり、火傷や色素沈着のリスクが高まったりします。
クレンジングや洗顔を行うことで、光の効果を高められます。

フォトフェイシャル照射

施術を受ける部位に冷却ジェルを塗り、アイマスクで目を保護します。
その後、フォトフェイシャルの機械を当てて、光を照射していきます。

光はカメラのフラッシュのような感じで、チクっとした軽い刺激があります。
痛みの感じ方は個人差がありますが、強い痛みではありません。

施術時間は顔全体で15分~30分程度です。

クーリング・保湿

フォトフェイシャルの照射が終わったら、ジェルを拭き取り、しっかりとクーリングを行います。
施術部位に冷却パック保湿クリームを塗って、肌を冷やして保護します。

フォトフェイシャルの照射後は、肌が赤くなったり、ほてったりすることがありますが、クーリング・保湿をすることで、肌の炎症や乾燥を防ぐことができます。

施術後

施術後は、医師やエステティシャンから、アフターケアの方法や注意点などについて説明を受けます。
フォトフェイシャルはダウンタイムが少ない施術ですが、施術後は、日焼け止めを塗って、紫外線や刺激から肌を守ることが大切です。

また、水分や栄養をしっかりと摂って、肌の回復を促すことも重要です。

フォトフェイシャルの効果は、施術後すぐには現れませんが、数日から数週間後に徐々に現れます。
フォトフェイシャルの効果を持続させるためには、定期的に施術を受けることがおすすめです。

フォトフェイシャルの効果をより引き出すためのアフターケア

フォトフェイシャルは、痛みやダウンタイムが少なく、安全性が高いというメリットがあります。
しかし、フォトフェイシャルの効果を発揮するためには、施術後のアフターケアが重要です。

フォトフェイシャル後のアフターケアについて、以下に詳しく解説します。

フォトフェイシャル後のアフターケア

フォトフェイシャル後のアフターケアは、保湿と紫外線対策が基本です。
フォトフェイシャルは、肌に刺激を与える施術ですので、施術後は肌が乾燥しやすくなります。

また、肌のバリア機能が低下し、紫外線に対する感受性が高まります。
そのため、施術後は肌の水分と油分のバランスを整え、肌を紫外線から守ることが必要です。

具体的なアフターケアの方法について、以下で説明します。

保湿

フォトフェイシャル後の保湿は、肌の乾燥を防ぎ肌の回復を促すために欠かせません。
保湿は、施術直後から始めることが望ましいです。

施術後は、刺激の少ない化粧水や美容液、クリームなどをたっぷりと塗り、肌に水分と油分を補給します。

また、保湿パックやシートマスクなどを使用すると、より効果的とされます。
保湿は、施術後1週間は特に念入りに行い、その後も継続して行うことが大切です。

保湿を怠ると、肌がカサカサになったり、シミやそばかすが悪化したりする可能性があります。

紫外線対策

フォトフェイシャル後の紫外線対策は、肌の色素沈着や炎症を防ぎ、フォトフェイシャルの効果を持続させるために必要です。
紫外線対策は、施術後2週間は特に徹底することが重要です。

施術後は、肌が敏感になっているので、紫外線に当たると肌にダメージを与えやすくなります。
そのため、施術後は、日焼け止めを塗るだけでなく、帽子やサングラス、日傘などを使って、直射日光を避けるようにします。

また、屋内にいても窓から紫外線が入ることがあるので、日焼け止めはこまめに塗り直すことが大切です。
紫外線対策を怠ると、肌が赤くなったり、シミやそばかすが増えたりする可能性があります。

フォトフェイシャル後の注意点

フォトフェイシャル後のアフターケアに加えて、以下の点にも注意することが望ましいです。

肌に刺激を与えない

フォトフェイシャル後は、肌に刺激を与えることを避けるようにします。
たとえば、洗顔やメイクは優しく行い、こすったり引っ張ったりしないようにします。

また、ピーリングスクラブなどの角質除去は、施術後2週間は控えることが推奨されます。
さらに、高温のお風呂やサウナなどは、施術後1週間は避けることが望ましいです。

副作用が現れる可能性

フォトフェイシャル後は、肌の状態によっては、一時的に赤みや腫れかゆみなどの副作用が現れることがあります。

これらの副作用は、通常数日で自然に治まりますが、気になる場合は、冷やしたタオルや保冷剤などで冷やすと緩和されます。
ただし、冷やす際は、直接肌に当てないように注意してください。

また、かさぶたができる場合もありますが、かさぶたは自然に剥がれ落ちるのを待つことが大切です。
かさぶたを無理に剥がしたり、こすったりすると、肌に傷がついたり、色素沈着を引き起こしたりする可能性があります

副作用が長く続く場合や、ひどくなる場合は、施術を受けたクリニックに相談することが大切です。

フォトフェイシャルを10年以上続けた際の効果について解説していますので、興味のある方はこちらも合わせてお読みください。

関連記事

フォトフェイシャルは特殊なライトを当てて肌トラブルを改善する治療方法です。シミやシワなどの改善に効果的です。フォトフェイシャルは10年以上と長期的に行うことで、肌質改善など肌にさまざまな効果をもたらします。では具体的に10年[…]

フォトフェイシャルのすごい効果まとめ

ここまでフォトフェイシャルのすごい効果についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • フォトフェイシャルとは、IPLという強力なパルス光を肌に照射することで、シミやくすみ、毛穴の開き、赤みやニキビ、しわやたるみなど、さまざまな肌の悩みに効果的にアプローチできる美容施術のこと
  • フォトフェイシャルのすごい効果には、シミやくすみ、赤ら顔やニキビの改善、毛穴の引き締め、しわ・たるみの改善などがある
  • フォトフェイシャルの注意点として、効果に個人差があること、副作用や合併症が起こる可能性があることなどがあげられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

美容皮膚科のおすすめ施術やクリニックは、こちらで紹介していますので興味のある方はお読みください。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんな悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美[…]

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク