ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>低用量ピルの値段はどれくらい?どこで購入できる?保険適用や高校生の使用は?

低用量ピルの値段はどれくらい?どこで購入できる?保険適用や高校生の使用は?

低用量ピルは、避妊や月経痛の緩和など、さまざまな目的で使用されていますが、その値段については多くの人が疑問を持っています。
低用量ピルの値段は、保険適用の有無や購入場所により大きく異なるため、その詳細を知りたいと思うのは自然なことでしょう。

しかし、具体的にどの程度の値段差があるのか、また、どのような要素が値段を決定するのかという疑問があります。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 低用量ピルの値段の違い
  • 保険適用の有無の違い
  • 購入場所による値段の違い

低用量ピルの値段についての詳細な情報を得るために、ぜひ最後までお読みください。

ピルのオンライン処方について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ピルのオンライン処方を利用したことがある方も多いのではないでしょうか。ピルのオンライン処方は、安く購入できます。では、ピルのオンライン処方が安い理由には、どのようなものがあるでしょうか。本記事では、ピルのオンライン処方が[…]

低用量ピルの値段

低用量ピルは、避妊や月経困難症など様々な目的で使用されますが、その値段はクリニックや種類によって異なります。

また、ピルの種類によってはジェネリック医薬品が存在し、これを選択することでコストを抑えることも可能です。

低用量ピルの基本的な値段

低用量ピルは、女性の健康管理や避妊に広く用いられていますが、その値段はさまざまな要因によって異なります。
一般的に、保険適用外での低用量ピルの値段は1シートあたり2,000円から3,000円程度ですが、これはピルの種類や購入するクリニックによって変動します。

初診時には診察料や初診料が加算されるため、初回の総費用は3,000円から5,000円程度を見込む必要があります。
さらに、ピルの種類によってはジェネリック医薬品が存在し、これを選択することでコストを抑えることが可能です。

しかし、値段だけでなく、副作用のリスクや自身の健康状態に合ったピルを選ぶことが重要です。

ピルの副作用について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「ピル」は避妊効果など様々なメリットがあります。しかし、副作用などが心配ですよね。そもそも「ピル」とは何なのでしょうか?「ピル」にはどのような効果が期待されるのでしょうか?本記事では、「ピ[…]

低用量ピルの値段と品質

低用量ピルの値段と品質は密接に関連しています。
一般的に、値段が高いピルはより特化した成分や配合を有しており、特定の健康問題に対する効果が期待されます。

例えば、第四世代のピルはPMSや生理に関連するトラブルの改善に特化しており、そのため値段が高めに設定されていることがあります。
しかし、高価なピルが必ずしも全ての人にとって良いとは限らず、個人の健康状態やニーズに合った選択が重要です。

また、ジェネリック医薬品はオリジナルのブランド名医薬品と同じ有効成分を含んでいるため、同等の効果を期待できる場合が多く、コストパフォーマンスに優れています。
しかし、ジェネリック医薬品でも、自身の体質や健康状態に合わせて選ぶことが重要であり、医師の診断と相談を通じて選択することが推奨されます。

こちらでも低用量ピルについて解説しています。
合わせてお読みください。

関連記事

低用量ピルは、生理周期の調整や月経痛の軽減など、女性の生活をサポートする重要な役割を果たしています。避妊手段として広く利用されていますが、その効果や副作用、価格などについては多くの疑問があります。低用量ピルを服用する際の注意点や[…]

関連記事

生理痛・PMS・子宮内膜症の改善を目的として、ピルを利用する女性も増えています。しかしピルは種類によって効果が異なるため、選び方に迷う方も少なくありません。一体、ピルにはどのような種類があるのでしょうか。本記事では、ピルの種[…]

低用量ピルの値段|保険適用と保険適用外

フォトフェイシャルの注意点

低用量ピルは、避妊や生理に関連する症状の緩和など、女性の健康管理に広く用いられています。

しかし、保険適用の有無によって、その値段は大きく異なります。
以下では、保険適用時と保険適用外時の低用量ピルの値段について、詳しく解説していきます。

保険適用時の低用量ピルの値段

保険が適用される場合、低用量ピルは病気の治療の一環として処方されます。
主に子宮や月経に関する病気の治療に用いられ、保険適用されるピルにはLEP(Low dose Estrogen-Progestin)と呼ばれるものがあります。

ルナベル、フリウェル、ヤーズ、ジェミーナなどがあり、それぞれに服用方法やホルモンの種類・配合量に違いがあります。

保険適用の場合、一般的には3割負担で、1シートあたり約800円のピルもありますが、診察料や検査料など追加の費用がかかることもあります。

保険適用外時の低用量ピルの値段

保険適用外の低用量ピルは、主に避妊目的で使用されるOC(Oral Contraceptive)と呼ばれます。
保険適用外のピルは自費購入となり、1シートあたりの値段は2,000円から3,000円が相場です。
ただし、クリニックによって値段は異なり、初診料や診察料などが別途必要になる場合もあります。

また、ピルの種類によってはジェネリック医薬品の選択肢もあり、コストを抑えることが可能です。
保険適用外のピルには、トリキュラーやマーベロン、ヤーズなどがあり、それぞれに特徴や副作用が異なります。

低用量ピルの値段について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

「ピル」は妊娠を避けるために広く使用されていますが、気になるのはその値段です。「ピル」はどこで購入しても同じ値段なのでしょうか?また、市販での購入は可能なのでしょうか?本記事では、ピルはいくらについて以下の点を中心にご紹介します。[…]

薬局での低用量ピルの値段

低用量ピルは女性の健康をサポートする重要な役割を果たしています。
しかし、その購入方法や値段は多くの女性にとって気になるポイントです。

以下では、薬局での低用量ピルの購入方法と値段比較に焦点を当て、安全かつ効率的な方法を探求します。

薬局での低用量ピルの購入方法

薬局での低用量ピル購入は、日本では直接的な購入ができないため、医療機関を通じての処方が必要です。
ピルは医師の診断と処方箋が必要な医療用医薬品に分類されており、使用前には医師の診察を受けることが重要です。

オンライン診療の普及により、診察から処方までをオンラインで行うことが可能になり、利便性が向上しています。

しかし、インターネット通販での個人輸入は、偽物や不純物が混入しているリスクがあり、非常に危険です。
安全な入手方法としては、クリニックや病院などの医療機関を受診し、医師の診察を受けた上で処方を受けることが推奨されます。

ピルが購入できるおすすめクリニックについて、こちらの記事で紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

関連記事

ピルは避妊だけでなく、生理痛や子宮内膜症の治療にも有効です。実際に近年は月経や更年期に伴う不調を改善するためにピルを利用する方も増えています。ところで、ピルは一体どこで買えるのでしょうか?本記事では、ピル[…]

高校生や避妊目的での低用量ピルの値段

低用量ピルは、避妊手段としてだけでなく、生理痛やPMSの緩和、肌荒れ改善など、女性の健康に多くのメリットをもたらします。

しかし、高校生や避妊を目的とする方々が低用量ピルを利用する際には、その値段が気になるところです。
以下では、高校生と避妊目的で低用量ピルを使用する際の値段について、詳しく解説していきます。

高校生のための低用量ピルの値段

高校生が低用量ピルを購入する際、多くの疑問や不安があります。
特に値段は大きな関心事です。

日本では、ピルの種類によって値段が異なり、保険適用の有無も影響します。
一般的に、低用量ピルは自由診療の場合、1シートあたり2,000〜3,000円程度、保険適用の場合は1,000〜3,000円程度が相場とされています。

しかし、高校生の場合、保護者の同意や同席が必要な場合があり、これらの手続きによってもコストが変動する可能性があります。

また、オンライン処方サービスを利用することで、初月無料や割引値段でピルを手に入れることが可能な場合もあります。

高校生がピルを購入する際には、これらの情報を踏まえた上で、適切な医療機関やサービスを選択することが重要です。

避妊目的での低用量ピルの値段

避妊を目的として低用量ピルを使用する場合、値段は重要な検討事項の一つです。

ピルは、一般的には保険適用外の自由診療となるため、値段はクリニックや医療機関によって異なります。
また、ピルの種類やブランドによっても値段は変わります。

一般的に、低用量ピルの値段は1シートあたり2,000〜3,000円程度とされていますが、これはあくまで一般的な相場であり、実際の値段は医療機関によって異なります。

また、オンライン診療を利用することで、診察料や薬の値段が異なる場合もあります。
避妊を目的としてピルを使用する際には、これらの情報を踏まえ、自分のライフスタイルや経済状況に合った選択をすることが大切です。

避妊目的でのピル購入に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ピル避妊目的についてどのような目的でピルを服用するのか疑問に思ったことはありませんか?避妊目的のみでピルを服用して良いのかわかりませんよね。避妊目的のみでピルを服用するのはおかしいことなの?ピルの避妊効果はどのく[…]

低用量ピルの値段まとめ

ここまで低用量ピルの値段についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 低用量ピルの値段は保険が適用されるか・ピルの種類・ジェネリック医薬品か否かによって変わる
  • 保険適用の有無はピルの使用目的によって決まり、月経困難症や子宮内膜症等の治療目的ならば保険が適用され、避妊目的であれば保険が不適用となることが多い
  • 購入場所による値段の違いは少なく、薬自体の値段は大差ないが、クリニックが行う割引等で値段に差異が出ることはある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク